カメラ ストラップ 作り方。 【ハンドメイド】カメラケースを自作。ラップタイプなら簡単に作れる!作り方のご紹介。

革製カメラストラップを自作する

カメラ ストラップ 作り方

事の始まり 日々深まる冬の寒さのため部屋に籠もることが多くなり、以前にも増して運動不足を感じ始めた11月某日。 夕方にウォーキングを始めるためハンディライトを購入しました。 手元に届いたライトはレビューの通り良いもので 発注してから 3週間後に届いた 以外はなんの不満もない製品でした。 お店からの発送でなく 「中国の倉庫からダイレクトに船便にてお届け」といったトラップを踏んでしまったようです。 oO え?海外からの荷物って・・・ ヤダ・・・なにこれ? 中身を思い出すまでの間、開封することを恐れ、 小包の状態のまま数日放置。 そんなエピソードが追加された思い出深いLEDライト。 持ち歩き用の「ストラップ」を探しましたが手頃な物が見つからなかったので 「パラコード」で自作することにしました。 手芸店にて「700円〜1,800円」ほどで入手可能。 「芯材」の作り方 手始めにストラップに必要な寸法を決めて芯材となるパラコードを切ります。 あると便利な「ZIPPOライター」 早速切り取った部分をフォーセップで挟み、左右の先端がドロドロのガラス状に溶けるまでライターで炙ります。 「カラビナ」に芯材を写真のように巻き付けます。 「溶かしてくっつけた箇所」をカラビナの根本に近づけるように調整すると完成時の仕上がりが綺麗になります。 短いストラップに対して意外と「長ッ!! 」と思われがちですが、ここでケチると最後の編み込みで泣くハメになるので 「ギリギリより余ってしまう」くらいの気持ちでカットしてください。 手順の説明 【01】 写真のように芯材とカラビナが繋がっている部分にコードを通します。 【02】 オレンジの線が「芯材」 赤色のラインと 緑のラインで示したコードを交互に編んでください。 【03】 編んだ後は軽く結んで調整。 「ギュッッ!!」と絞るのではなく、少し 「トントン」とするくらいの強さで締めていきます。 【04】 【02】〜【03】を順番に繰り返していきます。 【05】 ある程度慣れてくれば、あとは延々と流れ作業。 頭で考えながら編むよりも、体で覚えていった方が作業効率は上がるため何度も行いたい行程です。 途中で編み目を確認して 「異なるパターン」がないかどうかをチェックしてください。 先端に必要な「輪っか」の大きさを決めて、不要になった箇所を2cmほど残してカット。 両方の先端をライターにて炙り、 フォーセップでつまんで平らにします。 写真の箇所にフォーセップの先端をねじ込んで隙間を作り、 先端(ピンク色)をつまんで隙間(黄色)に通します。 これを先端が隠れるまで続けます。 隙間に「3つ」くらい通せば抜けることはそんなにありません。 仮に解けたとしても修正が簡単に行えるのでこの気楽に行ってください。 編み作業開始から約15分ほどで完成。 ライトに取り付けてみた図。 ハードな形状よく似合っています。 手首に巻き付けるくらいの長さに変更してカラビナを根本のループに固定することで、 落下防止のブレスレットになるよう組み直してみました。 今回ご紹介した「コブラステッチ」はパラコードストラップ(ブレスレット)の基本的な編み方です。

次の

【100円以内で自作】もっと気軽に写真を撮るためのカメラストラップを自作しました。

カメラ ストラップ 作り方

ストラップ幅の目安• お使いのカメラの重量と使用しているレンズの合計重量が、ストラップの許容荷重以内に入っていれば大丈夫です。 かっこいいデザイン重視で選ぶカメラストラップ 素材別にかっこよくておしゃれなデザイン重視のストラップを厳選して紹介します。 男性でも女性でもどちらでも使えるおしゃれでかっこいいカメラストラップを厳選しました。 革・レザー素材のストラップ 一眼レフの存在に『高級感』を与えてくれる本革性のストラップを集めました。 スーツ姿でもカジュアルな服装にも合いやすく、ユニセックスの定番の革は長く使えば使うほどなじんでくるところが人気です。 TtsHaim Vintage 本革ストラップ 首や肩に負担の少ない機能性重視のカメラストラップ メーカー純正のカメラストラップは、首からかけるタイプのものがほとんどで、どうしても長時間になってくると首が痛くなったり肩こりになりやすくなります。 そんな悩みをバッチリ解決してくれる 機能性重視のストラップを紹介します。 斜めがけができる速写ストラップ 首からかけるタイプではなく、肩からかけることで、首や肩の負担を最小限に抑えてくれるストラップを厳選しました。 ストラップの長さを瞬時に調節することができ、さっと撮影に入れることから速写ストラップと呼ばれている種類のものをセレクトしました。 C-Loop 回転ストラップマウント 速写グライドストラップ• 素材:メッシュ素材• 幅:25mm• 長さ:600〜1700mm(調整可能) ストラップの幅は25mmとコンパクトですが、 C-Loopと呼ばれる三脚穴に取り付けるコネクタの強度がものすごく強いため、耐荷重は82kgと強烈なスペックを誇ります。 海外製ですが、プロのカメラマンも愛用する人が多く、その信頼性は群を抜いています。 メッシュ素材を使っているため、夏場なども汗ばむシーンでも使いやすく、C-Loopは取り外しも数秒でできてしまうのでかなり便利です。 ストラップをつけた状態でカメラが下向きになるので、レンズがどこかにぶつかることもなく、傷の心配もありません。 私も使っていますが、もう他のストラップに目移りすることがなくなりました。

次の

革製カメラストラップを自作する

カメラ ストラップ 作り方

丸カンは東急ハンズ、厚地テープは100円ショップのペット用リードを代用品として購入しました 笑 テープアジャスターはなかなか見つけられないので、不要なストラップから外して利用することに。 ちなみに、厚地テープは切りっぱなしですとほつれてくる可能性があります。 ボンドや接着剤などでほつれ防止加工を施しておくことをオススメします。 1.カメラのストラップ通し部分に厚地テープを通します。 2.厚地テープにテープアジャスターを通します。 3.丸カンリングを2個通します。 4.もう一方の厚地テープをテープアジャスターに重ねて通します。 5cm以上余らせて利用してください。 +++++ この出来上がった接続部分に、オリジナルストラップを接続します。 前の記事「」• 8F ほか ほか、カメラメーカーさん等での写真教室講師や、写真関連書籍の執筆活動も行なっています。 に作品をご掲載頂いております。 Yahoo! Japan 登録サイト 「」に掲載されております。 dmoz 登録サイト 「」に掲載されております。 2015年2月に出た五冊目の著書。 このブログを始めてから撮り続けてきた「ゆるかわ」のノウハウがすべて詰まった一冊です。 標準キットレンズだけでふんわりかわいく撮れるノウハウや、難しいと思われる 光の見極め方など、初心者さんだけでなく、中級者さんにオススメです! 2013年4月に出た四冊目の著書。 ブログ同様とにかくわかりやすく書かせていただきました!。 残り部数僅かですので、お早めに! さん オンラインショップにて販売中。 TORIPPLE Vol. 1 写真家むらいさちさんとワタシ、ふたりによるフォトライフマガジンを創刊。 いつものワタシとは違う、大人可愛い作風が見どころです。 さん オンラインショップにて販売。 色はブラウンカーキの他に、プロバンスネイビー、アプリコットピンク、ピーコックブルー、メープルキャメルの5色。 [9]• [7]• [4]• [5]• [7]• [6]• [5]• [7]• [10]• [8]• [10]• [8]• [8]• [4]• [19]• [53]• [10]• [23]• [29]• [15]• [11]• [10]• [7]• [96]• [11]• [15]• [301]• [44]• [1]• [12]• [5]• [87]• [91]• [8]• [4].

次の