アズレン攻略まとめ。 【アズレン】13章まとめ おすすめ装備と脅威海域のオート攻略について【アズールレーン】

アズレン攻略まとめ隊|アズールレーン

アズレン攻略まとめ

2018. 15 14:16 コメント数(180) 鏡写されし異色での限定キャラと装備 作戦履歴追加に伴いキャラが常設化 キャラ 仮評価 【入手方法】 簡易解説 9. 2019. 06 21:39 コメント数(11) クリアが難しい方への編成指南 B1海域以降、敵艦載機の攻撃が激しい 鏡写されし異色のB1以降の海域では、敵艦載機が飛来します。 この艦載機を前衛艦隊で処理できないと、主力艦隊の耐久がどんどん削られてしまいます。 対空性能の高い軽巡ユニットを多く編成しよう B1がクリアできない方は、対空性能が高い艦種の「軽巡」のキャラクターを多く編成して挑みましょう。 目安として、B1海域でLv40以上のN軽巡ユニット3体、対空値合計744で、敵艦載機を完封することができました。 対空砲を強化しよう B1以降の海域がクリアできない方は、キャラクターの装備を見直して見ましょう。 それでもクリアできない場合はレベリング! 手持ちの軽巡ユニットが育っていない、Lvが40に満たないという方は、他の海域でレベル上げをする事をおすすめします。 対空値を上げる設備「対空レーダー」の設計図がドロップする2-3、2-4や、SRの対空砲がドロップする3-3、3-4での周回がおすすめですが、改造図を集めきるよりもキャラのLvが上がる方が早いでしょう。 鏡面海域では、指揮官レベルによって出現する敵や入手できるPt素子が変化する仕様となっており、最大で 700近くのPt素子を入手することが出来ます。

次の

【アズレン】操作方法まとめ【アズールレーン クロスウェーブ】

アズレン攻略まとめ

演習の攻略法 自分より上の順位の人を倒す 演習で上位を目指すなら 基本にして必須の知識。 演習で勝った時に得られるスコアポイント(景品と替えられる「戦果」とは別)は 相手が自分より順位の高い人ならより多く貰えて、順位の低い人なら貰えるポイントは減ります。 演習画面では4人相手が表示されますが、左から順位の高い順に並べられています。 だから基本的には一番左の人と戦っていくのがいいです。 しかし、ただ順位が上の人を倒すと言っても 自分より少し高い程度の人じゃなく、より順位が開いた人と戦った方が貰えるポイントは大きくなります。 例えば 自分が1000位だとしたら900位の人より500位の人を倒した方がたくさんポイントを貰えるのでなるべく順位の高い人と戦った方が良いといった具合。 でも 演習で戦闘を終わらせるor対戦相手を切り替えた時には対戦相手リストには自分の順位に近い人が出てくるようになっているので 適当に演習回数を消費しているだけではポイントを大きくは稼げません。 ではどうすれば順位が開いた人と戦えるかというと 対戦リストの相手の順位が上がるのを待ってから戦うことです。 例えば対戦相手が決まった時には1000位だったAさんも、時間をおいて 再起動した間にAさんが演習を進めて500位になっていることがあります。 そうやって 自分より順位の高い人を作り出して狩る、これが演習の基本です。 せっかくの順位差によるボーナスが貰えないので、ポイントをあまり稼げなくなってしまいます。 用事などでしばらく演習が出来ずに演習回数を漏らしてしまいそうなら仕方ありませんが。 注意点 これには二つほど注意点があり、まず一つ目は順位差を利用したポイント稼ぎに関しては 演習期間初期のスタートダッシュが肝心です。 なぜなら 演習初期の階級の低い始めの頃ほど順位差によって入手できるポイントが多いからです。 軍曹とかの頃なら上手いこと自分よりかなり上の順位の相手を倒せれば、 一回の戦闘で30ポイント近く手に入れることもできます。 基本取得ポイントが10だとするなら演習三回分とすごく儲かります。 しかし演習期間が進むにつれてみんなの階級が上がっていくと順位差で得られるポイントも少なくなっていき、 最終的には自分よりかなり上の敵を倒しても11ポイント(基本取得ポイント+1)程度しか得られなくなってきます(とはいえ元帥取得は演習ポイントの順位が重要なので、たった1ポイントでもしっかり稼ぐ必要がある) 終盤になるほどライバルと大きく差をつけるのは難しくなってくるので、序盤で大量にポイントを稼いでおくことは元帥になるための必須条件。 序盤こそが頑張りどころです。 そしてもう一つの注意点は、自分の対戦相手となっている方々が ・演習に積極的に参加していない ・同じように周りの人の順位が上がるのをジッと待っている(通称:地蔵) 等の理由で 演習を進めていないこともあるので、 待っていても必ずしも相手が順位を上げてくれるとは限らないこと ジッと待ってて演習回数を無駄にしてしまっては本末転倒なので、 相手の順位が上がることに固執しすぎないことも大事です。 見切りを付けて対戦相手をリセットしたり、 演習回数を漏らしてしまいそうなら諦めて倒してしまう等の判断も時には必要です。 演習では何度でもやり直しが出来る 後で演習で強いキャラも紹介しますが、アズレンではキャラ育成に時間が掛かるのですぐには演習用の艦隊が完成しないこともあると思います。 しかし 演習での戦闘中では画面左上をタッチして戦闘中止を選択することによって戦闘をリタイアすることができます。 リタイアしても 対戦相手は変わらず、演習回数も消費されないので、多少格上相手の戦いでも、 有利な流れの戦闘になるまで何度でもやり直すことができます。 時間に余裕があり、演習回数を漏らす心配もなく、何度かやり直せば勝てるという場合には リセットを繰り返して確実な勝利を手にしましょう! ちなみに通常の海域攻略でもやりなおすことで戦闘直前の状態に巻き戻すことができます。 ドロップ限定キャラ掘り等で 戦闘中に誰かがやられたり、120秒以内にクリアが無理そうでSを逃してしまうという場合にリタイアすることで耐久や弾薬は戦闘直前の状態に戻り、やられたキャラも復活して再度挑戦できます。 ただし通常海域の場合は燃料は戻らないことに注意。 あくまでもどうしてもSクリアしたかったり損害を抑えたい場合の最終手段です 演習回数は漏らさない 演習で戦える回数は0時、12時、18時の自然回復以外では絶対に増えず、回数も10回までしか溜められません。 他の人より演習やった回数が少ないと不利になるので残りの演習回数が6以上ならどんな形であれ次の演習回数回復の時間までには絶対に消費しておきましょう。 元帥タッチはスピード勝負 高い順位を維持し続けて、スコアポイント2200に近付いたらいよいよ 元帥タッチチャレンジの時です! 元帥タッチは一時的にでも高い順位に良ければいいので、5回ほど演習を貯めておき演習回数回復直前から消費開始、回復された5回も合わせて短時間に一気に攻略することで 瞬間的に順位を上げて10位を目指すのがベター。 しかし演習回数回復直後は同じように元帥タッチを狙っている人は多いので、常に1~150位ほどの順位を維持出来ていたなら演習回復から少し時間をおいて消費した方がいいかも(僕は駆け込み組だったのでなんとも言えませんが) なお 元帥タッチ時は速さが命なので、対戦相手の順位もあまり気にせず 速く倒せそうな相手を優先しましょう。 自分より順位が低い相手だと入手ポイントが減点されているので、可能なら順位が上の相手がベストですけどね。 諦めないこと 根性論のようですが、結構これ大事な気がします。 こうして偉そうに記事書いてる僕でも 実は二戦ほど演習回数を漏らしているし、正直元帥狙いなら必須くらいに思っている 演習強キャラのオーロラも持ってません。 守るべきことも多いけど、 多少ガバガバでも元帥は取れると思って最後まで頑張ってみてください。 演習で強いキャラ オーロラ スキルで 相手の駆逐艦と軽巡洋艦に対するダメージを増加させたり、回避率を強制的に下げたりする。 演習で手強い前衛キャラは駆逐艦と軽巡洋艦ばかりなのでガチ艦隊を防衛に置いている相手にもこのスキルは非常によく刺さる。 オーロラの所属はロイヤルなので、かの有名な ロイヤル艦隊に組み込んでもいいが、 綾波や神通と組んで最初の開幕魚雷で敵前衛をボロボロにして 赤城や加賀で速攻を掛ける編成が強力。 個人的に オーロラと綾波改や神通改を組ませた編成が現在の演習最強艦隊だと思う。 欠点を上げるとするならオーロラはガチャ(小型建造)でしか手に入らず、 オーロラ一点狙いの場合下手したらSSRよりも出にくいという点。 僕はオーロラ抜きでも元帥になれましたが、オーロラがいたら楽だなと常々思っていました。 ロイヤル艦隊 言わずと知れた編成。 長らく(というか今でも)演習におけるトップクラスの実力を持つ。 クイーン・エリザベスのスキルによってロイヤルキャラの全能力にバフを掛けて相手を圧倒するという構築。 主力艦隊は クイーン・エリザベス+フッド+ウォースパイトというのがテンプレ。 フッドはスキルで後衛の装填強化+(演習においては)フッドの正面の敵後衛に大ダメージを与える。 なおフッドの特殊弾幕スキルは演習では敵後衛しか狙わない。 ウォースパイトはスキルにより 一番遠い敵後衛を狙い撃ち出来ます。 スキル無しの素の火力も高いので殴り合いに非常に強い。 ロイヤル艦隊の主力は上の三人でほぼ完成だが前衛は候補が多い。 前衛の候補としてとりあえずすぐ思いつくのが ベルファスト:バランスの良い能力値と煙幕(味方の回避値強化+敵航空機によるダメージ減少)。 とりあえずで入れておいても問題無し。 シグニット改:煙幕散布とスキル「緊急回避」によって高い回避力を持ち、長く生存して敵前衛の足止めと後衛の攻撃回数を稼ぐ。 フォーチュン改:シグニットと同じくスキル「緊急回避」による生存力の高さと、スキル「側面防御」によって後衛へのダメージを抑える ジャベリン改:高い回避と雷撃力を併せ持つ。 「ロイヤル艦隊」だからと言ってロイヤルに拘る必要は無く、 前衛には他陣営のキャラでも強いと思ったら入れてもいい。 僕は状況によって エルドリッジとか入れてました。 エルドリッジ 自身の被弾時に発動して最大10秒間、味方前衛全員の回避率を100%にするスキルを持つ。 特に エンタープライズなどの空母に対して非常に有利になるが、スキル説明には書かれていないが戦闘開始からしばらく発動しないという欠点があり、スキルが発動する前に攻撃を仕掛けてくる赤城や加賀には通用しない。 10秒間前衛無敵のアドはすさまじく大きく、互角程度の相手の場合エルドリッジのスキルの発動次第で勝敗が決することもあった。 演習で強いと言いつつ演習をこなさないと入手出来ないというジレンマを抱えている。 ジュノー(軽巡洋艦) 自身の撃沈時に味方艦隊のキャラ全員の耐久を回復する。 どんなスキルを持っていようと死なないことが一番な海域攻略(Sランクが取れなくなるから)と違って、一人二人の撃沈はよくあることな演習においてはそのスキルを最大限に活かせる。 設備の「真珠の涙(ジュノーのスキルと同じ効果)」を持たせれば 味方が沈没寸前の状態からでも全快近くまで回復するので上手いこと発動出来ればダメージレースにおいて有利になる。 だがタイミングが肝心であり、開幕魚雷によってほとんど誰もダメージを負っていないのに沈没したり、逆に最後の一人として残っても意味がない。 どちらかというと味方の時より敵にいた方が活躍してたキャラなイメージ。 多分ジュノーを引っ張り出したくなるような編成相手だと誰から沈むかわからない不安定さが原因。 防衛艦隊に配置するキャラ まず大事なのが、基本的に演習では常に補正がかかってて攻撃側が有利となります。 なので同程度の艦隊がぶつかればだいたい攻撃側が勝ってしまいますし、多少弱くともリセマラでいい流れが来るまでやり直すことまで出来ます。 というか誰に挑むかは攻撃側で選べるし変更も出来るので正直誰を防衛に置くかなんてどうでもいい気もします。 ですがどんな艦隊を置くかは意見の分かれるところだと思うので、自分の見解を述べていきたいと思います。 接待艦隊 戦闘力のほとんど無い ブリやレベル1駆逐艦、 明らかなネタ編成(有名なのが睦月型ペド駆逐達とアークロイヤルの艦隊とか)、 シナジー度外視で自分の好きなキャラだけで編成した艦隊などを防衛側に置いておく。 接待艦隊の利点としては倒しやすいので 初心者とか戦果やデイリー消化目的の人も気軽に演習をこなしやすくさせること。 元帥目当てでない人達の順位を上げることで、それを倒した人もまた順位を上げていき、巡り巡って自分のポイント稼ぎもやりやすくなります。 ガチ艦隊 攻撃側に補正が掛かって有利とはいえ強力であることに変わりはなく、経験値目的で適当な艦隊で挑んでもテンプレ以上の構築の相手には敗北も普通にありえます。 特に 真珠の涙を持たせたジュノーや 無敵化スキル持ちのエルドリッジやエンタープライズのうざさったらハンパじゃない。 他人の順位上げによるポイント稼ぎとは少々矛盾しますが、まだ強い艦隊が出来上がっていない人達に簡単に勝たせないことによって 元帥狙いのライバルを減らせることと 元帥タッチのいかに早く上位に食い込めるかの勝負の瞬間に倒すのに時間のかかる艦隊を置いておくことによって 元帥タッチ時にライバルの足止めが出来るというメリットがあります。 以上、元帥タッチまでの道のりを記事にしてみました! ここまでの文字数見てみたら5000文字超えの超大作になってた…それだけ元帥タッチは大変ってことですね 僕は演習に本腰入れて元帥目指して一発で取れたので良いですが、正直かなり面倒なので一度元帥取れたらもう元帥狙いはやりたくないですね…w 今後は細々と大佐辺りで戦果溜めて金鰤でも狙います… それでは、元帥目指して頑張ってください!.

次の

【アズレン】操作方法まとめ【アズールレーン クロスウェーブ】

アズレン攻略まとめ

演習の攻略法 自分より上の順位の人を倒す 演習で上位を目指すなら 基本にして必須の知識。 演習で勝った時に得られるスコアポイント(景品と替えられる「戦果」とは別)は 相手が自分より順位の高い人ならより多く貰えて、順位の低い人なら貰えるポイントは減ります。 演習画面では4人相手が表示されますが、左から順位の高い順に並べられています。 だから基本的には一番左の人と戦っていくのがいいです。 しかし、ただ順位が上の人を倒すと言っても 自分より少し高い程度の人じゃなく、より順位が開いた人と戦った方が貰えるポイントは大きくなります。 例えば 自分が1000位だとしたら900位の人より500位の人を倒した方がたくさんポイントを貰えるのでなるべく順位の高い人と戦った方が良いといった具合。 でも 演習で戦闘を終わらせるor対戦相手を切り替えた時には対戦相手リストには自分の順位に近い人が出てくるようになっているので 適当に演習回数を消費しているだけではポイントを大きくは稼げません。 ではどうすれば順位が開いた人と戦えるかというと 対戦リストの相手の順位が上がるのを待ってから戦うことです。 例えば対戦相手が決まった時には1000位だったAさんも、時間をおいて 再起動した間にAさんが演習を進めて500位になっていることがあります。 そうやって 自分より順位の高い人を作り出して狩る、これが演習の基本です。 せっかくの順位差によるボーナスが貰えないので、ポイントをあまり稼げなくなってしまいます。 用事などでしばらく演習が出来ずに演習回数を漏らしてしまいそうなら仕方ありませんが。 注意点 これには二つほど注意点があり、まず一つ目は順位差を利用したポイント稼ぎに関しては 演習期間初期のスタートダッシュが肝心です。 なぜなら 演習初期の階級の低い始めの頃ほど順位差によって入手できるポイントが多いからです。 軍曹とかの頃なら上手いこと自分よりかなり上の順位の相手を倒せれば、 一回の戦闘で30ポイント近く手に入れることもできます。 基本取得ポイントが10だとするなら演習三回分とすごく儲かります。 しかし演習期間が進むにつれてみんなの階級が上がっていくと順位差で得られるポイントも少なくなっていき、 最終的には自分よりかなり上の敵を倒しても11ポイント(基本取得ポイント+1)程度しか得られなくなってきます(とはいえ元帥取得は演習ポイントの順位が重要なので、たった1ポイントでもしっかり稼ぐ必要がある) 終盤になるほどライバルと大きく差をつけるのは難しくなってくるので、序盤で大量にポイントを稼いでおくことは元帥になるための必須条件。 序盤こそが頑張りどころです。 そしてもう一つの注意点は、自分の対戦相手となっている方々が ・演習に積極的に参加していない ・同じように周りの人の順位が上がるのをジッと待っている(通称:地蔵) 等の理由で 演習を進めていないこともあるので、 待っていても必ずしも相手が順位を上げてくれるとは限らないこと ジッと待ってて演習回数を無駄にしてしまっては本末転倒なので、 相手の順位が上がることに固執しすぎないことも大事です。 見切りを付けて対戦相手をリセットしたり、 演習回数を漏らしてしまいそうなら諦めて倒してしまう等の判断も時には必要です。 演習では何度でもやり直しが出来る 後で演習で強いキャラも紹介しますが、アズレンではキャラ育成に時間が掛かるのですぐには演習用の艦隊が完成しないこともあると思います。 しかし 演習での戦闘中では画面左上をタッチして戦闘中止を選択することによって戦闘をリタイアすることができます。 リタイアしても 対戦相手は変わらず、演習回数も消費されないので、多少格上相手の戦いでも、 有利な流れの戦闘になるまで何度でもやり直すことができます。 時間に余裕があり、演習回数を漏らす心配もなく、何度かやり直せば勝てるという場合には リセットを繰り返して確実な勝利を手にしましょう! ちなみに通常の海域攻略でもやりなおすことで戦闘直前の状態に巻き戻すことができます。 ドロップ限定キャラ掘り等で 戦闘中に誰かがやられたり、120秒以内にクリアが無理そうでSを逃してしまうという場合にリタイアすることで耐久や弾薬は戦闘直前の状態に戻り、やられたキャラも復活して再度挑戦できます。 ただし通常海域の場合は燃料は戻らないことに注意。 あくまでもどうしてもSクリアしたかったり損害を抑えたい場合の最終手段です 演習回数は漏らさない 演習で戦える回数は0時、12時、18時の自然回復以外では絶対に増えず、回数も10回までしか溜められません。 他の人より演習やった回数が少ないと不利になるので残りの演習回数が6以上ならどんな形であれ次の演習回数回復の時間までには絶対に消費しておきましょう。 元帥タッチはスピード勝負 高い順位を維持し続けて、スコアポイント2200に近付いたらいよいよ 元帥タッチチャレンジの時です! 元帥タッチは一時的にでも高い順位に良ければいいので、5回ほど演習を貯めておき演習回数回復直前から消費開始、回復された5回も合わせて短時間に一気に攻略することで 瞬間的に順位を上げて10位を目指すのがベター。 しかし演習回数回復直後は同じように元帥タッチを狙っている人は多いので、常に1~150位ほどの順位を維持出来ていたなら演習回復から少し時間をおいて消費した方がいいかも(僕は駆け込み組だったのでなんとも言えませんが) なお 元帥タッチ時は速さが命なので、対戦相手の順位もあまり気にせず 速く倒せそうな相手を優先しましょう。 自分より順位が低い相手だと入手ポイントが減点されているので、可能なら順位が上の相手がベストですけどね。 諦めないこと 根性論のようですが、結構これ大事な気がします。 こうして偉そうに記事書いてる僕でも 実は二戦ほど演習回数を漏らしているし、正直元帥狙いなら必須くらいに思っている 演習強キャラのオーロラも持ってません。 守るべきことも多いけど、 多少ガバガバでも元帥は取れると思って最後まで頑張ってみてください。 演習で強いキャラ オーロラ スキルで 相手の駆逐艦と軽巡洋艦に対するダメージを増加させたり、回避率を強制的に下げたりする。 演習で手強い前衛キャラは駆逐艦と軽巡洋艦ばかりなのでガチ艦隊を防衛に置いている相手にもこのスキルは非常によく刺さる。 オーロラの所属はロイヤルなので、かの有名な ロイヤル艦隊に組み込んでもいいが、 綾波や神通と組んで最初の開幕魚雷で敵前衛をボロボロにして 赤城や加賀で速攻を掛ける編成が強力。 個人的に オーロラと綾波改や神通改を組ませた編成が現在の演習最強艦隊だと思う。 欠点を上げるとするならオーロラはガチャ(小型建造)でしか手に入らず、 オーロラ一点狙いの場合下手したらSSRよりも出にくいという点。 僕はオーロラ抜きでも元帥になれましたが、オーロラがいたら楽だなと常々思っていました。 ロイヤル艦隊 言わずと知れた編成。 長らく(というか今でも)演習におけるトップクラスの実力を持つ。 クイーン・エリザベスのスキルによってロイヤルキャラの全能力にバフを掛けて相手を圧倒するという構築。 主力艦隊は クイーン・エリザベス+フッド+ウォースパイトというのがテンプレ。 フッドはスキルで後衛の装填強化+(演習においては)フッドの正面の敵後衛に大ダメージを与える。 なおフッドの特殊弾幕スキルは演習では敵後衛しか狙わない。 ウォースパイトはスキルにより 一番遠い敵後衛を狙い撃ち出来ます。 スキル無しの素の火力も高いので殴り合いに非常に強い。 ロイヤル艦隊の主力は上の三人でほぼ完成だが前衛は候補が多い。 前衛の候補としてとりあえずすぐ思いつくのが ベルファスト:バランスの良い能力値と煙幕(味方の回避値強化+敵航空機によるダメージ減少)。 とりあえずで入れておいても問題無し。 シグニット改:煙幕散布とスキル「緊急回避」によって高い回避力を持ち、長く生存して敵前衛の足止めと後衛の攻撃回数を稼ぐ。 フォーチュン改:シグニットと同じくスキル「緊急回避」による生存力の高さと、スキル「側面防御」によって後衛へのダメージを抑える ジャベリン改:高い回避と雷撃力を併せ持つ。 「ロイヤル艦隊」だからと言ってロイヤルに拘る必要は無く、 前衛には他陣営のキャラでも強いと思ったら入れてもいい。 僕は状況によって エルドリッジとか入れてました。 エルドリッジ 自身の被弾時に発動して最大10秒間、味方前衛全員の回避率を100%にするスキルを持つ。 特に エンタープライズなどの空母に対して非常に有利になるが、スキル説明には書かれていないが戦闘開始からしばらく発動しないという欠点があり、スキルが発動する前に攻撃を仕掛けてくる赤城や加賀には通用しない。 10秒間前衛無敵のアドはすさまじく大きく、互角程度の相手の場合エルドリッジのスキルの発動次第で勝敗が決することもあった。 演習で強いと言いつつ演習をこなさないと入手出来ないというジレンマを抱えている。 ジュノー(軽巡洋艦) 自身の撃沈時に味方艦隊のキャラ全員の耐久を回復する。 どんなスキルを持っていようと死なないことが一番な海域攻略(Sランクが取れなくなるから)と違って、一人二人の撃沈はよくあることな演習においてはそのスキルを最大限に活かせる。 設備の「真珠の涙(ジュノーのスキルと同じ効果)」を持たせれば 味方が沈没寸前の状態からでも全快近くまで回復するので上手いこと発動出来ればダメージレースにおいて有利になる。 だがタイミングが肝心であり、開幕魚雷によってほとんど誰もダメージを負っていないのに沈没したり、逆に最後の一人として残っても意味がない。 どちらかというと味方の時より敵にいた方が活躍してたキャラなイメージ。 多分ジュノーを引っ張り出したくなるような編成相手だと誰から沈むかわからない不安定さが原因。 防衛艦隊に配置するキャラ まず大事なのが、基本的に演習では常に補正がかかってて攻撃側が有利となります。 なので同程度の艦隊がぶつかればだいたい攻撃側が勝ってしまいますし、多少弱くともリセマラでいい流れが来るまでやり直すことまで出来ます。 というか誰に挑むかは攻撃側で選べるし変更も出来るので正直誰を防衛に置くかなんてどうでもいい気もします。 ですがどんな艦隊を置くかは意見の分かれるところだと思うので、自分の見解を述べていきたいと思います。 接待艦隊 戦闘力のほとんど無い ブリやレベル1駆逐艦、 明らかなネタ編成(有名なのが睦月型ペド駆逐達とアークロイヤルの艦隊とか)、 シナジー度外視で自分の好きなキャラだけで編成した艦隊などを防衛側に置いておく。 接待艦隊の利点としては倒しやすいので 初心者とか戦果やデイリー消化目的の人も気軽に演習をこなしやすくさせること。 元帥目当てでない人達の順位を上げることで、それを倒した人もまた順位を上げていき、巡り巡って自分のポイント稼ぎもやりやすくなります。 ガチ艦隊 攻撃側に補正が掛かって有利とはいえ強力であることに変わりはなく、経験値目的で適当な艦隊で挑んでもテンプレ以上の構築の相手には敗北も普通にありえます。 特に 真珠の涙を持たせたジュノーや 無敵化スキル持ちのエルドリッジやエンタープライズのうざさったらハンパじゃない。 他人の順位上げによるポイント稼ぎとは少々矛盾しますが、まだ強い艦隊が出来上がっていない人達に簡単に勝たせないことによって 元帥狙いのライバルを減らせることと 元帥タッチのいかに早く上位に食い込めるかの勝負の瞬間に倒すのに時間のかかる艦隊を置いておくことによって 元帥タッチ時にライバルの足止めが出来るというメリットがあります。 以上、元帥タッチまでの道のりを記事にしてみました! ここまでの文字数見てみたら5000文字超えの超大作になってた…それだけ元帥タッチは大変ってことですね 僕は演習に本腰入れて元帥目指して一発で取れたので良いですが、正直かなり面倒なので一度元帥取れたらもう元帥狙いはやりたくないですね…w 今後は細々と大佐辺りで戦果溜めて金鰤でも狙います… それでは、元帥目指して頑張ってください!.

次の