カエル ぺぺ。 極右勢力のミームが、「ユーモア」から「闘う英雄の崇拝」へと変化した理由

人種差別サイトに利用された「カエルのペペ」の奪還についに成功、ネオナチサイトが画像を全削除

カエル ぺぺ

国内リーグ戦に限る。 2020年4月14日現在。 2020年4月14日現在。 ポジションは。 2007年にへ帰化し、としてに3度、にも3度出場している。 欧州選手権では、3大会全てで優秀選手に選ばれている。 高いテクニックとポジショニングセンス、速さと強さを兼ね備える。 クラブ経歴 [ ] CSマリティモ、FCポルト時代 [ ] 地元のクラブであるのユースで育つ。 18歳の時にのと契約。 2002-03シーズンにトップチームに昇格。 監督の信頼を得て複数のポジションで起用された。 翌2003-04シーズンの開幕前にはへの移籍が浮上し、2週間に渡りスポルティングの練習に参加した。 しかし、両チームが合意に至らなかったため、もう1シーズンの間、マリティモでプレーした。 夏、100万ユーロとら3選手とのトレードでへ移籍。 移籍初年度こそ出場機会に恵まれなかったが、が監督に就任した2年目以降はチームの主力に成長。 攻撃的な3-4-3システムにおける守備の要としてプレーし、連覇と優勝に貢献した。 レアル・マドリード時代 [ ] 、移籍金3000万ユーロでに移籍し5年契約を結び 、自身のアイドルの一人であるが現役時代にレアル・マドリードで付けていたものである背番号3番が与えられた。 当時は選手としてほぼ無名であり、高額な移籍金に批判が集中した。 しかし移籍1年目からセンターバックとしてのらと最終ラインを形成し、のが右サイドバックとしてプレーすることを可能にした。 の戦で競り合った際に倒れたの脚と背中を蹴り、一発退場処分を受ける。 同僚のからも「クレイジーだ」と批判された このプレーで、ペペは10試合の出場停止処分を科された。 これにより、シーズンの残り6試合に加え、翌シーズンの最初の4試合も出場できないこととなった。 処分後、ペペは「なぜあんなことをやったのか覚えていない。 今は人生で最もつらい時期だ。 必要があれば引退も考えている」と語った。 は出場停止が明けた10月の戦で復帰し、のからレアル・マドリード移籍後初得点も挙げた。 しかし、12月に行われたとの試合で右膝のを断裂。 全治半年と診断され、残りのシーズンを棒に振った。 にてをマークするペペ 2010年 怪我から復帰したは、代表でも共にプレーしている新加入のとセンターバックのコンビを組み、安定したディフェンスを見せた。 これまでの実績を評価し、クラブは契約期間の延長交渉に入るが、年俸を巡って交渉が難航。 一時はやが獲得に興味を持っていると報じられたほか 、はレアル・マドリードがのに関心を持っていると報じた。 最終的にはセンターバックの選手として世界で6番目に高額な年俸400万ユーロで2015年まで契約を延長した。 4月に行われた4連戦では守備的MFとしてプレー。 16日のリーグ戦、20日の決勝ではを徹底マークし、効果的な働きをみせた。 続く準決勝ファーストレグでも着実に攻撃の芽を摘むが、後半にへのファールで退場処分を受け、その後の2失点によりチームは敗退。 試合後、この判定は物議を醸した。 2013-14シーズンは、キャリアで初めてとなる優勝を達成、センターバックでコンビを組んだラモスとともに大会優秀選手に選ばれた。 同シーズンはから欧州年間ベストイレブンにも選出された。 2017年、2年の契約延長を望んでいたペペに対し、レアル・マドリードは1年の契約延長を提示したため契約延長交渉が難航。 やなど複数のビッグクラブのほか、が率いるのへの移籍が噂された。 2017年6月6日、自身のにおいて、2016-17シーズンをもって10年間在籍したレアル・マドリードを退団することを発表した。 ベシクタシュJK時代 [ ] 唯一2年契約でオファーを出したへフリー移籍。 背番号は5番に決まり、年俸は950万ユーロとされている。 8月13日の戦でデビュー。 2018年12月、ベシクタシュの財政難によりペペを含めた数人の選手の給与支払いが不可能となったことから契約解除が成立。 ペペはクラブの維持、ユニフォーム、調理スタッフのために高額の現金が入ったを置き土産にした。 FCポルト復帰時代 [ ] 2019年1月8日、古巣のと2021年6月までの2年半契約を結んだ。 代表経歴 [ ] ポルトガル代表でのペペ 2017年 2007年夏にポルトガル国籍を取得、の戦、並びに9月12日の戦でに初選出された。 ではポルトガル代表メンバーに選出され、初戦の戦で見事初ゴールを決めた。 ポルトガル代表はベスト8に終わるも、ペペ自身は大会選定の優秀選手に選ばれるなど活躍を見せた。 では、監督のによりとして起用された。 ではとともにCBを務め、全5試合にフル出場。 準々決勝の戦、準決勝の戦では無失点に抑え、自身も大会通算でわずか2回のファールしか与えず 、戦では先制点を挙げるなど高いパフォーマンスをみせ、2大会連続で大会選定の優秀選手に選ばれた。 では、に行われたグループリーグ初戦の戦でに対する頭突き行為でを食らい、一発退場となってしまった。 にも出場。 負傷のため準決勝の戦には欠場したが 、決勝の戦ではフル出場しマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。 チームは優勝を果たし、自身も3大会連続で大会ベストイレブンに選出された。 でも本大会メンバーに選出され、決勝トーナメント1回戦の戦で一時同点となるゴールを決めたが、試合には敗れベスト16に終わった。 なお、祖国のとしては各ユース世代を含めて試合への出場経験はない。 エピソード [ ]• 尊敬するディフェンダーは、、。 を買う余裕すらない貧しい家庭に育つが、彼が14歳の頃父親にの「スペシアーリ」を買ってもらって以来、今に至るまでずっと履き続けている。 本人曰く、「今でも新品を手にすると、親父に初めて買ってもらった時のようにワクワクする」とのことで、「これからも絶対に手放せない」と語っている。 4月21日の戦 、9月18日の戦 、1月18日の戦 など、暴力行為をピッチ上で頻繁に繰り返すことが問題視されている。 しかしキャリア晩年は改善傾向にあり、クリーンな守備を見せることも多い。 個人成績 [ ] クラブ リーグ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 欧州カップ戦 その他 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2001-02 4 0 0 0 0 0 0 0 4 0 2002-03 29 2 0 0 - - 0 0 29 2 2003-04 30 1 1 0 - - 0 0 31 1 通算 63 3 1 0 0 0 0 0 64 3 2004-05 7 15 1 1 0 5 0 1 0 22 1 2005-06 14 24 1 4 0 5 2 0 0 33 3 2006-07 25 4 0 0 8 0 1 0 34 4 3 19 0 1 0 3 0 2 0 25 0 26 0 0 0 5 0 1 0 32 0 10 1 1 0 6 0 0 0 17 1 26 1 4 0 8 0 0 0 38 1 29 1 5 0 9 0 2 0 45 1 28 1 2 0 11 1 1 0 42 2 30 4 7 1 11 0 0 0 48 5 27 2 1 0 6 0 4 0 38 2 21 1 1 0 9 0 0 0 31 1 13 2 2 0 3 0 0 0 18 2 通算 229 13 24 1 71 1 10 0 334 15 2017-18 5 23 2 5 0 6 0 1 0 35 2 2018-19 10 3 0 0 7 2 0 0 17 5 通算 33 5 5 0 13 2 1 0 52 7 2018-19 33 13 2 3 0 3 0 2 0 21 2 2019-20 3 16 1 1 0 9 0 1 0 27 1 通算 93 9 9 0 30 2 5 0 137 11 総通算 418 30 39 1 114 5 16 0 587 36 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• ポルトガル代表• 2008年 - (ベスト8)• 2010年 - (ベスト16)• 2012年 - (ベスト4)• 2014年 - (グループリーグ敗退)• 2016年 - ( 優勝)• 2017年 - (ベスト4)• 2018年 - (ベスト16) 試合数 [ ] 年 出場 得点 2007 1 0 2008 12 1 2009 11 1 2010 6 0 2011 7 0 2012 12 1 2013 8 0 2014 8 0 2015 3 0 2016 13 1 2017 11 1 2018 11 2 2019 6 0 通算 109 7 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要 1 2008年6月7日 、 1-0 2-0 2 2009年9月9日 、 0- 1 0-1 3 2012年6月13日 、 1- 1 2-3 4 2016年9月1日 、 5-0 5-0 5 2017年7月2日 、 2-1 2-1 3位決定戦 6 2018年6月30日 、 1- 1 1-2 7 2018年9月6日 、 1-1 1-1 親善試合 タイトル [ ] クラブ [ ]• com• - AFP通信 2007年7月11日• サッカーキング(2017年3月13日) 2017年7月17日閲覧• - Goal. com 2016年12月26日• - Goal. com 2009年4月23日• - AFP通信 2009年4月25日• - Goal. com 2009年4月22日• - Reuters. com 2009年12月15日• - yahoo! スポーツ 2010年11月9日• - Goal. com 2010年10月3日• - Goal. com 2010年12月8日• - gazzetta. it 2011年2月16日• - スポーツナビ 2011年3月22日• - Goal. com 2011年4月17日• - Realmadrid. com 2011年4月29日• - Realmadrid. com 2011年4月29日• - Goal. com 2011年4月28日• - SANSPO. COM 2017年4月4日• - SANSPO. COM 2017年7月5日• - football-zone 2018年12月18日• - FC Porto 2019年1月8日• - Goal. com• サッカーキング(2016年7月9日) 2016年7月13日閲覧• サッカーキング(2016年7月11日) 2016年7月13日閲覧• フットボールチャンネル(2016年7月12日) 2016年7月13日閲覧• 『』第300号より。 - UEFA. com 2009年4月24日• - Goal. com 2011年9月20日• - Goal. com 2012年1月19日• - フットボールチャンネル 2014年12月15日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - National-Football-Teams. com• — 主催大会成績•

次の

シルバー925 ペンダントネックレス(蛙/かえる/カエル)[6362700103] / アクセサリーPePe(ぺぺ)

カエル ぺぺ

2018年07月11日 19時00分 人種差別サイトに利用された「カエルのペペ」の奪還についに成功、ネオナチサイトが画像を全削除 意図せず人種差別の象徴として使われることになった さんのキャラクター「 カエルのペペ Pepe the Frog 」が、ついに を掲げるウェブサイト「The Daily Stormer」から削除されたとのこと。 フュリーさんは2017年ごろから著作権侵害を理由に40以上のThe Daily Stormerの記事取り下げを訴えていました。 Neo-Nazi Site Daily Stormer Takes Down Pepe Images After Getting Copyright Claims From Its Creator - Motherboard ウェブ漫画「 」から生まれた「カエルのペペ」は2015年ごろから多文化主義や移民に反対する による人種差別の象徴として広く使われてきました。 原作ではペペは単に「のんびりとマリファナを吸うカエル」として描かれており、人種差別は作者のマット・フュリーさんが意図するところではなく、フュリーさんは「 SavePepe」というハッシュタグとともにこのイメージを覆す運動を行っていました。 フュリーさんは2017年ごろから弁護士に依頼し、ペペの奪還活動を開始。 白人至上主義者の 氏に「ポッドキャストでペペをロゴとして使うのを止めてほしい」と強く求めるなどしていました。 しかしペペのイメージをぬぐい去ることは難しく、2017年5月、ぺぺの奪還を諦めたフュリーさんは本編の中でペペの死亡シーンと葬式の様子を描くという方法でキャラクターを取り戻そうとしています。 ペペを象徴として勝手に使っていたサイトの1つが、Andrew Anglin氏によって2013年に設立されたネオナチのウェブサイトであるThe Daily Stormerです。 The Daily Stormerは、アメリカ・シャーロッツビルで白人至上主義者の集会が行われた際に、抗議する人々に車が突っ込み死者が出た一件について犠牲者を罵倒したことをきっかけとして、ドメイン・ホスティング・サービスの大手のGoDaddyやGoogleから契約を解除されていました。 その後、The Daily Stormerは に移行しました。 著作権とは関係ないところで複数のISPから拒否されたThe Daily Stormerは移転を繰り返していたため、著作権侵害からペペの使用を取り下げさせるのに時間がかかってしまったとのこと。 しかし、著作権を侵害していた40以上の記事が取り下げられたり、画像が差し替えられたりしたことから、弁護士のLouis Tompros氏はついに問題が解決したものだとみています。 実際に差し替えられたイメージは以下のような感じ。 しかし、ペペの戦いままだ終わっていません。 ラジオ番組のホストを務める 氏は自身のサイト「Infowars」でペペのポスターをオンラインで販売していたことから、フュリー氏は訴訟を起こし、最終的にポスターはサイトから削除されました。 同様にAmazonではヘイトの象徴としてのペペのアイテムが何百点と販売されており、「もぐらたたき」の状態になっているとのこと。 著作権侵害の観点からいえば、Amazonはフュリー氏らの活動に対して非常に協力的であるとのこと。 Tompros氏はペペの扱いについてポジティブな未来を思い描いており、「知的財産権を扱う弁護士がアンチ・ネオナチのキャンペーンに参加することは多くありませんが、私たちにはその準備があります」と語っています。

次の

「カエルのペペ」永眠...極右の象徴にされた漫画キャラ、作者が死なす 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

カエル ぺぺ

主に、服などを出品しております。 ご希望の場合お昼までのご注文で当日発送可能です。 コロナの影響で日曜日の普通郵便の発送ができません。 ラクマパックは発送可能です。 取り置き、専用はしておりません。 コメントなし即購入OKです。 お支払い期限を過ぎてもお支払いがない場合、ご購入者様の都合でのキャンセルはいかなる理由でも悪い評価を付けさせて頂きます。 ご了承ください。 イメージ違い、サイズ違いでの返品の場合は購入者様送料負担になります。 記載している写真、寸法にて判断お願い致します 届いたらサイズが小さかったなど言う方がおられますが、こちらは全て寸法を記載しておりますので購入前に確認してください 返品の場合ゆうパケットの着払いにてお願いしております。 ゆうパックなどを使われると送料が高くなり商品代金などを超えてしまう場合があるためご理解ください。 よく配送状況が切り替わらない、いつ届きますかなど問い合わせされる方がいますが配送当日に輸送中に切り替わることが多く天候や荷物の量で変わってしまい、輸送の事情はこちらではわからないので事務局か郵便局へお問い合わせください。

次の