鉄 の フライパン 洗い 方。 鉄フライパンの洗い方!焦げるのは洗い方に問題がある!?

コツは要りません|鉄フライパンの洗い方は簡単です。

鉄 の フライパン 洗い 方

以上が、鉄フライパンの洗い方です。 鉄フライパンの洗浄は、意図的に油分を残します。 鉄フライパンは油分が重合化する(樹脂層を形成する)ことで使いやすくなってきますので、「汚れは落とすが若干の油分は残しておく」ことがポイントになります。 通常、洗い物には洗剤を使います。 洗剤を使うことで「化学的に汚れが引き離されます」ので、物理的に落とさなくても(ほとんどこすらなくても)汚れを除去することができるためです。 しかし、洗剤を使ってしまうと必要な油分までが洗い流されてしまいます。 鉄フライパンには、「油の重合化」が必要です。 油が重合化することによる樹脂層の形成によって鉄のフライパンは使いやすくなっていきますので、「汚れは落としたいが油分は残したい」ものなのです。 そのため、汚れをこそげ落とすようにして洗うことになります。 MEMO鉄のフライパンは、速やかに料理を移し替えなければいけません。 料理に含まれる塩分や酸は鉄を傷めますし、食材に含まれるポリフェノールには「鉄と反応して変色する」ものがあります。 様々な面で、テフロン加工のフライパンのようには使えません。 おすすめは、パームたわしです。 たわしには大きく「パームたわし」と「棕櫚たわし」がありますが、パームは「点で洗うたわし」、棕櫚は「腰で洗うたわし」となります。 鉄のフライパンを洗うには、パームが適しています。 ササラは本来、中華鍋を洗うための道具です。 しかし、「汚れをこそげ落とせる」という点においてはパームたわしよりも優れた道具ですので、鉄フライパンを洗うにもおすすめできます。 鉄フライパンは、慣れていないと焦げ付かせてしまうものです。 ササラは、洗浄力に優れています。 たわしでは「落としにくい焦げ付き」であっても、ササラであれば「簡単に落とせる」ことになりますので、鉄フライパンに対してもおすすめできる道具です。 焦げ付きを残すと、フライパンを傷めます。 鉄フライパンに汚れが残っていると、汚れの陰イオンとフライパン(鉄)の陽イオンが反応してしまうために、「孔食」と呼ばれる腐食が生じやすくなるためです。 簡単に言えば、小さな穴が開いてしまうのです。 また、リベット部や裏側にも注意が必要です。 鉄のフライパンは(基本的には)洗剤を使いませんので、使用する度に丁寧に洗っておかなければ洗い残しがフライパンに焼き付いて蓄積していくことになります。 見た目が良くありませんし、場合によってはフライパンを傷めてしまう原因にもなります。 鉄は、水分が残っているとサビます。 使い込まれた鉄フライパンであればサビにくくなりますが、使い始めたばかりの鉄フライパンは「樹脂層の形成が不十分」であるために簡単に錆びてしまいます。 コンロの火にかけて水分を飛ばしておくことがポイントです。 布巾で拭いただけでは不十分です。 拭いただけでは湿った状態が続くことになりますので、(季節などにもよりますが)やはり細かな錆が生じてしまいやすくなります。 熱フライパンを火にかけて乾燥させるのは、基本中の基本です。 MEMO火にかけて乾かすことで、鉄フライパンは使いやすくなります。 これは、フライパンに残った油分が重合化(樹脂層を形成)することによってこびり付きにくくなるためです。 油を塗っておけば「保管中に錆びにくくなります」が、油が酸化することによる「臭いが生じやすくもなります」ので、意見が分かれてしまうのです。 メリット:保管中にサビにくくなる• デメリット:酸化による嫌な臭いが生じる 基本的には、塗る必要はないと考えています。 もちろん、使用頻度が少ない場合には塗っておいた方が安心ですが、日常的に使っているフライパンであれば油を塗ることによるメリットは少ないと考えられます。 油を塗っておくと埃も付きやすくなりますので、乾かすだけでもOKです。 まとめ 鉄フライパンの汚れは、こそげ落とします。 パームたわしや竹ササラを使って「油分を残しながらも汚れを落とす」ことがポイントであり、汚れを残してしまうとフライパンを傷めてしまいます。 鉄フライパンは、上手く使えば一生ものです。 しかし、基本的なポイントが押さえられていないと「サビ」や「孔食」の原因になってしまいますので多少の注意は必要です。

次の

フライパンの洗い方は「毎回のお手入れでは洗剤を使わない」が正解!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

鉄 の フライパン 洗い 方

銅のフライパンって、あまり馴染みがないかもしれませんが、私は実家で使っています。 耐久性が抜群。 油が表面によくなじむタイプなので炒め物や卵焼きを作るときにありがたいです。 ステンレスフライパン ステンレスフライパンは、熱伝導が低い分、たまご焼きやハンバーグなど時間をかけるじっくり系の調理に最適。 また、汚れを落としやすく、丈夫で長持ちしやすいという点も魅力のひとつです。 しかし、熱伝導の低さから熱ムラが起き、食材が焦げてこびりつきやすいため使い勝手がいいとは言えません。 サイズは16cm、18cm、20cm、22cm、24cm、30cm、32cm。 冷ます 水分が蒸発したら火を止め、熱が冷めてからしまいましょう。 鉄製加工のフライパンはフッ素加工に比べて温度変化に強いので、急に冷やしても問題ありません。 また、洗剤を使わずお湯のみで流すことで、馴染んだ油が焦げ付きを防いでくれるんです。 フライパンを洗うときは洗剤は不要? 素材ごとの洗い方について既にお気づきの方もいるかと思いますが、フライパンを洗う時は基本的に洗剤は必要ありません。 なぜなら、お湯や水につける前にキッチンペーパーや新聞紙で油汚れをきちんと拭き取ることで、ほぼほぼきれいになるからです。 鉄製加工においてはむしろ、使い続けることで食べ物に含まれる油が馴染んで天然のオイル加工になるくらい。 このように、あらかじめ汚れをきれいに取り除くだけで、洗剤の使用が大幅に減ってエコにも節約にもつながるのです。 普段使うときの注意点とポイント! お気に入りのフライパンがあると、料理をするのも楽しくなりますよね。 そんなフライパンを長く大切に使っていくには、普段の使い方が重要です。 普段フライパンを使うときに注意したほうがいいことと、長持ちさせるポイントを紹介します。 注意点 フライパンを使う時に気をつけるべき注意点があります。 まず1つ目は、から焚きをしないこと。 フライパンを火にかけたまま忘れて、焦げ臭さに気が付くと白い煙が出ていた、、、なんて経験ありませんか? こうしたから焚きによって形が変形し、熱伝導がさらに弱まる熱ムラの原因となります。 また、フッ素加工のフライパンは特にですが、熱が冷めないうちに急に冷やするとコーティングが剥がれる要因に。 フッ素加工のフライパンは熱が冷めてから、水につけるようにしましょう。 ポイント フライパンを長持ちさせる最大のポイントは、用途によって使い分けること。 例えば、熱伝導が低いステンレスフライパンはじっくり系の調理に、反対に熱伝導が早い鉄フライパンはステーキや炒め物の調理に。 このように、食事スタイルでうまく分けてみるのが、新品のクオリティーを保つ秘訣です。 洗う時はたわしの使用は避け、極力キッチンペーパーもしくは新聞紙で済ませてくださいね。 フライパンを長く使うには? このようにフライパンを長持ちさせる使い方はたくさんあります。 ここまで紹介してきたのは、フライパン自体の 使い方や 洗い方でした。 でも実は、調理時にもフライパンの寿命を縮めているポイントがあるのです! 洗う際に使っている道具も同様に、原因になっているかも知れませんね。 今回のまとめに入る前に、そのあたりも少し付け加えておきましょう。 炒め物をする時は必ずといっていい程、使うものですよね。 でもみなさん、油を入れるタイミングを間違ってはいませんか? 実はフライパンによって、油を入れるべきタイミングは異なります。 結論からまとめておくと以下の通りです。 しかし実際は、上でもお話したように温めすぎてフッ素などの加工を痛めてしまうのです。 水気が気になる場合は、から焼きし過ぎないように注意すれば大丈夫です。 特に多いのがフライ返し。 いろんな料理で使えるので便利な反面、鉄製のものを使ている方も多いのでは? かく言う筆者も、知るまでは鉄製のフライ返しを使っていました! いつキズが付くのかと言うと、軽く焦げ付いた時です。 ついフライ返しでカリカリッと、こそぎ落としてはいませんか? その時こそ鉄製フライ返しがキズを付け、フッ素加工などを落としている瞬間なのです。 防ぐ方法は簡単で、使われている素材に気を付ければ大丈夫です。 木製やシリコン製のフライ返しやヘラを選びましょうね! 焦げ付くのは仕方のないことなので、道具選びでフライパンを守るのです。 使う道具も大切です 洗う際に使っている道具も、寿命を減らしている原因かもしれません。 順番に見ていきましょう。 ・アルミたわし 焦げ付いた時に使いたくなってしまうアルミたわし。 ですが、擦るのは少し待ってください。 こちらも鉄製の道具と同じように、フッ素加工などを落としてしまいます。 焦げ付いたフライパンの対処については専用の記事があるので、そちらを参考にしてみてください。 ・クレンザー洗剤 中性洗剤で落ちない汚れで使いがちなクレンザー洗剤。 こちらがダメな理由は研磨剤にあります。 一見普通の洗剤でも、細かな研磨剤が汚れを削り落としているのです。 汚れは落ちますが、コーティングまで剥がしてしまってはダメですよね。 しかも、あらかじめきちんと拭き取ることで工数や手間を大幅に減らせるほか、洗剤を使用せずともサッときれいに洗い流せるから、エコにも節約にもなって一石二鳥。 まあ『焦げ付きを予防しながら洗う方法』であって『焦げ付きを取る方法』ではないのは気を付けてくださいね? 使っているフライパンがどの種類なのかもう一度確認し、より長く、フライパンと付き合っていけたらいいですね。

次の

【完全まとめ】素材ごとの正しいフライパンの洗い方!間違った洗い方はフライパンの寿命を縮めます

鉄 の フライパン 洗い 方

フライパンは種類によって、使い方や洗い方が全く違う! 毎日の食事作りに欠かせない「フライパン」。 焼いたり、炒めたり、ゆでたりとオールマイティーの調理道具で、まさに主婦の右腕といえる存在です。 ひとくちに「フライパン」といっても、素材や表面加工によって、得意な料理はもちろん、使い方やお手入れの方法まで、取り扱い方が大きく違うのです。 例えば、フッ素樹脂加工のフライパンは空焚き・強火の調理は厳禁ですが、鉄製のフライパンは十分に熱してから材料を入れるのが焦げつかせないコツなど、使い方はまるで正反対! 今回は、鉄製とフッ素樹脂加工のフライパンを中心に、それぞれの特徴や使い方、長持ちさせるコツなどを紹介します。 使い始める前に、フライパン表面に油の被膜を作る「油慣らし」をしましょう。 <油慣らしの方法> 1. フライパンを強火にかけ、空焚きをして、鉄の表面全体が青っぽくなるまで熱する。 調理油大さじ2~3を入れ、野菜くずなどを軽く炒め、火を止める。 フライパンが冷めたら野菜くずを捨て、やわらかいスポンジかたわしを使って、水またはぬるま湯だけで洗う。 空焚きをして水気をとばし、フライパンの内側全体に薄く調理油を敷く。 (2)調理するときは、十分に熱してから材料を入れる フライパンを中~強火にかけたら、うっすらと煙が立つまでしっかり熱します。 その後、調理油を入れて表面全体になじませてから、食材を入れます。 こうすることで、材料がくっつきにくくなります。 (3)洗剤を使わず、お湯か水で洗う (4) 使用直後の熱いうちに、水をかけない 熱いうちに洗いたいからと、鉄のフライパンと同じように、アツアツの状態にジューッ!と水をかけたりしていませんか?実はこれ、NG行動。 急激な温度変化による膨張・収縮で、フッ素樹脂加工がはがれやすくなってしまいます。 調理後に急いで洗いたいときは、やけどしないように気をつけながら、お湯を使って洗いましょう。 (5) 付いた汚れを放置しない。 食材を入れっぱなしにしない。 フッ素樹脂加工には表面に小さな穴があるので、長時間食材を入れっぱなしにするとその穴に水分や食材のカスなどが入り込み、はがれやすくなってしまいます。 フライパンメーカーの注意書きにもあるように、丸1日食材を入れっぱなしにするような保存はできませんので、できるだけ早く別の容器に移しましょう。 ステンレス製のフライパンは保温性、蓄熱性がピカイチ! 見た目がおしゃれで、料理にこだわる人にも好評のステンレス製フライパン。 ステンレスなのでさびづらく、耐久性があるのがメリットです。 また、熱伝導性が低いので、フライパンが熱くなるまで時間はかかりますが、冷めにくく保温性や蓄熱性はピカイチです。 煮物などに向いています。 一方、デメリットは、鉄製フライパンと同様に素材がむき出しのため、材料がこびりつきやすい点です。 また、重いので動かしながらの調理はむずかしいでしょう。 洗う時は、食器用洗剤を使ってスポンジで傷をつけないように洗います。 金属たわしや研磨剤入りのスポンジのかたい面を使ってしまうと、表面に傷が付き、光沢が失われるだけでなく、こびりつきやすくなってしまうので、気をつけましょう。 洗ったあとは、よく水をふき取り、乾かしてからしまいます。 「もらいさび」を受けないように、さびやすいものと接触しないように保管します。 白さが美しく、磨耗にも強いセラミックコートのフライパン 真っ白で見た目にもキレイな「セラミックフライパン」。 表面がセラミックでコーティングされていて、本体はアルミニウム製のものが多いようです。 表面が非常にかたいので、摩耗に強く、金属製のヘラも使えるのが特徴です。 焦げつきを防ぐには、火をつける前に内側全体に薄く油をぬるのがポイント。 また、セラミックは高熱に強い素材ですが、急激な温度変化はコーティングの劣化を招きます。 フッ素樹脂加工のフライパンと同様に、フライパンの温度が急激に上がる空焚きは避け、中火以下で調理しましょう。 使用後は、冷ましてから食器用洗剤とスポンジで洗います。 落としにくい汚れは、食器用洗剤とぬるま湯でつけおきしてから洗いましょう。 表面はかたいのですが、加工を傷めるおそれがあるので、金属たわしや研磨剤入りのスポンジのかたい面は使用しないようにしましょう。 TEACH ME, ME I ST ER! 教えてマイスター! 脂汚れは、温かいうちの方が落としやすいのは、なぜ? 脂は、冷めると固まって厄介に 調理に使う植物性の油と違い、肉を焼いた時に出てくる脂は、冷めると白く固まり、ベタベタして洗いにくい汚れになりますよね。 これは、固体から液体に変わる「融点(ゆうてん)」が関わっています。 そして調理後に少し冷めた程度でも固まってしまいます。 ですから、温かく、吸い取りやすい液体のうちに、キッチンペーパーなどでふき取り、汚れの量を減らしておくだけで、洗うのがラクになります。

次の