運転 仕事。 運転の上手さと仕事には相関関係があるんでしょうか?僕は春休み...

タンクローリー運転手のお仕事とは?給料や転職について解説!

運転 仕事

ドライバーの仕事は車やバイクなどを運転することがメインです。 ドライバーにも種類があり、タクシードライバーやバスのドライバー、引っ越しや宅配などのドライバー、配送のドライバーなどさまざまです。 ドライバーとひとくくりに言っても、求められるスキルや資格は多岐に渡るため、職種内容と募集要項をしっかりと把握することがポイントです。 車の運転だけではなく、たとえば配送などの場合は運転が終わった後にも、荷物の積み下ろしなどの作業が求められることもあります。 いずれもお客様や配送先などとのやり取りで接客を含む仕事でもあります。 コミュニケーションが得意なひとであれば、タクシーやバスといった乗客を乗せる仕事がよいでしょう。 また、あまり体を動かす仕事ではありませんが、長時間の運転になることもあり、体力や集中力が求められます。 車を運転するのが好きな方や、車自体が好きな方におすすめの仕事です。 ドライバーは職種や運転する車の大きさによって必要な免許証がことなります。 宅配便ドライバーの場合、宅配や軽貨物配達用の車や小型トラックであれば、普通自動車の免許があれば大丈夫です。 タクシーやバスのドライバーではお客様を乗せてお金をもらうので第2種免許が必要になります。 スキルとしては接客業になるので、人当たりの良さや、ホスピタリティーが求められます。 ほかにも、トラックなどを運転する場合は大型免許などが必要です。 中型車以上の運転では、中型免許または大型免許が必要です。 長距離や引っ越しドライバー以外では2トン以下の車を使用することが多いので、普通免許で始められます。 配送ドライバーには、トラックに載せている荷物を大切に扱い、荷物に影響が出ないような運転技術が必要です。 また、一日に多くの数の荷物を効率よく運ぶ必要があるため、無駄のない動作と体力を要する仕事であり、経験と土地勘が有利に働く仕事といえるでしょう。 ドライバーのバイトをすることによって、運転技術の向上がはかれます。 やはり、運転は普段から場数をこなすことが一番の技術習得になるので、ドライバーのバイトは車の運転の良い練習の場となるでしょう。 タクシードライバーの場合、様々な場所にお客様をお送りする仕事のため、お客様との会話や送迎先を通じて日常生活では知り得なかった穴場スポットや隠れた名店などを知ることもできます。 また、経験を積めば積むほど、裏道や渋滞場所などに詳しくなれるため、健康であればかなりの年齢まで働くことができます。 配送などのドライバーは基本的に一人で仕事をする場合がほとんどなのである程度マイペースに仕事ができます。 運送先によっては今まで行ったことのない場所へ行けるかもしれません。 いずれも体調管理、特に睡眠時間の確保に留意しながら、働いたら働いた分だけお給料として跳ね返ってくる歩合制の仕事も多いので、これもまた、やる気へとつながっていくはずです。 車や運転が好きな人にピッタリのバイトです。 ドライバーバイトは出勤すると同時にそれぞれが自分の車両に乗り込んでいきます。 それ以降は各自の業務をたんたんとこなさなければならず、運転していないときに挨拶をかわすくらいで1日誰とも会話をしないということがかなり多くあります。 コミュニケーションをとるのが得意ではない人にとっては働きやすい環境といえるでしょう。 ハンドルをしっかりと握ること以外は基本的に何をしていても自由なので、ラジオや音楽を楽しみながら仕事をすることができます。 ドライバーになりたてのころは、いきなり1人で運転するということはなく、ベテランドライバーが隣に座り、仕事内容を教えてくれたり、運転をチェックしてくれたりします。 また、長距離移動になると、交代制で運転することもあります。 配送のドライバーなどは、深夜の時間帯に長時間運転することもあり、体力や集中力が必要になります。 交通ルールをしっかりと守らなければ、事故などにつながってしまうため、非常に緊張感のある環境でもあります。 ドライバー・運転手バイト みんなの体験談!実際に働いてみてどーだった!? タクシードライバーのバイトは一人で行動する場合が多いので、比較的自由で、人間関係の悩みがないことがメリットでした。 会社に帰れば責任者や上司と顔を合わせますが、仕事は目的地までお客様をお送りすることがメインのため、職場の人間関係などに悩むこともなく、精神的には楽でした。 時間帯によっては酔ったお客様が目的地についても寝たまま起きてくれない事もあり、そういった時は大変でした。 長時間同じ姿勢で運転していることによる運動不足はつらかったです。 車の運転が得意で、勤務日数も毎日ではなかったので、普通の会社で事務系のアルバイトするよりは気楽にバイトできたと思います。 好きな音楽をかけて自分の好きな速度で運転するだけなのでとても気楽でした。 長距離の運転だったので腰が痛くなり、大変でした。 また荷物は安価なものでしたがお預かりした大切な荷物だったので故障したりしないか傷がつかないか気づかいは必要です。 おなかがすいたら好きな時にコンビニエンスストアなどにも立ち寄れますし、お手洗いにも好きな時に行けるので自由でした。 一人長距離ドライブといった感じでした。 運転以外にも付随したいろいろな業務があるので、仕事を早く覚えるよう努力し、積極的に自分から挨拶をするよう心掛けることが必要です。 教えてもらったことは必ずメモを取り、同じことは何度も聞かないように気をつけることも大切です。 笑顔で挨拶し、相手の名前を早く覚えるよう努力していれば、いつの間にか人間関係が円滑になります。 また、宅配便のドライバーの場合、交通ルール上、二人一組で行動しなければならないので、一緒に働く人とコミュニケーションを上手にとり、協力して働く必要があります。 相手を尊重し、受け答えを笑顔で行い、報告・連絡・相談をきちんとすれば、信頼を得ることができます。 無理せず休みながら運転を! 業界により大変なことも様々ですが、タクシードライバーは酔っぱらった方への対応が大変と聞きます。 トラックドライバーは積み荷の作業が大変であるなど、それぞれ大変ですが、その他にもナビと実際の道があっていない時や、雪道の運転などもあります。 同じ姿勢でずっと運転をしていると、肩が凝ったり腰が痛くなったりと、慢性的な身体の不調に悩まされてしまうということも珍しくはありません。 腕も使うため、腱鞘炎のような状態が続くこともあります。 長時間の連続した運転はさけ、休憩時には軽くストレッチなどをして体を動かすようにしましょう。 また、スピード違反で捕まったりすれば、その罰金についてはいくら仕事中だったとしても自腹です。 万が一無理なスケジュールを課されたり、思わぬ渋滞に巻き込まれた場合は事故を防ぐためにも必ず会社に確認をとりましょう。 時間通りに物を運ぶことも大切ですが安全運転を保つための努力は一番大変で重要なことです。 交通ルールを守り、適度な休憩をはさみながら仕事をすることが非常に大切になってきます。 車好きのひとが志望する傾向に ドライバーのバイトを志望している人たちの多くは、車や運転が好きでそれを仕事にしたいと思っているひとが多いのが特徴です。 また、長時間の運転を要する仕事になると、給料も高いことがあるため、お金をしっかり稼ぎたいといったひとも多く見られます。 タクシーやバスのドライバーだと、好きな運転を活かしながら乗客とコミュニケーションをとりながら働けるため、昔は接客業をしていて、人と話すのが好きなのでという理由で希望している人もいます。 体力に自信があり、車の運転が好き、大型車を運転するのが子供のころからの夢だったというのが志望動機というケースもあります。 配送や運搬ドライバーだと、力仕事には自信がある、車を運転しているあいだ、ひとりの時間がとれるため、静かに自分の時間をとりながら働きたいといった人が志望しています。 なかには純粋にトラックが好き、また、物流の現場を経験し、ロジスティックスを勉強したいという人もいるようです。 ドライバー・運転手バイト あなたの面接力を倍増!?3つのポイント アルバイトであればビジネスカジュアルな雰囲気で大丈夫です。 必ずしも、スーツを着て行かなければならないということはありません。 ただし、アルバイトのドライバーだということで、気軽な気持ちで臨まないように気を付けましょう。 大切な荷物や人を安全に運ぶ仕事です。 面接時にも信頼感が持てる服装を心がけましょう。 好印象を与えることのできる服装は面接を有利に進めることができます。 ドライバーだと服装は自由だと思う方もいるかもしれませんが、ピアスやネックレスなどのアクセサリーをジャラジャラ付けているのは、印象が悪いためやめておきましょう。 香水の付け過ぎなども要注意です。 カジュアルすぎないパンツとジャケットで問題ありません。 タクシーやハイヤーの運転手などの場合は接客業で、勤務時もきっちりとした制服を着用する場合が多いので、スーツ姿でいくのがよいでしょう。 また、持ち物として運転免許証は言われなくても念のため携帯しましょう。 人の第一印象というのは、見た目も大きく関わってくるので、きちんとした装いをしましょう。 接客業ともいえるタクシーやバスのドライバーなどは丁寧な言葉使いや礼儀正しさが求められます。 面接では、面接官に好印象が残せるように、きちんとした話し方や姿勢、自然な笑顔をこころがけましょう。 もちろん、清潔感のある身なりで面接に臨むことも大切です。 宅配便やルート配送のドライバーなども、搬送先の人とうまくコミュニケーションがとれるかも大切です。 面接時には相手の質問にきちんと答えられるよう、準備して臨みましょう。 貨物や資材などの長距離移動の運搬では、運転技術だけでなく、長時間の運転のため、体力と車に乗ること自体が好きでなければ務まりません。 そういった点も踏まえて、面接でアピールできるとよいでしょう。 健康で丁寧かつ常識ある対応ができる、といったポイントを伝えられるよう、はつらつとした態度で面接に臨むと良いでしょう。 ドライバーの種類によって、面接中の受け答えを工夫してみましょう。 基本的に面接で質問される内容は、運転免許を取得してどれくらい経つのか、事故歴があるかどうか、同じような職種の仕事の経験があるか、運転スキルの自信はどれくらいあるかなどになってきます。 ドライバーの仕事はさまざまですが、応募先の仕事の内容に合う答えを用意しておくと良いでしょう。 タクシー運転手であれば、顧客獲得競争の激しい業界のためコミュニケーション力や努力家であることをアピールし、物を運ぶ仕事であれば積み荷の上げ下ろしもあるので体力には自信があることや、仕事の要領の良さをアピールするのもいいでしょう。 面接ではその会社を選んだ理由を聞かれると思いますが、志望理由に将来への展望を含めると好感を持たれるでしょう。 安全第一の仕事ですから、運転に慎重であることをアピールし、体力や集中力があることも伝えられると良いと思います。 会社により運転違反歴などをチェックする場合もありますので注意を要します。 また、お給料の面ばかりでなく、なぜドライバーを志望するのか、お客様や会社のために貢献したい、といった志望理由を伝えるのも、面接官に対してのアピールポイントとなります。

次の

タンクローリー運転手のお仕事とは?給料や転職について解説!

運転 仕事

派遣、出向社員、バイトでも トラック運転手になれる? 結論から述べると、 派遣、出向社員、バイトでもトラック運転手になることは可能です。 雇用期間、保有資格の条件をクリアしていれば、雇用形態は問われません。 それでは、派遣トラック運転手の場合は、どのような条件をクリアすればよいのか、詳細をみていきましょう。 トラック運転手ができないケースとは? トラック運転手ができないケースは、以下の3つです。 ・日雇いで働く ・2ヵ月以内の期間を定めて働く ・使用期間中 14日以上の雇用に至る場合は除く これらの条件を加味すると、逆に 「3か月以上の雇用期間」であれば派遣スタッフとして、トラック運転手に従事できるということです。 これらの条件に違反してトラック運転手として勤務した場合、事業所サイドに処分がくだされます。 派遣のトラック運転手に必要な資格とは? 派遣のトラック運転手に必要な資格は、所属する派遣会社や運転する車種によって異なってきますが、以下の資格は共通で必要になってきます。 ・普通自動車運転免許 トラックを運転するのに必ず必要な資格になります。 現在の普通自動車免許では、総重量が5トン未満の車両を運転することができます。 法改正前に普通免許を取得された方は、 車両総重量8トン未満までのトラックを運転することが可能です。 ただ、車両総重量が5トン未満のトラックは、運べる量に限界があるため、ドライバー職では幅が効きにくいです。 駆け出しのドライバーなど、これからドライバーとしての経験を積んでいきたい人は、まず普通免許を取得して、経験を積んでいきましょう。 ・中型自動車運転免許 中型自動車運転免許を取得すると 、車両総重量が11トン未満のトラックを運転することが可能になります。 中型免許を持っていると「4トン車」と呼ばれる業界で重宝されている車種を扱えるようになります。 中型免許をもっているだけで、運送業者からすると好印象です。 中型免許を取得するのに必要な受験資格は 「20歳以上で、普通免許もしくは大型特殊免許を持っている機関が通算2年以上であること」となります。 トラック運転手として本格的に働いていきたい人は、中型免許の取得をおすすめします。 ・大型自動車運転免許 大型自動車免許を取得すると、 運転するトラックの積載量や車両総重量に制限がなくなります。 どのようなトラックでも運転できるようになるので、中型免許保有者よりもさらに重宝されます。 大型免許取得の受験資格は「21歳以上で普通もしくは大型特殊免許を持っている期間が3年以上であること」となっています。 トラックドライバー関連の資格の中では、最も取得難度が高い資格です。 ただ、取得すれば 運送業界で重宝される人材になれますので、頑張って取得を目指していきましょう。 運転者選任の際に、上記の資格を保有しているか否かで、採用が左右されてきます。 派遣トラック運転手として働く場合は、なるべく上記の免許をすべて保有しておくのが望ましいです。 一気にすべての資格を手に入れるのは難しいので、少しずつステップアップしていくことをおすすめします。 派遣のトラック運転手が担当する車種は? 派遣のトラック運転手が担当する車種は、派遣会社によって様々です。 ただ、市場のニーズから「4トン車」運転の求人が多い印象です。 もちろん、小型や大型トラックの求人もあるので、まずは色んな派遣会社に登録して、自分の要望に沿った派遣トラック運転手の求人を探していくのが無難と言えますね。 トラック運転手の派遣はきつい?仕事内容は? トラック運転手の派遣と聞くと 「ブラックなのでは?」「本当に稼げるのか?」など不安な点が多いかもしれません。 実際に、派遣のトラック運転手のリアルな情報をまとめてみました。 派遣でトラック運転手はいくら稼げる? 派遣のトラック運転手は、所属する派遣会社や運転する車種によって稼ぎが変わってきます。 一般的には、 トラックの大きさが大きくなるほど給与が高くなる傾向にあります。 下記、派遣トラック運転手の給与例です。 大型トラック 8t 時給 1,400円程度 日給 15,000円程度 月給 30万円程度 中型トラック 4t 時給 1,200円程度 日給 12,000円程度 月給 26万円程度 小型トラック 2t 時給 1,100円程度 日給 1,1000円程度 月給 24万円程度 日給での給与計算になるため、出勤日数が少ないと上記給与よりも低い水準の額になってしまうので注意してください。 拘束時間や残業は? 派遣トラック運転手は 拘束時間が短く、残業も少ない傾向にあります。 これは「派遣」という雇用形態が影響しています。 派遣は、労働力を安価に提供するために採用されたシステムですので、運転者選任後の「人件費」を最小限に抑えることが優先されてきます。 したがって、 無理に残業させたり、労働時間を増やすことは避けられる向きにあるのです。 これをメリットと見るか、デメリットと見るかは人それぞれですが、「稼ぐ」という面ではデメリットになってしまいますね。 派遣のトラック運転手の雇用期間は? 派遣トラック運転手の雇用期間は、最低でも 「3か月以上」です。 そこから、どこまで雇用期間が延びるかは、派遣会社によってことなってきます。 3か月きっかりで契約を結ぶところもあれば、半年単位で結ぶところもあります。 ただ、派遣という性質上、運転者選任の際に年数をまたぐ契約をすることはないので、あくまでも数か月単位という雇用期間の範囲に収まります。 派遣契約を延長できれば、数年に渡って勤務することも可能になってきますね。 派遣トラック運転手のメリット 次に、派遣トラック運転手のメリットをご紹介していきます。 運転を仕事にできる! 一番のメリットは 「運転を仕事にできる点」と言えますね。 免許をとって、運転することが好きになった人にとっては、運転が仕事に繋がることほど嬉しいものはありませんよね。 好きなことを仕事にできるのは、大変すばらしいことです。 運転が好きな人ほど、派遣トラック運転手に向いていると言えます。 人間関係のしがらみから解放される? 派遣トラック運転手になると、 人間関係のしがらみから解放されます。 派遣会社には所属しますが、1つの企業に所属して働く訳ではないので、特定の相手と人間関係を築く必要がなくなります。 仕事のストレスのうちの大半が「人間関係」から生じていると言われるほどです。 人間関係から解放されるだけでも、仕事に対するモチベーションが変わってきますよ。 全国各地から仕事を選べる 派遣トラック運転手になると、1つの所属先にこだわる必要がなくなるので 、全国各地から求人を選ぶことが可能になります。 自分の都合で全国を飛び回っても、滞在先で仕事をすることが可能です。 これは派遣トラック運転手ならではのメリットと言えますね。 年齢、性別によって制限はある? 派遣トラック運転手の雇用に、年齢制限や性別の制限は書類上、ありません。 ただ、派遣会社からすれば運転者選任の際に 「なるべく若い人材」もしくは「経験が多い人材」が欲しいということは否めません。 トラック運転者としての経験がなく、年齢を重ねている場合は、派遣トラック運転手として雇ってもらうには少々厳しい条件となります。 派遣トラック運転手になる前に、運送業者でトラック運転手としての経験を積んでから、派遣トラック運転手になることをおすすめします。 派遣と請負って何が違う? 「派遣」と 「請負」という言葉は、似ているようで実は意味が異なるものです。 それぞれの違いを見ていきましょう。 派遣について 派遣とは、 「人材を企業に紹介して、労働力を提供すること」を指します。 労働力を提供するという観点から、派遣社員は、「派遣先の企業」から指示を受けて働くことになります。 ただ、雇用関係は派遣元の企業との間にあるので、給与の受け取りも派遣元からとなります。 請負について 請負は 「労働の成果を提供すること」を指します。 したがって、請負に指示を出すのは請負元の企業となります。 仮に、請負元以外の企業現場で働いていたとしても、その現場企業から指示を受けることはありません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 派遣トラック運転手は、業務自体は通常のトラック運転手とは大差ありません。 ただし、メリットや給与形態など、異なる点もあります。 それぞれ比較した上で、ご自身に合っているのか検討してみてくださいね。 【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト 「転職して給与をUPさせたい... 」 「勤務の時間帯を変えたい... 」 「仕事内容を変えたい... 」 などの悩みがある方は、 転職すべきタイミングです。 今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、 現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています! 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ジョブロジ」です。 全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。 地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。 お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。 検索はこちらから。 ドライバー様の転職においては、 希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。 それは、情報収集が不足している事が原因にあります。 より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。 また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!.

次の

トラックドライバー(配送業)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

運転 仕事

街中でトラックやタクシーのドライバーを見かけますよね。 手紙のような軽いモノから、引っ越しの荷物、工場から出荷された製品までいろいろなモノを運んでいます。 ここでは、ドライバーの種類とその仕事内容についてご紹介します。 どのような人がドライバーに向いているのでしょうか? ドライバーのお仕事とは? ドライバーとは、車を運転する仕事全般をさします。 トラックドライバー トラックドライバーは、乗車するトラックの大きさによって仕事内容が違います。 大型トラックのドライバーは、11t以上のトラックを運転します。 港から各都心部までの輸送など比較的長距離を走ります。 食品や工業製品などを大量に運んだり、11t以上のトラックにしか収まらないパイプや鉄板などの建設材料を運んだりします。 中型トラックのドライバーは、大型トラックと同じような輸送物を比較的近い距離で運びます。 小型トラックは、大型や中型トラックで都心部まで運ばれた荷物を各地域に分配する役目を持っています。 宅配ドライバー 宅配ドライバーは、集配所から個人宅への配送を行う、いわゆる宅配便の運転手が当てはまります。 配送だけでなく、個人宅や企業へ出向き荷物の集荷を行うこともあります。 ドライバー補助 ドライバー補助とは目的地までのナビゲーションや荷物の積み降ろしを手伝います。 またドライバーが車を離れる間は荷物の整理をしたり、ドライバーと連携してサポートすることが仕事です。 ドライバーと一緒に乗車はしますが、運転はしない場合がほとんどです。 バス・タクシードライバー バス・タクシードライバーは人を目的地まで運ぶ仕事です。 バスは、各所にある停車場所(バス停)をまわり多くの人を乗せて目的地まで走る「路線バス」と、比較的遠くの目的地や観光地に人を運ぶ「観光バス」に分かれます。 また工場や遊園地などの敷地面積が広い施設内専門のバスドライバーもいます。 ドライバーになるのに必要な免許とは? ドライバーになるには、運転免許が必要です。 乗車する車両の大きさや、仕事内容によって免許の種類が異なります。 自動車免許には、車の重さ、積荷の重さ、車に乗る人数によって車の種類や大きさが変わります。 普通自動車免許(普通免許) 一般的な普通自動車に乗ることができる資格です。 また、5t以下のトラックであれば普通免許で乗れます。 小型トラックのドライバーや宅配ドライバーは、普通免許があれば運転することができます。 中型自動車免許(中型免許) 5t以上11t未満のトラックを運転することができます。 中型トラックドライバーに必要となる資格ですが、求人によっては4tまでの荷物を配送することが多いため普通免許で大丈夫な場合もあります。 運ぶ荷物が重たくなると、荷物を積み込む際フォークリフトという機械を使う場面が増えます。 フォークリフトの運転免許は初心者でも比較的簡単に取得することができるので、普通免許と合わせて取得できると便利でしょう。 大型自動車免許(大型免許) 11t以上のトラックを運転する大型トラックドライバーの仕事に必要です。 食品や工業製品などの一般的な輸送物を運ぶ際は大型免許があれば大丈夫です。 牽引免許を別で取得すれば、トレーラーなどの特殊な車を運転できます。 第二種運転免許 バスやタクシードライバーに必要なのは第二種運転免許です。 これを持っていると、運賃を貰って人を運ぶことができます。 第二種運転免許は、入社後に取得支援を行う企業があります。 また、工場や遊園地など敷地内での送迎用バスのように、運賃を貰わない運行であれば普通自動車免許で運転できる場合があります。 ドライバーに向いている人とは? どのような人がドライバー職に向いているのでしょうか。 トラックドライバー 業務中一人で過ごすことが多いため、自分のペースで仕事をしたい方にはオススメです。 指定されたモノを目的地まで運び届けるお仕事です。 仕事の出来高に応じて給料が上がる歩合制を採用している会社が多くあります。 時間通りにいくつ運べたかなど自分で予定を決めて達成することに喜びを感じる人に向いています。 宅配ドライバー 基本的に同じエリアを担当するため、道を覚えることが得意な人に向いています。 また、トラックドライバーに比べて人と接する場面が多いので、お客様とコミュニケーションをとることが好きな人に向いています。 ドライバー補助 ナビゲーションなどドライバーと協力するので、人に対する気遣いができ協調性があれば仕事がスムーズに進みます。 荷物の積み卸しなどの軽作業があるのでフットワークの軽い人に向いています。 バス・タクシードライバー ドライバーの中でも、お客様と接する機会が多い職種です。 人との会話が好きな人に向いています。 また路線バスは地域の公共交通機関を支える仕事なので、好きな地域で働けるとよりやりがいを感じることができるでしょう。 ドライバーを目指す人 ドライバーと一言で言っても、たくさんの種類があります。 トラックの大きさもドライバーの役割も違います。 比較的大きい4tトラックでも普通自動車免許で運転できるので、中型トラックドライバーまでは初心者でもチャレンジしやすい職種と言えます。 制作:工場タイムズ編集部.

次の