法務 求人サイト。 法務・総務の仕事内容と求められるスキル

法務の求人・転職情報

法務 求人サイト

法務の仕事を探している方必見です! 法務の求人を探す方法としてオススメなのが転職エージェントの活用です。 法務業務に特化した求人を探す事ができるのはもちろん、様々な業界・職種に精通した経験豊富なコンサルタントが求職者の立場になってサポートしてくれるのも大変心強いです。 例えば、リクルートグループが運営するは、 法務関連の求人も数多く扱っていますので、まず登録しておくのが得策です。 法務スタッフは今後ますますニーズが高まると言われています。 これまでの法務業務の経験を活かして更にステップアップしたい方、法学部で得た法務の知識をもとに実務に就きたい方、今がチャンスです。 法務の求人にも強い!転職サイトランキング! サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 【リクルートエージェントのお勧めポイント】• 法務業務も多数有。 無料 全国 株式会社マイナビ 【マイナビエージェントのお勧めポイント】• 管理部門向けの転職相談会も随時実施。 他のサイトにはない求人に巡り合える可能性大。 情報収集への注力ぶりがわかる。 無料 全国 株式会社インテリジェンス 【DODAのお勧めポイント】• 法務の求人は勿論、法務専用の職務経歴書サンプルも入手可能。 女性のキャリアアップも積極的にサポート。 総務系の個別相談会なども有り、無料で参加可能。 法務業務の役割と求人の探し方は? 世の中には色々な仕事がありますが、その中でもあまり目立たないながらも企業全体を支える縁の下の力持ちとして知られているのが法務と呼ばれる部署で行われる業務だそうです。 法務業務は企業に関係する契約などが法を遵守しているかどうかを確認し、問題が発生した場合は定められた法律を元に対策を講じたり、法令違反をさせないためのルール作りを行ったりと様々な形で行われており、 いずれの業務も企業を健全な状態で運営するための環境づくりに大きく貢献しています。 そういった法務業務に興味を持つ方は多く、新卒から転職まで実に様々な形で求人を探しているそうです。 法務として働くためには当然ながら法律に関する知識を学ぶ必要があります。 そのためほとんどの方は大学で法律について学んでおり、それらの知識を活かせる職場を良く探しているそうです。 中には大学を卒業してから法律事務所などで事務として働きながらこつこつ勉強して司法書士などの資格を取ってから転職と言う形で一般企業の法務で働いていると言う方もいるそうで、同じ法務求人を探していると言うだけでも非常に多くの人を集める事が出来るくらい法務の求人に注目している方の多さが分かります。 法務の業務内容は基本的には法的トラブルの対応ということになります。 その方法には様々な種類があり、はじめからトラブルが起きないように契約を締結する前に契約書の内容をチェックして必要なら条項などを加えるなど今後起こりえるトラブルを回避するための方法を実践する予防法務や、トラブルが発生したときその原因を辿り、そこから裁判などの法的対応を提案して問題を解決する臨床法務、企業の経営に関する法律事務を行って企業の意思決定をサポートする戦略法務といった方法を用いて大きなトラブルに発生しないように努力を続けているそうです。 更に企業ごとに細かく業務内容は変化するのでより詳しい情報を知りたいときは就職したいと思える求人を見つけたときにじっくり調べてみましょう。 法務への就職や転職を行うときは求人の探し方について考える事が一番重要です。 法務の求人は様々な求人サイトなどで公開されており、それらを可能な限り多くチェックして一番自分が働きたいと思える求人を見つける事が出来なければ満足いく形で働くことは出来ないでしょう。 少しでも多くの求人をチェックしたいと言う方は是非一度数ある求人サイトをチェックしてみて一番理想に近いと思えるような求人を探してみてください。

次の

法務転職、志望動機に何を書くべき?

法務 求人サイト

141979 ポジション 法務スタッフ 仕事内容 業務量の拡大に伴い、契約書審査を始め、事業部の法務業務が増加しています。 企業法務として、まずは契約書作成及び審査業務を中心に、マネジメント業務もお任せしたく思います。 なお、英文契約書も発生しますが、複数名と適材適所に業務を遂行していただきます。 ) ・人事業務 勤務地 東京都 必要な経験・能力 <必須> ・簿記3級 ・伝票入力のご経験 <歓迎> 経理以外の管理部門業務のご経験 想定年収 300万円 ~ 400万円 135809 ポジション 法務スタッフ【東証一部上場】 仕事内容 今回ご入社いただく方には、ご志向と適性を加味し、契約審査等の法務業務もしくは商標調査・表示審査業務のいずれかを軸とした下記業務をお任せします。 本プロジェクトの主要メンバーとなる。 報酬制度設計に関連して、グレード統一、ジョブ型ポジションへの移行なども含まれる。 但し、関連する業務については部署を跨ぎ横断的に行っているものもありますので、柔軟にご対応頂くことを期待しております。 ・日々の事務処理の遂行に留まらず、現状や今後起こりうる課題を認識し、先回りして対応する意欲のある方。 紛争関係は海外が多く、その方の経験・スキルに応じておまかせします。 市場調査、戦略立案、アライアンス企画などクライアントの中国進出及び新規事業支援において 中国法律知識を活かせる幅広い業務をお任せ致します。 また、個別の案件支援と並行して「次の時代を道づくる」社内の新規事業立案とこれの実行も一緒に推し進めて頂きます。 大手・中小ベンチャー企業のクライアント様の想いに寄り添った中国進出企画をクライアント様と共に描き、 立ち上げを成功に導き、更に事業を成長させ続ける為に、経営者・事業責任者視点で主体的に行動し、チームで成果をあげて頂きたいと思います。 また個別案件に対応するための契約書の新規作成は大小合わせて月平均3~5件程度。 イメージとしては、子会社側の契約書について主にご担当いただく想定でおります。 勤務地 東京都 必要な経験・能力 【下記、いずれかに該当する方】 ・契約法務のご経験をお持ちの方 ・法科大学院修了生もしくは司法試験受験者の方 【求める人物像】 ・経営的な視点で取り組める方 ・柔軟性を持ち、臨機応変に対応できる方 ・コミュニケーション力のある方 想定年収 350万円 ~ 450万円 141495 ポジション 知財<スタッフ~リーダー候補> 仕事内容 当社及び(一部を除く)グループ会社の事業技術分野に関わる契約書作成、特許権利化、特許管理業務、他社特許対応業務、知的財産権上の問題の解決策立案を中心に幅広くお任せします。 勤務地 東京都 必要な経験・能力 <必須> ・理系大学卒以上 ・技術分野は問いませんが、入社後同グループ(一部を除く)の事業のすべての分野に取り組む意欲のある方 ・食品、バイオ系、生物系、農学系の分野で、企業知財部または特許事務所でのご経験者(目安:3年以上) ・事業会社との意見の交換、対外的な折衝等が多いため、能動的に仕事に取り組める方、コミュニケーション力の高い方 想定年収 450万円 ~ 800万円 141334 ポジション 総務人事法務担当 仕事内容 総務人事を中心に、法務や営業事務もお任せいたします。 今回入社頂く方には主に下記記載の法務業務をメインに、部署全体の他業務にも携わって頂くことを想定しております。 また、既存の金融ビジネスにとらわれない新しい金融事業の構築について、コンプライアンスの面から事業をサポートして頂きます。 メンバーマネジメントから細かい業務のサポートなど、会社の管理会計~経営企画的な活躍を期待しております。 ・総務業務 ・勤怠管理、給与計算、入退社手続き、社会保険手続き ・現在社会保険、給与計算を外注 ・入出金、出納関係 ・小口現金の管理 ・経費、領収証 ・税理士対応 勤務地 愛知県 必要な経験・能力 【必須】 ・経理知識(簿記2級以上) ・総務人事労務のいずれかのご経験 【歓迎】 ・マネジメント経験者 【人物タイプ】 ・責任感を持って臨機応変に業務を遂行できる ・社内外と良好な関係を築くことができる ・高い志をもつ社長のフォロワーとして伴走できる 想定年収 500万円 ~ 1000万円 138961 ポジション 法務マネージャー候補【急成長中の注目ベンチャー企業】 仕事内容 プレイングマネージャーとして当社およびグループ全体の契約法務業務をご担当いただきます。 ただし、今後更なるグローバル展開を計画しているため英文が増える可能性があります。 PDCAを上長や経営陣とコミュニケーションを取りながら、裁量をもって進めていくことが出来ますので、非常に遣り甲斐のある業務内容となります。 スキルアップしたい方には非常にお勧めな案件です!!~ 具体的には以下の通りです。 英語が得意な方は、英文契約ドラフト業務もあります 【歓迎要件】 国際法務経験 中国語 契約書およびメールでのやり取りを想定 想定年収 590万円 ~ 1024万円 139797 ポジション 【新規応募停止】法務担当(IPO準備企業) 仕事内容 会社全体の事業規模・業務拡張に伴い、法務課に求められる役割が複雑かつ多岐に渡り拡大しています。 また上場準備が本格化していく中で、法務リスク対応のニーズが高まっております。 ご入社する方のスキル、経験に合わせて、部長(弁護士)と相談しながら下記業務をお任せする予定です。 【具体的な業務内容】 ・各種決算業務 ・資金調達、資金運用(対銀行との取り引き) ・資金計画の策定 ・予算統制業務(中期経営計画の策定、進捗管理、年度予算の編成) ・法務業務(契約書作成、訴訟、特に雇用問題への取り組み・解決の経験) ・経営に関する業務(株主総会・取締役会の準備と運営、社内規定の整備・管理) ・人事業務(採用業務、給与社保、人事評価制度構築・運用) など 勤務地 東京都 必要な経験・能力 【必須要件】 ・経理軸で管理部門業務のご経験をお持ちの方 ・マネジメント経験 【歓迎要件】 ・フットワークが良く、現場に出向いて自ら問題解決を行う意欲のある方 想定年収 600万円 ~ 1000万円 137843 ポジション 法務(コントラクトスペシャリスト/フレックス有/残業時間も相談可能) 仕事内容 今回ご入社いただく方には、法務(コントラクトスペシャリスト)として、ご経験に応じて以下の業務をお任せします。 想定年収 400万円 ~ 700万円 130845 ポジション 法務担当(弁護士対象求人/将来のマネージャー候補/東証一部上場企業の有望ベンチャー企業) 仕事内容 契約書の作成や審査を中心に、自社サービスに対する法的リスクのアドバイスを行っていただきます。 プロダクトが増え、事業規模が拡大しているチャレンジ溢れる組織で、リスクマネジメントしていただける方のご応募、お待ちしております。 具体的には、ご経験に応じて下記業務をお任せいたします。 具体的には、下記の通り。 法科大学院修了生や法律知識を有する方も応募可能です。 読み書きビジネスレベルあれば尚可。 ~英語の使用シーン~ メール、資料、契約書の読み書きが中心。 機械翻訳使用可。 会話では殆ど使用しません。 即戦力として独力で明細書作成が可能な方を募集しております。 【技術分野】 ・電気工学、電子工学、通信工学、画像工学、物理、数学、コンピュータサイエンスのいずれかの技術分野を取り扱ったことがある方 【主な業務内容】 ・上記分野の特許取得のための国内外における出願・権利化業務(内製化) (明細書作成、意見書補正書作成等中間業務など) 勤務地 大阪府 必要な経験・能力 【必須条件】 ・特許事務所での3年以上の出願・権利化(内製)実務経験がある方。 ・電気工学、電子工学、通信工学、画像工学、物理、数学、コンピュータサイエンスのいずれかの技術分野を扱ったことのある方または技術に精通している方 ・TOEIC700点以上(または英文明細書を不自由なく読める方) ・理工系大学卒以上 ・向上心のある方 【歓迎条件】 ・弁理士資格保有者 想定年収 600万円 ~ 900万円 141399 ポジション コンプライアンス担当(役職応相談/不動産投資顧問会社/大手商社100%出資) 仕事内容 ご経験に応じて下記業務をお任せします。 ・契約書作成業務(レビュー、リバイスが中心ですが、一部ドラフト作成が発生する場合があります。 月間の契約数は月40~50件くらい。 和文が中心ですが、一部英文契約が発生する場合があります) ゆくゆくは、マネジメント業務にも携わっていただける方をお待ちしております。

次の

【法務求人サイトランキング】法務に特化した仕事探しに役立つ!

法務 求人サイト

法務転職において、志望動機は重要か? ポテンシャル採用枠では特に志望動機が重要 法務転職を検討・実行されている方は、いつも「志望動機」をどのように書いていますか?具体的な事実である「経歴」「職歴」と比べて、「志望動機」は書き方が難しい…という方も多いのではないでしょうか。 一般的に、法務経験者ですと職務経歴書のほうが重視されます。 したがって、志望動機が重要になるのはむしろポテンシャル採用の場合です。 特にアピールできる経歴がそこまでない場合は、志望度の差で採否が分かれることもあります。 採用側は、志望度が高い人を採用したい とはいえ、経験者であっても未経験者であっても、企業側から見れば、「志望度の高い人を取りたい」というのも本音です。 能力が高くても、志望度の低い応募者だと転職リスクを感じさせる場合もありますから、最低限きちんとした志望動機を書くことは必須です。 この記事では、よくある志望動機のNG例を見ながら、「志望度が高い」と思ってもらえるような志望動機の書き方を見ていきましょう。 「法律知識を活かし、法務面からサポートします」といった表現をよく見かけます。 しかし、これは1つ目のNG例です。 いったいどこに問題があるのでしょうか? 志望動機で最も重要なのは、「事業内容に対する理解と意欲」です。 そういう意味で、先程の志望動機には以下のような問題があります。 「本当に企業法務での業務内容を理解しているのか?」と思われてしまいます。 その企業の事業に当事者意識を持っているのか疑われてしまいます。 他のNG例として、企業理念ばかりに触れているケースも挙げられます。 もちろん、最低限は企業理念触れていても問題ないですが、あまりに企業理念の一点押しになってしまうと、全体的に幼い印象となり、具体的な事業内容を理解しているのか疑われてしまいます。 これが2つ目のNG例。 あまり自分の希望ばかりを押してしまうと、会社に対する貢献度が疑われる可能性があります。 法務職は、事業活動の中で、会社のリスクをコントロールする最後の砦ともなる業務です。 そのため企業としてもしっかりと職務を全うしてくれるプロを求めています。 むしろ昨今は、多少経験や知見が足りなくとも、長期にわたり粘り強く業務に向き合える方のほうが、採用されやすい傾向にあります。 志望動機においても、内容だけでなく国語力まで評価対象になっていると心得ましょう。 まずは「論理的な文章」になっていないNG例を紹介します。 ~と考えます。 一読して違和感ない文章でも、声に出して読んでみると、意外としっくりこないことがあるものです。 また、Wordを使って文書を作成している場合は、校閲機能により、誤っている箇所に波線が表示されます。 このアラートを頼りにして修正することも有効だと言えるでしょう。 まとめ:採用目線に立った志望動機を書こう 法務であっても、積極的に事業に関与する姿勢が求められる 採用目線から見て欲しい人材とは、「法律のプロフェッショナル」というよりも「一緒に事業を伸ばしてくれる人」だと言えます。 この点を意識して、事業内容を理解し、当事者意識を持った志望動機を作成していきましょう。 もちろん、内容面だけでなく形式面も重要です。 法務として働く以上、正しい文章を書けることは必須能力。 志望動機はそのアピールの場にもなっていることを意識してください。 とはいえ、志望動機なんて普段なかなか考えないことですよね。 自分一人で書くことにこだわらず、周囲にアドバイスをもらうことも効果的だと言えます。 経験者の力も借りながら、上手に転職活動を進めてみてくださいね。 この10年間で転職支援を行った法務担当者のご経歴・スキルセット・ご要望等の膨大なデータを蓄積しており、膨大なデータをもとに精度の高い予測が行えるため、あなたにマッチしたキャリアパスを提案することが出来ます。 法務の転職についてご検討中の方や、お悩みの方はぜひ一度ご連絡ください。 法務の転職市場を熟知した当社エージェントが、あなたの転職活動を全力でサポート致します。 法務の転職市場を熟知した当社エージェントが、あなたの転職活動を全力でサポート致します。

次の