プライムビデオ 履歴 残さない。 即解決!Amazonプライムビデオの視聴履歴の確認と削除方法

Amazonプライムビデオ視聴履歴を削除する三つの方法!残さないことも可能? » Simaho!

プライムビデオ 履歴 残さない

Amazonプライムビデオ 視聴履歴の消し方 最近見た商品、次に観る、おすすめ Fire TV Stickやパソコン、スマホそれぞれの視聴履歴を消す方法を解説します。 Fire TV Stickって何?という方はこちらへどうぞ Fire TV Stickのトップページから履歴を消す方法 履歴は「最近見た商品」や「次に観る」に残ってしまっています。 最近見た商品削除の方法(Fire TV Stick) 最近見た商品の、 消したい商品にカーソルを合わせた状態でリモコンのメニューボタン(右上の三本線マーク)を押します。 すると、画面右下にオプションが出てくるのでその中の「リストから削除」を選択します。 次に観るを消したい場合(Fire TV Stick) 「次に観る」に履歴が残ってしまっている場合も「最近見た商品」を消す方法と同じです。 「次に観る」の 消したい商品にカーソルを合わせた状態でリモコンのメニューボタン(右上の三本線マーク)を押します。 すると、画面右下にオプションが出てくるのでその中の「リストから削除」を選択します。 「リストから削除」という項目があります。 Amazonプライムビデオのアプリから視聴履歴を消す方法 スマートフォンやタブレットでPrime Videoのアプリを使用している場合、どのように視聴履歴を消せばいいのか解説します。 どのタイトルでもいいのでタップ長押しする。 作業を終えるには「完了」をクリック。 視聴履歴に基づくおすすめを表示させなくする 視聴したプライムビデオから、類似したビデオをおすすめしてくれる機能があります。 一人で見る場合はとても便利なのですが、家族でプライムビデオを共有している場合はあまりおすすめしてほしくないジャンルもあると思います。 以下の方法だと、「視聴履歴に基づくおすすめ」が表示されなくなりますよ。 ぜひ試してみてください! Fire TV Stickに新型が登場しました。

次の

Amazonプライムビデオの視聴履歴を「徹底的に」削除する方法

プライムビデオ 履歴 残さない

Amazonのアカウントで利用できるは、洋画、邦画はもちろん多数のアニメ作品の他、Amazonオリジナル番組など多彩なラインナップが楽しめます。 個人で利用するだけでなく、ご家族で一緒に視聴したり、お友達と楽しんだりしている方も多いのではないでしょうか?そんな時、視聴履歴を見られるのがなんとなく気まずいな、できれば知られたくないということもあるかと思います。 また、プライムビデオはパソコンからの視聴だけでなく、スマホやFire TV Stickを使ってテレビからと複数デバイスでの使用をしており、履歴を消したつもりが、他のデバイスでも消えているのかというご心配も想定されます。 今回は、視聴した履歴の削除の仕方や、履歴自体を残さない方法をご紹介します。 Amazonプライムビデオの履歴とは? これまでプライムビデオで視聴した番組の記録が、自動的に残されるようになっている仕組みです。 前回途中までしか見れなかった動画を、どこまで見たのかが把握できたり、これまでの傾向を元に、ジャンルや作風が近しい作品をピックアップして、この作品も好きなのでは?とリコメンドしてくれたりといった視聴者の利便性の為に実装されています。 一方で、こっそり一人で視聴したいと思っていた履歴も自動的に記録されてしまい、あまり公にしたくなかった情報も露呈する可能性があります。 その中で、過去に見たものの傾向から、「視聴履歴に基づくおすすめ」が表示されます。 「次に見る」に反映される 「次に見る」には例えば、連続したドラマを視聴している場合に、続きが紹介されたり、新しい回が追加されたとき等に表示されます。 Amazonプライムビデオの履歴を削除する方法《アカウント》 それでは、具体的な履歴の削除方法を順にご紹介していきます。 履歴自体は便利な機能ではありますが、個々人のご都合にあわせて、削除を行ってください。 視聴履歴を確認する 削除するにあたって、対象となる履歴をまず確認します。 パソコンでブラウザを立ち上げて、Amazonにログインをします。 基本的にはパソコンから操作する形になります。 スマホでもブラウザ最下部にある「Amazon PCサイト」からPC表示に切り替えて操作することは出来ますが、Amazonトップに飛んだあと、他ページに移ると自動的にスマホページに戻ってしまうケースがある為、パソコンからのアクセスを推奨します。 プライムビデオのページから「設定」をクリックします。 「視聴履歴」を選ぶと、これまでに見たビデオの一覧を確認できます。 という案内とともに、「視聴履歴を表示」のボタンが表示されます。 そのまま押すと動画の一覧が出てきます。

次の

Amazonプライムビデオ 視聴履歴の確認・削除方法【スマホ/PC/Fire TV】

プライムビデオ 履歴 残さない

「Amazonの注文履歴や閲覧履歴を削除したいのですか?一体どんな商品をAmazonで購入したんですか?」人にはだれでも見られたくないものがあるんですよ。 この記事では、Amazonの注文履歴を削除できない件にまつわる厄介な問題や、おすすめ商品に反映される恥ずかしい商品閲覧履歴の削除などの方法をまとめます。 加えてプライム・ビデオの閲覧履歴やそれに基づく「 次に観る」とか「 おすすめ動画(映画)」のタイトルを消す方法も紹介します。 2019年10月10日:以下の問題は、Amazonジャパンによって特定され問題は解消に向かっているとのこと。 問題が発生したユーザーにはAmazonから謝罪メールが送られています。 2019年09月27日:一部のAmazonユーザーで、注文履歴を見ると自分が購入したことのない商品や普段自分が利用していない配送先の名前と住所が閲覧できる状態とのです。 Amazonでこの問題が確認され問題解決に向けて取り組まれているようです。 実はAmazonでは、スマホアプリでもPCのブラウザ表示でも、注文履歴は一切削除できません。 非常に残念です。 スマホでもPCでも、基本的にAmazonアカウント(登録メールアドレスとパスワード)を秘密にしている以上、Amazonでも購入履歴は第三者には漏れません。 しかし注文履歴の削除はどうしても無理なんですよね。 ) 記事後半で説明するように、PC表示では「注文履歴一覧表から 非表示」にすることは可能ですが、それも100件分まで。 いずれにしろ、 非表示されたものでも簡単に表示することが可能なので、Amazon注文履歴から見られたくない購入商品リストを永遠に抹消したいというユーザーの願いを満たすものとは言えません。 しかしAmazon注文履歴、購入履歴を永遠に 削除する方法が一つだけあります。 それを説明する前に、いったいどうしてAmazonの注文履歴は削除できないのか?他のネットショッピングではどうなのか?という点を確認しておきましょう。 Amazon 注文履歴を削除できない理由とは? ネットショップでのお買い物履歴(注文履歴を)を削除したい理由は個人ユーザーによって違いがあると思いますが、ほとんどのネットショップは購入履歴を削除する機能はありません。 非表示にする方法さえありません。 Amazonだけでなく、楽天でも無理です。 Yahoo! ショッピングは個人的にお願いすれば、非表示にできるみたいです。 しかし結局、注文履歴を消すことができてもAmazon側では「誰が、いつ、どんな決済方法で」購入したかに関する帳簿(データ)は保持していますから、履歴が消せるかどうかは税務上の影響は与えないはずです。 前置きが長くなりました。 Amazonの購入履歴の表示をコントロールするいくつかの方法を紹介します。 どうしてもAmazonをスマホで利用したい場合は、Amazonアプリを利用せず(=アンイストール)、ブラウザアプリからにアクセスし「デスクトップ表示」にします。 例:iPhoneなら iOS のブラウザ Safari から上記の注文履歴にアクセスし、「共有ボタン」から「デスクトップ用サイトを表示」をタップします。 iOS 13 がインストールされたiPhoneでブラウザSafariを利用している場合は左上の「aA 文字サイズ変更ボタン 」を押してメニューから「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップすることでPC表示にできます。 へログインし、上部の「アカウントサービス」 のページのでは以下の3点を確認できます。 「 注文履歴」:時系列で注文された商品を一覧表示できます。 「 未発送の注文履歴」:文字通り、配送センターまたは店から発送されていない注文です。 「 キャンセルされた注文」 そして各注文商品の右下に「 注文を非表示にする」のボタンがあります。 それを押すと注文した商品を「注文履歴」のページから非表示にできます。 ただし残念なことに非表示にできるのは100件までです。 )に移動させれば、 注文履歴そのものを削除できないですが、 目立たなくすることはできます。 家族の誰かがアカウントサービスを見ても、以下の「」という 小さなリンクを押さない限り表示されません。 しかしながら、家族とAmazonアカウントを共有していなら、いずれはバレることを覚悟しなければなりません。 2.アカウントの閉鎖 上記の通り、注文履歴を完全に削除できないのですが現実なのですが、 注文履歴を完全に削除するための唯一の方法は、Amazonアカウントの閉鎖しかありません。 閉鎖しても何ら問題ありません。 また作ればいいわけですから。 閉鎖方法は でその方法が記されているとおり、Amazon登録メールアドレスで、必要な情報を記入してメールするだけです。 閉鎖の注意点 しかしアカウントを閉じる場合には以下の点に注意が必要です。 Amazonギフト券のやポイントの残高は移行できなので、捨てるか、アカウント閉鎖前に使い切る。 購入済みの商品を返品できない。 電化製品の保障を受けるために難儀する。 アマゾン・アフィリエイト(アソシエイト)も閉鎖され、未払いの紹介料やブログに掲載しているアフィリエイトリンクが無効になる。 上記の点がクリアできるなら、さっさとAmazonアカウントを閉じてしまってください。 閲覧履歴には自分も家族も金輪際アクセスできません。 別のアカウントを作る手もあり アカウントの削除も可能ですが、便利なのは、もう一つ別個のアカウントを作ることです。 注意点としては、新Amazonアカウントには旧アカウントのメールアドレスと同じものは利用できないくらいです。 あとはすべて同じもでOK。 簡単です。 閉鎖していない旧アカウントは、何かのためにとっておいて、登録メールアドレスとパスワードは机の奥のさらに奥にひっそり保存しておけばいいわけです。 このようにしておけば、何かの理由で旧アカウントにログインする必要に迫られた時に、机の奥から旧Amazonアカウント情報を引っ張りだしてくればいいだけの話。 ついでに旧アカウントは簡単に破られない強力なパスワードに変更しておくことをおススメします。 参考 参考 「おすすめ商品」や「広告」に注文履歴を反映させない方法 さて、注文履歴を削除したいユーザーにとって、もう一つ気持ち悪いかもしれないAmazonおせっかい機能と呼べる機能があります。 それはAmazon内で商品を物色中に、家族と一緒に見たくない商品を「おすすめ商品」に陳列させる機能です。 家族や友人と閲覧中に表示されるなら思わず赤面してしまう機能です。 この「おすすめ商品」機能は、初期設定では、Amazonでの注文履歴だけでなく、 つい出来心でクリックした閲覧履歴も反映されているのです。 スマホのAmazonアプリでの表示でも、いたるところに「 あなたのお買い物傾向」からという見出しのもとに、見たくない広告が表示されてしまいます。 この機能を「大きなお世話だ!」と感じる方は、以下の2つの方法で、注文履歴や閲覧履歴のデータを反映させないようにできますよ。 閲覧履歴として残したくない商品を見つけて、「 削除」ボタンをクリックするか、右の「履歴を管理」から「 すべての項目を削除」を押しましょう。 恥ずかしい商品を大量にチェックしたことのあるユーザーは迷わず「すべてを削除」をクリックしましょう。 注文履歴が表示されますから、データに反映させたくない商品にチェックを入れてください。 すぐに上の行に「保存しました」と表示されたら、その注文商品はおススメに反映されませんよ。 また、おすすめ商品には自分であえてマイページに登録した「 」のデータも反映されているようです。 これがあだになることはまずありませんが、Amazon依存症の方は、心機一転、そのデータも消去することをおススメします。 Amazonも商売上手です。 「広告表示の設定」ページから、「 このブラウザではパーソナライズド広告を表示させない」にチェックを入れて「送信」を押します。 大変ですよ。 Amazon 閲覧履歴を残さない方法 どうしても消せない注文履歴はともかく、今後 閲覧履歴に残したくない(恥ずかしい商品)ページをどうしても閲覧したい場合は、一旦アカウントから ログアウトするか、 ブラウザのシークレット機能を利用して、Amazon商品を物色することをおススメします。 各ブラウザのシークレットモード機能を表示させるショートカットは以下の通りです。 Internet Explorer または Firefox・・・Ctrl+Shift+P• Google Chrome・・・Ctrl+Shift+N ちなみにGoogle Chromeなら右上の「Google Chrome の設定」から「シークレット ウィンドウを開く」で表示できます。 以上、Amazon 注文履歴の消去にまつわる諸問題を解決方法でした。 Amazonでネットショップを楽しみたい方はくれぐれも各機能を熟知することをおすすめします。

次の