ご祈祷 服装 ネクタイ。 安産祈願の服装はコレで決まり!気になる夫婦コーデや服装のNG例もご紹介|mamagirl [ママガール]

神社参拝の服装マナーとは?色など女性・男性別で解説します

ご祈祷 服装 ネクタイ

それは、服というよりも、アクセサリーなどの装飾品。 例えるなら原宿系やパンクロックなド派手なものです。 普通に個性的な指輪やネックレスや花かんむりといった物は問題ありません。 混雑した場所で人にぶつかった際に怪我をさせる恐れがあるようなものはという意味です。 よく耳にすることが多い「極端に肌の露出の多い服装」でも、一般的に犯罪とならない露出なら参拝を断られることもありません。 ゴスロリなどのファッションはどうなのかと聞いてみましたが、神宮の方がイメージできなかったようで微妙かも。 着物は支障ありませんが、浴衣は肌着という扱いのようで、NG。 でも、日本で一番尊い神様の神前に行くのですから、あまり露出の多いものや、派手なファッションはおすすめしません。 御垣内参拝の服装 一番悩まれるのが、この御垣内参拝での服装だと思います。 ・男性の服装・女性の服装・子どもたちの順に説明していきます。 色合いについて これは男性と同様に濃紺や黒がベストな選択です。 濃紺や黒でも大きな同色のリボンをあしらえたデザインのものではなく、例えばリクルートスーツのようなシンプルデザインのもの。 スーツのタイプ スカートでもパンツでもどちらでもOKです。 ワンピースでもOK! 一般参拝とは違い、露出の高いものはNGということでスカート丈の短いものはダメだそうです。 シャツについてですが、白のブラウスがベストで、胸元や袖口などのデザインが派手なものは避け、シンプルなものを選んでください。 靴 スーツと同じ色合いのものがベストです。 赤、紫、黄色、ピンクなどの原色は止めた方が良く、またデザイン性の高すぎるものも場合によってNG ハイヒールについてはOKとのことですが、足元が玉砂利で危険なため避けられたほうが良いででしょうとのことです。 同色のフォーマルなローヒールのものが無難そうですね! ベルトや鞄、アクセサリー これらも落ち着いた色合いのものを選びましょう。 派手なデザイン性の高いて装飾バリバリのものはダメだそうです。 例えば、ゴールド、シルバーに赤や黄色のケバケバしいキラキラ、ピカピカでパーティーに来たの?というようなものです。 私なりに言うなら、フォーマルな服装やドレスコードのある公の場所に行くときに身に着けないようなものです。 子どもたちの服装 子どもたちの服装にも御垣内参拝の場合には規定があります。 こちらも大人の男性女性と同じです。 就学されている児童の場合には、制服で問題ありません。 ただし、昨今の制服は派手なものもあるため、色彩的に赤のチェックなどは微妙なラインだそうです。 制服ではない学生や未就学の子どもたちは、入学式や七五三で着られるようなフォーマルなものです。 色合いや靴などは、大人と同じです。 これも、最近はAKBのステージ衣裳風のデザインが子どもたちには人気があります。 あえて、卒業式と書かなかったのは小学校も高学年になると女の子はおしゃれを意識します。 デザイン性の高いものは、避けたいので落ち着いたシンプルなフォーマル服を選ぶようにして下さい。 皆さんの伊勢神宮参拝が素敵なものになるち良いですね! 他にも、伊勢神宮の参拝方法やアクセス方法、駐車場についてまとめた記事もあるので良かったら読んでみて下さい。

次の

神社に参拝へ行く時の服装!普段の参拝と正式参拝の違い

ご祈祷 服装 ネクタイ

一般参拝 普段のように拝殿で手を合わせるだけのもの• 正式参拝 社殿に上がって祈祷を受ける参拝、昇殿参拝、昇殿祈祷 お参りは神様に挨拶をしに行くということですから、 神様に敬意を払った失礼のない服装で行く方が良いでしょう。 一般的なお参りならばそれほど問題はありませんが、 正式参拝ではスーツが基本です。 あまりカジュアルすぎる服装では神様に失礼ですし、場合によっては断られて祈祷をしていただけないこともあるため注意したいところです。 お参りの服装【一般参拝】 一般参拝のときの服装を具体的にお伝えしましょう。 まずは通常のお参りに行って拝殿の前で手を合わせる一般参拝の場合の服装です。 この場合はそれほど気を使わなくても大丈夫です。 あまりに 汚い服や、だらしのない服などはやめた方が良いですが、きちんとした気持ちで外出する時の服装でしたら問題ないでしょう。 男性の服装(一般参拝) 一般参拝ならスーツでなくても良く、ネクタイもなしで大丈夫です。 ただし、夏場に ハーフパンツとサンダルで参拝するのはやめておきましょう。 ジーンズは問題ないと思いますが、神社によってはダメと言われることもあります。 普通のお参りなら断られることはないですが、念のため注意しておいてください。 参拝客を見ると、ジーンズの方も多いと思います。 境内に入るときには、帽子やサングラスをとるようにしましょう。 女性の服装(一般参拝) 女性の場合も きちんとしたキレイな服装であれば問題ありません。 しかし、キャミソール・ミニスカートなどの 露出の多い服や派手すぎる服装はNGです。 男性の場合と同じで、ジーンズは問題ないですが、神社によっては避けるべきと言われることもあります。 サンダルも控えた方が良く、つま先まで隠れるタイプの靴にしてください。 神社の境内は石段や玉砂利の部分が多いため、高いヒールもやめておきましょう。 毛皮は殺生をイメージするため良くないとされています。 神様は不浄なものを嫌うので、こちらも控えた方が無難です。 お参りの服装【昇殿祈祷(お祓い)】 お祓いをしていただく場合には、どのような服装が良いのでしょうか。 本殿や拝殿の中へ上がらせていただくというのは、神職の方が装束を着用して祭礼を行う神聖な場に入れていただくということです。 よって、 男性はスーツにネクタイ、女性もフォーマルな服装にしましょう。 カジュアルな服装では断られることもあります。 男性の服装(正式参拝) スーツにネクタイが基本です。 色は落ち着いたものにしてください。 中のシャツは爽やかな色なら良いと思いますが、派手なものはダメです。 白にしたほうが無難でしょう。 靴は、スーツに合う黒や濃茶の革靴(合皮もOK)を選んでください。 女性の服装(正式参拝) スーツやそれに準じるものにしましょう。 ワンピースも大丈夫ですが、清楚な落ち着いた雰囲気のものにしましょう。 スカート丈は膝が隠れるものにしてください。 服の色は、 濃色や淡色の無地のものや、柄があってもシンプルなものが良いです。 アクセサリーも控えめにしてください。 靴は落ち着いた色で、ヒールは低く、 つま先が隠れるものにしましょう。 ローヒールのパンプスがおすすめです。 社殿に上がるときに靴を脱いでも恥ずかしくないように ストッキングを履いておきましょう。 Point 彼のご両親に初めて挨拶に行くときの服装などをイメージすると良いかもしれません。 スニーカーを履いても大丈夫? 正式参拝ではスニーカーは避けてください。 サンダルもダメです。 一般参拝ならスニーカーでもOKです。 ただし、汚れていないキレイなものにしてください。 特に観光地で神社巡りをする場合などは、歩きやすいスニーカーを選ぶと良いでしょう。 一般参拝であってもサンダルはダメです。 神社への参拝で服装に赤い色があってもいい?白はどう? 少し赤い色が入っているくらいなら大丈夫でしょう。 ただし、全身に赤い色が中心の、派手な服装はやめておきましょう。 なかでも、清楚な雰囲気の白い服はおすすめです。 神様に会うときには白い服が良いとも言われます。 白くても派手な雰囲気のものはやめましょう。 Memo お参りには濃色が良いとされますが、実は神様は春のような明るい色を望んでいるとも言います。 ただし、これも派手なものは控えてください。 参拝する服装についてのまとめ お参りするときに 一番大切なことは、神様に敬意を払うことです。 尊敬する目上の方に会うためにどんな服を着ていきたいかを考えて服装を選ぶと良いかもしれません。 一般参拝であれば、そんなに考えすぎることはないでしょう。 しかし、 昇殿祈祷の場合は必ずフォーマルな服装で行ってください。 場所によっては、服装で断られてしまうこともあるようです。 正式参拝は頻繁にすることがないので、ついマナーを忘れがちです。 行く前には服装のチェックをしておきましょう。

次の

お宮参りの赤ちゃんの服装はなにがいい?男の子と女の子で違う?

ご祈祷 服装 ネクタイ

私たち日本人は、一般的に無神論者で無宗教な人が多いと言われています。 初詣、バレンタイン、盆踊りやお彼岸でのお墓参り、ハロウィン、七五三、クリスマスと、1年間のイベントをみると確かにあまり宗教等を意識しているとは思えないイベントが目白押しです。 それでも、自分の力ではなかなか叶わないような大きな目標に向かって行く時や人生の節目、転機などでは、神様にすがりつきたくなるのも人情というものでしょう。 日本には厄年という考え方があり、前厄・本厄・後厄の三年間を通して厄払いとか厄除けをするという古くからの風習があります。 普段は神様をあまり意識していない方でも、厄年になると不安になり、厄払いで祈祷してもらおうと思う方も多いはずです。 厄払いやご祈祷に相応しい服装やマナーを考える前に、そもそも厄払いとはどういうものなのかについて、整理しておきましょう。 厄払いは、厄年の時に行う行事です。 では、厄年とは何なのでしょうか。 厄年とは、災厄に遭いやすい年齢のことです。 平安時代からある風習なのですが、実はその根拠はあまりはっきりとはしていません。 役割を担う年の役年から厄年になったという説もあり、地域によっては厄年に「厄祝い」とか「年祝い」という形で行うところもあるそうです。 いずれにしろ、年齢的に見ると身体的な変化が起きたり人生の節目となる時期が厄年になっており、その厄年に神社やお寺でご祈祷やお祓いをしてもらい厄を避けるのが「厄払い」とか「厄除け」の風習というわけです。 では、具体的に厄年とは何歳のことを指すのでしょうか。 厄年は、数え年で計算するのが一般的です。 しかし、神社やお寺によっては満年齢のところもありますので、ご自分が厄払いのご祈祷を受けたい神社やお寺に事前に確認することをお勧めします。 厄年は、数え年で男性は25歳、42歳、61歳が本厄、女性は19歳、33歳、37歳、61歳が本厄というのが一般的です。 ただし数え年なので、満年齢とは1から2歳の差が出ます。 毎年、厄年の早見表が各神社のHPや境内に掲示されますので、ご自分が生まれた年で厄年を確認するのが正確です。 また、本厄の前後の年も前厄、後厄とされていて、三年連続で厄払いのご祈祷を受ける習わしがあります。 もちろん、三年連続で厄払いをしなければならないという訳ではなく、本厄の年のみ厄払いをされる方も多いようです。 では、厄払いやご祈祷を受ける時に相応しい服装について考えていきましょう。 神様や仏様に対して失礼のない服装とは、どのような格好なのでしょうか。 フォーマルな格好にしなければならないのでしょうか。 まずは、ご自分が厄払いのご祈祷を受けたい神社やお寺のHP・電話等で確認してみましょう。 その場合、平服でも構わないと記載されていたり言われたりすることも多いかと思います。 このような場合も、「では普段着で良いのだな」と考えるのは早計です。 平服とは、普段着という意味ではないからです。 平服とは、「フォーマルではないがその場に相応しい服装」という意味なのです。 フォーマル(正装・礼服)とは、タキシードやドレス、着物のことを意味します。 したがって、フォーマルである必要はないが、厄払いに相応しい格好をしてきてくださいという意味なのです。 具体的に言うと、男性も女性も「肌の露出が少ないこと」、「派手な服装ではないこと」という条件を満たしている格好が、厄払いに相応しい服装です。 また、建物の中では帽子やマフラーは取りましょう。 冬の場合、会場はかなり寒いので、インナーやカイロ等での防寒対策は必須です。 また、普段着でも受け入れてくれる神社等もあります。 地域によっては普段着の人の方が多いところもありますので、事前に確認しておくと当日浮くようなことは避けられるでしょう。 ただし、本殿や本堂に上がりますので、普段着とは言え、相応しい格好を意識しなければなりません。 では、もう少し具体的に、男性と女性のそれぞれにとって、どのような格好が相応しい服装なのかについてみていきましょう。 上の写真は、インスタグラムに投稿されていた伊勢神宮参拝の時の服装です。 黒い無地のスーツに白いワイシャツ、白いネクタイを着用しています。 まさに、男性が厄払いのご祈祷を受けるのに適した、模範的な服装だと言えるでしょう。 ネクタイの色ですが、白は結婚式のようなおめでたい席で締める時の服装というイメージがあり、厄払いで白いネクタイはピンとこない服装だと思われる方もいるかもしれません。 確かに、厄払いですので、決しておめでたい席という感じではありません。 白は、風水では浄化とかリセットを意味する色です。 先にも述べた通り、厄年は人生の節目になる年です。 そのため、厄年に白い色で色々なことをリセットし、これからの新しい人生を歩んでいくための服装として、白いネクタイが良いとされているようです。

次の