都 若 丸 劇団。 都 若丸劇団観劇!若ちゃんなんだか寂しいことを言っていた(´;ω;`)

都 若丸劇団観劇!若ちゃんなんだか寂しいことを言っていた(´;ω;`)

都 若 丸 劇団

2018年3月、大阪は羅い舞座 京橋劇場。 久しぶりの若丸劇団、その人気は衰えていない。 千秋楽前日の29日大入り4枚。 今月の観客動員数1万五千だと豪語するのも当然か。 劇団の(かつての)芸達者ぶりは認める。 でも個人的にはそこそこの出来具合のTV的内容を繰り返しているだけだと思えてきてここ数年遠ざかっていた。 前回見てから5年以上経過しているので正直言って座員の皆さんは成長したというか老けてきている。 また座員の子供さんたちがいい意味で成長して舞台に立つようになっているではないか。 この劇団全体としての芸の成長のなさのせいか、かつてのパワーが感じられない。 ここ10年ばかり全国区の人気劇団の一つとして活躍してきたようだが、進化がない。 みなさんの動き、所作がこわばってきているように思える。 10年余り前のこと、当時住んでいたは浜松から岐阜葵劇場へ。 そこで見た都星矢さんの色気オーラはすごかった。 お花をつけずにおれなかった。 だが、その後もしばらく放たれていたこのオーラがもはや感じられない。 踊りの所作が硬い、筋肉の動きでしかない。 今回の観劇で一番気になったのは芝居(劇団御得意の『泥棒道中』)で見せる座長の言葉遊びがいただけない。 面白くない。 以前より明らかに劣化している。 芸も同様にだめ。 なのにしつこく繰り返す。 ここで思い出すのがの言葉として身体を使ったお笑い芸のレベルの高さ。 準備段階で積み重ねた高度な知的操作は一切感じさせずにあっさりと上質のお笑いを提供する率いるドリフはいまでも世界に誇れる。 またそれを幼稚園児や小学生がそれなりに理解した上で笑うという日本のコドモの高度な知的センス。 1980年代のテレビ文化は優れていたのだろう。 いや今もその伝統は消滅したわけではない。 『』の風刺精神をまだ小学校にも上がらないコドモが察知し、作者に代表されるある種のオトナと共有しているではないか。 ただし大多数の大衆は別である。 風刺の心を理解しない。 現在の若丸劇団ファンは日頃なんとなくTVを見ていて、現在の劣化したTV文化に馴染んでしまっているので若ちゃんのギャグ程度で喜んでしまうのではないか。 若丸座長の踊りは齢を重ねているせいで以前より一層踊りの所作が硬くなっている。 座長の舞踊に比べてキャプテン城太郎さんの踊りは(日本舞踊とは何の関わりもないにしても)動きが柔らかくて見苦しくない。 最近の若丸劇団は「ブラフ(はったり)が多すぎる」という人もいるが、それどころか、はったりさえないに等しい。 単におもろくないだけ。 よその劇団はこの劇団を真似たらダメだ。 学ぶところ1ミリもない。 それぞれ自分で業界でのサバイバル策を練るしかない。 「ブラフ」ですらもゼロの証拠はというと、 劇中(『泥棒道中』)で剛さん演じる商人は商売の資金を懐に旅の途上。 この商人は地元で悪名高い泥棒(若丸座長)にまといつかれて困っている。 そこでこの泥棒をなんとかまこうと相手の注意をそらしてそのすきに逃げようとする。 商人は遠くのほうを指差して「馬と鹿が喧嘩してる」とかなんとか泥棒の関心をよそに向けようとする。 ここではとりあえず成功するも泥棒はすぐ追いついてきて自分のことを「ばか」にしたなと商人をなじる。 このくだり聞いてる観客も辛い。 アホらしすぎる。 千年前のギャグかいな。 小学生にもバカにされる。 このレベルのギャグもどきが頻出。 痛すぎです。 ドリフのリーダーいかりやさんなら激怒するレベルだ。 トップクラスの劇団がこの有様では界で生き残れる劇団もその数がますます減ってきているのかと心寂しくなる。 劇団荒城が関西に進出できないものかと個人的には思ったりする。 bryndwrchch115.

次の

「都若丸劇団」 ブログ検索 皆声.jp

都 若 丸 劇団

関西を中心に活動する大衆演劇の「都劇団」座長、都城太郎の長男として誕生 1982年 2歳で初舞台に立つ。 1989年 8月 9歳の時、広島清水劇場にて「大衆演劇全国ちびっこ大会」に出演。 1996年 2月 16歳の時、新宿コマ劇場 島倉千代子座長公演に「都若丸」役で出演。 1997年 3月 TBS系「水戸黄門」に「園部新吾」役で出演。 (6月放送) 芦屋雁之助座長公演「番頭はんと丁稚どん」の「若松」役で全国巡業。 1998年 4月 大阪道頓堀中座 芦屋雁之助座長公演「どっちやねん」に、雁之助の息子役で出演。 2001年 1月 20歳の時、「都劇団」の座長を譲り受ける。 この年より演劇活動の合間を縫って「トキオ」の名前で音楽活動を開始。 8月 トキオデビューシングル「メリット」をリリース。 2002年 「都劇団」の年間観劇動員数が、大衆演劇界で全国1位を記録。 7月 大阪マザーホールにて、トキオファーストライブを実施。 12月 トキオセカンドシングル「今もあなたを」をリリース。 2003年 4月 名古屋名鉄ホール 芦屋雁之助、小雁座長公演 「とんてんかんとんちんかん」に「月形半平太」役で出演。 7月 大阪IMPホールにて、トキオセカンドライブを実施。 11月 東京六本木EDGEにて、トキオライブを実施。 12月 名古屋御園座 朝岡雪路、桂三枝座長公演に出演。 2004年 1月 トキオ3枚目のシングル「都会の花」をリリース。 4月 名古屋名鉄ホール 芦屋小雁座長公演「人情まげもの喜劇 どんごな子 蕎麦屋の巻」に出演。 5月 松山にてトキオアコースティックライブを実施 9月 葵好太郎・大川良太郎・恋川純弥ら若手座長とのスペシャルユニット「LINK」で、シングルCD「LINK/同じ空なら同じ街」をリリース。 2006年 9月 都劇団初の特別公演「海遊人蔵人」を主催。 同月 トキオ4枚目シングル「掌の地図」をリリース。 2008年 4月 都若丸誕生日特別公演「次郎長」を主催。 2009年 4月 都若丸誕生日公演「花散る方へ」を主催。 同時に、トキオではなく新たに都若丸としてファーストアルバム「~Ticket~」をリリース。 6月 アルバム「~Ticket~」発売記念ライブを、東京アストロホール、大阪IMPホールにて実施 これからも躍進し続けていきます。

次の

「都若丸劇団」 ブログ検索 皆声.jp

都 若 丸 劇団

2018年3月、大阪は羅い舞座 京橋劇場。 久しぶりの若丸劇団、その人気は衰えていない。 千秋楽前日の29日大入り4枚。 今月の観客動員数1万五千だと豪語するのも当然か。 劇団の(かつての)芸達者ぶりは認める。 でも個人的にはそこそこの出来具合のTV的内容を繰り返しているだけだと思えてきてここ数年遠ざかっていた。 前回見てから5年以上経過しているので正直言って座員の皆さんは成長したというか老けてきている。 また座員の子供さんたちがいい意味で成長して舞台に立つようになっているではないか。 この劇団全体としての芸の成長のなさのせいか、かつてのパワーが感じられない。 ここ10年ばかり全国区の人気劇団の一つとして活躍してきたようだが、進化がない。 みなさんの動き、所作がこわばってきているように思える。 10年余り前のこと、当時住んでいたは浜松から岐阜葵劇場へ。 そこで見た都星矢さんの色気オーラはすごかった。 お花をつけずにおれなかった。 だが、その後もしばらく放たれていたこのオーラがもはや感じられない。 踊りの所作が硬い、筋肉の動きでしかない。 今回の観劇で一番気になったのは芝居(劇団御得意の『泥棒道中』)で見せる座長の言葉遊びがいただけない。 面白くない。 以前より明らかに劣化している。 芸も同様にだめ。 なのにしつこく繰り返す。 ここで思い出すのがの言葉として身体を使ったお笑い芸のレベルの高さ。 準備段階で積み重ねた高度な知的操作は一切感じさせずにあっさりと上質のお笑いを提供する率いるドリフはいまでも世界に誇れる。 またそれを幼稚園児や小学生がそれなりに理解した上で笑うという日本のコドモの高度な知的センス。 1980年代のテレビ文化は優れていたのだろう。 いや今もその伝統は消滅したわけではない。 『』の風刺精神をまだ小学校にも上がらないコドモが察知し、作者に代表されるある種のオトナと共有しているではないか。 ただし大多数の大衆は別である。 風刺の心を理解しない。 現在の若丸劇団ファンは日頃なんとなくTVを見ていて、現在の劣化したTV文化に馴染んでしまっているので若ちゃんのギャグ程度で喜んでしまうのではないか。 若丸座長の踊りは齢を重ねているせいで以前より一層踊りの所作が硬くなっている。 座長の舞踊に比べてキャプテン城太郎さんの踊りは(日本舞踊とは何の関わりもないにしても)動きが柔らかくて見苦しくない。 最近の若丸劇団は「ブラフ(はったり)が多すぎる」という人もいるが、それどころか、はったりさえないに等しい。 単におもろくないだけ。 よその劇団はこの劇団を真似たらダメだ。 学ぶところ1ミリもない。 それぞれ自分で業界でのサバイバル策を練るしかない。 「ブラフ」ですらもゼロの証拠はというと、 劇中(『泥棒道中』)で剛さん演じる商人は商売の資金を懐に旅の途上。 この商人は地元で悪名高い泥棒(若丸座長)にまといつかれて困っている。 そこでこの泥棒をなんとかまこうと相手の注意をそらしてそのすきに逃げようとする。 商人は遠くのほうを指差して「馬と鹿が喧嘩してる」とかなんとか泥棒の関心をよそに向けようとする。 ここではとりあえず成功するも泥棒はすぐ追いついてきて自分のことを「ばか」にしたなと商人をなじる。 このくだり聞いてる観客も辛い。 アホらしすぎる。 千年前のギャグかいな。 小学生にもバカにされる。 このレベルのギャグもどきが頻出。 痛すぎです。 ドリフのリーダーいかりやさんなら激怒するレベルだ。 トップクラスの劇団がこの有様では界で生き残れる劇団もその数がますます減ってきているのかと心寂しくなる。 劇団荒城が関西に進出できないものかと個人的には思ったりする。 bryndwrchch115.

次の