公立 種子島 病院。 【最大月給20万円】公立種子島病院の臨床検査技師求人情報

公立種子島病院

公立 種子島 病院

北海道から沖縄まで、都道府県庁自治体病院の医師求人や短期のお仕事も相談・紹介できます• 青森県• 岩手県• 秋田県• 福島県• 東京都• 神奈川県• 埼玉県• 千葉県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 山梨県• 長野県• 富山県• 石川県• 福井県• 愛知県• 岐阜県• 静岡県• 三重県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 福岡県• 佐賀県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県 求人No:14918 当院は、運用病床数315床の急性期病院です。 離島の救急医療を担うため、ドクターヘリも運航しています。 奄美群島の中核病院であり鹿児島県から400㎞離れているため、全ての病気の治療の簡潔を目指しています。 鹿児島大学との連携を基にかなり充実してきましたが、さらなる救命率向上のため、平成26年に救命救急センターを開設し運用を開始しました。 また、地域医療支援病院として、周辺の病院、診... 勤務地 鹿児島県奄美市 病床数 300 ~ 399 床 募集科目• 総合診療科• 神経内科• 皮膚科• 耳鼻咽喉科• 救急科• 年収 1,400万円 ~ 1,450万円 医師免許取得後の年数等で年間支給額を提示します(委細面談)• 求人No:14221 見知らぬ土地への転職は不安だと思いますが、島内には多くの移住者が暮らしており、院内でも多くの移住者が働いています。 離島医療、僻地医療を実施してみたい先生方、是非とも公立種子島病院に赴任してみませんか。 お待ちしています。 世界一美しいロケット基地を有する町で、打ち上げの見学が病院内でできます。 自然豊かな町で、ゆっくりと過ぎる時間をお楽しみください。 勤務地 鹿児島県熊毛郡南種子町 病床数 20 ~ 100 床 募集科目• 総合診療科• 消化器内科• 呼吸器内科• 循環器内科• 老年内科• 小児科 勤務内容 医師業務全般(外来診療、病棟管理、各種検診、予防接種) 年収 1,500万円 ~ 2,200万円 (相談可)• 求人No:14263 姶良地区の急性期・救急中核病院です。 136床(一般100床、回復期36床)。 大変活気に溢れており、最上階には展望天然温泉もございます。 ハード面も整っており、地域において欠かすことの出来ない急性期病院としての役割を担っています。 診療のメインは外科... 勤務地 鹿児島県姶良市 病床数 101 ~ 199 床 募集科目• 循環器内科• 整形外科• 泌尿器科 勤務内容 外来、病棟管理 *比重はご相談下さい。 年収 1,000万円 ~ 1,700万円 5年1,000万円、10年1,500万円、15年以上1,700万円(相談に応じます)• 求人No:15080 鹿児島市内から車で30分です。 地域の亜急性期から慢性期の医療を担う病院で、リハビリは研修施設として認定され、専門医の指導のもと認定医を取得することができます。 鹿大の応援体制も整っています。 毎月、医局会が行われ、訪問看護・医事課等と検討が行われています。 さらに、当院では、日本初の日本慢性期協会認定講座に沿った慢性期実務法人内認定資格が取得できます。 また薬剤の情報収集... 勤務地 鹿児島県姶良市 病床数 300 ~ 399 床 募集科目• 消化器内科• 腎臓内科• 神経内科• 整形外科• 精神科• リハビリテーション科• 人工透析• 麻酔科 年収 15年目1,500万円、20年目1,600万円、25年目1,700万円 が目安です。 求人No:14618 地域医療の拠点として各診療科の医師を募集しております。 内科、循環器内科、外科、整形外科、脳外科、小児科、産婦人科などの急性期担当医師。 訪問診療や健診担当医師まで幅広く募集しております。 大隅鹿屋病院は、日本最南端の大隅半島の地にあっても都市部と変わらない医療を目差し、 年中無休24時間の救急医療、高度先進医療、予防医療、地域医療、在宅福祉医療を行い、 大隅半島の基幹... 勤務地 鹿児島県鹿屋市 病床数 300 ~ 399 床 募集科目• 循環器内科• 脳神経外科• 整形外科• 小児科• 産婦人科• 健診・人間ドック• 在宅訪問診療 勤務内容 外来、病棟管理、手術 等 年収 1,200万円 ~ 1,800万円 応相談(職能給、診療手当あり)• 求人No:14627 当院は昭和56年(1981年)に開設しました。 病院機能は医師会会員による紹介制、専門医療、オープンシステムを特徴とする外来・入院機能、医師会会員からの委託検査、救急医療、無医地区巡回診療並びにへき地診療所への医師派遣、学校医、産業医活動、ドック、基本検診、予防接種等の保健予防、共同診療、総回診、種々協議会の下に行う地域医療保健計画策定など多岐にわたります。 医師のスケジュールに... 勤務地 鹿児島県肝属郡錦江町 病床数 101 ~ 199 床 募集科目• 総合診療科• 消化器内科• 呼吸器内科• 循環器内科• 神経内科• 整形外科• リハビリテーション科• 放射線科 勤務内容 外来、病棟管理等の医師業務 年収 1,800万円 ~ 応相談• 公立種子島病院について 公立種子島病院は、鹿児島市から約100Km南に浮かぶ島、種子島の南端、南種子町に位置し、種子島南部地域の医療を担っています。 南種子町は、温暖で空と海は蒼く澄み渡り、山々は緑が美しく、唄に出てくるような情緒豊かな町です。 公立種子島病院は、昭和57年に南種子町立診療所として開設して以来、幾度かの規模拡大を行い、平成13年に南種子町と隣接町の中種子町で公立種子島病院組合を設立し、さらに平成16年4月には小高い町境に移転して種子島南部医療圏の中核病院となりました。 院長をはじめ、病院の各スタッフは非常に連携良く働いておられ、本土の病院などから転職した医師たちからも大変評判の良い病院です。 種子島の意外と便利なところ 鹿児島市まで高速船で片道95分。 日帰りで買い物などに行くことが可能です。 市街地(南種子町は全域)でADSLを利用することができます。 南種子町に24時間コンビニがあります。 たいへん整備され走りやすい道路が縦断しています。 屋久島まで高速船で50分。 週末に世界遺産を観光できます。

次の

鹿児島県公的病院会

公立 種子島 病院

職種 雇用形態 配属先 想定年収 想定月給 看護師、准看護師 常勤 日勤のみ 外来1 330万円~375万円 月給23. 2~26. 2万円 看護師、准看護師 常勤 夜勤あり 病棟 - - 看護師、准看護師 常勤 夜勤あり 外来1 - - 施設情報 事業所の特徴 公立種子島病院は、昭和57年に開設された62床の一般病院です。 美しい山々と青く澄みわたる海に囲まれた、自然豊かな場所に位置しており、種子島南部の中核病院として機能しております。 町営住宅の貸与や無料の託児所など、福利厚生が充実しており、長く働きやすい環境です。 島外からの移住ももちろん歓迎。 ぜひお問い合わせください。 こんな人を求めています 福利厚生の整った、働きやすい雰囲気のある病院です!院内託児所はなんと無料で利用でき、8:00から18:00まで預けることができます。 また、一戸建てなどの町営住宅を貸与しており、月額2万円以下と安価で利用することができます。 島外からいらっしゃる方もぜひご安心ください。 憧れの離島ナースとして、仕事もプライベートも充実させたい方におすすめです! スタッフの声 当院では週休2日制にくわえ、夏季休暇・冬季休暇・有給休暇等もしっかりと付与されていて、メリハリをつけて働くことができます。 種子島の魅力は、何と言っても海が綺麗なこと!休日にはサーフィンなどのスポーツを満喫することができますよ。 そんなことを思いながら履歴書を作成したことが、今回の結果につながったのかもしれません。 ありがとうございました。 精神的にも励ましてもらい再就職への勇気をもらいました。

次の

のぞみ薬局 公立病院前店

公立 種子島 病院

県内の病院についても、運営する自治体などから「非常時に対応する拠点として欠かせない」と重要性を再認識する声が上がる。 鹿児島市医師会はコロナ対策として4月以降、市の夜間急病センター内に「発熱外来」を設置。 さらに、保健所の判断を仰がず、医師の判断の下でPCR検査の検体を採取するPCRセンターを新設した。 両施設に派遣され診察や検体採取に当たったのは、厚労省のリストに載った市医師会病院の医師や看護師らだ。 同病院がなければ、横断的なコロナ対策はスムーズに進まなかったと言える。 同医師会の上ノ町仁会長は「公的病院ならではの取り組みができた。 市民の健康を守るため、これからも可能な限りニーズに応えていく」と意気込みを語った。 感染症の専門知識を持ったスタッフや二つの陰圧室を備え、感染症指定医療機関に指定されている。 これまでにコロナ感染が疑われた重症の肺炎患者を複数診療した。 常勤医師は徳永正朝院長1人。 非常勤医師の確保で診療体制を維持し、毎日30~40人の外来患者を診察し、62床ある病棟回診を行う。 コロナ対応まで引き受け、双肩にかかる重圧は増した。 徳永院長はコロナの重症患者が発生した際、本土へ搬送するヘリに同乗する医師の問題などを挙げ「リスクに見合う医療提供体制ではない」と訴える。 同病院管理者の小園裕康・南種子町長は同病院について「もし病院が無ければ、車で1時間かかる種子島医療センター(西之表市)に行かねばならず、住民の負担は大きい。 町民の暮らしを支えるのはもちろん、コロナ感染など非常時に対応する拠点としても無くてはならないことが分かった」と強調した。 公立病院が感染症病床の6割を占めていることに触れ、体制整備へ関係部局との緊密な連携を依頼する内容だ。 この書簡に対し、城西大学(埼玉県坂戸市)の伊関友伸教授(行政学)は「公立・公的病院が重要な存在だということが改めて示された。 統合・再編の議論のやり直しにつながるのではないか」とみる。 国は5月25日に新型コロナを巡る緊急事態宣言を全面解除した。 伊関教授は「第2波、第3波への対策を練る新たな段階に入った」と話し、「国や自治体はこの期間で公立・公的病院への支援を手厚くし、隙のない感染症対策に取り組むべきだ」と力を込めた。 〈ズーム〉公立・公的病院再編問題 厚生労働省は2019年9月、全国424の公立・公的病院名を公表し、医療費抑制や医療提供体制の効率化へ向けた再編統合の議論を促した。 20年1月の修正で病院数は約440となった。 鹿児島県内は鹿児島厚生連、鹿児島市医師会、鹿児島赤十字、済生会鹿児島(以上鹿児島市)、肝付町立、公立種子島、枕崎市立、南さつま市立坊津の8病院。 このうち、感染症指定医療機関は公立種子島のみ。

次の