木俣 冬。 常盤貴子と豊川悦司の設定は当初逆だった。名プロデューサーが明かす「愛していると言ってくれ」制作秘話(木俣冬)

ケイゾク、SPEC、カイドク

木俣 冬

朝ドラこと連続テレビ小説に関する新書「みんなの朝ドラ」(講談社現代新書)を書いたとき、最後に、朝ドラは平和の祈りだと思うと書いた。 朝起きると朝ドラをやっているというルーティーンが続く限り日本は平和だと私は思っていたのだけれど、まさか、ほんとうに止まってしまう日が来るとは驚いた。 私は2015年前期の「まれ」から月から土まで、エキレビ!というサイトで毎日レビューを書くようになって、「エール」で5年めを迎えたところだった。 5年めを迎える直前、エキレビ!の状況が変わり、朝ドラレビューも終わるかもしれなかったが、なんとか続けられることになった。 ただし、朝ドラが月〜金になって、土日が休みになった。 週6日書いていたが、週5日になって少し楽になったが、その分、KADOKAWAテレビジョンで週イチまとめを書くことになった。 月から土曜まで朝見てレビューを書いてるためテレビが見れないかもしれない海外旅行には行けない5年間。 国内に旅行にいったり、ほかの仕事で出かけても、常にどこかでオンデマンドで見て書き続けた。 移動の電車のなかでスマホで見て書いたりもしていた。 出張先で飲み会の誘いを断りひとりホテルに戻って早く寝て朝起きて見て書くなんてこともしていた。 ときには移動中や他の仕事の合間にスマホで書いたりもしていた。 なぜそこまで……と自分でも時々思うが、毎日書き続ける面白さもあるし、アーカイブになるし、ここまで続いたのに辞めたくないという思いもあった。 だがしかし、朝ドラ自体がコロナで休止になってしまい、6月26日(金)をもって連続記録は5年と3ヶ月でストップしてしまった。 朝ドラ自体がないのだからやむなし。 自分からは休めないがようやく、じつに、5年と3ヶ月ぶりに休めるのだという嬉しさもあった。 にもかかわらず、残念ながらコロナで海外どころか東京を出るのも難しい状況(GO TOキャンペーンにはのれません)である。 それが残念。 結局、私が休み中にやることとして選んだのは、朝ドラばかり書いていて、書けなかったほかのドラマや映画や演劇のレビューを書くことだった。 振り返ると、2014年までは連ドラの週イチレビューをけっこう書いていたが、毎日朝ドラが続くにつれ、どんどんほかのものは減っていった。 この3月、朝ドラレビューがなくなるかも問題をきっかけに、いくつかの媒体と仕事をするようになり、書ける場が増えたこともあるのと、朝ドラがない分、エキレビでほかの記事を書くことにもなって、そうしたら、なにかとても清々しい気持ちになったのある。 比べるなんておこがましいけれど、渥美清がずっと寅さんを演じ続けていたけれど、内心、ほかの役もやりたいと思っていたそうだし、人気連載漫画を終わらせてもらえない漫画家もいると聞く。 朝ドラレビューは無理やり書かされていたのではなく、私が続けたいという希望を編集の方が守ってくれていたおかげであって、いまは残念ながら担当は変わってしまったけれど、いまの担当の方も受け継いで守ってくれている。 とてもありがたいのだが、でもやっぱり違うこともしたい。 その欲求が今回、満たされた。 おかげで変りばえのしない日々である。 朝ドラ「エール」は6月29日(月)から第1回から再放送していて、副音声が新たに加わっている。 7月15日で休止から15日(再放送は土曜日もやるようになったが、日曜は入れてません)経過した。 これまでも年末年始は一週間くらい休みになっていたが、朝ドラについて15日も書かないことははじめてである。 ほかのいろんな媒体も、新しい情報がないから「エール」の記事はだいぶ減った気がする。 これまで毎日毎日、明日のストーリー紹介とか見どころとか、今日はこんな場面でSNS がわいたとか、視聴率とか記事がネットで公開されて賑わっていたのに。 さすがに視聴率も再放送だから、15%とか14%に下がっている。 それでもそれだけ見てる人がいるんだからすごい。 いわゆる視聴習慣というものの強さを実感した。 新作記事としては、唯一、「エール」のドラマとモデルの史実の違いを研究者が自著の宣伝も兼ねて書いている記事がひとり気炎を吐いている印象である。 私はといえば、視聴習慣なんのその、すぐさま朝起きなくなってしまった。 ただ、毎日なにかしらほかの仕事があるとはいえ、朝の日課がないと呆けてしまいそうでこわくなったので、朝ドラが止まった日の記録を、朝ドラのことを盛り込みながら書いてみようかと思う。 「はね駒」「純情きらり」は再放送しているし。 そのうち、ここが「はね駒」「純情きらり」毎日レビューになってしまうかもしれない。 「エール」は副音声があるとはいえなぜ再放送なのだろう?とも思っていた。 そんな記事も書いた。 「麒麟がくるまで待てない」みたいに過去の名作を紹介したり、総集編などを放送してほしいとも思ったが、毎日、15分の連続ドラマが放送されるというルーティーンを止めないというNHK の矜持なのかもしれないという気もした。 たとえ1話からに戻ったとしても、そこからまた前に向かって進んでいるわけで。 毎日の営みを、物語を止めないということ。 それこそが朝ドラの祈りであるのかもしれない。 たわいのない物語でも淡々と続いていることが大事で、毎日、工夫をこらした特別番組を放送しはじめたら混乱する人もいそうだ。 3ヶ月前に放送したものであっても気づかない人もいるかもしれない。 時計代わりともいわれていて、実際、その程度のものなのではないか朝ドラは。 これは悪い意味ではない。 それがいいのではないだろうか。 なかには稀にそこから突出した名作が誕生することもあるが、基本はたわいない日常や人生のスケッチなのではないか。 それこそが愛おしいというような。 現実の私達の日々だってそういうもの。 バズるような傑作人生は誰もが送れるものではない。 そう思ったら、私もサボっていちゃいけないかな…。 というわけで、はじめます。 「朝ドラが止まった日」。 これは読まれてもいい記録にしたい。 でも毎日は書かないよ.

次の

戸田恵梨香「スカーレット」スタート。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!毎日追いかけます、よろしく

木俣 冬

経歴 [ ] ・の末裔として(現・)に生まれる。 1918年、7月に創刊された「」の誌友となり、綴り方、児童自由詩、自由画を投稿。 、、にしばしば推奨される。 その他「金の船」「小鳥」などにも投稿。 進学後、に転居。 「日光」の誌友となり白秋の作品に親しんだ他、膳所教会のバイブルクラスに通いからを学ぶ。 、文科第二部(国語・漢文科)に進学したが、同時にとして服役のため休学、京都伏見深草聯隊に入営。 、東京高等師範学校に復学し上京、憧れの白秋に会う。 当時の白秋は自らの歌誌を持っていなかったため、白秋系のが主宰を務める歌誌『香蘭』に参加、編集に携わる。 また一時期、同郷ののすすめで歌誌『詩歌』に籍を置いたり、らと芸術派クラブを組織したりもした。 、東京高等師範学校を卒業し、のに赴任。 仙台国語学会に加わり、、、らと知遇を得る。 、に転任。 、歌誌『多磨』の創刊に参加、『香蘭』を退会。 以降、白秋の助手的役割を担い、たびたび上京するようになる。 、北陸日日新聞(現)短歌選者に就任。 、白秋が没し『多磨』同人代表となる。 富山高等学校を辞職し、の招きにより・興亜工業大学(現・)の教授となるが、翌年に再び辞職。 白秋の著作の刊行に尽力する。 、の招きで教授に就任。 、歌誌『形成』創刊。 古典とをともに論じることのできるとして活躍した。 より選者も務め、、。 まで御用掛としての和歌指導も行った。 、代表理事。 として大学の授業を続けながら、実生活に題材を求めた今日的な歌が多い。 、『木俣修歌集』で第24回文部大臣賞受賞および受章。 、『雪前雪後』で第5回受賞。 、・受賞。 昭和女子大学には木俣が収集した膨大な近代短歌の資料が残されている。 門下に、、などがいた。 にのがいる。 2019年、木俣修研究会から『木俣修読本』が上梓される。 主な作品 [ ] 歌集 [ ]• 『高志』(1943) 墨水書房• 『みちのく(美知乃久)』(1947)文化書院• 『冬暦』(1948)八雲書店• 『凍天遠慕』(1951)• 『流砂-新選短歌叢書〈第7〉』(1952)長谷川書房• 『落葉の章』(1955)新典書房• 『歯車』(1955)新典書房• 『天に群星』(1958) 四季書房• 『呼べば谺』(1964)• 『去年今年』(1967)• 『愛染無限』(1974)• 『雪前雪後』(1981)• 『昏々明々』(1985)短歌新聞社• 『木俣修全歌集』(1985)明治書院 歌書 [ ]• 『現代作歌用語辞典』(1953、北辰堂)• 『明治大正詩史概観』(1953、)• 『近代短歌の書』(1955、)• 『近代短歌の鑑賞と批評』(1964、明治書院)• 『昭和短歌史』(1964、明治書院)(1978、講談社学術文庫)全4冊• 『近代短歌の史的展開』(1965、明治書院)• 『短歌の作り方』(1970、明治書院)• 『評論・明治大正の歌人たち』(1971、明治書院)• 『大正短歌史』(1971、明治書院)• 『短歌添削教室』(1973、)• 『短歌実作指導教室』(1974、玉川大学出版部)• 『研究』(1978、番町書房)• 『抒情巡礼』(1978、)• 『近代秀歌』(1983、玉川大学出版部)• 『悲恋の歌人たち-恋愛歌ものがたり』(1991、北辰堂) 作詞 [ ]• 青森県校歌 作詞/作曲:• 校歌 作詞/作曲:• 校歌 作詞/作曲:• 神奈川県校歌 作詞/作曲:• 岐阜県校歌 作詞/作曲:• 滋賀県私立校歌 作詞/作曲:• 滋賀県校歌 作詞/作曲:• 校歌 作詞/作曲:• 校歌 作詞/作曲:平井康三郎• 校歌 作詞/作曲:平井康三郎• 東京都校歌 作詞/作曲: 編纂 [ ]• (1971年、) の編纂を担当。 あけぼの集:天皇皇后両陛下御歌集 (1974年4月、) ・の歌集を編集 脚注 [ ] []• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018:• 2020:• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018:• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: ・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012:• 2016:• 2019:• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: ・• 1955: ・• 1956: ・・• 1957:• 1958:• 1959: ・• 1960: ・• 1961: ・• 1962: ・• 1963: ・・• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968: ・• 1969:• 1970:• 1971:• 1973:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2007:• 2010:• 2012:• 2013:• 2016:• 2018:• 2019:• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: ・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2017:• 2018:• 2019:• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972:• 1974:• 1980:• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・• 2010: ・• 2011:• 2012: ・• 2013:• 2014:• 2015: ・• 2017:• 2020:.

次の

ミシマの11月|木俣冬|note

木俣 冬

引退の理由は、所属事務所・プロダクション尾木によると「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」ということである。 健康上の理由とはなんだか心配になるが、渡辺麻友の健康とご多幸を祈りたい。 それにしても惜しい。 渡辺麻友は昨今、稀な逸材だった。 昭和のアイドルや映画女優などに近いといえるだろうか。 昨今のアイドルや俳優はSNSの発展に伴って、「本人の素かな?」と思わせる部分も含めて人気を獲得していることが多いが、渡辺麻友にはいっさい素の部分が見えてこなかった。 スキャンダルはいっさいなく清純キャラを貫く 2006年、12歳(中1)で芸能界に入り、AKB48の3期生として活動を開始、栄えあるセンターを6回つとめ、2014年の選抜総選挙では1位に輝いた。 その功績によって、前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜と並ぶ「神7(かみせぶん)」の1人として歴史に刻まれている。 人気アイドルながらスキャンダルはいっさいなし。 清純キャラを貫いた。 AKB48はクラスにいそうで、手が届きそうな雰囲気をもった女の子たちの集団で、ただただかわいいだけでなく、やんちゃな部分を見せる者やファンに塩対応する者も含め、普通っぽさ、素の感じが魅力でもあったのだが、まゆゆだけは昔のアイドルのような違う世界にいる人のように、つねに整っていた。 さらさらの黒髪、透明な白い肌、濁りのない瞳、小鳥のさえずりのような声、一挙手一投足にいっさい緩みがない。 本質的にまじめで清い人だったのだろうと想像するが、芸能界でそれを徹底することはどれだけ大変だったろうか。

次の