デロイト トーマツ 年収。 監査法人トーマツの年収・社員評判「意外に年功序列?監査とコンサルでは残業事情が異なる?」

デロイト トーマツ コンサルティング(経営コンサルタント職)の年収・初任給・給与制度

デロイト トーマツ 年収

デロイトトーマツの会社概要 会社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 設立年月日 1993年4月 資本金 500百万円(2018年5月末日現在) 代表者 代表取締役社長 佐瀬 真人 従業員数 2,675名(2018年11月末日現在) 本社所在地 〒100-8361 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング デロイトトーマツコンサルティング合同会社は日本のコンサルティングサービスを提供している企業です。 線略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 社会課題の解決や新産業創造でクライアントと社会全体を支援します。 デロイトトーマツは監査や税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイサリーなどの総合力や国際力を活かして、あらゆる組織に対応したサービスを提供しています。 「100年先続くバリューを日本から」という理念のもとデロイトトーマツはクライアントとともに日本を世界を進化させ続けようと日々奮闘している企業です。 デロイトトーマツの事業内容 デロイトトーマツの事業内容ですが、下記が挙げられます。 経営コンサルティング事業 今回は、デロイトトーマツの年収事情についてご紹介します。 ここでJobQ内に投稿された質問をご紹介します。 デロイトトーマツは20代でいくらほど、年収を稼げますか?かなり高いと聞いたのですが。 デロイトトーマツの年収水準がかなり高いなんていうことを聞いたのですが、実際にどれくらいの水準の年収をいただくことができるのでしょうか? 20代でも1000万近くを頂けるなど、まるで夢のようで嘘の話を聞いたのですが、実際にどうなんでしょう…。 業界的に高水準の年収を頂けるのだと思いますが、実際に同業他社と比べた際など、他にも様々な事情の場合はどうなのか教えていただきたいと思っています。 よろしくお願いします! デロイトトーマツでは職責はスタッフ。 基本給が40万弱、これにやった分だけ残業代がついたと記憶しています。 平均すれば、おおむね、月70時間程度は残業するので、およそ60万程度、手取りにして、46~48万程度だったと思います。 これに、基本給の4ヶ月分が賞与として支給されたので、 年収ベースでは800から850万程度を20代でも頂くことが出来ます。 ただ今は残業代にも制限がかかり、基本給部分も見直しされた模様ですね。 という感じで金額は一般的には多いほうだが、同業他社に比べると少ないという噂です。 経営陣はそこはかたくなに認めたがらないですが…。 裁量労働制が始まりみなし残業となったため、長時間労働に対する対価が不明確で、士気が下がっている印象もうけます。 後は査定は年に2回行われる。 人によってしっかり査定してくれる人と、なんとなく真ん中の評価にしてしまう人がおり、ばらつきがある用に思います。 デロイトトーマツの年収水準は高いと言えますね。 しかし、裁量労働制なだけあって、 残業ありきの給与ということで、人によっては不満を抱く部分もあるようです。 2 利用満足度が業界1位 ということで、引き続き30代の年収に関する情報もありますので、こちらも確認ください。 デロイトトーマツの30代の年収はどれくらいですか? デロイトトーマツへの転職を希望しているものです。 デロイトトーマツは業界でもトップを争うような企業であると思うのですが、デロイトトーマツで働く社員さんの30代の年収を伺いたいです。 大手監査法人ということで、ネットで検索している限りですと年収1000万円は硬いようですが、実際はいかがでしょうか。 デロイトトーマツの30代の年収について教えてください デロイトトーマツで働いていました。 外資系コンサルとして比較すると特段高い年収を頂けているというわけではないでしょう。 しかし、 30代前半のコンサルタントは、だいたい1000万の年収を頂くことができます。 年収プラスボーナスなどもあるので、一般的に考えると非常に高い年収であると言えるでしょう。 ということなので、同業界内では戦略系よりは低いが、国内シンクタンクと比較すると高い水準の年収を貰えるのがデロイトの特徴であると思います。 何れにせよ、30代で年収1000万円以上は硬いので、とても高い年収であるといえます。 ということで、デロイトトーマツの30代の年収について確認をしていただきました。 年収の他にボーナスもあるのが印象的なのではないでしょうか。 デトロイトに限らず、コンサル業界自体が一般と比べて年収が高いというのもあるようですね。 確かに、同業で人気のも、 20代で年収1000万円の人もいるという情報もあります。 ここではJobQ内に投稿されたデロイトグループの福利厚生について見ていきましょう。 デロイトグループの中でもトーマツは福利厚生はどうなんでしょう? デロイトグループは沢山ありますが、そのうちのトーマツへの転職を考えています。 元々この業界に興味があってここで質問てみることにしました。 そこで、デロイトトーマツはデロイトグループの福利厚生の恩恵を受けることができるのでしょうか? 実際にあまり福利厚生について話を聞かないので質問させていただきました。 なんでもいいです、回答の方をよろしくお願いします。 少し昔の話ではあるのですが、福利厚生について回答しますね。 家族手当、子供手当て、住居手当などは、一切なし。 おそらくクライアントとなるそこそこの規模の企業に比べれば、そのあたりの 福利厚生は皆無に等しいだろうと思います。 ただ、当時でいえば、事務所に複数冷蔵庫があり、その中に、水やアイスティー、ウーロン茶のペットボトルがストックしてあり、誰でも好きなだけ飲むことができた。 (暖かいお茶の類も。 ) ところがそれも2009年から10年ころにかけ、費用削減の流れでなくなってしまいましたね。 すいません、昔の話になってしまい…。 それでも、一応福利厚生はカフェテリアポイントくらいあります。 それも健康保険の収支悪化で減額されている。 手当てなどは一切なく、一部英語学習に補助金が出る程度。 朝の出勤時間がゆるいことと、長期の休みが入れやすい風土はgoodですね! あまり福利厚生の方は種類が無いようです。 ただ出勤時間にはあまり厳しくなく、休みも入れやすい社風という事でした。 デトロイトトーマツの新卒の応募職種 デトロイトトーマツは新卒で、多くの職種を募集しています。 コンサルタント• 公認会計士• 税理士• アナリスト• エンジニア• デザイナー• コーポレート• アドミニストレーション 以上になります。 このようにデトロイトトーマツでは様々な職種を募集しているようです。 ですので、自分のキャリアに合った職種を見つけることができるでしょう。 デトロイトトーマツの新卒の年収 ここではデトロイトトーマツの新卒に年収ついてご紹介致します。 デトロイトトーマツのセキュリティアナリストは、標準年額が479万円のようです。 この金額には、月25時間分の固定時間外手当が含まれている金額になります。 手当については、深夜勤務や休日勤務の割増賃金は別途で支給されるようです。 昇給については年に1回あり、賞与についても年に2回支給されるようです。 デトロイトトーマツに新卒で入社できれば、経済的に安定して仕事ができるかもしれません。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社の年収・ボーナスのリアルはいかに?元在籍社員が解説!

デロイト トーマツ 年収

デロイトトーマツの会社概要 会社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 設立年月日 1993年4月 資本金 500百万円(2018年5月末日現在) 代表者 代表取締役社長 佐瀬 真人 従業員数 2,675名(2018年11月末日現在) 本社所在地 〒100-8361 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング デロイトトーマツコンサルティング合同会社は日本のコンサルティングサービスを提供している企業です。 線略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 社会課題の解決や新産業創造でクライアントと社会全体を支援します。 デロイトトーマツは監査や税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイサリーなどの総合力や国際力を活かして、あらゆる組織に対応したサービスを提供しています。 「100年先続くバリューを日本から」という理念のもとデロイトトーマツはクライアントとともに日本を世界を進化させ続けようと日々奮闘している企業です。 デロイトトーマツの事業内容 デロイトトーマツの事業内容ですが、下記が挙げられます。 経営コンサルティング事業 今回は、デロイトトーマツの年収事情についてご紹介します。 ここでJobQ内に投稿された質問をご紹介します。 デロイトトーマツは20代でいくらほど、年収を稼げますか?かなり高いと聞いたのですが。 デロイトトーマツの年収水準がかなり高いなんていうことを聞いたのですが、実際にどれくらいの水準の年収をいただくことができるのでしょうか? 20代でも1000万近くを頂けるなど、まるで夢のようで嘘の話を聞いたのですが、実際にどうなんでしょう…。 業界的に高水準の年収を頂けるのだと思いますが、実際に同業他社と比べた際など、他にも様々な事情の場合はどうなのか教えていただきたいと思っています。 よろしくお願いします! デロイトトーマツでは職責はスタッフ。 基本給が40万弱、これにやった分だけ残業代がついたと記憶しています。 平均すれば、おおむね、月70時間程度は残業するので、およそ60万程度、手取りにして、46~48万程度だったと思います。 これに、基本給の4ヶ月分が賞与として支給されたので、 年収ベースでは800から850万程度を20代でも頂くことが出来ます。 ただ今は残業代にも制限がかかり、基本給部分も見直しされた模様ですね。 という感じで金額は一般的には多いほうだが、同業他社に比べると少ないという噂です。 経営陣はそこはかたくなに認めたがらないですが…。 裁量労働制が始まりみなし残業となったため、長時間労働に対する対価が不明確で、士気が下がっている印象もうけます。 後は査定は年に2回行われる。 人によってしっかり査定してくれる人と、なんとなく真ん中の評価にしてしまう人がおり、ばらつきがある用に思います。 デロイトトーマツの年収水準は高いと言えますね。 しかし、裁量労働制なだけあって、 残業ありきの給与ということで、人によっては不満を抱く部分もあるようです。 2 利用満足度が業界1位 ということで、引き続き30代の年収に関する情報もありますので、こちらも確認ください。 デロイトトーマツの30代の年収はどれくらいですか? デロイトトーマツへの転職を希望しているものです。 デロイトトーマツは業界でもトップを争うような企業であると思うのですが、デロイトトーマツで働く社員さんの30代の年収を伺いたいです。 大手監査法人ということで、ネットで検索している限りですと年収1000万円は硬いようですが、実際はいかがでしょうか。 デロイトトーマツの30代の年収について教えてください デロイトトーマツで働いていました。 外資系コンサルとして比較すると特段高い年収を頂けているというわけではないでしょう。 しかし、 30代前半のコンサルタントは、だいたい1000万の年収を頂くことができます。 年収プラスボーナスなどもあるので、一般的に考えると非常に高い年収であると言えるでしょう。 ということなので、同業界内では戦略系よりは低いが、国内シンクタンクと比較すると高い水準の年収を貰えるのがデロイトの特徴であると思います。 何れにせよ、30代で年収1000万円以上は硬いので、とても高い年収であるといえます。 ということで、デロイトトーマツの30代の年収について確認をしていただきました。 年収の他にボーナスもあるのが印象的なのではないでしょうか。 デトロイトに限らず、コンサル業界自体が一般と比べて年収が高いというのもあるようですね。 確かに、同業で人気のも、 20代で年収1000万円の人もいるという情報もあります。 ここではJobQ内に投稿されたデロイトグループの福利厚生について見ていきましょう。 デロイトグループの中でもトーマツは福利厚生はどうなんでしょう? デロイトグループは沢山ありますが、そのうちのトーマツへの転職を考えています。 元々この業界に興味があってここで質問てみることにしました。 そこで、デロイトトーマツはデロイトグループの福利厚生の恩恵を受けることができるのでしょうか? 実際にあまり福利厚生について話を聞かないので質問させていただきました。 なんでもいいです、回答の方をよろしくお願いします。 少し昔の話ではあるのですが、福利厚生について回答しますね。 家族手当、子供手当て、住居手当などは、一切なし。 おそらくクライアントとなるそこそこの規模の企業に比べれば、そのあたりの 福利厚生は皆無に等しいだろうと思います。 ただ、当時でいえば、事務所に複数冷蔵庫があり、その中に、水やアイスティー、ウーロン茶のペットボトルがストックしてあり、誰でも好きなだけ飲むことができた。 (暖かいお茶の類も。 ) ところがそれも2009年から10年ころにかけ、費用削減の流れでなくなってしまいましたね。 すいません、昔の話になってしまい…。 それでも、一応福利厚生はカフェテリアポイントくらいあります。 それも健康保険の収支悪化で減額されている。 手当てなどは一切なく、一部英語学習に補助金が出る程度。 朝の出勤時間がゆるいことと、長期の休みが入れやすい風土はgoodですね! あまり福利厚生の方は種類が無いようです。 ただ出勤時間にはあまり厳しくなく、休みも入れやすい社風という事でした。 デトロイトトーマツの新卒の応募職種 デトロイトトーマツは新卒で、多くの職種を募集しています。 コンサルタント• 公認会計士• 税理士• アナリスト• エンジニア• デザイナー• コーポレート• アドミニストレーション 以上になります。 このようにデトロイトトーマツでは様々な職種を募集しているようです。 ですので、自分のキャリアに合った職種を見つけることができるでしょう。 デトロイトトーマツの新卒の年収 ここではデトロイトトーマツの新卒に年収ついてご紹介致します。 デトロイトトーマツのセキュリティアナリストは、標準年額が479万円のようです。 この金額には、月25時間分の固定時間外手当が含まれている金額になります。 手当については、深夜勤務や休日勤務の割増賃金は別途で支給されるようです。 昇給については年に1回あり、賞与についても年に2回支給されるようです。 デトロイトトーマツに新卒で入社できれば、経済的に安定して仕事ができるかもしれません。

次の

デロイト トーマツ グループとは|グループ案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

デロイト トーマツ 年収

年収は「基本給+ボーナス」で構成されており、ボーナスは年に2回支給されます。 基本給の給与テーブルは職位によって異なります。 全部で7段階あります。 ビジネスアナリスト 年収は約600万円で、新入社員が最初に配属される職位です。 ビジネスアナリストの段階でコンサルタントとしての職務を覚え、こなしていくことが期待されています。 コンサルタント 年収は700万円ほどです。 ビジネスアナリストよりもさらに、クライアントとの関係を良好に保ち、より信頼関係を築いていきながら次の受注につなげていく役割も果たします。 シニアコンサルタント シニアコンサルタントは、 年収1,000万円の大台に乗ってきます。 チームでの仕事の多いデロイトで、本格的にマネージャーとしての役割を求められるようになります。 マネージャー 年収は1,300万円ほどです。 シニアコンサルタントまでの現場の職務を一通りこなすことができ、さらにチームマネジメントに特化していく職位です。 シニアマネージャー シニアマネージャーになると、 年収は1,000万円台後半~2,000万円に届くこともあるそうです。 チームの責任者として、高度なマネジメント能力が求められます。 ダイレクター 年収3,000万円に達します。 どの顧客にアタックするか、どのような目標で業務を行うかという営業を担うようになっていきます。 また、プロジェクトに問題が発生した際の対応などの緊急案件まで、あらゆる責任を負いながらビジネスを手がける職位です。 パートナー 年収3000万円以上で上限は不明です。 職務内容や給与水準はダイレクターとさほど変わりありませんが、会社に出資をしている場合はパートナーとして扱われます。 これらの職位は、コンサルティング業界全体である程度共通しています。 つまり、他コンサル会社でも通じる「この職位ならこのくらいの能力」という基準がコンサルティング業界にはあるのです。 そのためコンサルティング業界からデロイトに中途入社する場合、最初の職位を与えられる際は元の会社での職位が参考にされます。 一方で、全くの他業種からの転職の場合は、その人のスキルはもちろんですが、前職の給与レベルも参考にして最初の職種が決定します。 デロイトで年収を上げていくためには? では、デロイトで年収を上げていくにはどうしたらいいのでしょうか。 前述のように、基本的に年収の軸は基本給なので、職位が上がれば年収も上がるシステムです。 職位を1つ上げるためには、基本的には3年〜5年ほどを要します。 例外的に、半年や1年などの短いスパンで上がっていく優秀な社員もいれば、一方でずっと上がることのできない社員もいるそうです。 しかし基本的には所属する職位できちんと職務を全うし、利益を出せば職位もステップアップしていきます。 将来的にどのような仕事をしていきたいかを詳しく聞かれるタイミングで上位ランクの仕事に積極的にトライする姿勢を見せ、行動に移せると年収が上がりやすいといいます。 ボーナスについて 職位の中でも実際の年収には差があります。 中にはコンサルタントがシニアコンサルタントの年収を超えるなど、1つ上の職位の年収を超えるケースもあるといいます。 それは業績賞与が個人によって異なり、そこにかなり大きな差があるためです。 ボーナスの基準が高いのは、会社があげた利益の中でも特に高い貢献度の高い社員だといいます。 ボーナスの配分は、年に2回ある上長とのミーティングによって決定します。 1つのプロジェクト内でボーナスの上限があり、その配分を取り合う形になります。 デロイトトーマツコンサルティングへの転職者の年俸実績 転職picks編集部で、過去の転職者の年俸実績を調査いたしました。 前職 年収 Aさん 30歳 日本生命 1200万円 Bさん 32歳 日本たばこ産業株式会社 1000万円 Cさん 28歳 日立製作所 850万円 30代という若さで、すでに1000万円台に乗ることが分かります。 実績からも分かるように、別の業界からの転職も可能だという点は魅力ではないでしょうか。 デロイトのリアルな年収事情!一気に年収がアップした事例とは? 7段階の職位は上長からの評価などを受けて少しずつ上がっていくのが一般的です。 しかし、中には一気に昇進をする例もあるそうです。 Sさんが実際に在籍していた際、「水素」にまつわるビジネスのコンサルティングを手掛けていた社員がいたといいます。 その方は、高い評価を受けて勢いよく昇進していったそうです。 評価ポイントは、今までやっていないビジネスという新規性と成長白地の大きさにあったそうです。 このように、 新規性のある仕事などで目覚ましい活躍を見せると、会社もそれに応じてしっかりと評価を返してくれます。 年収に影響する評価について 前述のように、とりわけ新規性・将来性のあるビジネスを展開した場合は高く評価されますが、利益貢献や顧客満足度の高いアウトプットでもきちんと評価をしてくれる会社です。 評価のポイントは規定化されているので、上長の性格や相性で評価が左右されることはないそうです。 多角的な評価がなされる環境が整っているため、基本的には平等な基準で出世の判断が下されるようになっています。 デロイトが求める人物像 デロイトは、チームプレーで仕事をしていく企業です。 そのため、 コンサルティングに必要な論理的思考はもちろんですが、チームの一員としての人柄も重視される傾向にあります。 チームメンバーが「この人と仕事をしたい」と思えるような人材かどうかは、重要な採用基準の1つです。 とはいえ、デロイトではチームごとの雰囲気は千差万別です。 体育会系のチームもある一方で、和気あいあいと仕事をするチームもあります。 所属先によって合う・合わないが出てくるのは避けられないことだとSさんも言います。 しかしもし合わないチームに配属となってしまっても、デロイトは多くのチームが存在する大規模組織ということもあり、異動希望に対してはフレキシブルに対応してくれる会社であるといいます。 実際にSさんもどうしても合わないチームに配属されたときは異動希望を出し、受け入れてもらったそうです。 希望を出しても組織がその人を別部署に出したがらず異動が叶わないケースもあるようですが、基本的には前向きに検討してもらえるようです。 自身に合う雰囲気のチームでしっかりと利益を上げていけるように、社員の求める環境を全力で用意するという会社のスタンスを伺うことができます。 社員を正当に評価し、自身の性格に合う最適なチームに所属できるよう環境が整っています。 社員が最大限のパフォーマンスを発揮するための土壌が整っているからこそ、デロイトトーマツはトップコンサルティング企業として最前線を走り続けることが出来ているのでしょう。 ボーナスは年に2回支給される。 デロイトトーマツへ転職するには デロイトトーマツの年収・ボーナスについて理解は深まりましたか? デロイトトーマツへ転職したい方は、デロイトトーマツへの転職実績がトップクラスのエージェントへの相談が転職成功への近道となるでしょう。 情報を登録すると、志望企業に精通しているエージェントを提案してくれ、転職成功までのサポートが受けられます。 志望企業、あるいは志望業界が明確であれば、こちらのサービスはスムーズな転職への近道となるはずです。 サービスは無料で提供されていますので、一度登録をお勧めいたします。

次の