夢小説 理解できない。 おすすめサイコホラー小説|その恐怖、トラウマ級! 普通の人間には理解できない狂気

『鍵のない夢を見る』あらすじとネタバレ感想!新たな境地に辿り着いた直木賞受賞作|よなよな書房

夢小説 理解できない

私は女オタクです。 Twitterとnoteでは割とまじめな原作厨として書いていますが、腐女子と夢女子の両方こじらせていて、頭の中はアレな妄想でいっぱいです。 私のように両方の属性がある人間はおそらく少数派です。 基本的に腐女子と夢女子は相容れない存在で、Twitterでは住み分けしている人の方が多い印象。 もし両方こじらせててもアカウント分けてるという人は多いのではと思います。 実は先日、「腐女子の友人から『 原作のキャラで完成されているのに、何故オリキャラをわざわざ投入するのか』という疑問を投げられた」という夢女子の方のツイートを見ました。 私は夢女子としては何故オリキャラを投入したいと思うのか考えたことがなかった……というか息をするように夢小説を書いていました。 せっかく腐女子と夢女子どちらもこじらせているので、今回改めて言語化してみることにしました。 念のため、ここに書かれているのはあくまで 「ひとりの女オタクのごく個人的な意見・考察」であり、すべての夢女子の総意ではないことをご理解いただいた上でお読みください。 もし私の考察が、異なる嗜好の理解の一助となれば幸いです。 「夢女子」と「夢小説」とは このnoteはオタクじゃない人も読むと思うので念のため説明します。 (知ってる人は読み飛ばしてOKなセクションです) 夢女子とは、 自分or自分が考えたオリジナルキャラクターとの恋愛や交流をする二次創作を楽しむタイプのオタクのことです。 詳しくはみんな大好きニコニコ大百科がわかりやすかったのでリンク貼っとくよ。 (メアリー・スーの事とかも書いてある。 しゅごい) ちなみに、夢男子もいます。 ですが、すみません。 ここでは「夢女子」に表記を統一させてください。 そして、この夢女子の二次創作のひとつに 「夢小説」というのがあります。 夢小説では、 原作にいない書き手のオリジナルキャラクターが登場します。 広義では「オリジナルキャラ(以下オリキャラ)小説」となるのですが、大きな特徴は 読み手側がオリキャラの名前を任意に決定できるということです。 この記事における夢小説の定義 夢小説はオリキャラ小説との線引きがむずかしいので、ここで定義を明確にしておきます。 夢小説とは 「名前変換機能を使用した小説」あるいは 「オリキャラに名前がない小説」という定義で話を進めます。 夢小説における オリキャラ=夢主人公(以下夢主)は、ゲームにおける名前を変更可能なプレイヤーキャラのような位置づけ。 書き手が名前を固定し、オリキャラとして確固たるペルソナを与えた「オリキャラ小説」は外野からすればそれも夢と混同されたりしますが、厳密には別物です。 ちなみに「名前変換機能」を使うには、サイトを作るときに自分で実装するか、名前変換機能を搭載したプラットフォームで小説を公開するかの二択になります。 ゆえに、名前変換非対応のpixivなどでは、キャラクターに名前を呼ばせないことでストーリーを成立させている夢小説もあります。 そして夢主のキャラ付けは、ゲームのプレイアブルキャラのようにあまり特徴のない場合もあれば、書き手の性癖が詰まっていたりと様々です。 もはや名前変換ができるだけのオリキャラ小説では?というものもありますが、書き手が夢だと言えば夢だし、オリキャラだと言えばオリキャラだと私は思っています。 ついでに互いに定義を押し付け合わなければ、読み手がどう読むかも自由だと思っています。 多くは男女の恋愛が題材ですが、BL夢や百合夢、恋愛要素なしの友情夢やオールキャラ夢などもあります。 夢女子は何故「オリキャラ」を投入するのか さて本題の「夢女子が何故オリキャラを入れるのか理解できない」という断絶ですが、この断絶が起こるのは 「物語に対する立ち位置が違うから」だと思います。 夢女子の中にも色々なタイプがいます。 先日非常にわかりやすい分類のツイートを見つけたので引用します。 私個人的に夢女子って 1. 自分 性格・姿どちらも違う。 私は作品に応じて1〜3の度合いが変わるタイプ。 4は上述の「オリキャラ小説」にあたり、厳密には別物ですが、外界から見たら「夢」と混同されるため、あえて入れているそうです。 作品に対する立ち位置という点から考察するなら、まず腐女子とオリキャラ創作者はある程度同じ分類にできると思います。 両者に共通するのは、 あくまで書き手および読み手は傍観者、あるいは俯瞰視点という点。 よく「推し(カプ)の部屋の壁になりたい」「空気になりたい」という人がいますがそんな感じでしょうか。 「自分」という存在は、作品世界に置いて無に等しい。 したがって、夢女子が自分を物語に入れ込むことに対して「おこがましい」と言う声があがったりもします。 しかしこれでは「オリキャラを投入する理由」の説明になっていないので補足すると、この二者の違いは、願望の種類というかボーダーラインが違うのだと思います。 私はオリキャラ創作者としての要素がほとんどないため、あくまで推測です。 もしお読みの方がいらっしゃいましたらご意見いただけますと幸いです。 腐女子のお姉様方から「創作キャラは創作でやればいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが……そこを言い出すとキリがなくなるのでそれは一旦置いといてください。 あくまで「同じ作品で欲望をたぎらせたい」という気持ちは、腐も夢もオリ創作者も大前提です。 そしてこれが夢女子となってくると、立ち位置が変わります。 書き手および読み手は傍観者ではなく、体験者になります。 作品の推敲時など、傍観に徹する必要は出てきますが、基本的に夢小説は 「作品世界でキャラとのアレコレを体験するのが目的」だと思っています。 したがってこれはあくまで自己投影度合いの強い私の場合ですが、夢女子には 「体験者でありたい」という感覚の人は多いのではないかと考えます。 私はその作品にドハマりすると、自分もその作品世界で過ごしたい、キャラと関わりたいと思ってしまうんです。 夢小説もシミュレーションゲームも、自分の名前入れてナンボ。 自分の書いた夢小説も、できれば読み手の人には没入して投影して読んでほしいと思うくらい。 ただ現実の自分のままで接することは難しいから、作品世界に合わせて設定を考えたり、出会えるようなシチュエーションを想像したりする。 性格も必要とあらば変えます。 理想を投影することもあります。 ていうかしょっちゅうです。 最悪モブでもいい、という時もあります。 ありのままの自分で推しに出会いたいとは、あまり思っていません。 出会えたら嬉しいけど、 多分好きすぎて色々と無理。 でも、ありのままの自分で推しと胸を張って出会えると言い切れる人は素敵だと思いますし、推しに会っても恥ずかしくない自分になりたい、とは密かに思っています。 根っこの自我は夢女子でした 体験者としての欲求がずっと昔からありました。 私が二次創作物に初めて触れたのは某少年漫画のBL小説でした。 よって、女オタクとしてのスタートは腐女子だと思っていたんですが、最近記憶を掘り起こしていて実は「根っこの自我は夢女子」だということに気付いたんです。 小学生の頃、ものすごく好きな漫画があったんですが、その漫画の主人公の「姉」というキャラクターを自分で作って落書きをしていたんですよね……。 そのオリジナルキャラクターの外見的特徴や性格は自分に近いものです。 「危なっかしい主人公を姉として支えてあげたい」みたいなことを考えていました。 これってまんま夢女子じゃないですか……。 物語を体験したいという欲求はずっとあったようで、「ドラえもん」のひみつ道具に 「絵本入り込みぐつ」というのがあるんですが、それが心底ほしいと思ったのを未だに覚えています。 その後腐女子として目覚めましたが、BL小説は結局2〜3本しか書いたことがなく、自分でサイトを立ち上げたのも夢小説メインで、中学三年間は延々夢小説を書いていました。 そして空白期間はあったものの、結構いい歳になった今も夢小説を書き散らかしています。 まさかこんなに長く書いてるとは思わなかったよ……。 この辺りの話はまた詳しく書きたいと思います。 ちなみに、私も常に没入体験型というわけではなく、原作の考察や腐妄想をするときは傍観に徹する自分がいますし、推しの尊さが極まると「壁になりたい」とか言い出します。 何なら 推しカプに夢女子の自分が敗北して失恋することもありますし、 自分に都合の良すぎる妄想をして原作厨である自分の地雷を自分で踏み抜くこともあります。 (めんどくせえオタクだな!!!) 断絶は悲しいし理解しあえなくても共存していたい 改めて、ここに書いたことはあくまで 「いち女オタクの個人的な意見・考察」です。 すべての女オタクの総意でないことをご理解ください。 ていうか総意であってたまるかよ。 作品や二次創作物に対する立ち位置、スタンス、本当にいろんな方がいると思います。 今回は便宜上「腐女子」「夢女子」とひとくくりにしましたが私のように両方こじらせている人もいるでしょうし、夢女子でも上記4分類のどれにも当てはまらない人もいると思います。 百合好きや男女カプのみ、公式カプ以外NGな人もいますし。 著作権の観点から言えば、二次創作はものすごくグレーです。 昔は結構隠れてやるものという雰囲気がありました。 今でもおおっぴらにするものではないんですよ、ホントに。 公式に対する配慮(検索避けなど)は大前提ですし、法的にグレーであることには変わりません。 でも、すごくすごく前向きな見方をすれば、二次創作というのはファンの「こうだったらいいな」という願望が詰まった宝箱です。 二次創作で新たな扉が開く人がいて、二次創作から沼に落ちる人がいる。 二次創作があるからこそ、公式の提供するコンテンツだけで完結せず、作品の命が続いていくんだと思います。 理想論と言われるかもしれませんが、同じ作品を好きな人同士、理解はしあえなくても否定したり攻撃したりするのはなんというか悲しいと思うのです。 同じ人間なので相容れないというのは勿論ありますし、好きになる部分も愛し方も人ぞれぞれ。 ジャンルに人が増えることで顕在化する問題は多々ありますが……それでも、本来は 情熱をかけられた作品に接する瞬間やそれが大事な作品になっていく過程というのはとても尊いもの。 そこで人間関係でモメて作品まで嫌いになるってのは、何かすごく、優先順位を違えているような気がします。 それにどんなスタイルであれ、好きな作品や好きなキャラ、そして生まれ出る妄想というのは、誰しも多かれ少なかれ自分の欲求を投影しているものです。 だからこそ他人が許せないとかそういう対立が起こるのは、人の心理構造上致し方ないというのも事実です。 しかし、それはなんというか、 その作品とファンと自分自身を知らず癒着させてしまっているからだと思います。 何かを否定するときは自分の中に認めたくないものがある。 それは多くの人に共通することだと思います。 結局のところ私も、自己投影甚だしいガチ恋夢女子という性質上、己と作品を多分に癒着させてしまっている自覚はあります。 人には言わないし強要しないだけで、嗜好は過激派な側面もあります。 自分がリスキーな人間だという自覚があるからこそ、隠居しています。 だから、こんなnoteを書くのは、自分の中で抑圧された夢女子の自我と、分離した腐女子の人格を統合、解放するための試みでもあるんだと思います。 別に夢女子のメンタルを知った所で、受け入れがたいものは受け入れがたいと思いますし、逆も然りだと思います。 自分と違う嗜好の相手を「理解しろ」とも「共感しろ」とも言いません。 ただ、こういう嗜好もあるんだよということを頭の片隅においてもらい、せめて同じ作品を好きな間くらいは共存させてほしいと思うのです。

次の

桜吹雪と朧月2010

夢小説 理解できない

先日、さんのこういうエントリを読ませて頂いた。 これは小説に限らず、創作を事としている人ならばいろいろと思うところのある文章なのではないかと思う。 誰も読んでいない作品を、それでも最後まで書き続ける意味はあるのだろうか? むしろ書くだけ時間の無駄ではないのか? このように考えたことのある人は少なくないのではないかと思う。 今回はこのことについて、自分なりに思うところを書いてみたい。 読者に恵まれた作品を書き続けるのは簡単 はっきり言うと、人気作となり、読者から感想がたくさん届けられる作品を更新し続けるのは容易なのだ。 モチベーションは高くなっているのだから、もっと認められたくてどんどん書いていける。 書けば書くほど読者が増え、褒められるという好循環に入れれば誰だって書くスピードは上がるのだ。 継続は力なり、はもちろんひとつの真実ではある。 しかし、実のところは優れた書き手は反応をたくさんもらえるから継続できる、というのもウェブ時代における真実の一面でもある。 力があるからこそ褒められるし継続もできる、ということも、否定できない事実として確かに存在している。 ウェブ小説の場合、反応が得られないのは読者の需要とマッチしてないからということもあるし、必ずしも実力不足が原因でもないのだが、とにかく数字が稼げなければこちら側に何らかの原因があるのだ、と考えざるを得ない。 原因が何であれ、 自分には読者を惹きつけ続けるほどの「力」がない。 自分も含めて、多くの創作者がそういう現実に直面することになる。 誰も読んでいない作品でも、書き続けることで何らかの力はつくかもしれない。 完結させないと終わらせる力がつかない、というのもよく言われることだ。 しかし、人間というのは「いつか実になるかもしれない」という漠然とした希望にすがって努力し続けるのはとても難しいものだ。 いくら自分のためになるかもしれないと言われても、現実問題として誰も読んでいない作品を書くモチベーションを維持するのはとても難しい。 これは、自分自身も創作をする立場の人間として、よく理解しているつもりだ。 自分が満足していれば成功、だが…… プロを目指しているのでない限り、結果がどうあろうと自分が納得できていればそれは成功なのだ、という話はこのブログでは何度かしてきている。 先日もそういうエントリを書いた。 読者が一人もいなくても、とにかく書きたいものを書けたのだからそれでいいのだ、と心から思えるなら、それで十分なのだ。 ここに書いたことは、今でもこの通りだと本当に思っているし、誰もが世間から仰ぎ見られるような成功者を目指す必要などないと思っている。 結果がどうあれ、自分が自分のしたことに満足できているなら、それは「成功」だ。 しかし、読者がゼロの作品を書いてしまったら、多くの人はそれを「失敗」だと思うはずだ。 僕自身はたとえそういうものでも書くこと自体に価値があるとは思っているのだが、そのこととその事実に満足できるかどうかは別問題だ。 やはり、多くの人は誰も読んでくれない作品を書き続けるのは辛い。 それは壁に向かって延々喋り続けるのと同じだからだ。 誰もいない虚空に向かって言葉を放ち続けることに、一体どんな意味があるというのか? その問いの前に、多くの創作者が立ち竦んでしまうに違いない。 自作への愛を持ち続けられるか 結局、創作にはルールというものがない以上、読者がいなくなってしまった作品を終わらせるかどうかも作者の自由でしかない。 何しろ誰も読んでいないのだから、中断させたところでどこからも文句は出ない。 書き続けていてももう読者が増える見込みが無いのであれば、中断させるのも一つの手だと思う。 効率を考えたら、見込みのない作品の執筆はさっさと中断して次作に力を注いだほうがいいのかもしれない。 しかし、これではいけない、と思う場合もある。 それは、 自作のキャラクターが命を持っている、と感じられる時だ。 架空の存在であれ、この世に誕生したキャラクターはその時点で命を持つ。 少なくともそう感じられる時、というのがある。 自作への愛着が深くて、キャラクターたちの物語を中断させたままではいけない、と思うのなら、やはりその作品は完結させたほうがいいのではないかと思う。 よく「キャラクターは勝手に動き出すもの」と言われるが、これは本当である。 生み出したキャラクターは、作者にとってもすでに他者だ。 そのキャラ達が、きちんと自分達の物語に幕を引いてくれ、とこちらに主張してくる。 出番を与えてくれと訴えかけてくる。 彼等の願いに答えるためには、この手で物語を完結させるしかない。 その作品に対しては、作者は神にも等しい力を持っている。 生み出した世界をまるごと一つ、自分の手で滅ぼすこともできる。 そして、作品を中断させるということは、その世界の時間を自分の手で止めるということだ。 もちろんそれも自由なのだが、その世界への愛着が深いなら、まずいったんその作品内での決着を「神」である自分自身の手でつける、ということも価値のあることなのではないだろうか。 これが単なる自己満足、とは思わない。 これは自分の生み出したキャラクターという「他者」のためにする行為だからだ。 作品を誰も読んでいなくとも、キャラ達の活躍は創造主である自分自身が見ている。 最後まで創造主に見捨てられなかったというだけでも、生まれ出たキャラクター達の存在には意味があるのではないかと思う。 誰にも必要とされていないときこそ、誇りが必要 創作だけでなくブログでも何でもそうだが、最初からたくさんの読者に恵まれスタートダッシュを切れる人というのはごく一握りだ。 多くの人は何もない所から頼りなく始めていくしかない。 何の反応も得られないときはつい自分に自信を失いそうになるが、そういう時こそ自分の力を信じる必要があるのではないかと思う。 そもそも作品が誰にも読まれなかったところで、そのことで死ぬわけでもないし、誰かが「そんな作品しか書けないならもうやめろ」などと言ってくるわけでもない(むしろこういうことを言われるのは注目作だ)。 しかし、自分自身がこういうことを自分に言ってしまうということはある。 読まれていない作品には価値がない、そんな作品しか書けない自分にも価値がない、という三段論法が成立してしまうのだ。 本当は読まれるかどうかと作品の価値は必ずしも=ではないし(商業的には=だろうけれど)、作品のPV数と自分の価値も別物なのだが、読まれなくて焦っている時にはついついこういうことを考えてしまいがちだ。 結局、多くの創作者は自分自身の心に殺されるのではないかと思う。 仮に周囲が皆自分を見捨てていたとしても、自分自身だけは自分を見捨ててはいけない。 自分自身すら自作を見捨てたら、自作の最初で最後の読者である自分自身すらいなくなるわけで、本当に「読者がいなく」なってしまう。 その意味では、読者ゼロの作品を完結させるのは自分自身を見捨てないためのトレーニング、という意味もあるのかもしれない。 自己完結できる人なんてほとんど存在しない 創作で一番強いのは、とにかく自分の好きなものを作れれば幸せ、というタイプの人ではないかと思う。 こういう人は他者からの承認というモチベーションを必要としないので、ひたすら子供が砂場で一人遊びを続けるように、自己完結の世界で遊んでいられる。 作品のクオリティを上げるという点ではこのやり方ではうまくいかないかもしれないが、とにかく本人が楽しいのだからそれでも問題はない。 しかし、僕はこういう創作者というのをまず見たことがない。 いたとしても、こういう人はそもそも他者からの評価が必要ないから自己アピールも少なく、目にする機械がないのかもしれない。 少なくとも、ウェブに作品をアップするような人は、何らかの形で評価されることを皆求めている。 求める評価の程度に違いはあれど、評価されたいからこそ皆作品を人前に晒しているのだ。 だから、もしこれを読んでいる貴方が「自分なんかの稚拙な感想では喜ばれないのではないだろうか」と考えているのなら、そんなことはない、と伝えておきたい。 否定的な反応でない限り喜ばれないということはまずないし、 作者は誰でも自作への反応を求めている。 応援したい作品への肯定的な感想は遠慮などせずどんどん伝えたほうがいい。 「無反応という反応」こそ、創作者を挫折させる最大要因だからだ。 そもそも無報酬で創作しているアには肯定的な感想以外の見返りが存在しない。 他人から評価されることを目的に創作することを邪道であるかのように言う人もいるが、そもそも評価されることを目指さないのであれば作品のクオリティアップなど望みようもない。 強すぎる承認は苦しみを生むが、かと言ってこれが全く無いのが良いわけでもないし、そもそも承認をゼロにすることなどできない。 最後の読者は自分自身 少し話がそれたが、結局のところ創作を続けるために必要なのは 「俺が需要だ」ではないかと思う。 自分自身が自作の続きを楽しみにし、書いていくことができるのなら、その作品には最低でも自分自身という読者がいる。 その意味では、本当は「読者がいない作品」というのは存在しない。 存在するとすれば、それは「もうこんなものを書いていても仕方がない」と作者自身に見捨てられた作品だ。 実際問題、読まれていない作品を書き続けるのはきついし、そういうものは中断させて早く次作に進んだほうがいい場合というのも多々あるだろう。 それは仕方がないし、そういうことをする人はもちろん責められない。 ただしその場合、作者自身という読者もその作品は失うということを意味する。 それでも良ければ中断するのも良いし、そうさせるのは忍びない、と思うのであれば、読者がいなくても完結するまで続ける意味もあるのではないだろうか。 最後の読者である自分自身が、その作品の結末が書かれることを望むのであれば。 saavedra.

次の

桜吹雪と朧月2010

夢小説 理解できない

| | |この人達の眼差しや声色。 全てが懐かしく感じるのは何故だろう。 ーーーーーーーーー 書くのは初めてなので至らぬ所多々あると思いますが、ちまちまやってこうかなと思います。 所謂してみたされてみた。 うわようじょつよい な感じを目指しており、趣味全開です。 げろげろ甘々な感じでは無いかもしれません。 同様にciくんも不安定な感じになると思われます。 ご了承ください。 何か問題が起きましたらこの作品はすぐに削除致します。 上記の内容全て問題ないよ!という方のみ閲覧お願い致します。

次の