ゾンビ化。 シリコンバレー発の学習プログラムが、子供たちを「ゾンビ化」する

【メルスト】ゾンビ化のやり方を解説!【メルクストーリア】

ゾンビ化

新井美江子 [記者] あらい・みえこ/07年入社。 広告営業を経て08年より週刊ダイヤモンド記者。 小売り・外食、銀行、化学・繊維、紙パルプ、タイヤ、アパレル業界を担当。 現在の担当は鉄鋼・重工・機械・エンジニアリング業界。 究極のインドア派記者。 趣味はトロンボーン。 倒産連鎖危機 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によってヒト・モノ・カネの流れが地球規模で滞り始めた。 それは3月に年度末を迎えるところが多い日本企業の資金繰りに深刻な影響を及ぼしつつあり、倒産が連鎖しかねない危機的状況に陥っている。 そこでダイヤモンド編集部の総力を挙げて緊急特集を敢行。 市場の動向や各業界で今起きていること、倒産危機の乗り切り方などを、取材とデータ分析に基づいてお届けする。 折も折、地方銀行業界には業績悪化懸念が渦巻いていたところだ。 特集の#7では、地元企業を徹底的に救済しながら自行の財務の健全性の維持を求められる地銀経営の悩ましさについてレポートする。 安易にリスケ(貸し付け条件の変更)に応じるな」。 新型コロナウイルスは人々の外出意欲をそぎ、観光バス会社や飲食店、小売店などの経営をむしばんでいる。 しかし、感染拡大に歯止めがかからない中では、もはや打撃を受けるのは限られた業種だけでは済みそうにない。 特に、3月は年度末決算を迎え、資金繰りが厳しくなる企業が多い。 地銀は、まさに顧客である多くの中小・零細企業の生殺与奪の権を握っている状態といえる。 政府も地銀を含む銀行の出方にはかなりの注意を振り向けており、3月6日に麻生太郎財務大臣兼金融担当大臣が「特段の配慮と事業者の実情に応じた柔軟な対応に全力を挙げて取り組むよう」、要請している。 具体的には、銀行に対しリスケ等に応じるよう促すとともに、リスケの申込件数や実行件数などについて報告するよう求めている。 それほどまでに、新型コロナウイルスによる倒産を何としても食い止めようという政府の思いは強い。 そんな中、なぜ冒頭の営業担当役員はリスケをけん制しているのか。 実はそこには深い意味がある。

次の

ゾンビ

ゾンビ化

昆虫のクローズアップ写真以上に嫌な気分にさせるものがあるなら、それは、寄生虫によって「ゾンビ化」した昆虫のクローズアップ写真だけだろう。 この手の話ですぐに気分が悪くなるという人は、絶対に、いまここで読むのをやめたほうがいい…。 は、2年以上にわたって『ナショナル・ジオグラフィック』のコーナー「」のために気味の悪い虫の写真を撮り続けている。 寄生虫が宿主を突き破って出てくる瞬間をとらえる、といった具合だ。 バックライトが彼の写真に印象的な雰囲気を与えている。 6本足のカエルや白い蜂の子がこびりついたてんとう虫の光景は、なんとも気味の悪い具合に映える。 これらの写真は、自然がいかに複雑怪奇かを教えてくれる 「わたしは、こうした生き物を写真に撮るのが大好きなんです。 彼らはわたしたちに、自然がいかに複雑で奇怪なものかということについて、新たな知見を与えてくれます」と彼は言う。 10代のころから写真を撮り始めたヴァルマは、カリフォルニア大学バークレー校で統合生物学の学士号を取得した。 彼が『ナショナル・ジオグラフィック』の写真家デビッド・リトシュワガーのアシスタントとして仕事を得たとき、写真と生物学への2つの情熱が融合した。 Mindsuckersは、彼が初めて雑誌で手に入れた仕事だ。 寄生虫写真のハウツー ヴァルマは寄生虫学者と連絡をとりながら自分の題材を見つけ出す。 そして、寄生虫が観察できるようになるまで、あるいは寄生虫が宿主の中から出てくるまで何日でも待ち続ける。 なかには簡単に撮影できたものもあって、例えば寄生虫に感染したアリは、その腹部が鮮やかな赤色になる。 ヴァルマはそれを、ライトで輝かせて写した。 逆に、多くの行程や忍耐を要するものもあった。 彼は線虫がコオロギの中から出てくるのを待ちながら、実験室で3週間過ごしたこともある。 線虫はコオロギを水に飛び込ませて外に出てくるが、それは非常に短い時間で起きるため、撮影は困難だ。 ヴァルマはいくつかの実験を経て、ようやくその瞬間を撮影することができた。 「線虫とコオロギの動きを遅くするために、寄生虫に感染したコオロギを冷却しました。 また水に特別な処理をした塩を混ぜることで、コウロギの内部環境に似せたのです」と彼は言う。 「これで線虫をだまし、水に飛び込んだあともまだコウロギの体内にいると思わせることができました」 彼は小さなスタジオで、動物を水槽やペトリ皿、ガラス板に乗せて作業している。 自家製の撮影補助機材と光ファイバーライト、そして光学レンズを使うことで、それぞれの生き物に正確に照明を当てる。 真っ黒の背景で撮影された生き物は、まるでSF映画やグラフィックノヴェルから出てきたようだ。 彼のレンズの下で、ぞっとしないように見えないものはない。 被写体の多くは研究室内で撮影されているが、ヴァルマは屋外に出かけることもある。 というクモを撮影するために、彼はコスタリカまで旅をした。 寄生虫がうまくクモに感染するまで、ホテルのメイドに見つからないようにクモの入ったバケツを隠しておかなければならなかったそうだ。

次の

地銀がゾンビ化する!金融円滑化法「実質復活」の危うさ

ゾンビ化

「免疫力が下がると、まずわかりやすいところでは、まさに感染症にかかるというところで風邪をひきやすくなるということになってきます。 例えばシミとかシワなどの、肌の調子にも関わってきたり、疲れやすさにも関わっています。 重篤化してくると、ガンといったような病気。 様々な病気に関わってくるということが最近わかってきています。 年をとったり生活習慣が悪くなり、このガードマンが段々仕事をサボってしまうのです。 」(医薬基盤・健康・栄養研究所 國澤純さん) 皆さんも、年齢と共に気になることありますよね? 皆さんが気にしているそのシミ。 その中にはゾンビがいるっていることが最近わかってきたんです。 これは2017年に科学誌ネイチャーに掲載された論文。 タイトルは「若さを保ちたいならゾンビを殺せ」 科学者がいう、ゾンビとはいったいなんなのか? 資生堂グローバルイノベーションセンターの研究員 細井純一さんは 30年前から肌の美しさを研究してきました。 そして、免疫の驚きの仕組みにたどり着いたのです。 「カラダの中で多くの臓器の細胞が老化細胞になってしまう、つまりゾンビのような細胞になってしまうということが報告されています。 死なないで悪いことをし続けてしまう、ということです。 」(細井さん) これはイスラエルの研究者が撮影に成功したゾンビ細胞。 通常の細胞と比べると黒ずんでいるのが特徴です。 肌の中では、傷ついたり古くなってしまった細胞が日夜生まれています。 この細胞が放置されるとゾンビ化します。 このゾンビ化した細胞は、死なないだけでなく、周りの細胞にも働きかけ 周りの細胞もゾンビ化してしまうのです。 その事態を防ぐのが免疫です。 免疫にはガードマンである役のほかにもう一つ大切な役割があります。 それは、掃除屋としての役割です。

次の