参院 選 出口 調査。 参院選の投票行動からわかったのは、「希望分断社会」日本の姿だった

参院選2016 開票率0%で「当確」はなぜ分かる

参院 選 出口 調査

これは、今回の参院選で行われた情勢報道(選挙情勢の報道)を使われている用語をもとに分類し、選挙区ごとにリスト化したものです。 なお転載は自由です。 投票先の判断をする際などに参考にしてください。 選挙では当落線上にいる候補者に投票すると、自分の一票が有効に働く可能性が高まります。 また、家族や友達、知り合いに選挙の話をするときにも、見せたりしてください。 興味を持つ人がいると思います。 最終更新では、地元の事情に詳しい地方紙も可能な限り反映しています。 ここに掲載した表の日付(報道された日)は右ほど新しくしていますが、地方紙だけは右端に別個の欄を作りました。 また、東京と大阪はここにJX通信の情勢を入れています。 (「1. リード」「2. 懸命に追う」「3. 小括弧( )はタイトルの表現です。 は注釈です。 これは文章中の情勢表現とは異なるため、別途記載します。 各社の終盤情勢はいずれも順位が整合し、岩本氏(自民)と畠山氏(共産)が当落線付近を争うものとみられます。 青森県(1人区) 「1人区」の青森県は、最も上位の候補だけが当選する選挙区です。 順位は各社で整合し、表のとおり5社が優劣をつけている情勢です。 接戦としたのは産経新聞でした。 また、7月15日の毎日新聞では、情勢表現を用いた解説はないものの、接戦の欄に印がついています。 産経が優劣をつけているほか、毎日新聞も野党優勢の欄に印をつけています。 しかし他の新聞や通信社では接戦格で報じられており、順位も食い違っています。 朝日新聞と産経新聞は、石垣氏にそれぞれ「優位」「先行」とつけています。 また、毎日新聞では野党優勢の欄に印がついています。 このように3社が差をつけた表現をしているものの、地元の河北新報をはじめ他社は接戦格で報じており、食い違う情勢です。 また、毎日新聞は接戦の欄に印をつけています。 名前順は全て芳賀氏(無所属)が先順で、判断は整合しています。 産経新聞の「突き放し」は他社と大きく異なっていますが、原文は「わずかにリードしていた野党統一候補の無所属新人の芳賀が、再選を目指す自民現職の大沼を突き放した」という文でした。 つまり産経はリードの幅が「さらに広がった」という意味で「突き放し」を使っているようです。 (判定上、リストにはそのまま入ってしまいます) また、毎日新聞は野党優勢の欄に印をつけています。 福島県(1人区) 福島県の情勢報道は、各社とも優劣が整合しています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 茨城県(2人区) 茨城県は上位2候補が当選する選挙区です。 情勢報道は、いずれも上位2候補と3位以下の候補で優劣がついています。 栃木県(1人区) 栃木県は各社とも高橋氏(自民)に先行格以上の表現をつけています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 群馬県(1人区) 群馬県も各社とも清水氏(自民)に先行格以上の表現をつけています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 埼玉県(4人区) 埼玉県は上位4候補が当選する選挙区です。 各社とも上位4人まで順位が整合し、当選ラインを越えていると判断されています。 4社が宍戸氏(国民)を5位、沢田氏(維新)を6位としています。 産経が優劣をはっきりつけているものの、他社では名前順で3番手にいる豊田氏(自民)と4番目手にいる浅野氏(共産)が、当落線上で接戦とされています。 各社とも、ほぼ上位3候補の顔ぶれは整合しています。 また、武見氏(自民)も4位前後につけており、当選ラインを越えていると判断されています。 続く塩村氏(立憲)と山岸氏(立憲)の順位は総じてほぼ並んでいます。 また、音喜多氏(維新)とあわせて、各社で当落線前後の判断が食い違う情勢です。 野原氏(れいわ)は、最終盤にきて順位を上げてきたようです。 さらに水野氏(国民)、朝倉氏(社民)が続きます。 表の上位3候補は各社とも1~3位でつけられており、当選ラインを越えていると判断されています。 4議席目が各社で食い違う接戦です。 松沢氏(維新)と浅賀氏(共産)が当落線上を争うものとみられます。 時事、日経、読売、朝日、東京、産経新聞はいずれも打越氏(無所属)の名前が先順ですが、新潟日報では後順となり、判断が食い違いました。 なお朝日と産経で優劣がついているほか、毎日新聞が野党優勢の欄に印をつけています。 富山県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 石川県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、両候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 福井県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 山梨県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 長野県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 毎日新聞も野党優勢の欄に印をつけています。 岐阜県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 静岡県(2人区) 静岡県は上位2候補が当選する選挙区です。 順位は各社とも1~5位まですべて整合し、2位と3位で当落線上を争うのは、榛葉氏(国民)と徳川氏(立憲)とされています。 愛知県(4人区) 愛知県は上位4候補が当選する選挙区です。 表の上位4候補は各社とも1~4位でつけられており、当選ラインを越えていると判断されています。 報道を見る限り当落線付近で議席を争うのは、安江氏(公明)と須山氏(共産)となりそうです。 しかし田島氏(立憲)を4番手に書いている新聞もあります。 三重県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 ただし毎日新聞では接戦の欄に印がついています。 各社で判断が食い違う状況です。 毎日新聞も接戦の欄に印がついています。 当落線付近にいるのは倉林氏(共産)と増原氏(立憲)です。 各社で食い違いのある情勢です。 各社がつけた辰巳氏と亀石氏の順位は、5位と6位がほぼ半々でわかれています。 続く清水氏(維新)、高橋氏(公明)、安田氏(立憲)が当落線上を競り合います。 各社で順位が食い違う接戦です。 奈良県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 和歌山県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 鳥取島根(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 岡山県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 各社で順位が食い違う接戦となっています。 山口県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 香川県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 愛媛県(1人区) 各社とも、順位は永江氏(無所属)が1番、らくさぶろう氏(自民)が2番となっています。 しかし表現はばらついており、僅差の可能性も否定できません。 毎日新聞は野党優勢の欄に印がついています。 徳島高知(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 福岡県(3人区) 上位3候補が当選する福岡は、情勢報道の順位が1位から5位まで各社とも整合しています。 当落線の前後では優劣が明記されており、情勢は固まりつつあるものとみられます。 佐賀県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、両候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 長崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 熊本県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 大分県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも礒崎氏(自民)の名前が先順、安達氏(無所属)が後順となっています。 優劣をつけていない2社のほか、優劣を記載している所も表現は弱く、接戦の可能性があります。 毎日新聞では自民優勢の欄に印がついています。 宮崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 鹿児島県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、1位の候補と他の候補には差があるとみられます。 しかし毎日新聞では接戦の欄に印がついています。 沖縄県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も野党優勢の欄に印がついています。 以上で今回の参院選情勢情報部を終わります。 投票のときや、友達とか知り合いと選挙の話をするときに、ここでまとめた情勢報道を少しでも活かせてもらえたのなら、とてもうれしいです。 Twitter : Facebook : note:.

次の

参議院選挙2019兵庫県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

参院 選 出口 調査

各社の情勢調査などによると、自民現職・丸川珠代、公明現職・山口那津男、共産現職・吉良佳子の3氏はいずれも「他候補を引き離している」という。 残る3議席をめぐっては、激戦の様子。 朝日新聞の情勢調査(7月18日朝刊)によると、立憲新顔・山岸一生、自民現職・武見敬三両氏が「やや優位」で、維新新顔・音喜多駿、立憲新顔・塩村文夏両氏が「激戦を繰り広げている」と伝えた。 国民新顔・水野素子氏は「激しく追う」という。 産経新聞がFNNと実施した情勢調査(7月17日産経朝刊)によると、丸川、吉良、山口各氏以下の3議席をめぐって、武見氏と、塩村、山岸両氏が「続き」、音喜多氏が「激しく追い上げる展開」と伝えた。 れいわ新選組新人・野原善正、NHKから国民を守る党新人・大橋昌信、水野、社民新人・朝倉玲子の各氏らについては、「伸び悩んでいる」という。 JX通信社の米重克洋代表が、16日にヤフーニュース個人で配信した、同社情勢調査の記事では、丸川、吉良、山口、武見の4氏が「リード」と伝えた。 その後に塩村、山岸両氏が「続き」、音喜多氏が「激しく追い上げている」と報じた。 野原氏は「その後に続いている」とし、水野、朝倉氏らは「支持が広がっていない」という。 各社の調査によって、優位となっている3人以外の候補者順位は分かれている。 残る3議席は? 識者に聞いてみた。 激戦の東京選挙区だが、識者はどう見ているか。 政治評論家の有馬晴海氏は19日、J-CASTニュースの取材に対し、「(丸川、山口、吉良各氏の)3人はネームバリューや組織で間違いないだろう。 前回、丸川氏はトップ当選して106万票取った。 少し発言についてはあるが、語気の荒いことを言うのがあの人の持ち味。 東京オリンピック・パラリンピック担当大臣をやった功績の方が大きく、そういう意味では前回以上に取ってもいい。 山口氏と吉良氏は前回と今回も同じぐらいだと思っているが、ほかの人たちは50万票ぐらいしか取れないのでは」と分析する。 残りの候補者の情勢について有馬氏は、「少し投票率が低く、全体的に票が上積みできない。 武見氏、塩村氏、山岸氏と基本的に続くと言われているが、音喜多氏が出てきた。 れいわも伸ばしている。 塩村氏は4位という話があったが6位に落ちるかもしれず、音喜多氏に負けるという話も出てきている。 4~8位ぐらいで団子レースが起こっている」と見解を示す。 「前の世論調査を見るとばらつきが出てきて、これまで(当選)圏内と思われた人が案外そうでもないようになって、我々専門家もかく乱されている。 1週間前の世論調査などを見ると全然流れが変わってきて、判断がつかない」とした有馬氏は、現時点での4位以降の順番について「非常に難しい」と前置きしたうえで、 「躍進しているのは山岸氏。 演説がうまく、記者出身だから野党にぴったりで追及型という。 その次は武見氏、塩村氏、音喜多氏、水野氏、れいわ(野原氏)も入れると9位。 だが正直に言って、5番目から6番目は悩んでいる」 と語った。 山岸氏の情勢については、「安定的に『この人にしよう』という人が少し出てきたと思う」と分析。 ほかの候補者については「1週間ほど前の世論調査が参考になっており、(上位3候補以降は)武見氏、塩村氏、音喜多氏と言った。 その調査が頭に残って、音喜多氏がいくような気もするが難しい。 この1週間で相当(流れは)入れ替わっている可能性があり流動的という感じなので、本当に僅差で順番が決まるのでは」と推測していた。 (J-CASTニュース編集部 田中美知生).

次の

参院選、どこに投票した? “ネット出口調査”の傾向は

参院 選 出口 調査

これは、今回の参院選で行われた情勢報道(選挙情勢の報道)を使われている用語をもとに分類し、選挙区ごとにリスト化したものです。 なお転載は自由です。 投票先の判断をする際などに参考にしてください。 選挙では当落線上にいる候補者に投票すると、自分の一票が有効に働く可能性が高まります。 また、家族や友達、知り合いに選挙の話をするときにも、見せたりしてください。 興味を持つ人がいると思います。 最終更新では、地元の事情に詳しい地方紙も可能な限り反映しています。 ここに掲載した表の日付(報道された日)は右ほど新しくしていますが、地方紙だけは右端に別個の欄を作りました。 また、東京と大阪はここにJX通信の情勢を入れています。 (「1. リード」「2. 懸命に追う」「3. 小括弧( )はタイトルの表現です。 は注釈です。 これは文章中の情勢表現とは異なるため、別途記載します。 各社の終盤情勢はいずれも順位が整合し、岩本氏(自民)と畠山氏(共産)が当落線付近を争うものとみられます。 青森県(1人区) 「1人区」の青森県は、最も上位の候補だけが当選する選挙区です。 順位は各社で整合し、表のとおり5社が優劣をつけている情勢です。 接戦としたのは産経新聞でした。 また、7月15日の毎日新聞では、情勢表現を用いた解説はないものの、接戦の欄に印がついています。 産経が優劣をつけているほか、毎日新聞も野党優勢の欄に印をつけています。 しかし他の新聞や通信社では接戦格で報じられており、順位も食い違っています。 朝日新聞と産経新聞は、石垣氏にそれぞれ「優位」「先行」とつけています。 また、毎日新聞では野党優勢の欄に印がついています。 このように3社が差をつけた表現をしているものの、地元の河北新報をはじめ他社は接戦格で報じており、食い違う情勢です。 また、毎日新聞は接戦の欄に印をつけています。 名前順は全て芳賀氏(無所属)が先順で、判断は整合しています。 産経新聞の「突き放し」は他社と大きく異なっていますが、原文は「わずかにリードしていた野党統一候補の無所属新人の芳賀が、再選を目指す自民現職の大沼を突き放した」という文でした。 つまり産経はリードの幅が「さらに広がった」という意味で「突き放し」を使っているようです。 (判定上、リストにはそのまま入ってしまいます) また、毎日新聞は野党優勢の欄に印をつけています。 福島県(1人区) 福島県の情勢報道は、各社とも優劣が整合しています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 茨城県(2人区) 茨城県は上位2候補が当選する選挙区です。 情勢報道は、いずれも上位2候補と3位以下の候補で優劣がついています。 栃木県(1人区) 栃木県は各社とも高橋氏(自民)に先行格以上の表現をつけています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 群馬県(1人区) 群馬県も各社とも清水氏(自民)に先行格以上の表現をつけています。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 埼玉県(4人区) 埼玉県は上位4候補が当選する選挙区です。 各社とも上位4人まで順位が整合し、当選ラインを越えていると判断されています。 4社が宍戸氏(国民)を5位、沢田氏(維新)を6位としています。 産経が優劣をはっきりつけているものの、他社では名前順で3番手にいる豊田氏(自民)と4番目手にいる浅野氏(共産)が、当落線上で接戦とされています。 各社とも、ほぼ上位3候補の顔ぶれは整合しています。 また、武見氏(自民)も4位前後につけており、当選ラインを越えていると判断されています。 続く塩村氏(立憲)と山岸氏(立憲)の順位は総じてほぼ並んでいます。 また、音喜多氏(維新)とあわせて、各社で当落線前後の判断が食い違う情勢です。 野原氏(れいわ)は、最終盤にきて順位を上げてきたようです。 さらに水野氏(国民)、朝倉氏(社民)が続きます。 表の上位3候補は各社とも1~3位でつけられており、当選ラインを越えていると判断されています。 4議席目が各社で食い違う接戦です。 松沢氏(維新)と浅賀氏(共産)が当落線上を争うものとみられます。 時事、日経、読売、朝日、東京、産経新聞はいずれも打越氏(無所属)の名前が先順ですが、新潟日報では後順となり、判断が食い違いました。 なお朝日と産経で優劣がついているほか、毎日新聞が野党優勢の欄に印をつけています。 富山県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 石川県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、両候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 福井県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 山梨県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 長野県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 毎日新聞も野党優勢の欄に印をつけています。 岐阜県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印をつけています。 静岡県(2人区) 静岡県は上位2候補が当選する選挙区です。 順位は各社とも1~5位まですべて整合し、2位と3位で当落線上を争うのは、榛葉氏(国民)と徳川氏(立憲)とされています。 愛知県(4人区) 愛知県は上位4候補が当選する選挙区です。 表の上位4候補は各社とも1~4位でつけられており、当選ラインを越えていると判断されています。 報道を見る限り当落線付近で議席を争うのは、安江氏(公明)と須山氏(共産)となりそうです。 しかし田島氏(立憲)を4番手に書いている新聞もあります。 三重県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも優劣が整合しており、上位2候補にはやや差があると見られます。 ただし毎日新聞では接戦の欄に印がついています。 各社で判断が食い違う状況です。 毎日新聞も接戦の欄に印がついています。 当落線付近にいるのは倉林氏(共産)と増原氏(立憲)です。 各社で食い違いのある情勢です。 各社がつけた辰巳氏と亀石氏の順位は、5位と6位がほぼ半々でわかれています。 続く清水氏(維新)、高橋氏(公明)、安田氏(立憲)が当落線上を競り合います。 各社で順位が食い違う接戦です。 奈良県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 和歌山県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、両候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 鳥取島根(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 岡山県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 各社で順位が食い違う接戦となっています。 山口県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて非常に強い表現を用いており、上位2候補にはかなりの差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 香川県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 愛媛県(1人区) 各社とも、順位は永江氏(無所属)が1番、らくさぶろう氏(自民)が2番となっています。 しかし表現はばらついており、僅差の可能性も否定できません。 毎日新聞は野党優勢の欄に印がついています。 徳島高知(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 福岡県(3人区) 上位3候補が当選する福岡は、情勢報道の順位が1位から5位まで各社とも整合しています。 当落線の前後では優劣が明記されており、情勢は固まりつつあるものとみられます。 佐賀県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、両候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 長崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 熊本県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 大分県(1人区) 各社の情勢報道は、いずれも礒崎氏(自民)の名前が先順、安達氏(無所属)が後順となっています。 優劣をつけていない2社のほか、優劣を記載している所も表現は弱く、接戦の可能性があります。 毎日新聞では自民優勢の欄に印がついています。 宮崎県(1人区) 各社の情勢報道は、総じて強い表現を用いており、上位2候補には差があると見られます。 毎日新聞も自民優勢の欄に印がついています。 鹿児島県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、1位の候補と他の候補には差があるとみられます。 しかし毎日新聞では接戦の欄に印がついています。 沖縄県(1人区) 各社の情勢報道は、すべて優劣が整合しており、上位2候補には差があるとみられます。 毎日新聞も野党優勢の欄に印がついています。 以上で今回の参院選情勢情報部を終わります。 投票のときや、友達とか知り合いと選挙の話をするときに、ここでまとめた情勢報道を少しでも活かせてもらえたのなら、とてもうれしいです。 Twitter : Facebook : note:.

次の