すもも の ジャム の 作り方。 【みんなが作ってる】 すももジャムのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

すもも(プラム)の追熟とジャム作りをやってみた!

すもも の ジャム の 作り方

スモモプラムジャムの作り方 材料 スモモ 500g 砂糖 200~250 作り方 1 スモモは皮をむき鍋に入れ砂糖を加えてしばらく置きます。 2 水分が出てきたら鍋を火にかけあくを取りながらヘラで 潰すように混ぜていきます。 3 実が柔らかくなってきたら種を取り出します。 4 さらに焦がさないように煮詰めていきほど良いとろみが ついたら火からおろます。 5 煮沸消毒済の瓶に詰め冷めたら冷蔵庫で保存します。 ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょう。 スポンサードリンク スモモの主な有効成分と効果・効能 スモモ(李)はバラ科サクラ属の落葉小高木になる果実 です。 スモモには疲労回復などを助ける酸っぱ味の成分である リンゴ酸やクエン酸が豊富に含まれています。 また食物繊維やミネラルなどの成分も含まれており便秘 解消や血中コレステロールを下げる効果があると言われ ています。 保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず煮沸消毒したものを 使用しましょう。 煮沸消毒 用意するもの ・保存瓶 ・瓶が余裕で入る大きさの鍋 ・トングや菜箸など ・耐熱用手袋 ・キッチンペーパー 1 保存瓶とふたはきれいに洗っておきます。 2 鍋に瓶を入れすっぽり浸かるくらいの水を入れて沸かします。 3 沸騰したら沸騰を続ける程度にやや火を弱めて5分くらいぐら ぐらと沸かします。 中味の詰め方 本体に詰める場合は90%を目安にししばらく逆さにしておき ます。 長期保存する場合はさらに空気抜きや殺菌が必要になります のでできれば冷蔵庫で2~3か月を目安に使い切りましょう。 スプーンなどから雑菌が付かないよう気を付けましょう。

次の

覚えておきたいね。旬の果物を使ったジャムの作り方。

すもも の ジャム の 作り方

ジャム・ソース 定番な農家レシピです。 すももジャム。 くだもの農家が必ずといっていいほど作る加工品、それがジャムやソースです。 なによりも手軽にできて保存もできますので、捨てるよりは生かしたほうがいいですよね。 私たちもパンにつけたりヨーグルトへ入れたりしてますよ。 用意するすももジャム・ソースの材料• すもも• 砂糖 (すももの重さの30%分)• レモン果汁 (すももの重さの3%分) 手順 1.すももは種をとりだして、適当な大きさに切り分けます。 2.鍋にすもも・砂糖・レモン果汁を入れて、かき回しながら煮詰めます。 焦げ付かないように気を付けてください。 (ソルダムといった酸味が比較的強い品種の場合は、すももや砂糖の量を調節してください。 ) 3.ソースの場合、煮詰めてなめらかになった段階で火を止めます。 3.ジャムの場合、粘り気が出てきたら火を止めます。 (熱い状態でなめらかになっていても、冷めると粘性が増します。 お好みの時間で煮詰めてください。 ) 4.ジャム、ソースの完成。 保存するためのビン たくさん作っても、一度にはなかなか使い切れませんね。 ですので、ガラスビンに入れて保存しましょう。 1.ビンとフタを沸騰したお湯の中に入れて殺菌。 とりだしたら、水気はきれいにふき取りましょう。 2.熱いすももジャムやソースをビンが熱いうちに入れます。 このとき、ジャムはビンの首あたりまで入れてください。 3.ビンを鍋の中に置いて、ビンの上にフタを置きます。 4.鍋にビンの肩までお湯をいれて、20~30分間沸騰させましょう。 脱気をしています。 (沸騰してくると、泡でビンが倒れたりすることがありますので、適度に沸騰させてください。 ) 5.鍋からビンを取り出して、フタをきつく締めてください。 すももジャムが冷めたときに、フタの中心がへこめば脱気成功です。 室温で数か月保存することも出来ますが、フタを開けたら冷蔵庫で保存し、早めに使いきりましょう。

次の

初めてでもできる!ジャムの作り方の基本と保存方法

すもも の ジャム の 作り方

すももには日本スモモと西洋スモモがある スモモには一般的に呼んでいる すもも(日本スモモ)とプルーン(西洋スモモ)があります。 日本で一般的にすもも(日本スモモ)として扱われている物は中国が原産の丸い形のスモモになります。 これに対し、主にヨーロッパやアメリカで古くから食べられてきた西洋スモモがあり、一般的にプルーンと呼んでいます。 こちらもスモモには違いないのですが、すもも(日本スモモ)とは分けて分類しています。 酸味抜き(常温3-7日)すると美味さが増す スモモはもぎたては酸味が強いのでお求めから3-7日位常温で酸味抜きしてから食べるようにしましょう。 目安は実の固さにあります。 もぎたては実が固く酸味が強いので日酸味抜き(3-7日)をするうちに少し柔らかく香りもたち、甘味も増して食べやすくなります。 スモモは常温で酸味抜き(3-7日)したものを完熟すももとして扱います。 酸味抜きしたスモモは常温で長く置くと腐りやすくなりますから柔らかくなってきたら早めに食べてください。 スモモのもぎたては新鮮ですが実が固く酸っぱいので酸味抜き(3-7日)してから食べましょう。 常温では日持ちしませんから必要に応じて冷蔵庫(野菜室)で保存してください。 酸味抜き(7日)したスモモかなり柔らかくなってシワも見える香りもしてきた すもも 美味しい食べ方のポイント 基本としてプルーンは皮にシワが寄るほどに完熟させてから食べるようにしましょう。 もぎたては新鮮ですが酸っぱいスモモが好きな方は別にして、完熟(買い求めから1-2週間常温又は冷蔵庫で)させてから食べると美味しくいただけます。 1、 酸味抜き(3-7日)したスモモを食べる直前に皮を洗って、食べやすい大きさに切って下さい。 2、切るのが面倒だという方には、かぶりつきがオススメ!皮に栄養がたっぷりあるので皮ごと食べると効果的です。 3、プルーンは表面の皮にシワが出るくらいまで完熟させて、中心に直径1cm前後の種がありますので、アボカド同様の切り方で半分ずつの実を反対に回すことで切り分けられます。 4、皮には酸味があります。 スモモは皮の部分に酸味がありますが酸味抜きすることで食べやすくなります。 表面のブルームは食べる直前に水で洗い落とします。 食べても害はありません。 すもものジャムはすももの酸味が効いて引き締まった美味しい差が楽しめます ジャム以外のすもも美味しい食べ方 出来るだけ表皮を一緒に調理して下さい。 栄養価も高く色合いも良くなって美味しくいただけます。 1 、皮つきで生のままで様々なものにトッピング タルトやケーキのトッピングの他、ヨーグルトにも合います。 2 、ジャムやコンポート 加熱して皮の付いたままコンポートやジャムにするととても綺麗な紅いジャムが出来ます。 3 、すももピューレやすももソースにして シャーベットやムース、スムージーなどに色んなケーキにも使えます。 その他にもオススメな食べ方は… ケーキのトッピングや個性的なアクセントに 水で割って飲んでもよし パンやアイスにも なんて、どうでしょうか… 他にも色んなレシピをアップしていきますので、 味の農園のレシピ集も参考にしてくださいね.

次の