野田洋次郎 gasshow 聴く。 RADWIMPS・野田洋次郎ソロプロジェクト・illionが3年ぶりとなる新作リリース

RADWIMPS・野田洋次郎ソロプロジェクト・illionが3年ぶりとなる新作リリース

野田洋次郎 gasshow 聴く

この記事は語句の、見出しのマークアップなど に沿った修正が必要です。 にご協力ください()。 所属事務所は 有限会社ボクチン(: voque ting、所属はRADWIMPSのみ)。 略称は「 ラッド」。 バンド名は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いの「 rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「 wimp」を組み合わせた造語であり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「まじスゲーびびり野郎」といった意味である。 経歴 [ ] 2001年 - 2004年 : バンド結成からメジャーデビューまで [ ] 2001年、野田がバンド活動をしている友人からギターを聞きたいと言われ、ギターを弾いて聞かせたところ、友人はそれを携帯電話で録音しており、密かにその音源を聴いた桑原が野田に惚れ込み、野田をバンドに誘いRADWIMPSが結成された。 2002年2月5日、RADWIMPSとしての初のライブを関内B. STREETで行う。 8月27日、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2002に桑原が締め切り前日に勝手に応募し出場。 「もしも」でグランプリを獲得。 同年の大会に山口、翌年の大会に武田が別のバンドで出場した。 2003年3月、が主催する高校生文化祭・青二祭出演。 当初予定していたバンドの出演キャンセルにより、本番10日前に急遽出演が決まった。 5月3日、1万枚限定で1stシングル『もしも』(100円)を販売し、即完売となる。 7月1日には1stアルバム『』発売。 8月28日、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2003にてゲストライブを行う。 同月、野田の受験を理由に活動休止。 翌年3月に野田が大学合格。 バンド活動の再開に伴いメンバーをチェンジし、武田と山口が加わり現在の形に至る。 7月18日、バンド初のツアー開始。 ファイナルは9月3日横浜CLUB24ワンマン。 7月22日に2ndシングル『』を発売する。 2005年3月8日に、2枚目となるアルバム『』を発売。 3月19日からライブツアー「はるなっTOUR」を開始。 4月から2006年3月まで、ZIP-FMで「HEAT PHONICS Feat. RADWIMPS」というアーティスト番組を担当する。 また、FM横浜で「RADWIMPSの金9! 」という2時間枠のアーティスト番組を担当する。 9月3日、「はるなっTOUR」ファイナルの、横浜BLITZ公演にてメジャーデビューを発表し、二か月後の11月23日、4枚目のシングル『』を発売し、東芝EMIからメジャーデビューを果たした。 2006年1月18日、5thシングル『』を発売し、2月15日にはメジャーとして初のアルバムとなる3rdアルバム『』を発売し、オリコン初登場13位を記録。 3月5日から4月9日にかけて、アルバム発のライブツアー「RADWIMPSと行く無人島ツアー2500円? ドリンク代は別途頂きます。 」を開催。 2006年 - 2008年 : 「RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜」 [ ] 2006年5月17日に、6thシングル『』発売。 7月16日には、7thシングル『』を発売する。 9月2日からデビュー日である9月3日にかけてライブ「セプテンバーにぃさん」を開催する。 バンドにとって横浜BLITZでの初めてのワンマン公演となった。 10月9日からTOKYO FM「」のウェブサイトにてインターネットラジオ・「RAD LOCKS! 」にパーソナリティとして出演を開始する。 11月8日、8thシングル『』発売。 オリコン初登場4位を記録し、シングル・アルバム通じて初のTOP10入りを果たす。 12月6日、4枚目のアルバム『』発売。 オリコン初登場5位を記録。 12月25日から29日に、ライブツアー「ソナタと行く冬のツアー」を開催。 2007年2月7日、ミュージッククリップ集『』を発売。 3月5日から4月8日にかけてライブツアー「TOUR 2007 "春巻き"」を開催。 7月11日にはライブDVD『生春巻き』を発売。 3月27日からTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にて、毎週火曜日Artist LOCKS! を担当する。 この番組は2007年9月をもって一旦終了した。 8月30日、横浜アリーナにてバンド初のアリーナ公演である「セプテンバーまだじゃん。 」を開催した。 2008年 - 2010年 : 「アルトコロニーの定理」 [ ] 2008年1月23日に、9thシングル『』発売。 この作品で、バンドとして初の初登場1位を獲得した。 7月31日にはシングル発ライブ「RADWIMPS LIVE 2008 オーダーメイドライブ」を開催。 翌年1月7日、新曲「おしゃかしゃま」「雨音子」の着うたを配信する。 同日、5thアルバム『』を3月11日に発売することを発表した。 3月11日、宣言通り5thアルバム『アルトコロニーの定理』を発売。 このアルバムでバンド史上最高の初動売上を記録し、オリコン初登場2位を獲得。 同日、が番組を休校するのをきっかけにTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にて、2009年5月まで毎週水曜日Artist LOCKS! を担当することとなる。 4月6日から6月24日、バンド最長期間となるライブツアー「イルトコロニーTOUR 09」を開催。 11月3日に、 JFN 主催のにてLIFE MUSIC OF THE YEAR 大賞 を受賞。 また、同時に『アルトコロニーの定理』収録曲「おしゃかしゃま」がBEST LYRIC OF LIFEを、『アルトコロニーの定理』がBEST ALBUM OF LIFEを受賞する。 2011年1月12日に12thシングル『』を発売。 今までに発売したシングルの中では最高の初動売上を記録し、2作目となるオリコン初登場1位を獲得した。 TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にて、1月31日から2月3日まで4日間「ミニRAD LOCKS! 」を担当。 2月にはタワーレコードの意見広告シリーズである「NO MUSIC, NO LIFE? 」のポスターに登場した。 2月9日、13thシングル『』を発売。 一か月後の3月9日、6枚目のアルバム『』を発売。 また、このアルバムの収録曲「」が2011年度の中継のテーマソングに起用された。 やなどの国内大会のほか、の予選や7月の南米選手権などの中継でも起用された。 3月11日の震災を受けて、3日後の14日に東日本大地震の被災地へメッセージと義援金を募る特設サイト「糸色-Itoshiki-」を開設する。 TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にて、4月4日から5月30日までの2ヶ月間「RAD LOCKS! 」が期間限定で復活した。 4月12日から8月3日にかけて、バンド史上最長のアルバム発ライブツアー「」を開催。 12月15日、清水康彦が監督した「DADA」のミュージックビデオが、エンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に選出された。 男性アーティスト史上2組目となる、週間DVDランキングとBDランキングのそれぞれ総合部門で初登場首位を獲得した。 「どうしてもこの日に演奏して歌いたかった」と、震災から一周年の3月11日ににて新曲「白日」を公開。 またこれ以降、バンドは毎年3月11日に新曲を発表している。 7月28日、「」をにて期間限定公開し 、8月1日に14thシングル『シュプレヒコール』を発売した。 11月8日より、野田がソロプロジェクトである「 」を始動させる。 翌年の元旦、3月にシングルを発売し、9月に初の野外ワンマンライブを実施することを宣言する。 「やっぱり自分たちにできること、したいことはこれしかないや」のメッセージとともに、2回目の3月11日にYouTubeにて新曲「ブリキ」を公開。 15thシングル『』を3月27日に発売。 4月17日から18日の2日間、横浜アリーナにて「春ウララレミドソ」を開催。 9月6日、RADWIMPS LIVE YOKOHAMA BLITZ開催。 9月15日、宣言の通りバンド初の野外ライブとなる「」を東北で開催する。 10月16日、16thシングル『』を発売。 12月11日、7枚目のアルバム『』を発売。 2月5日から7月20日にかけてライブツアー「」を開催。 3月2日にはにて、野外ライブ「」のライブ映像を放送する。 2014年 - 2017年 : 「君の名は。 」映画音楽、「人間開花」 [ ] 東日本大震災が発生してから3回目の3月11日に、「この日にふさわしいのかどうかわからないけど、3年前の出来事があって産まれた曲」のメッセージとともに、YouTubeにて新曲「カイコ」を公開。 12月24日には、野田洋次郎が参加した、のコラボレーションアルバム『歌心 恋心』が発売された。 2015年3月11日には「かつて住んでいた場所から移って避難生活を続ける人は合計で22万人を超えると言われています。 その方々の『日常』が早く戻ってきますように」と、YouTubeにて新曲「あいとわ」を公開。 野田洋次郎の初のエッセイ本『ラリルレ論』が5月16日に発売。 野田主演映画『トイレのピエタ』の松永大司監督による原作小説も同時発売。 6月6日、野田洋次郎主演の映画『』公開。 この映画の出演により、野田の俳優活動が増加する。 6月10日には映画の主題歌である17thシングル『』を発売した。 9月23日、山口智史が持病の神経症悪化により無期限休養に入ることが発表される。 バンドは一時的にドラマー不在の状況に陥り、サポートドラマーの募集を開始する。 CMへの楽曲提供はこれが初めてであり、10月1日から放送のCM に野田も出演する。 10月9日から23日にかけて韓国、フランス、ドイツ、イギリス、台湾を巡る初の海外ツアー「RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour」を開催。 更に11月4日から28日初に対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」を開催する。 ゲストアクトは、、、、、、、、、、、。 ツアー最終日に18thシングル『』の発売を決定する。 12月23日 - 幕張メッセ国際展示場にてワンマンライブ「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり」を開催。 この公演では、PA卓に置かれたカメラ1台でライブ冒頭の4曲を中継する「RADWIMPSのはじまりはじまりのさわり」と題された生配信がにて行われた。 ライブ終了後のショートムービーで、3月11日にバンドのドキュメンタリー映画『』を公開することを予告した。 2016年3月11日、YouTubeにて新曲「春灯」を公開。 7月9日、が主催するライブイベント「 20th Anniversary Special 〜R2 need U, I need U〜」に初出演。 8月24日 - 同名アニメーション映画のサウンドトラックでもある、アルバム『』発売。 26日、20曲以上の劇中音楽全てを制作した、新海誠監督のアニメーション映画『』が公開される。 主題歌『前前前世』の社会的ブームにより、系「 2時間スペシャル」に出演し、初めて地上波音楽番組でパフォーマンスした。 11月23日、『前前前世』『スパークル』を収録した8thアルバム『』が発売される。 なお、11月23日は、11年前に『25コ目の染色体』を発売してメジャーデビューを果たした日である。 12月31日、「」に初出場し、「前前前世」を披露した。 2017年2月22日、映画『』の北米公開を記念し、野田洋次郎が新たに英語詞を書き下ろした『君の名は。 English edition』を発売。 2月25日から5月10日にかけて、ライブツアー「」を開催。 4月13日から6月29日まで放送されたテレビ東京系のドラマ『』に野田がドラマ初出演(主演)。 4月19日、がで行った来日公演に、ゲストアクトとして出演。 4月23日にはアルバム『人間開花』に収録されている楽曲「棒人間」が主題歌である、日本テレビ系ドラマ「」放送開始。 2017年 - 現在 : 「ANTI ANTI GENERATION」 [ ] 5月10日、20thシングル『』を発売。 6月4日から7月12日にかけ、6都市を巡る初のアジアツアー「RADWIMPS 2017 Asia Live Tour」開催。 12月4日、5日に東京国際フォーラム・ホールAで開催された「『君の名は。 』オーケストラコンサート」に出演した。 2018年2月21日に21stシングル『』を発売。 2月24日には新曲「Mountain Top」を主題歌として書き下ろした、日中共同製作映画『』が公開された。 6月6日、22ndシングル『』発売。 6月1日から27日にシングル名を冠したライブツアー「Road to Catharsis Tour 2018」が開催。 7月10日、"Road to Catharsis Tour 2018"のドキュメント・ティーザー映像をYouTube上で公開した。 7月11日から8月18日にかけ、8都市を巡るアジアツアー「RADWIMPS Asia Live Tour 2018」を開催した。 『』発売後には、同作にカップリング曲として収録されていた「HINOMARU」が、主にネット上で「軍歌のようだ」「戦争を想起させる」と批判を浴びた。 作詞、作曲した野田がツイッターで「そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。 誰かに対する攻撃的な思想もありません」と釈明した。 それに対し、6月26日に行われた『Road to Catharsis Tour 2018』の神戸ワールド記念ホール公演では、男2人、女2人がライブ開始直前、「侵略戦争と戦死の歌をうたうな」と書かれた横断幕と屋根に拡声器をつけた軽自動車を交差点に停車させ、「HINOMARU」の歌詞が不適切だと主張し、公演中止を求める抗議活動をした。 これに対し神戸水上警察署は26日、兵庫県尼崎市の職業不詳の男(47)を道路交通法違反で現行犯逮捕した。 12月12日、8枚目となるフルアルバム『』を発売。 2019年、6月8日から8月29日にかけて1年ぶりのツアーとなる『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』を開催。 6月22日・6月23日にはバンド初となる野外単独ライブとして公演、8月27日〜8月29日には追加公演として公演を開催する。 7月19日には、『君の名は。 』と同様に全編の音楽を担当した、新海誠監督のアニメーション映画『』が公開され、サウンドトラック『』を同日発売した。 12月31日、「」に出場。 2020年、3月20日から「こんにちは日本 〜KONNICHIWA NIPPON〜 TOUR 2020」を開催する予定だったが、の感染拡大の影響で全公演が延期となった。 また、「新型コロナウイルスの流行によって不安な日々を過ごす中国の人々を励ます曲を作って欲しい」という声を受け、野田は新曲「Light The Light」を制作し、3月15日、国内に向けて無料で配信した。 またその後、3月20日にはこのMVを公開するとともに、全世界に配信限定でリリースされた。 4月6日、「キリン 午後の紅茶」新TVCMのために書き下ろした新曲「猫じゃらし」を配信リリースした。 また、5月8日、テレビ朝日「」で、出演のために書き下ろした新曲「新世界」を披露し、翌9日に配信リリースした。 5月23日、新曲「ココロノナカ」のMVをYouTube及び公式Twitter、Instagram上で公開。 メンバー [ ] 野田 洋次郎 (のだ ようじろう) 詳細は「」を参照 生年月日は 1985-07-05 (35歳)。 、、を担当。 RADWIMPSのほぼすべての楽曲の作詞・作曲をしている。 身長180cm。 血液型はA型。 両利き。 桑原 彰(くわはら あきら) 生年月日は 1985-04-04 (35歳)。 ギター、を担当。 身長166cm。 血液型はA型。 右利き。 に通っていたが、16歳の時に「俺はラッドで食っていく」と決意し中退。 その後、音楽学校の東京校ギター科を卒業した。 野田との初対面の場所は、あざみ野のであった。 「"桑原"と書いて何と読む?」という質問に対して「」と答えるほどゲームが好きで、もしRADWIMPSで無ければ『』に勤務していたとも発言している。 得意なものまねは。 ジャニーズのオーディションに応募し3次審査まで進むが、バク転の受け身が取れず不合格。 2017年の「」で自らがプロデュースしたハンバーガーショップ「くわバーガー」を出店。 さらには2018年の「Road to Catharsis Tour 2018」の各会場でも出店した。 小学生のとき、ギターを持っていたいとこがのフレーズを弾く姿をかっこいいと感じたことがきっかけでギターを始める。 中学生の頃からバンドを始め、などをコピーするようになった。 歪みはアンプでコントロールしている。 2020年1月、自身のInstagramにて2019年5月に第一子が誕生していたことを報告した。 ギター• American Acoustasonic Telecaster• Fender Road Worn 50s Tele Blonde• Fender Japan TL-67SPL• Gibson Custom Shop Historic Collection 1958 Les Paul Standard• Gibson S-1• Gibson Les Paul Goldtop 1968• Gibson Les Paul Custom• Gibson '55 Les Paul Custom• Gibson Les Paul Custom Ebony 1968• Gibson Les Paul P-100 40th Anniversary• Gibson VOS Goldtop Les Paul• Gibson Les Paul Custom• Psychederhythm Moderncaster TL 008• Psychederhythm Soapbar Special 004• Psychederhythm Moderncaster S ギンギン• Psychederhythm T-Custom Limited• Psychederhythm T-Custom "Limited" Black Metalic• Psychederhythm Standard T "2006 Limited" Black• Psychederhythm Cheetah Teal Black Metallic• PRS Dweezil Zappa Limited Private Stock• Freedom Custom Guitar Research Telecaster オーダーメイド• guitar-R-US TL Type• Strandberg Boden OS 6 RB with Seymour Duncan Pickup• Cole Clark FL2-AC• D12-28• Taylor 312ce V-Class• アンプ• Rockerverb 100• Divided By 13 RSA 31• エフェクター• BF-3(フランジャー)• BOSS AW-3(オート・ワウ)• LINE6 DL4 Delay(ディレイ)• Digitech Whammy WH-4(ワーミーペダル)• DT-10(チューナー) 武田 祐介(たけだ ゆうすけ) 生年月日は 1985-05-24 (35歳)。 、コーラスを担当。 身長167cm。 血液型はB型。 右利き。 既婚(2013年 - )。 ジャズ科を卒業。 途中からRADWIMPSに加入。 理由は「たまたま近くにいたから」、「(RADに入った決め手は)有名だったから」 と語っている。 男3人兄弟の末っ子。 加入前には、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVALに、RADWIMPSが出場した翌年に出場している。 「猫に食べられたい」と言うほど無類の猫好き。 手がであり、高校生の時、右手のみ汗の神経を切っている。 すね毛の濃さなら誰にも負けないといい、別名「多毛田」。 かなりの大食いだが、太らない体質である。 メンバーの中で最も酒に強い。 自称「超ドM」。 小学生の頃、友達がギターを弾いていたことに影響されギターを始める。 中学生のとき、ギターの上手い先生が吹奏楽部の顧問だったという理由で吹奏楽部に入部し、を始める。 その後、部活の先輩たちから「バンドやろうぜ」と誘われとのコピーバンドを始め、バンドに憧れを抱くようになる。 高校生になってからは、よりエレキ・ベースに強い興味を持つようになり、、、などの洋楽を聴くようになった。 を初め、多弦ベースを多く所有しており、4弦ベースはあまり持っていない。 このことから、メンバーからはたまに「多弦田」と呼ばれることもある。 スラップ奏法を好む。 尊敬するベーシストは と。 2020年1月、自身のInstagramにて2019年末に第一子が誕生していたことを報告した。 ベース• -Takeda Custom 1• YAMAHA BB-Takeda Custom 2• YAMAHA BB-NEII• YAMAHA TRB-6 P-II• YAMAHA SLB200• Metroline R5-24• Fender USA jazz bass• Affinity Jazz Bass V 5-String• エフェクター• BOSS ODB-3(オーバードライブ)• ディメター OptoCompulataor(コンプレッサー)• Free The Tone ARC-3(ループスイッチャー)• プロビデンス PEC-2(ループスイッチャー)• クルーズマニアックサウンド DPA-2B(プリアンプ)• TECH21 Bass Driver DI(プリアンプ)• MXR M-80 Bass D. DEMETER BEQPB(プリアンプ)• Source Audio SA170 Programmable EQ(7バンドグラフィックイコライザー)• KORG DT-10(ステージチューナー)• EBS UNICHORUS(コーラス)• VB-99 V-Bass System(YAMAHA TRB6PIIで使用• アンプ(キャビネット)• aguilar GS410• aguilar GS212• aguilar DB112• アンプ(ヘッド)• aguilar DB680• POWERSLAVE• YAMAHA BBT500H 山口 智史(やまぐち さとし) 生年月日は 1985-03-20 (35歳)。 、コーラスを担当。 身長168cm。 血液型はA型。 右利き。 既婚(2009年 - )。 なお、妻は武田の幼なじみである。 洗足学園音楽大学ジャズ科を中退。 歌手のは大学の同期。 途中からRADWIMPSに加入。 武田と加入時期や理由は同じ。 武田とは特に仲が良く、昔はホテルもたいてい一緒の部屋だった。 4人兄弟で本人以外は全員女性。 桑原と同様に、「俺もラッドで食っていく」と宣言。 大の麻雀好き。 RADWIMPSも出場した、YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2002に「をかし」という名前のメタルバンドで出場していた。 中学2年生のとき、部活の仲間から「バンドをやろう! 」と誘われX JAPANのコピーバンドを結成しドラムを始める。 好きなアーティストは、と。 尊敬するドラマーは。 ヤマハとスポンサー契約を結んでいる。 現在無期限休養中。 2015年9月23日、公式サイトにて持病であると呼ばれる神経症が悪化したため休養することを発表した。 公式サイトには病気を発症した時期や経緯、さらに山口が脱退を考えていたことなどの苦悩などが綴られている。 山口の休養中は、サポートドラマーを迎えて活動している。 YAMAHA OAK Custom Set• YAMAHA MAPLE CUSTOM ABSOLUTE Set サポートメンバー 森瑞希(もり みずき) ドラムス担当。 山口の無期限休養に合わせて行われたオーディションにより抜擢された。 オーディションには山口本人も立ち会ったという。 2015年10月の海外ツアー「RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour」の初日・韓国公演から、レコーディングおよびライブに参加している。 ニックネームは「 みっきー」。 RADWIMPSのライブに観客として来場したことがある。 ライブでの位置はステージ左手後方(武田側)。 (はた としき) ドラムス、担当。 のメンバー。 本名は畑利樹(読み同じ)。 2015年11月の対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR 『RADWIMPSの胎盤』」より、森とのツインドラム体制で参加。 ライブでの位置はステージ右手後方(桑原側)。 エノ マサフミ ドラムス担当。 刄田の所属していた東京事変が復活するにあたり、代わりとして参加 糸色 -Itoshiki- [ ] 2011年3月11日のを受けて、3月14日に被災地へのメッセージと義援金を募るサイト「糸色 -Itoshiki-」を開設。 3月25日に15,000,000円、7月25日に10,238,122円、計25,238,122円を日本赤十字社に寄附した。 また、RADWIMPSに賛同した、、、、、、、、、といった様々な俳優、ミュージシャンらの応援メッセージも公開された。 また、震災発生以降、毎年3月11日にYouTubeにて新曲を公開している(2017年のみ発表なし)。 全曲が音源化されていない。 2012年3月11日公開「白日」• 2013年3月11日公開「ブリキ」• 2014年3月11日公開「カイコ」• 2015年3月11日公開「あいとわ」• 2016年3月11日公開「春灯」• 2018年4月8日公開「空窓」• 2019年3月11日公開「夜の淵」• 2020年3月11日公開「世界の果て」 2016年4月には、の被災地支援のため、野田洋次郎が楽曲「バイ・マイ・サイ」の新録バージョンを配信。 この楽曲にはのTakaも参加した。 6月30日には、アーティスト収益分の全額である19,698,094円を熊本県庁へ寄附したことが報告された。 One man live• ギミギミック• 05410- ん• 指切りげんまん• シザースタンド• セプテンバーさん• シュプレヒコール• ブレス• G行為• おしゃかしゃま• 夢番地• ドリーマーズ・ハイ• オーダーメイド• ラストバージン 『』のセットリストからピックアップしたプレイリスト。 ライブ音源ではない。 俺色スカイ(非売品DVD) - アンケートに答ると抽選で貰えた。 バンドスコア [ ]• 無人島で拾ったバンド譜 (2006年7月26日)• おかずのごはんのバンドの譜面の本 (2007年3月1日)• アルトベンリーの兵器(2009年9月30日)• 絶体絶命(2014年4月11日)• 人間開花(2016年12月15日)• ANTI ANTI GENERATION(2019年6月15日) 参加作品 [ ] 映画音楽 [ ]• (2016年8月26日公開)• (2019年7月19日公開) 参加楽曲 [ ]• (2010年11月10日)• EMI Music Japanのスタジオ「TERRA」の閉鎖を惜しみ、野田洋次郎が呼びかけたことで結成されたユニット「寺子屋」の楽曲。 、、、、ホリエアツシ()、RADWIMPS、という7組のアーティストが参加。 作詞:野田洋次郎・吉井和哉、作曲:野田洋次郎。 コンピレーション・アルバム [ ]• SUPER TEEN'S!! (2003年10月10日)• 「人生 出会い」を収録• authentica citrus(2005年8月24日)• 「夢見月に何想ふ」を収録 被カバー曲 [ ]• 有心論 - のアルバム『』(2010年7月30日発売)に収録。 タユタ - のアルバム『』(2013年9月4日発売)に収録。 25コ目の染色体 - のアルバム『Beautiful Life』(2014年6月4日発売)に収録。 セプテンバーさん - のシングル『』(2016年8月17日発売)に収録。 なんでもないや movie ver. - のミニアルバム『』(2016年10月5日発売)に収録。 Sparkles - 「スパークル」のカバー。 のアルバム『Brave』(2017年9月1日発売)に収録。 Nandemonaiya English ver. - のアルバム『COVERS THE CITY』(2017年9月13日発売)に収録。 スパークル movie ver. - と春茶によるカバー。 コバソロのカバーアルバム『これくしょん』(2017年9月27日発売)に収録。 なんでもないや - のアルバム『Cinema Music』(2017年10月25日発売)に収録。 なんでもないや - のアルバム『ひきこもり情報弱者』(2018年7月4日発売)に収録。 前前前世 movie ver. - のアルバム『marasy piano world X』(2018年10月24日発売)に収録。 なんでもないや - みゆなのミニアルバム『眼』(2019年2月6日発売)に収録。 ふたりごと - コバソロと春茶によるカバー。 コバソロのカバーアルバム『これくしょん2』(2019年2月20日発売)に収録。 なんでもないや - のメジャーデビューアルバム『1LDK』(2020年1月22日発売)に収録。 前前前世 - のアルバム『ハラミ定食 〜Streetpiano Collection〜』(2020年7月1日発売)に収録。 ミュージックビデオ [ ] 監督 タイトル 備考 石田悠介 「そっけない」 出演:・ 植木秀治 「洗脳」 出演:Matthew L. 「会心の一撃」 出演:・西村将・・・エキストラ1500人 「記号として」 「狭心症」 出演: 「五月の蝿」 「カタルシスト」 出演: 掛川康典 「タユタ」 「叫べ」 掛川康典・永戸鉄也 「おしゃかしゃま」 川橋勇紀 「前前前世 movie ver. 」「前前前世 [original ver. ]」 ロケ地: ハートランド・朝霧 「Mountain Top」 「オーダーメイド」 出演: 「DADA」 「25コ目の染色体」 「イーディーピー〜飛んで火に入る夏の君〜」 出演: 「me me she」 ロケ地: 「いいんですか?」「いいんですか? 2017 ver. 」 ロケ地: 「おとぎ」 「ふたりごと」 ロケ地: 「愛し」 「Light the Light」 「ココロノナカ」 島田大介+鎌谷聡次郎 「君と羊と青」 出演:小松菜奈 ロケ地: 「ドリーマーズ・ハイ」 出演: ・ 「スパークル [original ver. ] -Your name. Music Video edition-」 「セツナレンサ」 「有心論」 ロケ地: 「愛にできることはまだあるかい」 ロケ地:JR東日本 尾久車両センター 高畑淳史 「へっくしゅん」 田辺秀伸 「ラストバージン」 谷聰志 「サイハテアイニ」 「携帯電話」 出演: Tony Chang 「祈跡」 直 「マニフェスト」 ロケ地:1号館前 永戸鉄也 「PAPARAZZI~*この物語はフィクションです~」 出演:・ 永戸鉄也と外輪山映像倶楽部 「シュプレヒコール」 橋本大佑 「実況中継」 林響太朗 「Shape Of Miracle」 ミラーレイチェル智恵 「猫じゃらし」 サイトで「何気ない幸せ」の画像を募集し編集された 山田健人 「泣き出しそうだよ feat. あいみょん」 「光」 出演:堀越千史・ 受賞とノミネート [ ] 年 ノミネート対象 賞 結果 2002 YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2002 受賞 2007 2007 Best Art Direction 受賞 MTV Video Music Awards Japan 2007 Best Rock Video ノミネート 2008 2008 Best Rock Video 受賞 2009 SPACE SHOWER Music Video Awards 2009 Best Your Choice 受賞 SPACE SHOWER Music Video Awards 2009 Best Rock Video 受賞 RADWIMPS FM FESTIVAL LIFE MUSIC AWARD 2009 Life Music of the Year 受賞 おしゃかしゃま FM FESTIVAL LIFE MUSIC AWARD 2009 Best Lyric of Life 受賞 FM FESTIVAL LIFE MUSIC AWARD 2009 Best Album of Life 受賞 2010 第2回 入賞 おしゃかしゃま SPACE SHOWER Music Video Awards 2010 Best Your Choice 受賞 MTV World Stage VMAJ 2010 Best Rock Video ノミネート 2011 SPACE SHOWER Music Video Awards 2011 Best Your Choice 受賞 SPACE SHOWER Music Video Awards 2011 Best Shooting Video 受賞 MTV Video Music Awards Japan 2011 Best Rock Video ノミネート 2012 MTV Video Music Awards Japan 2012 Best Rock Video ノミネート 2014 MTV Video Music Awards Japan 2014 Best Rock Video ノミネート 2016 RADWIMPS SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2016 BEST GROUP ARTIST ノミネート 2016 MTV Europe Music Awards Best Japan Act ノミネート 特別賞 受賞 2017 音楽賞 ノミネート 最優秀音楽賞 受賞 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2017 ARTIST OF THE YEAR 受賞 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2017 BEST ROCK ARTIST 受賞 第31回 ベスト5ソング・バイ・ダウンロード 受賞 受賞 第31回日本ゴールドディスク大賞 サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー 受賞 第9回CDショップ大賞 入賞 ノミネート 棒人間 第93回 ドラマソング賞 受賞 2018 RADWIMPS SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018 BEST GROUP ARTIST ノミネート 2019 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 BEST GROUP ARTIST ノミネート SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 BEST ACTIVE OVERSEAS 受賞 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019 VIDEO OF THE YEAR 受賞 2020 RADWIMPS 音楽賞 受賞 最優秀音楽賞 受賞 SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020 BEST GROUP ARTIST ノミネート SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020 BEST SOUNDTRACK 受賞 第34回 アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー 受賞 タイアップ [ ] 楽曲 タイアップ 25コ目の染色体 「」2005年12月度エンディングテーマ 「」2005年12月度テーマソング イーディーピー 〜飛んで火に入る夏の君〜 「」2006年1月度オープニングテーマ ふたりごと 「bbt music selection」2006年6月度エンディングテーマ 有心論 「」2006年8月度エンディングテーマ KIRIN「淡麗グリーンラベル GREEN JUKEBOX 心編」CMソング ギミギミック 「」2007年7月度エンディングテーマ 最後の歌 ・「」2010年度テーマソング 携帯電話 のキャンペーン「Find my Tokyo. 」CMソング 君の名は。 アニメーション映画『』主題歌4曲と劇伴22曲を担当 棒人間 のドラマ『』主題歌 サイハテアイニ のスポーツ飲料ブランド「」CMソング Mountain Top 日中共同製作映画『』全世界公開版主題歌 Shape Of Miracle 日中共同製作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』日本公開版挿入歌 カタルシスト 系「2018 FIFA WORLD CUPロシア大会」テーマソング なんでもないや グリーンラベル「GREEN JUKEBOX」CMソング 有心論 KIRIN グリーンラベル「GREEN JUKEBOX」CMソング 天気の子 アニメーション映画『』主題歌5曲と劇伴27曲を担当 猫じゃらし 「」CMソング 叫べ 「ギャツビーペーパーシリーズ」CMソング ライブ [ ] 年 日程 公演名 会場 備考 2004 7月18日 - 9月3日 RADWIMPS なっ〜夏?! ツアー 2004 3月19日 横浜CLUB24 3月21日 さいたま新都心VOGUE 3月22日 千葉LOOK 3月24日 名古屋ell. FITSALL 3月25日 神戸VARIT 3月27日 岡山CRAZYMAMA 2nd Room 3月28日 高知CARAVAN SARY 3月30日 松山SALONKITTY 3月31日 大分OITA-T. S 4月2日 熊本Be-9 4月3日 鹿児島SR HALL 4月5日 福岡DRUM SON 4月6日 広島ナミキジャンクション 4月8日 大阪アメリカ村DROP 4月9日 京都MOJO 5月3日 秋田Club SWINDLE 5月4日 青森Quarter 5月6日 仙台MACANA 5月7日 郡山CLUB 9 5月14日 代々木Zher the Zoo YOYOGI 7月30日 札幌BESSIE HALL 7月31日 旭川CASINO DRIVE 8月2日 札幌SOUNDCRUEbasement 8月9日 新潟CLUB JUNK BOX mini 8月10日 金沢AZ 8月17日 浜松FORCE 9月3日 横浜BLITZ 最終日は横浜BLITZでのワンマンを行い、メジャーデビューを発表。 2006 3月5日 - 3月30日 RADWIMPSと行く無人島ツアー2500円? ドリンク代は別途頂きます。 4月6日 Zepp Sapporo 4月7日 Zepp Sapporo 4月10日 青森Quarter 4月12日 秋田Club SWINDLE 4月15日 Zepp Sendai 4月16日 Zepp Sendai 4月18日 新潟LOTS 4月20日 富山club MAIRO 4月25日 幕張メッセ国際展示場No. S BittsHALL 6月7日 佐賀GEILS 6月9日 山口海峡メッセ下関展示見本市会場 6月14日 横浜アリーナ 6月15日 横浜アリーナ 6月19日 広島グリーンアリーナ 6月23日 長野CLUB JUNK BOX 6月25日 新潟LOTS 6月29日 Zepp Tokyo 6月30日 Zepp Tokyo 7月5日 大阪城ホール 7月6日 大阪城ホール 7月19日 沖縄コンベンションセンター展示棟 7月26日 盛岡CLUB CHANGE WAVE 7月28日 山形ミュージック昭和 Session 7月30日 郡山Hip Shot Japan 8月2日 Zepp Sendai 8月3日 Zepp Sendai のため東北公演は延期された。 2013 4月17日 - 4月18日 RADWIMPS LIVE 2013 春ウララレミドソ 会心の一撃編 2月5日 高崎club FLEEZ 2月7日 栃木HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2 2月9日 甲府CONVICTION 2月11日 松本Sound Hall a. 2015 10月9日 - 10月23日 RADWIMPS 2015 Asia-Europe Live Tour 11月4日 Zepp Tokyo ゲスト: 11月5日 Zepp Tokyo ゲスト: 11月9日 Zepp Namba ゲスト: 11月10日 Zepp Namba ゲスト: 11月12日 Zepp Sapporo ゲスト: 11月16日 Zepp Nagoya ゲスト: 11月18日 Zepp Fukuoka ゲスト: 11月23日 横浜アリーナ ゲスト: 11月24日 横浜アリーナ ゲスト: 11月25日 横浜アリーナ ゲスト: 11月28日 Zepp Tokyo ゲスト: 初の対バンツアー。 12月23日 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり 2月25日 マリンメッセ福岡 2月26日 マリンメッセ福岡 3月2日 愛媛県武道館 3月7日 横浜アリーナ 3月8日 横浜アリーナ 3月11日 大阪城ホール 3月12日 大阪城ホール 3月18日 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 3月25日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21 3月26日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21 4月1日 名古屋日本ガイシホール 4月2日 名古屋日本ガイシホール 4月8日 広島グリーンアリーナ 4月9日 広島グリーンアリーナ 4月15日 サンドーム福井 4月22日 神戸ワールド記念ホール 4月23日 神戸ワールド記念ホール 4月29日 さいたまスーパーアリーナ 4月30日 さいたまスーパーアリーナ 5月9日 日本武道館 5月10日 日本武道館 6月4日 - 7月12日 RADWIMPS 2017 Asia Live Tour 6月4日 シンガポール Zepp BIGBOX Singapore 6月9日 韓国・ソウル YES24 LIVE HALL 6月10日 韓国・ソウル YES24 LIVE HALL 6月13日 香港 Macpherson Stadium 6月15日 タイ・バンコク Moonstar Studio Studio 1 6月17日 台湾・台北 ATT SHOW BOX 6月18日 台湾・台北 ATT SHOW BOX 7月12日 中国・上海 Mercedes-Benz Arena シンガポール、韓国、香港、タイ、台湾、中国を巡るアジアツアー。 シンガポール公演は、バンド初のこけら落とし公演。 2018 6月1日 - 6月27日 6月8日 長野ビッグハット 6月9日 長野ビッグハット 6月14日 アスティとくしま 6月22日 ZOZOマリンスタジアム 6月23日 ZOZOマリンスタジアム 6月29日 沖縄コンベンションセンター展示棟 6月30日 沖縄コンベンションセンター展示棟 7月5日 和歌山ビッグホエール 7月9日 大阪城ホール 7月10日 大阪城ホール 7月20日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 7月27日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21 7月28日 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21 8月2日 CONVEX岡山 8月3日 CONVEX岡山 8月13日 マリンメッセ福岡 8月14日 マリンメッセ福岡 8月27日 横浜アリーナ 8月28日 横浜アリーナ 8月29日 横浜アリーナ 2020 3月20日 - 5月24日 こんにちは日本 〜KONNICHIWA NIPPON〜 TOUR 2020 7月15日 アメリカ・ロサンゼルス THE WILTERN 7月18日 アメリカ・ダラス CANTON HALL 7月20日 カナダ・トロント THE PHOENIX 7月22日 アメリカ・ニューヨーク SONY HALL 7月25日 メキシコ・メキシコシティ BLACKBERRY THEATRE アメリカ、カナダ、メキシコを巡る北米ツアー。 の感染拡大の影響で、全公演が中止された。 HTB 夢チカLIVE VOL. vol. 『君の名は。 RADWIMPSの金9! (2005年4月1日 - 2006年3月31日 )• HEAT PHONICS Feat. RADWIMPS(2005年4月6日 - 2006年3月 )• RAD LOCKS! (2007年4月3日 - 9月25日 )• SCHOOL OF LOCK! RAD LOCKS! (2009年3月18日 - 5月27日 TOKYO FM)• SCHOOL OF LOCK! ミニRAD LOCKS! (2011年1月31日 - 2月3日 TOKYO FM)• SCHOOL OF LOCK! RAD LOCKS! (2011年4月4日 - 5月30日 TOKYO FM)• SCHOOL OF LOCK! RAD LOCKS! (2016年10月5日 - 12月28日 TOKYO FM) 映画 [ ]• (2016年3月11日公開) 味噌汁's [ ] 曲を作るたびに曲調が大きく変化するため、「曲を作るたびにバンド名を変えよう」という話が出たことがあり、実際に作られたのが「 味噌汁's」(みそしるズ)である。 メンバー全員が大きく「味」と書かれた赤いTシャツを着て、鼻眼鏡をかけて演奏する。 RADWIMPSとはまったく別のバンドとされている。 味噌汁'sの楽曲• 「ジェニファー山田さん」(RADWIMPSのシングル『』のカップリング曲)• 「夜泣き」(RADWIMPSのアルバム『』の)• 「にっぽんぽん」(RADWIMPSのシングル『』のカップリング曲) 2014年にからメジャーデビューすることが発表され、5月7日にノートシングル『OKAN GOMEN』(限定販売)を、5月28日にメジャーデビューアルバム『』をそれぞれ発売した。 また、『』収録曲「お年玉 〜TOUDAIMOTOKURASHI〜」のミュージックビデオが制作された。 監督は朝日恵里。 メンバー [ ]• ジョン - ボーカル、ギター、ピアノ、作詞、作曲• ポール - ギター• マッカー - ドラム• トニー - ベース ディスコグラフィ [ ] 発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考 ノートシングル 2014年5月7日 OKAN GOMEN• メソメソ• シマホッケ PDBN-1902 受注生産限定盤 UPBH-20140 通常盤 受注生産限定盤:「ヒゲメガネ印のお椀とお箸」が付属 バンドスコア• (2014年7月25日) ライブ [ ] 2007年のライブツアー「春巻き」や、2013年の野外ライブ「青とメメメ」など、RADWIMPSのライブに参加。 2014年5月28日、メジャーデビュー記念イベント「第1回全国お味噌の会」をZepp Tokyoにて開催。 Ustreamで生中継され、Zepp Nambaではも行われた。 司会は、。 「青とメメメ」でのライブ映像の上映や、ポールをゲストに招いたトークショーを行った。 メンバー全員登場のシークレットライブも行われ、「OKAN GOMEN」、「にっぽんぽん」、「TENDON」の3曲を披露した。 2014年9月13日、氣志團主催のライブイベント「氣志團万博2014 〜房総大パニック! 超激突!! 〜」に出演。 2014年9月13日、味噌汁'sが出演した「氣志團万博2014 〜房総大パニック!超激突!! 〜」の会場に、味噌汁'sのトレードマークである鼻メガネをかけたマルコメくんを描いたコラボが登場。 2015年1月30日 - 2月8日、表参道に期間限定で「ロックを聴かせた味噌カフェ」をオープン。 前日の1月29日にはオープニングイベントを実施し、ポールがサプライズゲストとして登場した。 2015年2月、即席みそ汁「味噌汁's 監修 ロックを聴かせた味噌汁」発売。 長野の標高1000mにある蔵に、ポールが赴きギター演奏を聴かせたり、ポール、マッカー、トニーが工場で、製造ラインや樽に向かって行った演奏を聴かせた味噌を使用。 また、ポール、マッカー、トニーがロック調にアレンジした「ふるさと」をダウンロードできるコードを封入。 2015年3月13日 - 15日、大阪に期間限定で「ロックを聴かせた味噌カフェ」をオープン。 最終日の3月15日には、ポールがゲスト出演した、FM802による公開収録も行われた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ヨコハマ経済新聞. 2007年6月18日. 2016年2月18日閲覧。 EMTG MUSIC. 2011年7月14日. 2016年2月28日閲覧。 AFP 2015年12月9日. 2017年10月19日閲覧。 Russell, Erica 2017年4月19日. 2017年10月19日閲覧。 Barks. 2018年8月3日時点のよりアーカイブ。 2017年10月19日閲覧。 Rodsom, Sopida 2016年12月22日. 2017年10月19日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2017年3月3日閲覧。 「マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り」『』第12巻第5号、、、2008年4月、 pp. 106、 2008年3月閲覧。 YHMF. 2015年3月14日閲覧。 」『bridge』2007年2月号、ロッキング・オン、2006年12月27日。 BARKS. 2007年5月25日. 2015年3月19日閲覧。 ORICON STYLE. 2008年1月29日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2009年11月4日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2010年4月5日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2010年11月15日. 2015年3月14日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年1月18日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2011年1月25日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2010年12月13日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2011年2月14日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2011年2月18日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2011年3月15日. 2015年3月19日閲覧。 CDJournal. 2011年3月9日. 2015年3月19日閲覧。 文化庁メディア芸術祭. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2011年11月28日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2011年11月11日. 2015年3月14日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年1月18日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2012年3月11日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2012年7月28日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2012年6月11日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2012年11月8日. 2013年1月29日閲覧。 ナタリー. 2013年1月1日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年3月12日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年2月28日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年2月22日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年8月12日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年4月17日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年9月16日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2013年11月11日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2014年2月5日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2014年3月11日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2014年9月16日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2014年7月15日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2015年3月11日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2015年4月16日. 2015年5月7日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年11月6日. 2014年11月6日閲覧。 ナタリー. 2015年4月13日. 2015年4月14日閲覧。 ナタリー. 2015年7月15日. 2015年7月15日閲覧。 Sponichi Annex 2015年9月23日. 2015年9月23日閲覧。 音楽ナタリー 2015年9月30日. 2015年9月30日閲覧。 ナタリー. 2015年5月7日. 2015年5月7日閲覧。 ナタリー. 2015年9月3日. 2015年9月4日閲覧。 ナタリー. 2015年9月29日. 2015年10月30日閲覧。 ナタリー. 2015年11月12日. 2015年11月14日閲覧。 ナタリー. 2015年12月18日. 2016年2月18日閲覧。 ナタリー. 2015年12月24日. 2016年2月18日閲覧。 ナタリー. 2014年3月11日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2016年4月4日. 2016年4月11日閲覧。 ナタリー. 2016年6月3日. 2016年6月30日閲覧。 ナタリー. 2016年4月6日. 2016年4月11日閲覧。 ナタリー. 2016年8月19日. 2016年8月28日閲覧。 ナタリー. 2016年10月24日. 2016年10月30日閲覧。 2016年11月24日. 2016年11月24日閲覧。 ナタリー. 2016年11月22日. 2016年11月27日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年3月2日. 2017年3月2日閲覧。 ナタリー. 2017年1月16日. 2017年4月15日閲覧。 ナタリー. 2017年3月13日. 2017年3月23日閲覧。 ナタリー. 2017年3月14日. 2017年3月23日閲覧。 T-SITE. 2017年5月10日. 2017年5月10日閲覧。 ナタリー. 2017年3月6日. 2017年7月9日閲覧。 ナタリー. 2017年6月5日. 2017年7月9日閲覧。 ナタリー. 2017年7月26日. 2017年8月28日閲覧。 ナタリー. 2017年7月1日. 2017年7月9日閲覧。 ナタリー. 2017年12月15日. 2017年12月15日閲覧。 ナタリー. 2017年12月8日. 2017年12月8日閲覧。 ナタリー. 2018年4月18日. 2018年6月22日閲覧。 ナタリー. 2018年4月2日. 2018年6月22日閲覧。 skream! 2018年7月13日閲覧。 ナタリー. 2018年5月18日. 2018年6月22日閲覧。 朝日新聞. 2018年7月13日閲覧。 [ ]• 神戸新聞. 2018年6月18日. 2018年10月10日閲覧。 音楽ナタリー. 2018年11月13日. 2018年11月13日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年11月25日. 2020年1月5日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年3月10日. 2020年3月20日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年3月20日. 2020年3月20日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年4月5日. 2020年5月15日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年5月9日. 2020年5月15日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 SCHOOL OF LOCK! WEB RADIO. TOKYO FM. 2006年10月9日放送. 「RADWIMPS、アルバム『人間開花』メンバー全員&野田単独取材」『MUSICA』2016年12月号、FACT、2016年11月15日。 「野田洋次郎、挫折と救済の3万字インタヴュー」『ROCKIN'ON JAPAN』2007年2月号、ロッキング・オン、2007年1月20日。 2009年3月14日放送. 「"正解"を求め続けた旅路の終着駅」『Guitar magazine』2009年6月号、リットーミュージック、2009年5月13日。 「野田の事件簿」『ROCKIN'ON JAPAN』2006年8月号、ロッキング・オン、2006年7月20日。 SCHOOL OF LOCK! WEB RADIO. TOKYO FM. 2006年10月23日放送. 2019年8月9日閲覧。 Instagram. 2020年5月1日閲覧。 Instagram. 2020年5月1日閲覧。 RADWIMPS WIMP'S REPO 2009年2月8日. 2015年3月14日閲覧。 2013年4月18日. 2019年8月9日閲覧。 2016年3月12日. 2017年1月12日閲覧。 2016年3月24日. 2017年1月12日閲覧。 2015年10月22日. 2017年1月12日閲覧。 ライブアルバム・映像作品『』より。 桑原は「(時点で)10年前の横浜アリーナのワンマンライブ」と言っている。 2016年3月22日. 2017年1月12日閲覧。 ナタリー. 2016年4月28日. 2016年6月30日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年4月6日. 2016年4月6日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年4月10日. 2019年4月10日閲覧。 ナタリー. 2010年11月7日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2010年4月28日. 2015年3月19日閲覧。 ナタリー. 2013年7月5日. 2015年3月19日閲覧。 ナタリー. 2014年7月4日. 2015年3月19日閲覧。 ナタリー. 2016年6月8日. 2016年6月30日閲覧。 ナタリー. 2016年8月27日. 2016年8月28日閲覧。 BARKS. 2017年8月3日. 2017年8月28日閲覧。 ナタリー. 2017年8月23日. 2017年8月28日閲覧。 BARKS. 2017年10月25日. 2017年11月12日閲覧。 ナタリー. 2018年6月1日. 2018年7月12日閲覧。 ナタリー. 2018年8月14日. 2019年2月14日閲覧。 BARKS. 2019年2月6日. 2019年2月14日閲覧。 BARKS. 2020年1月22日閲覧。 BARKS. 2020年6月21日閲覧。 ナタリー. 2010年3月15日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2010年6月28日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2010年6月1日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2012年5月28日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2012年6月1日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2013年9月30日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2013年9月18日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2015年5月7日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2015年5月20日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2015年5月20日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2016年10月11日. 2016年10月11日閲覧。 ナタリー. 2016年9月20日. 2016年9月22日閲覧。 ナタリー. 2017年5月23日. 2017年5月27日閲覧。 ナタリー. 2017年5月12日. 2017年5月13日閲覧。 ナタリー. 2017年5月12日. 2017年5月13日閲覧。 ナタリー. 2017年5月17日. 2017年5月20日閲覧。 ナタリー. 2017年5月16日. 2017年5月20日閲覧。 ナタリー. 2017年8月11日. 2017年8月28日閲覧。 ナタリー. 2019年2月14日. 2019年2月14日閲覧。 と共演し、「グランドエスケープ feat. 三浦透子」と「大丈夫」を披露した。 映画ナタリー 2016年1月29日. 2016年1月29日閲覧。 ナタリー. 2014年3月25日. 2015年3月19日閲覧。 ナタリー. 2014年5月14日. 2019年1月17日閲覧。 ナタリー. 2015年4月1日. 2015年4月14日閲覧。 ナタリー. 2014年5月12日. 2015年3月19日閲覧。 ナタリー. 2014年5月12日. 2015年3月19日閲覧。 ナタリー. 2014年9月5日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2015年1月30日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2015年1月7日. 2015年3月14日閲覧。 ナタリー. 2015年3月2日. 2015年3月19日閲覧。 外部リンク [ ]• 公式サイト・SNS• - 公式ウェブサイト• - 会員制ウェブサービス• - UNIVERSAL MUSIC JAPAN• RADWIMPS -• YojiNoda1 -• kuwakuwakuwakuwa0404 -• - (中国語)• - (中国語)• - チャンネル• 味噌汁's• - 公式ウェブサイト• - UNIVERSAL MUSIC JAPAN• - チャンネル.

次の

illion、新作タイトルは「P.Y.L」 永戸鉄也によるアートワークも公開

野田洋次郎 gasshow 聴く

illionとしてステージに立つ野田洋次郎は、森に生息する精霊か何かに見えた。 音に身を任せて身体を動かす様子は、太陽の日差しを浴びるようでもあり、水の中で泳いでいるようでもあり、とてもナチュラルだ。 そんなことを考えていると、彼はライヴ中盤のMCで"気まま"という言葉を何回か発した。 まさにそのとおり、音楽にすべてを捧げるほど音楽が好きで好きで仕方がないひとりの青年が、音の中に潜ったり、引っ掻き回したり、寄り添ってみたり、気ままに音楽を楽しんでいた。 ただそれだけなのに、彼は終始空間を支配していた。 どんなに知恵を振り絞り、作り込んだエンターテイメントでも、天性の才能を持つ人間の無邪気さにはかなわないのかもしれない。 "FUJI ROCK FESTIVAL '16"にて日本初ライヴを行ったillionによる初ワンマン・ツアー。 オープニング・アクトとしてMC、トラックメイカー、DJ、シンガー、サウンド・エンジニアなどで活躍中のPUNPEEがDJセットで登場した。 彼はRADWIMPSの「おしゃかしゃま」と自身のグループ PSGの「かみさま」をマッシュアップさせたり、自身の楽曲でラップを披露するだけでなく、SHUREN the FIREの楽曲に乗せてラップで自己紹介をしたり、客層やillionのカラーに合わせてか、NIRVANAやOASIS、ゆらゆら帝国、ナンバーガールを流すなど、様々なアプローチでフロアの熱を上げていく。 普段とは違う体験に、ステージもフロアもお互い胸を高鳴らせているように見えた。 illionは5人のサポート・メンバーと共にステージに現れた。 メンバーはドラムスに川崎昭(mouse on the keys)、ベーシストとして栗本ヒロコ(ex-毛皮のマリーズ)、ギターは長岡亮介(ペトロールズ)、キーボードとサンプリングにDean Deavallというロンドン初ライヴ時もillionのサウンドを支えた面々に加え、このライヴのためにギターを始めたギタリスト歴2ヶ月というチェリスト 林田順平という強者が揃う。 野田洋次郎が"こんばんはSTUDIO COAST、illionと申します。 どこまでも上がってこうかい!"とフロアに声をかけると、メランコリックなマイナー・コードのピアノのイントロで幕を開ける「LYNCH」。 という1stアルバムは打ち込みと生楽器で作られたものだったが、やはり生楽器が主体の生演奏にもなるとサウンドもかなり肉体的だ。 野田はカラフルなエクステンションを髪につけ、ゆったりとした全身白の衣装に身を包む。 音に身を委ねるように身体をしなやかに動かす姿は、子供のような佇まいでありながら色気がある。 その様子が性別も年齢も感じさせない、それこそ冒頭で言った精霊のようだったのだ。 彼は"STUDIO COAST元気かい!? (フロアとの距離が)めっちゃ近いな、めっちゃ近いな!"とはしゃぐ。 ライヴハウスの中でも最大規模を誇るSTUDIO COASTを"近い"とは、ビッグ・アーティストならではの観点だ。 RADWIMPSではなかなかできないことができるのもソロ活動の魅力だろう。 コール&レスポンスを行ったあとにポップな装いの「PLANETARIAN」、プログラミングと生音、そのふたつに生まれる隙間を効果的に聴かす「MAHOROBA」と、野田は絶妙な声のギミックで情景を作っていく。 これまで見たことのない美しさを持つ森の中にいるような、非現実感とも違うオーガニックな新体験をしていく感覚はなんとも不思議だが、隅から隅まで心地いい。 "まだ(みんなが)聴いてない曲をやっちゃってもいいですか?"とタイトル未定の新曲を披露。 ゆったりしたテンポにリズム・パットの音とかわいらしいキーボードの音色にキャッチーなメロディが重なる。 『UBU』というアルバムのサウンドが東洋ならば、この新曲は西洋だろうか。 口笛を入れるなど、ラフなポップ・センスを持つ曲だった。 チェロの音色が陽だまりを感じさせる「ESPECIALLY」のあとは、音源ではゲスト・ヴォーカルにクラムボンの原田郁子を迎えた新曲「Water lily」。 ディープでありながら爽やかで、彼の心や概念、記憶の中を泳いでいるような感覚になる。 無理のない彼の歌声が、さらにそうさせていた。 「FINGER PRINT」は遊び心に富んだヴォーカル・ワーク。 ロック色の強いサウンドも相まって、ジャム・セッションのようだった。 メロウなテイストにRED HOT CHILI PEPPERSのようなミクスチャーのセンス、そこにチェロとピアノが顔を覗かせるなど、かなり度量が大きく自由な曲。 音楽的なセンスの高さもillionの魅力だが、それはすべて野田の音楽に対する愛情と探求心から来るものだろう。 "かっこいいと思うものを全部詰め込んでみたらこんなものができたよ"と提示してくれるようでもあった。 "作っておいてこう言うのもなんだけどillionの曲ってすごく難しいんだよね"、"次の曲はどう踊ったらいいかわからないけど気ままに好きにやってください。 「BEEHIVE」は野田がギターを抱えてトリプル・ギター編成。 野田がピアノを弾いた「BRAIN DRAIN」はクラシカルなロックの要素が混ざるなど、楽曲ごとに相応しい形態で演奏を続けていく。 "次で最後の曲です"という言葉に会場から終演を惜しむ声が響くと"だってしょうがないじゃん、アルバム1枚しか出してないんだから"と笑わせる。 すると彼は、illionを始めた大きな理由は2011年3月11日に起こった東日本大震災だったと語り始めた。 あの出来事をどう解釈して生きていくのがいいのかわからず、あのときに感じたもどかしさ、眠れなさ、どろどろ、心臓のばくばく、失われていったたくさんのもの、やがて忘れてしまうだろうあの瞬間に対して"どうしたらいいんだろう?"と思いながら、ひたすらスタジオにこもり作ったのが『UBU』だという。 "今のillionは新たな実験の場でもあって。 通り過ぎてしまうような一瞬の想いをillionの音楽には閉じ込めていきたい"と語ると、"オフな自分だから、もしかしたら人に見せるべきものではないかもしれないけど"と前置きしながらリスナーに感謝を伝えた。 そのあとに演奏された「GASSHOW」は、鎮魂歌のようにも聴こえ、新しい生命の誕生を喜んでいるようにも聴こえた。 『UBU』の楽曲に宿る生命の力強さは、一瞬の想いを掬い取ったからこそ生まれるエヴァーグリーンな感覚なのかもしれない。 アンコールでは"アンコールで呼ばれてもやれる曲がなくて。 だから作ったよ!"、"レコーディングも何もしてないぴちぴちの新曲"と野田が話し、再び5lackが登場し新曲を披露。 ピアノがループする都会的な楽曲だった。 "やべー、楽しい! 歌わないで音に合わせて踊ってるって楽しい! いつもやってたい!"とはしゃぐ野田は"illionが違うフィールドの音楽の交流の場になったり、ここからあなたたちが知らない音楽を聴くきっかけになれたら嬉しい"と告げ、最後は「BIRDIE」で眠りにつくように穏やかに締めくくった。 illionの純粋でとめどない音楽的欲求と音楽への愛情は、泉のように湧き続けている。 改めて野田洋次郎の持つ才能に舌を巻き、恐れ入った。 RADWIMPS、野田洋次郎のソロ・プロジェクトが3年ぶりに再始動。 プログラミング・ソフトを取り入れた楽曲が大半を占め、リズムを主体にした実験的なアプローチは彼の知的好奇心の結晶のようだ。 もともと彼はRADWIMPSでもillionでもジャンルにとらわれない楽曲作りやミクスチャー・センスを見せてきたが、このタイミングでさらにその方法論を広げている。 水の中に潜っていくような心地で、それ以外にもはたまた眠りにつく瞬間のまどろみのような、現実が少しずつ歪んでいくような...... と聴き手の感性を刺激し、様々なイメージを次々と立ち上らせる。 自由に音楽と戯れる彼の思考や心情、人間性がそのまま音楽になっていると言ってもいいのでは。 さらに勢いを増す天性の才能には恐れ入るばかり。 (沖 さやこ) 日英独仏にてリリース、初ライヴはロンドンにて開催など、海外進出が大きなトピックとなっているRADWIMPS野田洋次郎のソロ・プロジェクト"illion"。 初作品『UBU』は野田洋次郎というひとりのアーティストの音楽的才能がとめどなく溢れる荘厳なアルバムだ。 生楽器と打ち込みは歌声と共に丁寧に音を編み込み、国やジャンル、理論や制約など、枠組みや既成概念を消してしまうように解き放たれてゆく。 冷ややかでありながらぬくもりが滲み、哀しくも優しく、無機質でありながらも肉体的で、時に牙を剥いて襲い掛かり、時に人懐こく懐に潜り込む。 そんな奔放さは捉え方によって様々な印象を得られるが、一貫しているのは揺るぎない自身の音楽への信念と挑戦。 その姿勢はどこまでも勇敢で美しい。 (沖 さやこ).

次の

鬼滅の刃 gasshow 歌詞 ひらがな

野田洋次郎 gasshow 聴く

野田洋次郎 RADWIMPS のソロプロジェクト、illion イリオン の3年ぶりとなるニューアルバムのタイトルは『P. CDには、先行配信されている「Water lily」を含む新曲10曲に加え、 前作『UBU』に収録されていた「BRAIN DRAIN」のLinn MoriによるREMIXを日本盤のボーナストラックとして収録。 初回限定盤のDVDには、ロンドンで行われた初ライブの映像や、 街頭ビジョンのみで公開されていたAbbey Road Studiosでの「BRAIN DRAIN」スタジオライブ映像、 「MAHOROBA」「BEEHIVE」のミュージックビデオに加え、新曲「Water lily」のミュージックビデオ、 そして今年7月に新木場STUDIO COASTで行われた、illion初のJAPAN TOURより「Water lily」のライブ映像も追加収録。 また、初回限定盤はアートブックが盛り込まれた62ページの豪華特殊パッケージ仕様となっている。 このアートブックを手掛けたのは、韓国の新進気鋭クリエーター、JaeHoon Choi氏。 野田本人がinstagramにて偶然彼の作品と邂逅し、直接コンタクトをとって制作を依頼し完成したアートブックとなる。 動画サイトで何曲か知り、アルバムを購入しました。 RADWIMPSの世界観とは全く異なったアプローチで、洋次郎さんの果てしない創造性にただ驚きです。 音に関しても、自分の声であったり、シンセであったり、弦楽器…多種多様に構築されていますが、不快ではなく大きな世界となっていて、大変に心地よいです。 一方で、ボーカルと最少限の音のみで構成されたシンプルな曲もあります。 夜、宇宙という印象。 新しくもあり、懐かしくもあり…。 カラダに音が染み渡ります。 根底にあるものは、バンドでもソロでも同じだと思いますが、色々な角度からバラエティーに富んだ作品を生み出せるのは、本当に素晴らしいです。 是非、ヘッドフォンで細かな音まで堪能してほしいアルバムです。 聴けば聴くほど中毒性があり、洋次郎さんの深みにハマりました。 若い年代のみならず、いろんな音楽を知っている大人の方にも存分に大きな宇宙に浸って欲しいです。

次の