じゃがいも ポテト フライ。 美味しいフライドポテトのコツとレシピ/作り方:白ごはん.com

全ページ読める|じゃがいもポテトくん|絵本ナビ : 長谷川 義史 みんなの声・通販

じゃがいも ポテト フライ

この作品の関連記事• 八百屋さんで売られているじゃがいも達。 なんでも北の国から家族、親戚みんなでやって来たそう。 ところが、一人また一人と次々に買われていって家族全員離ればなれ!?悲しいはなしです・・・。 ・・・なんて、そこは長谷川節。 ちっとも悲しそうじゃない。 八百屋の主人はどこかで見た事のあるような顔だし、隣の魚屋さんでは同時進行で珍事件が起きてるし、なんてったって名前がふざけている。 じゃっく、じゃーむす、じゃじゃりん、いもーぬ。 みんなじゃがいも家族の名前です。 いくら真面目に読んだって、これじゃ悲しい雰囲気を出すのは難しい?でも最後は思わぬ展開で再会を果たすじゃがいも一家。 これにはちょっと感動、笑顔がこぼれてしまいます。 みんなじゃがいもが好きなんですねぇ。 作詞長谷川義史、作曲中川ひろたか『じゃがいもポテトくん』の楽譜が収録されているのもファンにはたまらない!かなり愉快な一冊です。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) 歌って楽しい、じゃがいもの愉快な絵本。 子どもたちの大好きなじゃがいもくんのお話です。 八百屋さんで売っているじゃがいもくんたちは、みんな北の国からきた家族です。 店先で、仲良く並んでいますが、次々といろいろなうちに買われていって、離ればなれになってしまいました。 涙涙のお別れでした。 そして、ある日の幼稚園でもお昼の時間。 子どもたちがお弁当箱を開けたとたん… コロッケになったじゃーむすくん、ポテトフライのとうさん、みんな、それぞれのうちで、おいしいじゃがいも料理に 変身して、子どもたちのお弁当のおかずになって再会しました。 リズム楽しい、テーマソングが巻末についている「テーマソングのあるお話し絵本」です。 7月から各地で毎週のようにあるイベントでも、人気を博すこと確実です。 みんなで北の国からやってきたのです。 でもある日、とうさんのじゃっくは、 山田さんの奥さんに買われていってしまいました・・・。 「じゃーむすー げんきでなー」 かなしいはなしです・・・・・・。 この言い回しがたまらなく面白い。 お腹を抱えて笑いました。 子供達も気に入って、一緒になって「じゃ〜むす〜!」って言ってます(^^) そしてじゃがいも一家のネーミングもハイカラ(笑) 父がじゃっくに、母はじゃじゃりん、妹はいもーぬ。 さすがは長谷川義史さん。 爽快の読後感を残してくれました。

次の

美味しいフライドポテトのコツとレシピ/作り方:白ごはん.com

じゃがいも ポテト フライ

この作品の関連記事• 八百屋さんで売られているじゃがいも達。 なんでも北の国から家族、親戚みんなでやって来たそう。 ところが、一人また一人と次々に買われていって家族全員離ればなれ!?悲しいはなしです・・・。 ・・・なんて、そこは長谷川節。 ちっとも悲しそうじゃない。 八百屋の主人はどこかで見た事のあるような顔だし、隣の魚屋さんでは同時進行で珍事件が起きてるし、なんてったって名前がふざけている。 じゃっく、じゃーむす、じゃじゃりん、いもーぬ。 みんなじゃがいも家族の名前です。 いくら真面目に読んだって、これじゃ悲しい雰囲気を出すのは難しい?でも最後は思わぬ展開で再会を果たすじゃがいも一家。 これにはちょっと感動、笑顔がこぼれてしまいます。 みんなじゃがいもが好きなんですねぇ。 作詞長谷川義史、作曲中川ひろたか『じゃがいもポテトくん』の楽譜が収録されているのもファンにはたまらない!かなり愉快な一冊です。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) 歌って楽しい、じゃがいもの愉快な絵本。 子どもたちの大好きなじゃがいもくんのお話です。 八百屋さんで売っているじゃがいもくんたちは、みんな北の国からきた家族です。 店先で、仲良く並んでいますが、次々といろいろなうちに買われていって、離ればなれになってしまいました。 涙涙のお別れでした。 そして、ある日の幼稚園でもお昼の時間。 子どもたちがお弁当箱を開けたとたん… コロッケになったじゃーむすくん、ポテトフライのとうさん、みんな、それぞれのうちで、おいしいじゃがいも料理に 変身して、子どもたちのお弁当のおかずになって再会しました。 リズム楽しい、テーマソングが巻末についている「テーマソングのあるお話し絵本」です。 7月から各地で毎週のようにあるイベントでも、人気を博すこと確実です。 みんなで北の国からやってきたのです。 でもある日、とうさんのじゃっくは、 山田さんの奥さんに買われていってしまいました・・・。 「じゃーむすー げんきでなー」 かなしいはなしです・・・・・・。 この言い回しがたまらなく面白い。 お腹を抱えて笑いました。 子供達も気に入って、一緒になって「じゃ〜むす〜!」って言ってます(^^) そしてじゃがいも一家のネーミングもハイカラ(笑) 父がじゃっくに、母はじゃじゃりん、妹はいもーぬ。 さすがは長谷川義史さん。 爽快の読後感を残してくれました。

次の

全ページ読める|じゃがいもポテトくん|絵本ナビ : 長谷川 義史 みんなの声・通販

じゃがいも ポテト フライ

この記事を流し読み• フライドポテトに向いているじゃがいもの特徴 フライドポテトに使うじゃがいもはどんな特徴があるものが良いのでしょうか? じゃがいもはかなり多くの種類がありますが、それぞれに特徴があります。 煮崩れしないので煮物に適しているもの、味が染みやすいから煮物に適しているもの、つぶして食べるとおいしいからポテトサラダに適しているものなどそれぞれ違います。 フライドポテトに向いているジャガイモの特徴として大切なのは、一番は加熱しても崩れにくいもの。 つまり、煮崩れしにくいという特徴をもったものです。 さらには、揚げ物に向いているじゃがいもであればさらに良いですよね。 具体的にどんな品種が良いのかご紹介していきます。 フライドポテト向きの品種 どんな品種がフライドポテトに適しているのでしょうか? フライドポテトとして加工されるじゃがいもの品種は「ホッカイコガネ」「十勝こがね」「ムサマル」「レッドアンデス」です。 これらのじゃがいもは煮崩れしにくい上、油と相性が良いことからフライドポテトとして加工されることが多いです。 また、それ以外にもマチルダやはるか、サッシーやコロールといった品種が油との相性が良いです。 なかなかスーパーなどで見る機会は少ないかもしれませんが、ネットなどでは購入できるようになっています。 ぜひ探してみてくださいね。 身近なじゃがいもでフライドポテトに向いているのは? ホッカイコガネなど油と相性の良いじゃがいもの品種をご紹介しましたが、なかなかスーパーで目にする機会は少ないはず。 普段目にするような品種でフライドポテトに向いているものはあるのでしょうか? よく見ることが多いのは、男爵やメークインだと思います。 どちらともフライドポテトを作ることは出来ますが、その仕上がりに違いが出てきます。 男爵でフライドポテトを作ると、食べた時中身がほっくりとした仕上がりになります。 一方、 メークインでフライドポテトを作ると、中身はしっとりとした仕上がりになります。 それぞれの仕上がりが違うので、好きな仕上がりになる方を選んでみてもいいかもしれません。 男爵よりもメークインの方が油を吸収しにくいという特徴があるので、カロリーを抑えたいという場合にはメークインを使うようにしてくださいね。 まとめ じゃがいもにはかなりの品種が存在しますが、その中でも油との相性が良い品種があります。 フライドポテトを作るにはそういった品種が一番ですが、手軽に入手しにくい品種でもあるため、もし手に入った時にはぜひフライドポテトを作ってみてください。 普段見るような男爵やメークインではその仕上がりが異なるため、どのような仕上がりのフライドポテトを食べたいかによって品種を使い分けてみてくださいね。

次の