神様 です げ ぇ む。 谷山浩子 神様 歌詞

谷山浩子 神様 歌詞

神様 です げ ぇ む

中近東 [ ] アブラハムの宗教 [ ] 、、は、同じ神を信じている。 しかし、ユダヤ教徒とイスラム教徒は神を、厳格な的な語として思い浮かべるのに対して、ほとんどのキリスト教徒の神はとして存在すると信じている。 ユダヤ教 [ ] の1つ、 20章7節の命令を根拠として、ユダヤ教においては古代から神の名を発音することを避けてきた。 このため、現在では正確な呼称を知っている者は少なく、祭司家系の者たちの間で口伝されるのみであると伝えられる。 詳細は「」を参照 キリスト教 [ ] 歴史的には、キリスト教はひとりの神を信じ、「神」として知られ、ひとりの神また神格を成す神聖な三者()を信じると公言した。 (参照 : )。 そのため、三位一体論的一神論者であるキリスト教徒がほとんどであるが、中にはそれに異議を唱える者もいる。 以下の記事を参照。 、、例えば、。 これら反三位一体論のグループは、ただひとりのが神であると信じている。 末日聖徒は父と子ととが三つの別個の神々を成すと信じている。 エホバの証人は はイエス・キリストより上位であり、は神の活動する力であると信じている。 イスラム教 [ ] はイスラム教のもっとも伝統的な神を表す言葉である(固有名詞ではない)。 イスラム教の伝統はまたも語る。 ユダヤ教やキリスト教よりもある意味では詳細に神の存在の状態を定義しており、キリスト教で伝える三位一体は明確に否定し、その実態については「目なくして見、耳なくして聞き、口なくして語る」物理的な要素はない精神と力のみの存在としている。 その他 [ ] 二つの小宗教はのどの区分にもまったく該当しない。 はを崇拝し、もユダヤ教、キリスト教、イスラム教と同じ神を崇拝する。 エジプト神話の神々 [ ] の神々は実在の動物と関連する姿をとることが多い。 例えば、アヌビスはの体を持つが、頭はである。 - 創造神の一柱。 - 太陽の光の化身。 - 死体を腐らせない神。 死の友。 - 闇と混沌の象徴。 - 雄羊の神。 - 魔法の女神。 ネフテュスの姉妹。 - 知恵、医術と魔法の神。 - の女神。 - 冥府の神。 - 創造神の一柱。 - 大地の神。 - 、日の出の化身。 - 月の神。 - 大気の神。 - 戦闘の女神。 の頭を持つ。 - 嵐の神。 アヌビスの父ともいわれる。 - の神。 - の女神。 イシスの従者。 - 星の女神。 - の女神。 - 天候の女神。 秩序、公正、時、天国と地獄の守護神。 - 月、製造、著述、幾何学、知恵、医術、音楽、天文学、魔術の神。 - 偉大なる母なる女神。 - の女神。 - 天国と空の女神。 - 原始の海。 - アヌビスの母。 - の女神。 - 愛の女神、音楽の女神、ホルスの妻。 - ナイル川の神、豊穣の神。 - 創造神の一柱。 - の女神。 - 出産や娯楽、保護の神-魔神(? - 隼の頭を持つ神。 - 4個のを人格化した神。 - 真理、調和、秩序の女神。 () - ライオンの頭をもつ戦闘の神。 () - 雌獅子の神。 - 戦争の神。 - アメンの妻。 ムートとも。 - 太陽神。 アヌビスの父ともいわれる。 参照: メソポタミア神話の神々 [ ] に伝わる神話の総称。 とから成る。 - 天の父。 - 最高の天の神• - 神々と地下世界の海の支配者• - アッシリアの国家神。 - 地球の母なる女神• - 知恵の神。 - 天候と嵐の神。 () - 戦争の神。 () - 天候の神。 - 愛の女神。 - ティアマトの夫。 - 地を司る女神(の妻にして妹)• - バビロニアの国家神。 - 霧の神。 - 知恵と書紀の神。 - 全ての神々の母• - 太陽と正義の神。 - 月の神。 - 原初の女神。 - との子。 との父。 - アプスーとティアマトの娘。 アンシャルとキシャルの母。 シュメール神話の神々 [ ] の神々。 () 「」も参照 アッカド神話 [ ] を支配したが継承した神話。 言語によりとに分けられる。 バビロニア神話の神々 [ ]• アッシリア神話 [ ]• ウガリット神話の神々 [ ] はアブラハムの宗教と民族的にも近縁の神話体系。 - 神々の女王• - 豊穣多産の女神• - 愛と戦いの女神• - 神を指す言葉• - 工芸神• - 太陽神• / - 嵐と慈雨の神• - 炎と死と乾季の神• - 海と川の神 ヒッタイト神話の神々 [ ] は紀元前15世紀頃現在のに王国を築いた民族。 ( ()も参照)• Alalu• () Hebat• () Kumarbi• Sharruma• () Shaushka• Telipinu• () Teshub - 嵐・天候神。 アルメニア神話 [ ] はキリスト教が入るよりも以前の古代で信仰されていた神話• - 愛と美貌・水源と湖の神• - 太陽・光・豊穣の神• - 太陽・火・戦いの神• ゾロアスター教の神々 [ ]• - の最高神。 - アフラ・マズダーに従う7柱の善神。 - 水の神• - アムシャ・スプンタに次ぐ地位の善神。 - 火の神• - 水神• - 川・水を司る神• - 英雄神• - 星、慈雨の神• - 太陽神• - 英雄神、司法神、光明神、牧畜の守護神• - 万物に宿るとされる精霊。 - ゾロアスター教の最大の悪神• 北アジア [ ] エヴェンキ族の神話 [ ] はの民族。 東アジア [ ] 中国の神々 [ ] (詳細はを参照)• ばんこ - 創世神• の三皇• / ふっき、ふくぎ• じょか• へきかげんくん /天仙娘娘• 道教の神々 [ ] は三大宗教()の一つ。 元始天王() — 天地創造の神• 天地人三才• — 元始天王から生まれた神• — 天皇から生まれた神• — 地皇から生まれた神• — 神農の後裔• せんぎょく• (玉清) — でないと近づき難い最も神格の高い最高神• 道徳天尊(太清・・)• 霊宝天尊(上清・)• (雷帝) — 雷神の最高神• (九霊太妙亀山金母)• 東王公()• (昊天上帝・天公) — 信仰者にとって事実上の最高神• 五斗星君• — 北斗七星の神格化• — 南斗六星の神格化• (寿星) — の神格化での・と同一神とされることもある。 四霊星君()• (玄天上帝) — の分身とされる• (五雷元帥) — 雷帝の部下• — 水界の神• — 地界の神• — 天界の神• () — 北極星の神格化• 東岳大帝() — ()の神• — ()の神• — ()の神• — ()の神• — ()の神• 救済の神• — 免罪の神• — 国難打破の神• (天上聖母) — 航海の守護神• 衣食神• — かまどの神• 関聖帝君() — を神格化した武神・財神• 趙玄壇 — の神格化• 冥界の神• — 地獄の最高神• — 仏教のを取り込んだ神• 学問の神• — 学問の神• /制字先師(そうけつ) — を作ったとされる神• 生育の神• (へきかげんくん)• — 安産の神• — の神格化• 芸能神• — 黄帝の臣で音楽の神• — 唐の皇帝を神格化した芸能・芸術の神• — 病気治癒の医神• — 医師の守護神• 辟邪神• (いしがんどう)• (しょうき)• — 悪霊の侵入を防ぐ神• 中壇元帥()• 張天師()• — の神格化• (、、 ()、、、 ()) — トイレで殺害された女性の• () — 厠神• (、) — 厠神• /城隍爺(じょうこうしん) — 城壁都市の支配神• — 村落・郊外の守護神• — 墓の守護神• (しょううりけん)/• (そうこっきゅう)• — 黄河の神• (けんせいじろうしんくん) — 治水の神• 日本の神々 [ ] 、で多数な神がおり、総称して「八百万(やおよろず)の神」といわれる。 日本神話においての神々のなかでもとくにが尊いとされ、そのは主神となっている。 詳細は「」を参照 インド・南アジア [ ] ヒンドゥー教の神々 [ ] はやで多数派を占める。 - 火神• - 雷霆神。 - 風神。 - 維持の神。 - 戦いの女神。 - 愛の神。 - ガンジス川を神格化した女神。 - 富と財宝の神• - 破壊の神• - 軍神• - 太陽神• ダーキニー()• (梵天) - 創造の神。 - 暴風雨神。 /ルドラ神群• ヨーロッパ [ ] ギリシア神話 [ ] も参照。 - 原初神、天空神• - 医神• - 星空の神• - 知恵、芸術、工芸、戦略の神• - 風の神々• エウロス - 東風• ゼピュロス - 西風• ノトス - 南風• ボレアース - 北風• /アフロディテ - 愛と美と性を司る神• /アポロン - 太陽と光明と芸術を司る神• - 狩猟、純潔の神• - 戦を司る神• - ティーターン族• - 虹の女神• - 天空神• - 暁の神• - 復讐の女神達• - 暗黒の神• - 恋心と性愛の神• - 海の神• - 夢の神• / - 吟遊詩人• - 原初の地母神、世界そのもの• - 混沌の神• - 美と優雅を司る女神達• カリテス - カリスの複数形• / -単眼の巨人• - ティーターン族• - 農耕、または時間の神• - ティーターン族• - 雷と天空を司る最高神• - 月の女神• - 死の神• / - 地獄・奈落の神• - 地下水の女神の母• - 豊穣とブドウ酒と酩酊の神• - 天空の女神• - 古の神々• - 法・掟の女神• - 穀物の栽培を人間に教えた神• - 夜の女神• - 義憤の女神• - 地下・豊穣・冥界の神• - 牧羊神• - 眠りの神• - 太陽神・光明神• - 人に火を与えた神• - 地母神• / - 三人の巨人• - 炉の女神• - 炎・鍛冶の神• - 青春の女神• - 昼の女神• - 結婚・母性・貞節の女神• - 太陽神• / - 春の女神・冥界の女王• - 幸運と盗みの青年神• - 時間の女神• - ホーラの複数形• - 海洋の神• /ミューズ - 文芸を司る女神達• ムーサイ - ムーサの複数形• - 運命の三女神• - 定業の神• - 大地の女神• 以下も参照。 、、、、、、 ローマ神話の神々 [ ]• - 火の神• - 竈の女神・家庭の守護神• - 愛と美の女神• /キューピット - 愛の神• - 豊穣神、地母神、地下神• - 太陽神• - 狩猟、貞節、月の女神• - 海神、馬の神• - 戦神、農耕神• - 医学・知恵・工芸・魔術を司る女神• - 最高神• - 月の女神• (詳細はを参照) エトルリア人の神々 [ ] は中部の先住民族。 ( ())• Turan - 愛と活力の女神• () サルデーニャ島の神々 [ ] は西の島。 ( Deities) Sardinian deities, mainly referred to in the age of , are partly derived from n ones. - Goddesses of death• - God of• - Goddesses of reproduction women dead in childbirth• - Goddess of Earth and fertility ダキア人の神々 [ ] はに住んでいた系の民族。 ( Deities)• () ケルト神話の神々 [ ] はの草原からと付きの乗り物を持ってに渡来したの民族。 (も参照)()• () Artio - 熊の女神。 - 馬・ロバ・ラバの神。 - 戦いと豊穣の女神。 (アンガス・マク・オグ)• - 戦い・言語・霊感の神。 () Creidhne - ゴヴニュの息子で金属細工の神。 クレーニュとも。 - 月の女神、冥界の女神。 - 狩猟の神・冥府神。 - 工芸の神の一柱。 () - 雷神。 - 戦いの神、水に縁のある神。 - 光・火・治癒を司る神。 ()(「祝福されたブラン」とも。 Bendigeidfran) - 『』に登場するウェールズ王。 その名前は「祝福されたカラス(またはワタリガラス)」を意味する。 () Boann - の女神。 () Miach - ディアン・ケヒトの息子。 父より優れた医術を持っていたため父に恐れられて殺される。 - 太陽神。 北欧神話の神々 [ ] 詳細は、を参照。 - オーディンの息子。 - 狩猟、弓術、スキー、決闘の神。 - 海の神。 - 神々の王。 - 太陽の女神• - 軍神。 - 雷神・農耕神・戦神。 - 海の神。 - 運命の女神。 複数形は。 - 光の神。 - 正義、平和、真実を司る神。 - 詩の神• - 愛と結婚と豊穣の女神• - 豊穣の神。 - 光の神• - 月神• - 冥界の女神• (ワルキューレとも。 も参照) スラヴ神話の神々 [ ] は、・に居住し、に属する言語を話す諸民族集団。 (も参照)• 東スラヴの神々• - 太陽神、火の精霊• - 風神• - 太陽神• - 雷神• - 太陽神• 西スラヴの神々• - 天神• - 死神• () Jarovit - 豊穣神。 南スラヴのと同一起原と考えられている。 南スラヴの神々• - 植物、肥沃、春を司る神。 バルト神話 [ ] ラトビア人の神々 [ ] はの基本住民を形成する民族。 ( ()も参照)• Auseklis - 明星神。 かつては運命を司ると考えられていた。 () - 天空神。 () Jumis - 豊饒神。 かつては運命を司ると考えられていた。 () Laima - 運命の女神。 Saule - 太陽の女神。 馬との結びつきも深く、この神を象徴する記号は太陽を運ぶ馬を表現している。 ウースィンシュとも。 自然やを崇拝し、日本神道と似ているラトビア土着信仰「」における主要な神々は約20柱いる。 リトアニアの神々 [ ] は北ヨーロッパの国家。 (、 ()も参照)• () Dalia - 運命の女神。 () Dievas - 天空神。 () Laima - 運命の女神。 () Menuo - 月の神。 ( ()も参照)• () またはDeiwas - 天空神• フィンランド神話の神々 [ ] 古の宗教に関する文書はあまり残されていない上、神々の名前や崇拝の仕方に関していえば土地土地で異なっていた。 次に示すのは、最重要かつ最も広範に崇拝されている神々の概略である。 () - 川、湖、海の神。 - 冥界の女神。 - タピオの妻。 () - 草原と農業を司る神もしくは女神(実際の性別は不明)。 - 古代のフィン族あるいはエストニア人の神。 () - ウッコの妻。 豊穣の女神。 - 森と野生動物の神。 - 最高神。 天と雷の神。 アフリカ(エジプト以外) [ ] アカン族の神話 [ ] ()は、の民族。 (も参照)• アカンバ族の神話 [ ] は、の先住民族。 アサ Asa アシャンティの神話 [ ] は、かつてにあった王国。 (も参照)• ビア Bia)• イボ神話 [ ] は、の民族。 (も参照)• ズールー族の神々 [ ] は、の民族。 (も参照)• ブションゴ族の神話 [ ] ()• () ダホメ神話 [ ] (ダオメともいう)は、17世紀から19世紀にかけて西アフリカにあった王国。 (も参照)• Ayaba• ダ Da• Gbadu• ロコ Loko• Sogbo• Zinsi• Zinsu ディンカ族の神話 [ ] は、の民族。 (も参照)• ニャリッチ Nyalitch エフィク族の神話 [ ]• アバッシ Abassi• アタイ Atai Isoko mythology [ ]• コイコイ人の神話 [ ] は、南アフリカの民族。 「ホッテントット」と呼ばれた。 (も参照)• () Utixo - ティクア Tiqua とも。 天空神。 キリスト教の宣教師が聖書の神を表す名として用いた。 サン人の神話 [ ] は、南アフリカの民族。 「ブッシュマン」と呼ばれた。 (も参照)• ()(Cagn。 カアング Kaang 、カッゲン Kaggen とも) - 太陽神、創造神• コティ Coti - カグンの妻• ガウナブ Gaunab - 疫病神、死神• ヘイツィ・エイビブ Heitsi-Eibib - 文化英雄• ツイ・ゴアブ Tsui'goab - 天空神、雷神• Xu - 慈悲の神、全能の神 トゥンブカ族の神話 [ ] トゥンブカ族は、北部、東部、南部に住む民族。 (も参照)• チウタ Chiuta - 全能の神 ドゴン族の神話 [ ] はに住む民族。 (も参照)• Amma• Nonmo• Yurugu ピグミー族の神々 [ ] は各地で暮らす民族。 (も参照)• Arebati• トレ Tore ヨルバ族の神話 [ ] は、ナイジェリアの民族。 (、も参照)• アジェ Aje• シャンゴ Shango• ルグバラ族の神話 [ ]• ロトゥコ族の神話 [ ] ()• Ajok アメリカ大陸 [ ] メソアメリカ [ ] アステカ神話の神々 [ ] はの中央部に栄えたの国家(も参照)。 - 霜の神• - 塩の女神• - 太陽神・軍神・狩猟神• - 音楽・ダンスの神• - 風の神• /オメテクトリ/オメシワトル - 創造神• - 狩猟と釣りの神• - 文化神・農耕神• - 地母神• - 星の神• - 穀物神• - 金星の神• - 地母神• /シンテオトル - トウモロコシの神• - トウモロコシと豊穣の女神• - 水の神• - かまどと火山の火の女神• - 創造神・悪魔• - 地震・山彦・ジャガーの神• - 食物の創造者にして分配者• - 太陽神• - 破壊神• - 大地・愛欲の女神• - 雨・稲妻の神• - リュウゼツランの女神、の妻• - 死神• - 死神• () - 古き神• () - 大地と死と銀河の女神• () - 農耕の女神、 ()の女王• () - 癒しと祝祭とゲームの神• () - 音楽と踊りの神• () - 月の神• () - 卑しき神• () - 酒の神、薬の神• () - ウィツィロポチトリの伝令• () - 古き月の神• () - 大地の女神• () - 若いトウモロコシの実の女神• () - 死の中の生命を司る神• () - 花、肥沃、ゲーム、ダンス、農業、職人、売春婦、および妊婦の女神• () - 花の神、狩猟の神、祝祭と若いトウモロコシの神• () - 商人の神、旅人の守護神 マヤ神話の神々 [ ] はメキシコ南東部、、などの地域を中心に栄えた文明。 (詳細は、を参照)• - 自殺の女神。 - 月の女神。 - ジャガーの神。 - 知識の神。 Kauil - 稲妻、火、王朝の始祖に関連づけられる神。 「 ()の神々 : Schellhas gods 」においては神Kに分類されている。 後は「ボロン・ザカブ」 (ボロン・ツァカブ Bolon tza cab とも)と呼ばれた。 - 蝙蝠の悪神。 - 太陽神。 - 羽の生えた蛇の神。 - 死の神。 - 雨の神。 - 4つの方角の神。 - 創造神。 - 創造神。 - トウモロコシの神。 北アメリカ [ ] のたちは、「」という概念を共有している。 これはによって呼び名は違うが、を包み込む「」であり、万物の中心である。 あらゆる神々、もすべてこの「偉大なる神秘」のもとにあるが、「偉大なる神秘」そのものは神でも精霊でもない。 アベナキ族の神話 [ ] は、のインディアン部族。 ( )• - spirit• - kind protector of humanity• - cruel, evil god• - the creator エスキモー・イヌイットの神話 [ ] は・のに暮らす狩猟民族。 () - 海の邪神、死と破壊を司る• () - 月の神• () - イガルクの宿敵、敗れて星となる• () - 地母神であり海の女神• () - 熊の神• () - セドナの別名• () - 狩猟の女神• () - 太陽の女神 グアラニー族の神話 [ ] は、の。 () クリーク族の神話 [ ] は、アメリカ南東部とのインディアン部族、のこと。 () クワキウトル族の神話 [ ] 族は、部のインディアン部族。 () サリシ族の神々 [ ] は、カナダのインディアン部族で、西海岸の漁猟部族。 () チペワ族の神話 [ ] は、アメリカのに住む部族。 () -。 () ハイダ族の神話 [ ] は、のインディアン部族で、西海岸の漁猟民族。 () ヒューロン族の神話 [ ] は、北アメリカ大陸北部の、周辺や周辺などに居住するインディアン部族で、のこと。 () ポーニー族の神々 [ ] は、アメリカ中西部平原のインディアン部族。 - 大地母神。 パー Pah - 月の神。 - 太陽神。 - 創造神。 19世紀末までは、を捧げられた。 ホピ族の神話 [ ] は・に暮らすインディアンで、彼らの宗教観はなど現代の文化に影響を与えている。 () - 収穫の神• ) - 原初の創造神• See also ()娯楽の神ターニングチーゴ イロコイ族の神話 [ ] はとの間にあるインディアン国家。 合衆国憲法の元となった仕組みを持っている。 () スー族の神話 [ ] は、アメリカの大平原に住むインディアン部族。 - 宇宙の真理。 神、精霊ではない。 - 石の精霊。 - 母なる大地の精霊。 - 空の精霊。 - 太陽の精霊。 - 月の精霊。 ウィの妻。 - 風の精霊。 - ウィとハンウィの娘。 偉大なる仲介者。 - 邪悪の精霊。 - 地下に棲む「オールド・マン」• - 魔女。 - ワズィヤとワカンカの娘。 二つの顔を持つ。 - 雷の精霊。 - 蜘蛛の精霊。。 ナバホ族の神話 [ ] は、アメリカ南西部に住むインディアン部族。 神話を原典に持つ。 () ズニ族の神々 [ ] は、アメリカ南西部のインディアン部族。 定住農耕民。 () セネカ族の神々 [ ] は、インディアンのの6部族のひとつ。 () 南アメリカ [ ] インカ神話の神々 [ ] はのを中心に存在し、インカ人は現在も伝統を伝えている。 (参照)• () - 稲妻の神• () - 夜明け、夕暮れ、金星の女神• Coniraya - 創造神の一柱、月の神• () - 家庭と富の神• () - 神的存在• Huallallo Carhuincho - 創造神の一柱、火の神• () - 天候の神• Inti - 太陽神• () - インティとママ・キジャの息子。 () - 豊穣と収穫の女神• () - 海と魚の神• Pachamama - 竜の姿をした沃土の女神• () - 月の女神• () - 穀物の女神• Manqu Qhapaq• Pachacamac - 創造の神• Pariacaca, - 創造神の一柱、水の神• () - 死の神• () - 金属と宝石の神• Viracocha - 文明の創造者• Amaru - 竜神 オーストラリア・オセアニア [ ] アボリジニーの神話 [ ] は、の先住民族。 ターニングチーゴ 娯楽の神( )• Eingana• [ ]( [ ])• Yurlungur ターニングチーゴ 娯楽の神 ポリネシアの神話 [ ] は、の海洋部の区分の一つ。 タンガロア、タガロア、タアロア、 , , , ,• , p. 126. (「ゴブニュ」の項)• , pp. 117-118. (「エスス、タラニス、テウタテス」の項)• , p. 140. (「ベンディゲイドブラン」の項)• , pp. 140-141. (「ボアン」の項)• , p. 132. (「ディアン・ケヒト」の項)• 中堀正洋「ヤロヴィト」『神の文化史事典』ほか編、白水社、2013年2月、p. 549。 265. (第6章 バルト族の女神(ライマ) A ラトヴィア人)• (249 バルト諸民族の宗教)• , p. (249 バルト諸民族の宗教)• 『木漏れ日のラトヴィア』、pp. 14-15。 , p. (249 バルト諸民族の宗教)• 『木漏れ日のラトヴィア』、p. , pp. 268-269. (第6章 バルト族の女神(ライマ) B リトアニア人)• , p. 267. (第6章 バルト族の女神(ライマ) B リトアニア人)• 599-601。 (参照:p. 600)• , p. 154. (「シェルハスの神々」の項)• , p. 261. (「パレンケの三神」の項)• 『Lame Deer Seeker of Visions. Simon and Schuster』(Lame Deer, John Fire and Richard Erdoes. New York, New York, 1972) 参考文献 [ ]• 『妖精学大全』、2008年7月。 『世界宗教史 5 ムハンマドから宗教改革の時代まで(上)』訳、〈〉、2000年7月。 『図説 マヤ・アステカ神話宗教事典』、編、増田義郎監修、武井摩利訳、、2000年9月(原著1993年)。 『運命の女神 - その説話と民間信仰 新装』竹原威滋訳、、2005年6月。 関連項目 [ ]•

次の

谷山浩子 神様 歌詞

神様 です げ ぇ む

夢占いで神様があらわす基本的な意味 夢の世界に現れる神様が象徴するものには、次の3つが挙げられます。 ・絶対的な存在 ・救いを求める気持ち ・良心 多くの宗教において、神は全知全能の存在として崇められています。 そのため、夢の中の神様は、 絶対的な存在の象徴です。 特に、特定の宗教を信仰している人が見る神様は、強大なパワーや、英知のシンボルと言えるでしょう。 また、神様はあなたの 救いを求める気持ちを象徴する場合もあるようです。 「困った時の神頼み」と言われるように、あなたは絶体絶命のピンチに陥っているのかもしれません…。 なお、神様があなたの心の奥底にある 良心を象徴するケースも。 その場合、神様は内なる本当の自分自身の声の代弁者として登場しています。 神様の夢を判断するポイント まず、大前提として、 神様の夢は人生のターニングポイントに見ることが多いようです。 これまでの生き方を改め、新しい道を進むべきタイミングが近づいているのかもしれません。 神様の態度、言葉にはあなたへの大切なメッセージが込められている可能性があります。 よく夢の内容を思い出して、ぜひ参考にしましょう。 基本的には、夢の印象が明るい場合は、 幸運の訪れが期待できます。 反対に、明るい印象の夢で無ければ、注意や 警告を呼びかけていると解釈しましょう。 ここまでが神様の夢の基本的な意味となります。 ここからは、パターン別の夢の意味についても見ていきましょう。 スポンサーリンク 神様の夢 パターン別の意味 1. 神様のお告げを授かる夢 目の前に神様が現れる、あるいは神様の姿を目にする夢は、 あなたの人生において今が大切な局面であることを伝えています。 夢の印象が明るい場合、これからとても実りの多い時期を迎えるサインと言えるでしょう。 もし、その 神様の声が聞こえる夢や、 神様と話す夢なら、その内容にはあなたがこれから進むべき道が示されている可能性大。 神様の言葉をよく思い出して、忘れないうちにメモをとっておきましょう。 特に、 神様が特定の人物の名前を口にする夢なら、その人との関係に十分な配慮が必要です。 神様から何かをもらう夢 神様から何かをもらう夢は、『 今後あなたが手にするものが人生において大切な意味を持つ』、というメッセージ。 神様からもらったものがあらわす意味も参考にしてみましょう。 そこには思わぬヒントが隠されているかもしれませんよ。 神様と遊ぶ夢 神様と遊ぶ夢は、忙しい毎日に疲れ、 本当の自分を見失っているサイン。 また、謙虚さや、前向きさに欠けていることを伝えている場合も。 夢の世界で神様と遊ぶことで、自分本来の姿を取り戻そうとしているのでしょう。 もし、楽しい印象の夢なら、あなたが大切なものを再確認し、状況が好転する兆しです。 神様と食事をする夢 神様と一緒に食事をする夢は、 幸運の訪れや救済を意味しています。 特に、今苦しい状況に置かれている人にとっては、状況の好転をあらわす 吉夢です。 また、あなたがポジティブなエネルギーに満ちている状態を暗示も。 仕事や勉強などの面でも、これからますます活躍できることになりそうです。 神様が笑う夢 夢の中で神様が微笑むのは、『 あなたの選択は正しい』というメッセージ。 最近あなたが下した決断が、今後良い結果を生むことを暗示しています。 女性にとっては、妊娠や結婚などの喜び事をあらわす場合もあるようです。 神様と結婚する夢 神様と結婚をする夢を見るのは、 人生の大きな転機を暗示しています。 これまでの古い自分を捨て、新しいあなたに生まれ変わるサインです。 もし、恐れの気持ちから何かにしがみついているのなら、今すぐそれをやめましょう。 執着や恐れから自由になった時、これまでにない選択肢が開けるはず。 勇気を持って、進みましょう。 神様が動物の姿で現れる夢 神様が猫や、犬などの動物の姿を借りてあらわれるとしたら、それは 内なる本当のあなたからのメッセージ。 彼らの態度や言葉には、自分自身の気づいていない本心があらわれています。 裏を返せば、あなたは今、自分の気持ちに背いた行動をとっているのかもしれません。 そのことに、夢が気づかせようとしてくれているようです。 神様がどんな動物の姿であらわれるのかも含めて、夢が教えてくれている意味を読み解いていきましょう。 神様が去っていく夢 こちらに背を向けて去っていく神様の後ろ姿を見る夢は、あなたが大事なものを見失っていることへの 警告。 このままでは、物事が悪い方向に向かうことになりそうです。 そして、その原因はあなたにある可能性が高いでしょう。 まずは、自分自身の現状を振り返ることが大切です。 手遅れになる前に、自己改革に取り組んでください。 神様に怒られる夢 神様の表情が怖い夢など、神様に怒られる夢は、 誤った選択をしてしまう暗示。 今は先を急ぐことよりも、考え方を改めることが必要になりそうです。 また、神様に怒られる夢は、もう一人のあなたからの叱咤激励を意味することも。 もし最近自信をなくしてしまっているのなら、この夢は『あなたはもっとできる!』という夢からのエールと言えそうです。 大変な時期こそ、前を向いて明るく考える努力を。 神様に追いかけられる夢 神様から逃げている夢は、 罪悪感のあらわれ。 人に言えない後ろめたいことを隠しているのかもしれません。 とはいえ、夢は自分自身の心が生み出すもの。 夢の中で逃げ切れたとしても、いずれはそのことと向き合う必要があるでしょう。 神様に殺される夢 神様に殺されるというショッキングな夢。 ですが、実はこの夢は 吉夢の可能性を秘めています。 あなたは人生の転機を迎え、大きな飛躍を遂げることになりそうです。 特に、現在苦しい状況にいる人ほど、その意味がより強まるでしょう。 いずれにしろ、前向きな考え方と努力を続けることが大切です。 神様に祈る夢 神様に祈りやお願いごとをする夢は、 現実逃避願望のあらわれ。 目の前の厳しい現実から、目を背けたい気持ちを暗示しています。 また、あなたの悩みが解決が難しい、深いものであることも。 ただし、祈りの結果、明るい展開になる夢なら、それは状況の好転を告げているでしょう。 悩みや問題からようやく解放されることになりそうです。 神様に謝る夢 神様に謝る夢は、あなたが 自信を失っているサイン。 あるいは、もっと世間に自分のことを認めてもらいたい気持ちをあらわしています。 ただし、心のこもっていない謝罪をする夢は、あなたが本心に背いた行動をしていることへの警告。 人の目を気にするのではなく、もっと自分の気持ちに正直になること。 それこそが、あなたに今求められているのかもしれませんね。 自分が神様になる夢 自分自身が神様になる夢を見るのは、自らのエゴ、欲望の高まりを 警告しています。 なんでも自分の思い通りにしようとして、失敗してしまう気配です。 この夢を見たら、自分ではそう思っていなくとも、人に傲慢な態度をとっていないかチェックしてみましょう。 そして、周りへの感謝、気遣いを毎日の生活で意識することが重要です。 この記事があなたの夢を読み解くヒントになれば嬉しいです。 それでは。

次の

日本の神の一覧

神様 です げ ぇ む

概説 [ ] 百科事典類の記述を紹介すると、『』では「の対象。 」と説明されている。 そして、一般に絶対的、超越的な存在とされる、と指摘。 また、原始信仰では人間を超えた力と考えられていて、高度な宗教では超越的な力を有する人格的存在とされることが一般的、としている。 『』の第7版では6項目に分けて説明しており、ひとつめは「人間を超越した威力を持つ、かくれた存在。 人知ではかることのできない能力を持ち、人類に禍福を降すと考えられる威霊。 」を挙げている。 つづいていくつか日本の伝統での神を中心に説明しており、天皇の呼称のひとつとしての「神」にも触れ、6項目目に「キリスト教やイスラム教などの一神教で、宇宙と人類を創造して世界の運行を司る、全知全能の絶対者。 」を挙げている。 『』では、様々な概念に用いられる語彙、とし、「人知を超えた絶対的存在」(・・など)、「的発想で自然界の万物を(神格化)した存在」、「に祭られている生前優れた業績で名を馳せた人物や祖先」、「への尊称」、「優れた能力を発揮する人物、非常にありがたい人やもの」とした。 どのような神を崇拝・信仰するかということによって、、、 等々の形が生まれる。 神に対する人間の態度は、一般に「」や「」と呼ばれている。 『ブリタニカ百科事典』によると、は信仰を理性的に理解しようとする試みである。 そして、近年では合理性をこえた原初の信仰を復興させる動きもあるという。 漢字としての「神」には、「不可知な自然の力」「な力」「目に見えぬ心の働き」「ずばぬけてすぐれたさま」「かみ」といった意味が含まれる。 このように「神」の字で、「神」と訳されることになった、もともと日本語以外の言語で呼ばれていたものごとまで含みうるわけなので、その指し示す内容は多岐にわたっている。 ) 漢字の「神」 [ ] 「神」の字の旧字体。 一説の漢字の成り立ちは、会意兼形声であり「示(祭壇)+ 音符申」で、いなずまのように、不可知な自然の力のこと。 のち、不思議な力や、目に見えぬ心の働きをもいう。 のちに「ずばぬけてすぐれたさま」や「かみ」といった意味が加わった。 「神」は、国の興亡の分かれ目に、君主の善悪を見極め禍福を下す、聡明正直で純一な者として記されている。 神の性質についての様々な考え方 [ ] 世界的に見ると、神を信じている人は多く(だけでも30億人を超える )、神に基づいて自身の生活様式を整えている人、"神とともに生きている"と形容できるような人は多い。 神がどのような存在であるかについての様々な考え方は、宗教や哲学などに見ることができる。 以下にその主なものを挙げる。 これらの考え方がそれぞれに両立可能なのか不可能なのかは個人の解釈にもより、一概には言えない。 (では)、としての神。 全ての物事の原因を辿って行ったときに、全ての原因となる最初の創造(創世)行為を行った者として、想定される神。 ()における神。 洞窟や岩石、山、水(泉、滝)など界の様々な物事(あるいは全ての物事)に固有の神。 それらの物事に「宿っている」とされる。 、恩恵を与える者としての神。 神は、犠牲、などに応じてやにおける恩恵を与えてくれる存在であるとする考え方。 人格神。 神がと同じような(や姿)を持つとする考え方。 現実世界そのものとしての神。 この世界のありようがそのまま神のありようであるとする。 例えばはこのような考え方を採った [ ]ことで知られている。。 神の性質に関して、その唯一性を強調する場合 、多元性を強調する場合 、遍在性を強調する場合 が生まれるとされる。 ただし汎神論はしばしば一神教、多神教の双方に内包される [ ]。 また、古代から現在まで神話的世界観の中で、神は超越的であると同時に人間のような意思を持つものとして捉えられてきた。 近代科学の発展と無神論者からの批判を受け、このような神理解を改めるべきという意見 [ ]も現れている。 人知を超えた存在であると考えられることや、人間や動物のように社会や自然の内に一個体として存在していることは観察できないことから、神の存在を疑う者も多い。 現代科学においては想像上の概念を超えるものではなく、その物理的な実存については肯定されない。 神の不在を信じる者は者と呼ばれ、は無神論の立場に立つ。 また、の一部も無神論を主張する。 また神が存在するかどうかは知りえないことであると考える者は者と呼ばれる。 一神教の神 [ ] 「」も参照 の例として、、がある(これらはである)。 いずれも、を経典とし、同一の神を信じている。 ユダヤ教においてはの時代にそれ以前の宗教から新しい体系が作り上げられたとされる。 ユダヤ教を元に、の教えからキリスト教が誕生し、さらにによってイスラム教が生じた。 これら3つの宗教は唯一神教ではあるが、神以外にも人間を超えた複数の知的存在があることを認めている。 が代表例であり、人間以上だが神以下の存在である(ただしイスラム教では、後に創造されたものであるほど優れているという考えがあるため、天使は人間に仕える存在という側面もある)。 天使はあるときは普通の人の形をして現われたり、人とは違う形をして現われたりする。 しかし「神の働き」は神だけが行うことができ、その他の存在は「神にお願いすること、執り成しができる」だけである。 も、厳密には崇拝対象ではなく「」の対象であり、少なくとも教義上では区別している。 聖母マリアはお願いをに伝えてくれる存在ではあるが、神と同等の存在ではない。 またキリスト教では、が特定の地域、職種などを守護したり、特定のご利益をもたらすとするという信仰がある。 ただし、キリスト教のなかでもなどは聖人を行っているが、諸教派のなかには聖人崇敬を行わない教派もある。 また、聖人崇敬を行う教派であっても、崇拝する対象はあくまでも神であり、神ではない聖人は崇敬の対象であり崇拝の対象ではない。 ではという人間と天使の間に位置する精霊が想定されている(『』(アラビアン・ナイト)に登場するのジンが有名)。 実際、一神教内部においても例えばのように多神教を信仰している人々と共存している地域だと、一神教の人々も場合に応じて多神教の聖地を崇拝したり神格のようなものを認知することがしばしば行なわれる。 無論一神教と多神教が両立不可能かというのは個々人の解釈にもよる問題であり、成文化された教義と現実的な宗教行為に齟齬が生まれることも多く、宗教と社会の関係は動態的に捉えなければ単純な図式化に陥る可能性が有る。 また、第2章に記されたの7日目もエロヒームのみである。 「・・・」などにおいて神を信じる人々のあるべき生き方が示され、・・・などにおいて神を信じた人々の生き方が示される。 あなたの神、主が彼に言われたとおり、主みずからが彼の嗣業であった。 あなたの神、主が言われたとおり、主御自身がその嗣業である。 なお、このの妻の名は、やでと表記されているが、日本ではと表記されることも多い。 キリスト教の神 [ ] 三位一体 [ ] 「」も参照 においてはかつては「」の訳語が用いられていた。 には「真神」という用語もあった。 によるゴッドの訳には、「ゴクラク」「オタイセツ」などがあったという。 しかしながら訳語としての「神」の妥当性については、ロバート・モリソン死後の代から代にかけて、清における宣教団の間でも議論が割れていた。 この論争は中国宣教史上、 "Term question"(用語論争)と呼ばれる。 この論争の発生には、後、清国でのキリスト教宣教の機会が格段に増大し、多くの清国人のためにより良い漢文訳聖書が求められていた時代背景が存在していた。 用語論争において最大の問題であったのは、大きく分けて「 上帝」を推す派と「 神」を推す派とが存在したことである。 前者はなど多数派イギリス人宣教師が支持し、後者ををはじめとするアメリカ人宣教師たちが支持した。 こんにちでも、その妥当性については様々な評価があるが、いずれにせよ、和訳聖書の最も重要な底本と推定される、モリソン訳の流れを汲むは、「神」を採用していた。 殆どのはこの流れを汲み 、「神」が適訳であるかどうかをほぼ問題とせずに 、今日に至るまで「神」を翻訳語として採用するものが圧倒的多数となっている。 イスラームの神 [ ] 「」も参照 のにおいて、の子であり異母兄弟であるとがおり、このうちイサクがユダヤ一族の祖である旨の記述がある。 の聖典である(コーラン)にはイシュマエルがの祖であるとの記述がある。 なお、イシュマエルとはヘブライ語での読み方であり、アラビア語ではイスマーイールとなる。 また、(福音書)に描写されたイーサー(イエス)は神性を有する存在ではなく、やなどのように神のの一人であるとみなされている。 これは、普通名詞である場合と、固有名詞である場合がある。 福音書における神 [ ] 詳細は「」を参照 の例として、の ・の ・に広く存在している との がある。 どちらも、別の宗教の神を排斥するより、神々の一柱として受け入れ、他の民族や宗教を自らの中にある程度取り込んできた。 日本でも明治のによって分離される以前は、神道と仏教はしばしば神仏や社寺を共有し混じりあっていた。 多神教においても、原初の神や中心的存在の神が体系内に存在することがある。 そうした一柱の神だけが重要視されることで一神教の一種、単一神教とされることもあり、その区別は曖昧である。 ヒンドゥー教 [ ] ヒンドゥー教の人間神は、自然神の生まれ変わりであったり、生前に偉大な仕事をなした人であったりする。 現在のヒンドゥー教は、次に挙げる三つの神を重要な中心的な神として扱っている。 は世界の終わりにやって来て世界を破壊して次の世界創造に備える役目をしている。 は、世界を三歩で歩くと言われる太陽神を起源としており、世界を維持する役目がある。 多くのとして生まれ変わっており、数々の偉業をなした人々がヴィシュヌの生まれ変わりとしてヒンドゥー教の体系に組み込まれている。 仏教の開祖ゴータマ・ブッダも、ヒンドゥー教の体系においてはヴィシュヌの生まれ変わりとされ、人々を惑わすために現われたとされる。 (梵天)は、世界の創造と、次の破壊の後の再創造を担当している。 人間的な性格は弱く、宇宙の根本原理としての性格が強い。 なお、自己の中心であるは、ブラフマーと同一(等価)であるとされる()。 道教 [ ] 道教はの土着的・伝統的な宗教である。 中心概念の 道(タオ)とはとの根源的な不滅のを指す。 道の字は「辶()」が「終わり」を、「」が「始まり」を示し、道の字自体がにもある二元論的要素を表している。 この道(タオ)と一体となる修行のためにを用いて、の霊薬、を錬り、となることを究極の理想とする。 それはひとつの道に成ろうとしている。 道教では、道は学ぶことはできるが教えることはできないと言われる。 言葉で言い表すことのできる道は真の道ではないとされ、道士の書物や言葉は道を指し示すものに過ぎず、真の「恒常不変の道」は各自が自分自身で見出さなくてはならないとされている。 となって長命を得ることは道を得る機会が増えることであり、奨励される。 真理としての宇宙観には多様性があり、中国では儒・仏・道の三教が各々補完し合って共存しているとするのが道教の思想である。 食生活においても何かを食することを禁ずる律はなく、さまざまな食物を得ることで均衡が取れ、長生きするとされる。 また、を通じて「」を整え精神の安定を図る、によって「を成す」ことも道への接近に有効であるという。 神道 [ ] は「尋常(よのつね)ならず人の及ばぬ徳(こと)のありて、畏(かしこ)きもの」と定義したが、 においては、神の定義は一義的には定めにくい。 教義と言えるようなものを持たず、歴史的経緯により、様々な異質な要素が混在した信仰であるからである。 「八百万の神」と言われ「八百万 やおよろず 」は数が多いことの例えである。 神道は古代律令国家によりその体系が整えられたが、道教中のやの影響を強く受け、明確な信仰体系を持たない時代が長く続いた。 明治期に仏教の影響を排除するが行われ、一神教を意識した体系として「」が再構成されている。 これにより、神道における神はから「」とされる天皇に至る流れを中心として位置づけられた。 しかし、この改変は徹底したものではなく、土着的な要素も依然多く残った。 第二次世界大戦後、、それまで非宗教とされていた神道は宗教として位置づけなおされたが、現在もなお・の名残はそれぞれ強く残り、依然として異質の要素が雑然と混在した信仰である。 仏教の影響を受ける以前の神道を「(原始神道)」と呼び区別する場合もある。 しかし、明治以降の「国家神道」も、に研究が進んだ「古神道」の考え方を多く取り入れて形成された側面がある。 仏教 [ ] は、本来は神のような信仰対象を持たない宗教であった。 はから解放されたの境地に至るための実践の道であり、超越的な存在を信仰するものではなかった。 現在は神と同じ様に崇拝されている開祖のも、神を崇拝することを自分の宗教に含めず、また自身を神として崇拝することも許さなかった。 時代が下るにつれ、ゴータマらの偉大な先人が、を得たもの()として尊敬を集め、崇拝されるようになり、仏教は多神教的な色彩を帯びていく。 仏教にはヒンドゥー教の神が含まれ、中国の神も含まれ、日本に来ては神道と混ざりあった。 仏教が様々な地域に浸透していく中で、現地の神々をあるいは仏のとして、あるいはとして取り込んだのである。 したがって、仏教も一部の宗派では神を仏より下位にあって仏法を守護するものと位置づけ、ある面では仏自体も有神教の神とほぼ同じ機能を果たしている。 日本の神社でとして祭られている神も、そもそもは仏教の護法神(天部の仏)として取り込まれたヒンドゥー教の女神であり、仏教とともに日本に伝わったものである。 これはやがて日本のと習合した(、)。 仏教における神 [ ] 仏教を考える場合、釈迦の教えとそれを継承していった教団のレベルと、土着信仰を取り込んだ民衆レベルとを混同しないで、それぞれについて議論する必要がある。 釈迦は、人間を超えた存在としての神に関してはの立場に立ち、の宗教を否定・捨てた人であるという主張もある。 一方で、釈迦は人間を超えた存在(非人格的)を認めており、ただ単にその理解の仕方がキリスト教やヒンドゥー教などの人格神とは異なるだけという意見もある。 のは、和讃において「弥陀の浄土に 帰しぬればすなわち諸仏に 帰するなり」と説いており、阿弥陀如来に帰依すれば、あらゆる神仏に帰依するものとしている。 同様に、現代日本では仏教はもっぱらの永遠不滅を前提としたを扱う宗教と見られることが多いが、元々仏教では死後も残る(アートマン)のようなものを否定する立場であり、ここにおいても民衆の信仰の形とは大きな差異がある(釈迦は、自己の魂()が死後も残るのかとの議論に対し、回答をしない()という態度をとり、この態度は、アートマンが残り輪廻するというの宗教を拒否しているとも受け取れる)。 なお、「」の神話には、釈迦が悟った後、「悟りは微妙であり、欲に縛られた俗人には理解できない。 布教は無駄である。 」として沈黙していたので、神()の一人()が心配してやって来て「俗人にもいろいろな人がいるので、悟った真理を布教するよう」に勧めて要請し、釈尊がそれを受け入れたという物語などが残っている。 一方、民衆レベルでは、仏もこの記事で扱うところの広い意味での「神」の一種であるといえる。 日本では死亡を「」と、死者を「」と呼称するに至る。 この場合の仏とは、参拝し利益を祈願する対象であって、かつての原始仏教でそうであったような「教えを学び、悟る・覚醒する」という対象ではない。 ただし、日本における仏は、キリスト教の訳語としての「神」が定着する以前からの存在であり、一般的な日本語において神と仏とは区別して用いられる(神像と仏像など)。 ブッダ(仏)と神 [ ] 一般に、仏教ではには無用なので神の存在を扱わない。 なおのには、人間がこの世で経験するどのようなことも全て神のみ業であるとの考え方は、良いことも悪いことも全て神によるのみとなって、人々に希望や努力がなくなり世の中の進歩や改良が無くなってしまうので正しくないと説かれているが、これは神の存否について議論したものというわけではない。 学問や自然科学との関係 [ ] 一神教を母体として生まれた自然科学 ヨーロッパ中世においては「神は二つの書物をお書きになった」、「神は、聖書という書物と、自然という書物をお書きになった」と考えられていた。 よって自然を解明することはそのような被造物を創造した神の意図を知ることになり神の偉大さを讃えることにもなると考えられた。 やなど宗教的情熱、神の意図を知るために自然を知ろうとし、結果として自然科学の発達に大きく貢献した、ということは指摘されている。 が発達した地域が、ほかでもなくイスラム世界やキリスト教世界であったのは、上述のような自然観と神への信仰が原動力となった、ということは指摘されている。 それをリン・ホワイトは「近代的な西欧科学はキリスト教の母体のなかで鋳造された」と表現した(「」も参照)。 実際ヨーロッパでは神の存在について研究するは長きにわたって学問上の基礎科目であり、もも、も元はである。 現代でも、のおよそ半数が神や超越的な力を信じている、ということがアンケート調査で明らかになっている(「」も参照)。 「神の死」 ヨーロッパの中世では広く神の存在が信じられ、神を疑う人は稀であった。 神が、人々に、生きる意味を与えてくれていた。 だが、は(当時としては非常に大胆なのだが)神を疑うような考え方を提示、代わりにego(エゴ)や(cogito)コギトを基礎に置くような思想を展開した(いわゆる「」と要約される思想。 『』などで提示)、18世紀には哲学者・思想家によってなど神を介しない哲学的な考え方も論じられるようになった。 さらに19世紀に自然哲学が自然科学へと徐々に変化し大学で教えられる学問の体系が変化するにつれ、学問体系からは神や人生の意味とのつながりが次第に抜け落ちていった。 そして、神を信ずる人の割合は中世などに比べじわじわと減ることになった。 そうした一連の風潮を、にはが「神の死」という言葉で指摘した。 「神の死」はをもたらしがちであるが、は、神が思想から失われた時代になっても、神に代わって人々に生きる意味を与えてくれるような、ニヒリズムを乗り越えさせてくれるような思想を打ち立てようとした。 20世紀前半、は、学問体系が「神」や「人生の意味」を失ってしまった状態でそれに取り組むことはどのようなことなのか、その厳しさ・残酷さを学生たちに理解させようとした(『』)。 しかし神の定義は有神論、理神論、汎神論など様々あり曖昧である。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 『大辞泉』小学館『大辞泉』編集部/編、、1998年11月20日、増補・新装版、pp. 548-549。 島田鈞一「一九 有神降于莘 莊公三十二年」『春秋左氏伝新講』有精堂出版部、1937年、60-61頁。 博文館『春秋左氏伝』第1巻、博文館編輯局、博文館〈博文館文庫 第2部〉、東京、1941年、114頁。 Preston Hunter,• からの出典:• からの出典:• からの出典:• からの出典:• からの出典:• からの出典:• からの出典:• からの参照:, , ()• からの参照:()• からの参照(但しこの「39カ条」は現代の聖公会では絶対視はされていない):• からの参照:• からの参照:• からの参照:, いずれも• からの参照: 著、 訳『キリスト教神学基本用語集』pp. 73-75, 、2010年11月、• 『聖書の日本語 - 翻訳の歴史』、2006年2月。 [ ]• 『お言葉ですが…』11、連合出版、2006年11月。 [ ]• 120-131。 『』、pp. 160-162。 『』、p. 122。 ハーツ『道教』 鈴木博訳 青土社 1994年、 pp. 12-23. 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、pp. 133-138 参考文献 [ ]• 『ゴッドと上帝 - 歴史のなかの翻訳』、1986年3月。 は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2014年9月)• 『宗教と科学の接点』、1986年5月。 『心理禅 - 東洋の知恵と西洋の科学』、2004年8月。 『科学者とキリスト教 - ガリレイから現代まで』〈 B-686〉、1987年4月。 ヘルマンス, ウィリアム『アインシュタイン、神を語る - 宇宙・科学・宗教・平和』雑賀紀彦訳、、2000年4月。 関連書籍 [ ]• 『神とゴッドはどう違うか』 〈新潮選書〉、1997年2月。。 関連項目 [ ] で 「 神」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの 宗教• 外部リンク [ ]• (英語) - 「西洋における神の概念」の項目。 (英語) - 「神の概念」の項目。

次の