リクルートカード マスター。 リクルートカードおすすめはVISA?JCB?電子マネーチャージで2重ポイント裏技

ん?リクルートカードでnanacoチャージできないぞ!原因はコレでした。

リクルートカード マスター

もう一つのチャージ方法はクレジットカードからになります。 au PAYチャージに利用できるクレジットカード JCB セゾンカード、TS CUBIC カード VISA au PAY クレジットカード、セゾンカード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBIC カード、エポスカード Mastercard(マスターカード) クレジットカード発行元に限らず全てOK AMEX(アメックス) つまり、「リクルートカード」のうち、VISA・Mastercard(マスターカード)ブランドのものなら、「au PAY(auペイ)」に登録してチャージに利用できます。 つまり、「リクルートカード」のうち、VISA・Mastercard(マスターカード)ブランドのものなら、「au PAY(auペイ)」に登録してチャージに利用できます。 「リクルートカード」で貯めたポイントの使い方は? 「au PAY(auペイ)」に「リクルートカード」を登録できない原因は? 「au PAY(auペイ)」にカードを登録できない場合は、以下の理由が考えられます。 ・本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード ・対象外のクレジットカード ・有効期限切れ、利用停止などで無効なカード もし手持ちの「リクルートカード」が登録できないとしたら原因は、 ・ 上記いずれか もしくは ・ 「リクルートカード」の本人認証をまだ登録していない などが考えられます。 「リクルートカード」の本人認証登録は公式サイトに説明があります。 (現金チャージの上限額は1日あたり50万円) 「リクルートカード」はおすすめ 「au PAY(auペイ)」に「リクルートカード」は登録できます。 「リクルートカード」は還元率1. 年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 1. 2%~ ポイント リクルートポイント 付帯保険 海外旅行:最高2000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1000万円(利用付帯) Apple Pay・Google Pay Apple Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 JCBブランドのみGoogle Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 ポイント付与については (VISA・マスターについてはVIASO参照).

次の

ポイント高還元率マスターカードはどれ?おすすめの6カードを徹底解説!

リクルートカード マスター

【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス クレジットカードのポイント還元率とは? 基本をおさらい ポイント還元率が高いマスターカードを紹介する前に、クレジットカードのポイント還元率についての基本をおさらいしておきましょう。 もしかしたら「思っていたのと違った…!」という方もいるかもしれないので、チェックしてみてください。 ポイント還元率とは「 クレジットカードの利用金額に対して、得たポイントが何円相当か」という比率のことをいいます。 クレジットカードの紹介文などで 「利用金額100円につき1ポイント」と記載されているとき、この情報だけではポイント還元率を求めることはできません。 なぜなら、利用金額100円に対して得ることができた1ポイントが、一体 何円相当かが分からないからです。 上記の情報で求めることができるのはポイント還元率ではなく 「クレジットカードの利用金額に対して得られるポイントの比率」であるポイント付与率なので、ご注意ください。 ポイント付与率ではほかのカードとの価値比較ができませんので、ご注意ください。 ポイント還元率の高いおすすめマスターカード6選 ではさっそく、ポイント還元率が高いマスターカードをご紹介していきます。 年会費が無料のものを多く紹介していますので、気軽に申込めるかと思います。 ポイント還元率が高いマスターカードをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。 楽天カード 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 は、楽天が発行するクレジットカードのなかで最もベーシックかつ人気のカードで、年会費は 永年無料です。 海外旅行傷害保険 最大2,000万円まで や カード盗難保険が付帯しているだけではなく、 不正利用や楽天市場における商品未着などトラブルに対するセキュリティ対策が多く備わっており安心のカードとなっています。 楽天カードでは、 100円 税別 につきが1ポイント貯まります。 ふだんネットショッピングをよく利用するという方も、 多様なサービスが揃っている楽天グループサービスにシフトすればお得にポイントを貯めることができますよ。 優待店舗は時期によって入れ替わることがありますが、常になんらかの優待店舗が用意されています。 お得にポイントを獲得するときは、楽天カード会員専用オンラインサービス 「楽天e-NAVI」からエントリーのうえ、楽天カードで支払いをするだけでOKです。 代表的な優待店舗とそのポイント倍率は、以下のとおりです。 【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ はドコモが発行しているクレジットカードで、年会費は 永年無料です。 旅行保険は付帯していないのですが、 携帯電話の紛失・盗難に遭ったり修理不能となった場合に、購入から1年以内であれば同機種・同カラーの新端末を購入する際の費用の一部を補償してもらうことができます。 また、 お買いものあんしん保険が年間100万円まで、 カードの不正使用といったトラブルにも補償制度が設けられているので安心です。 dカードでは、 100円 税込 につきが1ポイント貯まります。 dカード特約店には、 dカードの利用額に応じてdポイントが貯まる店舗と、 iDの利用額に応じてdポイントが貯まる店舗の2種類がありますのでご注意ください。 dカードの特約店一覧• 上記で紹介したdカード特約店はdカードもしくはiDでの決済をすることがポイント加算の条件でしたが、dカード加盟店は dカードを提示すれば現金払いであっても加盟店ポイントを貯めることができるのです。 「クレジットカード機能を使いすぎるのは心配…」という方には特におすすめといえます。 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社 は、三井住友カードがアマゾンジャパンと提携して発行しているクレジットカードです。 年会費は 初年度無料で、2年目以降は 1,375円 税込 が発生しますが、 年に1回以上カードを利用すれば翌年度の年会費が無料になります。 旅行保険は付帯していないのですが、 年間100万円までのお買いもの安心保険が付帯しているので安心です。 非常に高い還元率なので、 Amazon決済用のクレジットカードとして持っておくのもおすすめです。 ただし、そのポイント還元率をさらに高める方法があるのです。 それは「 マイ・ペイすリボ」の利用です。 「マイ・ペイすリボ」とはショッピング1回払い利用分が自動的にになる支払い方法のことで、 自分でリボ払いに変更したりお店でその旨を伝える必要がありません。 Amazon Mastercardクラシックでは 請求月に「リボ払い手数料」の請求があれば、Amazon以外の利用分のポイント還元率が 1. リクルートカード 【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス はリクルート社が発行しているクレジットカードで、年会費は 永年無料です。 海外旅行傷害保険 最大2,000万円まで と 国内旅行傷害 最大1,000万円まで が利用付帯しているほか、 ショッピング保険も国内・海外問わず年間200万円まで補償を受けることができます。 リクルートカードではが貯まり、その基本還元率は 1. また、リクルートポイント1ポイント=1ポイントの比率で交換することで、 Ponta提携店舗でポイントを利用することができるようになります。 最大21. 1つめは、 ポンパレモールの利用です。 さらに、お買いものの際に リクルートカードで決済をすると基本ポイント還元率である1. 2つめは、 じゃらんnetの利用です。 さらに、上記で紹介したポンパレモール同様、リクルートカードで決済をすると基本ポイント還元率である1. 3つめは、 HOT Pepper グルメ・Beautyの利用です。 また、よりHOT Pepper Beautyをお得に利用したいという場合は、 クーポンを利用して予約をするのがおすすめです。 ただしもっとお得に利用したいと思うなら、 リクルートカードでの決済は欠かせませんよね。 どこでも1. そして、これらの支払いでも 1. 毎月発生する支払いをリクルートカードからおこなえば、あっという間にたくさんのポイントが貯まっていること間違いなしですね。 オリコカード THE POINT 【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション オリコカード THE POINTはオリエントコーポレーションが発行するの1つで、年会費は 永年無料です。 旅行保険は付帯していないのですが、 カードの紛失・盗難に遭って不正使用されてしまった場合でも60日前にさかのぼり損害を補償してもらうことができます。 オリコカードでは、 100円 税込 につきが1ポイント貯まります。 この期間に貯めることができるオリコポイントは 5,000オリコポイントと上限が設けられていますが、非常にお得にポイントを貯めることができるのでおすすめです。 特別加算については一部対象外の店舗がありますが、それでも1. JAPANカード 【PR】Sponsored by ワイジェイカード株式会社 「ヤフーカード」の愛称で親しまれているYahoo! JAPANカードはヤフーグループのワイジェイカード株式会社が発行するクレジットカードの1つで、年会費は 永年無料です。 旅行保険は付帯していないのですが、 ヤフーカードで購入した商品が届いてすぐ破損したり盗まれてしまった場合に補償してもらえるショッピングガード保険が付帯しているので安心です。 さらに、 月額490円 税抜 を支払っておけば「 プラチナ補償」に加入することができます。 「プラチナ補償」では、 お買いものの補償はもちろん、体調不良などによって発生したキャンセル料を補償してもらうことが可能です。 ヤフーカードでは、 100円 税込 につきが1ポイント貯まります。 ショッピング・LOHACOの利用がお得 Yahoo! 内訳は以下のとおりです。 Yahoo! ショッピング・LOHACOでヤフーカードを利用したときの特典• Yahoo! ショッピング・LOHACOでのネットショッピングをおすすめします。 ポイント還元率が高いマスターカードまとめ 本記事では、ポイント還元率が高いおすすめマスターカード6選をご紹介しました。 ポイント還元率は「 クレジットカードの利用金額に対して、得たポイントが何円相当か」の比率のことで、 ポイント付与率と間違えることのないように注意してくださいね。 また、おすすめマスターカード6選については ほとんどが年会費無料のものなので、気軽に申込みやすいものばかりです。 Amazon Mastercardクラシックのみ2年目以降の年会費が発生しますが、 前年度に1回でのカード利用をするだけで年会費が無料になるので、実質年会費無料のカードといっていいでしょう。 楽天カードは 楽天グループサービス、リクルートカードは リクルートポイント参画サービスでお得にポイントが貯まります。 また、リクルートカードで貯まる リクルートポイントはPontaポイントへの交換が可能なので使い勝手がよいです。 Amazon Mastercardクラシックは Amazonでの利用はもちろん、 マイ・ペイすリボに申込んでおくと 1. オリコカードとヤフーカードも、ポイントをざくざく貯めやすいしくみが盛りだくさんとなっています。 本記事を参考に、 自身の利用するお店やサービスに応じて1番お得にポイントを貯められるマスターカードを見つけてみてくださいね。

次の

リクルートカードのMasterCard(マスターカード)、VISA、JCBの違いを比較!

リクルートカード マスター

もう一つのチャージ方法はクレジットカードからになります。 au PAYチャージに利用できるクレジットカード JCB セゾンカード、TS CUBIC カード VISA au PAY クレジットカード、セゾンカード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBIC カード、エポスカード Mastercard(マスターカード) クレジットカード発行元に限らず全てOK AMEX(アメックス) つまり、「リクルートカード」のうち、VISA・Mastercard(マスターカード)ブランドのものなら、「au PAY(auペイ)」に登録してチャージに利用できます。 つまり、「リクルートカード」のうち、VISA・Mastercard(マスターカード)ブランドのものなら、「au PAY(auペイ)」に登録してチャージに利用できます。 「リクルートカード」で貯めたポイントの使い方は? 「au PAY(auペイ)」に「リクルートカード」を登録できない原因は? 「au PAY(auペイ)」にカードを登録できない場合は、以下の理由が考えられます。 ・本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード ・対象外のクレジットカード ・有効期限切れ、利用停止などで無効なカード もし手持ちの「リクルートカード」が登録できないとしたら原因は、 ・ 上記いずれか もしくは ・ 「リクルートカード」の本人認証をまだ登録していない などが考えられます。 「リクルートカード」の本人認証登録は公式サイトに説明があります。 (現金チャージの上限額は1日あたり50万円) 「リクルートカード」はおすすめ 「au PAY(auペイ)」に「リクルートカード」は登録できます。 「リクルートカード」は還元率1. 年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 1. 2%~ ポイント リクルートポイント 付帯保険 海外旅行:最高2000万円(利用付帯) 国内旅行:最高1000万円(利用付帯) Apple Pay・Google Pay Apple Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 JCBブランドのみGoogle Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 ポイント付与については (VISA・マスターについてはVIASO参照).

次の