快気祝い言葉。 🆓のし紙(熨斗)|💗無料ダウンロード「かわいい」雛形・テンプレート素材

成人式【お祝いの言葉】例文集!教え子や友達、子供へのメッセージは?

快気祝い言葉

日本の長寿のお祝いの一つとして古希(こき)のお祝いがあります。 還暦は知っている方がほとんどだと思いますが、還暦以降も長寿のお祝いはたくさん続きます。 そして還暦のお祝いの次のお祝いとして古希がありますが、近年では日本の平均寿命も延びてきて実際の長寿のお祝いとして盛大にお祝いするのは古希からという方も増えてきています。 ここでは古希は実際に何歳でどのようなお祝いをしてどのような言葉を贈るのがふさわしいかをご紹介したいと思います。 古希とは?何歳でお祝いするの? 古希(こき)とは 数え年の70歳でお祝いする日本の長寿のお祝いの一つです。 唐の時代の中国に「杜甫」という詩人がいましたが、彼の「曲江」という詩の中に「人生七十古来稀なり」という当時の一節から由来しているといわれています。 昔は人生50年というのが一般的な考えで、70歳を迎えられるというのは、非常に稀だという意味からも、古希がお祝いされるようになったと言われています。 現在では「稀」という漢字は常用漢字漢字にはないため「希」に変わったとされています。 古稀のイメージカラーは? 長寿のお祝いにはそれぞれを象徴する色があり、プレゼントのテーマカラーになったりしています。 テーマカラーは還暦では赤ですが、古希では紫がテーマカラーになっています。 紫色は、「高貴なイメージで位の高い人にだけ許されていた色」なので、70歳になる方への敬意といたわりの意味から、古希の色となったとされています。 古稀のお祝いで贈る言葉 古希の年齢は昔の70歳と違ってまだまだ元気な方が多く、これからも変わらず元気にいてもらえるようなメッセージを届けられるようにすることがおすすめです。 主役とのエピソードなどを織り交ぜながら例文を参考にしてオリジナルのメッセージを贈ればきっと喜んでもらえること間違いないです。 これからも長い人生、自分の思うようにお母さんと一緒にたくさん楽しんでください。 健康第一で、いつまでも元気で長生きしてください。 例: 古希おめでとうございます。 いつも私たちを見守ってくれてありがとうございます。 これからも無理をしないで元気に長生きしてください。 つも私たち家族のことを気にかけてくれて本当にありがとう。 心から感謝しています。 いつまでも、元気でお父さんと仲良くいてください。 例: 古稀おめでとう。 今まで沢山迷惑かけてきたけれど、私たちの事をいつも助けてくれてありがとう。 これからは私たちが助けて行けるようにしますので、たくさん長生きしてください。 孫たちもばぁばがいつも元気で遊びに来てくれることを願ってます。 まだ小さな孫からお祝いの言葉などは特に嬉しいです。 短くても構わないので頑張ってお祝いの言葉がいえるとおじいちゃん・おばあちゃんも何よりも嬉しいお祝いになります。 ずっとずっと元気で長生きしてね。 大好きです。 これからもずっと長生きして近くでいつも見守っていてね。 私が成人したら今度は私が見守ってあげるからね。 いつまでもお元気で明るい我々の目標でいてください。 いつまでも奥様と幸せに健康第一で過ごしてください。 例: 古稀おめでとうございます。 喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿とまだまだこれからもご活躍ください。 現行第一で素敵な歳を重ねて行ってください。 最後に 長寿のお祝いでは長々とたくさんの事を述べるよりも、簡素でも構いませんので、日頃の感謝の気持ちを伝える「ありがとう」や「長生きしてください」など気持ちをストレートに伝えると一番主役の心に響くようです。 思い出深いエピソードなどを少し入れて話しかけるような言葉も主役は「自分の事を気にかけてくれている」、「あの時の事を今でも覚えてくれている」などととても嬉しく感じるものです。 そんな共通の思い出を添えてお祝いの言葉を述べてみてはいかがでしょう。

次の

文例に見る!失礼にならない退院祝いの書き方

快気祝い言葉

日本の長寿のお祝いの一つとして古希(こき)のお祝いがあります。 還暦は知っている方がほとんどだと思いますが、還暦以降も長寿のお祝いはたくさん続きます。 そして還暦のお祝いの次のお祝いとして古希がありますが、近年では日本の平均寿命も延びてきて実際の長寿のお祝いとして盛大にお祝いするのは古希からという方も増えてきています。 ここでは古希は実際に何歳でどのようなお祝いをしてどのような言葉を贈るのがふさわしいかをご紹介したいと思います。 古希とは?何歳でお祝いするの? 古希(こき)とは 数え年の70歳でお祝いする日本の長寿のお祝いの一つです。 唐の時代の中国に「杜甫」という詩人がいましたが、彼の「曲江」という詩の中に「人生七十古来稀なり」という当時の一節から由来しているといわれています。 昔は人生50年というのが一般的な考えで、70歳を迎えられるというのは、非常に稀だという意味からも、古希がお祝いされるようになったと言われています。 現在では「稀」という漢字は常用漢字漢字にはないため「希」に変わったとされています。 古稀のイメージカラーは? 長寿のお祝いにはそれぞれを象徴する色があり、プレゼントのテーマカラーになったりしています。 テーマカラーは還暦では赤ですが、古希では紫がテーマカラーになっています。 紫色は、「高貴なイメージで位の高い人にだけ許されていた色」なので、70歳になる方への敬意といたわりの意味から、古希の色となったとされています。 古稀のお祝いで贈る言葉 古希の年齢は昔の70歳と違ってまだまだ元気な方が多く、これからも変わらず元気にいてもらえるようなメッセージを届けられるようにすることがおすすめです。 主役とのエピソードなどを織り交ぜながら例文を参考にしてオリジナルのメッセージを贈ればきっと喜んでもらえること間違いないです。 これからも長い人生、自分の思うようにお母さんと一緒にたくさん楽しんでください。 健康第一で、いつまでも元気で長生きしてください。 例: 古希おめでとうございます。 いつも私たちを見守ってくれてありがとうございます。 これからも無理をしないで元気に長生きしてください。 つも私たち家族のことを気にかけてくれて本当にありがとう。 心から感謝しています。 いつまでも、元気でお父さんと仲良くいてください。 例: 古稀おめでとう。 今まで沢山迷惑かけてきたけれど、私たちの事をいつも助けてくれてありがとう。 これからは私たちが助けて行けるようにしますので、たくさん長生きしてください。 孫たちもばぁばがいつも元気で遊びに来てくれることを願ってます。 まだ小さな孫からお祝いの言葉などは特に嬉しいです。 短くても構わないので頑張ってお祝いの言葉がいえるとおじいちゃん・おばあちゃんも何よりも嬉しいお祝いになります。 ずっとずっと元気で長生きしてね。 大好きです。 これからもずっと長生きして近くでいつも見守っていてね。 私が成人したら今度は私が見守ってあげるからね。 いつまでもお元気で明るい我々の目標でいてください。 いつまでも奥様と幸せに健康第一で過ごしてください。 例: 古稀おめでとうございます。 喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿とまだまだこれからもご活躍ください。 現行第一で素敵な歳を重ねて行ってください。 最後に 長寿のお祝いでは長々とたくさんの事を述べるよりも、簡素でも構いませんので、日頃の感謝の気持ちを伝える「ありがとう」や「長生きしてください」など気持ちをストレートに伝えると一番主役の心に響くようです。 思い出深いエピソードなどを少し入れて話しかけるような言葉も主役は「自分の事を気にかけてくれている」、「あの時の事を今でも覚えてくれている」などととても嬉しく感じるものです。 そんな共通の思い出を添えてお祝いの言葉を述べてみてはいかがでしょう。

次の

古希とは?古希のお祝いに贈る言葉 【ポジション別文例集】

快気祝い言葉

病気が完治していない場合での退院、不慮の事故による退院など「おめでとう」の言葉がふさわしくない場合があります。 その場合は「退院できてよかったですね。 」などに言い換えて言葉をかけましょう。 「退院おめでとう」 退院してから初めてあった時にかける言葉。 退院おめでとうございます。 ご快癒[カイユ]、おめでとうございます。 ご退院おめでとうございます。 ホッとなさったでしょうね。 ご退院おめでとうございます。 大事に至らず、本当に良かったです。 ご退院おめでとうございます。 病院でのお暮らしは、さぞお辛かったことでしょう。 しばらくはごゆっくりとご静養[セイヨウ]ください。 ご退院おめでとうございます。 ご養生[ヨウジョウ]の甲斐がありましたね。 ご退院おめでとう。 退院おめでとうございます。 職場で知らせを受け、本当に安心いたしました。 先週末に無事に退院されたとのこと、本当によかったですね。 「全快おめでとう」 「全快おめでとう」の言い方と言い換え。 全快おめでとうございます。 全快おめでとう。 すっかり元気になって本当に良かったよ。 ご全快なさったとのこと、伺[ウカガ]いました。 ご家族もさぞお喜びのことでしょう。 ご全快されたそうで、本当に何よりです。 おめでとうございます。 ご全快おめでとうございます。 ご全快おめでとうございます。 ご家族の皆様もさぞご安心なさいましたでしょう。 病気が全快なさって本当に良かったです。 顔色もよろしいようで、ホッとしました。 営業部一同、お元気に職場へ復帰されることを心待ちにしております。 「退院できて良かったです」 退院した人に喜びを伝える一言。 「退院できて良かったです」の言い方と言い換え。 早く退院できてよかったですね。 この度は、ご病気で大変なご苦労をされたことと思います。 思っていたよりも早く退院できて良かったです。 この度はたいへんな手術だったそうですね。 先日、退院されたと伺いほっとしました。 職場復帰されるのを皆で心待ちにしております。 来月には勤務先へご復帰されるそうで、本当によかったですね。 この度は、ご病気で大変なご苦労をされたことと思います。 入院前よりお元気そうで、本当に良かったです。 ご病気の全快[ゼンカイ]、心よりお喜び申し上げます。 この度は、思わぬ事故で大変なご苦労をされたましたね。 ご退院なされたとのこと、誠に喜ばしく存じます。 思いのほか早いご退院とのこと、安心しました。 ご病気快癒[カイユ]とお伺[ウカガ]いいたし、心からうれしく思います。 思いのほか、すみやかなご退院と伺[ウカガ]いました。 何よりでしたね。 この度、ご完治[カンチ]なさったとのこと、何よりでございました。 ご退院が早かったのは、日頃のご壮健[ソウケン]のたまものでしょうね。 「ご無理をなさいませんよう」 退院した人を気遣う一言。 「ご無理をなさいませんよう」の言い方と言い換え。 どうかご無理をなさいませんよう、ご自宅に帰られてもお大事にしてください。 ご退院後はご自宅での療養に専念され、くれぐれもご無理をなさいませんように。 まだあまり無理をなさらないようにしてください。 当分の間はリハビリが必要だそうで、無理などなさらず療養に専念してください。 この度、順調にご回復なされたとのこと、本当にうれしく思います。 くれぐれもご無理をなさいませんように。 ご退院後もどうぞ無理をされず、しばらくはゆっくりお休みになってください。

次の