クラム チャウダー 作り方。 プロ直伝! 濃厚クラムチャウダーのレシピ。あさりのうまみを最大限に引き出す、3つのコツ。

シェフが教える最高においしい「クラムチャウダー」の作り方

クラム チャウダー 作り方

クラムチャウダーの種類について クラムチャウダーと聞くと白いクリームスープを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はクラムチャウダーにはニューイングランド風・マンハッタン風・ロードアイランド風の3種類があるのはご存知でしたか? まずニューイングランド風は、私たちがよく目にするクリームスープ状のクラムチャウダー。 さいの目切りにした野菜と貝を炒めた後小麦粉・牛乳でクリームスープに仕上げるのが一般的です。 次にマンハッタン風は、トマトとコンソメを使ってさらっと仕上げたトマトスープです。 仕上げにタバスコを加えてピリ辛に仕上げるのがポイントになっています。 最後のロードアイランド風は、あっさりとした印象の清汁仕立てのスープ。 上の2つよりもマイナーですが、貝の旨みを堪能したい方にはとてもおすすめ。 それぞれ違った個性があるので、ぜひ自分の好きなレシピを探してみるといいかもしれませんね。 クラムチャウダーのカロリーについて こっくりとした味わいで子供から大人まで大人気のクラムチャウダーですが、実は一人前約370キロカロリーとかなりハイカロリーな食べ物なんです。 なぜこんなにもカロリーが高いのかというと、トロっとしたホワイトソースを作るにあたって大量に生クリームやバターを使用してしまうからなんです。 さらに糖質が多い芋や肉類などを多く加えてしまってもカロリーアップの原因になってしまうよう。 なので、クラムチャウダーを作る際には生クリームやバターの代わりに低脂肪乳や豆乳を使い、キャベツや玉ねぎなど低糖質のものをたくさん入れるようにしましょう。 また肉の量を減らして魚介の量を増やしてもカロリーダウンに繋がります。 さらに作り方だけでなく、付け合わせのご飯やパンの量に注意したり、代謝のために温めてから食べたりすることも重要です。 まずカットした野菜とベーコン・コーンをバターで炒めましょう。 その後アサリを加えて煮込み、野菜が柔らかくなったタイミングで牛乳を入れます。 ひと煮立ちしたら塩胡椒で味をととのえて出来上があり。 あさりの水煮缶は汁ごと使うと風味が増すのでおすすめ。 スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

クラムチャウダーであさりなしの作り方!意味と国はどこが発祥なの?

クラム チャウダー 作り方

クラムチャウダーの種類について クラムチャウダーと聞くと白いクリームスープを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はクラムチャウダーにはニューイングランド風・マンハッタン風・ロードアイランド風の3種類があるのはご存知でしたか? まずニューイングランド風は、私たちがよく目にするクリームスープ状のクラムチャウダー。 さいの目切りにした野菜と貝を炒めた後小麦粉・牛乳でクリームスープに仕上げるのが一般的です。 次にマンハッタン風は、トマトとコンソメを使ってさらっと仕上げたトマトスープです。 仕上げにタバスコを加えてピリ辛に仕上げるのがポイントになっています。 最後のロードアイランド風は、あっさりとした印象の清汁仕立てのスープ。 上の2つよりもマイナーですが、貝の旨みを堪能したい方にはとてもおすすめ。 それぞれ違った個性があるので、ぜひ自分の好きなレシピを探してみるといいかもしれませんね。 クラムチャウダーのカロリーについて こっくりとした味わいで子供から大人まで大人気のクラムチャウダーですが、実は一人前約370キロカロリーとかなりハイカロリーな食べ物なんです。 なぜこんなにもカロリーが高いのかというと、トロっとしたホワイトソースを作るにあたって大量に生クリームやバターを使用してしまうからなんです。 さらに糖質が多い芋や肉類などを多く加えてしまってもカロリーアップの原因になってしまうよう。 なので、クラムチャウダーを作る際には生クリームやバターの代わりに低脂肪乳や豆乳を使い、キャベツや玉ねぎなど低糖質のものをたくさん入れるようにしましょう。 また肉の量を減らして魚介の量を増やしてもカロリーダウンに繋がります。 さらに作り方だけでなく、付け合わせのご飯やパンの量に注意したり、代謝のために温めてから食べたりすることも重要です。 まずカットした野菜とベーコン・コーンをバターで炒めましょう。 その後アサリを加えて煮込み、野菜が柔らかくなったタイミングで牛乳を入れます。 ひと煮立ちしたら塩胡椒で味をととのえて出来上があり。 あさりの水煮缶は汁ごと使うと風味が増すのでおすすめ。 スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

プロ直伝! 濃厚クラムチャウダーのレシピ。あさりのうまみを最大限に引き出す、3つのコツ。

クラム チャウダー 作り方

出張料理人のガッキーです。 寒い日が続いていますね。 そんな日は温かいスープが飲みたくなりますよね。 本日ご紹介するのは、 「クラムチャウダー」です。 クリーミーで貝の旨味を存分に楽しむことができるクラムチャウダー。 まずはどんな料理なのか簡単に、雑学程度にお話します。 レシピだけでいいよ!という方は、下の目次からレシピ部分まで飛んでくださいね。 クラムチャウダーとは? そもそも、クラムチャウダーはどこの料理なのでしょうか? クリーミーな感じだしフレンチ? それともイタリア?イギリス?アメリカ? 正解は アメリカなんです。 諸説ありますが、アメリカの東海岸ニューイングランドが発祥と言われています。 クラム 食用の2枚貝でアサリやハマグリ を使った、ベーコンや玉ねぎなどの野菜が入ったスープです。 クラムチャウダーは2種類ある なんとクラムチャウダーには、 ニューインングランド風 と マンハッタン風 があります。 ニューイングランド風はおそらくメジャーな方で、クリームスープです。 マンハッタン風はトマトベースになります。 マンハッタン風もおいしそうですが、今回はニューイングランド風のクリーミーなクラムチャウダーを作っていきます。 【砂抜き不要】クラムチャウダーのアサリは「缶詰」がオススメ! 僕は 缶詰料理王なので缶詰のアサリを使います。 フレッシュのアサリは確かにおいしいです。 しかし、砂抜きは時間がかかります。 砂抜きを怠ると口の中でジャリっと音がして、せっかくおいしいクラムチャウダーができてもテンションが下がってしまいます。 また、食べやすいようにと殻から外す手間もありめんどくさいですよね。 缶詰を使うと砂抜き・殻剥きをしなくていいんです。 そして今回使ったマルハニチロさんのあさり水煮缶は、定価350円で40〜50身くらいつまっていたので、結構お得な感じです。 小さな缶にぎっしりと入っていました。 この缶の汁も貝の旨味が詰まっているので、そのまま使います。 あさり水煮2缶 1缶でも十分ですが具沢山にしたくて2缶使いました。 セロリをいれる場合もあるみたいですが、苦手な方もいると思い、今回は使用しませんでした。 好きな方は入れてみてください。 仕上げに生クリームを少しいれると、更に濃厚でリッチなクラムチャウダーになります。 人参は、ジャガイモは皮をむき、玉ねぎよりやや小さめの角切りにします。 ベーコンは玉ねぎと同じ大きさの角切り、もしくは色紙切りします。 ベーコンからいい香りがしてきたら、カットした野菜をすべていれて、3つまみほど塩を入れます。 ・水分を飛ばす ・ベーコンの香りのついたオイルを野菜に馴染ませる ・野菜に火をいれる このポイントを押さえながら、弱火で炒めていきます。 野菜がしんなりしてきたら、玉ねぎを味見してみましょう。 甘みがしっかりでてきたらバター・小麦粉をいれます。 焦がさないように木じゃくしでしっかり混ぜながら、弱火で3分ほど炒めます。 3分たったら、白ワインをいれてアルコールを飛ばします。 アルコールが飛んだら、 マッシュルーム缶、アサリ缶を汁ごと入れます。 沸騰したら弱火にし、10分から15分ほど煮込みます。 とろみがついてきたら味見をし、塩、ブラックペッパーで味を調整して完成です。 仕上げにパセリやチャービルをかざりましょう! 濃厚で美味しいので、 「今まで食べたクラムチャウダーと、くらべちゃいなー」 最高においしい「クラムチャウダー」のポイント 小麦粉をしっかり炒める バターをいれて小麦粉で炒めるのは、ホワイトソースを作る時と同じ原理です。 目的はとろみをつけることにあります。 小麦粉をしっかりと炒めて、粉に火を通さないと粉臭い味になってしまいます。 焦げやすいので弱火で、ゆっくりと混ぜながら小麦粉に火をいれていきましょう。 食べてみましょう それでは 恒例の実食!.

次の