打 首 獄門 同好 会 junko 仕事。 打首獄門同好会の経歴と junkoの年齢は?天の声ゴールドが元同僚!『スッキリ』

打首獄門同好会 ONLINE SHOP

打 首 獄門 同好 会 junko 仕事

バカリズムがメインMCを務める音楽番組『バズリズム02』(日本テレビ系)。 10月11日放送回では、トークゲストに打首獄門同好会が登場した。 打首獄門同好会『獄至十五』 今回は、打首獄門同好会にまつわる5枚の写真をもとにバンドの歴史を振り返っていく企画を実施。 昨年12月に還暦を迎えたことを発表して話題になったベースのjunkoは、2006年からバンドに加入。 以前から知り合いだった打首について「変なバンド」だと思っていたjunkoは、「すごく真面目なギャルバン」をやっていたことを明かし、バカリズムから「その頃もうすでに40代ですよね」と突っ込まれると、苦笑いを浮かべ「そうなんです」と認めていた。 また、junkoは1年前の59歳からキックボクシングを始めたらしく、その理由に「ステージから落ちて骨折したことがあって。 それでかばって歩いていたら腰痛がきて。 筋力つけた方がいいって」と言われたことを話すと、バカリズムから「筋力つける前にまずあんま無理しない方がいい」ともっともな心配をされ、打首メンバーの笑いをさらっていた。 大澤敦史は骨折したライブについて、「止めたんですよ。 『このステージの構造は飛んだら危ないからね』って。 客席とステージの間を……」と落ちていった際の様子を身振り手振りで再現した。 さらに番組では「junko伝説」と称して、「鎖が好きすぎてベースのストラップにしている」「ロックバンド界No. 1の激辛好き」のエピソードを展開。 鎖ストラップの弾き心地を聞かれたjunkoは、「痛いっていうのが分からないんですよね」とコメント。 バカリズムから「そういう体つきになってきてるんですかね」と返され、「格闘家になるべくしてなった」と鎖関係なしのコメントをする一幕もあった。

次の

打首獄門同好会のjunko、60歳でも「死ぬまでギャル服」

打 首 獄門 同好 会 junko 仕事

本人曰く 「右手では物を扱うことができない」とのこと。 出典:打首獄門同好会公式Twitter こんなにも激しく頭を振って、髪を振り乱しながら格好良く演奏しているのですよ!? ですが、これは事実なのです!!! 2018年12月20日に品川ステラボールという会場で行われた 「junkoさんお誕生日会」において 初めて年齢を公表されていました。 junkoさん曰く 「特に年齢を隠してきたわけじゃないけど、公表していなかった」とのことです。 しかも、このバンドに加入したのは47歳の時! そして、このライブでファンの皆さんに対して 「60歳を迎えます。 メンバーとは親子ぐらい歳が離れています」と挨拶した後、 「髪の毛を切る気はないし、一生ギャル服を着続けます。 あと私がダイブする時は、落とさないように死ぬ気で支えてほしい」とお願いをしたそうです。 この衝撃は大きく、twitterのトレンドではしばらくの間1位だったほどでした。 出典:打首獄門同好会公式Twitter 名前:河本 あすか かわもと あすか 担当:ドラム、ボーカル 出身地:瀬戸内のとある島 身長:158㎝ 好きな動物:猫 打首結成時からのオリジナルメンバーとして主要な役割を担っています。 mixiコミュニティの管理・物販管理・ライブ中の告知CMなども担当しています。 先程、農林水産省にて任命式を終えまして また総理官邸にて、内閣総理大臣を表敬訪問させていただきました。 ・メンバーはjunkoさん他、大澤さんと河本さんの男女3人組のスリーピースバンド。

次の

打首獄門同好会・junkoさん「還暦で年齢を公表して人生が変わった」

打 首 獄門 同好 会 junko 仕事

僕が敬愛してやまないバンド、。 junkoさん還暦 junkoさんお誕生日会、終了〜! 祝いに来てくれた皆さん、ありがとうございました! というわけで、衝撃の事実を明らかにしたわけですが ベースjunko、 本日をもって満60歳、還暦を迎えました!おめでとう〜! もしかしたら俺たちは、人類の奇跡を目撃しているのかもしれないな。 — uchikubigokumon 高輪やのなんて比じゃない。 が過ぎる。 などと、よく分からないことを思ったものだ。 おい違和感、仕事しろ。 打首らしいほのぼの秘話 もともとは年齢非公開のバンドだった。 その見ためと普段の落ち着いたようすから、全員30代中盤~後半くらいだと思っていたのだが、 junkoさんと他のメンバー『大澤敦史』氏と『河本あす香』さんとは、20歳以上離れているという発言があったので、junkoさん以外の年齢は大体合っていそうだ 想像をかるーく超える事実をブチ込んできた。 犬の散歩をしている優しそうなおじいさんが、手に持った透明な袋から犬のフンをおもむろに取り出して 咀嚼 ( そしゃく )しはじめたと思っていたらカリントウだった、くらいの衝撃だ。 加入時のエピソードもまた、らしいユルくほのぼのしていてイイ。 築きあげてきた打首ブランドに違わない秘話だ。 「のベースjunkoさんが還暦に」のニュースが想像以上に世間に衝撃を与えているようで それに伴い 「なぜ20以上も歳が離れてる3人が組むことになったのか」 「ていうか他2人はいつからこの事実を知っていたのか」 という疑問がけっこうあるようなので、我々の歴史を描いてみました。 — uchikubigokumon 生活密着型とは 今回の発表もそうだが、以前より自ら 生活密着型というジャンルを掲げているは、業界に可能性を見出した稀有なバンドだと思っている。 を知らない人は、ひとまずこの辺を聴いてみたらどういうバンドか分かりやすいのではないだろうか。 日本のお米へのラブソング 冬寒いやんね、でも頑張って布団から出てえらいねって曲 お風呂入ってすぐ寝たり、休みの日にして昼まで寝たりするんメッチャええよねって曲 友情出演にのkenken氏 おいしいよねって曲 PVの中央がjunkoさんだ 四の五のいわず歯医者にGO。 他にも、焼き鳥、、、、、、などに愛を叫ぶ曲、AGAとかゴキさんとか怖いやんねって感じの曲なんかもある。 じつに平和な曲ばかりが揃っている。 また共通するのは、 どの曲も歌詞が面白くメロディーもキャッチーだけど、音はヘビーという点だ。 はじめて聴いた時、発明だと思った。 あと、曲の展開は巧みだし、パロディの入れかたも超ウマい。 大澤会長ハンパないって。 のハードなリアル さて唐突だが、 の界隈というのは超ハードだ。 基本的にステージングは激しいし演奏は難しいし、遠征に行けば狭い車に"すし詰め"状態で5~600km走ることもザラにある。 ライブに出れば、対バン相手には99,974%の確率で全身刺青の入った強面のお兄さんがいるし、ライブは大衆の体臭と汗とヘドバン・・ダイブとが飛び交うの映画と見紛うような激しさでお送りされている。 失礼、言葉が乱れてしまった。 大声と暴力と吐瀉物と下品な言葉とタバコの悪臭と悪習が蔓延った、前時代的な風習や人もまだまだ根強く残っているジャンルだ。 余談だが、の界隈はの比ではないくらいにヤバい。 実体験談を多数聞いているが、語彙力が無くなるくらいにはマジヤバい。 べつに悪だなんだと正義を掲げて糾弾する気はない。 特にアルコール関係。 そんなの日常とは程遠い界隈に身をおきながらも、丸出しの生活密着型 褒め言葉 なるジャンルを打ち出し老若男女に愛される存在となったは、攻撃的なクセに保守的でもある界隈のをぶっ壊してくれた。 こちらの方が保守的なようで、よほど攻撃的なのではないだろうか。 攻めてる。 いったいだろうと思うことばかりの、音も曲もMCも似通いがちで、ややもすれば若い世代のファン層が占めるカッコよさと勢いを重視したジャンル。 そんな界隈でオリジナリティ溢れる、ユルくほのぼのとしたピースフルな世界観と音楽的なノリのよさを同居させた作品を確立し、様々な世代からこれだけ支持を集めることができているのは本当にスゴいことだ。 つよい。 若きなんちゃらかんちゃらみたいな 雑 ラウド界隈でも、若い方が商品価値の高いバンドと見られることが多い。 若い頃に売れて今も現役で活躍しているバンドは多々いるが、は長い下積みの後、ようやっと売れてきたバンドだ。 それだけでもよくぞここまで頑張ってくれた、ありがとうと思うのだが、メンバーのjunkoさんはそんなの功績が霞んでしまうくらい、とんでもないことをしてくれた。 junkoさん還暦。 御歳60歳。 オメースゲーな!オッス!オラなのか。 主人公がゴムのやつのDr. くれは的なハッピーかい?ガキども、なのか。 徐々に石仮面でもかぶってUREYYYYYしているのか 夏フェスに出たら灰になるからコレは違う junkoさんと同年齢アーティスト 2018年に60歳を迎えたということは、サポートで加入した2006年時点ですでに48歳だ。 それだけでも、とんでもないことだ。 48歳といえば一般的には、20歳を超えた子供を持つくらい ヘタしたらその子供も結婚して孫が生まれているくらい の年齢だ。 ちょっとググってみたが、 さん、 氏、 ドリカムの氏、 氏などと同い年のようだ。 みなさん第一線で活躍されているアーティストだが、演歌やポップス畑の人たちなので、泥臭く汗臭い畑とはまた違う。 その、なんかこう、そういうすごい感じの修行でもしたのだろうか 語彙力 アラサーあたりになると少なからず衰えを感じはじめてくるし、自分はこのままバンドを続けられるのだろうか?続けてもいいのだろうか?なんてことも思ってくる。 おそらくjunkoさんにもそのような葛藤をしていた時代があっただろうし、今もまだあるかもしれない。 若い世代が活躍しがちな業界で、還暦のかたが第一線でハードなスケジュールをこなしながらゴリゴリの音を奏でている。 アラサー以降の人間にとってjunkoさんは願望であり羨望であり渇望する未来でもあり、とにかく勇気と元気とやる気をもらえたのだ。 siriを爆破する女、junko 僕はつねづね、バンドはエンターテイメントだと思っている。 エンターテイメントには、人を喜ばせたり楽しませたり感動させたり夢を持ってもらえたりする力がある。 年齢を公表されただけで、心が躍った。 ワクワクした。 おいアラサー、早々に老けこんで干からびてるんじゃねーぞ、還暦だって頑張ってんだぞ、と喝を入れられsiriを爆破された気がした。 真綿で首を絞められるような、siriがジワジワと熱くなっていくような。 それが今回のjunkoさんの発表で、siriの火が爆破されてしまった。 火がついている状態ならば追いつめられているが、爆発してしまえば火は消えるし重たいsiriもあげることができる。 siriの火を消して心に光を灯してくれたのだ(うまくない) =最高のエンターテイナー集団 年を重ねてもバンドはできる。 年を重ねても若々しく在ることができる。 年を重ねても多くの人にエンターテイメントを提供できる。 オッケー分かった、俺たちも負けてらんねーな、やってやろうじゃないか。 そう思わせてくれたのだ。 世間なんて、一般論なんて、どうだっていいんだ。 大切なのは自分がどう生きてどう在りたいかだろう、と。 なんだよ、 最高のエンターテイナー集団じゃないか。 若い世代特有の勢いあるバイタリティとメンタリティ、努力と根性と気合いも大切なのかもしれないが、アとセンスと人柄と、を活用したセルフでここまで来れるということを身をもって示してくれた。 これは一筋の光だ。 若さは売りの1つでしかなく、べつに若くなくともヤりようによっては何歳でもチャンスはある。 そういった可能性をしめしてくれた。 努力は夢中に勝てないとはよくいったものだ。 3人揃って 今さら説明不要だとは思うが、バンド全体のアンサンブルの強固さや、 大澤会長の人柄とセンスが神がかっていることや、 あす香さんのパワフルな歌・強固なリズム・肝っ玉母ちゃんのような懐のふかそうな存在感も、を彼らたらしめる大切な要素だ。 junkoさん還暦というをうけた衝撃と衝動から、つい長々と駄文を書きなぐってしまった。 ぶっちゃけ、junkoさん60歳ってヤバいなスゲー!やっぱ打首ってスゲー!と1行で終わる感想を、学食で出てくるような身が細っそい細っそいエビ天のごとく衣でかさ増ししまくっただけ感が否めないが、後悔はしていない。 junkoさんには古希になってもになっても傘寿になっても、元気に生涯ギャルで生涯バンドを続けてほしいと心から思った。 めでたい。 、ホントいいバンドだよね。 いい曲作らないとだ。

次の