通話 録音 機能。 基本機能一覧

iPhoneの録音機能「ボイスメモ」の裏技!知らないと損!

通話 録音 機能

このアプリは「グループ通話」という機能を使い、第三者との通話が録音用で疑似的な録音を可能としています。 グループ通話をするために事前申し込みを各キャリアで行う必要があるなど、少し手間がかかりますが、このアプリは ダウンロードするだけですぐに使うことができます。 録音するには、ダウンロードしたアプリを起動し、 「起動コード」を入力してください。 画面が切り替わったら、 「録音」ボタンをタップしましょう。 しばらくすると、色々な項目が出てくるので 「通話を追加」を選択。 その後、 「グループ通話」をタップすると、録音が自動的に開始されます。 録音はメールなどで相手に送ることもできるので、とても便利です。 iphoneのホームボタンを1回押してから、ホーム画面を表示してください。 アプリアイコンが一覧で並んでいるところに、 「ボイスメモ」アプリがあるのでタップします。 起動したら、画面下部にある 「赤い丸」を1回タップすると、録音が開始され、同じ場所をもう一度タップすると 「一時停止」します。 一時停止中に、画面右側にある 「完了」を選択すると、名前を付けて保存が完了。 これだけで音声を録音できますし、簡単な編集もできるため自分の都合に合わせて使うことができます。 スポンサーリンク 3.iphoneに挿せる「外付けマイク」を使って録音する方法 「ボイスメモ」アプリを使えば、「録音」はできますがiphoneに搭載されている マイクの性能はあまり高くありません。 そのため大切な音声部分で雑音が入ったり、聞き取りづらかったりするとせっかく録音したものが台無しになるでしょう。 そんな時に役立つのが、 です。 高性能のマイクを外付けすることにより、高品質な録音が可能となります。 嬉しいことに、外付けマイクを使えば「カメラ」アプリから動画を録画するときにも、 高品質な録音ができるんですね。 マイクに汚れが詰まっていると、声をうまく拾えないので録音が上手くいきませんから、マイクの汚れを取り除いてあげてください。 汚れが無いのであれば、iphone内部にエラーが起きている恐れがあるので本体を 「再起動」します。 「スリープ」ボタンを長押しして、画面をスライドすれば電源が落ちるので、その後再び「スリープ」ボタンを長押ししましょう。 再起動が完了したら、録音ができるか 「ボイスメモ」を使って確かめてください。 iphoneの再起動でも、録音が上手くできないならiphone本体、あるいはICレコーダーなどが 故障している可能性があります。 この場合、個人ができる対処はないので、「Appleサポート」に相談するか、購入した機器メーカーに相談しましょう。 スポンサーリンク まとめ ここでは、 iphoenで通話や音声の「録音をする」便利な6つの方法ついて紹介していきました。 録音するには、 「ボイスメモ」というアプリを使ったり、 「外付けマイク」を使用するといった方法があります。 通話を録音したいなら、専用のアプリや通話録音に特化した機器を購入しなければいけません。 録音をしたいと思う場面は、生活を送っていれば多く出くわすので、iphoneで録音できる方法を知っておくと生活がより快適になりますよ!.

次の

Androidスマホで録音する方法!通話・内部音声を録音する機能・アプリ

通話 録音 機能

Androidスマホで外部音声を録音する方法 スマホの音声録音には、 内部音声と外部音声の2種類があります。 内部音声の録音は、動画やゲーム、ラジオなどの スマホから流れている内部音声を録音する機能です。 一方で、外部音声の録音は、会話などの スマホ周辺の外部音声を録音する機能です。 まずは、Androidスマホで外部音声を録音する方法を確認していきましょう。 スマホの標準ボイスレコーダーアプリを使う Androidスマホには、「 音声レコーダー」や「 ボイスレコーダー」などの名称で標準アプリが搭載されています。 Androidスマホで外部音声を録音するには、標準アプリを使う方法が最も早く簡単です。 まず使用しているスマホに ボイスレコーダーアプリがインストールされていないか確認してみましょう。 スマホの待ち受け画面でアプリ一覧のアイコンをタップし、画面をスワイプしてボイスレコーダーアプリを探します。 アプリの名称や配置場所は、スマホによって異なります。 たとえばHUAWEIのスマホであれば「ツール」、Zenfoneであれば「ASUS」というフォルダの中に入っている場合がありますので、注意深く探してみてください。 Google Playストアからダウンロードする 一部機種には、ボイスレコーダーアプリが標準搭載されていません。 その場合はGoogle Playストアから、任意の音声録音アプリをダウンロードしましょう。 アプリストアでダウンロードできる録音アプリには、 Androidスマホに標準搭載されている録音アプリより機能性の高いものもあります。 外部アプリで追加される機能の一例は、以下の通りです。 スマホでの通話が録音できる• 再生スピードの変更ができる• 録音データを自動で文字起こししてくれる 録音アプリをダウンロードする際は、 自分の用途に合った機能を備えているアプリを選択してください。 おすすめの録音アプリ「簡単ボイスレコーダー」 使用するアプリに迷ったときは、「簡単ボイスレコーダー」のダウンロードがおすすめです。 録音時間に制限がなく、長時間の録音ファイルでも高圧縮で保存可能• ウィジェットやショートカット機能を使って、アプリを開かず瞬時にバックグラウンド録音を開始• 録音データはメールやメッセージアプリで簡単に共有可能、着信音への設定もできる 簡単ボイスレコーダーは、簡単に高音質で録音ができるアプリです。 ボイスメモ・会議・音楽の中から シーンに合ったモードを選択することで、最適な音質で音声を録音してくれます。 録音したデータは その場で簡単にシェアでき、ビジネスでの利用にも最適。 その他にも 周囲の雑音やノイズ、マイクなどを調整するチューニング機能や、カラーテーマ選択機能を搭載しています。 スマホはもちろんタブレットにも対応しているため、 用途に合ったデバイスを選択可能です。 通話中に、右上のオプションアイコン(点が縦に3つ連なったもの)をタップ• オプションメニューの中から、「録音」をタップすると録音開始• 画面上部に録音時間が表示される• 録音を停止したいときは、再度画面右上のオプションアイコンをタップ• 「録音を停止」を選択すると録音が停止する 録音した音声は、ダイヤル画面でオプションアイコンをタップして「通話の録音ファイル」を開くか、ボイスレコーダーアプリのリストから確認が可能です。 ただし本機能は稀なため、 基本的には次項で紹介するアプリを利用しましょう。 通話録音ができるアプリを使う Androidスマホで通話を録音する際のおすすめアプリは、通話録音 — ACRです。 あらかじめ設定した条件で着信・発信があった場合、通話を自動録音してくれる• 録音データの日付でのグループ分けや、古い録音データの自動削除機能を搭載• 3gpをはじめさまざまなフォーマットでの保存に対応 通話録音 — ACRは、 アプリを常駐させておくだけで通話を自動録音してくれるアプリです。 通話を録音する相手は、アドレス帳に登録されている番号のみや知らない番号のみなど 細かく条件設定可能。 古い録音データの自動削除機能を活用すれば、スマホのストレージを圧迫する心配もありません。 その他にも 録音を開始するタイミング指定や パスコードロックなど、さまざまな便利機能を搭載。 有料版ではクラウドサービスへの保存などに対応しています。 本商品はマイク付きイヤホンとICレコーダーが一体になった形状をしており、スマホとワイヤレス接続することで イヤホンから聞こえる音と自分が発した言葉を綺麗に録音できます。 使い方は簡単で、 スマホと本商品をBluetooth接続したのち、ICレコーダーの録音ボタンを押すだけ。 通話を高音質で録音してくれるため聞き返しがしやすく、通話中にメモを取る必要もありません。 通常のマイク付きイヤホンと同じように、 音楽再生や通話のみの使用も可能です。 Androidスマホの内部音声を録音する方法 iPhoneでは画面収録機能によって内部音声を録音できますが、 AndroidスマホではGoogle社のポリシーにより内部音声の録音ができません。 しかし アプリを使えば、Androidスマホでも内部音声を録音可能です。 Androidスマホで内部音声を録音する方法として、以下2種類のアプリを紹介します。 フルHDおよびQHDで動画を録画可能で、動画のSDカードへの保存や画質設定、ビットレート・フレームレート設定、スローモーションやテキストおよびロゴの表示など 多様な機能を搭載しています。 時間制限や広告の表示がなく、 すべての機能を無料で利用できるのも嬉しいポイント。 Androidユーザーなら必須のアプリです。 AZスクリーンレコーダーのダウンロードはから。 Androidスマホで録音するときの注意点 Androidスマホを使った録音はワンタッチで手軽に音声を残せる便利な機能ですが、 録音の際にはいくつかの注意点もあります。 続いてAndroidスマホで録音するときに覚えておきたい注意点2つを解説しましょう。 ボイスレコーダーの録音時間を確認する ボイスレコーダーの録音可能時間はアプリにより異なります。 長時間の録音が必要な場面で、上限をオーバーしてしまい録音できなかったというトラブルを避けるためにも、 あらかじめ使用するアプリの録音時間を確認しておきましょう。 アプリによっては時間が無制限のものもありますが、 録音データを保存する端末の容量が少なければ短時間しか録音ができません。 録音時間が無制限のアプリを使用して長時間の録音をする際は、端末の空き容量を十分に確保しておくことが大切です。 また保存に失敗してしまうリスクを避けるためにも、 長時間の録音データは途中でこまめに保存しておくことをおすすめします。 利用場所・著作権に気をつける 録音アプリの中には、録音中の画面がスマホに表示されないバックグラウンド録音に対応しているものがあります。 バックグラウンド録音機能を使えば、 相手に気づかれずに音声を録音することが可能です。 しかしトラブルを避けるためにも、 会話などを録音する際はあらかじめ相手に録音の許可を得ておきましょう。 意図せず他人の声が入らないよう、 利用場所にも配慮が必要です。 また録音アプリで録音したラジオや音楽、動画などには著作権がある場合がほとんど。 利用は個人の範囲にとどめ、 著作権を侵害しないよう十分に注意しましょう。 まとめ Androidスマホで外部音声を録音する機能や、内部音声・通話を録音できるアプリについて解説してきました。 スマホでの録音機能やアプリは、いつも持ち歩いているデバイスで録りたい音声をすぐに録音できる便利な機能です。 本記事で紹介した方法を参考に、著作権や録音時間に気を付けながら、録音機能を十分に活用しましょう。 最後に本記事をおさらいします。

次の

Androidスマホで通話録音する方法は?アプリの評価と使い勝手も紹介!

通話 録音 機能

最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneのボイスメモで録音ができる iPhoneに通話録音機能はありませんが、便利ツールフォルダ内にある「ボイスメモ」Appを使えば、iPhoneを携帯型の録音装置として利用できます。 個人的なメモや教室でのレクチャー、音楽のアイディアなどを録音し、トリミング・再録音・再開などの編集ツールを使用して録音内容を微調整することも可能です。 録音の際は、内臓マイクのみではなく、を使えます。 また、サポート機種である外部マイクと組み合わせれば、より高い音質を実感できます。 さらに、iOS 12からは、Mac版・iPad版のボイスメモも登場し、デザインや操作性がバージョンアップされました。 iCloudで同期をして録音した音声の保存をおこなうことにより、MacやiPadなど他のデバイスで録音を開き、編集したり共有したりできます。 ボイスメモの使い方 ボイスメモは、SDカードやUSBを使用せずに、iCloudやBluetoothで他のデバイスと送受信できるのが魅力です。 ボイスメモの使い方は、覚えてしまえば簡単です。 アプリが入っていない場合 ボイスメモは、もともとiPhoneにデフォルトで搭載されているアプリですが、もしも削除している場合には「App Store」から再入手しましょう。 位置情報の利用許可を選択すれば、録音ファイルの名前に録音した場所が入ります。 初回の起動時に、位置情報の利用やiCloudの同期をオンにするかオフにするかを聞かれるので、それぞれを選択します。 こちらの設定は後から変更できます。 iCloud同期を許可すると、録音ファイルが自分の所有するAppleデバイス間で共有することが可能になります。 多方面からのアクセスがしやすくなるので、iPhone以外のAppleデバイスを持っている人は、許可することをおすすめします。 また、縦画面ロックや機内モードなどがおこなえる「コントロールセンター」にボイスメモをセットしておけば、スピーディに起動し、録音することが可能になります。 カスタマイズでボイス目を追加します。 この際、ほかのアプリの機能もみて、自分が頻繁に使用するものを入れておくと便利です。 ボイスメモ録音機能の使い方コントロールセンターを開くと、ボイスメモのアイコンが現れています。 これで、より素早くアクセスできるようになります。 まず、「ボイスメモ」アプリを起動させましょう。 Siriを使用して立ち上げることも可能です。 起動すると、下部中央に「赤丸マーク」が配置されている画面が登場します。 これが録音ボタンです。 録音中にスマホ画面の中程にスライドすると一時停止ボタンが出てくるのでタップする 2. 録音内容に問題がなければ、画面上部に配置されている「完了」をタップします。 録音したファイルの編集の仕方 【ファイル名を変更する場合】 保存したファイル名をタップすれば、保存名の文字変更モードになりファイル名を書き換えられます。 画面の右上にある「編集」を押す必要はないので、そのまま入力して変更しましょう。 【ファイルを削除する場合】 録音したファイルを削除する場合は、画面右下にあるゴミ箱のアイコンをタップします。 ただし、こちらのファイルはすぐに完全消去されるわけではありません。 一旦「最近削除した項目」という場所に格納され、ここから消すと完全消去になります。 最近削除した項目の中、画面下部の「復元」と「消去」を間違えないように注意しましょう。 最近削除した項目内のファイルは、30日が経過すると完全削除されます。 【音声をトリミングをする場合】 音声の先頭と末尾をトリミングしたり、中間部分の無音箇所を消去したりすることも可能です。 保存したファイルのトリミングをおこなう際は、まずファイルを選択し、録音を編集したい箇所を選択します。 それから、トリミングか削除化を選びましょう。 ボイスメモの復元方法 「ボイスメモ」アプリ内において、削除してしまったデータを復元する方法は次のとおりです。 ボイスメモデータの復元においては、こちらがもっとも簡単な方法になります。 ボイスメモアプリ内で、「最近削除した項目」をタップする 復元したいボイスメモデータを選択して、「復元」をタップする 「録音を復元」をタップして完了 編集する際には、誤って削除してしまうことが多々ありますが、ボイスメモのアプリ内で復元できる方法を知っておけば安心です。 なお、復元するときに選択する「最近削除した項目」の中にファイリングされてる削除データは、30日間の保管期間が設けられています。 そのため、「削除してしまったからすぐに復元をしなければいけない」と慌てる必要はありません。 【無料ソフト「UltData」を利用してデータを復元する】 「UltData」は、ボイスメモだけに限らず、写真や動画、連絡先などのさまざまなデータを復元できる、非常に便利なソフトです。 ただし、パソコンを使用するため、パソコンを持っている人しか利用できません。 「UltData」を利用した復元法は次のとおりです。 操作自体は、iPhone内での復元方法と大きく異ならないので、パソコンを持っている人は、ぜひダウンロードしてみてください。 「UltData」をパソコンにダウンロードする• 「UltData」を起動させたパソコンに、使用しているiPhoneをつなぐ• パソコン画面内「スキャン開始」をクリックする• 「ボイスメモ」のアイコンが表示されるので、それをクリックする• 削除されたデータの一覧が表示されるので、復元させるデータをクリックする• 「復元」をクリックして完了 ボイスメモの転送方法 ボイスメモ内のデータを転送するには、上記3つの方法があります。 詳しい内容は、次に紹介するサポートページにそれぞれ記載されていますので、確認してみましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 通話録音ができるおすすめアプリ iPhone自体に通話録音機能はありませんが、アプリを使えば通話録音ができそうです。 ただし、通話録音が法に触れるケースがあるという制約のせいか、どんなiPhoneでも使用できるアプリや、無料で使える使い勝手のよいアプリはなかなか見つからないのが現状です。 これから、5つのおススメアプリを紹介していきます。 iPhoneの通話録音の機能を補ってくれる、自分に合ったアプリを探してみましょう。 TapeCall TapeCallは、通話の最中に録音ボタンをワンタップするだけで、通話を録音できるアプリです。 データ保存・共有などの機能が付いています。 会員登録など、初期設定の段階でおこなわなければいけないことが多いため、導入までのハードルが若干高い印象です。 また、使い方についての説明があまりされていないので、録音データの保存や共有など、さまざまな機能を使いこなすまでに時間がかかってしまうかもしれません。 その分、パソコンで録音データをダウンロードできるなどの便利な機能が使用できるようになっています。 それでは、TapeACall無料版の「TapeACall Lite」と、有料版 1,300円 の「TapeACall Pro」をみていきましょう。 無料版では、録音した最初の60秒間の音声を聞くことができます。 試してみて気に入ってから、有料版にアップグレードするのがおすすめです。 有料版の内容 価格は時期により変動がありますが、現時点ではダウンロード時に1,300円かかります。 着信・発信電話の通話内容を何時間でも、何件でも、制限なく録音することが可能です。 ただし、「TapeACall」アプリの使用を検討する際には、注意しなければならないことがあります。 こちらのアプリは、グループ通話機能を使って録音する仕組みになっているので、「三者通話サービス」が使えるauと、「グループ通話」が使えるSoftBankのiPhoneでしか利用できません。 さらに、それらの通話はそれぞれ月額216円のオプションサービスになっており、事前に申し込みをする必要があります。 また、現在のところdocomoにはグループ通話サービスがないため、docomoのiPhoneではこちらのアプリを利用することが不可能となっています。 無料版の内容 「TapeACall」を利用するためには、課金コースに加入する必要が生じます。 しかし、アプリの機能を試すことなく、使う前からお金を払うのはためらわれますよね。 はじめてアプリを使う人には、無料で機能を使える「Liteバージョン」がおすすめです。 「TapeCall」のLiteバージョンはいわゆる無料トライアルをさし、メンバーシップ 定期購読 を開始してから7日間は、無料でアプリを利用できます。 ただし、7日間の無料トライアルが終了すると、それ以降はproバージョンに移行し、アプリはそのまま自動課金となるので注意しましょう。 proバージョンになると通常通りの費用がかかるため、7日間の間に「継続or解除」を決定しなければなりません。 なお、アンインストールするだけでは解除扱いにならないので、登録を解除するときは気をつけてください。 ディクタフォン 録音時間に制限はありません。 アプリ内で課金をすることにより、再生中の広告を削除できたり、録音したファイルをiCloudにアップロードすることが可能になったりします。 LINEの無料通話をよく利用している人は、「ディクタフォン」で録音してみましょう。 ジャーナリストやミュージシャン、ビジネスマン向けに設計された、録音頻度が高い人に適した音声録音アプリです。 画面のデザインはシンプルですが、パワフルな最高音質の録音を無料で使用できます。 こちらのアプリの有料機能は、必要な機能だけを購入できるので便利です。 有料機能をすべて利用したい場合には、フルバージョンアプリをダウンロードすれば使用が可能になります。 ボイスレコーダーを頻繁に使う専門職の人から、通話録音を手軽にしたい人まで、すべての人が使いやすいアプリです。 マイクを相手に向けて録音する• できるだけ空調 エアコンなどの空調機 を切るようにする• 室外での録音よりも、室内で録音したほうがきれいに録音できる そのほか、録音する前に相手から承諾を得ておくことも、大人のマナーとして大切なことです。 これらの内容のうち2点をピックアップして、詳しく解説していきます。 会話を録音する時は相手に承諾を得よう 録音する際は、相手に内緒で録音するのはマナー違反なので、必ず承諾を得てからにしましょう。 インターネットによる情報があふれる現代において、個人情報の流出問題が後を絶ちません。 声の録音に関しても、勝手に録音し、無断でSNSに載せたことにより相手を傷つけてしまい、人間関係が壊れてしまうこともあります。 そのため、会話や説明など、その空間での音声を録音するときには、事前に相手に同意を得ることをマナーとして覚えておいてください。 また、場所によっては録音行為そのものが禁止の場合もあるので、録音前に確認しておかなければなりません。 マイクは相手に向けて使おう 録音するときには、iPhoneのマイク部分を相手にしっかり向けるようにしましょう。 iPhoneは、本体のフロントと、背面、底部の3ヵ所にマイクを搭載しています。 ボイスメモの使用時には、主に本体底部のライトニングコネクタ両わきにあるマイクから集音をおこなうため、このマイク側を相手に向けてください。 そうすることで、より鮮明で綺麗な音で録音できます。 誤ってマイクの部分を抑えた状態で録音をおこなうと、集音できなくなり録音の意味がなくなるので注意しましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 連携ガジェットを使って録音する 次に、小型で使いやすい連携ガジェットやデバイス、iPhone周辺の接続アクセサリーを使ってiPhoneの通話を録音する方法を紹介していきます。 CallRecorerを利用する iPhoneでの通話を録音するための小型ガジェットやデバイスの中でおすすめなのが、「Call Recorder」です。 Apple純正品のような、コンパクトでシンプルなデザインが目を引くこちらのガジェットは、Lightningコネクタで接続しますが、小型で軽いのでそれほど邪魔な感じはしません。 本体下部にあるイヤホンジャックにマイク付きイヤホン接続し、イヤホンを装着して会話を録音します。 操作は直感的にワンタッチでおこなえます。 iPhoneキャリアの音声通話の他に、LINEやSkype、Messengerなどのアプリ通話、インターネット通話の録音もできるので便利です。 「Call Recorder」にMicroSDカードを装着し、もうひとつの専用アプリ「ONE」を使うことで、iPhone内のデータのバックアップも可能です。 大容量のMicro SDに対応しているので、通話の録音だけでなく、写真や動画などさまざまな形式のファイルを大量にバックアップできます。 第三者の不正なアクセスを防止するセキュリティ機能も備えており、さらに本体下部には3. 一方、マイナス面としては、通話録音するためにはマイク付きイヤホン iPhone付属のもので可 を使う必要があることがあげられます。 また、MicroSDカードは付属していないので、別途購入しなければなりません。 テレフォンピックアップの耳に入れる部分の外側にマイクがついており、耳に入れたままiPhoneをあてて通話すると、iPhoneのスピーカーから出る相手の声を録音します。 自分の話し声もiPhoneのスピーカーから出力される仕組みになっているので、自分の声も拾って録音してくれるのです。 この方法であれば、どんな機種でも録音が可能で、Androidや固定電話でも使えます。 テレフォンピックアップの価格は1,500〜2,000円程度と比較的お手頃で、ICレコーダーも手持ちのもので構いません。 ICレコーダーがなければ、マイク端子がある録音機器でも代用が可能です。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! Bluetoothボイスレコーダーを利用する テレフォンピックアップのように、イヤホンをつけたまま通話するのが煩わしい人は、ハンズフリーで通話し録音ができるBluetoothボイスレコーダーを利用することをおすすめします。 BluetoothでiPhoneと接続し、内蔵のスピーカーとマイクを使って録音する方法です。 おすすめBluetoothボイスレコーダー スリムなスティック型のレコーダーで、iPhoneとBluetoothで接続中に電話がかかってきた場合、iPhoneをカバンやポケットに入れたままでも通話することが可能です。 スティック型のボディーの背面にはクリップがあり、胸ポケットなどに挿しておけるのも便利です。 マイクとスピーカーを内蔵しているので、単体でもボイスレコーダーとして使用できます。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneでの通話録音の方法は2通り 大事な内容の通話中にメモをとろうとして聞き逃したり、書ききれなかったりすることなどがありますが、通話録音は通話中のメモ代わりに重宝します。 外出中や傘をさしているとき、フィットネス中などでメモができないときにも、通話録音ができれば便利です。 「言った」「言わない」のトラブルを防ぐためにも、通話録音は非常に重要な役割を果たします。 また、最近はオンライン英会話を習っている人も多くなっていますが、レッスン内容の録音ができれば復習が容易です。 これまでみてきたように、iPhoneで通話録音をするには、アプリを使う方法と、連携ガジェットや接続アクセサリーなどを使う2つの方法があります。 自分の利用環境に合った方法を取り入れれば、iPhoneの使い方の幅が大きく広がることは間違いありません。 一方、日本では自分の権利を守るための録音は原則として違法にはならないとのことですが、録音したものを無断で公開するなどトラブルや違法になってしまう場合もあるので、通話録音する際には注意が必要です。

次の