カーター スチュワート。 【悲報】カーター・スチュワート(三軍) 防御率4.36|福岡ソフトバンクホークスアンテナ

ソフトバンクが獲得したカーター・スチュワート、6年契約で総額7億円以上の契約だった

カーター スチュワート

JJ Cooper jjcoop36 1. Stays in US. Cont. アメリカの野球記者っぽい人が書いた復帰プラン この人の予想だと3年目には契約破棄で渡米するらしい Carter Stewartの成績 2017年 高3 :ERA0. 81 13G 11-2 69. 1IP 37H 21BB 104K WHIP0. 84 2018年 高4 :ERA0. 91 11G 6-4 61. 2IP 26H 18BB 128K WHIP0. 70 13G 2-2 74. 1IP 41H 26BB 108K WHIP0. 90 最終戦の104球目で97mphを計測 打撃成績 2017年 高3 :AVG. 313 64-22 4HR 22RBI 4BB 20K OPS. 920 2018年 高4 :AVG. 313 64-22 7HR 22RBI 6BB 18K OPS1. 083 つよい.

次の

カータースチュワート投手の経歴や年俸は?球速球種の実力と高校の成績も調査!│地球の裏側からご近所まで

カーター スチュワート

昨年の米ドラフト1位右腕を米誌が特集「ホームシックになる時間はなかった」 ソフトバンクのカーター・スチュワート投手が、米メディアの取材に「カレーライスが好き」と明かしている。 日本一球団が今年5月に獲得した右腕は、昨年の全米ドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けた超逸材。 6年総額700万ドル(約7億6700万円)での契約は日米両国をあっと驚かせたが、育成に定評があるソフトバンクで着実に日本に慣れており、環境への適応も順調に進んでいるようだ。 米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の特集の中で、野球に集中できる今の環境に満足していることを明かしているスチュワート。 さらに、同誌は「彼は福岡で4か月を過ごしてきたが、その間、彼の両親、ガールフレンド、高校時代に親友ら多くの人が彼を訪問した。 しかし、彼は今、一人でやっている。 彼は寿司はあまり得意ではないが、日本のカレーライスが好きになった」と言及。 日本の野球にも積極的に慣れようと努めているという右腕。 ただ、「キャッチャーは英語を話さなくて、スチュワートの日本語も限られているが、それは、ここまであまり問題になっていない」という。 貴重な役割を果たしているのが、2017年の育成ドラフト3位で入団した砂川リチャード外野手。 米国人の父と日本人の母を持つ選手だ。 「僕が親しくなったリチャード・スナガワはアメリカ人のハーフで、彼は英語が上手いから、それはラッキーだった」 スチュワートは記事の中でこう明かした上で「(言葉の問題は)これからもっと問題になることがあるかもしれない。 だけど、野球で必要な言葉は多くないからね。 キャッチャーとはサインでコミュニケーションを取るし、マウンドで話すときはだいたい『ベストをつくして、投げろ』って言ってると思う」とも話している。 野球をする上で、大きなストレスになっていないということも重要だろう。 昨年、ブレーブスからドラフト1巡目で指名を受けながら、身体検査で幼少時の右手首の故障を問題視され、契約額を下げられたために入団しなかった大型右腕。 短大に進学した今年も上位指名が確実視されていたが、全米ドラフト直前にソフトバンクと契約して世間を驚かせた。 その素質は間違いなく超一級品。 日本の環境にさらに慣れ、大輪の花を咲かせることになるのだろうか。 (Full-Count編集部).

次の

ソフトバンクが獲得したカーター・スチュワート、6年契約で総額7億円以上の契約だった

カーター スチュワート

カータースチュワートとは?球種や成績 このニュース、米球界でも相当衝撃だったようです。 最初に伝えたのが米スポーツメディア 「ジ・アスレティック」名物記者のツイッター。 さらに他の米紙なども次々と報じ、驚きを見せました。 これを受けて日本のメディア各社が 「カータースチュワートとは?入団は間違いないのか」とソフトバンクに確認したところ、球団は否定せず、 一斉に「ほぼ合意」と報じる形になりました。 カータースチュワート投手は米フロリダ州出身。 地元高校を昨年卒業し、現在はイースタン・フロリダ州短大に在学中の まだ19歳。 91、128奪三振というかなりの好成績を挙げました。 MLBでも最注目投手の1人として、 昨年のMLBドラフト会議で1巡目(全体8位)という超上位で アトランタ・ブレーブスから指名を受けました。 カータースチュワートはなぜ日本に来たのか? カータースチュワートがなぜ日本を選んだのか、それはこの後の事件で分かります。 ところがその後の 身体検査で手首に懸念が判明したとの理由で、 約450万㌦(約4億9500万円)と予想されていた契約金が 200万㌦程に減額提示されたといわれ、不服としたスチュワート投手側と契約に至らなかったそうです。 今年のMLBドラフトでももちろん上位指名候補でしたが、急転直下、日本プロ野球のソフトバンクと正式合意目前といわれる カータースチュワート投手。 既に今月 極秘来日し、福岡県の球団施設の見学などを行ったとの報道もあります。 カータースチュワートの実力はどこまで通用する? 日本のファンも 「カータースチュワートとは?」「そんな凄い新人がなぜ日本に?」とざわつくこのニュース。 気になるのは カータースチュワート投手の球種や実力が、NPBでもどこまで通用するかです。 この点、昨年のドラフト時に米メディアは、スチュワート投手の 縦割れカーブが特に切れ味が鋭いと評しています。 例えば同じ「ドラ1」エリートでサイヤング賞も受賞した ポーセロ、バーランダーといったメジャートップ投手のカーブと比べても、 回転数が200回転以上多い3000回転超もあるとされます。 エリート新人とはいえ、MLBではNPBのように1年目から1軍マウンドに立つことはなく、 数年間はマイナーで下積みするのが通例。 ソフトバンクはこれまでもスアレス、モイネロ投手ら無名の若手投手を海外で「発掘」し、一流に育成した実績があり、 マイナーより充実したソフトバンクのファーム施設や育成システムの方が成長につながる、との判断がスチュワート投手側にあった可能性もあります。 もちろん、契約金も一説には ソフトバンクが700万㌦という超高額を用意したといわれ、待遇面でも不足はないようです。 日本のプロ野球を先に吸収し、その後メジャーに挑戦して成功したとすれば、日本プロ野球を見る目が変わるかも。 yahoo. 今回のスチュワート投手のNPB入りには敏腕代理人の力も背景にあるようですが、今後もこうした事例が一般化するのか、あるいはまた、スチュワート投手が無事日本で成功できるのか。 世界の野球界が注視するケースとなるのは間違いなさそうです。

次の