メン イン ブラック キャスト。 メン・イン・ブラック3

映画メン・イン・ブラック2の動画を無料でフル視聴できる配信サイトとネタバレあり/なし感想

メン イン ブラック キャスト

解説 地球に生息するエイリアンを監視する秘密組織「MIB」のエージェントたちの活躍を描く人気SFアクション「メン・イン・ブラック」シリーズの4作目。 主演は、過去3作のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズから、「マイティ・ソー バトルロイヤル」でもタッグを組んだクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンへとバトンタッチ。 ヘムズワースが演じるイケメンでチャラ男風な先輩エージェントのHと、トンプソンが扮するエリート新人女性エージェントのMという、性格のまったく異なる男女のエージェントがコンビを組み、MIB内部のスパイ摘発ミッションに挑む。 そのほかの出演は「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン、前作に続きエージェントO役を演じるエマ・トンプソン、「ミッション:インポッシブル」シリーズのレベッカ・ファーガソン。 監督は「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。 2019年製作/115分/G/アメリカ 原題:Men in Black International 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント スタッフ・キャスト MIBシリーズは、もともと軽いコメディータッチで始まったエイリアンSFもの。 さて今作は、スピンオフというか仕切り直しというか、新たなコンビにクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンを配し、題名の通り国際的に「スパイ探し」ミッションに奔走するMIBエージェントの活躍を描く。 高額ギャラで知られるウィル・スミスを使わないことで予算が浮いたのか、フランスやモロッコでのロケ撮影もあり、ちょっとした観光気分も。 でもまあ、原点回帰なのか内容は軽薄だし、展開もありがちで、スパイ探しの顛末もさほど意外性はない。 ヘムズワースのハンマーネタには笑ったが、そんなおふざけを突っ込めるのもシリーズの軽さゆえか。 ネタバレ! クリックして本文を読む 個人的にクリス・ヘムズワースが演じる主役のHがあまりにいいところがなさすぎるのが不服だった 作中でも突っ込まれていたが、足引っ張るくせに傲慢で注意力のない軽薄なHというキャラ それに対し、テッサ・トンプソン演じる新人Mの優秀さと活躍の多さに、あいつ(Hのこと)はMの引き立て役か?などといった愚かしい考えまで脳裏を過った これだとMが新人という設定の意味がなくないか? それならいっそ有能で機械的なMが先輩で、Hが毎回問題を起こす新人でもよかったんじゃないか? 2019年• 2012年• 2002年• 1997年 メン・イン・ブラック インターナショナル• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー•

次の

【ネタバレあり】メンインブラック1

メン イン ブラック キャスト

『』の続編。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年8月)() 2002年夏。 準政府組織MIB史上最強のエージェントKが引退して5年。 彼の跡を継ぎ、様々な事件を解決したことで今やMIBでもエリート中のエリートになっていたJだったが、4年間続いたLとのコンビ解消後、誰と組んでも満足できず、勝手にニューラライザーで相方の記憶を消してはお払い箱にしてしまい、そんな彼の態度を訝しんだ周囲からも疎まれて、やや孤立していた。 Zからはパグ犬型エイリアンのフランクを相棒につけられてしまう。 そんな中、殺人事件が発生。 捜査にあたったところ、惑星ザルタとカイロス星人サーリーナが関わっているらしいことが分かった。 この事件は25年前、Kが解決したはずの事件だった。 真相を知っているのはKしかいない。 Jは捜査のため、引退して一般人となっているKを連れ戻しに向かう。 Kことケビンは相変わらずの偏屈ぶりだったが、Jの説得に応じてMIB本部へ向かい、復帰のためデニューラライザーで記憶を修復しようとする。 しかし同じころ、セクシーな下着モデルに化けたサーリーナがMIB本部を襲い、瞬く間に占領してしまった。 このせいで、ケビンはデニューラライザーを使用する直前になって緊急脱出装置が作動し、水洗トイレよろしく地上へと「水で流された」。 かくしてデニューラライザーを使う機会を失ったという予想外の展開ながらも、サーリーナに捕らわれずに脱出できたJとケビンは代わりとなるデニューラライザーを探して旧友のもとを訪ねるが…。 地球の危機を救うために現れたJの宇宙人の話に全く耳を貸さなかったが、勤務先の郵便局員が宇宙人だったことを知って、Jと行動を共にし、記憶を取り戻して再びエージェントKとして復活する。 J 様々な事件を解決したことからMIBではエースとして活躍。 大きく吹っ飛ばされたり、どれだけ大きくぶつかっても、平然としているなど強靭な肉体をしている。 しかし、前作ラストでエージェントとなったLが検死官に戻りたがっていたために、彼女の記憶を消去して検死官へと戻してしまった。 その後はK以上の相棒に恵まれないため、Zに許可なく勝手に記憶消去を行ってしまうためにエースでありながら問題児扱いもされている。 今回、「ザルタの光」の秘密を解明するために、一般人として暮らしていたKを訪ねる。 美女に弱いのは相変わらずで今作のヒロインのローラに対し規則に反して彼女の記憶を消去しなかったりなど中盤に記憶を取り戻したKからはいまだに「新米」だと馬鹿にされている。 Z MIBニューヨーク本部のトップ。 Jが独断で「実力が無い、役に立たないエージェント」の記憶を次々と消すことに怒っているが、人情的に接することもあり、失恋したJに、自分の恋愛の話をしたり「誰にでもある事だ」と慰める面を見せる。 ジーブス 1作目でも登場した盗品などを扱っている「ユニバーサル質店」の店主のエイリアン。 MIB本部にあるデニューラライザー(記憶復元装置)の設計図が流出した後、本来の材料とは違う安物で再現させた。 今まで使ったことはなく、本人曰く「排気口でポップコーンを作ったことはある」らしい。 サーリーナ カイロス星人。 かつて地球に訪れたザルタ星人の姫ロラーナが地球に隠そうとした「ザルタの光」を求め、地球に不法侵入する。 本体は蔦植物に似た触手生物だが、見たものをコピーする能力で、地球上では下着モデルに化けて行動する。 ローラ・ヴァスケス ピザ屋のアルバイト。 店主が「ザルタの光」の在処を知るザルタ星人であり、サーリーナが彼を訊問・殺害したことから、事件に深く関わることになる。 ニュートン 1作目で死体安置所の受付をしていた男。 前作ではエイリアンのバグに殺害されたように描写されていたが、今作ではKとJが訪れるレンタルビデオ店の店主として登場する。 キャスト• K(ケビン・ブラウン):• T:パトリック・ウォーバートン• スクラッド:• サーリーナ:• ローラ・ヴァスケス:• ニュートン:• ジャック・ジーブス:• 日本語吹き替え 役名 俳優 日本語吹替 劇場公開版 版 K J Z F/フランク(パグ犬) (声:) サーリーナ ローラ スクラッド/チャーリー 飼い主 マイケル・リヴキン T ラリー・ブリッジウォーター ピーター・スペロス 機械の声 不明 男性 ハワード・スピーゲル ベン 警備員 アルヒューズ・マーチャント MIB本部アナウンス 不明 D 不明 エージェント 1 エージェント 2 ジェイ・ジョンストン エージェント 3 ジョエル・マッキノン・ミラー エージェント 5 アンドレ・ブレア エリザベス クロエ・ソネンフェルド G シド・ヒルマン マイケル ジーブス コーンフェイス マイケル・ガーヴェイ サードアイ [ — ] ウィリアム・E・ジャクソン [ — ] マニックス (声) ニーブル トム・フォンテイン(声) グリーブル カール・J・ジョンソン(声) チビ宇宙人 マーティン・クレバ(声) 長老 ピーター・シラグサ(声) ヘイリー コロンブ・ヤコブセン ニュートン ジャーラ ジョン・アレグザンダー ニュートンの母 不明(声) 役不明 翻訳 演出 岩見純一 効果 調整 高久孝雄 菊地悟史 録音スタジオ 制作 ACクリエイト 初回放送 『』• 約80分 スタッフ• 監督:• 製作:、、バリー・ソネンフェルド• 製作総指揮:• 原作:• 原案:ロバート・ゴードン• 脚本:バリー・ファナロ、ロバート・ゴードン• 撮影:グレッグ・ガーディナー• 音楽:• 視覚効果:• タイトルデザイン: () メモ• 前作のヒロイン、ローレル・ウィーバー()はKの引退後、MIBでは珍しい女性の捜査官エージェント、Lとして入社。 Jと4年間コンビを組んでいた(劇中で語られているクリーロン星人の来襲やジャーラがオゾン層を盗んだ事件はJとLが解決したもの)。 しかし、本作の物語より1年前、検死官に戻りたがっていたためにコンビを解散。 Zの許可がないままJに記憶をニューラライズされ(MIBを引退する者は記憶を消去される決まりになっている)、元の検死官に戻って平穏に暮らしている、という設定。 当初はKとJとLの3人がメインになる案もあったが、『メン・イン・ブラック』はあくまでKとJが主役の作品であり、ローレルがこの作品で果たす役割はないだろうと監督が判断したことによる。 そもそもローレルがLとなったのはシリーズ化する予定がなかったためだった。 ニューラライザーの光が前作の赤から水色に変わっている。 エージェントになりたがるを演じたは前作の出来に感動し、自ら監督の宛に何回も電話でエージェントM役での出演願いを申し出た。 だが、すでに台本や配役などがほとんど決まっていて役を割り当てるところが無かったため監督は幾度も断り続けたが、マイケルの熱意に負け、何か少しでも入れられないかと熟考した結果、脇役のエイリアンとして登場してもらうことにした。 マイケルにそれを伝えると、彼は落胆しながらも、出られるならと了承した。 結果的に(自主製作されたドキュメンタリー映画を除くと)本作が映画におけるマイケルの遺作となってしまった。 郵便局の窓口に並ぶ少女、エリザベス役のクロエ・ソネンフェルドはバリー・ソネンフェルド監督の娘。 監督自身も出演しており、Kがかつて住んでいた家の住人家族の主として監督が、娘役にトミー・リー・ジョーンズの娘が出演していた。 (ちなみにJとKらが対宇宙人用武器を取りに来た2分程度の出演だった)• 公開直後に発売されたが主役の愛車として登場し、映画を使った新発売プロモーションとして注目された。 サーリーナは元々はが演じるはずだった。 関連イベント• 「メン・イン・ブラック2」 映画でサーリーナに占拠されたMIB本部を舞台にした設定の風アトラクション。

次の

メン・イン・ブラック3

メン イン ブラック キャスト

「メン・イン・ブラック4」のあらすじやネタバレ! 出典:mcetv. fr アメリカでの原題は「Men in Black International」です。 全世界で大ヒットしたSFアクション映画「メン・イン・ブラック」シリーズのスピンオフ映画が2019年夏に全米公開となることが決定しました。 監督ですが、「ワイルドスピード アイスブレイク」や「ミニミニ大作戦」などを手掛けたF・ゲイリー・グレイさんです。 アクション映画には定評があるので、楽しみですね! 気になる「あらすじ」ですが、 スピンオフ作品のため、女性に焦点を当てたものになるそうです。 出典: Esquire その女性とエージェントとしてタッグを組むのが、 クリス・ヘムズワースです。 予告編を見る限り、コミカルな要素が強そうですね! 絶対に楽しいはずです!!! 出典: We Got This Covered ここで今までの作品のおさらいをしておきます。 この映画の地球は一般市民が知らないだけで、実はエイリアンであふれかえっているという設定。 犬の姿のエイリアンから顔が二つあるエイリアンなどユニークなストーリーが話題でした。 「メン・イン・ブラック4」のエイリアン一覧は? メインインブラックのエイリアンですが、まだ全部明らかになっておりません。 そのため、一部ですがエイリアンを見ていきましょう。 美しいけど強くて怖そうなエイリアン、腕が何本もあるようです。 出典:gigazine. net 前回のシリーズでも出てきた口の悪い虫型エイリアン 出典:filmschoolrejects. com きもかわいい、ちっちゃいエイリアン 出典:filmschoolrejects. 出典:www. msn. 彼女もまた女騎士役として戦う女性を演じました 出典:www. vanityfair. com 今までのシリーズのキャラクターも出るようですが、 ウィル・スミスやトミー・リー・ジョーンズの出演は出演しないようです。 その他にも「リーアムニーソン」や「レベッカファーガソン」が出演します。 「メン・イン・ブラック4」の予告編動画や公開日は?.

次の