いちご 飴 失敗。 話題の「いちご飴」は100円グッズだけで作れる!絶対失敗しない作り方 | ガジェット通信 GetNews

【失敗しない】いちご飴の作り方。簡単レシピ

いちご 飴 失敗

もくじ• まず、いちごを洗ったあと、しっかり水気を取り、竹串を刺します。 次に、鍋に水、砂糖、はちみつをよく混ぜてから強火で熱し、沸騰したらコンロから下げておきましょう。 そして、その鍋をかたむけ、いちごの串を回しながら蜜につけていきます。 最後に、クッキングシートの上に5分ほど置いておくと、固まって完成です。 何故固まらないのでしょうか。 原因としては、いちごの水分がきちんと取りきれてないこと、水飴をしっかり煮詰めれてないこと、水飴の温度が低いことがあげられます。 まず、いちごの水分が残ったままだと、水飴がきちんと絡まらず、いつまでたっても水飴状態でパリパリに固まりません。 この対策としては、はじめにいちごの水分をしっかりと拭き取っておくことが重要になります。 くれぐれもいちごをつぶしてしまわないように、優しくですがしっかり水分を拭き取るようにしましょう。 次に、水飴を煮詰めるときは、なるべく触らず、弱火~中火でじっくり煮詰めることがポイントとなります。 混ぜすぎると温度も下がり、ツヤのない水飴になってしまいますので、フツフツと沸騰するまでじっくり煮詰めましょう。 およそ10分に詰める、これが目安です。 最後に、水飴の温度が低すぎると、水飴は固まらないので、目安としては150~160度の温度で温めるようにしましょう。 失敗しないようにするには、どうすればいいのでしょうか。 まず、水飴が固まらない問題については、先ほど紹介したように、いちごの水分をしっかり拭き取ること、じっくり水飴を煮詰めること、煮詰めるときは低温ではなく150~160度で煮詰めること、これらに気を付けておけばクリアできるでしょう。 次に、砂糖を煮詰めたにも関わらず、食べてみるとじゃりじゃりした食感が残ってしまうのは、煮詰めているときに混ぜる回数が多いことが問題なので、あまり混ぜすぎず、鍋の中はあまり触りすぎずに煮詰めることが大事です。 ポイントとしては、煮詰めている間にほんのり飴色になるくらい煮詰めること! そして混ぜすぎないこと! これであまり失敗しなくなるでしょう^^ いちご飴の作り方で、コツを伝授! いちご飴を上手に作るためのコツを伝授したいと思います! それは、先ほどから散々申してまいりましたが、いちごの水分をしっかり取ること、そして鍋で水飴を煮詰めているときはあまり触らずかき混ぜないこと! これらは本当に重要なコツとなります。 また、いちごのヘタを取っておくこと、これもコツのひとつです。 これでいちご飴が食べやすくなります。 それと、竹串を使用するのもひとつのポイントです。 つまようじだと、水飴をつけるときにヤケドしてしまうこともあり、竹串の方が安全性が高いと言えます。 さらに、食べやすさも竹串の方が食べやすいと思いますよ。 しっかり水分を取って、ヘタも取り除いておきましょう。 次に、耐熱容器に砂糖50g、水大さじ1を混ぜて入れ、ラップをせずに500wの電子レンジで3~4分加熱します。 加熱が終わったら、その水飴にいちごを絡め、アルミホイルを敷いたお皿に並べ乾かします。 冷え固まったらいちご飴の完成です。 ご自宅でも気軽にできる方法なので、試してみてくださいね! 皆様の参考になれば幸いです^^.

次の

いちご飴の作り方でパリパリにするには?固まらないなど失敗しないコツは?

いちご 飴 失敗

いちご飴が固まらない時の原因をご紹介 自宅でいちご飴を作ることはできるものの、うまくいかない場合があるんです。 失敗例として一番多いのが、 飴が固まらないということです。 でもその原因さえ事前に対処しておけば、失敗せずに誰でも作ることができるので安心してくださいね。 いちごの水分を拭き取ってない・いちご飴が固まらない時の原因 いちごに飴を絡ませるとき飴がいちごの水分を含んでしまうと、いつまでたっても水飴状態で固まりません。 それを対処するために、まずは必ずいちごの水分を拭き取りましょう。 キッチンペーパーにいちごを乗せて優しく包み、キュッキュッと押さえるだけです。 くれぐれも潰さないように注意してくださいね。 水分が多すぎる・いちご飴が固まらない時の原因 いちご飴をつくるときの水飴は 砂糖と 水から作られています。 いちごの水分はしっかり取っても、飴を作る時点で水の割合が多いと飴は固まりません。 砂糖4に対し、水1この割合は守ってくださいね。 つまり、砂糖400gの場合、水100ccです。 水100ccを超えると失敗してしまう可能性が高くなるので、 私が作るときはほんの気持ち水を少なめにして、95ccくらいで作っています。 水飴を煮詰めていない・いちご飴が固まらない時の原因 いちごの水分の拭き取りはしっかりして、砂糖と水の割合も間違えていないのに、失敗してしまう場合もあるんです。 その原因が水飴を煮詰めていないということが挙げられます。 弱めの中火にかけて煮詰めるのですが、コツは いじらず気長に待つ! 混ぜたくなっちゃう気持ち、よーくわかります。 でもいじってしまうとツヤのない飴になるので、フツフツと沸騰するまで大人しく待ちましょう。 そして 焦げる直前まで煮詰めるので、目を離さないようにしてくださいね。 時間にすると10分くらいを目安にしてください。 水飴の温度・いちご飴が固まらない時の原因 先ほど10分を目安に、と説明しましたが、火加減が異なると時間は変わってきてしまいます。 そのため、 肝心なのは水飴の温度です。 温度が低いと水飴は固まりません。 温度計を持っている方は是非使ってくださいね。 いかがでしょうか? この作り方をマネするだけで、簡単にお祭りの屋台で食べる パリパリじゅわっとした、いちご飴が作れます。 いちご飴のカロリーは? 失敗しないいちご飴の作り方を知っていただいたところで、 やっぱり気になるのがカロリー。 大きさによって異なりますが、大体 150kcal~200kcalです。 屋台の定番スイーツの チョコバナナは約200kcal、クレープは約500kcalなので、いちご飴の方がカロリーは低いことがわかりますね。 でもせっかくのお祭りなので、カロリーは気にせず、食べたいものを食べちゃいましょう!.

次の

失敗しない!!いちご飴のレシピ

いちご 飴 失敗

いちご飴作り方をご紹介!SNSで人気のスイーツ 今、SNSでは、韓国の屋台風の 「いちご飴」が大流行中! いちご飴とは、簡単に言うと、昔ながらのりんご飴のりんごをイチゴで作ったもののことです。 また、その一方、自分で作るいちご飴も流行っていて、インスタグラムやYouTubeなどでは、作り方もたくさん紹介されています。 今回は、そんないちご飴の作り方を解説しています。 下記は、鍋で作る場合にあると便利な「料理用のデジタル温度計」ですので、あわせてチェックしてくださいね。 ・いちご飴のレシピ• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に刺す。 鍋に砂糖と水を入れ、中火にかける。 沸騰してきたら、弱火にする。 150~160度程度まで加熱し、薄い黄色になるまで煮詰める。 火からおろし、いちごにまんべんなく絡めていく。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 そのまま常温で冷やし固めれば、出来上がり! いちごは、3個~5個程度つなげて刺すと、屋台やお店のものみたいで、可愛く作れます。 あっという間に完成するので、とても楽しいですよ。 ・いちご飴のレシピ(電子レンジを使う場合)• いちごは洗って、水気を取っておく。 いちごのヘタを取り、竹串に指す。 マグカップに砂糖・水を入れて混ぜる。 電子レンジで加熱(500Wで約8分)し、薄い黄色になったら取り出す。 竹串に刺しておいたいちごをマグカップに入れて、飴を絡ませる。 クッキングシートを敷いたバットや皿に置く。 固めるまで常温で冷やせば、出来上がり! 電子レンジから出した後は、すぐに固まってきてしまうので、スピーディに作るのがポイントです。 深めのマグカップを使うと、飴を絡ませやすいですよ。 いちご飴の作り方:砂糖と水は4:1がポイント いちご飴をうまく作るポイントは、 砂糖4:水1という割合を、必ず守ることです。 この分量を間違えると、砂糖がしっかりと固まらずに失敗してしまいます。 全体の量があまり少ないと作りにくいので、 砂糖200g:水50㏄もしくは、砂糖400g:水100㏄がおすすめです。 いちごを1パック使う場合、砂糖200gで、十分な量ですよ。 ちなみに、計量カップがない場合は、大さじを使って測ってくださいね。 また、砂糖は上白糖ではなく、グラニュー糖が1番作りやすいです。 屋台のいちご飴のように色を付けたい場合は、鍋やレンジで加熱する際に、食紅を少々入れてください。 いちご飴の作り方で失敗する原因とは? 砂糖と水の割合以外にも、いちご飴を作る際に失敗する(固まらない)原因として考えられることは、いくつかあります。

次の