いちじく酵素。 いちじく酵素口コミとビフォーアフター|つるつる応援コースの評判

いちじく酵素を例に|栄養素別に酵素パワーの効果を紹介!

いちじく酵素

イチジクの効能と栄養 不老長寿の果物 いちじくは、欧米や中東などで「不老長寿の果物」と言われています。 その理由は、 体内の活性酸素を取り除いてくれるポリフェノールを多く含むからです。 ポリフェノールはアンチエイジングという効能が有ることでも知られていますね。 また疲労回復のために働いてくれる ビタミンB1やB2も多く含まれています。 ペクチンの含有量が多い! ペクチンとは、「植物の細胞同士を結びつける役割」を持った水溶性の食物繊維です。 ゲル化作用があるためにジャムを作る際によく使われる成分です。 ペクチンが含まれている果物といえば「りんご」が挙げられますが、いちじくにも多くのペクチンが多く含まれています。 整腸作用 ペクチンには整腸作用があるため、腸の活動を正常に整えて、下痢や便秘の予防効果があります。 水溶性食物繊維であるために、特に便秘の解消には効果が期待できます。 血中コレステロールを下げる ペクチンは血中の悪玉コレステロール(LDL)を下げる働きがあるため、「心筋梗塞」や「動脈硬化」の予防のために利用されています。 カリウム カリウムは体内の摂り過ぎた塩分を排出してくれるため、高血圧の改善や、むくみの予防に効果的に作用してくれます。 カリウムの働きに関してはもご参照ください。 ベルガプテン、プソラレン これらの成分は、カリウムと同じく血圧を下げる作用が期待できると言われています。 フィシンという分解酵素 いちじくの実をもぎった時、牛乳のような白い汁が出てきます。 この汁のことをフィシンと言っています。 いちじくにはフィシンというタンパク質の分解酵素が含まれていて、 胃腸の働きをサポートする役割があります。 胃腸の消化力を補助するということですね。 ベンズアルデヒド いちじくに含まれる成分で、 血液を清浄化して治癒力を高めるため、腫瘍の改善に効果があるとされています。 ビタミン・ミネラル 水溶性食物繊維や、ビタミン、カルシウム、鉄分、灰分など少量ではあるのですが、多種類のビタミン・ミネラルをバランスよく含んでいます。 「不老長寿の果物」と呼ばれるほど 高ミネラルな健康フルーツで、高い栄養・効能が期待できます。 スポンサーリンク 乾燥イチジク(ドライいちじく)の栄養 植物性エストロゲン いちじくの小さい種の部分に存在する成分で、女性ホルモンの分泌を補助する エストロゲン様の働きがあります。 女性ホルモンを整えて、肌質を改善したり、生理不順を解消したりする作用もあります。 エストロゲンが不足すると、生理痛がひどくなったり、新陳代謝が悪くなり、肌荒れや髪が傷んできますので要注意です。 いちじく以外には大豆にも多くの植物性エストロゲンが含まれています。 参考記事:「 」 食物繊維 普通の生のイチジク100gあたりの食物繊維は約1. 9gであるのに対して、乾燥イチジク(ドライいちじく)にすると、 100g中、なんと約11gもの食物繊維量になるのです。 5倍以上もあるのです! 便秘には効果的なのですが、食べ過ぎると、逆に下痢になる場合がありますので注意しましょう。 大きさにもよりますが1日に2~3個食べれば十分でしょう。 乾燥イチジクの食べ方• シリアルに混ぜて もちろんそのまま食べても美味しいのですが、適当な大きさに刻んで、グラノーラなどのシリアルに混ぜて牛乳をかけて食べると美味しいと思います。 トルコ産の乾燥イチジクは比較的柔らかくて食べやすいのですが、甘みが強くジャムのようで、美味しいのですがいくつも食べられるというものではないです・・・人によりますが。 ヨーグルトに混ぜて やはり適当なサイズに刻んでプレーンヨーグルトに混ぜても、アクセントになって美味しいと思います。 ヨーグルトに入れるならもちろん生のイチジクでも合いますね。 お菓子作りに 家庭でお菓子作りをされる方なら、ぜひ、ケーキに混ぜるドライフルーツの一つとして使ってみてください。 私個人的には、ジューシーな果汁たっぷりな冷やしたイチジクをガブガブと、果汁を垂らしながら食べるのが好きです。 食感や、甘すぎない甘みがちょうどいいんです。 乾燥イチジクのほうが食べ方はいろいろありそうですし、栄養も効率よく取れそうですから試してみてはどうですか。

次の

いちじく酵素を例に|栄養素別に酵素パワーの効果を紹介!

いちじく酵素

犬にいちじくがNGな理由とは? いちじくという果物について いちじくは実は果物ではなく、私たちが普段食べているところは 花の部分です。 いちじくを切ったときに見える赤いつぶつぶは花であり、花の部分から独特の香りと味を楽しむことができます。 いちじくは古代エジプトの壁画に描かれていたり、旧約聖書にも載っているほど、古くから多くの人に親しまれてきた食べ物です。 美味しいいちじくは、ふっくらとした形でハリと弾力があります。 お尻の部分が赤く染まると食べごろと言われています。 毒物性物質が犬に悪影響 人間にとって甘くて美味しいいちじくは、犬にとってとても危険な食べ物です。 なぜなら、いちじくには 毒物性物質が含まれているからです。 2つの物質が、犬にとって悪影響となります。 ソラレン 紫外線を吸収しやすいという特徴を持つソラレンは、私たち人間にとっても大敵です。 日焼けを進行させたり、シミを増やすなどの悪影響があります。 犬にとっても日焼けを招くため、ソラレンはおすすめできない成分になります。 このソラレンはオレンジにも含まれる成分であり、人間にも犬にもあまりよくない成分とされています。• フィシン いちじくにはフィシンという成分も含まれており、タンパク質分解酵素になります。 犬にとっては 粘膜を破壊する毒となってしまいます。 このフィシンはいちじくの実や茎などにも存在しているので、犬に与えるのは危険です。 いちじくを食べてしまったときに現れる症状とは? いちじくに含まれるソラレンとフィシン、2つの成分が犬にとっては悪影響となってしまいます。 そんななか、万が一犬がいちじくを食べてしまったら、どのような症状が現れるのでしょうか? 犬の体質によっては何の症状も現れないというケースもありますが、一般的には以下のような症状が現れます。 口内炎• 大量のよだれ• 口の粘膜を刺激 いちじくを食べることでアレルギー反応が起きるため、口内において口内炎や粘膜に痛みが現れます。 口内炎による痛みや違和感から、ご飯を食べられなくなってしまう犬もいるといいます。 さらには、大量のよだれが出たり、嘔吐してしまうこともあります。 口内炎によって痛みを感じていると、ご飯だけでなく水を飲むのも嫌がってしまうため、脱水症状を招く恐れもあります。 このように、犬にとっていちじくは危険な食べ物となのです。 犬がいちじくを食べてしまったときの対処法 いちじくをうっかり愛犬が食べてしまったというケースも起きています。 そんなときはどのように対処すればよいのでしょうか? アレルギーなどの症状があらわれていないか確認しよう いちじくを食べたことによって、アレルギーなどの症状が現れていないかしっかり確認をしましょう。 急に痛がったり痒がる、いつもと様子が違うといった変化が見られたら、アレルギー症状が起きているサインだと思ってよいでしょう。 どんな症状があらわれているのかをしっかり確認したうえで、早急に病院へ向かいましょう。 動物病院でいちじくを食べてしまったことを伝え、家ではどのような様子だったのか詳しく話すと、医師も症状の確認や治療を行なってくれます。 いちじくの食べ残しがあったらすぐに片付ける キッチンにいちじくの食べ残しがあったといった異変に気づいたら、すぐにそのいちじくは片付けておきましょう。 自分達が食べたわけではないのに食べ残しがあるということは、すでに愛犬がいちじくを食べてしまったということです。 早急に片付けて、まだ残っているいちじくも愛犬の届かないところに保管しておきましょう。 犬は自分にとって危険な食べ物と知らずに、好奇心から口に入れてしまうこともあります。 その結果、悲惨な事態を招いてしまう恐れもあるので、飼い主さんがしっかり管理しておくと安心です。 いちじくが旬を迎える季節は、特に注意して過ごしたいですね。 無理に吐かせるのはやめよう いちじくは犬にとってよくないのにうっかり食べてしまったという現場に遭遇したとき、多くの飼い主さんが慌てて愛犬の体の中からいちじくを取り除こうとするでしょう。 無理に吐かせようとしてしまうケースが多いですが、 余計に愛犬の容態を悪化させてしまうこともあるので控えるようにしましょう。 無理に吐かせるのはやめて、様子を見ながら動物病院に行く準備をしてください。 念のため早めに動物病院へ いちじくはソラレンやフィシンなど、犬にとって悪影響な成分を含んでいます。 しかし、季節になるとダイニングテーブルの上やキッチンに置いてあることも増え、知らないうちに愛犬の目に止まっていることもあります。 いちじくを食べてしまって愛犬に異変が起きてしまった場合には、症状がそれほどひどくなくても念のため動物病院で診てもらいましょう。 いつ、どれだけいちじくを食べてしまったのかなどを医師に話し、愛犬の体に異常はないか確認してもらいましょう。 犬が食べてもOKな果物・NGな果物一覧 犬が食べてもOKな果物とNGな果物を理解し、愛犬の健康を維持できるようにしてあげましょう。 犬が食べてもOKな果物6つ! 犬が食べても安心と言われている果物には、主に6つあります。 愛犬に果物を食べさせてあげたいときには、ぜひ参考にしてみてください。 イチゴ 犬にとってイチゴは食べても大丈夫な果物です。 イチゴに含まれるビタミンC老化を予防してくれ、ポリフェノールがアンチエイジングに有効です。 また、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出してくれるので、腎臓病や心臓病などに効果が期待できます。 イチゴには食物繊維の一種であるペクチンも含まれているため、お腹の調子を整える役割もあります。 ただ、イチゴをたくさん食べ過ぎると体調を崩してしまう恐れがあるため、 過剰摂取には注意して与えるようにしましょう。 犬が食べてはいけないNGな果物5つ! ブドウ 犬がブドウを食べると、ブドウ中毒を起こしてしまうことがあります。 最悪の場合は腎不全を起こし、重症化してしまう恐れもあります。 ブドウが犬によくないと言われていますが、なぜよくないのかという点についてはまだ明らかになっていません。 しかし、嘔吐や下痢といった症状が現れることがあるので、犬にブドウを与えるのは避けましょう。 プルーン プルーンもブドウに続き、犬に与えてはいけない果物です。 バラ科であるプルーンにはアミグダリンという成分が含まれており、青酸中毒の原因にもなる恐ろしい成分になります。 そのため、ほんのわずかな量を食べただけでも犬には大きな影響を及ぼすのです。 さらに、プルーンには高カリウム血症につながるカリウムを豊富に含むので、注意が必要です。 柑橘類 柑橘類は犬に与えても大丈夫な果物に含まれるのですが、与えすぎには注意が必要な果物となっているのです。 また、房になっている部分の皮や白い筋などを取り除いておかないと、胃腸に負担をかけてしまうので、与えるときは少量から始めてきれいに皮はむいておきましょう。 さまざまな種類が入っているドライフルーツ ドライフルーツにはさまざまな果物が含まれています。 その中には、プルーンやいちじく、レーズンなどが含まれているので、NGな果物が入っていることもあることを理解しておきましょう。 さらに、ドライフルーツにする過程で 添加物が使用されている場合もあるので、犬に与えるのは控えたい食べ物のひとつです。 犬にいちじくを触れさせないように気をつけることが大事 犬に果物を与えることはプラスのイメージがあるかもしれません。 しかし、なかには気をつけなければいけない物があることを理解して、愛犬の健康維持に努めましょう。 特にいちじくは犬にとって大きなダメージを与える可能性があるため、触れさせることもないよう見守ってあげてくださいね。

次の

いちじく酵素シロップ レシピ・作り方 by yukkiy8|楽天レシピ

いちじく酵素

高血圧症、便秘、痔、整腸、二日酔に!! 不老長寿の果物といわれるほど、実も葉も薬効と栄養価が高い果物です。 イチジクの果汁から抽出した抗ガン物質「ベストアルデヒド」はガンに効果的だと言われています。 血液をきれいにし、美容にも効果を発揮し、胃腸病にも効能があるといわれるイチジク。 食物繊維のペクチンを含んでいて、腸のはたらきを活発にするため、よく熟した実を1日に2〜3個食べれば便秘に効果 があります。 ただし、未熟な実を食べると効果がないだけでなく、胃があれることになりますから注意しましょう。 酵素が含まれているいちじくの実は、消化作用を促進させるので、お酒を飲んだ後に食べると二日酔いになりにくいといわれています。 そのほか、炎症を抑えるはたらきもあり、喉の痛みを抑えたり、黄疸の治療にも効果 があるそうです。 イチジクは、ミネラルを少量ずつでもいろいろ含みそのバランスもよく、味も独特です。 イチジクの効能は赤ワインやブルーベリー、ザクロと同様に、脂肪酸などの酸化を防ぐ働きです。 それによって活性酸素の発生を抑え、動脈硬化の予防に役立ちます。 からだが喜ぶおいしい優等生です。 まずはじめに! 食品の機能性とは、人体に対する食品の作用や働きの事で三つの機能があります。 *一次機能(栄養機能) カロリー、タンパク質、脂肋、糖質、ビタミン等必要な栄養素を補給して生命を維持する機能 *二次機能(嗜好、食感機能) 色、味、香り、歯ごたえ、舌触りなど食べた時においしさを感じさせ機能 *三次機能(生休調節機能) 生体防御、体調リズムの調節、老化制御、疾患の防止、疾病の回復調節など生体を調節する機能 昔から民間医療薬としても知られている高ミネラル健康食品 イチジク は、ビタミン類やカルシウム・鉄分・灰分などの ミネラルを多く含むアルカリ性食品です。 ミネラルは無機質のことで、繊維質、ビタミン、カルシウムなど人間の身体の生理作用に極めて重要な働きをします。 有効成分は 、白い乳汁にはたん白質分解酵素(消化酵素)が含まれており、消化作用を促進させるので胃弱を改 善したり,二日酔いを改善する効果があります。 ペクチン(食物繊維)が豊富に含まれ、腸の働きを活発にして腸の働きを活発にするため,便秘解消に効果があります。 肉料理や油っこいもののデザートにすると消化を助けてくれる作用もあります。 ベルガプテン、プソラレン、フィテンなどです。 プソラレンには血圧降下作用があります。 炎症を抑える成分が含まれており,喉の痛みを抑えたり,黄疸の治療にも有効です。 主成分は糖で、約15%含まれており、大部分は果糖とブドウ糖です。 酸は少なく0. 3%で主にクエン酸です。 果実の色素はアントシアン系シアニンで、果肉や葉から出る白色の乳液はゴム質とたんぱく質を含んでいますが、たんぱく質分解酵素フィシン、リパーゼ、アミラーゼもあります。 葉は薬用として使える。 水洗いした葉を天日で乾燥させ煎じて空腹時に服用すると、 血圧を下げる効果あります。 お風呂に入れると 神経痛や痔にも効く。 *注意 よく熟した実を1日に2〜3個食べれば,効果が得られますが、未熟な実を食べると効果がないだけでなく,胃が傷んだり、食欲をなくしたりすることがあるので気をつけてほしい。 未熟な実は避け、必ず、 熟したものを食べてください。 栄養成分表 (いちじく100 g 中) たんぱく質 g 0. 6 無機質 mg ナトリウム 2 脂肪 g 0. 1 鉄 0. 3 炭化水物 g 糖質 10. 4 ビタミン mg B1 0. 03 繊維 0. 7 B2 0. 03 灰分 g 0. 5 ナイアミン 0. 2 無機質 mg カリウム 170 C 2 カルシウム 26 A(IU)カロチン含 12 リン 16 エネルギー ・・・・・・ 43 kcal いちじくはからだが喜ぶおいしい優等生です 便通をよくする お肌にも良い効能 下痢を止める 咽喉痛を緩和する 更年期障害に最高 せき、たんを鎮める 解毒作用などもある 酸化(活性酸素)の抑制 酔いざましに 痔、脱肛を改善する コレステロー ルの分解 乳の出を良くする 1、腸のはたらきを助けるペクチン 血液をきれいにし、美容にも効果を発揮し、胃腸病にも効能があるといわれるイチジク。 タンパク質分解酵素プロテアーゼが多く消化を助け胃腸のはたらきを助けるペクチンを含んでいます。 ペクチンは腸の中をきれいにする。 2、体内部に良く、腸の働きを活発にして便秘気味の方にはとっても良いとか。 3、解毒作用もあるようです。 4、お肌にも良い効能。 健康と美容を気づかう方に特に好まれています。 5、性ホルモンエストロゲン様の成分を含みますので女性更年期障害には持ってこいらしい。 6、タンパク質を分解するプロテアーゼ プロテアーゼというタンパク質を分解する酵素 やシンという酵素が多く含まれていますから、コレステロー ルの分解にも役立つため肉等と一緒に食すると良く、食後のデザートに最適です。 7、実を1日に3〜4個食べると痔によいといわれます。 8、酔いざましにもよい。 9、体の酸化(活性酸素)の抑制作用 10、ポリフェノールが多く含まれていて体の酸化(活性酸素)の抑制作用に働きます。 11、血液をきれいにすることや抗がん成分ベンズアルデヒドを含んでいることから 治癒能力を高めポリープの除去・がんの改善作用があるようです。 12、果汁から抽出した 抗ガン物質「ベンズアルデヒド」は ガンに効果的だと言われています。 13、夏バテ効果 食物繊維のペクチンを含み、カルシウムもフルーツでは優等生。 消化酵素もあり胃腸にやさしく夏バテ効果あり、夏の終わりにふさわしいフルーツです。 さらに、効果を高める方法は?.

次の