インテリア 通信講座。 【独学or通信講座で一発合格】インテリアコーディネーターの勉強方法やおすすめ参考書・問題集を紹介!勉強時間はどれくらい?|資格.com

【独学or通信講座で一発合格】インテリアコーディネーターの勉強方法やおすすめ参考書・問題集を紹介!勉強時間はどれくらい?|資格.com

インテリア 通信講座

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の特徴 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の特徴には以下のようなものが挙げられます。 丁寧な説明や解説がなされているので、初心者にもわかりやすい• 図解が多く取り入れられているので、楽しく学ぶことできる• 実技試験は解説動画が用意されているので万全の対策ができる• 質問に対して講師から丁寧な解説を受けることができる• 講座の費用はその他の講座に比べてやや高め• 1日1時間の勉強で合格を狙うことができるカリキュラムが用意されている ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の 最大の特徴は、初心者でも学習しやすいという点です。 わかりやすいテキストはもちろん、学習サポートの態勢も充実しています。 テキストは図解やイラストが豊富に取り入れられているので、 初めて学ぶ人でも楽しく知識を定着させていくことができます。 更に、試験で必要とされている部分が厳選されているので、効率的に学習を進めることが可能です。 学習サポートの面では、講師の質問対応や添削指導が充実しています。 わからない点をそのままにするのではなく、その時その時で確実に消化して知識として蓄えていくことができるのです。 講座 費用 ユーキャン 59,000円 フォーサイト 38,300円 ハウジングエージェンシー 53,000円 ハウジングインテリアカレッジ 58,000円 上記の一覧表を見るとわかるように、ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の費用は、 他社のそれと比べると高めに設定されています。 通信講座を受講する上で、多くの人たちが比較するのは費用面です。 そのため、 この点はユーキャンの講座を受講するうえでネックになるポイントであるといえるでしょう。 教育訓練給付制度も合わせて押さえよう インテリアコーディネーターの講座では、教育訓練給付制度を利用することが可能です。 この制度を上手に利用すると、講座の価格を安く抑えることができるでしょう。 教育訓練給付制度は、ハローワークに申請することで利用できます。 厚生労働省が指定する講座を受講して修了した後、申請を行なうことで、 修了までにかかった費用の20%がハローワークから給付されます。 上限は10万円で、4,000円未満の講座費用に関しては適用されません。 インテリアコーディネーター講座の場合は4,000円を超えていますので、条件は満たされています。 また、 教育訓練給付制度を受けるには条件があります。 受給資格があるかどうかは、ハローワークで確認可能です。 利用を考えている方は、一度ハローワークで相談してみることをおすすめします。 ユーキャンの教材を他社と比較 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の教材や内容を他社と比較した場合、どのような点が高いと口コミで評価されているのでしょう。 良い点についてご紹介し、中身をさらに掘り下げて解説します。 学びやすい工夫を詰め込んだテキスト テキスト面では、初心者でも抵抗感なく学習を進められるように工夫されています。 どのような工夫がされているのか、更に具体的に見ていきましょう。 図解やイラストが盛りだくさん ユーキャンのテキストは、図解やイラストがたくさん使われています。 文字だけでは眠くなってしまったり、勉強そのものが嫌になってしまったりします。 そのようなことがないように、工夫がされているのです。 また、図解やイラストを使って説明することで、 解説されている知識をより素早く理解することができます。 これは、暗記をする際の手助けにもなるため、試験での合格率も上がること間違いなしです。 欄外で単語の説明も充実 インテリアコーディネーターの試験では、聞いたこともないような専門的な単語が数多く登場します。 また、馴染みのない単語は覚えにくいため、忘れてしまうことも多々あります。 ユーキャンのテキストでは、 欄外につまづきやすい単語や覚えにくい単語を詳しく解説しています。 具体的に解説することで知識が深まり、暗記もしやすくなるのです。 更に、 試験で頻出度が高い単語も網羅されているので、試験でうっかり忘れてしまうということもある程度防ぐことができます。 重要度の高い頻出項目を学べる構成 テキストは 重要項目を優先的に学べるように工夫されているので、万全な試験対策が可能です。 頻出事項については、テキストを読むだけで押さえられる構成になっています。 そのため、基本的な知識を身につけた後、更に頻出事項だけをピックアップして更に知識を深めるということをする必要はありません。 これらの特徴から、テキストの内容をきちんとこなすだけで自然と実力が身についていく優れものであるといえるでしょう。 最新情報もテキストに反映 インテリアコーディネーターの試験では、時事情報や法律なども出題されます。 これらは時代の流れと共に変化しているため、出題内容が随時変更されています。 ユーキャンのテキストでは、このような 時代の流れと共に変化する試験内容も随時反映されています。 そのため、試験で「これは習っていない」ということを防ぐことができます。 実技試験は実際の動画で解説 インテリアコーディネーターは1次試験は筆記ですが、2次試験は実技です。 この 2次試験では、特に図面作成が大きなネックになります。 2次試験の合格不合格を左右すると言っても良い図面作成ですが、テキストの文章だけではイメージしずらいという点で、多くの人たちがつまづきます。 文章だけの説明では、何を求められているのかわかりにくいのです。 ユーキャンでは、 2次試験対策として解説動画を用いています。 動画を用いることで、何を求められているのかが明確になります。 また、初心者でもイメージを膨らませて学習を進めることが可能なのは大きな魅力であるといえるでしょう。 多彩なニーズに対応した問題集 ユーキャンは 問題集の種類も大変豊富です。 基礎力をつける 「基礎力強化問題集」、試験での解答力を強化する 「解答力養成問題集」、実際の試験さながらで勉強することができる 「資格試験問題集」などがあります。 段階的に問題集で知識や力を身につけ、強化することができるので、幅広い実力を身につけることができます。 繰り返し勉強することで、合格に近づけていくことができるでしょう。 「解答力養成問題集」については2冊の問題集が用意されています。 解答力をしっかり身につけることで、応用問題にも対応することができるようになります。 ユーキャンの充実のサポート体制を紹介 ユーキャンにはさまざまなサポート体制が用意されています。 その中でも、特に合格に近づけるための押さえたいポイントを説明しますので、参考にしてください。 添削指導で弱点を効果的に発見可能 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座では、 全部で10回の添削指導が用意されています。 添削指導を受けることで、弱点を効果的に発見できる仕組みが整っているのです。 自分が解いた問題の解答は、コンピュータ解析を通して客観的に指導されます。 苦手分野を知り、今後の学習方針や計画を立てやすいというメリットがあります。 講師陣による質問対応サービス 勉強を進めていくと、必ずわからない点が出てきます。 疑問点やわからない部分は、経験が豊富な講師陣に質問することができます。 講師陣は受けた質問に対して、丁寧に対応してくれます。 より深い知識が定着するようなアドバイスもくれることから、試験対策に役立つこと間違いなしです。 その都度疑問を解消しながら学習をスムーズに進められるでしょう。 長引いても安心の継続サポート ユーキャンでは受講開始から直近の2次試験までの標準学習期間は8か月間と設定されています。 しかし、もし直近の2次試験受験までの期間が8カ月に満たない場合は、継続サポートを受けることができます。 継続サポートは、 その次の2次試験が実施される月まで指導サービスを受けることができる制度です。 添削指導はもちろん、対応サービスも継続して受けることができます。 また、直近の試験で不合格になっても、翌年の2次試験が実施される月まで継続サポートを利用することが可能です。 この手厚いサポートで、安心して合格まで駆け抜けることができるでしょう。 ユーキャンの合格率は高い? ユーキャンのインテリアコーディネーター講座を受講するかどうか迷っている人の中には、合格率を気にしている人もいるでしょう。 合格率を基準に講座を選ぶ人も実際多くいます。 ユーキャンでは合格率は公表していません。 その理由として、ユーキャンは通信講座だからです。 すべての受験生の声を集める手段がないため、サンプル数が少なく、正確な合格率を計算することが難しいのが現状です。 押さえておきたいポイントとしては、ユーキャンの合格率が公表されていないのは、決して講座のクオリティなどに自信がないからではありません。 ただ単に、正確な合格率を計算するためのサンプルが少ないだけなのです。 講座内容などは充実しており、サポート体制も整っています。 このことから講座受講者の合格率は高くなっていると推測できます。 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の惜しい点 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、講座内容やサポート体制が大変充実しており、口コミでも高評価を集めています。 ですが、惜しい点もいくつか挙げられます。 どのような点が惜しいのか、詳しく解説します。 講座価格の高さが大きなネック ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の 惜しい点として真っ先に挙げられるのは、講座価格です。 「ユーキャンの講座費用を他社と比較」の大見出しでご紹介したように、他社の講座に比べて高めに設定されています。 受講者にとって費用面は大きな問題となりますから、この点は重要な課題と言えるでしょう。 ただ、 教育訓練給付制度を使えば、ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の費用は安く抑えることが可能です。 このような制度を上手に活用することで、この課題の影響力を弱めることができます。 eラーニングシステムが不十分 ユーキャンには、「 学びオンラインプラス」というネットを利用した指導サービスが用意されています。 「学びオンラインプラス」では、 講義動画の視聴やミニテストを受けることができます。 知識をより深く定着させるためには大変便利なシステムです。 しかし、 学習計画を立てることができず、デジタルテキストの機能がありません。 移動中などの隙間時間に学習するには少し不便な点があることがややネックであるといえるでしょう。 人気講座ランキング (上位3社) ユーキャンのインテリアコーディネーターのコース一覧 ユーキャンの インテリアコーディネーターに関する講座は1種類しか用意されていません。 そのため、コース選びで迷うということはありません。 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座に含まれる内容は以下のとおりです。 メインテキスト3冊• 写真資料集『インテリアエレメント写真資料集』• 基礎力強化問題集• 基礎力強化問題集2• 資格試験問題集• 攻略ワークブック• まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集• ガイドブック• その他添削関係書類 講座に申し込むと、上記の教材が送られてきます。 テキストや問題集は大変豊富で、それぞれのレベルや対策に合った内容になっています。 これらのテキストや問題集を使って繰り返し学ぶことで、充分な実力が身につくでしょう。 ユーキャンの講座受講に向いている人 ユーキャンの講座には誰もが向いているわけではありません。 おすすめできない人も中にはいます。 そこで、おすすめできない人の特徴・向いている人の特徴についてもそれぞれ解説します。 おすすめできない人の特徴 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座をおすすめできない人は、以下の通りです。 できるだけお手頃な価格で講座を受講したい• eラーニングシステムを使って、好きな時間をフルに活用したい ユーキャンの講座は上でも述べたように講座価格の高さが大きなネックとなっています。 よって、講座選びの際に価格面を重視している人はあまりおすすめできません。 これらの希望を持っている人は、 ユーキャンよりもフォーサイトのインテリアコーディネーター講座をおすすめします。 価格も抑えられており、eラーニングシステムの内容も充実していることから、上で述べた人たちのニーズをしっかり押さえた講座であるといえるでしょう。 たくさんの人におすすめできるユーキャンの講座 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座をおすすめできる人の特徴は、以下の通りです。 初めての人で安心して学びたい人• 図やイラストなどが豊富なテキストを使用したい人• 添削指導などのような演習面で手厚いサポートを受けたい人 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、 初心者の人はもちろん、ある程度知識がある人でも安心して学ぶことができるような内容を提供しています。 インテリアコーディネーターを目指す受講者のニーズに合わせた講座を目指しているので、多くの人におすすめできるといえるでしょう。 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の評判・口コミ 以下ではユーキャンのインテリアコーディネーター講座を実際に受講した人の評判・口コミを紹介していきます。 テキストがとにかくわかりやすい ユーキャンの講座の口コミとして、特に テキストの構成がとても分かりやすかったという声が非常に多く聞かれました。 テキストは写真や図解を豊富に使っていてとても分かりやすかったです。 また、やるべきところに的を絞っているので、どこを勉強すればいいか一目瞭然でした。 欄外にはここが重要だというポイントが載っていたので、重点的に勉強するべき箇所を理解しやすかったです。 テキスト用語の意味だけでなく、その背景も詳しく説明してくれたので、とても参考になりました。 添削課題が役に立った ユーキャンの 充実の添削課題についても評価をする声が挙がりました。 先生方からの添削コメントは、温かく励ましの声が多かったことから、とても頼りになりました。 添削は講師の方がしっかりと目を通して的確なアドバイスをしてくれたので、とても助かりました。 添削ではピンポイントで弱点を指摘してもらったので、学習の見直しなどに活かすことができました。 計画的に学習を進めやすかった ユーキャンのテキストはセクションごとに細かく内容が区切られていることから、 計画的に学習を進められたという声も聞かれました。 1日1セクションずつ計画的に学習を進めることができました。 無理のない分量でとてもやりやすかったです。 育児をしながら15分や20分単位で学習をコツコツ進めることができました。

次の

インテリアコーディネーター通信講座【人気4社】を比較!│ナノテリア

インテリア 通信講座

平成28年の試験制度改定により、より受験しやすくなったインテリアプランナー資格試験。 しかし、設計製図試験の難易度は依然として高く、独学での合格はかなり厳しいものとなっています。 とくに透視図の作成においては、いかに早く、正確に、完成度の高い作図力を身につけるかが合否の分かれ目となっています。 HIPSではこの設計製図試験に対応する講座を毎年開催し、全国より多くの受講生の方が参加されています。 6月に発表される課題に対して試験に精通したベテラン専任講師が綿密な分析を行ない、効率的なカリキュラム編成予想と演習課題で、確実に合格レベルへと導きます。 また、 学科対策は情報が少なく市販のテキストもないため、初めて受験を考える方にとっては試験範囲が掴みづらく準備不足になりがちです。 HIPSではインテリアプランナーの合格に必要な知識を徹底講義いたします。 特に初めて受験される方や建築士試験の経験がない方にお勧めです。 平成28年度から 「アソシエイト・インテリアプランナー(AIP)」 の称号が設けられました。 インテリアプランナー学科試験に合格し登録することで 「アソシエイト・インテリアプランナー」を名乗ることができるようになります。 学科試験は受験資格がなく、どなたでも受験可能です。 < 2020年度試験対応> 開催地 講座名 日 程 受講料 (税別) 詳 細 東 京 2020年8月30日 日 、9月6日 日 New! 46,000円 (税別).

次の

インテリアフラワー通信講座・オンラインスクールがオープンします!

インテリア 通信講座

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の特徴 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の特徴には以下のようなものが挙げられます。 丁寧な説明や解説がなされているので、初心者にもわかりやすい• 図解が多く取り入れられているので、楽しく学ぶことできる• 実技試験は解説動画が用意されているので万全の対策ができる• 質問に対して講師から丁寧な解説を受けることができる• 講座の費用はその他の講座に比べてやや高め• 1日1時間の勉強で合格を狙うことができるカリキュラムが用意されている ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の 最大の特徴は、初心者でも学習しやすいという点です。 わかりやすいテキストはもちろん、学習サポートの態勢も充実しています。 テキストは図解やイラストが豊富に取り入れられているので、 初めて学ぶ人でも楽しく知識を定着させていくことができます。 更に、試験で必要とされている部分が厳選されているので、効率的に学習を進めることが可能です。 学習サポートの面では、講師の質問対応や添削指導が充実しています。 わからない点をそのままにするのではなく、その時その時で確実に消化して知識として蓄えていくことができるのです。 講座 費用 ユーキャン 59,000円 フォーサイト 38,300円 ハウジングエージェンシー 53,000円 ハウジングインテリアカレッジ 58,000円 上記の一覧表を見るとわかるように、ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の費用は、 他社のそれと比べると高めに設定されています。 通信講座を受講する上で、多くの人たちが比較するのは費用面です。 そのため、 この点はユーキャンの講座を受講するうえでネックになるポイントであるといえるでしょう。 教育訓練給付制度も合わせて押さえよう インテリアコーディネーターの講座では、教育訓練給付制度を利用することが可能です。 この制度を上手に利用すると、講座の価格を安く抑えることができるでしょう。 教育訓練給付制度は、ハローワークに申請することで利用できます。 厚生労働省が指定する講座を受講して修了した後、申請を行なうことで、 修了までにかかった費用の20%がハローワークから給付されます。 上限は10万円で、4,000円未満の講座費用に関しては適用されません。 インテリアコーディネーター講座の場合は4,000円を超えていますので、条件は満たされています。 また、 教育訓練給付制度を受けるには条件があります。 受給資格があるかどうかは、ハローワークで確認可能です。 利用を考えている方は、一度ハローワークで相談してみることをおすすめします。 ユーキャンの教材を他社と比較 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の教材や内容を他社と比較した場合、どのような点が高いと口コミで評価されているのでしょう。 良い点についてご紹介し、中身をさらに掘り下げて解説します。 学びやすい工夫を詰め込んだテキスト テキスト面では、初心者でも抵抗感なく学習を進められるように工夫されています。 どのような工夫がされているのか、更に具体的に見ていきましょう。 図解やイラストが盛りだくさん ユーキャンのテキストは、図解やイラストがたくさん使われています。 文字だけでは眠くなってしまったり、勉強そのものが嫌になってしまったりします。 そのようなことがないように、工夫がされているのです。 また、図解やイラストを使って説明することで、 解説されている知識をより素早く理解することができます。 これは、暗記をする際の手助けにもなるため、試験での合格率も上がること間違いなしです。 欄外で単語の説明も充実 インテリアコーディネーターの試験では、聞いたこともないような専門的な単語が数多く登場します。 また、馴染みのない単語は覚えにくいため、忘れてしまうことも多々あります。 ユーキャンのテキストでは、 欄外につまづきやすい単語や覚えにくい単語を詳しく解説しています。 具体的に解説することで知識が深まり、暗記もしやすくなるのです。 更に、 試験で頻出度が高い単語も網羅されているので、試験でうっかり忘れてしまうということもある程度防ぐことができます。 重要度の高い頻出項目を学べる構成 テキストは 重要項目を優先的に学べるように工夫されているので、万全な試験対策が可能です。 頻出事項については、テキストを読むだけで押さえられる構成になっています。 そのため、基本的な知識を身につけた後、更に頻出事項だけをピックアップして更に知識を深めるということをする必要はありません。 これらの特徴から、テキストの内容をきちんとこなすだけで自然と実力が身についていく優れものであるといえるでしょう。 最新情報もテキストに反映 インテリアコーディネーターの試験では、時事情報や法律なども出題されます。 これらは時代の流れと共に変化しているため、出題内容が随時変更されています。 ユーキャンのテキストでは、このような 時代の流れと共に変化する試験内容も随時反映されています。 そのため、試験で「これは習っていない」ということを防ぐことができます。 実技試験は実際の動画で解説 インテリアコーディネーターは1次試験は筆記ですが、2次試験は実技です。 この 2次試験では、特に図面作成が大きなネックになります。 2次試験の合格不合格を左右すると言っても良い図面作成ですが、テキストの文章だけではイメージしずらいという点で、多くの人たちがつまづきます。 文章だけの説明では、何を求められているのかわかりにくいのです。 ユーキャンでは、 2次試験対策として解説動画を用いています。 動画を用いることで、何を求められているのかが明確になります。 また、初心者でもイメージを膨らませて学習を進めることが可能なのは大きな魅力であるといえるでしょう。 多彩なニーズに対応した問題集 ユーキャンは 問題集の種類も大変豊富です。 基礎力をつける 「基礎力強化問題集」、試験での解答力を強化する 「解答力養成問題集」、実際の試験さながらで勉強することができる 「資格試験問題集」などがあります。 段階的に問題集で知識や力を身につけ、強化することができるので、幅広い実力を身につけることができます。 繰り返し勉強することで、合格に近づけていくことができるでしょう。 「解答力養成問題集」については2冊の問題集が用意されています。 解答力をしっかり身につけることで、応用問題にも対応することができるようになります。 ユーキャンの充実のサポート体制を紹介 ユーキャンにはさまざまなサポート体制が用意されています。 その中でも、特に合格に近づけるための押さえたいポイントを説明しますので、参考にしてください。 添削指導で弱点を効果的に発見可能 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座では、 全部で10回の添削指導が用意されています。 添削指導を受けることで、弱点を効果的に発見できる仕組みが整っているのです。 自分が解いた問題の解答は、コンピュータ解析を通して客観的に指導されます。 苦手分野を知り、今後の学習方針や計画を立てやすいというメリットがあります。 講師陣による質問対応サービス 勉強を進めていくと、必ずわからない点が出てきます。 疑問点やわからない部分は、経験が豊富な講師陣に質問することができます。 講師陣は受けた質問に対して、丁寧に対応してくれます。 より深い知識が定着するようなアドバイスもくれることから、試験対策に役立つこと間違いなしです。 その都度疑問を解消しながら学習をスムーズに進められるでしょう。 長引いても安心の継続サポート ユーキャンでは受講開始から直近の2次試験までの標準学習期間は8か月間と設定されています。 しかし、もし直近の2次試験受験までの期間が8カ月に満たない場合は、継続サポートを受けることができます。 継続サポートは、 その次の2次試験が実施される月まで指導サービスを受けることができる制度です。 添削指導はもちろん、対応サービスも継続して受けることができます。 また、直近の試験で不合格になっても、翌年の2次試験が実施される月まで継続サポートを利用することが可能です。 この手厚いサポートで、安心して合格まで駆け抜けることができるでしょう。 ユーキャンの合格率は高い? ユーキャンのインテリアコーディネーター講座を受講するかどうか迷っている人の中には、合格率を気にしている人もいるでしょう。 合格率を基準に講座を選ぶ人も実際多くいます。 ユーキャンでは合格率は公表していません。 その理由として、ユーキャンは通信講座だからです。 すべての受験生の声を集める手段がないため、サンプル数が少なく、正確な合格率を計算することが難しいのが現状です。 押さえておきたいポイントとしては、ユーキャンの合格率が公表されていないのは、決して講座のクオリティなどに自信がないからではありません。 ただ単に、正確な合格率を計算するためのサンプルが少ないだけなのです。 講座内容などは充実しており、サポート体制も整っています。 このことから講座受講者の合格率は高くなっていると推測できます。 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の惜しい点 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、講座内容やサポート体制が大変充実しており、口コミでも高評価を集めています。 ですが、惜しい点もいくつか挙げられます。 どのような点が惜しいのか、詳しく解説します。 講座価格の高さが大きなネック ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の 惜しい点として真っ先に挙げられるのは、講座価格です。 「ユーキャンの講座費用を他社と比較」の大見出しでご紹介したように、他社の講座に比べて高めに設定されています。 受講者にとって費用面は大きな問題となりますから、この点は重要な課題と言えるでしょう。 ただ、 教育訓練給付制度を使えば、ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の費用は安く抑えることが可能です。 このような制度を上手に活用することで、この課題の影響力を弱めることができます。 eラーニングシステムが不十分 ユーキャンには、「 学びオンラインプラス」というネットを利用した指導サービスが用意されています。 「学びオンラインプラス」では、 講義動画の視聴やミニテストを受けることができます。 知識をより深く定着させるためには大変便利なシステムです。 しかし、 学習計画を立てることができず、デジタルテキストの機能がありません。 移動中などの隙間時間に学習するには少し不便な点があることがややネックであるといえるでしょう。 人気講座ランキング (上位3社) ユーキャンのインテリアコーディネーターのコース一覧 ユーキャンの インテリアコーディネーターに関する講座は1種類しか用意されていません。 そのため、コース選びで迷うということはありません。 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座に含まれる内容は以下のとおりです。 メインテキスト3冊• 写真資料集『インテリアエレメント写真資料集』• 基礎力強化問題集• 基礎力強化問題集2• 資格試験問題集• 攻略ワークブック• まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集• ガイドブック• その他添削関係書類 講座に申し込むと、上記の教材が送られてきます。 テキストや問題集は大変豊富で、それぞれのレベルや対策に合った内容になっています。 これらのテキストや問題集を使って繰り返し学ぶことで、充分な実力が身につくでしょう。 ユーキャンの講座受講に向いている人 ユーキャンの講座には誰もが向いているわけではありません。 おすすめできない人も中にはいます。 そこで、おすすめできない人の特徴・向いている人の特徴についてもそれぞれ解説します。 おすすめできない人の特徴 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座をおすすめできない人は、以下の通りです。 できるだけお手頃な価格で講座を受講したい• eラーニングシステムを使って、好きな時間をフルに活用したい ユーキャンの講座は上でも述べたように講座価格の高さが大きなネックとなっています。 よって、講座選びの際に価格面を重視している人はあまりおすすめできません。 これらの希望を持っている人は、 ユーキャンよりもフォーサイトのインテリアコーディネーター講座をおすすめします。 価格も抑えられており、eラーニングシステムの内容も充実していることから、上で述べた人たちのニーズをしっかり押さえた講座であるといえるでしょう。 たくさんの人におすすめできるユーキャンの講座 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座をおすすめできる人の特徴は、以下の通りです。 初めての人で安心して学びたい人• 図やイラストなどが豊富なテキストを使用したい人• 添削指導などのような演習面で手厚いサポートを受けたい人 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、 初心者の人はもちろん、ある程度知識がある人でも安心して学ぶことができるような内容を提供しています。 インテリアコーディネーターを目指す受講者のニーズに合わせた講座を目指しているので、多くの人におすすめできるといえるでしょう。 ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の評判・口コミ 以下ではユーキャンのインテリアコーディネーター講座を実際に受講した人の評判・口コミを紹介していきます。 テキストがとにかくわかりやすい ユーキャンの講座の口コミとして、特に テキストの構成がとても分かりやすかったという声が非常に多く聞かれました。 テキストは写真や図解を豊富に使っていてとても分かりやすかったです。 また、やるべきところに的を絞っているので、どこを勉強すればいいか一目瞭然でした。 欄外にはここが重要だというポイントが載っていたので、重点的に勉強するべき箇所を理解しやすかったです。 テキスト用語の意味だけでなく、その背景も詳しく説明してくれたので、とても参考になりました。 添削課題が役に立った ユーキャンの 充実の添削課題についても評価をする声が挙がりました。 先生方からの添削コメントは、温かく励ましの声が多かったことから、とても頼りになりました。 添削は講師の方がしっかりと目を通して的確なアドバイスをしてくれたので、とても助かりました。 添削ではピンポイントで弱点を指摘してもらったので、学習の見直しなどに活かすことができました。 計画的に学習を進めやすかった ユーキャンのテキストはセクションごとに細かく内容が区切られていることから、 計画的に学習を進められたという声も聞かれました。 1日1セクションずつ計画的に学習を進めることができました。 無理のない分量でとてもやりやすかったです。 育児をしながら15分や20分単位で学習をコツコツ進めることができました。

次の