コバルオン 調整。 【ポケモンGO】「せいなるつるぎ」の実装で再評価か。コバルオンの使い道を考察してみた

か行のポケモン コバルオン: マイナーポケモンガチ考察

コバルオン 調整

11月26日まで『』の伝説レイドバトルに登場している「 コバルオン」の性能について考察しました。 コバルオンの使い道を考察してみた! 11月5日から26日まで伝説レイドバトルに「 コバルオン」が出現しています。 てっしんポケモンの「コバルオン」が「伝説レイドバトル」に登場!かくとう・はがねタイプのこの伝説のポケモンには、バトルの際は、かくとう、じめん、ほのおタイプのポケモンで挑みましょう。 弱点は「 ほのお」「 かくとう」「 じめん」の3タイプ、耐性は「 ノーマル」「 くさ」「 こおり」「 はがね」「 あく」「 ドラゴン」「 いわ(2重耐性)」「 どく(2重耐性)」「 むし(2重耐性)」の9タイプに持っています。 ・覚える通常技• メタルクロー(はがね)• しねんのずつき(エスパー) ・覚えるゲージ技• アイアンヘッド(はがね:1ゲージ)• インファイト(かくとう:1ゲージ)• ストーンエッジ(いわ:1ゲージ) コバルオンの使い道 コバルオンの使い道を考察してみました。 高耐久を活かしてハイパーリーグの壁役に? コバルオンは 防御ステータスが全ポケモン中でもトップクラスかつ、耐性を 9種類(うち3種類は2重耐性)持っていて高耐久なポケモン。 攻撃ステータスは低めなのでジムバトルでは活躍できませんが、耐久力が重要な「 トレーナーバトル」では1匹目に選出する壁役のポケモンとして活躍ができるかも? ゲージ技が全て重めなので火力は心配ですが、技に効果が追加されたり、覚える技が追加されれば十分に活躍の可能性はあります。 「せいなるつるぎ」の実装待ち? 原作のコバルオンは「 せいなるつるぎ」という技を習得可能。 せいなるつるぎは 相手の能力変化(防御アップなど)に影響を受けずに確実にダメージを与えることが可能な かくとうタイプの技。 現在の『』には実装されていませんが、もしも「 せいなるつるぎ」が実装されれば、性能によってはかくとうタイプのアタッカーとして活躍する可能性がありそう。 (余談ですが、ルカリオのはどうだんとかも楽しみですよね!笑) GOバトルリーグでの活躍に期待 2020年に実装が予告されている「」は、どのような内容になるか全く判明していません。 おそらく、 既存の「トレーナーバトル」とは違ったルールでのバトルとなるはずなので、思いがけないポケモンが活躍する可能性もありそう。 ルールによってはコバルオンが大活躍する可能性もありそうですよね! 現状優先して育成するほどではない 現状、 コバルオンを優先して使用する場面はないというのが正直なところ。 しかし、『ポケモンGO』は 時折バランス調整が行われるので、コバルオンが活躍する場が生まれる可能性もあります。 コバルオンが伝説レイドバトルに登場しているのは11月26日まで。

次の

【耐久ガチガチ】チョッキ特殊コバルオンのすすめ!【ポケモン剣盾】

コバルオン 調整

防御が非常に高く、タイプとの複合により耐性も多い。 タイプだが等倍で、108という高めの素早さにより大半のフェアリーに上から一致鋼技を撃てるのが強み。 の弱点がそのまま残っているので弱点も突かれやすいが、Bに28振ればようきのじしんも確定耐えできるほどの物理耐久を持つのである程度の行動保証はされていると言ってよい。 また、・等と組めば弱点をある程度カバーし合える。 とは種族値は異なるものの、アタッカーとしては強力なライバル。 あちらは豊富な技に加え、コバルオンより高い攻撃・特攻を持つ。 一致技の威力の差は比べるまでもないため、安定した耐久力とボルトチェンジ・ステルスロック等を活かしたい。 サイクル戦に適性がある他、ステルスロックや電磁波、壁によるサポート、受けループキラーなど意外にも多芸。 第八世代でてっていこうせん、こわいかおを習得。 起点作り性能に磨きがかかった。 他にも、メガホーン、エアスラッシュやきしかいせい等を習得し技範囲が広がった。 つばめがえし、でんじふゆう、どくどく、じこあんじ、ほえる等は過去作限定。 ガラル産は現在入手不可であるが、2020年7月からのランクマッチシリーズ5より 過去作産のコバルオンにレギュレーションマークを付与することでランクマッチに参戦できるようになった。 降格になったまもみが型はにあります。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 耐久低下が痛いが居座って連発できる。 能力低下が痛い。 両刀・撃ち逃げ向き。 せいなるつるぎ 闘 90 135 100 - タイプ一致技。 相手の防御・回避率上昇の影響を受けない。 フェアリーに抜群。 怯みも狙える。 一致技との相性補完に優れる。 メガホーン 虫 120 85 - 対エスパー。 命中不安。 シザークロス 虫 80 100 - 対エスパー。 、、あたりに。 ダイマックス枯らしやダイジェットとして。 きあいのタスキ潰しに。 メタルバースト 鋼 - 100 優先度0 反射技。 耐久・素早さともに高めなので使いづらい。 高威力・命中難。 はどうだんは覚えない。 性能安定。 退場技として。 ボルトチェンジ 電 70 100 自分交代 攻撃しつつ撤退。 一致技を両方半減にするに有効。 変化技 タイプ 命中 備考 つるぎのまい 無 - 攻撃を強化。 物理型の火力補強に。 てっぺき 鋼 - 防御を強化。 物理に滅法強くなる。 めいそう 超 - 特攻・特防を補強。 積んでも火力は控えめ。 こわいかお 無 - 相手のすばやさをがくっと下げる。 起点作りに。 どくどく 毒 90 ダメージ源。 耐久型に。 毒・鋼は呼びにくいので使いやすい。 過去作限定。 でんじは 電 90 サポート用。 ほえるとあわせて麻痺撒きもできるが、呼ぶ地面に無効。 でんじふゆう 電 - 呼びやすい地面対策に。 素早いので使いやすい。 ステルスロック 岩 - サポート用。 高い素早さとアタッカー気質から撒きやすい。 みがわり 無 - 補助技対策や様子見など、用途は多い。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 素早いので使いやすい。 ほえる 無 - 積み技対策。 ステルスロックやでんじはとのコンボにも。 過去作限定。 ステルスロックや麻痺撒きで後続サポートもできるので先発向き。 苦手な相手からは先攻ボルトチェンジで撤退し、物理に対して繰り出していく。 とつげきチョッキを持たせると補助技を使えなくなるものの、特殊にも強くなる。 ダイマックスできあいだまの命中不安を補えるが、威力が落ちるのと追加効果が無意味になるのが難点。 基本は安定技のラスターカノンやボルトチェンジでのサイクル回し。 特殊型運用での利点は多い。 特に持ちに強くなり、C振りによりボルトチェンジの威力も十分サブウェポンとして通用するレベルになる。 ライバルのが止まりやすいにも強い。 に比べ安定した耐久を持ち、サイクル戦に組み込みやすい技が豊富なのも大きなメリット。 展開阻止のちょうはつ、相手の素早さを落とすでんじはなど有用な技が揃っている。 サポートが済んだらてっていこうせんで退場したり、交代技のボルトチェンジで後続に繋げる事ができる。 持ち物は弱点特殊技に対する保険になるきあいのタスキが比較的安定。 ゴツゴツメットを持たせれば接触技読みで繰り出し、ダメージを与えつつステルスロックを撒くこともできる。 地面技を防げるふうせん・シュカのみも好相性だが、前者は登場時にサポート型であることを察知される可能性に注意。 同じS種族値で同じくステルスロックを撒ける格闘にはがいるが、耐性の違いやでんじは・ボルトチェンジにより差別化は容易。 先発対峙の多いや相手にも先制ちょうはつで起点阻止してステルスロックが撒けたので使い勝手は良好。 攻撃技は最初はボルトチェンジを覚えさせていたが、Sが高いため先制で撃ち交代先にダメージが入ることが多く、扱いづらい。 インファイトなら仮想敵にも撃ちやすい上、耐久を下げることで擬似的な退場技にもなり安定する。 高い耐久と優れた耐性、108もあるS。 これらのおかげで、確実に仕事をこなしてくれる。 H振りのため体力を残して仕事できるので、終盤はZインファイトで叩くことできる。 ちょうはつ入れるならステロと相性いいほえるも入りそう。 や用にめざ氷も欲しいがこの型だと技スペースがきついかな。 技スペースは厳しいが、サポートでありながら相手を倒す機会が増える。 相方はおいかぜを覚えるのほか、相性補完に優れサイドチェンジを覚えるも有力。 一致ダイスチルでさらに補強できる。 同じ性格努力値では約1. 2倍の差がある。 総評:爆発力では劣るものの、コンボの安定性はこちらの方が上。 特にに縛られないのは大きく、エスパーやフェアリーも等倍に抑える。 ただ全体技を一切覚えない点は痛恨で相手1体を放置してしまう。 このように一長一短があるので、どちらを採用するかはパーティと相談して決めるといいだろう。 対コバルオン 注意すべき点 防御に優れ、耐性も多い。 不利対面からは先制ボルトチェンジで撤退可能。 物理技だと等倍~不一致弱点程度では落とせない。 ステルスロックやでんじはで後続の積みアタッカーのサポートに回ることも。 アイアンヘッドによるまひるみや特殊型にも考慮が必要。 対策方法 火力や特殊耐久は低めなので、炎や電気、エスパー等の特殊アタッカーは有利。 ただし素早さが高く、物理型の場合ストーンエッジがあるため安易な受け出しは禁物。 物理型に対してはが有効だが、交代読みでつるぎのまいなどのリスクも有るため扱いは慎重に。 後出し最安定は。 コバルオンからの有効打は一切ないためボルトチェンジで逃げるしか無い。

次の

コバルオンの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

コバルオン 調整

ページ:• 投稿者:daru• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:クスィー• コメント 27 みんなの評価 :• 投稿者:シャイン• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:shino• コメント 33 みんなの評価 :• 投稿者:リィン• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:風の谷の名無しさん• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:ヒトデ• コメント 19 みんなの評価 :.

次の