パワプロ 白衣 の 天使。 なぜ白衣の天使と呼ばれるのか?医者にはできない看護師にしかできない仕事

なぜ白衣の天使と呼ばれるのか?医者にはできない看護師にしかできない仕事

パワプロ 白衣 の 天使

いまから3日前、5月12日は「看護の日」だった。 それで前回、「日本の看護士は多すぎじゃね?」という記事を書いたのだけど、ところで、5月12日がなんで看護の日(国際看護士の日)になったか知ってますか? 看護士には「白衣の天使」というイメージがある。 いまでは男性看護士も増えているけど、このイメージもまだあると思う。 その元祖天使、ナイチンゲール(1820~1910)が生まれたのが5月12日だったことから、この日が看護の日になったわけだ。 ということでこれから、彼女の人生やその時代をみていきましょう。 聖母は戦争から生まれた。 フローレンス・ナイチンゲール 1820年5月12日、新婚旅行先のフィレンツェで生を受けたことで、フローレンス(フィレンツェの英語読み)と名づけられたナイチンゲールは、「超」がつくほどのお嬢さまだったらしい。 たぶん「かぐや様」並みの。 当時のイギリス・ヴィクトリア王朝時代のお嬢さまというと、まさに天上界の人。 でも裕福な家庭で高い教育をうけたナイチンゲールは、慈善訪問で目にした貧しい農民の生活に心を激しく動かされた。 そして自分の一生を「奉仕」にささげたいと思うようになる。 *宮本百合子の著書には、ナイチンゲールは看護師の仕事を志したあとに貧民の生活を見たとある。 ということはなく(泣いたの本当らしい)、19世紀なかごろという時代において、病人の世話をするというのは「まとも」な仕事と思われていなかった。 だから親は大反対。 当時のイギリスで、看護士をするのはこんな人たちだった。 他のまともな正業には従えない女、主としてもう往来を歩くには年をとりすぎたアルコール中毒の淫売婦あがりの婆さんたちであった。 「フロレンス・ナイチンゲールの生涯 (宮本 百合子)」 むしろ入院するべき。 いまでも、きつい・汚い・危険の「3K」と呼ばれることのある看護士の仕事だけど、この時代のイギリスでは「不徳、冷血、不潔でおそろしいもの」であったという。 酒を飲みながら仕事をするのが普通だったらしい。 でも25歳のナイチンゲールはその世界に飛び込むことを決意する。 その後いろいろあった末に、ナイチンゲールはクリミア戦争の野戦病院でけが人や病人の看護をすることになった。 それが1854年、日本では日米和親条約を結んで開国した年のこと。 一年中使える不凍港がほしくて南下するロシアとトルコ・イギリス・フランスなどが1863年に激突したのがクリミア戦争。 この戦争は日本の開国にも影響をあたえた。 くわしいことはこの記事をご覧あれ。 これは直接関係ないけど、このクリミア戦争では、のちに世界的文豪となるトルストイがロシア軍の兵士として参加していた。 これはまったく関係ないのだけど、トルストイの最期の言葉は「あの女(妻ソフィア)を近づけるな」だったという。 そんな妻ソフィアは、ソクラテスの妻クサンティッペ、モーツァルトの妻コンスタンツェと一緒に「世界三大悪妻」に数えられることもある。 天使・ナイチンゲールと悪妻・ソフィア、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い。 さいきんこの言葉がマイブーム。 クリミア戦争 クリミア戦争に向かったころ(1854年あたり)のナイチンゲール 野戦病院はこの世の終わりのようなところだった。 けが人は麻酔なしで手足を切断されることがあったし、手術をしたために感染症を起こして亡くなる人もいた。 麻酔なしとか、歯の治療でも無理。 病院で死んだら死体は外に運ばれて、大きな穴に放り投げられる。 それでその人の人生は終わり。 それでも、治療を受けられるだけマシかもしれない。 クリミア戦争の野戦病院では、患者の治療の優先順序を決める「トリアージ」が行われていたから。 トリアージについてはこの記事をどうぞ。 人手も医療物資も限られていたから、「もう何をしても助からない」と判断された患者は治療を受けられなかった。 食べ物すらあたえられないこともあっただろう。 ナイチンゲールが勤務していた病院には、あらゆる劣悪がそろっていた。 巨大なバラック建ての廊下や大きい病室には ありとあらゆる欠乏、怠慢、混乱、悲惨が充ち 満ちていた。 「フロレンス・ナイチンゲールの生涯 (宮本 百合子)」 粗末な建物の下には下水が走っていて、常に汚物の臭いがただよっていた。 このときはマスクなんてなかっただろう。 ナイチンゲールたちは毎日、鼻のねじ曲がりそうな悪臭のなかで仕事をしていたはず。 病院には下痢患者が多くいて、水洗設備のないトイレはとんでもないことになっていた。 汚水は床にあふれ、強烈な悪臭に満ちていたという。 それを見たナイチンゲールは「お掃除作戦」を展開する。 彼らは下水の中に「悪臭」を放っている大量の動物の死骸とゴミを発見し、それらをすべて除去した。 そして、下水溝を消毒し、壁に潜んでいた害虫をすべて石灰で駆除した。 「闘うナイチンゲール (徳永 哲) 花乱社」 この処置によって、熱病にかかって死ぬ人間は減少した。 ところでこのとき、手袋はあったのだろうか? クリミア戦争時の野戦病院では、こうやって衛生環境を良くしていくという発想がなかったかほぼ皆無で、医療衛生の面で革命的な役割をはたしたのがナイチンゲール。 このときトリアージ・システムによって、見殺しにされた負傷兵にも命の輝きを見出し、それを尊重したのもナイチンゲールだった。 献身的な彼女はいつしか、「クリミアの天使」と呼ばれるようになる。 いまでいう「白衣の天使」の誕生だ。 見捨てられた患者をみてまわるクリミアの天使 上の絵のように夜間もランプを持って夜回りをしていたことから、彼女は「ランプの貴婦人」とも呼ばれた。 でも本人は、「天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦う者である」と言ったという。 下痢水に大量の動物の死骸とゴミ、さらに壁にひそむ害虫をすべて取り除いたナイチンゲールはまさに戦う天使だった。 …という良い話を3日前の5月12日に書きたかったのに。 こちらの記事もいかがですか?.

次の

[白衣の天使]エイル (LSレア)

パワプロ 白衣 の 天使

スポンサー 看護師さんってやっぱり、優しくて、いつも笑顔で、患者さんを癒してくれる存在っていうイメージありません? そんなイメージから世間的には、看護師さんは白衣の天使って言われてますよね。 お局のおばちゃん看護師もいますけど、ほとんどが新人〜中堅看護師と言われる20代〜30代前半の看護師です。 元読者モデルやサロンモデルをしていた人もいたりと、確かにかわいい看護師さんも多いんですよね。 そんなかわいくて優しい看護師さんは、仕事中、ボディタッチというか身体をさすったり, 清潔ケアしたりと、献身的に、そして真面目に看護をするので、「もしかして僕のこと好きなの…?!」なんて勘違いしちゃってる純粋な患者さんもチラホラ…。 もちろん、患者さんに対して恋愛感情はありません。 (あ、でもたまーに看護師さんと患者さんの恋の話を耳にすることもあったな〜…。 でもほんとたまーにですけどね。 ) 患者さんからの、 「傷が痛い…」「眠れない…」と頻回にナースコール… 「売店で〇〇買って来てくれない?」超絶忙しい時のお願い事… どんなにプライベートがうまくいっていないときでも、どんなにその日の業務がハードでも、 患者さんが安全に、そして安心して入院生活が過ごせるように、 「辛いですね…」 「良くなってますからね、一緒に頑張りましょうね〜」 と、ひたすらやさしく寄り添います。 もちろん、とびっきりの笑顔や、時には患者さんに合わせて辛そうな顔や悲しそうな顔も全力で披露します。 …まぁでも、このイメージ間違ってはないんです。 それは、声を大にして言えます!!! まさに、みなさんの想像する白衣の天使そのもの。 ………でも…… 白衣の天使でいられるのは、目の前に患者さんやご家族がいるとき、の話です。 私たち看護師は、みなさんもご存知のとおり女社会です。 やっぱり女社会って、ほんっっっっっっっとうに大変なんです! 一度、先輩看護師に目をつけられると、もう今後の看護師生活を穏やかに過ごすことはできません…。 先輩看護師の後輩いびりを実際受けるのも辛いですが、自分じゃない他のスタッフが言われているのを聞くだけでも気分が悪くなります。 (こういうのは医療業界以外でもあるんですかね・・・?) しかも厄介なのが、こういう先輩たちって気分にムラがあること。 プライベートが上手くいっているかいっていないか、その日の仕事がハードなのか、それとも比較的落ち着いているのかにもよって、いびり具合が変わってきます。 そしてさらに厄介なのが、ターゲットがコロコロ変わること。 昨日まではターゲットはAさんだったのに、今日は私…?!何したっけ…? こんなことは日常茶飯事でした。 誰でもいいんです、先輩の目についた人なら誰でも。。。 何が言いたいかというと、とにかく面倒くさい!!!!! こちらが話しかけても無視… 全然悪くないのに責任転嫁… いびり先輩の受け持ちはめちゃくちゃ軽いのに、嫌いな後輩にはめちゃくちゃ重症な患者さんを振り分け、さらには緊急入院まで…… なんでっ?! そんな時にもちろん手伝ってくれるわけでもなく、ナースステーションでぺちゃくちゃおしゃべり…。 手伝ってほしい、なんて口が裂けても言えません。 黙々とただひたすら業務をこなします。 心の中では、これでもか!というくらい悪態つきまくってますけどね。 休みの希望だって、先輩と被ったら後輩が別日に変えるしかありません。 もうこれは暗黙の掟のようなもの。 最初は先輩の態度に落ち込んで、その度に傷ついて泣いたり、「仕事行きたくないな〜」なんて思ったり、患者さんの前でもテンションだだ下がりだったけど、さすがに私たちもだんだんと心が強くなります。 どんなにテンションが下がっていたとしても、イライラしていても、 ひと度患者さんの前に行けば そんな気持ちは心の奥の奥の奥くらいにしまって何事もなかったかのように明るく振る舞います。 まさにプロフェッショナル! むしろ患者さんの方がやさしい言葉をかけてくれるし、 長く入院してる患者さんなんて、「あの人はいつもそうなんだから気にしないの!」なんて励ましてくれます。 (看護の仕事って本当に大変だし、嫌になることも多いけど、こういう人間らしい温かみに触れられるから好きなんだよな〜・・・) とは言っても、 「また何かあったらナースコール押してくださいね〜」と言って部屋を出た瞬間にはもう真顔ですけどね。 ……そんなこんなで堕天使になってしまった私たちですが、 何回でも言いたいくらい看護師の仕事ってとにかく激務なんですよね。 やっぱり毎日命と向き合ってるわけですから、気も張り詰めてるし、さっき言ったような先輩からのいろんな圧でとにかくストレスが半端ない!!! とにかくストレス!!!毎日ストレス!!! そんなストレスを発散するためには、やっぱりお酒なんです。 そう! お酒なんです! 次の日が夜勤だったら飲みにいくでしょ、夜勤明けでも飲みに行くでしょ、次の日が休みだったらのみに行くでしょ、次の日が日勤でも飲みに行くでしょ、、、 つまり、いつもどんな時でもお酒を飲んで、日頃の鬱憤をこれでもか!ってくらい晴らすのです。 まぁ、結局、週に3〜4回くらい飲みに行ってたので(私は)、ほぼ毎日憂さ晴らししてたということになりますけどね…。 とにかく、看護師さんは、日頃のストレスを晴らすために、強くたくましい、ただのお酒好きの女になってしまうというのが実態。 天使なんて誰が言ったの?天使なんてもともといなかったよね?っていうレベルです。 よく看護師って結婚したい女性の職業ランキングにノミネートされてますが、 私からすると「マジでやめといたほうがいい!!!」もうこの一択。 病院から一歩でた看護師は、確実に、病院にいるような優しい優しい白衣の天使ではありません。 むしろ堕天使でもなくただの悪魔なんじゃないか説もありますよ。 (諸説あります) 何と言っても、 男の人にも負けない気の強さ! 口の悪さ! 図太さ! お酒の量! きっと想像している白衣の天使とはかけ離れすぎて悲しくなるんじゃないですかね… まぁでも、基本的に看護師さんには世話好きな人が多いから、なんだかんだで尽くしてくれると思いますけどね。 それに看護師さんってダメ男が好きな人も多いですから。 …悲しい事実ですけど。 我こそは、私生活がだらしないダメ男です!!朝から晩まで世話焼かれたいです!!という方は、ぜひ看護師さんをおすすめします。 それ以外の人には本当におすすめしません! あ、あとは年下のかわいい男の子が好きな看護師さんも多いかも。 それでもいい方は自己責任でお試しください…。 先輩いびりに苦しんでる新人看護師さん。 大丈夫です、いずれ本当に何も気にならないくらい強くなれます。 むしろか弱さなんてどこかへいってしまいます。 あなたの話、誰も聞いていないし、いい気になってるのはあなただけです…。 むしろ一番遠回しにいびられてるのはあなたかもしれませんよ…かわいそうに…。 看護師さんとの結婚を夢見てる方。 つまるところ、 白衣の天使は存在しません。 存在するのは白衣の天使の仮面を被った堕天使のみ…。

次の

なぜ白衣の天使と呼ばれるのか?医者にはできない看護師にしかできない仕事

パワプロ 白衣 の 天使

スポンサー 看護師さんってやっぱり、優しくて、いつも笑顔で、患者さんを癒してくれる存在っていうイメージありません? そんなイメージから世間的には、看護師さんは白衣の天使って言われてますよね。 お局のおばちゃん看護師もいますけど、ほとんどが新人〜中堅看護師と言われる20代〜30代前半の看護師です。 元読者モデルやサロンモデルをしていた人もいたりと、確かにかわいい看護師さんも多いんですよね。 そんなかわいくて優しい看護師さんは、仕事中、ボディタッチというか身体をさすったり, 清潔ケアしたりと、献身的に、そして真面目に看護をするので、「もしかして僕のこと好きなの…?!」なんて勘違いしちゃってる純粋な患者さんもチラホラ…。 もちろん、患者さんに対して恋愛感情はありません。 (あ、でもたまーに看護師さんと患者さんの恋の話を耳にすることもあったな〜…。 でもほんとたまーにですけどね。 ) 患者さんからの、 「傷が痛い…」「眠れない…」と頻回にナースコール… 「売店で〇〇買って来てくれない?」超絶忙しい時のお願い事… どんなにプライベートがうまくいっていないときでも、どんなにその日の業務がハードでも、 患者さんが安全に、そして安心して入院生活が過ごせるように、 「辛いですね…」 「良くなってますからね、一緒に頑張りましょうね〜」 と、ひたすらやさしく寄り添います。 もちろん、とびっきりの笑顔や、時には患者さんに合わせて辛そうな顔や悲しそうな顔も全力で披露します。 …まぁでも、このイメージ間違ってはないんです。 それは、声を大にして言えます!!! まさに、みなさんの想像する白衣の天使そのもの。 ………でも…… 白衣の天使でいられるのは、目の前に患者さんやご家族がいるとき、の話です。 私たち看護師は、みなさんもご存知のとおり女社会です。 やっぱり女社会って、ほんっっっっっっっとうに大変なんです! 一度、先輩看護師に目をつけられると、もう今後の看護師生活を穏やかに過ごすことはできません…。 先輩看護師の後輩いびりを実際受けるのも辛いですが、自分じゃない他のスタッフが言われているのを聞くだけでも気分が悪くなります。 (こういうのは医療業界以外でもあるんですかね・・・?) しかも厄介なのが、こういう先輩たちって気分にムラがあること。 プライベートが上手くいっているかいっていないか、その日の仕事がハードなのか、それとも比較的落ち着いているのかにもよって、いびり具合が変わってきます。 そしてさらに厄介なのが、ターゲットがコロコロ変わること。 昨日まではターゲットはAさんだったのに、今日は私…?!何したっけ…? こんなことは日常茶飯事でした。 誰でもいいんです、先輩の目についた人なら誰でも。。。 何が言いたいかというと、とにかく面倒くさい!!!!! こちらが話しかけても無視… 全然悪くないのに責任転嫁… いびり先輩の受け持ちはめちゃくちゃ軽いのに、嫌いな後輩にはめちゃくちゃ重症な患者さんを振り分け、さらには緊急入院まで…… なんでっ?! そんな時にもちろん手伝ってくれるわけでもなく、ナースステーションでぺちゃくちゃおしゃべり…。 手伝ってほしい、なんて口が裂けても言えません。 黙々とただひたすら業務をこなします。 心の中では、これでもか!というくらい悪態つきまくってますけどね。 休みの希望だって、先輩と被ったら後輩が別日に変えるしかありません。 もうこれは暗黙の掟のようなもの。 最初は先輩の態度に落ち込んで、その度に傷ついて泣いたり、「仕事行きたくないな〜」なんて思ったり、患者さんの前でもテンションだだ下がりだったけど、さすがに私たちもだんだんと心が強くなります。 どんなにテンションが下がっていたとしても、イライラしていても、 ひと度患者さんの前に行けば そんな気持ちは心の奥の奥の奥くらいにしまって何事もなかったかのように明るく振る舞います。 まさにプロフェッショナル! むしろ患者さんの方がやさしい言葉をかけてくれるし、 長く入院してる患者さんなんて、「あの人はいつもそうなんだから気にしないの!」なんて励ましてくれます。 (看護の仕事って本当に大変だし、嫌になることも多いけど、こういう人間らしい温かみに触れられるから好きなんだよな〜・・・) とは言っても、 「また何かあったらナースコール押してくださいね〜」と言って部屋を出た瞬間にはもう真顔ですけどね。 ……そんなこんなで堕天使になってしまった私たちですが、 何回でも言いたいくらい看護師の仕事ってとにかく激務なんですよね。 やっぱり毎日命と向き合ってるわけですから、気も張り詰めてるし、さっき言ったような先輩からのいろんな圧でとにかくストレスが半端ない!!! とにかくストレス!!!毎日ストレス!!! そんなストレスを発散するためには、やっぱりお酒なんです。 そう! お酒なんです! 次の日が夜勤だったら飲みにいくでしょ、夜勤明けでも飲みに行くでしょ、次の日が休みだったらのみに行くでしょ、次の日が日勤でも飲みに行くでしょ、、、 つまり、いつもどんな時でもお酒を飲んで、日頃の鬱憤をこれでもか!ってくらい晴らすのです。 まぁ、結局、週に3〜4回くらい飲みに行ってたので(私は)、ほぼ毎日憂さ晴らししてたということになりますけどね…。 とにかく、看護師さんは、日頃のストレスを晴らすために、強くたくましい、ただのお酒好きの女になってしまうというのが実態。 天使なんて誰が言ったの?天使なんてもともといなかったよね?っていうレベルです。 よく看護師って結婚したい女性の職業ランキングにノミネートされてますが、 私からすると「マジでやめといたほうがいい!!!」もうこの一択。 病院から一歩でた看護師は、確実に、病院にいるような優しい優しい白衣の天使ではありません。 むしろ堕天使でもなくただの悪魔なんじゃないか説もありますよ。 (諸説あります) 何と言っても、 男の人にも負けない気の強さ! 口の悪さ! 図太さ! お酒の量! きっと想像している白衣の天使とはかけ離れすぎて悲しくなるんじゃないですかね… まぁでも、基本的に看護師さんには世話好きな人が多いから、なんだかんだで尽くしてくれると思いますけどね。 それに看護師さんってダメ男が好きな人も多いですから。 …悲しい事実ですけど。 我こそは、私生活がだらしないダメ男です!!朝から晩まで世話焼かれたいです!!という方は、ぜひ看護師さんをおすすめします。 それ以外の人には本当におすすめしません! あ、あとは年下のかわいい男の子が好きな看護師さんも多いかも。 それでもいい方は自己責任でお試しください…。 先輩いびりに苦しんでる新人看護師さん。 大丈夫です、いずれ本当に何も気にならないくらい強くなれます。 むしろか弱さなんてどこかへいってしまいます。 あなたの話、誰も聞いていないし、いい気になってるのはあなただけです…。 むしろ一番遠回しにいびられてるのはあなたかもしれませんよ…かわいそうに…。 看護師さんとの結婚を夢見てる方。 つまるところ、 白衣の天使は存在しません。 存在するのは白衣の天使の仮面を被った堕天使のみ…。

次の