炭治郎 bl。 煉炭 (れんたん)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

炭治郎 bl

概要 「」に登場する、とのBLカップリング。 義勇は21歳、炭治郎は15歳。 両名ともにに所属しており、義勇は "柱"である。 また、二人ともを師としたの使い手で、同門の兄弟子と弟弟子にあたる。 二人の出会いは第一話で竈門一家が鬼に襲撃された際、討伐に駆けつけて来た鬼殺隊士が義勇であったことによる。 柱は警備担当地区が広大で多忙であり、義勇は竈門一家の惨殺阻止には間に合わなかったが、鬼化したばかりのに襲われていた炭治郎は義勇に助けられる。 その際土下座で鬼化した妹の命乞いをした炭治郎に、義勇が「 生殺与奪の権を他人に握らせるな!!」等この世のことわり・怒り・覚悟の仕方を教え、竈門兄妹を信じ水の呼吸の師匠である鱗滝に紹介するなど、メンタル・フィジカルともに強く生きるきっかけを与えた最初の人物であり命の恩人、という関係。 本編での関わり 義勇は那田蜘蛛山での十二鬼月との戦いにおいても炭治郎の窮地を救い、その後の禰豆子を殺害するか否かの柱合裁判に至っても、炭治郎を締め上げるから守ったり、を始めとした炭治郎と禰豆子の存在を拒絶する柱と対峙したり、鱗滝とともに自らの切腹をかけて二人を庇う手紙を当主のに送っていたことが判明するなど、無口で不愛想なため分かりづらいが竈門兄妹のことをずっと見守っていた。 蝶屋敷を出た後、柱である義勇と新人隊士である炭治郎は役職の違いから共通任務に赴く機会はなかったが、炭治郎は義勇に手紙を送り続けている様子である。 なお義勇からの返事はない(単行本13巻参照) 15巻では柱稽古に参加しない義勇に炭治郎が四六時中つきまとい、真意を聞き出したことで距離が縮まったのか 「炭治郎」「義勇さん」と名前で呼び合うようになっている。 二人が同じ心の傷を持っていることに炭治郎が気付き、義勇も心を開いたため、以降は顕著に二人の関係性は遠くから守る人、守られる人ではなく、まだまだ義勇が補う形ではあるが共に戦い、背中を預けられる関係に変化している。 新たな呼吸を編み出したとはいえ水の呼吸を基礎として学んでいる炭治郎と水の柱である義勇は戦闘面での相性も良い。 初めて会った時からは想像もできないが義勇は天然ボケな面があり、炭治郎もそれに便乗してボケるため、二人だけの場面では 深刻なツッコミ不足となることがある。 上記の通り戦闘面でも相性の良い二人だが、実は性格面でも相性は良いのかもしれない。 無限城編<猗窩座戦での共闘> 上弦の参との戦いで初めて共闘した際には、執拗に炭治郎の命を狙う猗窩座に対し義勇は 「炭治郎を殺したければまず俺を倒せ…!! 」と凄まじい形相で威嚇。 この時炭治郎は気絶していた為義勇の叫びは聴こえていなかったが、 義勇にとって炭治郎がいかに守るべき大切な存在であるか、ということが伝わる名シーンとなった。 そして猗窩座消滅後には炭治郎を介抱して怪我の具合を気遣うなど、不愛想ながらも弟弟子へのさり気ない優しさも垣間見せた。 物語序盤ではほとんど別行動だったこともあり様々な面で距離感のあった義勇と炭治郎だったが、 猗窩座との戦いで共に戦ったことで互いの信頼関係は強固なものとなっていった。 本誌のネタバレを回避したい方、単行本派の方はご注意ください。 猗窩座戦終了後、体力が回復し先を急ぐ義勇と炭治郎の前に突如敵の首領であるが現れ、 二人は不意をつかれる形で他の仲間と合流できないまま戦うことになってしまう。 無惨への憎しみで感情的になる炭治郎。 しかし義勇は落ちつくよう制し、自分も込み上げる無惨への憎しみを抑えながら、冷静さを欠かないよう言い聞かせた。 その後、互いに奮闘するも無惨に攻撃がとどくことは無く、結果、炭治郎は片目を負傷してしまう。 義勇は一瞬ひどく動揺してしまうが、その後壁に頭を強打した炭治郎を素早く抱えて助け、 猗窩座戦の時同様炭治郎の危機に素早く反応し救出。 また炭治郎も無惨をわざと自分に引きつけることで義勇の命を守ろうとした。 無限城が崩落し決戦の場が市街地に移った後は、無惨の血毒により瀕死状態に陥った炭治郎を救うべく義勇が同期のに救護を頼んだことにより炭治郎は一命を取り留める。 しかし、その後無惨の攻撃により義勇は右腕は切断され出血多量により意識不明になってしまう。 辛うじて命は取り留めているもののもはや戦場復帰は絶望的と思われたが、 義勇は無惨との戦いが終盤を迎えた第199話で 思わぬ形で再登場する。 無惨から放たれた衝撃波により炭治郎は左腕を吹き飛ばされ、さらに重傷を負ってしまうがそれでもくらいつき、無惨の腹部に突き刺した日輪刀を右腕のみで赫刀化させようとするが片腕となり失血したことで熱量が足りず、日輪刀は赤く染まらない。 その時、長らく戦線離脱していた義勇が現れ、後ろから炭治郎の体を支え、 二人の残った左腕と右腕で日輪刀を強く握り締めたことにより赫刀が発動。 追い詰められ、異形の姿へと変貌した無惨に致命的なダメージを与えることに成功した。 この時赫刀できたのは、それぞれ片腕を欠損した両者が互いの欠けた部分を補うように重なり合ったことで 『一人の剣士』となり、握り締めた日輪刀の柄の温度が急上昇したこと、 そして二人が痣持ちであったからであると思われる。 ちなみにこの場面は少年漫画らしい鬼気迫る熱い場面なのだが、この義勇と炭治郎が 寄り添って一つの刀を握る様子がある光景を彷彿させたことから、本誌のネタバレが解禁された日にはネット上が一時騒然となり、全国の義炭ファンが大いに歓喜した、ある意味伝説の回となった。 アニメでの追加シーン アニメ一期最終話にあたる第26話(原作7巻収録・第53話)においては、 新たなる任務へと出発する為これまで世話になった蝶屋敷の人々を中心に別れを告げて明るく旅立っていく炭治郎の姿が描かれたがそこにアニメオリジナルシーンとして 見送りに顔を出す義勇のシーンが追加され義勇が炭治郎の修行の進捗状況を把握しておりおそらく激励に来たであろうこと、そして炭治郎が出会ってからここまで義勇が文字通り命がけで自分を信じてくれていたことについて感極まり瞳を潤ませるシーンが描かれている。 「冨岡さん、禰豆子のこと、ありがとうございました。 命を懸けていてくれたなんて、俺、知らなくて、 どう感謝を伝えたらいいのか…。 」 炭治郎から義勇への信頼、義勇が炭治郎を気にかけているという描写 そして原作15巻に描かれる義勇の思惑に繋がる布石 が強くなっている。 それに対し義勇は顔を背けたまま 「礼なら、仕事で返せばいい」と言って立ち去るが、 頑なに他者に対して距離をおき続けてきた義勇が、 わざわざ見送りに来たということが驚きであり、原作では無かった二人の関係の変化を伺わせる、貴重な一場面となった。 キメツ学園での関わり 鬼滅の刃のスピンオフ作品である【】では二人は「教師」と「生徒」という関係になっている。 義勇はスパルタ体育教師 兼風紀指導員 という設定で、意地でもピアスを外そうとしない炭治郎他善逸、伊之助を日々叱責しスパルタ指導を行っているのだが、彼は実は竈門家が経営する 竈門ベーカリーの常連客である。 そのため彼がいつも階段でをする時に食べている昼食はほとんど炭治郎の手作りパン……だと思われるが、市販 ? のぶどうパンも好んで食べているのを目撃されている 炭治郎とは学園に入学する以前からの知り合いらしいがどのような関わりがあったのかは不明。 それもあってか、周囲に音痴だと酷評されるに ただ一人感動し応援団扇を手に涙を流すなど、炭治郎に対しては指導者としての立場以外の思い入れがあるようだ。 関連イラスト.

次の

大喜利こんな鬼滅の刃は嫌すぎる!!どんな内容でしょうか?例炭治郎がBL...

炭治郎 bl

ヤンデレ• 炭治郎side 「やっと効果出てきたか... 結構遅いな... 」 媚薬と睡眠薬混ぜたから効果薄まったのかな... 善逸が起きる前に縛っとくか... 俺は鎖を準備し善逸の手を縛った ガチャン 「よしっ!これで準備完了だな!」 あとは善逸が起きるのを待つだけ... これからされることも知らないで気持ちよさそうに寝ている善逸はまるで天使のような顔をしていた... 善逸side 『んぁッ... ん〜』 ここ炭治郎の家だっけ... 俺どれくらい寝てたんだろ... 「善逸やっと起きたのか... 遅いぞ」 『ごめんごめんww』 俺は目を覚ますために目を擦ろうとすると ガチャガチャ 『え... ?なに... っ』 え、なんだよこれ なんで俺縛られてんの??? 「俺ずっと善逸が好きだったんだ... でも最近は善逸が他の人と話しているのを見るだけで辛い... なぁ善逸... 俺の事助けてくれよ... 」 『いや... 何言ってんだよ炭治郎っ!!目覚ませよ!!』 「やっぱ善逸は受け入れてくれないんだな...。 なら強制的に俺のモノにするよ... 」 何言ってんだこいつ... 頭おかしくなったのか... ? てか暑くね??汗とまんないんだけど... 炭治郎は俺に無理矢理キスをしてきた チュッ 『んっ... めろッ!!』 炭治郎は俺の口の中に下を入れてきた グイッ 『ふ... んぁッ』 気持ち悪い... 俺はたまらず炭治郎の口を噛んだ ガリッ 「ったぁ... なにするんだよ善逸... 痛いじゃないか」 『お前... おかしいよ!!どうしちゃったんだよ!!』 「どこがおかしいんだ?俺はただ善逸のことが好きなだけだぞ」 炭治郎は俺をベットに運び服を脱がしはじめた 「善逸... まだキスしかしてないのになんでそんなに勃ってるんだ??」 え... 離れろ!!!』 押し返したいのに手が縛られてて抵抗できない 炭治郎は俺の首や脚にキスをしてきた チュッジュッ 『あっ... てッ!』 「そんなこと言って... ものすごく感じているみたいだけど?」 『ち... がぅッ』 穴を慣らしてもいないのに濡れている... なんでだよ... おかしい... 「こんなに濡れているなら慣らさなくてもいいよな... 」 炭治郎は自分のモノを穴に入れてきた ズッ 『あぅ... っ!!ゃらっあっ... うっあ』 初めてって痛いはずなのに... なんでこんなに気持ちいの... 「やだやだ言ってるけど体は正直だぞ善逸」 炭治郎は奥ばかり突いてくる... 声を出そうと思っていないのに自然に変な声が出る... 『ふっ... ん!あっ... じろっ!!!』 「奥きもちいのか??すごく締まるぞ」 『あッ... ぉぐッ!』 「俺もうイきそうだ... 中に出すぞっ」 ビュルビュルッ! 『はっ... ッぅ』 好きじゃないやつとしてるのに感じるなんで最低だ俺... 俺達ちゃんと友達に戻れるかな...... end•

次の

『鬼滅の刃【短編集】』第3章「一夜の夢、永遠の契り【煉獄×炭治郎】※炭目線(オメガバース)」 34ページ

炭治郎 bl

「炭治郎さん、動かないで!メイクズレちゃいます!!」 「す、すいません」 メイド長さんに怒られてしまった。 しかし、とてもくすぐったい。 「はい!OK、衣装はちょうどいいかしら?」 「あ、はい。 ありがとうございます」 メイド長さんは俺の全身をまじまじ見ると満足そうに笑った。 「完璧ね!杏寿郎様がお待ちよ。 速く行きなさい」 「ありがとうございます!!」 ぺこりとお辞儀をして、部屋を出ようとすると この匂い…まさか 「うむ!似合っているではないか、炭治郎」 「杏寿郎様!?」 杏寿郎様も綺麗な衣装を来ていて普段より格好良く見えた。 嬉しそうな匂い… 「あ、ありがとうございます……」 「うむ!では、行こうか」 杏寿郎様は俺に手を差し出した。 「ひ、一人でも歩けますよ!」 すると、杏寿郎様はフッと笑った。 「今回は俺にエスコートさせてくれ」 ヒェ…恐るべし 「は、はい…」 恐る恐る手を杏寿郎様の手に載せた。 「それでは、行こう」.

次の