スラムダンク 芸人 動画。 [B!] アメトーク 動画 「ゴールデン3時間SP スラムダンク芸人/売れっ子オモロー祭り/華の昭和47年生まれ芸人/家電芸人」 TV小僧

アニメ・スラムダンク途中打ち切りの理由は?山王戦は見れないのか?

スラムダンク 芸人 動画

バスケ漫画の金字塔であるスラムダンクは、漫画のみならずアニメ版も人気でしたね。 世代によってはアニメからスラムダンクを知り、漫画を読んだという人もいると思います。 そんなアニメ・スラムダンクですが、残念ながら1番盛り上がる山王戦やりインターハイは放映されずに打ち切りとなりました。 スラダンファンなら是非、山王戦やインターハイ編を見てみたいというのが本音だと思います。 この記事ではアニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由や、ファン待望の山王戦は見れないのかを検証していきます。 スポンサーリンク アニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由とは? アニメ・スラムダンクの最終回は、桜木のシュート2万本合宿を終えたあとに漫画にはないオリジナルストーリーが展開されます。 その内容は、まさかの藤真ら翔陽メンバーと、仙道ら陵南メンバーが組んだ合同チームと、湘北が練習試合をするというものです。 このドリームマッチにスラダンファンは歓喜したわけですが、残念ながらその後の山王戦やインターハイ編は描かれませんでした(泣) アニメのエンディングでは、森重をはじめとする全国編のキャラクターが登場しているので、ファンからすれば山王戦まで放映されるのが規定路線って感じでしたが。 このエンディングを見る限り、全国編の制作は多少始まっていたのではと思います。 なのになぜ、あのタイミングで打ち切りになったのか? 打ち切りの理由は以下の2つと思われます。 打ち切り理由1、視聴率の低下 これはスラムダンク自体の人気の低下による視聴率低下ではなく、裏番組に圧された事による視聴率低下と言われています。 ちなみに、当時のスラムダンクの裏番組は『筋肉番付』でした。 元々は深夜帯に放送していた『筋肉番付』がスラムダンクと同じ、土曜日のゴールデンに進出してきたことが、打ち切りの要因の1つになったと考えられます。 打ち切り理由2、原作の先行き不鮮明さ アニメ終了時の原作漫画は単行本でいうとこの28巻あたりで、ちょうど山王戦の後半あたりでした。 なので、原作にアニメが追い付きそうな状況ではなかったわけです。 にも関わらず打ち切りになったのは、やはり原作が先行き不明になったことが大きいと思われます。 このまま山王戦の後も原作が続くことが決まっていれば、わざわざ打ち切りにするこもなかったでしょう。 有名な話ですが当時、作者と編集部の間には、確執がありました。 編集部は作品を引き延ばそうとして、作者はそれに相反する考えで、無理やり山王戦で原作を連載終了することに。 ちょうど番組改編の時期も近かったため、漫画にはないオリジナルストーリーで間を持たせた。 これが、アニメ・スラムダンク打ち切りの理由です。 やはり、1番の理由は、作者と編集部の確執だと思います。 連載がどこまで続くかわからない状況、番組改編時期、裏番組の「筋肉番付」のゴールデン進出、ここらへんが重なって打ち切りになったんですね。 もし、1つでもタイミングがズレていれば、山王戦やインターハイも見れていたかもしれません。 そう思うと、よりアニメ版の全国編が見たくなりますね(泣) スポンサーリンク 山王戦はアニメ化されないのか? これはもうスラダンファンなら是が非でも見たいとこですが、アニメ化は難しいかもしれません。 というのも、実は作者の井上氏はアニメ化に否定的だからです。 放送当時は、アニメの出来の悪さに腹を立てていたという話があるくらいですから。 なので、どんなにオファーがあったとしても、作者の井上氏がゴーサインを出すとは考えづらいです。 確かにアニメ版を見てると、あの山王戦の雰囲気をアニメで出すのは難しいだろうなとも感じます。 山王戦の最終盤はセリフすらなく画力だけで描かれていますが、あのシーンをアニメでは再現不可能だと思いますので。 いずれにしても作者の気持ち次第だと思います。 アニメ化を望むスラダンファンの声は未だに根強くありますから、作者の気が変わることがないとは言えないし、あるとも言い難い。 スラダンファンはその時をまつしかありませんね。 山王戦のおすすめ動画 それでは最後に山王戦のおすすめ動画をまとめたいと思います。

次の

SLAM DUNK スラムダンク 16話

スラムダンク 芸人 動画

あらすじ [ ] 陵南との練習試合の後、今度は、武園学園高校との練習試合に臨む湘北。 試合前、花道は同じ中学の島村葉子、小田竜政と再会。 花道と葉子は再会を喜ぶが、葉子の恋人でもある小田は不良の花道がバスケをやっていることが気にいらず、一方的に敵視する。 そんな小田に花道は「俺の相手は、お前じゃない!俺の相手はバスケットだ!」と発言し、ただ一心にバスケに打ち込む花道の姿は小田に失っていたものを取り戻させていく。 ゲストキャラクター [ ] 武園は、原作でも名前のみ登場。 テレビアニメにおいては、インターハイ神奈川県予選決勝リーグ出場を賭けて、海南大付属高校と対戦・敗退する。 武園学園高校 前年度のインターハイ予選ベスト8であるが、シード校ではない。 高校自体は女子生徒が多数を占めるため、男子の集うバスケ部は特に人気がある。 湘北との練習試合は、劇中ではどちらが勝ったかは不明だが、小説版では湘北の勝ちとなっている(アニメでは勝ったことが木暮に説明されている)。 ユニフォームの色は水色。 黛 明(まゆずみ あきら) 3年、187cm、背番号4、SG。 武園の主将。 インターハイ予選海南戦では神のマークにつく。 小田 竜政(おだ たつまさ) 1年、185cm、背番号9、C、PF。 バッシュ:ナイキ エア・ジョーダン8 原作では、葉子の台詞内で苗字のみ登場した。 花道と同じ和光中学出身。 「バスケット部の小田君」で有名。 無名校出身でありながら1年にして強豪のスタメンを勝ち取る。 花道を「不良」と見下し、中学時代は喧嘩に明け暮れていたことを軽蔑していたが、湘北との練習試合でバスケに熱中する花道のひたむきさに心を打たれ、再戦を誓う。 それまでは勝つことへの執着心から刺々しくなり、そのことを心配した葉子にも辛く当たって溝ができていたが、バスケを楽しむ心を取り戻し、葉子とも和解できた。 アニメでの海南戦は、前の試合で発生した足の故障を抱えながらプレイするも敗れる。 三浦 義秀(みうら よしひで) 3年、173cm、背番号5、PG。 武園のスタメン選手。 結城 勇(ゆうき いさむ) 3年、187cm、背番号7、SF。 武園のスタメン選手。 宇崎 健一(うざき けんいち) 2年、186cm、背番号8、PF、C。 武園のスタメン選手。 下野 忠雄(しもの ただお) 3年、背番号6、G。 葉山(はやま) 監督。 湘北との練習試合終了直後、花道のプレイに拍手したことで、会場の観客の拍手を誘う。 声の出演 [ ] TVアニメ版とは声優が異なり、小田役はではなくが、葉子役はではなくが演じている。 赤木晴子:• 木暮公延:• 水戸洋平:• 野間忠一郎:• 高宮望:• 大楠雄二:• 彩子:• 安田靖春:• 藤井:西本悦子• 松井:• 小田竜政:• 島村葉子:• 葉山監督:• 応援団リーダー:• 女生徒:• 女生徒:• 女生徒:• 女生徒: スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作代表:• 製作:、、、• 原作:• 脚本:• 音楽:• 作画監督:• 美術監督:• 撮影:• 録音:• 編集:• 助監督:• プロデューサー:、• 監督: 外部リンク [ ]•

次の

『アメトーーク!』ゴールデンSPで“スラムダンク芸人”開催!石原さとみも参戦

スラムダンク 芸人 動画

どうも。 「好きな球技は?」と聞かれたらとりあえず「テニスとサッカーかな」と答えるアバウト男です。 今回は 劇場版アニメ 【スラムダンク】4作品をたまたまAmazonプライムで見かけて思わず一気観しちゃったので、その感想を書こうかなと思います。 その前にちょっと余談 実は劇場版の4作品とも小学生の頃かな?地元の映画館で観たことあって、今回はその時ぶりの再鑑賞。 当時のことを思い返すと劇場版『スラムダンク』って基本『ドラゴンボール』とあと1つ『忍空NINKU』や『Dr. スランプ アラレちゃん』とかと3本立てで公開されてたんだよね。 あんまり今そういうの無いよね? 当時はもっぱら『ドラゴンボール』目当てだったんだけど、アニメの『スラムダンク』も毎週観てたから3本立ても全然苦じゃなかった。 そういえば、あの時トイレ休憩とかあったのかな?その辺は思い出せないや。 で実は『スラムダンク』はアニメから入ったクチで、原作漫画は高校の授業中に全巻読みました。 友達が全巻学校に隠し持って来てて、教科書の内側に仕込んでずーっと読んでました。 なのでアニメには出てこない『山王』の存在はその時知ることに。 では感想に。 劇場版アニメ『スラムダンク』4作品の感想 スラムダンク 劇場版 あらすじ: 練習試合のため、神奈川県ベスト8の実力を持つ強豪・武園学園にやって来た湘北高校バスケ部。 そこで偶然にも花道は、中学時代に告白したものの振られてしまった記念すべき50人目の相手・島村葉子と再会する。 現在彼女と交際中のバスケ部員・小田は、かつて札付きのワルだった花道が自分と同じくバスケを始めたことがどうにも許せない。 やがて始まる練習試合では、気負い過ぎていつものように失態を晒してしまう花道だったが? allcinema 劇場版一作目。 まさかの原作漫画の1コマめを拾ったオリジナルストーリー。 目の付けどころが良いですね。 当時は全然分からなかったけど、ちゃんと原作の世界観から外れる事なく無理のなく隙間に滑り込ますスピンオフとして好感が持てる。 時系列でいうも陵南と練習試合したなのかな?まだリョータも三井も合流してない頃の話なので、試合としては地味で残念ながらそこまで面白くは無い。 だけど上映時間30分にしてはまとまってたかな。 しかし次の対戦相手・津久武高校を率いるのは、中学生の頃に赤木や小暮のチームメイトだった伍代だ。 彼らも一目置くその実力者に加えて、花道にとっては憧れの晴子に近づく不届き者である南郷もまた、津久武高校の要注意選手なのであった。 やがて始まる予選試合は、序盤こそ津久武高校のペースに圧倒されるものの、開き直った花道の奮闘が意外な記録を生むことになる? allcinema 劇場版2作目。 実は原作漫画にもちょっとだけ出てくる対戦相手『津久武高校』。 神奈川県予選の『翔陽』の前に戦った高校として登場。 本作の面白いポイントは、桜木同様に高い身体能力を持つ津久武のルーキーである南郷の存在。 桜木と似ていて大口たたきなチームの問題児でめっぽう女には弱いが、桜木と違ってそれなりに実力はあるキャラ。 ある意味『桜木 VS 偽桜木』みたいなノリで設定としてもGOOD!本作からリョータと三井も合流し、それなりにバスケの試合として楽しめる作品にはなっていた。 初心者だった桜木も本作からリバウンダーとして頭角を表し始める。 それに向けて練習に専念しようとした彼らの前に突然現れたのは、金髪のバスケ留学生・マイケル沖田だ。 新設校である緑風高校のバスケ部に所属する彼は、マネージャー藤沢恵里に率いられて練習試合を申し込みに訪れたのだ。 彼女の挑発に乗り、赤木抜きの顔ぶれで急遽戦うハメになってしまう花道たちだが、緑風メンバー個々の高い実力は湘北を圧倒。 序盤に大きくリードされたポイント差を覆すことはできるのか? allcinema 劇場版3作目。 神奈川県予選の決勝リーグで接戦の末海南に敗れ、負けられない陵南戦を控えた矢先に急遽決まった練習試合。 この作品から桜木が坊主頭になる。 過去2作と比べると、対戦校のメンツがキャラ立ってよりバスケの試合に重きを置いた作品に。 緑風のマネージャー藤沢は流川のスカウトに失敗し湘北恨んでるキャラで、その流川に対抗すべくスカウトしてきたのが留学生のマイケル沖田。 存在感は陵南の仙道に似てる。 若干この頃から海外を意識してた流川と戦わせる相手としてはナイスな設定でした。 他にも三井を舐め腐ってる中学の後輩がいたり、途中出場するルパン3世の五右衛門風の双子キャラがいたりと前2作よりも、アニメーションのレベルも上がり作品に厚みも出ていた。 成功率が低いといわれる手術を受ける前に、せめて憧れの流川と組んで試合をさせてあげたいと中学の同級生だった晴子に願い出るイチローの姉。 その甲斐あって特別に湘北の紅白練習試合へ参加を許可されたイチローだったが、そんな彼を流川は冷たく突き放す……。 allcinema 劇場版4作目。 過去3作品ともバスケの試合をメインに描いてたんだけど、4作目となる本作は、夢を諦めなければならない選手の苦悩やその先の折り合いにスポットを当てた一風変わった作りに。 でもこれがドラマとして良くて。 劇場版4作品の中では一番面白かったかな。 原作にもある赤木の足の怪我に触れる事で、原作と話がナチュラルに繋がり、才能がありつつも病気や怪我で夢を諦めなければならないスポーツマンの苦悩が決断の過酷さなんかがヒシヒシと伝わっ来た。 そして病気が無ければきっと翌年には湘北の力になる筈だったであろう才能ある幻のルーキーのイチローというキャラもナイスな設定で。 ラストに用意されてるハートフルなオチにもグッと来ました。 観終わって気付いたんだけど劇場版【スラムダンク】って4作品とも監督が違うのね。 なんでだろ? あとそうだ、アニメ版だと忘れちゃいけないのが『曲』ですよ!これは漫画では味わえない絶対的な良さ!BAADの『君が好きだと叫びたい』、大黒摩季の『あなただけを見つめてる』、WANDSの『世界が終わるまでは... 』とどれも名曲。 これを聴くために観直すってのもアリです。 4作品観終わってから原作漫画を全巻読み直したのは言うまでもない。 漫喫で2日間どっぷりスラムダンクの世界に浸りましたよ!キャラ設定、いい意味でアクの無い洗練された画のタッチ、手に汗握る先の読めない展開に、潔い終わり方など、改めて凄い漫画です。 あの〜、マジで実写化だけはやめて下さいね。 ってかこれに関してはさすがに無理かw でも井上雄彦が監修するバスケ映画とかであればちょっと観てみたいかも。

次の