アイビス ペイント クリッピング。 アイビスペイントX pc ダウンロード

アイビスペイントのレイヤーの意味とは?使い方を解説

アイビス ペイント クリッピング

アイビスペイントのタッチペンってどんなのがいいの? やっぱり高いペンのほうがいいのかしら? という疑問に答えます。 結論からいいますと、 電池を使わないタイプのペンが安全です。 電池を使うタイプのペンは端末によっては使い物になりません。 少なくともぼくの端末(Android)ではまったくダメでした。 値段はあまり関係ありません。 ぼくが愛用しているのは2本で1000円くらいのペンですが描き心地は良好です(Apple Pencilと比較してはいけません) 先端にディスクがついているタイプなので人によって好みは分かれますね。 今回は3種類のペンを比較してアイビスペイントに適したペンを探してみます。 ではいってみましょう。 ペンではありませんが 一番手軽に絵を描く手段です。 比較対象として十分な機能があります。 以上3種類のペンを比較します。 線を描いて比較【電池式タッチペンが惨敗】 横にサーっと引いた線を比較してみます。 線の途切れはなく、描き出しの反応の悪さも感じられません。 線の途切れ、描き出しの反応の悪さはまったくありません。 通電しているせいか 誤作動を起こしてしまいまったく線が描けません。 描き心地はまったくそん色ありません。 ただペン先が太いのでどこに線を書いているのかわかりにくいです。 細かい部分を書くのには向きません。 ーーーーー 以上のように電池が入るタイプのペン以外は描き心地に大きな違いはありませんでした。 スマホでアイビスペイントを使う場合、 電池が入るペンは使えない場合があると思ったほうがよいです。 うちにある2本の電池式のペンはいずれもダメでした。 中には使えるものもあるかもしれませんが、こんな不具合が起こりうることは知っておいていいんじゃないかと。 タッチペンを選ぶ際にお役立てください。 円を描いて比較する ここからはMEKOのタッチペンのペン先2種類と指を比較をしていきます。 円を描くときの比較ポイントは「 始点と終点がスムーズにつながるか」です。 イラストを描くときに線と線がきちんとつながっていないだけで素人っぽく見えてしまいます。 なので「始点と終点がきれいにつながるか」は重要です。 なお、どの円も1回で描いたものです。 描き直しはおこなっていません。 どこがつなぎ目かわからないほどです。 指の太さのせいでつなぎ目を見ながら線が描けないため、一発でつながりませんでした。 指よりはつなぎ目が見やすかったです。 以上のように円の始点と終点のつなぎやすさはディスク状のペンがもっともよく、次いで太いペン、指という順番でした。 ただ 絵を拡大すれば指でも簡単に線と線がつなげられます。 ペンの選択は 拡大する手間をどれだけ省きたいかによりますね。 トレースしたものを比較する 今度は絵をトレースしたものを比較します。 トレースするのはこちらのイラストです。 html? sp トレースにかかった時間はどれも8分程度でした。 比較ポイントは「 下絵の線からのズレ」です。 まずは3つの絵を見比べてみてください。 よく見ると、太いペンが一番正確に線をトレースできています。 次いでディスク状のペン、最後に指という順番です。 太いペンが一番正確だったのは3番目に描いたのも一因かと。 トレースに慣れてきてうまく描けちゃったんでしょうね。 ですのでディスクペンと太いペンはほぼ同じ出来と見てよいでしょう。 指は書いている線が隠れてしまうので、線が細くなるほどトレースもやりにくくなります。 今回のイラストはそれほど細い線ではありませんでしたが、それでも描きにくいところはありました。 描いている感じとしてはディスクと太いペンであまり違いはありませんでした。 ペン先の感触としては太いペンのほうが心地よかったです。 なお太いペンでざざっと描いてもこのくらいは描けます。 太いペンは描き心地がいいので、太さに慣れることができれば用途はあるかと。 【追記(2018年10月12日)】 端末をHuawei P20 LIte に替えました。 それに伴い厚めの画面保護シートを貼ったところ、MEKOの太いペン先では描きにくくなりました。 こちらの保護シートは「シート」というより「板」と言ったほうがいいくらい厚くてしっかりしているので、薄い保護シートのときに比べて 圧をかけないと描けません。 MEKOの太いペン先は圧をかけにくいので、もっぱらディスク状のペン先を使うようになりました。 買い替えた端末については以下の記事にまとめてありますので、よろしければどうぞ。 通電式のタッチペンは当たりハズレがありそう 今回試したヒューレットパッカードのアクティブペンはまったく使い物になりませんでしたが、 通電式だからといってまったくダメでもなさそうです。 レビューを見た限りですが、Androidでも通電式のタッチペンが使える場合があるようです。 いくつかレビューを挙げてみます。 お菓子の袋よりずいぶんきれいですし、通電も確認済みです。 ペンが決まったらあとは描くだけです。 アイビスペイントの使い方はこちらの記事でマスターできます。 まとめ:アイビスペイントにはMEKOのタッチペンがおすすめ。 通電式のタッチペンだと使えない場合があるのでご注意• 使い勝手とコスパの両面でMEKOが一番使いやすかった• 指でも描けるがイラストを拡大する手間はペンを使った場合より増える• ディスク上のタッチペンはちょっと、、、という人は自作する手もある• 通電式のタッチペンは実物を試してから買うのがベスト.

次の

アイビス作業工程【メイキング】

アイビス ペイント クリッピング

アイビスペイントXはiPad、iPhone、iPad touch、Android対応に対応しており、スマホやタブレットで本格的なイラストを描けるペイントツールです。 2,559種類の背景・トーン・パターン・パーツなどの素材、335種類の豊富なブラシ、レイヤー機能を使ったクリッピング作業が可能など、PCに負けないくらいの機能が備わっています。 初心者向けのお絵描き講座も公開されているので、アイビスペイントの使い方を学ぶことが可能です。 本記事では、アイビスペイントの機能、使い方をご紹介しますので、是非参考にして試してみてください。 【関連記事】 新規作成 マイギャラリーを押すと自分のギャラリーに入ります。 左下のプラスボタンを押すと用紙設定画面が出てくるので、好みのサイズを選んだら作業開始です。 使い方|ブラシ機能 左下から2番目のアイコンをクリックすると、編集機能が出てきます。 ブラシボタンを選択すると、ブラシの種類が一覧で現れ、太さや不透明殿調節が可能です。 ブラシの飾り ブラシは種類が豊富で、飾りのようなブラシが多く用意されています。 スタンプのようにも使えるのでとても便利です。 ブラシの設定 右上の手のアイコンを選択すると、手振れ補正・強制入り抜き・抜きの長さ・入り抜きの形状・絵画ツールなどが出てきます。 主にペン先の微調整などが細かくできる機能です。 ブラシのカスタマイズ カスタマイズするには、ブラシの左側にあるプラスボダンで、カスタムに追加します。 履歴の下に追加したブラシが出てくるので、右に開くと編集画面が開きます。 様々な要素の変更を細かくできるので、オリジナルのブラシの作成なども作成可能です。 使い方|カラー変更 円のところで大まかなカラーを選択、正方形のところで細かく色を選択し、必要であれば透明度やより細かな色の微調整も可能です。 使い方|素材• トーン• パターン• パーツ• 吹き出し• 生物・植物• フレーム• 用紙テンプレート• 日本語の文字(マンガで使われそうなもの) 上記のようなものが揃っています。 移動拡大 絵柄の縮小・拡大や配置を変更することができます。 パース変形 素材に傾きを加えるなどの変形ができます。 リピート数も変更が可能です。 メッシュ変形 点を自由に動かすことにより、素材の変形ができます。 分割数も変更が可能です。 使い方|定規 定規はいくつか重ねての使用、場所の移動や大きさを変えることができます。 定規 直線定規、堰堤定規、楕円定規、集中線定規の設定が可能です。 イラストを描く際に活用して、使い終わったら解除して消すことができます。 対象定規 線対象定規、万華鏡定規、回転対象定規、配列定規、パース配列定規が設定可能です。 分割数なども細かく変更できます。 使い方|レイヤー機能• キャンバスの左右・上下反転• 新規レイヤーの作成• レイヤーの複製• クリッピング• 不透明度ロック• レイヤー背景の設定• 色の反転• ブレンドモード・スクリーントーンの設定 ブレンドモードでは、明るさや暗さの調節、コントラスト、差、カラーを調節できます。 使い方|クリッピング レイヤーボタンをクリックして、塗りつぶしたいレイヤーを選択し、新規レイヤーの追加をします。 上に矢印の付いた新規レイヤーが追加されるので、クリッピングを押します。 クリッピングを使用するとはみ出さずにきれいに塗れます。 使い方|保存 右側の矢印を押すと保存選択が出てきます。 PNG保存を選択すると、デバイスのフォトライブラリに保存完了です。 アプリ内のマイギャラリーにも保存がされます。 アイビスペイントX まとめ アイビスペイントは直感的に操作ができ、素材やブラシの多さや細かい調整などの自由度が高く、イラストを描くのに必要な機能がしっかりと揃っています。 描き心地は滑らかで、スマートフォンやタブレットでもタッチしたところにしっかり線が入り、細かい部分も正確に描くことが可能です。 国内外で人気のアプリで特に10代から支持を得ていますが、プロのイラストレーターも使用しているなど多様な場面で使われています。 タブレットで本格的に絵を描きたい人におすすめの無料ペイントツールですので、是非参考にして試してみてください。 掲載元: プライバシー: 利用規約:•

次の

【アイビスペイント】 #5 背景作業について紹介します!初心者向け How to draw background(Detective Conan)【ibisPaint】

アイビス ペイント クリッピング

アニメ塗りとは? 髪や肌などのパーツごとに、ベースの色と影の色などを「べた塗り」で塗り分ける方法です。 最近はアニメ自体の塗り方のバリエーションが増えたため、グラデーションや演出効果を使った塗り方も「アニメ塗り」と呼ばれるようになっています。 アニメ塗り以外の塗り方も以下の記事で詳しく解説しています! 1. キャンバスの作成・基本的な使い方 キャンバスの作成 アイビスペイントを起動します。 キャンバスサイズの選択シートが表示されます。 POINT キャンバスを横向きにする 新規キャンバスで選択したサイズは縦長ですが、以下の操作で横長のキャンバスに変更できます。 デジタルのお絵かきアプリ ソフト では、アナログの紙と違い、レイヤーという透明の層を使い分けることによってイラストを作成していきます。 線画、色塗り、など工程ごとや、髪、肌などのキャラクターパーツごとに別のレイヤーに描くことが多いです。 塗る前の準備 下描き・ペン入れ・塗り分け キャンバス上に、好きなペン・ブラシで下描きを描くか、または紙に描いたアナログの線画を写真で撮った画像などを取り込みます。 1 大まかに形をとる まずは全体の大きさやバランスが把握できるように、大きく形をとりましょう。 特にスマホの場合は画面が小さく、細部を描くときに拡大するため全体を見ながら描くことができません。 細部ばかりを見ながら描いていくとどうしても構図やデッサンが狂ってしまうため、はじめにしっかり決めておくことが大切です。 2 下描き 1 の線を参考に下描きをします。 1 よりも細かく、このあとペン入れをするときに迷わない程度に描き込んでおきます。 3 ペン入れ 2 のレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、ペン入れをします。 ブラシの種類は「Gペン ハード 」など、はっきりした輪郭で描けるブラシを使うと、この後の塗り分けの工程が楽になります。 4 塗り分け 肌、目、口、髪、帽子・服など、色や質感などが違うパーツごとにレイヤーを分けます。 これで色塗りの前準備ができました。 着色 1 髪にグラデーションをかける 髪にグラデーションをかけて色に変化を付けます。 グラデーション用のレイヤーを作成し、塗り分けした髪のレイヤーの上に重ねたら「クリッピング」をオンにしします。 また、色をはみ出さないように塗る方法、クリッピングの方法については以下の記事をご覧ください。 ブラシツールからエアブラシ(標準)を選択します。 また、選択したブラシのサイズを大きなサイズ 557px に変更します。 ブラシサイズを大きくすると、筆跡の目立たない、なめらかなグラデーションがかけられます。 暗い部分のグラデーションをかけたら、下部ツールバーの「カラー」から明るい色を選択し、暗くなり過ぎた部分を明るく塗って調整します。 影や光に沿ってグラデーションを入れていきましょう! グラデーションをかけ終わったら、下部ツールバーの「レイヤー」を開き、グラデーションを描画したレイヤーのブレンドモードを「普通」から「オーバーレイ」に変更します。 「オーバーレイ」は、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く表示するモードです。 レイヤーの左側に表示される用紙の全体画面で変化が確認できます。 レイヤーの不透明度スライダーを調整し、60%にします。 2 影を入れる 髪に影を入れていきます。 影の輪郭はアニメ塗り特有のはっきりとした輪郭にするため、「ブラシ」ツールの「ペン ハード 」などを使って影を描いていきます。 ペンで影を描き、消しゴムで消して形を調整していきましょう。 この繰り返しで、髪の影が描けました! 2 奥の影を入れる ここから、さらに奥の影を入れていきます。 これをやることによって、より立体感がでます! 新規レイヤーを作成し、髪のレイヤーにクリッピングをかけ、塗っていきます。 服にも同じように、影を入れていきます。 同様に他のパーツにも影を入れて以下のように全体を着色します。 光の表現 イラストに光を入れていきます。 新規レイヤーを追加して「ブレンドモード」から「加算・発光」を選択します。 ハイライトの上にエアブラシで光を乗せると、まぶしいハイライトになります。 髪や目にハイライトを入れます。 魔法の効果などもハイライトを追加して表現しています(目の色を青から赤紫に変えました) 4. 全体にグラデーションをかける 全体にグラデーションを乗せることでイラストの印象が変わります。 一番上に新規レイヤーを追加し、下部ツールバーの「カラー」から色を選択します。 初期状態では「カラーサークル」が表示されますが、右上のアイコンをクリックするとカラーパレットに切り替えられます。 ブラシサイズを大きくしたエアブラシで、グラデーションになるよう塗っていきます。 今回は、赤、紫、黄色で斜め方向のグラデーションを描きます。 グラデーションができたら、グラデーションのレイヤーの「ブレンドモード」を「比較(明)」に変更し、不透明度を30%に下げます。 仕上げ 4. までの工程でイラストが完成しましたが、さらに仕上げとしてグロー効果を付けます。 仕上げのために、完成したイラストをいったん保存します。 1 完成イラストの保存と読み込み 「レイヤー」の右下にある「…」をタップして表示されるメニューから「「PNG保存(キャンバス)」を選択してイラストをスマートフォンのカメラロール アルバム に書き出します。 保存ができたら、カメラマークの「画像読み込み」をタップしてカメラロールからイラストを読み込みます。 読み込んだイラストは、レイヤーの重ね順の一番上に置きます。 イラストを貼りつけたあと、「線画抽出を行いますか?」とダイアログが出ますが、今回は不要なので、キャンセルします。 2 ガウスぼかしをかける 下部ツールバーの「ツール」を開いて、「FX(エフェクト)」から「ガウスぼかし」を選択します。 貼りつけたイラストを全体的にぼかしていきます。 下部ツールバーの「レイヤー」に戻り、ぼかしをかけたイラストのレイヤーのブレンドモードを「スクリーン」に変更します。 さらに、不透明度をスライダーで調整して20%まで下げます。 これで完成です! アイビスで描いたイラストの続きは パソコンでもできる スマートフォン スマホ ・タブレットでで描いたイラストをもっと描き込みたい、細かい演出にもこだわりたいという場合は、パソコンソフトで続きの作業を行うこともできます。 たとえば、仕上げのグロー効果など、パソコンソフトでは一旦画像を保存・読み込みすることなくソフト内で作業できます。 Photoshop、CLIP STUDIO PAINT、SAIでグロー効果をかける方法について詳しくは、こちらをご覧ください。 また、Photoshop、CLIP STUDIO PAINTに搭載されているグラデーションマップ機能での仕上げも面白い効果が生まれますよ。 アイビスペイントは、定番のお絵かきソフトCLIP STUDIO PAINT クリップスタジオ と連携しているため、スマートフォン スマホ ・タブレットで描いたイラストをレイヤー構成やブレンドモードを維持したまま続けてパソコンで作業ができます。

次の