サピックス コロナ。 SAPIXの休講対応への声

News Up 新型コロナ 月謝や学費 休業やオンラインでも満額?

サピックス コロナ

早稲田アカデミーは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、オンライン授業を実施中。 ゴールデンウイーク以降も継続する。 休業中のSAPIX小学部は5月7日以降も引き続き休業、TOMASは希望者に個別授業を実施するなど、塾のゴールデンウイーク中の対応をまとめた。 早稲田アカデミーは2020年4月24日現在、Web会議システム「Zoom」を利用した「双方向Web授業」(オンラインライブ授業)を実施。 ゴールデンウイーク後の5月7日以降も当面の間、「双方向Web授業」を継続する。 SAPIX小学部は、5月6日までのすべての授業を取りやめており、5月7日以降についても継続して5月31日までの授業を取りやめる。 SAPIX中学部は、5月期の対面授業を取りやめ、自宅で受講できるオンライン授業を導入。 5月期の授業開始日は5月14日に変更している。 日能研の首都圏、札幌地区の教室は、5月7日までに予定していた教室における授業・テスト・イベントはすべて実施しないことを決定。 東海地区の教室も5月7日まで予定している授業・テスト・イベントは実施しない。 九州・四国・沖縄地区の教室は一部の教室を除き、5月6日までに予定している授業・テストは実施しない。 関西・中国の教室は、4月30日までの授業・テストは実施せず、ゴールデンウイーク中の予定は会員専用のサイトで案内する。 駿台・浜学園と栄光ゼミナールも5月6日まで休講を決めている。 一方、TOMASは、緊急事態宣言を受け全校を休校としていたが、生徒や保護者の「ぜひ授業を実施してほしい」という要望があり、新型コロナウィルス感染防止のための適切な対策を施したうえで、4月22日から希望者を対象に個別授業を実施している。 適切な態勢で生徒を受け入れるため、希望者が多数の場合は受講を断る場合もあるという。 《田中志実》.

次の

さぴパパ

サピックス コロナ

目次:• 緊急事態宣言発令、ほとんどの塾が休校に緊急事態宣言の発令により、4月8日現在、 ほとんどの塾が休校となっています。 (各スクールの対応については以下でまとめています。 ) コエテコでは今後も対応状況を随時更新予定です。 記事の末尾には 休校中に使えるオンライン教育スクールなどもまとめましたので、教室再開までの期間にぜひご活用ください。 四谷大塚 現在の対応状況• 緊急事態宣言の発令をうけ、4月8日(水)からの授業・レッスン・テストは中止。 高学年生徒は自宅でのIT授業「予習ナビ」「復習ナビ」の受講へ切り替え。 低学年については自宅での学習方法を別途案内予定。 4月12日(日)実施予定だった6年生向け「合不合判定テスト」は緊急事態宣言のでている7都道府県では実施しない。 受験予定者には、テスト問題と解答用紙を自宅に郵送予定。 7都道府県以外のテスト会場では予定通り実施。 現在利用できるサービス• IT授業システム「予習ナビ」「復習ナビ」「高速基礎マスター」の活用• HP上で入試報告会の動画や分析資料が見られるよう調整中• サピックス 現在の対応状況• 緊急事態宣言をうけ、サピックス小学部は4月7日より、4月中の授業すべてを取りやめ。 テストも実施せず。 日能研 現在の対応状況• (4月7日15時更新)緊急事態宣言の発令をうけ首都圏・関西/中国地区では、4月7日から4月23日までの授業・テスト・教室イベントはすべて中止。 4月24日以降については、4月17日前後にお知らせ予定。 今後の対応地域ごとに異なる対応を取っているため、サイトでの確認をお願いします。 現在利用できるサービス• 動画WEB配信 ユリウス(日能研個別教室) 現在の対応状況• 4月8日(水)から当面の授業を中止 栄光ゼミナール・個別指導ビザビ 現在の対応状況• (4月7日更新)東京・神奈川・千葉・埼玉の教室は4月8日(水)~5月6日(水)まで休校。 現在利用できるサービス• WEBによる入試報告会配信予定 早稲田アカデミー 現在の対応状況• 校舎における対面式の授業は4月8日(水)以降、当面の間は見合わせる方向。 (4月7日更新)緊急事態宣言の発令をうけ、該当地域は5月6日(水)まで対面学習を中止。 教室によるが遠隔学習やSNSによるサポートで自宅の教材学習を行う。 また、緊急事態宣言が出ていなくても、学校が休校の場合は原則として自宅学習、学校が開校している場合は、少人数学習を実施。 現在利用できるサービス• 緊急事態宣言の発令をうけ、4月8日から当面の間、TOMAS全校を休校。 明光義塾 現在の対応状況• 対象地域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)の教室を、4月8日から5月6日まで休講• 休講中のあいだ「無料オンライン学習支援」を実施• 電話やオンラインでの1対1の学習相談(塾に通っていない人でも利用可能)• 3月9日(月)よりオンラインサポート学習「」を期間限定で無料公開 スクールIE 現在の対応状況• 緊急事態宣言の対象地域(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)において、4月8日から当面の間、教室を原則休校• (詳細は後日会員宛に連絡。 ) 臨海セミナー 現在の対応状況• 4月8日から対面授業を停止し、映像授業中心とした新しい学習サービスに切り替える• 詳細は下記のURLのより通っているコースを選択し確認する 市進学院・個太郞塾 現在の対応状況• 新型コロナウイルス感染症拡大防止に全面的に協力するため、各自治体の要請や学校休校期間等において、各種イベント、対面授業等を中止• 対象地域である東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県内の各教室では、今後の授業について、下記の通り実施 【クラス授業】 各学年、各コース通常カリキュラムの映像授業配信と担当からの連絡に加え、現在取り組んでいる双方向オンラインによるサポート(高校生は担当からの連絡による対応)を実施 【個別指導】 映像授業配信と担当による学習サポートのオンライン授業とWebを通して行う学習サポートのオンライン個別指導授業 詳しくは、下記のURLをご覧ください 現在利用できるサービス• 授業映像配信(塾生対象) ena 現在の対応状況• 4月7日から国の方針に従い、小中学部授業を自宅で受講できる映像授業に切り替え。 校舎での自習は原則不可だが、自宅でひとりにすることに不安がある場合、校舎に相談となっている。 現在利用できるサービス• 自宅視聴できる映像授業配信中(塾生対象)• 中3英語は学院長が担当 森塾 現在の対応状況• 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の全校舎を、4月8日(水)~5月6日(水)の間、一時休止• 対象の校舎は、同期間、オンライン授業に移行 東京個別指導学院・関西個別指導学院 現在の対応状況• 2020年4月8日(水)より、東京・神奈川・埼玉・千葉・京都・大阪・兵庫・福岡の各教室を休校• 愛知の各教室は、安全・衛生に万全の注意を払い開校 河合塾 現在の対応状況• 関東地区において、4月6日更新の情報は以下のとおり。 大学受験科:4月7日から春期講習を休講 高校グリーンコース等:4月15日~5月6日まで実施予定の全講座は映像授業で順次配信。 5月7日より対面授業を再開予定。 その他のイベントや認定テストなども5月6日まですべて中止。 通常通りの授業を実施中• 自習室も開室• ラウンジでの談話と飲食は感染予防のため禁止 コロナウイルス対策来校の際には検温、マスク着用など感染防止対策のお願い。 今後の対応• 札幌校については以下を参照 *公式サイトトップに「緊急のお知らせ」各地域・各教室別の情報掲載あり 代々木ゼミナール 現在の対応状況• (4月6日更新)2020年度新学期の授業開始日を5月7日(木)に変更。 モバサテ(映像受講)を配信予定。 地域により若干の違いがあるようなので、公式サイトの「重要なお知らせ」を確認。 大学受験科、高校生コース、単科ゼミの開講日について調整中。 4月6日(月)17:00頃に公式サイトにて発表予定 *地域、教室によって状況が違うので要確認 コロナウイルス対策校舎入口にアルコール消毒液を設置。 教室では換気を行い、適切な温度・湿度に管理。 検温とマスク着用のお願い。 今後の対応• 4月開講の大学受験科、高校生コース、単科ゼミの校舎での授業について、1学期に限り自宅配信型映像授業(モバサテ)を提供。 現在利用できるサービス• 入学説明会の資料を音声つきで見られる• 代ゼミの学習コンテンツ「入試の要・攻略シリーズ!」を無償提供中• 電話での入学、受講相談を実施中• 動画講座は多数あり(YouTubeサテラインチャンネル・解説講義動画など) 駿台予備校 現在の対応状況• (4月6日17:30更新)首都圏では4月8日(水)からの春期講習はすべて中止。 4月からの高卒クラス・高校生クラスの通常授業は第一週の授業を5月7日(木)より開講予定。 その他、診断テストやイベント等についても中止、希望者には個別に対応するため問い合わせ。 広島や仙台では春期講習は開催予定、地域により対応が違うので、サイトトップ上部にあるオレンジのボタン(地域ごとになっている)をクリックし、状況を要確認。 オンデマンド欠席フォローシステムにより個別視聴も可能。 各地域により対応が異なるので詳細は以下で確認。 コロナウイルス対策各校舎にアルコール消毒液の設置。 感染予防のため、マスク着用、手洗いの励行。 現在利用できるサービス• 診断テスト、manaboによる入学相談等は実施。 「気づけばYouTubeとゲームばかり」といった声も多く耳にします。 ここでは、休校期間中に使える教育サービスや製品などをまとめます。 オンライン教育サービス Z会の通信教育 幼児から大学受験まで対応Z会の通信教育は幼児教育から大学受験まで幅広い年齢に対応しているだけでなく、東大・京大をはじめとする難関大学への合格実績が多数の、信頼ある通信教育です。 「通信教育では本格的な教育が受けられないのでは?」と不安な保護者の方におすすめできる、本格派の通信教育と言えるでしょう。 コエテコでは緊急事態宣言・外出自粛中に役立つサービスをまとめました。 教育、娯楽、運動不足に対応できるコンテンツを中心に随時更新予定です。 具体的には、以下の内容がまとまっています。 信頼できる情報源を知りたい! (医療情報)厚生労働省 (生活全般)首相官邸 (食品供給)農林水産省• よくある質問(公園遊び、マスクなど) 子どもを公園で遊ばせていいの? マスクがない!そもそも、つける意味って?• 自粛が長引く場合に向け、今から暑さ対策を• おすすめオンライン教育コンテンツ• おすすめ娯楽コンテンツ• プログラミング教育• おすすめ食材宅配サービス• おすすめ運動不足対策• おすすめ大掃除サービス 広い疑問や悩みに応えられるコラムとなっていますので、ぜひチェックしてみてください。 コエテコ [coeteco] とは コエテコは「子どものプログラミング教育」をテーマに、プログラミングスクール・教室、ロボット教室・スクールについて講座の内容を中心にわかりやすく紹介しているポータルサイトです。 住所や駅名などからお近くのスクールを探すことも可能です。 また、コエテコ編集部では、「プログラミング教育の今」をわかりやすく伝えることをミッションに独自の調査や有識者、専門家への取材を実施、インタビュー、コラム記事を配信しています。 プログラミング教育 とは 文部科学省は、プログラミング的思考を育成することを目的に『2020年に日本の小学校でプログラミング教育を必修化する』と発表しました。 プログラミング的思考とは、自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要かを論理的に考えていく力です。 日本では、人口現象や少子化が問題となる中で飛躍的に進化しているAI 人工知能 などのIT技術の活用が期待されている一方で、人間らしい感性を働かせながら、目的に応じた創造的な問題解決を行うことができる人材が社会に求められています。 将来どんな職業に就いても、普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」身につけることができる、幼児・小学生向けプログラミングスクール・ロボット教室を選択肢に考えてみてはいかがでしょうか? プログラミングスクール・教室 とは 各スクール独自の教材や、子ども向けのプログラミング教材「Scratch スクラッチ 」 というプログラミング言語学習環境などの教材を使って、パソコンやタブレットを操作して、 授業を行います。 主にプログラミング的思考やプレゼンテーション能力などを身につけていきます。 全国的に増えてきており、各スクールが授業見学や個別体験を受付しています。 ロボット教室・スクール とは 各スクールのオリジナルロボット教材を使って、楽しみながら個性や想像力を伸ばし、同時にプログラミング的思考や問題解決能力も身につけることが可能です。 教室数が増えてきているため自宅の近くの教室に通うことも可能になってきており、新しい学びの機会を得ることができます。 All Rights Reserved.

次の

SAPIXの休講対応への声

サピックス コロナ

4にしろと言っています。 5月いっぱいでZoom授業は終わりのようですが、念のため、最新版にアップデートしておきましょう。 方法は。 6月1日から授業再開ですが、2週間は分散授業• 分散中は質問教室無し• Zoom授業は5月31日で終了• 6月マンスリーテストは自宅でやる• sapixの先生方もいろいろ試行錯誤したのでしょう。 PCでもいいですが、タブレットでの参加で十分でしょう。 さすがにスマートフォン画面では小さすぎると思いますね。 100人定員で60分間ということは、Zoomの有料会員ですね。 サピックスもそこにお金を払うことにしたのですね。 ちなみに現在、Zoomの有料会員に申し込んでも2週間くらい待たされます。 サピックスも申し込んでからが長かったのではないでしょうか。 そして、ZoomはバニティURLというサピックス独自のZoomURLを持つことができるわけですが、それはやってないみたいですね。 zoom. usみたいになります。 教材は郵送する。 校舎には取りに来てはダメ• 動画の配信と学習アドバイスのPDFで自宅学習を進めて• 質問があったら受け付けるけど、返事は遅くなるよ• 4月のテストは校舎でやらないけど、どうするか検討中• まあ、いいでしょう。 4月中は授業を取りやめるということです。 動画配信で実施することになると思いますが、子どもたちも知らず知らずストレスをためそうですね。 緊急事態宣言が発令されることが確実となったことを受け、SAPIX小学部では明日(4月7日)より、4月中の授業をすべて取りやめることになりました。 なお、4月中に予定していたテストについても、すべて実施いたしません。 詳細は明日マイページにてご連絡いたします。 4月から都内の小学校は始まるのでしょうか。 始まらないような気がします。 東京都教育委員会は1日午後、都内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時会を開き、都立の中等教育学校や高校などの休校措置を大型連休最終日の5月6日まで継続することを決めた。 とりあえず、でしょうかね。 我が家では使い捨てマスクの在庫が心許ないので、洗える布マスクを購入しました。 お金はその分返金とのこと。 前日になって休講が決まったわけですが、サピックスは、できる限り授業を行えるように可能性を模索した結果のドタキャンだと思いたいです。 苦渋の決断が続いております。 東京都、外出自粛ですからね。 ただ、月曜からは実施する予定だそうです。 今日、長女は 復習テストを家でやりました。 順位も出るので、丸付けしていませんが、記憶の新しいうちに一緒に解き直しをしようかな。 午後6時頃にサピックスのマイページに掲載です。 サピックス、後の春期講習はどうなるのでしょうか。 私の予想は、中止するだろうと。 塾の授業は、不要不急かと言われれば、不要不急です、となるでしょう。 感染拡大防止に向け、小池知事は都民に対し、平日の26、27日はできるだけ仕事を自宅ですることや夜間の外出を控えること、今週末については不要不急の外出を自粛するよう要請した。 (朝日新聞デジタル) NHKの街頭インタビューで、「(小池知事が) 口で簡単に控えろと言うけど、難しい人もいると思う。 」的なことを言っている人がいました。 自分が都知事だったらどうしますか?都民の活動に大きく影響することです。 簡単に緊急記者会見を開くなんてことできません。 発言の責任をしっかり取るつもりで、つらいことでも言わなければならない。 リーダーをやったことがある人は、このプレッシャーの重さを知っているのです。 口で簡単に言ってるわけでは断じてない。 仕事もそうですが、自分だったらどうするか、当事者意識を持って考えるということが大事です。 自分が部長の立場だったらどうするか。 自分がプロジェクトの担当者だったらどうしたか。 そうするといろいろなことに簡単に批判なんてできなくなりますよ。 常日頃から自分がその立場だったらと自問自答するトレーニングを積みたいものですね。 ただ、大規模イベントの継続自粛ですから、サピックスは継続してOKですね。 検温カードは、22日に行ったときにもらうか、マイページからダウンロードもできます。 カードの運用は以下の通り。 SAPIXに向かう直前に、自宅で検温を済ませる。 検温が済んだら、検温カードの授業や補講該当日の「検温済確認」の欄に押印かサインをする。 教室に入る際に、授業担当者に押印済みの検温カードを提示する。 検温カードを持って来なかった場合、もしくは検温カードの該当欄に押印がない場合には、受付で検温する。 検温カードの提示がなかった場合は、家に連絡することもあるそうです。 検温カードを出さないと授業は受けられませんし、周りの迷惑にもなりますので、ルールを守りましょう。 うちの長女はなんだか晴れ晴れしたような顔で帰ってきました。 気分転換をしたあとのような。 ちょっと興奮したような。 やはり、サピックス再開していただいてありがたかったです。 うちの長女は新型コロナが怖いから行きたくないと言っています。 心のケアが必要かもしれないと思いました。 大きく3点の更新がありました。 授業再開に向けて• 3月組分けテスト• 3月復習テスト 授業再開に向けては、先生も生徒もエチケットやルールを守ってコロナ対策をしっかりした上で臨みましょうということが書かれています。 組分けテストは22日9時~、復習テストは18日に渡されるので家でやってくださいという、今までの話から変わってませんので、サラッと見ておくだけでいいでしょう。 11日と13日の分のテキストを校舎に取りに行きましょう。 来週18日は授業再開ですから、テキストを取りに行くのも今回が最後ですね。 対応は各校舎の受付開始時刻~20時までだそうです。 18日の授業で行われるはずの国語06と社会06の動画がアップされているのはどういうことなんでしょうね。 何かと思ったら補講で持ってくるもののお知らせ。 サーバ増強してくれないと、混雑ピーク時にログインできないぞい。 自前でサーバ抱えているなら、クラウドに出してほしいです。 もう、コロナは怖くないぞ! ってことかな。 組分けテストもやるし! 春期講習について、今回は書いてませんが、やりますね、コレ。 それより、テキストナンバー05のポイント解説の動画まだですか? ご自身のメール確認ください。 学習アドバイスのpdfは、ポータルを確認ください。 以下の私の予想は15日まで休み?だったのですが、ハズレました。 SAPIXからのメッセージを一部抜粋。 対応が決まり次第、お知らせしてまいります。 休講となる授業については、ポイント解説の動画を配信する予定でおります。 動画の作成については現在調整中です。 詳細につきましては準備が整い次第お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。 教材を校舎まで取りに来ていただけましたら、一週間分の教材をお渡しできます。 取りに来なかったら郵送します。 動画の配信はいいのですが、今まで説明会の動画配信のシステム程度しか持っていなかったSAPIXがいきなり動画の配信を進められるとは思えないです。 今のSAPIXのポータルの増強だけで対応できることではありません。 どうするつもりなんだろうか。

次の