僕はどこから 感想。 「僕はどこから」最終回(最終巻4巻)のネタバレ・感想

僕はどこから【ドラマ】口コミや感想が気になる!世間の反応を調査してみた!

僕はどこから 感想

動画無し 動画無し 動画無し 動画無し 動画無し 動画無し 動画無し 本ページの配信情報は2020年5月30日時点のものです。 さっそくですが、ここからは「」と「」の特徴と『僕はどこから』を無料視聴する手順を紹介していきます。 一切お金はかかりませんし、視聴する手順も簡単なので、気軽に利用してみてくださいね。 無料で見る方法1.「U-NEXT」で視聴する 「」を利用すれば、『僕はどこから』を全話無料で見ることができます。 U-NEXTは14万本以上のドラマや映画、さらに70冊以上の雑誌を、好きなだけ見ることができる動画サイトです。 配信されているコンテンツ数は動画サイトの中でもトップクラスに多く、「マンガの無料配信」も行なっているのが特徴的です。 通常は「月額1,990円」の料金がかかりますが、登録後31日間は無料で使えるので、期間内に解約してしまえば一切料金はかかりません。 U-NEXTならば、『僕はどこから』を全話無料で視聴できるので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。 動画サイトと言えば「Netflix」や「U-NEXT」なども有名ですが、その中でも Paraviは国内ドラマがズバ抜けて充実しているのが特徴的です。 そんなParaviですが、通常は「月額925円」の料金がかかってしまいます。 しかし、登録後30日間は無料お試し期間が用意されているので、期間内に『僕はどこから』を見終えてしまえば一切料金はかかりません。 登録は3分ほどで完了するので、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。 『僕はどこから』をU-NEXTで視聴する手順&解約方法 それでは、実際に「」で「僕はどこから」を無料視聴する手順を、画像でわかりやすく解説していきます。 繰り返しますが「僕はどこから」の無料視聴はParaviでも可能です。 ただし、Paraviは配信されているドラマ数が多くないので、ここでは配信動画数の多い「U-NEXT」を紹介していきます。 手順1.「U-NEXT」に登録してドラマを視聴する まずは「」の公式サイトにアクセスして、31日間無料体験の登録を行います。 フォームに沿って入力していくだけなので、特に難しい点はありません。 入力を進めていけば、アカウント作成はすぐに完了します。 登録が完了したら、検索画面で「僕はどこから」と検索をかけたら、すぐにドラマを視聴することができます。 登録日から31日間は無料で動画が見放題なので、気になってたドラマは全て視聴してしまいましょう! U-NEXT登録前の疑問点を解決! Q1.U-NEXTは本当にすぐ解約できる? はい。 メニュー画面からすぐ解約できるので、解約できなくて困ることはありません。 Q2.U-NEXTを家族全員で使うことはできる? はい。 U-NEXTは1つのアカウントで最大4つまでユーザーを管理できるので、家族での利用にも向いています。 家族に閲覧履歴を見られたりする心配もありません。 Q3.無料視聴期間を使ってしまうのはもったいない… 一度しか使えない無料体験ですので、別の機会にとっておきたい気持ちもあると思います。 しかし、せっかく見たいドラマがあるのに、無料期間を使わずにとっておくことも勿体ないことです。 他に無料体験を用意している動画サービスはたくさんあります。 仮に無料期間が終わったとしても、U-NEXTは1本映画を見ればそれだけで元を取ることが可能です。 無料体験は、使いたいと思った時に使うのが一番なので、気軽に試してみてくださいね。 今から半年前。 竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。 薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。 だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。 出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。 依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。 引用:tv-tokyo『僕はどこから』 竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。 藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。 権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。 それは5年前、高校1年生だった時のこと。 ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。 焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。 やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。 引用:tv-tokyo『僕はどこから』 ゴーストライターの誘いを捨て、腹をくくった竹内薫(中島裕翔)は、替え玉受験の片棒を担ぐことに。 顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。 井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。 ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。 その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。 薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。 なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。 引用:tv-tokyo『僕はどこから』 他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。 薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。 嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。 代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。 しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。 一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた… 引用:tv-tokyo『僕はどこから』 替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。 竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。 電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。 その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。 「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。 その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。 引用:tv-tokyo『僕はどこから』 山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。 そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。 山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。 バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。 実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。 山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。 そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。 実は彼女の正体は…。 そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。 引用:tv-tokyo『僕はどこから』 竹内薫(中島裕翔)と藤原智美(間宮祥太朗)は、物置に匿われた井上玲(笠松将)を探しに行くが、そこに玲の姿はなかった。 そのかわり壁一面に血のようなもので殴り書かれた無数の数字が…。 東宮寺正胤(若林豪)との約束の時間まであと3時間。 玲を探し出すのは不可能と判断した智美は、愕然とする薫に「逃げろ」と言い放つが、薫は壁に残された数字に触れ、必死に玲の居場所を探し出そうとする。 一方、権堂真司(音尾琢真)は藤原千佳(上白石萌歌)を薫のアパートへ連れて行き、薫の母・竹内陽子(仙道敦子)と待っているよう指示。 智美に協力したいと嫌がる千佳を、「これは智美からの指示だ」と説き伏せる。 引用:tv-tokyo『僕はどこから』• 順番に見ていきましょう。 『僕はどこから』の基本情報 『僕はどこから』は 「2020年1月8日」からtv-tokyoの水曜24:12時枠で放送されたテレビドラマです。 元々は市川マサさんのマンガが原作となっており、今回Hey! Say! JUMPの「中島 裕翔」さん主演でドラマ化することに決まりました。 ドラマ名 公式サイト 脚本 高橋泉 原作 市川マサ 放送局 テレビ東京 『僕はどこから』の登場人物・キャスト情報 中島裕翔(役:竹内薫) 主人公「竹内薫」を演じたのは、Hey! Say! JUMPの 「中島裕翔(なかじま ゆうと)」さんです。 作中で演じた竹内薫は、文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年です。 認知症の母と暮らしながら、小説家になるために原稿に向かっておりましたが、ある日薫の母が事故に合ってしまい、歯車が狂い始めます。 「I am」は「僕はどこから」のために書き下ろされた楽曲です。 「自分探しの旅」がテーマにされており、自分独自の作品が作れずに悩む「竹内薫」の心情がしっかりと表現されている楽曲に仕上がっています。 『僕はどこから』のロケ地はどこ? 『僕はどこから』はほとんどが関東県内で撮影されています。 ロケ地の一つは、千葉県にある「聖徳大学」が使われているという口コミが上がっていました。 え、まって。 第1話 1. 今後続編の情報が入り次第追記します。 すでに『僕はどこから』をみたことがある人は、共感できる感想がたくさんあると思います。 いくつかネタバレも含まれるので、まだドラマを見ていない人は注意してくださいね。 この力強い言葉で、薫くんにとって、自分のことを肯定してくれた智美くんは本当に大切な存在なんだと伝わってきました。 — しー usaytoo0810 原作以上に良かった・・・! おもしろい😂回を増すごとにおもしろくなってる。 千佳の薫に掴みかかっての「甘酸っぱい思い語ってんじゃねぇよ」良かった😂 漢字間違えて送るのや、星見てみてろのシーン良い。 主題歌も良いよ〜😂 千佳に手を出したからああなって当然っていうのも良い。 良すぎて良いしか言えない。 — メロンロール j9tDvsGcBV678SG 薫への「お前のことは必ず守るよ」 千佳への「言ったろ。 俺が守るって」 カッコ良かった。 でも産まれてきた時からこれが智美の決められた人生なんだなって苦しかった。 幼少期とシンクロしてるピースサインが泣ける… — sa-🐰📷 satorin33994633.

次の

ドラマ『僕はどこから』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 中島裕翔)

僕はどこから 感想

27話 あなたの為に 兄弟の親父は養護施設の園長だった。 竹内薫は、親父の筆跡をまねて言葉を書こうとするが失敗。 しかし「あなたを…あなたとして」 という感情を伝える。 弟(駿)は昔の記憶を思い出し死ぬ。 兄は弟の死に涙。 井上玲の部屋に踏み込む。 壁じゅうに「死ね」と書いてある。 玲はリチウムイオン電池爆弾を作っていた。 28話 玲の心 爆発したら敷地内みんな死んでしまう。 藤原智美は玲と会話する。 自分が親を殺したことを告白する。 玲は自分の罪について考えるが智美はそういう話は「友達とするもんだ」と語る。 玲は爆弾を起動させた。 数分で爆破する。 薫は落書きを見て玲の心を読み取る。 29話 秘密 壁に何かを書く薫。 玲は止めるがやめない。 薫は「お母さん大好き」という玲の心を読み取った。 そのことを玲に伝える。 自殺しようとして母に止められた記憶がよみがえる。 玲は爆弾をほうり投げるが爆発しない。 ケーブルが外れていたからだ。 薫はなぜ母を殺したか聞くと、 玲は「お前のせい」と答えた。 30話 僕はどこに 玲は薫たちが来た日から変わった、と言う。 薫か「僕を否定しないで」という玲の心を読み取ると、自分が否定されていた事に気づいてしまった。 母に否定され、自分はどこに行けばよいのか。 全てを取り上げられたと悟った玲。 そして母を殺した。 玲は薫になぜ心を読んだのか、と詰めよる。 31話 制裁 許さない、という玲に薫は謝る。 しかし玲は怒る。 「すっきりしたか?」と智美。 玲は、お前らに制裁が必要だ、と自分の頭に銃を向ける。 薫は止めようとするが智美は止めるなと言う。 玲は死ねず、叫ぶ。 智美が「今までよく頑張ってきた」と声をかけると玲は大人しくなった。 息子の身代わりには山田が出頭した。 組長は智美に「一度だけだ、勝手な行動は」と言う。 薫は母の面倒を見る生活に戻り、小説の執筆。 玲の事を考える。 玲の文章を書こうとするがやめる。 ふと原稿にある文章をみて書き出す薫。 「これは玲くんの物語…」 33話 僕の言葉 ひたすら書く薫。 智美が訪ねて来て二千万を渡す。 薫は書いた300枚の原稿を智美に見せる。 智美は自分のメモ書きを映すように言うが、読み取れない。 「書いちまったな、自分の小説を!」 無心で書いた借り物でない自分の言葉を見つけたのだ。 替え玉の話を受けた理由を薫 智美に嫌われたく無かった、と語る。 そして、智美は薫の前から消えた。 最終話 僕はここから 10年後。 薫はライターとしてアイドルの取材をしていた。 薫は10年前に「太宰の再来」と評価されたが、それ以来小説を書いて無かった。 井上家の墓参りに行った薫は智美と再会する。 そこには玲もいた。 薫はどうしていなくなったか聞く。 智美は薫の口を塞ぎ「もったいねーから喋るな」と言う。 「言いたい事があるなら書け!」 と言い去って行く智美。 僕の生きる力はどこから来たのだろう たぶん 今ここからー 完 「僕はどこから」最終回(4巻)の感想.

次の

ドラマ「僕はどこから」2話あらすじ・ネタバレ!1話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

僕はどこから 感想

深夜ドラマなのにキャストが豪華だなと思って見初めたけど、母親が認知症とか設定が暗いし、特殊能力とかでてきてちょっとついていけないかもと思って観るの辞めそうになった。 ただタイトルバックの音楽がかっこよくてなんとなく見続けてたらいつの間にかハマってた。 薫と智美のベタベタしてないけどお互い信頼してる友情というか絆みたいなのが回が進む毎にわかってきて、この二人には幸せになってほしいと思った。 最後智美は死んでしまったと見せかけて実は生きていたとわかった時は心から嬉しかった。 薫と千佳の前からは消えてしまっていたけど、きっと二人から危険を遠ざけるためなんだろうなと思ったら智美がかっこよすぎて感動。 間宮祥太郎さんのファンになりました。 私的には今一番楽しみにしています。 藤原と薫が絡むシーンがとても綺麗です。 藤原が薫の答えを待ってじっと見つめる間とかいいです。 ずっと友達がいなかった薫にとってはじめての友達。 もしかしたら、深いことを話せる相手は藤原にとってもはじめてではなかったのかなと想像しました。 藤原は自分が薫を売る行為をすれば、薫が口を割ってくれると警察にいったのではないかな。 薫の母親の面倒を手配したのだから。 替え玉受験を頼む井上母親の虐待や過食が彼女の今までの抑圧された人生を想像させてくれます。 お母さんのために携帯を治してくれようと分解した息子さんになんで分解したの?と聞いていればよかった。 息子さんの自分への愛に気づいて、違った人生を歩めたかも。 薫を取り調べる警察のひとが、お前は売られたんだよ。 と自白を唆すとき取り出す扇子が黒くて悪魔みたいで怖いです。 丁寧につくられたいいドラマだと思います。

次の