じゃこ ご飯 炊き込み。 ひじきご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方:白ごはん.com

愛媛のご当地練り物「じゃこ天」で作る炊き込みご飯

じゃこ ご飯 炊き込み

作り方の手順 1. 米を研いでザルに上げます。 きのこは手でほぐすか、包丁で切ります。 生姜は千切り。 きのこと生姜をしょう油につけておきます。 炊飯器に米、きのこをつけておいたしょう油を入れます。 味つけは、めんつゆ、塩、酒、みりん。 水を入れ、きのこをのせます。 スイッチを入れて、炊き上がったらできあがり。 炊き込みご飯のバリエーションレシピ 炊き込みご飯は具を変えただけで、さまざまな味が楽しめます。 具の種類によって、欲しい栄養分を手軽にアップさせることもできますね。 ツナ缶の炊き込みご飯.

次の

志布志湾のちりめんじゃこ炊き込みご飯

じゃこ ご飯 炊き込み

この記事では、2020年3月12日に日本テレビ系列「秘密のケンミンSHOW(ケンミンショー)」の全国ライスグルメ祭りで放映された、 じゃこ天の炊き込みご飯の作り方についてご紹介します。 練り物をメインとした、 愛媛県のご当地料理のレシピです。 具材にはじゃこ天・ごぼう・人参・里芋水煮を使い、醤油・砂糖を加えた水でお米と一緒に炊いて作ります。 ほとんど炊飯器にお任せすれば完成するので、とても簡単ですよ。 出汁を使いませんが、じゃこ天から旨味たっぷりのだしが出るのでとても美味しく仕上がります。 実際に作ってみましたので、作り方や調理ポイントを動画・画像付きでまとめました。 市販のじゃこ天は厚さや大きさがそれぞれ違いますが、長さは2㎝ほどにし、厚みは薄めの方がご飯と合わせて食べやすくなるのでオススメです。 2、ごぼうはささがきにします。 人参は薄切りにします。 3、里芋はレシピでは水煮ととなっていましたが、今回私はせっかくなので 生の里芋を使いました(分量は小さめ1個程度がオススメです)。 里芋の皮を剥いて1cm角にカットし、電子レンジで2分加熱しました。 もちろんレシピ通り里芋水煮を使用してもOKです。 水煮の代わりに冷凍の里芋を使っても良いかと思います。 4、お米はあらかじめ研いでザルに上げておきます。 炊飯器に研いだ米・醤油・砂糖を入れ、2合の目盛りに合わせて水を注ぎ入れたら、軽く混ぜ合わせます。 5、炊飯器にごぼう・人参・里芋・じゃこ天を加え、スイッチを押して通常通り炊きます。 6、炊き上がったらしゃもじで全体をさっくりと混ぜ合わせ、器に盛り付ければ出来上がり。 作ってみた感想・レビュー 炊き立てのご飯は炊飯器を開けた瞬間にじゃこ天とごぼうの良い香りが漂ってきて、想像していたよりも じゃこ天から美味しい出汁が出ていました!レシピ通り出汁は全く必要ないですね! じゃこ天はそもそも一度揚げてあるものなので、油分がご飯や野菜にも移っていて、油揚げを入れた炊き込みご飯のように照りとコクが出て とても美味しかったです。 練り物とごぼうの組み合わせは相性抜群ですね!じゃこ天とごぼうの固めの食感の中に、トロっとした里芋が入っているのもアクセントになっていて、少量ですが欠かせない具材だと思いました。 今回私はせっかくなので 生の里芋を使いましたが、レシピ通り水煮を使ったり冷凍のものを使うと手軽に調理できるので良いですよね!お時間がある方は、生の里芋をぜひ使ってみてください!より美味しく仕上がります。 じゃこ天4枚は量が多いのではないかな?と感じましたが、炊くとしんなりとしてカサが減り美味しい出汁が出るので、 じゃこ天はレシピ通り4枚入れるのがオススメです。

次の

【秘密のケンミンショー】じゃこ天の炊き込みご飯のレシピ(動画・画像付)&レビュー、愛媛県料理の作り方!ライスグルメ祭り

じゃこ ご飯 炊き込み

この記事では、2020年3月12日に日本テレビ系列「秘密のケンミンSHOW(ケンミンショー)」の全国ライスグルメ祭りで放映された、 じゃこ天の炊き込みご飯の作り方についてご紹介します。 練り物をメインとした、 愛媛県のご当地料理のレシピです。 具材にはじゃこ天・ごぼう・人参・里芋水煮を使い、醤油・砂糖を加えた水でお米と一緒に炊いて作ります。 ほとんど炊飯器にお任せすれば完成するので、とても簡単ですよ。 出汁を使いませんが、じゃこ天から旨味たっぷりのだしが出るのでとても美味しく仕上がります。 実際に作ってみましたので、作り方や調理ポイントを動画・画像付きでまとめました。 市販のじゃこ天は厚さや大きさがそれぞれ違いますが、長さは2㎝ほどにし、厚みは薄めの方がご飯と合わせて食べやすくなるのでオススメです。 2、ごぼうはささがきにします。 人参は薄切りにします。 3、里芋はレシピでは水煮ととなっていましたが、今回私はせっかくなので 生の里芋を使いました(分量は小さめ1個程度がオススメです)。 里芋の皮を剥いて1cm角にカットし、電子レンジで2分加熱しました。 もちろんレシピ通り里芋水煮を使用してもOKです。 水煮の代わりに冷凍の里芋を使っても良いかと思います。 4、お米はあらかじめ研いでザルに上げておきます。 炊飯器に研いだ米・醤油・砂糖を入れ、2合の目盛りに合わせて水を注ぎ入れたら、軽く混ぜ合わせます。 5、炊飯器にごぼう・人参・里芋・じゃこ天を加え、スイッチを押して通常通り炊きます。 6、炊き上がったらしゃもじで全体をさっくりと混ぜ合わせ、器に盛り付ければ出来上がり。 作ってみた感想・レビュー 炊き立てのご飯は炊飯器を開けた瞬間にじゃこ天とごぼうの良い香りが漂ってきて、想像していたよりも じゃこ天から美味しい出汁が出ていました!レシピ通り出汁は全く必要ないですね! じゃこ天はそもそも一度揚げてあるものなので、油分がご飯や野菜にも移っていて、油揚げを入れた炊き込みご飯のように照りとコクが出て とても美味しかったです。 練り物とごぼうの組み合わせは相性抜群ですね!じゃこ天とごぼうの固めの食感の中に、トロっとした里芋が入っているのもアクセントになっていて、少量ですが欠かせない具材だと思いました。 今回私はせっかくなので 生の里芋を使いましたが、レシピ通り水煮を使ったり冷凍のものを使うと手軽に調理できるので良いですよね!お時間がある方は、生の里芋をぜひ使ってみてください!より美味しく仕上がります。 じゃこ天4枚は量が多いのではないかな?と感じましたが、炊くとしんなりとしてカサが減り美味しい出汁が出るので、 じゃこ天はレシピ通り4枚入れるのがオススメです。

次の