とうもろこし 美味しい 茹で 方。 とうもろこしの茹で方&茹で時間!塩で味付けするタイミングは?

とうもろこしの美味しい茹で方!レンジ&鍋の方法・茹で時間解説

とうもろこし 美味しい 茹で 方

お好きな所からお読み下さい。 美味しいとうもろこしのゆで方 美味しいとうもろこしのゆで方は、4種類あると言われています。 皮をむいてゆでる• 皮をむかないでゆでる• 皮をむいて電子レンジでチンでる• そのまま電子レンジでチンする 一つずつ見ていきます。 1 皮をむくゆで方 「ガッテン」で紹介していた方法です。 まず、皮とひげをすべて取ります。 鍋に水をれて火にかけます。 しゃきしゃき感が好きな人は、沸騰したお湯に入れて。 3~5分。 ジューシーなのが好きな人は、水からいれます。 沸騰したら3分ゆでます。 時間がたったら、1Lにたいして、30gの塩(大体大さじ2杯)いれて、かきまわします。 4分たったら、ざるにあけ、水気を切ります。 後から、塩を入れるのがミソですね。 2 皮をむかないゆで方 これは、一般的にやってるやり方ではないでしょうか。 皮は、最後の一枚だけ、向かないでそのままにしておきます。 お鍋に水と、2~2. 5%のお塩を入れて、沸騰させたあと、弱火にします。 そこに、とうもろこしをいれます。 10分~12分ゆでた後、火を止めて10分おいておきます。 取り出して、水気を切った後に、皮をむいて食べます。 3 皮をむいて電子レンジでチン 皮とひげをすべて向きます。 水で軽く洗った後、水を切らずにそのまま 塩で軽くもみます。 ラップに包んで、500wで5分間、チンをします。 そのまま粗熱が取れるまで、放置しておきます。 4 そのまま電子レンジでチン 「得する人損する人」「ソレダメ!」で紹介された方法です。 一番簡単で、何も考えずにできてしまいます。 とうもろこしを何もせず、皮のまま電子レンジに入れます。 500wで5分間、チンします。 とり出して、茎側から2cm位の所で、切り落とします。 先端の部分、ひげが出ている方を持って、トウモロコシを振ると、ひげが取れている状態で、とうもろこしの実だけがつるんと落ちてきます。 これだけです。 基本的に、ゆでるよりも電子レンジでチンする方が、糖度がたかいので、甘いはずです。 美味しいとうもろこしの見分け方 美味しいとうもろこしの見分け方を紹介します。 甘さとか、おいしさは、品種にもよります。 美味しいとうもろこしの見分け方は、どの種類も同じです。 その見分け方は、• 皮のみどりが濃い• ずっしり重い• つぶがそろってる• ひげがふさふさで濃茶色 そして、とうもろこしは鮮度が落ちるスピードが速いです。 なので、収穫してから、どれだけ早くゆでるかが、命です。 鮮度が高いとうもろこしを見分けるポイントは、• ひげや全体が湿ってる。 茎の切り口が白い• 実が白っぽい です。 美味しさと鮮度を確認して、とっても美味しいとうもろこしをみつけてください。 スポンサーリンク まとめます。 美味しいとうもろこしのゆで方を紹介しました。 まずは、下のようなとうもろこしを買ってきてきてください。 ひげがフサフサで濃茶でしめってる• 茎の切り口が白い• 皮が深い緑色でテカってる これを、買ってきたら、すぐにゆでることが大事です。 まずは、ゆでて、すぐに食べなければ、冷蔵庫で保存してください。 2~3日間はもちます。 ゆで方は、人それぞれの好みによって違います。 シャキシャキ、ジューシー、やわらかい、チョット固め・・・など。 上で紹介したやり方を、一度やってみて、お好みのゆで方を探してください。 私のおすすめは、電子レンジです。 手軽に、しかも甘くできますので。 とうもろこしの旬は、7~8月ですので、一番おいしい時に、一番おいしいゆで方で食べてみませんか? 以上、美味しいとうもろこしのゆで方についてでした。

次の

とうもろこしの美味しい茹で方はお湯から?水から?皮付き?皮なし?

とうもろこし 美味しい 茹で 方

ジューシーで甘〜い茹でたてのとうもろこしは、夏のごちそう! その茹で方といえば、皮をむいて沸騰した湯に入れるのが定番。 でも実は、もっともっと甘くする方法があったんです。 その秘密を教えてくれたのが、伊勢丹新宿店の青果専属シェフ・鈴木理繪さん。 茹でるコツは、皮付き・水から・沸騰させない シェフ直伝、甘さを引き出すポイントは3つ。 「たったこれだけ!? 」という小さなコツですが、仕上がりの違いは歴然。 薄皮を数枚残すことで、とうもろこしのうまみを閉じ込めることができるんです。 緑色の皮ごと茹でてしまうと、皮の青臭さがとうもろこしの粒に移ってしまいます。 沸騰しないように中火にして3~5分茹で、薄皮を通して見える粒が黄色く鮮やかになったら茹であがり。 時間をかけてじんわりと熱を加えることで、とうもろこしのでんぷんがゆっくり、しっかりと糖に変わり、甘さを引き出すことができます。 とうもろこしが水に浮かないように、落とし蓋をしたり茹でながら菜箸で転がすことも上手に茹であげるポイントです。 水をかけたり、冷蔵庫で急冷させたりすると粒がシワシワになる原因に。 とうもろこしがしっかりと冷めたら薄皮をむきます。 とうもろこしは完全に皮をむいた状態でラップに包み、冷蔵や冷凍で保存が可能。 冷蔵なら1~2日、冷凍なら2~3週間のうちに使い切るようにしましょう。 冷凍したとうもろこしを使うときは、自然解凍するかそのまま加熱調理してOK。 美味しいとうもろこしの見分け方:皮、ヒゲ、切り口を見よ! 皮:緑が濃い皮付きを選ぶ とうもろこしは皮に筋目がまっすぐに入っていて、濃い緑色のものを選びましょう。 皮付きのもののほうが粒の水分量が保たれ、よりジューシーな味わいです。 ヒゲ:茶褐色のヒゲは鮮度が高い証拠 とうもろこしに茶褐色の「ヒゲ」が付いたままのものを選ぶのもポイント。 ヒゲが付いていることで、実の鮮度が保たれるほか、ヒゲの茶褐色は十分に熟れていることの証です。 切り口:茎の断面がきれいな丸だと粒が揃っている 生育中、何らかのストレスがかかり、粒の並びがねじれたりバラついたりしているものは、茎の断面が楕円だったりつぶれたようになっています。 鮮度のいいとうもろこしを選んだら、すぐに調理するのも大切なポイント。 収穫してから24時間を過ぎると甘みが落ち始めるため、買ったらまずは加熱! をお忘れなく。

次の

とうもろこしの蒸し時間!美味しい蒸し方や電子レンジでの方法は?

とうもろこし 美味しい 茹で 方

夏といえば夏野菜がおいしい季節! シャキシャキと歯応えがおいしいとうもろこしは、夏野菜の代表です。 スーパーで皮やひげ付きのとうもろこしが売っているのも見たことがある人もいるかと思います。 そんなとうもろこし、茹で方がわからないしめんどくさそう…と敬遠している人もいるのではないでしょうか? 実は、やり方さえ知っていればとっても簡単に、おいしいとうもろこしを茹でることができるんです! 普段はコーン缶で料理をする人必見!おうちで簡単にできる、とうもろこしの茹で方をご紹介します。 簡単!とうもろこしの茹で方 おうちでとうもろこしを茹でる方法は、大きく分けて2つあります。 複数本もらった場合は、茹でムラが少ないお湯で茹でればシャキッとジューシーなとうもろこしに、手早く簡単に仕上げたい場合は電子レンジでの調理が向いています。 状況によって使い分けてみましょう。 お湯から茹でる場合 一般的にとうもろこしを茹でる時には、皮とヒゲを取った状態で茹でる人が多いですが、とうもろこしの皮は、お湯で茹でる際には非常に重宝します。 薄皮がラップの代わりをしてくれるので、茹でる時にとうもろこしの旨味や栄養を閉じ込めたまま茹でることができます。 茹でる際には、鍋からはみ出てしまう根の部分は切り落としても大丈夫です。 沸騰したら塩を加え、混ぜ合わせる。 ・とうもろこしを入れ、転がしながら茹でるか落とし蓋をした状態で中火で5分ほど茹でる。 ・茹で上がったらすぐに氷水を潜らせ、水分が蒸発するのを防ぐ。 シャキシャキとした食感や弾力を楽しみたい場合や、複数本一気に茹で上げたい時におすすめの茹で方です。 電子レンジで茹でる場合 より手軽に、より早く仕上げたい場合は電子レンジで茹でましょう! ふっくらとした仕上がりになり、甘さもそのままなので、1本だけ茹でたいけどお湯を沸かすのは面倒だなあ…という時なんかにおすすめです。 材料 とうもろこし 1本 ・皮とヒゲをきれいに取り除き、流水で軽く洗いラップで包む。 ・電子レンジ(600W)で5分加熱する。 ・レンジから取り出し、しばらく蒸らしておく。 蒸らしておくことで、粒がふっくらプリプリとした食感になります。 基本的に放置していていいので、ほかの料理を作りながら同時並行でできるのが嬉しいポイントです。 とうもろこしを使ったレシピ nominaではとうもろこしを使ったレシピも紹介しています! 夏バテのカラダにエネルギーを補給!ミキサー要らずのとうもろこしポタージュ ミキサーを使わないので片付けも楽チンなとうもろこしのポタージュのレシピです。 温かくしてもよし!冷たくしてもよし!お好みで試してみてください。 旬の野菜を楽しもう!簡単にできる「冷製コーンポタージュ」 とうもろこしと牛乳、バターだけで簡単にできる冷製コーンポタージュ! ひんやり冷たくコクのある味わいが嬉しいスープのレシピです。 【スープジャー弁当】キャベツで食べ応えUP!中華風とろみコーンスープ 人気のスープジャー弁当で、中華風のコーンスープを作ってみました。 とろみスープと保温調理で柔らかくなったキャベツがおいしいコーンスープのレシピです。 旬のとうもろこしを楽しもう! 初夏はとうもろこしが一番おいしい季節です。 缶詰ではないとうもろこしを使って、おいしく夏を楽しみましょう! 関連記事リンク(外部サイト).

次の