デュエル リンクス meta。 『遊戯王デュエルリンクス』「月光」で1ターン2回融合の仕方と、純粋な「月光」デッキレシピ

コナミの決算から見る、「紙」と「リンクス」の遊戯王のチカラ(2018年編)

デュエル リンクス meta

1ターンに2回融合!? 「月光融合」があるのに「融合」もある理由は ・融合召喚をしやすくする ・1ターンに2回できる からです。 「月光融合」は「月光黄鼬」からサーチすることができますが、 1ターンに1回しか使えないのです。 解説します。 「月光翠鳥」の効果を発動し、「月光黄鼬」を手札から墓地に捨て、デッキからカードを1枚ドロー。 デッキから「月光融合」をサーチ。 フィールドの「月光翠鳥」を手札に戻し、墓地から「月光黄鼬」を特殊召喚。 この時、墓地から効果で特殊召喚されている「月光黄鼬」は、効果により除外されます。 「月光舞猫姫」を融合召喚。 簡単ですね。 え? 引き運? そればかりはどうしようもないです。 「月光白兎」も使えるぞ ちなみに。 「月光白兎」には 「このカードが 召喚に成功した時、「月光白兎」以外の 自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを 守備表示で特殊召喚する」 という効果があります。 この効果で墓地の月光モンスターを特殊召喚。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 」 の効果で 相手の魔法罠を手札に戻し さらに 墓地の「月光黄鼬」の効果を使えば……。 手札が「融合」「月光白兎」の2枚しかなくても、墓地に「月光黄鼬」ともう1体月光モンスターがいれば、3体融合で「月光舞剣虎姫」が出せちゃえます。 ぜひお試しあれ。

次の

Points Ladder

デュエル リンクス meta

GXミッションの追加 GXステージは1から! GXワールドを選択するとステージミッションは1から進める必要あり。 ステージを進めると、GXのキャラクター解放などが可能なためしっかり進めよう。 作中では、心からデュエルを楽しむ十代と出会い、少しずつ変わっていく描写も描かれている。 十代のことを「アニキ」と呼び、実の兄と同じように慕っていた。 ビークロイドの使い手 翔はアニメGXではビークロイドモンスターを使用していた。 ビークロイドは全て機械族で統一されているモンスターで、単体でも強力なモンスターも何枚か存在する。 翔の実装に伴い、機械族のサポートカードの追加にも期待だ。 参戦はまだ先? 実は丸藤翔は、10月中旬に参戦が予想されている遊戯王DMのキャラクター、ゴースト骨塚と同じ声優。 遊戯王DMワールドでも闇遊戯と声優が同じだった武藤遊戯の参戦は遅かった。 こういった裏事情から翔の参戦はまだ先になるかもしれない。 GX予想キャラ2:カイザー亮.

次の

YuGiOh! Duel Links Meta

デュエル リンクス meta

デュエルで勝利をしてDPを獲得しよう! 2nd Stageでは、前回同様のイベント形式が予想される。 前回のルールは 期間中のランクマッチで勝利するとDPを獲得し、負けると失う。 最終的にDPが最も高いものが勝者となった。 ここでは、勝てるデッキを組む技術だけでなく、根気よくプレイする忍耐力も必要になってくる。 KCカップ2nd Stageの報酬 KCカップ上位者限定のアイコン KCカップ10位以内に入ることで、画像のようなKC限定金アイコンが入手可能!数少ない貴重なアイコンなので、自慢ができるぞ! UR・SR・Rチケット 順位によって、URやSRカードと交換が可能なチケットが入手可能だ。 またこのチケットはSR以上はプレミアム加工で交換できる。 大量のゴールド ランキング報酬ではゴールドも入手可能だ。 高順位であればそれだけ貰えるゴールドも多い。 また2nd Stageにさえ進んでいれば最低10万ゴールドは貰える。 デッキ名 おすすめポイント 【強いポイント】 前回のKCカップでも流行っていた機械天使デッキは今回も安定した強さを誇る。 防御札の少ないデッキに対して速攻でワンキルを狙える利便性が、現環境で大きく刺さる。 やに非常に強く立ち回れる点でオススメ。 【弱点】 デッキの構築上、防御札などが用意出来ず、もろに相手の攻撃を受ける可能性がある。 とくにでこちらの大型モンスターを奪われた際に、逆にワンターンキルをされてしまうことが多い。 【強いポイント】 新パックの影響で一気に環境クラスに成長したD-HEROもオススメのデッキ。 の性質上、機械天使にめっぽう強く、 下級ビートがベースになっていることから汎用性の高い魔法罠も積みやすい。 幅広くあらゆるデッキを見ることができるデッキだ。 【弱点】 バック干渉が少し苦手なので、 防御札を多く積まれたデッキには展開が決まりにくい。 現環境のトップデッキは軒並み防御札が薄いので、その辺に対しては有利だが、環境であまり見ないようなデッキには若干苦戦する危険性アリ。 【強いポイント】 リバースした時の効果で相手のカードを破壊するモンスターが多いので、戦闘による突破がメインのデッキに軒並み強い。 専用の対策札を積まないことには対処が難しいデッキなので、不特定多数のデッキとマッチングする序盤は最も活躍が期待できるかもしれない。 【弱点】 破壊耐性を持ちつつ、ワンキルが可能なにかなり弱い。 また、 直接破壊や効果の発動を止めるカードを苦手としている。 【強いポイント】 墓地肥やしからの大量破壊がとにかく驚異。 デッキの性質としてはとタイプが似ており、戦闘による突破がメインのデッキ相手にはかなり強力。 大型モンスターを特殊召喚でき、エネコンを無理なく積める点から ギアギアよりは機械天使に戦えるという点で差別化が図られている。 【弱点】 モンスターを直接破壊されると、やりたい動きができない。 同系のデッキであるギアギアも環境で流行っているという理由から、 真っ先に対策札を積まれやすいことも懸念点。 現在の環境は、効果モンスターによる制圧が際立っているので、それらを止めるやはかなり有利。 現環境のデッキになら、ほぼほぼ腐ることがないので、採用をオススメする。 KCカップの上位を目指すコツ 環境を把握してデッキを絞ろう 環境デッキが拮抗しているので、 全てのデッキに優位を取れるデッキは存在しない。 事前のランク戦や、イベント開催中になるべく早く環境の分布を把握し、最も使用率が多いと感じたデッキに相性が良いデッキを用意しておくのが勝率を出すポイントと言えるだろう。 デッキの幅は広く持っておこう 第3回KCでは DPが拮抗した相手とマッチングするようなシステムに変わったので、今回もその形式と予想される。 後半に進むにつれて、環境に偏りが出るはずなので、その時に応じて相性の良いデッキを使えるようにデッキは事前に複数用意しておこう。

次の