危険 物 試験 問題。 危険物取扱者試験乙4(第4類)の出題範囲・出題数・合格基準

乙種第4類試験例題集NO2問題

危険 物 試験 問題

人間発達学・小児科学(理学療法士)試験の問題傾向【出題問題付き】 <目次>• 人間発達学に関する試験の問題傾向 人間発達学の出題問題は主に、言語の発達、社会性の発達、粗大運動の発達、微細運動の発達、反射反応の発達といったものになります。 これらは、専門問題である小児疾患にもつながるので、一緒に勉強すると小児疾患とのつながりも見えてきます。 近年の出題傾向ですが、高齢者の疾患や特徴などを問う問題が増えてきています。 理学療法士も介護保険下で働く人たちも増えてきており、より高齢者の特徴を知る必要があるということなのでしょう。 また、その一方で取りこぼしのないように、過去問を確実にこなしていく事が重要だと考えられます。 人間発達学に関する試験の過去出題問題と解答 過去問題 第52回 2017年 高齢者にみられる病態のうち、低栄養の関与が低いのはどれか。 大腿骨骨折• サルコペニア• 虚血性心疾患 この問題の答えは【4】になります。 虚血性心疾患は低栄養に起因することは少なく、むしろ高栄養で高コレステロール血症などで発症することが多いです。 その他の選択肢ですが、貧血は鉄、たんぱく質などの低下で起こりやすく、褥瘡は、たんぱく質、特にアルブミン値の低下がむくみを生じさせ、褥瘡のリスクを高めます。 大腿骨骨折は、カルシウム量低下により起こりやすく、サルコペニアは、たんぱく質摂取量の低下により骨格筋筋量の低下を招きます。 過去問題 第52回 2017年 高齢者の肺炎の特徴として正しいのはどれか。 高熱がみられる。 誤嚥性肺炎が多い。 肺尖部の病巣が多い。 咳反射の亢進がみられる。 死因となる例は減少している この問題の答えは【1】になります。 日本人の死亡原因として、肺炎の死亡率が高まっています。 その一因として、超高齢化社会における嚥下機能低下と咳嗽反射の低下が挙げられます。 これらはいずれも誤嚥性肺炎に直結しますので、そういった時事的要素を盛り込んだ問題といえるでしょう。 ちなみに高齢者の肺炎では高熱は少ないです。 また、病巣部位は、臥位の高齢者に多いため肺底部に多くみられます。 過去問題 第51回 2016年 運動学習における結果の知識(KR)の指示について正しいのはどれか。 難しい課題では1試行ごとに提示すると学習効率が低下する。 運動の誤差修正を行えるようになっても継続する必要がある。 成人では学習パフォーマンスを向上させない。 誤りの大きさを提示すると有効である。 動機付けには効果がない。 この問題の答えは【4】になります。 動作や運動の誤りを具体的に伝える事で運動パフォーマンスは向上します。 その他の選択肢は全て逆になります。 まず、1の選択肢ですが、難しい課題では1試行ごとに提示すると学習効率が上昇します。 2は、運動の誤差修正を行えるようになった場合、自己の感覚フィードバックを利用した運動修正が機能しているので継続は不要です。 また、成人でも学習パフォーマンスは向上するので3は誤り。 動機付けには学習者に大きなモチベーションを与えるため効果はあります。 よって5は間違いになります。 過去問題 第48回 2013年 姿勢発達の順序を矢印で示す。 正しいのはどれか。 小児の発達段階。 原始反射をはじめ、各反応もしっかり押さえておきましょう。 この答えは【5】になります。 5は両手によるつかまり立ちから、片手支持による立位への変化がみられます。 その他の選択肢ですが、すべて順序が逆になります。 1は腹這いの状態から、両腕を使い上体を起こすのが順序として正しいです。 2は右よりも左の方が四肢の筋力に加え、体幹筋力やバランス能力も必要で高度な動作になります。 3は、仰向け状態後、臀部を持ちあげる動作という順序が正しいです。 4は、右の方が体幹が不安定で、前方に倒れ気味ですが、左の方は、体幹筋力があり、やや回旋動作も可能になっていますので逆になります。 小児科学に関する試験の問題傾向 人間発達学と出題範囲が重なる小児科学。 問題範囲としては新生児期から思春期までの発達や、先天異常などの小児疾患等が挙げられます。 出題数は極めて少なく、近年の出題傾向に大きな変化はないです。 しかし、人間発達学同様、専門問題である小児疾患とのつながりに加え、自閉症など精神医学にも通じる問題もある為、軽視できません。 小児科学に関する試験の過去出題問題と解答 過去問題 第51回 2016年 Down症候群で正しいのはどれか。 転座型の場合は両親に転座があることは少ない。 出現頻度は母親の出産年齢に影響されない。 21番染色体の異常がみられる。 両親に対する愛着は少ない。 知的障害はみられない。 この問題の答えは【3】になります。 Down症候群では21番染色体に異常がみられます。 その他の選択肢ですが、1の転座とは、染色体の一部が切断されて、同じ染色体の他の部分や他の染色体に付着融合することです。 転座型の場合、その多くは両親に転座がある事が多いです。 2の母親の年齢による出現頻度は、高齢になるほど高くなります。 4の両親に対する愛着が少ないということはありません。 5の知的障害はみられるのが特徴です。 過去問題 第49回 2014年 脳性麻痺の周産期における危険因子として可能性が低いのはどれか• 緊急帝王切開による出生• 脳室周囲白質軟化症• 低カリウム血症• 新生児仮死• 低血糖 この答えは【3】になります。 脳性麻痺周産期における危険因子として、感染症、分晩時トラブル、脳室周囲白質軟化症、代謝異常を起因とする中枢神経損傷、新生児仮死などがあります。 この点から、3以外の選択肢はこれに当てはまります。 過去問題 第50回 2015年 小児の正常発達で最も早く可能になるのはどれか。 手掌握り• 高這い運動• 1人で座る• つかまり立ち• バイバイをする この問題の答えは【1】になります。 小児の発達段階において獲得される動作の順番が頭に入っていればさほど苦労はしないと思います。 1の手掌握りは、おおよそ6ヶ月ほどで獲得されます。 他の選択肢の動作獲得はおおよそ以下の通りになります。 自動歩行• Moro反射• 手掌把握反射• パラシュート反応• 非対称性緊張性頚反射 この問題の答えは【4】になります。 この問題では、問いにある「物につかまらず立てる乳児において」というのがポイントになります。 この時期は、おおよそ1歳ぐらいというのがまず理解できないと正答を答える事はできません。 4のパラシュート反応以外の出現時期は以下のようになります。

次の

危険物取扱者試験テキスト_一般財団法人 全国危険物安全協会

危険 物 試験 問題

危険物取扱者甲種ってどんな資格? 消防法が定める危険物を取扱うには国家資格である危険物取扱者資格を持つ人が立ち会う必要があると法律で定められています。 中でも、甲種資格は第1種から第6種までの全種類の危険物を取り扱う他、点検管理や保安監督まで行うことが可能です。 そのため、甲種は 試験の難易度は高い一方で、取得していると仕事上でも非常に優遇されます。 危険物取扱者甲種資格を有していると当然、乙種や丙種資格取得者であってもできるガソリンや灯油・重油・軽油などといった危険物の取扱等をすることができます。 ただし、その他にも危険物取扱者として6ヶ月以上の実務を行うと「危険物保安監督者」として活躍することも可能になります。 このように現場の責任者として、責任ある立場で給与ややりがいの面でも魅力的な仕事ができるという点が甲種資格を取得する大きなメリットといえるでしょう。 さらに、甲種危険物取扱者免状の交付を受けている人は、防災管理講習や防災管理講習を受けていなくても、甲種防災管理者や防災管理者の資格を保持していると見なされさらに活躍する機会も増えます。 乙種まででは取得したとしてもこのような特典はないことからも、甲種資格の技能の高さは広く認められているということがわかります。 危険物取扱者甲種取得で可能になること 危険物取扱者甲種の資格を取得すると、危険物の取扱に関する幅広い業務をこなすことが可能です。 甲種取得者は乙種免許や丙種免許の業務も当然こなせるため、乙種と丙種の業務内容についても把握しておくべきといえます。 ここでは、甲種を取得すると可能になる業務の他、乙種や丙種の免状取得者ができる業務範囲についても紹介します。 甲種で扱える範囲 既に述べているように、甲種とは危険物取扱者の中で最上位のランクです。 乙種や丙種と違って取り扱える危険物に制限はなく、消防法が定めた、 第1類から第6類までのすべての危険物を取り扱うことが許されます。 また、甲種取得者は6ヶ月以上の実務経験を積めば、危険物を取り扱う場所で作業員に保安の業務を指示する「危険物保安監督者」になることが可能です。 さらに、危険物保安監督者になれば、甲種防火管理者の有資格者として認められます。 ちなみに、危険物の取扱や点検を行う時に甲種取得者がいれば、資格を有していない一般の人でも立ち合い点検をすることができます。 甲種危険物取扱者は頂点の資格だけあって、危険物の取扱のありとあらゆることができるようになるのです。 乙種・丙種で扱える業務範囲もチェックしよう 乙種 乙種とは、危険物取扱者の真ん中のランクです。 乙種を取得すると、以下の通り第1類から第6種のうち、自分が試験に合格して取得できた危険物のみを取り扱うことが許されます。 そして、甲種の免状を取得すると、乙種の業務内容も行うことが可能です。 類 危険物 第1類 酸化性固体 第2類 可燃性個体 第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 第4類 引火性液体 第5類 自己反応性物質 第6類 酸化性液体 また、乙種取得者も甲種と同様に、6ヶ月の実務経験を得ることで合格している危険物に限り、危険物保安監督者になれます。 なお、 乙種試験に合格しても甲種とは異なり、防火管理者としての資格は認められません。 この点が乙種と甲種の大きな違いの1つといえるでしょう。 丙種 丙種は危険物取扱者の中では最も業務範囲の狭い資格で、第4類の特定の危険物のみ扱える資格です。 第4類とはガソリンや灯油、軽油、重油などの引火性液体のことです。 つまり、上位資格である甲種や乙種と比べれば扱える危険物が少ないですが、ガソリンスタンドなどでの危険物の取り扱いと定期点検が可能となります。 丙種では無資格者の立ち合いが認められないという点が甲種・丙種資格と大きく異なっています。 また、甲種や乙種保有者が立ち合えば危険物取扱者でなくても取り扱いと定期点検ができましたが、丙種ではそれが認められていません。 ある程度広い範囲の業務が行いたいという場合、甲種または乙種の資格が必要という点には留意が必要です。 人気講座ランキング (上位3社) 危険物取扱者甲種の試験概要 「危険物取扱者ってどんな試験があるの?」 「受験資格はあるの?」 など、疑問を持っている人は多いです。 そこで、ここでは 危険物取扱者試験の受験資格や試験内容、試験日などを詳しく解説していきます。 危険物取扱者甲種の試験地・試験日 危険物取扱者甲種試験は都道府県ごとに実施されており、各都道府県で受験することが可能です。 都道府県ごとに試験が実施されるため、 試験日や試験会場の数は各都道府県によって大きく異なるという点に注意が必要です。 日によって受験できるランクが異なる場合があるため、試験日時はしっかり確認しましょう。 また、試験は4月から9月は前期、10月から3月を後期と分けられているので、基本的には自分の都合がいい日程の試験を選んでください。 ただし、甲種試験には2ヶ月程度の勉強期間があれば合格できるという難易度なので、受験を先延ばしにしすぎずに短期集中型の試験対策を行うことがおすすめです。 危険物取扱者甲種の受験資格 危険物取扱者試験は乙種と丙種の場合、受験資格は課されませんが、甲種になると受験資格が課されます。 乙種と丙種試験は誰でも受験可能でしたが、甲種では受験するまでにも事前準備が必要という点でも難易度が高くなっています。 甲種を受験するための条件は、以下の5点があります。 大学などで化学系学科を修了して卒業した• 大学などで化学に関する科目を15単位以上取得した• 乙種危険物取扱者免許を持ち、危険物取り扱いの実務経験が2年以上ある• 乙種の資格を4種類以上取得している(1類または6類、2類または4類、3類、5類)• 化学に関する学科または課程の、修士・博士の学位を持っている 甲種は危険物取扱者の最上位だけあって、受験も簡単ではありません。 受験を考えている人は、自分は受験資格を持っているかどうかしっかりと確認するようにしましょう。 大学で化学を専攻している人などでない限り 基本的には乙種試験に合格するルートで甲種の取得も目指すことになるでしょう。 危険物取扱者甲種の試験内容と合格基準 試験と聞いて気になるのは、試験内容と合格基準ではないでしょうか。 ここでは、危険物取扱者の試験の科目や試験時間・試験形式はどのようなものなのか、またどれくらい得点すれば合格できるのかを説明していきます。 危険物取扱者甲種の試験内容 試験内容や実施方法は、3つのランクでそれぞれ違いがあります。 甲種 内容 試験時間 75分 試験形式 四肢択一のマークシート式 試験科目 3種類 試験科目は「危険物に関する法令 10問 」「燃焼及び消火に関する基礎知識 5問 」「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10問 」の3つで、試験問題数は合計25問です。 ランクによって試験内容はもちろんですが、試験時間や問題数などに違いがあり、出題数に応じて対策の重要性も異なってくるという点に留意が必要です。 危険物取扱者甲種試験の合格基準点 試験の合格基準点は試験を受ける前の大きな目標となり、自分の合格得点の構成をイメージしながら対策をすることで効率的な試験対策をすることも可能になります。 危険物取扱者甲種の受験料 危険物取扱者の受験料はランクによって違いがあります。 危険物取扱者甲種の難易度・合格率・勉強方法 甲種試験は危険物取扱者試験の中では最も難易度が高いですが、具体的にどの程度の難易度なのでしょうか。 ここでは勉強時間や合格率や他の試験区分との難易度の相違から試験の難易度に迫っていきます。 危険物取扱者試験で唯一受験資格があり、ある程度危険物への理解がある人が受験してこの合格率ですので、比較的難しい試験といえるでしょう。 甲種の受験を考えている人は、準備をしっかりとするようにしましょう。 乙4試験の合格率が低い理由は、工業高校などでまとめて受けさせられるために、対策をしていない受験者がいることと、乙種のンかでは4種に最初に挑戦し、科目免除制度を使うことができないということもあり、不合格となる人が一定数いるためだと考えられます。 一方、乙1種・2種・3種・5種・6種の受験者は乙4種の合格者が多く、「法令」と「物理学と化学」の科目が免除されています。 このため4種以外の乙種試験の合格率は高くなる傾向にあります。 危険物取扱の基礎的な知識ばかりが問われるので、事前知識と勘だけで問題をといても合格基準点近くを取ってしまうという人もいるようです。 とはいえ、二人に一人は不合格となる試験ですので、初めて危険物取扱者試験に挑戦するという人の場合、しっかりと対策をして丙種試験に臨みましょう。 危険物取扱者甲種の勉強法 危険物取扱者の勉強法の基本は、最低1日1時間はこまめに学習することです。 そうすることで、知識の定着を図れます。 甲種試験に合格するには、1日1時間を前提とし、 2ヶ月で60時間程度勉強することが望ましいです。 また、ここではおすすめの学習法2つを紹介していきます。 暗記事項は手を動かして書いて覚える 危険物取扱者の試験はいくつもの危険物の名前や性質を覚えなければなりません。 ただ単に文章を読むだけで知識を定着させることは困難です。 そのため、自分の手を使って実際に書くことでしっかりとインプットが進みます。 単語帳の形式にしたり、赤い暗記用シートを使用することも考えられますが、最終的には自分の手で書いて覚えるというのも手です。 暗記すべき事項は以下で紹介する「わかりやすい!甲種危険物取扱者試験 国家・資格シリーズ 103 」に非常によくまとまっているため、こうした参考書をベースに知識を習得していくという勉強法がおすすめできます。 問題集をしっかりと解く 暗記事項をしっかりと抑えつつ、しっかりと問題が解けるかどうかということも確認していきましょう。 危険物取扱者の問題集の問題は過去問が分析されて作られているため、何度も繰り返し解くことで得点力がアップします。 試験で同じような問題が出ることもあるので、必ず何度も問題を解くようにしましょう。 腕試し用の問題集としては過去問に当たることも重要ですが、以下で紹介する「甲種危険物取扱者試験 2020年版 」では2019年~2015年の間に出題された解いておくべき651問が厳選されているため、非常におすすめといえます。 また、甲種試験は丙種や乙種以上に難易度が高いため、思うように学習が進まないという方もいますが、そうした場合は 危険物取扱者甲種対策用の通信講座も利用することで効率的な試験対策が可能となります。 おすすめ参考書・問題集 危険物取扱者の試験におすすめの参考書がありますので、紹介します。 わかりやすい!甲種危険物取扱者試験 国家・資格シリーズ 103 3,080円 かなり有名な参考書で、作者の名前から「工藤本」と呼ばれています。 特徴は見やすくごろ合わせで暗記しやすい工夫がされていることです。 おすすめ通信講座 危険物取扱者試験には独学で挑戦する人も多いですが、特に難易度が高く仕事の需要が高い甲種を受験する人は通信講座を利用して勉強するという人も一定数います。 通信講座の教材の質は高い上、わかりやすい解説講義も行われるため、非常に理解が進みやすいです。 また、通信講座のカリキュラムなら試験合格に必要な知識が効率よく網羅されているため、学習していて無駄がありません。 なかでもたのまなの危険物取扱者講座は教材自体がわかりやすい上、丁寧な添削指導も行われるという非常に充実の内容です。 また、他の通信講座会社でも危険物取扱者試験対策用の講座を提供していますが、受験者数の多い乙4対策用の講座しか提供していないといった予備校も多いです。 そういった意味では、たのまなが提供している甲種対策専用の通信講座は貴重な存在といえるでしょう。 このように、甲種試験合格を目指している人には たのまなの「危険物取扱者受験対策講座(甲種)」はおすすめの講座といえます。 危険物取扱者甲種資格を取得するメリット 危険物取扱者を取得すれば仕事上さまざまなメリットがありますが、特に甲種資格を取得していると多くの選択肢を得ることができます。 就職の選択肢が増える 甲種を取得するメリットは何といっても就職先の選択肢が増え、就職が有利になることです。 求人の要件としては「危険物取扱者乙種以上」などという要件がある場合であっても、 通常乙種取得者よりも甲種取得者の方が優先的に採用されます。 例えば、消防士やガソリンスタンド、ビルメンテナンス、危険物の運送会社などは、危険物取扱者の資格が必要なので有利です。 特に、化学工場や製薬会社、医薬品メーカー、化学製品メーカーの就職の際には甲種資格を最大限活かすことができ、中には年収650万円~1000万円という案件もあります。 危険物保安監督者になれる 危険物保安監督者になれることも甲種を取得する大きなメリットです。 一定の条件を満たす製造所や給油取扱所などの対象施設では、危険物保安監督者を選任し、自治体に申告する義務があります。 そのため、 こうした危険物保安監督者の仕事は景気の変動に関わらず仕事の需要は安定してあります。 賃金の待遇が良くなる 危険物取扱者甲種の資格を取るメリットは、賃金面などでの待遇が良くなることはやはりメリットといえるでしょう。 特に、甲種はなかなか簡単にはなれないので、会社から資格手当が支給されることもあります。 企業によっては資格を取得していることがボーナスや昇給の基準になります。 そのため、資格を持っていることでグッと賃金がアップするのであれば、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。 危険物取扱者甲種資格を有していると、 大手の化学会社や石油プラントなどで1000万円以上の年収現場での統括者として活躍するなどという選択肢も出てきます。 履歴書への書き方 履歴書の資格欄に取得している資格を書く場合には履歴書の書き方のルールに従って正しく書くことが求められます。 ここでは資格取得後に注意したい、履歴書への正しい資格の書き方を紹介します。 危険物取扱者の甲種資格を取得した場合、甲種は類は一つしかないため、 「~年~月 甲種危険物取扱者免状 取得」 と書けば問題ありません。 ちなみに、乙種には第1類から第6類まであるので、乙種について履歴書に書く場合、何類を取得しているのかまでを書く必要があります。 危険物取扱者甲種についてのまとめ• 甲種には受験資格がある• 危険物取扱者の試験は都道府県によって日にちなどに違いがある• 甲種を取得すると責任があり給与も高い仕事を任されやすくなる• 甲種になると企業によっては待遇が良くなる 製造所や給油取扱所などでは、危険物取扱者の資格が必須です。 とりわけ危険物取扱者甲種の資格を持っていれば、所長やセンター長などの責任ある高収入のポストを任されやすくなります。 独学で対策することが難しく感じる場合は、通信講座を利用することもおすすめです。 甲種を持っていれば、就職や転職がしやすくなったり、職場での待遇が良くなったりすることが期待できるます。 このように危険物取扱者甲種資格はおすすめの資格ですので、興味のある方や乙種まで既に取得しているという方は取得をめざしてみてはいかがでしょうか。

次の

危険物に関する法令の攻略法

危険 物 試験 問題

危険物取扱者乙種資格とは 危険物取扱者には丙種・乙種・甲種の3つの種類がありますが、乙種は試験のレベルと仕事の範囲としては中間に位置する資格です。 乙種資格を取得することで酸化性固定危険物や可燃性危険物・引火性危険物などの様々な危険物を取り扱うことが可能になるため、 丙種を取得しているのみの場合よりも格段に業務範囲は広がります。 また、危険物取扱者試験の試験制度として乙種の試験の一つの類に合格すると、他の乙種の類の試験を受験する際にも試験科目が免除されるという点も乙種資格を取得する魅力です。 特に人気の乙4資格ってどんな資格? 「乙4」とは乙種第4類の略で、危険物取扱者試験の中で特に受験者の多い人気の試験区分です。 乙4はガソリンなどの可燃性液体を扱える資格で、特に仕事に直結するため人気の資格となっています。 乙種といっても全部で6種類あり、取得した資格で認められた物質しか扱えないのですが、乙4は身近な危険物質を扱うことが多いことも乙4が受験生から高い関心を集めている要因です。 また、最初に乙4試験に合格し、その後乙4以外の乙種試験の科目免除制度を活かして効率よく制覇していくという方も多くいます。 種ごとに扱える危険物の違い 前述のように危険物取扱者の資格には、甲種・乙種・丙種の3種類があります。 この違いは、扱える危険物の種類に違いが出てきます。 例えば、乙4を取得すればガソリンや灯油などの危険物を扱えますが、後述する第4類以外の物質は扱えません。 乙類は6つの類型に分かれ、取得した類に応じて扱える物質が違ってきます。 また、その上位に位置する甲種では乙種・丙種で認められた物質の全てが扱えます。 さらに無資格者が危険物を扱う場面でも、資格に応じた違いが見られます。 ここでは、甲種・乙種・丙種ではどのような危険物を扱えるのかについて、乙種を中心に見ていきます。 乙種第1類から第6類で扱える危険物 先ほども記載しましたが、 乙種は6種類ありますが、取得した類で認められた物質のみ扱うことができます。 例えば、第1類の資格取得者が第2類の物質を扱うことはできないのです。 第1類から第6類の全類にはどのようなものがあるのかについては後述します。 他方、乙種の資格者は6ヶ月の経験を積んで危険物の保安監督者になることが認められています。 ただ、取得している類の範囲に限ります。 また防火管理者になることはできません。 甲種や丙種と違い、乙種では第1類から第6類までの分類があります。 そして取得した類で認められた危険物についてのみ、扱うことが許可されるのです。 以下の表では全類、すなわち第1類から第6類までは、どのように区分けされているのか、性質や品名等について紹介していきます。 類 別 性 質 代表的な物質 第1類 酸化性個体 塩素酸ナトリウム 第2類 可燃性個体 硫黄・マグネシウム 第3類 自然発火性・禁水性物質 カリウム・ナトリウム 第4類 可燃性液体 ガソリン 第5類 自己反応性物質 有機化酸化物 第6類 酸化性液体 過酸化水素・硝酸 甲種で扱える範囲 甲種は乙種や丙種で認められた危険物の全てを扱うことができます。 もちろん、乙種の第1類から第6類までの危険物全類を含みます。 乙種では取得した類の範囲で危険保安監督者になることが認められていましたが、甲種は6ヶ月の経験を経て全ての範囲で危険保安監督者になることが可能です。 また、甲種を取得していると、乙種では認められなかった防火管理者になることもできます。 丙種で扱える範囲 甲種や乙種と比較すると、丙種は取扱ができる危険物は限られています。 具体的には第4類の特定の危険物のみの取扱い可能がです。 ただ、この中にはガソリンや灯油など、日頃接する危険物も含まれているため、仕事上活かせる場面もあります。 丙種の甲種や乙種とのその他の違いとしては、甲種や乙種の資格者が立ち会えば無資格者が危険物を扱うことが認められているのに対し、丙種では資格者自身が扱うことを認められただけで無資格者の立会は認められていないという点が挙げられるでしょう。 危険物取扱者の試験の内容 ここでは危険物取扱者乙種試験について重点的に見ていきます。 危険物取扱者の資格を取得するには、試験に合格しなければなりません。 この資格には甲種・乙種・丙種の3種類がありますが、 いずれもマークシート形式の筆記試験であり、面接や実技等の形式はありません。 他の国家資格では、全国同一の日時に筆記試験が行われる場合が多いのですが、この危険物取扱者の試験は都道府県によって試験日の違う点が特筆すべきところです。 また種類に応じて問われる科目や出題形式、試験時間に違いがあります。 ここでは、甲種・乙種・丙種に分けて試験の概要について紹介していきます。 乙種 乙種試験は5つの選択肢の中から答えを選ぶマークシート形式となっています。 出題される科目は「危険物に関する法令」、「基礎的な物理学及び化学」、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」の3つです。 出題される問題個数は出題範囲ごとに「危険物に関する法令」では15問、「基礎的な物理学及び化学」では10問、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」では10問の合計35問で、試験時間は120分となっています。 乙種試験の効果的な対策法については後で詳しく述べます。 甲種 続いて甲種の試験について見ていきます。 甲種も乙種と同じく、5つの選択肢から答えを選ぶ方式になっています。 出題される科目は危険物に関する法令、物理学及び化学、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法の3科目です。 出題される問題数は順に15問、10問、20問の計45問です。 試験時間は150分となっています。 丙種 最後に丙種の試験概要について紹介します。 丙種は他の甲種や乙種と異なり、4つの選択肢の中から答えを選ぶ方式です。 試験科目は、危険物に関する法令、燃焼及び消化に関する基礎知識、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法の3科目です。 出題される問題数は順に10問、5問、10問の25問で、試験時間は75分です。 危険物取扱者の受検資格と受験料 危険物取扱者の試験を受験するには、受験資格があるのでしょうか?例えば、司法書士や行政書士では受験資格は特になく誰でも受験できるのですが、税理士や弁理士など他の国家資格では大学を卒業し、一定の科目を履修しているなどの要件があります。 この危険物取扱者も物理・化学についての専門的な知識が問われますが、その知識は試験本番の点数で証明できればよいという試験のスタンスであるため、丙種と乙種の試験では受験資格は課されません。 ただ、危険物取扱者の資格は前述のように甲種・乙種・丙種と3種類があり、専門的な知識を問う一方で、門戸の開かれた一面も有しています。 それはどのようなことなのか、ここでは類に応じて受験資格について説明します。 乙種・丙種の受験資格 先ほど述べたように、結論から言うと 危険物取扱者乙種及び丙種の試験では受験資格はありません。 大学で化学等を専攻していなくても受験できますし、受験する意思さえあれば中学生で受験することも可能です。 乙種・丙種試験は年齢や性別などを問わない誰にでも開かれた国家資格試験といえます。 甲種の受験資格 続いて、甲種の受験資格について見ていきます。 危険物取扱者の頂点となる甲種には受験資格があります。 危険物取扱者の受験料 続いて危険物取扱者の試験の受験料について紹介します。 この試験には3種類の試験がありますが、 乙種と丙種、乙種の1類と4類など併願することが可能です。 その場合は、その分の受験料が上乗せされるシステムになっています。 受験料は下記の通りです。 尚、この試験は都道府県毎に試験日が違うという独自性がありますが、受験料は全国均一です。 危険物取扱者の合格基準と合格率・難易度 試験に合格して資格を取得し、一定の仕事に就きたいという思いはあっても、合格率が低い試験の場合、尻込みしてしまいがちです。 ただし、表面上の合格率だけからではなく、本当に難易度の高い試験なのかは見極めるべきでしょう。 それでは、多くの人が受験する危険物取扱者の試験の合格基準や合格率などの観点から危険物取扱者乙種試験の難易度はどれくらいなのか見ていきましょう。 甲種・乙種・丙種で共通する事項についてまずは説明して、個々の類で異なる所を個別に紹介します。 特に乙種の第4類は、乙種の他の類の中でも合格率が際立って低い傾向にあります。 ここでは何故このようなことが起こっているのか、考えられる原因についても分析していきます。 合格基準点 危険物取扱者の合格基準点はどのようになっているのでしょうか?前述の通り、甲種・乙種・丙種いずれもマークシート方式で3つの試験科目について回答する形態ですが、 いずれの種類の試験においても3つの科目で60%以上の正解が合格基準点となっています。 これは1つの科目でほぼ満点であっても、他の科目の正答率が半分程度であれば合格は厳しいという合格基準の設定であるため、各科目を満遍なく対策することが重要です。 合格率と難易度 次に合格率という観点から難易度について見ていきます。 難易度は当然のことながら、危険物取扱者のトップの位置づけとなる甲種が難しいです。 しかし、乙種と丙種では乙種の方が合格率がやや高いという逆転現象が起きています。 ただし、乙種は全類の中でも合格率にばらつきがあります。 その原因は何か、以下では合格率と絡めてその事情を説明していきます。 乙種 では乙種から合格率について見ていきましょう。 乙種の合格率は平均すると60%ですが、乙4は30%に落ちます。 これは乙4の受験者が他の類と比較して多く、結果的に試験対策が不十分なまま受験してしまう人が多い点が挙げられます。 また、乙4試験に合格すると他の乙類の試験科目で免除されるものがありますので、総じて他の類の合格率が上がる傾向があります。 甲種 危険物取扱者のトップに位置する甲種の合格率はどうでしょうか? 甲種の合格率は、平均すると30%前後と難易度は高めです。 乙種の試験科目は「基礎的な物理学及び化学」でしたが、甲種では「物理学及び化学」とより高度な内容が問われ難しいということもその要因です。 このことからも専門的で広い範囲の学びが必要となることが裏付けられるでしょう。 丙種 最後に丙種の合格率について見ていきます。 丙種の合格率は50%前後です。 乙種に比べると若干低くなりますが、乙種では試験科目の免除があり合格率を引き上げていること甲や、種や乙種など他の類に比較して試験勉強をキチンとしないで当日を向かえる受験生が多いことが試験自体の難易度が低いにもかかわらず、合格率理由として挙げられるでしょう。 危険物取扱者乙種の主な就職先 危険物取扱者は、試験に合格しただけでは単なる合格者に過ぎず、資格を活かして仕事をすることはできません。 実際に「危険物取扱者」と履歴書に記載するためには、試験に合格した後に、 受験した都道府県に免状の交付を請求することが必要となります。 この免状があって初めて危険物取扱者として認められることになるのです。 ところで、試験勉強をして試験に挑み、資格を取得する、それは大きく言うと自分の行動範囲を広げることになります。 それが資格試験を受ける大きな動機とも言えるでしょう。 それでは、危険物取扱者の資格を取得すると、どのような仕事に就けるのでしょうか?ここでは、その何点かについて紹介します。 ガソリンスタンド 危険物取扱者の資格を保有していると、まず思い浮かぶのがガソリンスタンドでの勤務でしょう。 ガソリンスタンドではガソリンや灯油などの危険物を扱うので資格保有者は重宝されます。 近年では無人のガソリンスタンドも増えていますが、実際は遠隔操作で常に人が常駐しています。 丙種でも扱える物質はありますが、 乙4まで取得しておくことが望ましいでしょう。 化学や薬学関連の工場 化学や薬を扱う工場では、製造工程で大量の油や薬品を使うので爆発などの危険と隣り合わせです。 また火力発電所などでも石油や石炭などを原料にして発電を行うので、危険物取扱者の資格保有者を求めています。 このような場所では丙種よりも、 可燃性液体を扱えて無資格者の立会も可能な、乙4の資格者が求められます。 タンクローリーの運転手 ガソリンや灯油、LPガスなどの危険物を運ぶのがタンクローリーです。 このタンクローリーを運転するには運転免許だけでは足りず、危険物取扱者の資格を保有していることが求められます。 もっとも運転手に資格がなくても、助手席の同乗者に資格保有者がいれば問題はありません。 ドライバー不足と言われて久しいですが、 ドライバーの免許に加えて危険物取扱者乙4等の資格を保有していれば幅広く活躍できます。 人気講座ランキング (上位3社) 特に人気の乙種資格はどれ? 国家資格を取得すると、ある一定の行為をすることが国から認められることを意味します。 取得した資格の種類にもよりますが、どの資格であっても一定の危険物を取り扱うことが認められます。 ただし、できれば仕事上でも活かせる場面の多い種類の資格を取得したいと思う方が多いでしょう。 ここでは、この甲・乙・丙の3種類の中で人気のあるものはどれなのか、また乙種の中でも本当に乙4類が最もおすすめの試験区分なのか解説していきます。 受験生から見ると取得しやすい資格を注目しがちですが、試験合格後のその資格に対する需要も無視できません。 ここでは、その取得のしやすさと仕事上の需要の2方向から各試験区分を見ていきます。 乙種第4類やはり乙4から受験することがおすすめ 受験生から見ると合格しやすい種類を選ぶのが自然な流れですが、社会が求める需要はそれとはまた違う方向にあります。 この危険物取扱者についても、同じことが言えます。 既に述べたように、危険物取扱者の中で人気が高いのはやはり乙4です。 合格率は30 %前後と低いのですが、扱えるのがガソリンなど可燃性液体であり、生活に密接に関連した物質の多いことが理由に挙げられます。 需要も高く、即戦力として高く評価されることが多いです。 合格率自体は乙種の中では低めですが、合格率の低さは試験の内容自体が難しいのではなく、試験を受験する層が始めて乙種試験を受験する上、試験対策が不十分なまま受験しているという人が多いことが合格率の低さの主な要因です。 そのため、乙種の受験を検討しているかたにはやはり、 乙4を受験することが最もおすすめといえるでしょう。 危険物取扱者乙種の効率的な学習方法 ここでは危険物取扱者乙種の学習方法について見ていきます。 時間はあるようで、思った以上にないのが現実です。 その限られた時間を最大限に活かしてこそ実り多い成果を出すことができます。 問題演習に明け暮れていても、それがパターン化してしまうと、傾向を変えた出題がされると歯が立たなくなりますし、知識のつめこみに偏重していては実際の試験で、その知識を活かしきれないかもしれません。 試験勉強では、インプットとアウトプットのバランスと自分の客観的な立ち位置を把握しながら学習することが必要です。 では、具体的な勉強方法について見ていきましょう。 テキスト選びについて 危険物取扱者の試験に合格するための、最初のステップがテキスト選びです。 受験生が多く使っているものを利用するのも一つの目安ですが、自分の相性に合うものを選びましょう。 ポイントとしては 近年の試験の傾向を反映した作りになっており、表などで要点が網羅しているものを選ぶと使い勝手が良いです。 覚える項目が羅列しているだけでは中々頭に入りません。 関連する項目まで図式化しているものを選びましょう。 効率の良い学習順番 ではどのように勉強するのが、効率的でしょうか?甲種や乙種では試験科目で物理や化学が出題されるので、 まずは高校時代の復習という意味も兼ねて物理・化学の勉強を始めると良いでしょう。 こうした学習により一種の記憶が喚起されるため、学習方法として効果的です。 理論をまず理解しておかなければ、知識をやみくもに詰め込んでも役に立ちません。 理解にはある程度の時間が必要ですが、覚えるのは細切れの時間を使うと意外に効果が出ます。 問題演習も重要 次に問題の演習について見ていきます。 一通りテキストを読んで知識を身につけたら問題で演習していきましょう。 特に 本試験で出題された過去問等を利用するのが好ましいです。 試験勉強の仕上がり具合はテキストを読み込むといったインプットが学習を行うこととともに、問題集を解いてアウトプットを行うということのバランスにかかっています。 問題演習から知識の再確認をする、それが限られた時間を有効に使って早く合格するための近道となります。 暗記が苦手な方は覚え方を工夫しよう 試験勉強には、ある程度の暗記が必要です。 しかし、やみくもに詰め込もうとしても頭に入らないことが多いでしょう。 こういった場合は関連した項目を表などを使って理解してから覚えていくのです。 どうしても覚えられない場合は、歴史の年代を覚えるときのように語呂合わせするのも一つの方法でしょう。 危険物取扱者の暗記事項をまとめたテキストとしてはユーキャンの危険物取扱者講座の「ゴロ覚え手帳」がおすすめです。 また、覚えた後に少し間を置いて再びテキストを見返したりすることで着実に記憶を定着にさせていくことも重要です。 長めの勉強時間でもモチベーションを保てるようにしよう 試験勉強を始めた時はやる気に満ちていても、順風満帆に事が進むことはそう多くはありません。 理解できなかったり、過去問を解いて間違ってばかりでへこむなど時にマイナス感情に支配されることもしばしばです。 そのような時は試験に受かった時の自分、試験勉強を始めた頃の自分を思い出して下さい。 また応援してくれる人がいると、その人の発したメッセージも奮起の材料の一つです。 危険物取扱者乙種試験に合格するには40~60時間の勉強時間が必要で期間にして1~3ヶ月程度になることが多いです。 このような 長丁場の試験勉強中でもやる気を保てるように工夫をしていくことが合格まで走り抜く上では重要です。 乙種合格のための効果的勉強法は? 危険物取扱種者試験に合格するためには、テキストや過去問集を活用して独学で挑むとい人と、通信講座を利用して勉強を進める人に大きく分けられます。 一人で勉強することに慣れていたりする方の場合、良質なテキストを選び、独学で勉強を進めていくということも考えられるでしょう。 実際には独学では試験科目の内容が物理や化学、法律などと難しい内容も多い乙種試験には独学で挑戦してつまずいてしまうという人も一定数いるため、 受験をしようと思い立った時から通信講座を利用することがおすすめです。 通信講座なら予備校の校舎等に通学しなくても、自分の勉強したい時間に勉強が進められるという点が大きなメリットです。 おすすめのテキスト・参考書を紹介! 危険物取扱者乙4類対策用のテキストは多数出版されていますが、 特におすすめの一冊が「10日で受かる!乙種第4類危険物取扱者すい~っと合格」です。 工業高校で長年危険物取扱者資格取得の指導を行ってきた筆者による解説は非常にわかりやすいと評判です。 どうしても独学で勉強を進めたいという人にはおすすめしたいテキストになっています。 危険物取扱者乙種についてまとめ• 乙4は身近な危険物を扱えるので受験生が多く需要も高い。 乙種の合格率は類によって開きがある。 テキストでのインプットと問題演習の繰り返しが基本• 通信講座での対策が効率的でおすすめ ここまで危険物取扱者乙種の資格で取り扱える業務内容や活躍できる場所、試験の概要や合格するための勉強方法について見てきました。 危険物取扱者乙種試験は決して努力せずに合格できる程簡単なものではありませんが、試験にクリアして資格を取得したとき、自分の活動できる行動範囲は自ずと広くなっていることに気づくはずです。 危険物取扱者乙種資格を取得するメリットや試験の正確な難易度等を把握した上で、人生を豊かにする資格取得に向けた大きな一歩を踏み出しませんか。

次の