ドリカム クレーン ゲーム。 デビュー30周年記念!ドリカム公式キャラクターがプライズに | ガジェット通信 GetNews

ドリカムデビュー30周年記念!公式キャラクターがクレーンゲームに登場

ドリカム クレーン ゲーム

数万円の賞品で誘いつつも、絶対取れないように設定したクレーンゲーム機を使い、客から料金をだまし取っていたとされるゲームセンター。 23日、大阪府警が詐欺容疑でし、全国初の強制捜査に発展した。 この機会に、ゲームセンターに対する法規制について触れてみたい。 【ゲームセンターは「風俗営業」】 年末年始、家族でゲームセンターに行き、アーケードゲームやクレーンゲーム、コインゲーム、対戦型ゲーム、ピンボール、デジタルダーツなどに興じようかと考えている人も多いだろう。 しかし、そうしたゲームセンターが風営法、すなわちで規制されている「風俗営業」の一つだということはご存じだろうか。 もともとは規制の対象外だったが、非行少年のたまり場となっていることが問題視されたほか、ゲーム機賭博事件が次々と検挙され、暴力団関係者の関与も見られたこともあり、1985年施行の法改正で網がかけられることとなった。 ゲーム機賭博事件で取り沙汰されたポーカーゲーム機ではなく、例えば昔流行したインベーダーゲームなどであっても、点数や順位の予想結果などによってゲームセンター側が客に金品を与えるといったやり方で、賭博を行うことが可能だからだ。 そのため、風営法やそのに基づく次のような例外的な場合を除き、ゲームセンターを営業するためには、あらかじめ公安委員会の許可を得ておかなければならないとされている。 1 規制対象外のゲーム機しか置いていない プリクラ、キッズ向けカードゲーム、占い機、モグラ叩き、運転シミュレーション、パンチ力測定機、投球スピード測定機などの専門店 2 独立した単独の店舗となっていない スーパーやショッピングセンターの一角など、3方向を囲まれておらず、他業種と一体化 3 ゲーム機の接地面積が営業面積の10%以下 旅館やホテル、遊園地、ボウリング場のゲームコーナーなど、全体のごく一部にゲーム機が置いてあるにすぎない場合 これらに当たらないにもかかわらず、アーケードゲームやクレーンゲーム、コインゲームなどを設置して無許可のまま営業を行っていれば、最高で懲役だと2年、罰金だと200万円の刑罰が待っている(両方が科せられることもあり得る)。 【賞品の提供は禁止】 その上、こうした 営業許可を得ているか否かにかかわらず、ゲームセンターの営業を行うに際しては、客引きの禁止や18歳未満の入店可能時間など、風営法に基づく様々な規制を受ける。 中でも特に重要な規制が、 遊技の結果に応じて賞品を提供してはならないという点だ。 賞品には、現金や商品券、物品などのほか、店舗の割引券や飲食引換券、ポイント付与なども含まれる。 もしこれが行われれば、「射幸心」、すなわち思いがけない利益や幸運を望む人の心をそそることとなり、より厳格な規制や別の営業許可を要する「ぱちんこ屋」の性質に近づく上、賭博の要素も出てくるからだ。 「ぱちんこ屋」は18歳未満の入店が禁じられているが、ゲームセンターは風営法や都道府県条例で時間帯の制限こそあれ、18歳未満でも入店できる。 前者は子どもが立ち入るべきではない大人の遊び場、後者は子どもでも安心して出入り可能な、射幸心がそそられることのない比較的安全な場所、というのが風営法の位置づけだといえる。 ゲームセンターがこの規制に違反し、遊技の結果に応じて客に何らかの賞品を提供すれば、経営者らに最高で懲役だと6か月、罰金だと100万円の刑罰が待っている(両方が科せられることもあり得る)。 【800円ルール】 そうすると、現にゲームセンターに置かれているクレーンゲームは一体どうなるのか、という疑問が生じるだろう。 この点については、なお違法だという基本原則に変わりはないものの、警察庁が次のようにの中で一定の場合には取り締まりを行わないというスタンスを明確に示すことで、グレーゾーンとされている。 「遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備により客に遊技をさせる営業を営む者は、その営業に関し、 クレーンで釣り上げるなどした物品で小売価格がおおむね800円以下のものを提供する場合については…『遊技の結果に応じて賞品を提供』することには当たらないものとして取り扱うこととする」 すなわち、警察は、賞品の小売価格がおおむね800円以下のものか否かでラインを引こうとしているわけだ。 あくまで警察による独自の行政解釈であり、裁判所の判断を経てはいないが、少なくともそれを超えなければ取り締まりを行わないと明言している以上、現実には800円までであれば刑事事件とされることなどない。 【例外の背景】 こうした例外が設けられた背景は、次のようなものだった。 すなわち、ゲームセンターに風営法の網がかけられた当時、既に10円程度のゲーム代で30円程度の菓子類や記念メダルなどを提供する子ども向けのゲーム機が多数存在していた。 小学生ころ、10円玉をバネで弾いて左右に動かしつつ最下部から上部に進めていき、穴に落ちないようにゴールまで到達できたら賞品としてガムが得られるゲームに興じた経験がある人も多いだろう。 これらは、点数などに応じて客がいくつかの賞品の中からほしいものを自由に選択、交換できるわけではなく、特定の物品を獲得する行為そのものを楽しむにすぎない。 そこで、警察庁も、この程度の金額、内容であれば、粗品のレベルであり、「子どもの遊び」の範疇を出ず、いちいち目くじらを立てる必要などないのではないかと考え、放置していた。 そうした中、物価水準などを考慮し、顧客拡大を目指す業界団体が警察庁に陳情を行い、提供方法などを含めた厳格な自主規制を導入することで、1986年には上限を200円まで、1990年には500円まで、1997年には800円までに引き上げることを容認された。 もちろん、クレーンゲームのように客が遊技によって直接獲得できた賞品に限られ、カプセルに入れたランダムの番号札を客に獲得させ、その札と賞品を交換するといったやり方は賭博となり得ることから、厳禁された。 こうした流れがあったので、警察庁は、2001年に風営法の解釈運用基準を定めた際、業界団体による自主規制の内容を明文の形で追認したというわけだ。 ここで重要なのは、800円以下か否かを判断する基準として、明確に「小売価格」を挙げているという点だ。 たとえ仕入価格や原価が800円以下であったとしても、小売価格がこれを超える賞品であればアウトだ。 クレーンゲーム専用として開発された「プライズ」と呼ばれる非売品も多いが、風営法の趣旨からすると、本来は市場で売り買いされるとすれば幾らくらいの小売価格となるのか、といった観点からその是非が判断されるべき話だ。 【健全化を目指す業界団体】 それから16年が過ぎたが、その後、この800円という金額は現在まで引き上げられていない。 さすがにこれを超えるようなものであれば、ますます「ぱちんこ屋」の性質に近づき、射幸心をそそり、賭博の温床にもなるからだ。 高額な賞品であれば、店側も利益を上げるためにプレイ代を高くし、獲得率をかなり低めに設定するから、熱くなった客が賞品を得るまでに投入する総額も必然的に高額化する。 賞品のニンテンドースイッチやプレイステーション、ゲームソフト欲しさに、子どもが小遣いやお年玉を使い果たした挙句、親の財布から金を盗んだり、より幼い子どもから金を巻き上げてまでクレーンゲームなどに興じるようなことになれば、悲劇だ。 風営法が本来予定しているゲームセンターのあり方にも反する。 健全化を目指している業界団体も、次のようにガイドラインの中で「800円ルール」などの厳守を強く求めている。 「景品1個の価格は、風俗営業適正化法解釈基準で定められた価格を超えてはならない。 市販価格とは、景品専用に開発された商品を除き、一般市場における価格とする。 なお、景品専用に開発された商品であっても1個あたりの価格は風俗営業適正化法解釈基準で定められた価格を超えてはならない」 「善良な風俗の保持、清浄な風俗環境の保持および青少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止する観点から、ゲームセンター等における正常な商習慣に照らし適合すると認められる景品に限る。 また、食品衛生法の遵守および他者の知的財産権を侵害することがないようすべきである」 「1回の遊技結果に提供する景品は、複数個提供する場合にも上限は風俗営業適正化法解釈基準で定められた価格を超えてはならない」 「景品と異なる高額なものをデモンストレーションとして展示してはならない」 「カプセル内に品名や記号を記したチケットなどを入れ、これを景品と交換してはならない。 提供した景品をもって他の景品と交換してはならない」 「パチンコ機、パチスロ機に類する遊技機、メダルゲーム、ビデオゲーム、フリッパーゲーム機等の遊技機を用いる遊技においては、景品を提供してはならない」 出典: 【違法状態が野放し】 とは言え、一部のゲームセンターで提示されているクレーンゲームの賞品は、誰の目から見ても明らかに小売価格が800円を大きく超えている。 先ほど挙げたゲーム機やゲームソフトのほか、音楽プレーヤーや小型テレビなどだ。 表看板は営業許可を要しないプリクラ専門店などを装いつつ、中に入るとそうしたクレーンゲームが多数設置されているといった無許可営業のゲームセンターに目立つ。 営業許可を得ていても、業界団体に加盟しておらず、ライバル店との競争や客集めのため、そうした「禁じ手」に出る店もあるようだ。 先ほども述べたように、賞品提供を禁ずる風営法の罰則規定は、営業許可を得ているか否かとは無関係に、あらゆるゲームセンターに適用されるものだ。 現状は、クレーンゲームで破産者が出たとか、殺傷沙汰となったといった話もなく、同業他社のタレコミなどで度が過ぎている店を把握したら注意や警告に及ぶものの、予算と人員が限られている警察がいちいち刑事事件として取り上げていないだけだ。 単に違法状態が野放しとなっているにすぎない。 無許可営業を含め、風営法の賞品提供罪で立件され、経営者らが逮捕されるか否かは、警察の出方次第だ。 オーナーや店長の指示を受けて接客しているだけのアルバイト店員でも、「被疑者」として取り扱われる可能性があるから注意を要する。 【締め付けのきついクレーンゲームは詐欺?】 では、獲得率が低く設定され、期待どおりに賞品が得られないということで、詐欺罪に問うことはできないだろうか。 残念ながら、基本的には無理だ。 ゲームセンター側も、仕入や店員の人件費、機械のランニングコスト、光熱費などもあり、安定経営のため、獲得率を下げるのはむしろ当然といえる。 平均原価率も、例えば安いチョコレート菓子は70%、人気キャラクターのフィギュアは30%、大型のぬいぐるみは5%、高額賞品は0. 1%に設定するといったやり方で、25~35%程度をキープしていることだろう。 このように、そもそもクレーンゲームは確実に賞品が得られるという結果が間違いなく保証されているものではなく、期待値の大小こそあれ、客もこれを分かった上でプレイしているわけだから、「だまされている」とは言い難いわけだ。 また、あくまでクレーンゲームは、客がタイミングをはかってボタンを押し、アームを上下左右に操作することを楽しむもの、というのが建前であり、賞品などは副次的なものにとどまらなければならない。 もし賞品獲得が前面に押し出されてしまうと、風営法が賞品提供を一律に禁じた上で警察庁の「800円ルール」の下で例外的な取扱いが認められている趣旨にも反する結果となる。 【今回の事案の特殊性】 では、なぜ大阪府警は今回の事案を詐欺罪ととらえた上で、ゲームセンター運営会社の社長や店員らを逮捕するに至ったのか。 現在も鋭意捜査中だが、おおむね次のような事件だったからだ。 ・店員が客にバレないように密かに機械の設定を変え、プレイの見本を見せる際は必ず成功するように細工する一方、客がプレイする際は絶対に成功できないように細工していた。 ・例えば、上下左右に移動するカッターを止め、景品がつるされたひもを切り、下に落とすというクレーンゲームでは、たとえ客が狙った位置で止めたとしても、絶対にずれるように細工されていた。 ・店員は、失敗した客に「絶対に取れる」「誰でも簡単に取れる」「今、やめるともったいない」「次に取れたら、おまけをあげる」などと言い、ゲームを続行するようにあおっていた。 ・プレイ代は1回500円から1万円、賞品は数万円のゲーム機や電動自転車、フィギュアなど高額のものだった。 ・逮捕容疑は1回2千円のプレイ代で客4人から総額47万円余りをだまし取ったというものだった。 ・2015年以降、警察には36人から総額約600万円の被害相談が寄せられており、10万円以上を突っ込んだ客も多かった。 ・店員は、所持金を使い果たした客に対し、ATMなどで預金を引き出すようにうながしていた。 ・社長の指示の下、大阪や京都のゲームセンター5店全てで店員らが組織的な詐欺に及んでいたと目される。 要するに、あまりにも度が過ぎた悪質な事案である上、不確実な賞品の獲得があたかも確実であるかのように告げ、露骨な設定の操作にまで及んでおり、店側の一連の行為が詐欺と評価できるからだ。 年末年始はゲームセンターにとって書き入れ時であり、その直前に社長らを逮捕し、初摘発の事案として広く報道させることで、同様の行為に及んでいる他店に対する警告の効果を狙ったものともいえよう。 同業他社のクレーンゲームでも同じような細工が施されているのではないかと疑いの目で見られることになるし、業界団体も自主的な抜き打ち検査などを行い、さらなる健全化を進める必要に迫られることとなるからだ。 やや特殊な事案ではあるが、これまでこの店や同業他社の店に行き、高額賞品に釣られて同様の被害を受けた人がいれば、泣き寝入りせず、最寄りの警察に相談をしておいた方がよい。 風営法の賞品提供罪に当たることは明らかだし、他の客からも数多くの被害届が出ているかもしれず、それが積み重なれば、今回の事案のように強制捜査に至る可能性も高いからだ。 ただ、いずれにせよ、どのクレーンゲームも店側が勝つようにうまく設定されている。 あまり熱くなりすぎず、ほどほどでとどめておくのが賢明だろう。 (了) ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

DREAMS COME TRUE デビュー30周年記念 ドリカム公式キャラクターがプライズデビュー!

ドリカム クレーン ゲーム

みなさんこんにちは、エブリデイスタッフの渡辺です! 今回はDREAMS COME TRUEについてご紹介していきます! 「ドリカム」と言われていますが、皆さんはご存知ですか?詳しく説明していきますので、「あ~!!」となるかもしれませんよ笑 目次• DREAMS COME TRUEって何?• DREAMS COME TRUEの景品紹介• まとめ DREAMS COME TRUEって何? DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)は、吉田美和と中村正人の2人からなる日本のバンドである [1]。 ファンクとソウルに大きな影響を受けている。 1990年代まではキーボード担当の西川隆宏が在籍していたが脱退した。 公式ファンクラブは「 POWER PLANT」。 一般的な略称は ドリカム。 さらに縮めて ドリや DCTとも呼ばれる。 中村正人がソフィスティ・ポップに分類されるスウィング・アウト・シスターの音楽性と吉田美和の歌唱力に衝撃を受けた後、1988年1月に結成。 元々は1985年から1988年にとんねるずのコンサートツアーでサポート・メンバーをしていた中村が、1988年のコンサートツアー前に吉田をバック・コーラスに招聘した事から始まった [注 1](デビュー前に小泉今日子のサポート・メンバーを2人が行っていたと言われることがあったが、吉田のみが出演しており、中村ではなく実は中村の弟が参加していた)。 音楽性の歴史 現在はヴォーカルとベースの2人編成。 1990年代まではキーボードが居たが、2002年に脱退した。 全ての作詞を吉田が、編曲を中村が行い(2010年頃から吉田も参加するようになる)、作曲は吉田、中村どちらも手がける(元メンバーの西川も3曲手がけている)。 アレンジは、グループ結成の切っ掛けになったスイング・アウト・シスターの楽曲を参考にして、中村が影響を受けたというアース・ウィンド・アンド・ファイアーなど1970年代のブラックミュージック風のものがあり、既存曲のオマージュのようなアレンジも存在する(「決戦は金曜日」など)。 さらに、クラブミュージックやテクノポップなど幅広いジャンルの楽曲を制作している。 ソウルやファンクなどをベースにするため、デビュー当時にティン・パン・アレーをバックバンドに迎える予定だったが断られ、ほぼ全てシンセサイザーやサンプラーに頼る事になった。 結果的にはシンセサイザーやサンプラーによるファンク系のトラックにソウル系の力強いボーカルが乗る音楽が完成し、過去の日本に無い新しいポップスとして受け止められ大ヒットした。 デジタル音楽制作環境の黎明期から、シンセサイザーやシーケンサーを主体として用いた編曲を行っているが、生の楽器演奏も使用する。 シンセサイザーの多用により、作品が無機質な雰囲気にならないように配慮されている。 中村正人は作品のスパイスとしてベースラインを最後に作ると云い、本人のファンクへの傾倒もあって、J-POPでは珍しい程巧みである。 セールス変遷 1990年代にその人気はアルバムセールスにおいて圧倒的な存在感を見せた [2]。 その後1999年の10thアルバム『the Monster』でもミリオンセラーを達成している。 2015年にリリースしたオールタイム・ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム』では、累計出荷100万枚を記録。 ご了承下さい。 まとめ 今回はDREAM COME TRUEについてご紹介していきました! 【Youtubeチャンネル リニューアルのお知らせ】 エブリデイのYouTubeチャンネルが、リニューアル?したよ(笑) ぜひ、チャンネル登録をお願いします。 YouTubeチャンネル登録は、下のボタンから出来るよ!! 【6月お誕生月の方、プレゼント企画やってます!! 】 毎月、その月のお誕生日の方を対象に、プレゼント企画をやってます!! 只今の期間、6月25日応募締切で、6月お誕生日の方の応募受付中!! 2019年9月30日をもって、エブリデイ行田店LINE@サービス廃止になりました。 今後は、スマートフォン向けエブリデイオリジナルアプリにて お得なクーポンやメッセージを配信していきます。 お使いのスマートフォンに適した、下記の各アプリストアのアイコンをクリックして頂くと、 エブリデイのオリジナルアプリのダウンロードページに行けるようになっております。 24時間エントリーフォームで応募も受付中!!

次の

【公式】クレーンゲーム鑑定団NEO

ドリカム クレーン ゲーム

数万円の賞品で誘いつつも、絶対取れないように設定したクレーンゲーム機を使い、客から料金をだまし取っていたとされるゲームセンター。 23日、大阪府警が詐欺容疑でし、全国初の強制捜査に発展した。 この機会に、ゲームセンターに対する法規制について触れてみたい。 【ゲームセンターは「風俗営業」】 年末年始、家族でゲームセンターに行き、アーケードゲームやクレーンゲーム、コインゲーム、対戦型ゲーム、ピンボール、デジタルダーツなどに興じようかと考えている人も多いだろう。 しかし、そうしたゲームセンターが風営法、すなわちで規制されている「風俗営業」の一つだということはご存じだろうか。 もともとは規制の対象外だったが、非行少年のたまり場となっていることが問題視されたほか、ゲーム機賭博事件が次々と検挙され、暴力団関係者の関与も見られたこともあり、1985年施行の法改正で網がかけられることとなった。 ゲーム機賭博事件で取り沙汰されたポーカーゲーム機ではなく、例えば昔流行したインベーダーゲームなどであっても、点数や順位の予想結果などによってゲームセンター側が客に金品を与えるといったやり方で、賭博を行うことが可能だからだ。 そのため、風営法やそのに基づく次のような例外的な場合を除き、ゲームセンターを営業するためには、あらかじめ公安委員会の許可を得ておかなければならないとされている。 1 規制対象外のゲーム機しか置いていない プリクラ、キッズ向けカードゲーム、占い機、モグラ叩き、運転シミュレーション、パンチ力測定機、投球スピード測定機などの専門店 2 独立した単独の店舗となっていない スーパーやショッピングセンターの一角など、3方向を囲まれておらず、他業種と一体化 3 ゲーム機の接地面積が営業面積の10%以下 旅館やホテル、遊園地、ボウリング場のゲームコーナーなど、全体のごく一部にゲーム機が置いてあるにすぎない場合 これらに当たらないにもかかわらず、アーケードゲームやクレーンゲーム、コインゲームなどを設置して無許可のまま営業を行っていれば、最高で懲役だと2年、罰金だと200万円の刑罰が待っている(両方が科せられることもあり得る)。 【賞品の提供は禁止】 その上、こうした 営業許可を得ているか否かにかかわらず、ゲームセンターの営業を行うに際しては、客引きの禁止や18歳未満の入店可能時間など、風営法に基づく様々な規制を受ける。 中でも特に重要な規制が、 遊技の結果に応じて賞品を提供してはならないという点だ。 賞品には、現金や商品券、物品などのほか、店舗の割引券や飲食引換券、ポイント付与なども含まれる。 もしこれが行われれば、「射幸心」、すなわち思いがけない利益や幸運を望む人の心をそそることとなり、より厳格な規制や別の営業許可を要する「ぱちんこ屋」の性質に近づく上、賭博の要素も出てくるからだ。 「ぱちんこ屋」は18歳未満の入店が禁じられているが、ゲームセンターは風営法や都道府県条例で時間帯の制限こそあれ、18歳未満でも入店できる。 前者は子どもが立ち入るべきではない大人の遊び場、後者は子どもでも安心して出入り可能な、射幸心がそそられることのない比較的安全な場所、というのが風営法の位置づけだといえる。 ゲームセンターがこの規制に違反し、遊技の結果に応じて客に何らかの賞品を提供すれば、経営者らに最高で懲役だと6か月、罰金だと100万円の刑罰が待っている(両方が科せられることもあり得る)。 【800円ルール】 そうすると、現にゲームセンターに置かれているクレーンゲームは一体どうなるのか、という疑問が生じるだろう。 この点については、なお違法だという基本原則に変わりはないものの、警察庁が次のようにの中で一定の場合には取り締まりを行わないというスタンスを明確に示すことで、グレーゾーンとされている。 「遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備により客に遊技をさせる営業を営む者は、その営業に関し、 クレーンで釣り上げるなどした物品で小売価格がおおむね800円以下のものを提供する場合については…『遊技の結果に応じて賞品を提供』することには当たらないものとして取り扱うこととする」 すなわち、警察は、賞品の小売価格がおおむね800円以下のものか否かでラインを引こうとしているわけだ。 あくまで警察による独自の行政解釈であり、裁判所の判断を経てはいないが、少なくともそれを超えなければ取り締まりを行わないと明言している以上、現実には800円までであれば刑事事件とされることなどない。 【例外の背景】 こうした例外が設けられた背景は、次のようなものだった。 すなわち、ゲームセンターに風営法の網がかけられた当時、既に10円程度のゲーム代で30円程度の菓子類や記念メダルなどを提供する子ども向けのゲーム機が多数存在していた。 小学生ころ、10円玉をバネで弾いて左右に動かしつつ最下部から上部に進めていき、穴に落ちないようにゴールまで到達できたら賞品としてガムが得られるゲームに興じた経験がある人も多いだろう。 これらは、点数などに応じて客がいくつかの賞品の中からほしいものを自由に選択、交換できるわけではなく、特定の物品を獲得する行為そのものを楽しむにすぎない。 そこで、警察庁も、この程度の金額、内容であれば、粗品のレベルであり、「子どもの遊び」の範疇を出ず、いちいち目くじらを立てる必要などないのではないかと考え、放置していた。 そうした中、物価水準などを考慮し、顧客拡大を目指す業界団体が警察庁に陳情を行い、提供方法などを含めた厳格な自主規制を導入することで、1986年には上限を200円まで、1990年には500円まで、1997年には800円までに引き上げることを容認された。 もちろん、クレーンゲームのように客が遊技によって直接獲得できた賞品に限られ、カプセルに入れたランダムの番号札を客に獲得させ、その札と賞品を交換するといったやり方は賭博となり得ることから、厳禁された。 こうした流れがあったので、警察庁は、2001年に風営法の解釈運用基準を定めた際、業界団体による自主規制の内容を明文の形で追認したというわけだ。 ここで重要なのは、800円以下か否かを判断する基準として、明確に「小売価格」を挙げているという点だ。 たとえ仕入価格や原価が800円以下であったとしても、小売価格がこれを超える賞品であればアウトだ。 クレーンゲーム専用として開発された「プライズ」と呼ばれる非売品も多いが、風営法の趣旨からすると、本来は市場で売り買いされるとすれば幾らくらいの小売価格となるのか、といった観点からその是非が判断されるべき話だ。 【健全化を目指す業界団体】 それから16年が過ぎたが、その後、この800円という金額は現在まで引き上げられていない。 さすがにこれを超えるようなものであれば、ますます「ぱちんこ屋」の性質に近づき、射幸心をそそり、賭博の温床にもなるからだ。 高額な賞品であれば、店側も利益を上げるためにプレイ代を高くし、獲得率をかなり低めに設定するから、熱くなった客が賞品を得るまでに投入する総額も必然的に高額化する。 賞品のニンテンドースイッチやプレイステーション、ゲームソフト欲しさに、子どもが小遣いやお年玉を使い果たした挙句、親の財布から金を盗んだり、より幼い子どもから金を巻き上げてまでクレーンゲームなどに興じるようなことになれば、悲劇だ。 風営法が本来予定しているゲームセンターのあり方にも反する。 健全化を目指している業界団体も、次のようにガイドラインの中で「800円ルール」などの厳守を強く求めている。 「景品1個の価格は、風俗営業適正化法解釈基準で定められた価格を超えてはならない。 市販価格とは、景品専用に開発された商品を除き、一般市場における価格とする。 なお、景品専用に開発された商品であっても1個あたりの価格は風俗営業適正化法解釈基準で定められた価格を超えてはならない」 「善良な風俗の保持、清浄な風俗環境の保持および青少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止する観点から、ゲームセンター等における正常な商習慣に照らし適合すると認められる景品に限る。 また、食品衛生法の遵守および他者の知的財産権を侵害することがないようすべきである」 「1回の遊技結果に提供する景品は、複数個提供する場合にも上限は風俗営業適正化法解釈基準で定められた価格を超えてはならない」 「景品と異なる高額なものをデモンストレーションとして展示してはならない」 「カプセル内に品名や記号を記したチケットなどを入れ、これを景品と交換してはならない。 提供した景品をもって他の景品と交換してはならない」 「パチンコ機、パチスロ機に類する遊技機、メダルゲーム、ビデオゲーム、フリッパーゲーム機等の遊技機を用いる遊技においては、景品を提供してはならない」 出典: 【違法状態が野放し】 とは言え、一部のゲームセンターで提示されているクレーンゲームの賞品は、誰の目から見ても明らかに小売価格が800円を大きく超えている。 先ほど挙げたゲーム機やゲームソフトのほか、音楽プレーヤーや小型テレビなどだ。 表看板は営業許可を要しないプリクラ専門店などを装いつつ、中に入るとそうしたクレーンゲームが多数設置されているといった無許可営業のゲームセンターに目立つ。 営業許可を得ていても、業界団体に加盟しておらず、ライバル店との競争や客集めのため、そうした「禁じ手」に出る店もあるようだ。 先ほども述べたように、賞品提供を禁ずる風営法の罰則規定は、営業許可を得ているか否かとは無関係に、あらゆるゲームセンターに適用されるものだ。 現状は、クレーンゲームで破産者が出たとか、殺傷沙汰となったといった話もなく、同業他社のタレコミなどで度が過ぎている店を把握したら注意や警告に及ぶものの、予算と人員が限られている警察がいちいち刑事事件として取り上げていないだけだ。 単に違法状態が野放しとなっているにすぎない。 無許可営業を含め、風営法の賞品提供罪で立件され、経営者らが逮捕されるか否かは、警察の出方次第だ。 オーナーや店長の指示を受けて接客しているだけのアルバイト店員でも、「被疑者」として取り扱われる可能性があるから注意を要する。 【締め付けのきついクレーンゲームは詐欺?】 では、獲得率が低く設定され、期待どおりに賞品が得られないということで、詐欺罪に問うことはできないだろうか。 残念ながら、基本的には無理だ。 ゲームセンター側も、仕入や店員の人件費、機械のランニングコスト、光熱費などもあり、安定経営のため、獲得率を下げるのはむしろ当然といえる。 平均原価率も、例えば安いチョコレート菓子は70%、人気キャラクターのフィギュアは30%、大型のぬいぐるみは5%、高額賞品は0. 1%に設定するといったやり方で、25~35%程度をキープしていることだろう。 このように、そもそもクレーンゲームは確実に賞品が得られるという結果が間違いなく保証されているものではなく、期待値の大小こそあれ、客もこれを分かった上でプレイしているわけだから、「だまされている」とは言い難いわけだ。 また、あくまでクレーンゲームは、客がタイミングをはかってボタンを押し、アームを上下左右に操作することを楽しむもの、というのが建前であり、賞品などは副次的なものにとどまらなければならない。 もし賞品獲得が前面に押し出されてしまうと、風営法が賞品提供を一律に禁じた上で警察庁の「800円ルール」の下で例外的な取扱いが認められている趣旨にも反する結果となる。 【今回の事案の特殊性】 では、なぜ大阪府警は今回の事案を詐欺罪ととらえた上で、ゲームセンター運営会社の社長や店員らを逮捕するに至ったのか。 現在も鋭意捜査中だが、おおむね次のような事件だったからだ。 ・店員が客にバレないように密かに機械の設定を変え、プレイの見本を見せる際は必ず成功するように細工する一方、客がプレイする際は絶対に成功できないように細工していた。 ・例えば、上下左右に移動するカッターを止め、景品がつるされたひもを切り、下に落とすというクレーンゲームでは、たとえ客が狙った位置で止めたとしても、絶対にずれるように細工されていた。 ・店員は、失敗した客に「絶対に取れる」「誰でも簡単に取れる」「今、やめるともったいない」「次に取れたら、おまけをあげる」などと言い、ゲームを続行するようにあおっていた。 ・プレイ代は1回500円から1万円、賞品は数万円のゲーム機や電動自転車、フィギュアなど高額のものだった。 ・逮捕容疑は1回2千円のプレイ代で客4人から総額47万円余りをだまし取ったというものだった。 ・2015年以降、警察には36人から総額約600万円の被害相談が寄せられており、10万円以上を突っ込んだ客も多かった。 ・店員は、所持金を使い果たした客に対し、ATMなどで預金を引き出すようにうながしていた。 ・社長の指示の下、大阪や京都のゲームセンター5店全てで店員らが組織的な詐欺に及んでいたと目される。 要するに、あまりにも度が過ぎた悪質な事案である上、不確実な賞品の獲得があたかも確実であるかのように告げ、露骨な設定の操作にまで及んでおり、店側の一連の行為が詐欺と評価できるからだ。 年末年始はゲームセンターにとって書き入れ時であり、その直前に社長らを逮捕し、初摘発の事案として広く報道させることで、同様の行為に及んでいる他店に対する警告の効果を狙ったものともいえよう。 同業他社のクレーンゲームでも同じような細工が施されているのではないかと疑いの目で見られることになるし、業界団体も自主的な抜き打ち検査などを行い、さらなる健全化を進める必要に迫られることとなるからだ。 やや特殊な事案ではあるが、これまでこの店や同業他社の店に行き、高額賞品に釣られて同様の被害を受けた人がいれば、泣き寝入りせず、最寄りの警察に相談をしておいた方がよい。 風営法の賞品提供罪に当たることは明らかだし、他の客からも数多くの被害届が出ているかもしれず、それが積み重なれば、今回の事案のように強制捜査に至る可能性も高いからだ。 ただ、いずれにせよ、どのクレーンゲームも店側が勝つようにうまく設定されている。 あまり熱くなりすぎず、ほどほどでとどめておくのが賢明だろう。 (了) ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の