楽天モバイル 利用明細。 楽天モバイルの利用明細はどこで確認できる?確認方法と見方を解説

【確定申告】楽天モバイルで領収書やレシート・利用明細は発行できる?【支払証明書は?】

楽天モバイル 利用明細

データ無制限で使い放題• 月額固定の2980円• 速度制限後でも1Mbps保証• 楽天Linkで話し放題• 1年間無料(300万人限定)• 紹介コード(3itCxJY9nYG7)入力で追加3000ポイント• 事務手数料3300円還元• 楽天モバイルの明細を確認する方法 さっそく明細を確認方法、そして明細書の見方について見ていきましょう。 1-1. メンバーズステーションで確認 楽天モバイルの明細は会員ページのメンバーズステーションから確認できます。 メンバーズステーションは楽天市場で使用している楽天会員ID・パスワードでログイン可能です。 ログインしたら、会員メニューの「利用明細」をタップしましょう。 利用明細をタップすると、毎月の請求が表示されます。 「」の利用状況や支払状況(未払い・支払済)を確認できます。 詳しい請求内容は、請求年月から明細を見たい月をタップしましょう。 明細ではサービス内容、ご利用期間、金額、通話料金などが表示されます。 請求書(明細書)の書面発行は法人のみ 個人契約の方は、請求書(明細書)の発行は不可となります。 領収書が必要な方は、画面表示されている請求金額とカード会社の明細書を利用しましょう。 楽天モバイルと法人契約している方は、請求書の発行が可能です。 1-2. アプリからも明細を確認できる 楽天モバイルの専用アプリである楽天モバイルSIMアプリからも明細を確認することができます。 アプリをインストールしたら、楽天モバイルか楽天会員のID・パスワードでログインしましょう。 ログインすると、トップ画面に使用できるデータ通信量とともに3ヶ月分の請求金額と支払状況が表示されます。 各月の細かな詳細を見たい場合は、アプリ内の「利用明細」をタップしましょう。 利用明細をタップすると 過去12ヶ月分の利用料金が表示されます。 詳細を見たい月をタップすれば、明細が表示されて料金内訳が分かります。 1-3. どの項目にいくらの請求が来ているのかを把握することが大切です。 月額基本料:スーパーホーダイ・組み合わせプランで加入している料金プラン• ユニバーサルサービス料:緊急通報や公衆電話の維持費としてNTTに支払われる料金• 端末代金:機種の購入費用、一括・分割で請求• オプション料:オプションに加入している場合のみ金額表示 上記の金額の合算が、1ヶ月の請求金額となります。 通話料が発生している場合は、通話明細より発信相手が表示されます。 その他の請求項目 その他、以下の項目が手数料として新規契約時や解約時に請求されます。 契約事務手数料:3000円• 解約金:9800~29800円• MNP転出手数料:3000円• SIM交換手数料:3000円 上記の解約金・手数料は一時的な請求です。 契約事務手数料は初月のみ。 解約金は最低利用期間内に解約した場合のみ請求されます。 1-4. 楽天でんわの請求は別 楽天モバイルの明細で注意したいのが楽天でんわの請求です。 楽天でんわの請求は 明細項目に表示されません。 その理由は、楽天でんわの提供会社が楽天コミュニケーションズから楽天株式会社に変わり、その影響でシステム上の都合により請求を合算できなくなったためです。 同じ楽天グループなので請求を統一して欲しいところですが致し方ありません。 楽天でんわの明細は以下の方法で確認しましょう。 楽天でんわマイページにログイン Cから始まる楽天でんわIDとパスワードでログインします。 メニューから「利用料金の確認」をタップ 3. 「電話番号」の入力と「照会期間」を選択して「利用料金を確認する」をタップ 以上で楽天でんわの請求額を確認できます。 5分かけ放題オプションも楽天でんわを使用したサービスなので、こちらに利用料金が表示されます。 なお、請求額確定の締め日は楽天モバイルと同じ月末となります。 1-5. 請求日はいつ? まず、楽天モバイルの請求額は支払い方法に関わらず 1日から月末までの利用料金で確定します。 初月の利用料金も月末締めで確定です。 毎月の請求日ですが、支払い方法やカード会社によって異なります。 支払い方法別の請求日は以下の通りです。 1 クレジットカード払い 主要なクレジットカードの締め日と請求日(引き落とし日)は以下となります。 カード会社 締め日 請求日 楽天カード 月末 翌月27日 三井住友カード 15日か月末 翌月10日か翌月26日 JCBカード 15日 翌月10日 セゾンカード 月末 翌々月4日 セディナカード 月末 翌月27日 ライフカード 5日 当月27日か翌月3日 オリコカード 月末 翌月27日 楽天モバイルの利用料金を楽天カードで支払う場合は、利用月の翌々月27日が引き落とし日となります。 3月の利用料金なら5月27日に支払うということですね。 楽天カードの請求は翌月27日なのに実際は翌々月の引き落としになる理由は、以下のイラストを見てもらえば理解しやすいです。 2 デビットカード払い デビットカードは即時引き落としとなるため、クレジットカードと違い締め日の概念がありません。 楽天モバイルの請求額は月末に確定します。 そして翌月にデビットカード会社に金額を通知。 その後、デビットカード会社側で金額を確認した時点で引き落としとなります。 引き落とし日はデビットカード会社によって変わります。 請求が早い会社なら月初、遅い会社なら中旬あたりが引き落とし日です。 3 口座振替 口座振替は、 毎月27日が請求日となります。 例えば、3月の利用料金なら月末に請求額が確定して、4月27日に口座引き落としされる流れです。 27日が土日祝日の場合は翌営業日に引き落としとなります。 口座残高が請求額を下回らないように気を付けましょう。 支払いに遅れた場合 クレジットカード払いとデビットカード払いの場合は、利用しているカード会社から電話かはがきで支払い催促の連絡が来ます。 請求額を確認したら指定の銀行口座に振り込む流れです。 口座振替の場合は、楽天モバイルから請求書が郵送で届きます。 請求額を確認したら、コンビニか金融機関で支払いましょう。 請求額が高いと感じたら 楽天モバイルの明細を見て請求額が高いと感じたら、以下の方法で対処しましょう。 2-1. 小容量のプランに変更する まずできることは、現在のプランを変更することです。 もっとデータ通信量を節約して小容量のプランに変更できないか検討してみましょう。 データ通信量を節約するコツは、 低速モードの利用とWi-Fiスポットの活用です。 低速モードは通信速度を200kbpsに落とす代わりに消費するデータ通信量を節約します。 動画視聴や画像の多いサイトを閲覧する時以外は、低速通信でも何とか乗り切れます。 高速・低速の切り替えは、楽天モバイルSIMアプリからワンタップで可能です。 また、Wi-Fiスポットの活用もデータ消費を抑えるための基本です。 無料で利用できるWi-Fiスポットがあれば、自動接続してくれる Japan Connected-free Wi-Fアプリが便利なので利用してみるといいですよ。 低速モードやWi-Fiスポットの活用でデータ消費量を抑えたら、今よりひとつ下のプランに変更してみましょう。 プラン変更の詳しいやり方は以下の記事を参考にして下さい。 2-2. 通話アプリを利用する 通話料が高い方は積極的に通話アプリを利用して、毎月の通話料を下げてみましょう。 コツとして友達や家族に連絡する時は、なるべく 無料通話アプリを利用しましょう。 文字通り、通話料は一切かかりません。 おすすめの無料通話アプリ• 無料通話が使えない場面では、 楽天でんわを必ず使用して下さい。 楽天でんわは090発信できるにも関わらず、IP通話アプリ(050発信)とほぼ同額で利用できます。 もっと積極的に普段の通話を楽天でんわに置き換えできないか、通話明細を見ながら考え直してみましょう。 まとめ いかがでしたか? この記事では、楽天モバイルの明細について詳しく解説してきました。 明細書の確認方法や見方はシンプルなので分かりやすいです。 毎月の支払額をしっかりと把握して、無駄がないか常にチェックしておきましょう。 請求額が高いと感じたら、プラン変更や通話料の節約を考えてみてくださいね。

次の

楽天モバイルの料金確認はマイページから!利用明細の確認方法や見方を解説!

楽天モバイル 利用明細

それでは詳しく支払方法をご紹介しましょう。 設定方法は「全てのポイントを使う」、もしくは「一部のポイントを使う」の2種類になります。 設定方法は「一部のポイントを使う」、もしくは「全てのポイントを使う」の2種類になります。 毎回自動でポイントで支払う(おすすめ) 毎月の楽天モバイルのおすすめのお支払いとして、「全てのポイントを使う」で毎回あるだけのポイントで支払をしてくれます。 しかも、期間限定ポイントから優先的に使われるので、使い忘れ防止にもなります。 アプリからの設定でも「全てのポイントを使う」に後からも変えれるので是非チェックしてみてくださいね。 ポイントでお支払いの覚えておきたい注意点• 一度に利用できるポイント数は1~30,000 ダイヤモンド会員の方は~500,000 ポイントです。 毎月1日から月末までに設定したポイント数が翌月の請求に充当されます。 なお、適用となる楽天スーパーポイント口座は、請求料金の確定時に、登録している口座となります。 期間限定ポイントをご利用の場合、月額利用料確定時(毎月4日~10日の間となり、月によって変動します)に有効期限を過ぎているポイントは失効となり、ご利用いただけません。 ポイント充当時に「利用ポイント数」が不足している場合は、お申し込み時に選択したクレジットカードに課金されます。 月額利用料確定後(毎月4日~10日の間となり、月によって変動します)にクレジットカードの引き落としができない場合は請求書をお送りいたします。 請求書でお支払いいただく際はポイントのご利用ができませんので予めご了承ください。 月額利用料が、ポイント保有数またはポイント利用上限を超えた際に楽天キャッシュを保有していると、楽天キャッシュも利用されます。 クレジットカード/デビットカード払いの情報が有効でない場合、ポイントの保有数に関わらずポイントのご利用ができませんので、予めご了承ください。 口座振替の場合、楽天スーパーポイントによる支払いの対象外となります。

次の

楽天モバイル(MNO)初月の利用明細

楽天モバイル 利用明細

それでは詳しく支払方法をご紹介しましょう。 設定方法は「全てのポイントを使う」、もしくは「一部のポイントを使う」の2種類になります。 設定方法は「一部のポイントを使う」、もしくは「全てのポイントを使う」の2種類になります。 毎回自動でポイントで支払う(おすすめ) 毎月の楽天モバイルのおすすめのお支払いとして、「全てのポイントを使う」で毎回あるだけのポイントで支払をしてくれます。 しかも、期間限定ポイントから優先的に使われるので、使い忘れ防止にもなります。 アプリからの設定でも「全てのポイントを使う」に後からも変えれるので是非チェックしてみてくださいね。 ポイントでお支払いの覚えておきたい注意点• 一度に利用できるポイント数は1~30,000 ダイヤモンド会員の方は~500,000 ポイントです。 毎月1日から月末までに設定したポイント数が翌月の請求に充当されます。 なお、適用となる楽天スーパーポイント口座は、請求料金の確定時に、登録している口座となります。 期間限定ポイントをご利用の場合、月額利用料確定時(毎月4日~10日の間となり、月によって変動します)に有効期限を過ぎているポイントは失効となり、ご利用いただけません。 ポイント充当時に「利用ポイント数」が不足している場合は、お申し込み時に選択したクレジットカードに課金されます。 月額利用料確定後(毎月4日~10日の間となり、月によって変動します)にクレジットカードの引き落としができない場合は請求書をお送りいたします。 請求書でお支払いいただく際はポイントのご利用ができませんので予めご了承ください。 月額利用料が、ポイント保有数またはポイント利用上限を超えた際に楽天キャッシュを保有していると、楽天キャッシュも利用されます。 クレジットカード/デビットカード払いの情報が有効でない場合、ポイントの保有数に関わらずポイントのご利用ができませんので、予めご了承ください。 口座振替の場合、楽天スーパーポイントによる支払いの対象外となります。

次の