愛してると言ってくれ ドラマ。 【衝撃】再放送ドラマ「愛していると言ってくれ」オープニングがヤバすぎて視聴者が感動 / 今では実現不可能「常盤貴子サービスすぎる!」 | バズプラスニュース

愛していると言ってくれ(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴

愛してると言ってくれ ドラマ

タグ 101回目のプロポーズ 29歳のクリスマス Age35恋しくて GTO OUT妻たちの犯罪 WITH LOVE W浅野 あにき あぶない刑事 いしだ壱成 いつかまた逢える お水の花道 この世の果て すてきな片思い ともさかりえ ひとつ屋根の下 へし切長谷部 みずきてぃ もういちど春 イヴ ショムニ スケバン刑事 スチュワーデス刑事 セミダブル タブロイド ナオミ ナースのお仕事 ニューヨーク恋物語 ハートに火をつけて バージンロード パーフェクトラブ ビーチボーイズ ファイティングガール プロハンター リップスティック 三上博史 三谷幸喜 不動行光 世界で一番君が好き 中井貴一 中山美穂 中島みゆき 京都買います 仮面の忍者赤影 伊東美咲 佐藤浩市 倉本聰 傷だらけの天使 僕らに愛を 再放送 刀剣乱舞 北の国から 北川悦吏子 北村諒 反町隆史 古畑任三郎 同級生 向田邦子 君が嘘をついた 君といた夏 和久井映見 和田雅成 唐沢寿明 大島優子 大沢たかお 大河ドラマ 大石静 大都会 女達の忠臣蔵 妹よ 安田成美 定本楓馬 宮沢りえ 家族熱 小林靖子 山おんな壁おんな 岩永洋昭 常盤貴子 廣瀬智紀 彼女たちの時代 必殺仕置人 怪奇大作戦 悪魔のようなあいつ 愛していると言ってくれ 愛という名のもとに 抱きしめたい 振り返れば奴がいる 探偵物語 放送局 救命病棟24時 斉藤由貴 星の金貨 映画刀剣乱舞 時間ですよ 暗闇仕留人 東京エアポート 松下由樹 松嶋菜々子 松雪泰子 柳葉敏郎 柴田恭兵 桜井幸子 椎名鯛造 正義は勝つ 武田信玄 殴る女 水川あさみ 水野美紀 氷の世界 江口洋介 江角マキコ 沢田研二 浅野ゆう子 浅野温子 深津絵里 深田恭子 瀬戸朝香 王様のレストラン 田宮二郎 田村正和 白い影 真っ直ぐな男 石黒賢 神様、もう少しだけ 福山雅治 稲盛いずみ 竹野内豊 筒井道隆 素晴らしきかな人生 織田裕二 舞台刀剣乱舞 草刈正雄 荒牧慶彦 葉月里緒奈 藤竜也 西村雅彦 西部警察 親愛なる者へ 観月ありさ 課長 豊川悦司 財前直見 踊る大捜査線 遠藤憲一 野島伸司 野沢尚 鈴木京香 鈴木保奈美 鈴木拡樹 鈴木杏樹 長谷部香苗 阿修羅のごとく 青い鳥ドラマ 青山表参道X 飯島直子 高倉健 高校教師1993 鬼平犯科帳 鶯丸 鶴田真由 目次• 愛してると言ってくれの最終話あらすじ ドラマ『愛していると言ってくれ』は、 耳の聞こえない画家と 女優の卵のラブストーリーでした。 最終話あらすじ 劇団の公演が終わり、 水野紘子(常盤貴子)と矢部健一(岡田浩暉)が 話をしている。 健一は、 部屋を片付けていたら出てきた と言って、 紘子にカチンコのキーホルダーを見せる。 紘子は懐かしいと言いながら、 なぜ片付けをしていたのかを聞く。 すると、 健一は仙台に帰るという。 そして一緒に帰らないかと 紘子を誘う。 すぐに答えを出す必要はないと 紘子にいう。 後日、紘子は美術館にいた。 榊晃次の絵を見ている。 その様子を晃次の妹の栞が見つけ、 2人でお茶をする。 そこで、 紘子は 仙台に戻って健一と結婚することを 栞に伝える。 栞は、 それを晃次に伝える。 晃次は自分は振られたのだから、 もういいんだと言う。 ・・・・・・・・ 紘子は健一の部屋で片付けをしている。 次の日が仙台に引越しなのに、 部屋はあまり片付いていない。 ガムテープが無くなったので、 紘子が買ってくると言い、 健一に自転車の鍵を借りる。 その鍵には、 カチンコのキーホルダーがついていた。 コンビニで買い物をする紘子。 ファックスを見ると、 しばらく考え、 何かを送ろうとする。 それを店の外から栞が見ている。 紘子は送るのをやめ、 紙を丸めてゴミ箱に捨て、 店を出て自転車で帰った。 栞は店に入り、 ゴミ箱から紘子が捨てた 紙を拾った。 そこに書かれていたのは、 絵だけだった。 ・・・・・・・・ 晃次が家で物思いにふけっていると、 ファックスが流れてくる。 紙を取ると何も書いていない。 しかし残った紙を見ると、 そこには見慣れた絵が描かれていた。 晃次は家を飛び出し、 紘子の部屋へ走っていく。 すでに引越しが終わった ガランとした部屋だった。 一方の紘子は公園の野外舞台にいた。 晃次もまた公園へ走っていくが、 すでに紘子はいない。 晃次は諦めて駅に行くと、 反対側のホームに紘子を見つける。 晃次はなんとか自分がいることを 紘子に知らせようとするが、 反対側のホームに電車が入ってきてしまう。 そこで、 大きな声を出して 「ひろこ」と叫ぶ。 紘子はそれに気づき、 一旦乗った電車から降りる。 2人はホームで話し合う。 紘子が最後に海を見たいと言い、 2人で伊豆のアトリエに行く。 そこで晃次は、 自分の声が聞こえないので、 紘子に「愛している」と言って欲しいと 言われた時にも、 恥ずかしくて言えなかったと告白する。 紘子は泣きながら「ごめんね」と謝る。 ・・・・・・ 晃次が暖炉に火を入れている。 ソファでは紘子が寝ているが、 起きてくる。 紘子は、 晃次と別れた後、 全然寝られなかったと言う。 2人は愛し合おうとするが、 紘子のポケットから カチンコのキーホルダーのついた 自転車の鍵が出てくる。 紘子は号泣する。 次の朝、 海岸を歩く2人。 紘子は「私はずるい」と言う。 晃次は「そんな君だから好きになった」と言う。 健一の元へ帰らなければいけない 紘子に、 晃次は最後に 「紘子の声が聞きたい」 と言う。 振動で声を聞くと言って、 2人は抱き合う。 なんと言ったら良いのか と聞く紘子に晃次は、 「愛している」と言ってくれ と頼む。 抱き合い紘子は、 「愛している」と何度もなんども言う。 そして2人はバス停で別れる。 健一の部屋はガランとしており、 健一に紘子は謝るが、 健一は紘子が誰といたのかわかっていた。 健一は紘子に無理しないように言い、 実は晃次からの手紙を隠していたことを 告白し、 その手紙を紘子に渡す。 紘子は、 健一に頼りきっていた自分を反省し、 自分で行きていくことを告げる。 スポンサーリンク 愛してると言ってくれの結末はどうなる? 健一と別れた後、 紘子は、 テアトルエコーのオーディションを受けたり、 バイトしたりして 自活している。 そして3年後、 テレビ局でドラマの収録のため、 紘子はタクシーに乗っていたが、 渋滞だったので、 目的地に着く前にタクシーから降りる。 おりて走っていると、 ポケベルがなり、 その日の収録がなくなる。 タクシーからおりた場所は、 晃次と出会った場所の近くだった。 一方晃次は、 海外で絵画の賞を受賞していた。 その受賞会場から、 晃次は姿を消していた。 とある喫茶店で、 革靴を脱ぎ、 サンダルに履き替える男がいた。 店を出ると、 ネクタイを忘れていたことに気づく。 ・・・・・・・ 紘子は思い出の場所を探し当てていた。 リンゴの木になったリンゴを 取ろうとジャンプしてみるが 届かず転んでしまう。 すると、 リンゴをもいでくれる人がいた。 紘子は晃次を見つめる。 晃次は紘子を見つめる。 そして2人は静かに微笑み合う。 ・・・・・・・ 人が去った晃次の受賞記念会場が 映し出される。 彼が賞をとった作品は、 紘子の絵だった。 ・・・・・・・・・ ドリカムの『LOVE LOVE LOVE』が流れる。 関連記事:• 関連する記事•

次の

『愛していると言ってくれ』最終回にネット感動の嵐 “トヨエツロス”の声も殺到 /2020年6月21日 1ページ目

愛してると言ってくれ ドラマ

ドラマ「愛してると言ってくれ」6話のあらすじ・ネタバレを紹介します! 握力の問題だ。 『おはよう。 今日も朝からおにぎり持ってスケッチに行くの?ご飯粒、あごのところについてるよ?』 鏡を確認しながら、こいつめ!とFAX容姿を叩き、にやける晃次であった。 一方、紘子は猫に餌をあげながらFAXを待ってる様子。 流れてくるFAXを見ながら、どうしてこんなに遅いの~ カップラーメン待ってる時みたいとウキウキな様子。 『お早うございます。 朝からエクスクラメーションつきで元気な様子。 楽しい一日を。 』 すぐに返信する紘子。 『エクスクラメーションマークってなぁに?』 『エクスクラメーションマークは「!」のこと! ところで6時に代々木公園の時計台の下に行くとサンバを踊る熊がでるという噂。 行ってみませんか。 』 『サンバを踊る熊は1匹でしょうか?2匹でしょうか?』 そんなやりとりを10枚ほどして紘子は稽古に行ってくると言い出かける。 しかし、配達のバイトをしている紘子に出くわす晃次。 紘子がお金に困っているのかと心配する。 次の日、映画デートする2人。 映画館内で手話だと、普通に話せるんだねと感動する紘子。 初めて一緒に映画を見たと喜ぶ紘子に、これから2人の初めてを増やしていこうと言う晃次。 晃次「ぼくのために手話を覚えてくれてありがとう、自分は君の言葉を話せないのに、、、」 「これからはずっと一緒だ」 紘子はある日、晃次の部屋を掃除していると島田光(麻生祐未)からの手紙を見つける。 卒業アルバムや、晃次の写真BOXの中を探すと光の写真を見つける。 バイトのために稽古をずっと休んでいた紘子。 紘子が稽古に行っていないと知った晃次は、辞めて働くのか?と問う。 晃次「納得がいくまでやったのか?僕は初めて会った時、稽古をしていた紘子を好きになったんだ」 紘子「こっちだって事情がある、あなただって納得のいく仕事してるの?こないだの絵だってお金のためにやったんでしょ」 「あなたのために、あなたの絵を描いてほしい」 晃次は反論するが、手話が通じず何を言ってるか分からない紘子。 光さんだったら分かるんだ、と手紙の宛名を見たことを言う。 紘子「あなたといたってつまらない、手話は疲れるし、好きなCDを一緒に聴けない!」 晃次「悪かったね」 紘子「さようなら…」 紘子は家に帰ると、なんであんな酷いこと言っちゃったんだろうと後悔する。 紘子は健一に「ケンカして酷いこと言っちゃった」とカフェで相談をしている。 「相手が単なる暑中見舞いだと言ってるならそうだと信じれば」と健一(岡田浩暉)。 「言葉のせいじゃなく、 好きだからこそ不安になっちゃうんだ、好きなんだから信じろ!」と紘子に助言する。 そこに栞(矢田亜希子)がやって来て、光について教えてくれる。 晃次と光は婚約してたが、向こうの親に反対されてダメになり、 その後光はお見合いして結婚したという。 晃次は紘子からのFAXを見返し、「あなたの絵を描いてほしい」という紘子の言葉を思い出す。 晃次はマネージャーの薫(余貴美子)に「売り絵は最後、これからは自分の絵を描く」と宣言。 晃次は自分の絵に専念する。 紘子は様子を見に晃次の家へ行くと、晃次は絵に没頭していた。 「僕はあの時の君を見て好きになった」という言葉を思い出す紘子。 晃次がふと気づくと、 ドアにメッセージとリンゴの入った袋がさげられていた。 この間はごめんなさい 合わせる顔がないので帰ります 公園のステージでセリフを練習する紘子に、女性が話しかけてくる。 「あなた、良い目してた、キラキラしてた、良い女優さんになるわよ」と言い去っていく。 晃次が公園へやってきて、紘子に光からの手紙を渡す。 手紙は、「暑中見舞いと、神戸から東京に出てきた、息子が育っている、昔の仲間の活躍に置きざりにされているような気もする、そのうち皆んなに会いたい、雑誌で絵を見た、良い絵書いてるね、応援してます」という内容であった。 晃次「もう昔のこと、今は紘子だけだ、誰にも代われない、君だけ」 紘子「あなたを信じる」晃次の馴染みの喫茶店にて、マスターに「よく考えたら、過去に何もない訳ないですよね」と紘子。 マスターは「晃次は学生時代から仲間と来ててもどこか1人な感じ、耳のせいで母親が出て行ったのが引っかかってるのかな」と言う。 帰り道、紘子はオルゴールから流れる「大きな古時計」を歌っている。 すると晃次も手話で歌いだした。 7歳より前に聴いてたから分かるという。 公園の自販機でタバコを買う晃司。 それを見つめる女性がいた…。 以上、ドラマ「愛してると言ってくれ」6話のあらすじ・ネタバレの紹介でした! ドラマ「愛してると言ってくれ」5話 妹の邪魔がうざい・・。 カテゴリー•

次の

愛していると言ってくれの結末はどうなる?最終話あらすじ│また見たいドラマ

愛してると言ってくれ ドラマ

出演者 キャスト 榊 晃次(さかき こうじ)豊川悦司 将来有望な青年画家。 7歳の時に病気で聴覚を失う。 会話は手話や筆談でコミュニケーションを取る。 水野 紘子(みずの ひろこ)常盤貴子 女優の卵。 仙台から上京して劇団で演技の勉強をしている。 ある日、晃次と出会い、恋に落ちる。 矢部 健一(やべ けんいち)岡田浩暉(当時To Be Continued) 紘子と同郷の劇団の照明スタッフ。 ずっと紘子に想いを寄せている。 榊 栞(さかき しおり)矢田亜希子 高校生の晃次の義理の妹。 晃次を慕っていつも兄を心配している。 吉田 マキ(よしだ まき)鈴木蘭々 紘子のアルバイト先(公園の売店)で一緒に働く友人 野田 耕平(塩見三省) 紘子の劇団の劇作家であり演出家 神崎 薫(余貴美子) 晃次の画廊のマネージャー 『愛していると言ってくれ』1話「出逢い」 女優の卵・水野紘子 常盤貴子 は、ある事をきっかけに榊晃次 豊川悦司 と出会い、偶然が重なり2人の出会いは運命に変わっていく。 com) ikemeneiga スーツにネクタイを締めた晃次がタバコを吸いながら、「社団法人 創造美術協会 第45回総会 理事資料」と書かれた冊子をゴミ箱に投げ捨て、立ち去った。 時を同じくして、同郷でお互いに上京して役者を目指す水野 紘子(常盤貴子)と舞台監督を目指す矢部 健一(岡田浩暉)が2人で神宮前の地下鉄から原宿の表参道に降りて来た。 紘子が以前、この街のどこかで見つけたリンゴが成っている木をもう一度見に来たのだ。 健一は「こんな街のど真ん中にそんなもんあるわけないでしょ? 」と言って、行ってしまった。 どうしても、リンゴの木をもう一度見たい紘子は、1人であちこち探し回り、やっと見つけたのだ。 リンゴの木には、赤いリンゴが2~3個成っている木を見つけ大喜びの紘子は、ジャンプして獲ろうとするが、中々取れない。 そんな紘子のことを見ていた男がいた。 晃次だ。 リンゴの木がある喫茶店の2階の窓からリンゴを獲ろうとしている紘子をじっと見て、おもむろに革靴をビーチサンダルに履き替え、ネクタイを外す。 一方、諦めず何度も挑戦する紘子は、着地のバランスを崩して、尻もちをついてしまう。 すると、晃次が現れ、いとも簡単にリンゴをもぎ取って、紘子に投げて渡してくれた。 驚きと恥ずかしさで気まずそうに晃次にお辞儀をする紘子。 そんな紘子に晃次もまた、お辞儀を返した。 スポンサーリンク 劇団 翼 劇団の稽古場で柔軟体操をしている紘子にスタッフの仕事をする健一。 一足先に東京に出て来た健一に劇団を紹介されて、紘子は後から東京に出て来たのだ。 夜の井の頭公園・野外ステージ【2度目の出逢い】 紘子は1人、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」のセリフの稽古をしていた。 途中、セリフが出て来なくなり、バッグの中から台本を探そうとしたら、あのリンゴを見つけた。 リンゴを手に取って、しばらく見つめ、リンゴに向かってセリフを言うと、不思議とセリフに感情が乗りうまくいった。 「私の耳は、あなたの歌にすっかり聞き惚れてしまい、私の目はあなたの姿にすっかり見とれてしまった。 あなたの美しさを一目見て、私の心はどうしようもなく 打ち明け、誓わずにはいられない。 恋の舞台になるという夜の闇を熱い帳を張り巡らせておくれ。 」 そう言い終わると、向こうで晃次が紘子の演技を見ているではないか! 気まずさから、りんごを隠し、「なぁんだ。 いるんだったら声かけて下さればいいじゃないですか」と晃次の元に駆け寄る紘子。 一瞬に表情を曇らせて、晃次はその場を立ち去ってしまった。 馬鹿にされたと思った紘子は、リンゴを1かじりして、ゴミ箱に放り込んだ。 劇団 翼 劇作家の野田 耕平 塩見三省 の前で、昨夜、野外ステージで稽古した演技を披露する紘子。 しかし、途中でセリフが詰まってしまった。 「なんだ、セリフも入ってないのか」 「いえ」 「あんたもう3年目でしょ? いいかげん見切りつけた方がいいんじゃないか? 」 野田に厳しいダメ出しを食らう紘子だった。 昼の井の頭公園【3度目の出逢い】 — 2019年 4月月16日午後8時15分PDT 紘子は稽古が終わって、井の頭公園を歩いていると、風景が描かれたキャンバスを見つける。 その絵の美しさに吸い寄せられるように絵を見入っていると、後ろから晃次がやって来た。 3度目の出会いだった。 晃次は気まずそうにイスに座り、持ってきたおにぎりを食べ始めた。 そして、もう一つのおにぎりを紘子に差し出したが「いえ」と言って、断る紘子。 それでも、離れず晃次が描くのを紘子はじっと見入っていて、晃次に話しかける。 「あ~油絵。 油で溶かすんだ~」「きれい! きれいな色。 」とキャンバスの空の色を指さしながら、晃次に伝えると、晃次は絵の中の空を指さして声に出さずに「これ? 」と紘子に問いかける。 「うん」素直に返事をする紘子。 晃次が指さす空を見上げて、紘子は「あ~本当。 空の色だ」と感動する。 「絵描いてるんですか? 」と晃次に聞いた時、向こうから「紘子ちゃ~ん! 」と紘子を呼ぶ声が聞こえ、「は~い」と声の方に走っていく紘子。 アルバイト先の売店の店主が「何やってるの? 早く入ってよ! 」と仕事に戻るように促したのだ。 晃次に「じゃあ」と会釈して、バイト先の売店に急いで戻って行ってしまった。 スポンサーリンク 紘子のアルバイト先の売店 戻るなり、おつりを間違えて多く渡してしまった紘子は、店主に怒られていた。 後は店を紘子1人にまかせると言い、店主ともう一人のバイト仲間の吉田 マキ(鈴木蘭々)は上がることに。 紘子は器を洗いながら、今日、緊張でセリフが出て来なかった事を思い出し、近くのビール箱を蹴飛ばした。 それを見ていた晃次は画材道具を開けると、紘子に絵具の1つを投げて渡し、立ち去って行った。 それは、紘子が「きれい」だと言った空色の絵具だった。 紘子のアパート 部屋でさっきの絵具を見ながら、モヤモヤする紘子だった。 「どういう意味かな~セルリアンブルー・・・」 絵具のフタを開けて指につけて見て、初めて気づいた。 紘子が「きれい」と言ったあの空の色だ。 嬉しくなった紘子は、絵具をノートにつけて、妄想を膨らますのだった。 「明日のオーディション、頑張れってことかな? 」 劇団 翼 オーディション当日。 紘子は、晃次からもらった絵具を持って臨んだ。 すると、感情が入り、セリフもちゃんと言えた! お蔭で紘子は、役がもらえたのだ。 オーディションが終わって、紘子は健一のバイクで井の頭公園まで送ってもらうと、向こうを歩く晃次を見つけ、走り寄って行った。 遠くから晃次に話しかける紘子。 「あの~! 私、これ 絵具 のお蔭で~」と大きな声で呼びかけても止まる事なく、晃次は待っていた女性の元へ駆け寄った。 紘子のアパート 紘子は、晃次に無視されたと思い、ビールでやけ酒をしていた。 「あれ彼女かな・・・」と1人悶々とするのだった。 劇団 翼 舞台の立ち稽古が始まった。 相手役にセリフを言う紘子だが、またまた緊張して、セリフが出て来ない。 「ずっとそんな風じゃ降ろすぞこの役」と演出家に言われてしまった。 昼間の井の頭公園 野外ステージ【4度目の出逢い】 井の頭公園!!!!!!野外ステージ!!!!!!愛していると言ってくれ!!!!!! — yuko sonetales 客席には、お昼休みのサラリーマンや子供連れの母親たちがくつろいでいたが、あえて、その人たちの前でセリフの稽古をする紘子。 うるさくて、客席の人たちは席を立ってしまい、ただ一人、小学生の男の子だけが残った。 「お姉ちゃん、何やってんの? 」と子供に質問され、「お姉ちゃんね、お芝居の練習やってんの」と紘子。 すると、その子は立ち去り、少し経つと数人の友達を連れてきて、紘子の芝居を観劇し始めた。 俄然やる気が出た紘子は、芝居の続きを始めるのだった。 と、客席の後ろにしゃがみ込んで、晃次も紘子の芝居を見ていた。 晃次に気づいた紘子は、子ども達に「そうだ、あのお兄さんに相手役やってもらおう! 」と声をかけ、子供たちに晃次を連れて来てもらおうと、はやし立てた。 子供たちにステージに引っ張り出された晃次に、紘子は台本を渡しながら、「ここから! 」とセリフを指さし、相手役を強引にやらせようとする。 しかし、困った晃次は台本を紘子に返してしまった。 「こんなとこで、こんな事をしてる私を馬鹿にしてるの? 」と感情的になる紘子。 「黙ってないで何とか言ってよ! 」と問い詰めると、近くにいた子供から、こんな声が上がった。 「無理だよ。 そのお兄ちゃん、口きけないんだもん」 「えっ? 」 「耳聞こえないから喋れないの」 「でも、絵うまいんだよ。 いつも僕に描いてくれるんだ」 紘子はショックで固まり、茫然としていると、台本を紘子に返し、晃次は去って行った。 車に引かれそうになった紘子を助けた晃次 紘子は晃次を追いかけて捕まえ、手を合わせて謝った。 「ごめんなさい」 「私、知らなくて、知らなくて」と言いながら、カバンの財布の中から小さな紙とペンを出した。 「知らなくてゴメンナサイ」と書こうとしたら、風で紙が道路に飛んでいき、それを捕まえようと道路に飛び出した紘子が車に引かれそうに・・・・ 晃次はすかさず紘子を抱きしめ、歩道に倒れ込む2人。 紘子はヒザに怪我を負ってしまった。 晃次のアトリエ 『愛していると言ってくれ』の特別版がやるってーーー!!!絶対録画するーーー!!! 子どもだったから細部までは覚えてないけど、豊川悦司がカッコよくて手がきれいだったのと胸がギュッとなったのは覚えてるなぁ。 このドラマで手話に興味を持ったんだよね。 晃次に向かって、「ありがとう」と言い、「これでわかる? 」と聞くと、晃次は唇は読めると手振りで紘子に伝えた。 紘子は椅子に座ると、お尻のポケットに入れていた絵具に気づいて取り出すと、「これ、お守り。 私、これのお蔭でオーディション通ったの」と嬉しそうに晃次に教えた。 途中から口だけでは意思疎通が難しくなって、紙に書いてやり取りする事に。 お互いの名前を教え合った。 「聞こえないのってどんな感じ? 」と紘子が聞くと、 晃次はワープロを開き、「海の底にいるような感じ」と答えた。 「君は女優の卵? 」と今度は晃次が紘子に質問すると、「そう」と打ち込む紘子。 「あなたは画家の卵? 」と聞くと、「まあ・・・・そうだね」と答える晃次。 「大丈夫! あなただったらきっと大作家になる! 」と喜ぶ紘子。 「ありがとう」と打ち込む晃次。 と、突然、外に雨が降り出した。 「もう帰った方がいい。 送るよ」と晃次。 「大丈夫、1人で。 ご馳走様でした」とお辞儀をすると玄関で靴を履く紘子。 すると、玄関の電球が突然切れて、晃次が手を伸ばして電球を外し、もう一度、つけると灯りがついた。 笑い合う2人。 紘子が晃次の首に触れ、「そうやって笑うと喋れそうな気がする。 声聞けそうな気がする」と笑顔でつぶやく。 そう言われて一瞬で顔が曇る晃次は、紘子の手をほどくと奥の部屋に行ってしまった。 「ごめんなさい、ごめんなさい」罪悪感を抱えて帰ろうとすると、晃次が部屋から出て来て、この間、公園で描いていた絵を紘子に持って来てプレゼントした。 その代わりに紘子は晃次に「お芝居、見に来て! 」と言い、指きりをする。 劇団では、紘子は劇団員と自転車をこぎながら発声練習。 晃次が見に来てくれると思うと練習にも自然と熱が入る。 さらに家では、手話を必死で練習していた。 晃次のアトリエ 紘子はこの間のお礼の意味を込めてお花とケーキ、そして芝居のチケットを持って、晃次のアトリエへ向かった。 「一緒にお茶しませんか? 」と言おうと思ったが、やっぱり、そこまでは図々しいと思いなおし、ケーキとお花は、外の階段に置いてピンポンを鳴らした。 しかし、晃次は出て来ない。 すると別の部屋の女性が出て来て、「その部屋の人、引っ越したよ」と教えてくれた。 絵の道具が増えてきたから、もっと広いところに引っ越したというのだ。 劇団 翼 劇団員たちがみんなで舞台を作っていた。 晃次がどこに引っ越したのかわからなくて、しょんぼりしていた紘子。 そんな紘子に健一は舞台を見に行こうと誘ってきた。 健一が持ってきた芸術雑誌をパラパラとめくると、そこには、「榊 晃次展」を紹介するページが! なんと晃次の展覧会は今日までだった。 紘子はそのページを破り取ると急いで展覧会が開催されている篠崎画廊へ向かった。 展覧会の篠崎画廊 紘子は受け付けの画廊マネージャー・神崎 薫(余貴美子)に「榊 晃次さんいらっしゃいますか? 」と尋ねた。 すると、晃次は昨日来たが今日は来ないと言う。 がっかりした紘子だったが、めげずに今度は晃次の住所を聞いた。 しかし、プライベートなことは教える事はできないと断られてしまった。 今後の個展の予定もないという。 仕方なく、晃次の絵を見ていると閉館時間が来てしまった。 紘子はパンフレットだけもらって、家に帰って行った。 晃次のアトリエ 紘子は諦めきれなくて、もう一度、晃次が元いたアパートのアトリエに向かった。 部屋の近くまで来ると、晃次の部屋に人がいる気配が! 急いで部屋のドアを開けると、そこには誰もいなかった。 「幻だったのかな・・・」 井の頭線のホーム【5度目の出逢い】 — 2018年12月月22日午前9時01分PST ホームで電車を待ちながら、紘子は晃次の個展のパンフレットで紙飛行機を折って飛ばし、ふと向こうのホームを見ると、そこには、晃次の姿が。 どうやって気づいてもらおうか・・・・ 紘子はバッグの中から、鍵を取り出すと、ホームの向こうの晃次近くに思い切り投げたのだ。 なんとなくその様子に気づいた晃次は、紘子の存在に気がついた。 紘子は憶えたての手話で「私、あなたを探してた」と伝えた。 「約束。 や・く・そ・く! 」 しかし、途中で電車が来て、晃次の姿が見えなくなってしまった。 急いで階段をかけ下り、向こうのホームに渡った紘子は、走り出してしまった電車を肩を落として見送った。 会えなかった・・・ ヒザの力が抜け、うずくまる紘子。 しかし、何気なくホームの奥の方を見ると、そこには、晃次の姿が。 紘子は手話で「もう一度、会いたかった」と晃次に打ち明けた。 『愛していると言ってくれ』第1回の感想 考察 まず、常盤貴子のなんと生き生きと若々しいこと! あらために見ると20歳の頃の美しさと瑞々しさに感動する。 それに加えて、トヨエツ!! なんてハンサム! もう芸術家そのもの!! 当時、30歳を少し過ぎた頃だと思うが、一点を見つめる瞳のキレイさにどんなにあがいても引き込まれてしまう程だ。 この時代の美しい若者代表の2人が演じたド直球の恋愛ドラマ。 夢中にならないはずがない。 携帯電話が無い時代のすれ違いだらけの恋愛だけど、だからこそ、この偶然な出会いの重なりの奇跡に、私たちはもう一度、酔いしれる事ができるのだ。 なんと美しく純粋で尊いのだろう。 若い2人の惹き合う力が偶然を5度も呼んでしまうのだから、このドラマにきっとみんなパワーをもらえるはずだと心から思うのだ。

次の