カイカイ ノーベル賞。 韓国の反応・ウルトラソウル : 【韓国反応】日本人がまたノーベル賞を受賞しました

ノーベル賞からみた韓国の異常性

カイカイ ノーベル賞

スマートフォンなどに広く使われるリチウムイオン電池を開発したことで旭化成の吉野彰名誉フェローがノーベル化学賞を受賞した。 ノーベル賞全体で日本人としては27人目だ。 内訳は化学が8人、物理学が11人、生理・医学が5人、文学が2人、平和賞が1人。 2014年以後は毎年受賞者を出しているから凄い。 知的レベルの結晶こそが技術力である。 考えてみると、乾電池を発明したのは日本人だった。 明治時代の屋井先蔵という人が寒冷地でも使用可能な電子として発明したのが乾電池の原型である。 ノーベル賞とは関係ないが、CDも、光ファイバー、カーナビも日本から生まれ、世界に広がった発明品である。 ちなみにインスタントラーメンも、レトルト食品も、カラオケも日本発である。 カラオケの発明者は米国の「タイム」誌で「20世紀で最も影響力のあったアジアの20人」にも選ばれていた。 サムソンの携帯電話を分解すると、多くの日本製部品が使われていることがわかる。 例えば、偏光板用保護フィルムから高精細パネル向けガラス、ジャイロセンサー、電子コンパスなど日本製部品が使われている。 発明、開発には地道の研究が必須だ。 簡単な話、強靭な忍耐力を必要とする。 ということは、総じて日本人は我慢強いということなのかもしれない。 確か、今から約40年前、日本で「おしん」というテレビドラマが一世を風靡したことがあった。 貧しさから奉公に出された少女がいじめ、姑との確執、戦争など度重なる不運に見舞われながら成長していく物語で、最高視聴率62.9%、平均視聴率52.6%をたたき出した桁外れの「お化け番組」だった。 視聴者は幾多の苦難にもめげず、問題を乗り越えていくおしんの我慢強さ、前向きな姿勢に胸を打たれのだろう。 海外でも放映され、中国をはじめ、台湾、ベトナムなどアジア各国、さらにはエジプト、イラン、ジャマイカでも大人気を博した、おそらく世界で最も知られた日本のテレビドラマだったような気がする。 「おしん」だけではない。 昔は毎年暮れになると、定番の「忠臣蔵」が放映されていた。 殿の仇を取るため世間から何を言われても、耐えに耐え、最後は本懐を遂げる大石内蔵助ら赤穂家臣らの生きざまに相通じるところがあったのだろう。 当時、韓国は日本の文化の輸入を禁じていたので、「おしん」も「中心蔵」も放映されることはなかったが、仮に放映されていたならば、どのような反応を示しただろうか?何事も性急で、早く結果を出さなければ気が済まない国民性からして受け入れられただろうか? 日本ではテレビのグルメ番組で「行列のできる店」がしばしば放映されるが、日本人は美味しい店、評判の店と聞くと、長蛇の列をなしてでも順番を待つ。 韓国人はいくら美味しくても、並んでまで食べたいと思う人がどれだけいるだろうか?お目当ての店に行列ができていれば、おそらく躊躇うことなく、別の店に行くのではないだろうか。 寿司職人にかかわらず、日本では10年から15年やってようやく一人前という職が数多い。 かつてソウルで日本料理屋を開いていた知人が約15年滞在中に「60人以上の韓国人を採用した」と言っていたのを思い出した。 一人前の板前に育てようとしたが、一人として長続きせず、聞けば60人のうち1年間堪えたのは2~3しかいなかったそうだ。 「初めは仕入れで日本に行く時、勉強になると思って日本に連れて行ったりしたが、日本に研修に行って、少し経って辞めるケースが多い。 少し修行すると、一人前のつもりになって店を出したりするわけです」 韓国は今年も受賞者が出なかった。 これまでに韓国が取ったのは2000年に金大中大統領が受賞した「平和賞」1個だけだ。 ノーベル賞受賞者の選定を控え、韓国研究財団は今年、独自に十数人の候補の名を挙げていたことで韓国民の中には「今年こそ」との期待もあったようだが、全滅だった。 いつになったら、「当選者」が出るのだろうか? 北朝鮮は二度目の小泉訪朝の際なぜ「ゼロ回答」だったのか! スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議(2014年5月29日)で北朝鮮は拉致被害者の再調査に応じることに同意した。 これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった。 なぜ、「ゼロ回答」に終わったのか、その理由について北朝鮮の情報機関に精通している元人民軍偵察局大尉(金国石)に当時、直接聞いてみた。 一世紀前に起きた日本の植民地問題もある。 北朝鮮はその面で不満を持っている。 北朝鮮は日本側の要求を10分の1解決すれば、ボールを日本側に投げてくるはずだ。 必ず、過去の補償、賠償問題も持ち出すはずだ。 だから、日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある。 それには対話が必要だ。 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ。 北朝鮮軍部は2002年9月17日の首脳会談以降の日本国内での反北朝鮮世論の高まりや日本国民の北朝鮮を見る視覚が大変、極限的な状況になってしまったことを問題視している。 拉致を認めたため対外的に窮地に陥ってしまった。 特に朝鮮総連はダメージを受けた。 金委員長個人に対する批判は絶対にありえない話だ。 但し、金委員長が日本の首相に対面して、拉致問題や工作を認め、遺憾を表明したことに羞恥心を感じている。 軍人ならば当然だと思う。 また、金委員長が日本の首相の前で謝罪しなければならなかったこともそうだ。 別なやり方があったと非難している。 例えば、金委員長が謝らず、下級官吏らに対応させればよかったと。 結局、金委員長に恥をかかせたと怒っている。 自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ。 軍部忠誠者らにとってはそれを目にすること自体が辛いわけだ。 「必ずしも日本側が提示した10人の安否不明者に限った、死亡したとされた人達に限ってのみ調査するとは思われない。 というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る。 「特殊工作機関に勤めていた経験からして、例えば金正日政治軍事大学は全的に対外工作員を育成する学校である。 学校で数年間日本語を教えていれば、多数の人に顔を知られ、学校のすべての流れや状況も把握できる。 日本から膨大な経済支援や金銭の見返りを手に入れることがあったとしても彼らを出すことは、それにひけを取らない損失であると彼らなりに判断しているはずだ。 日本人を利用している機関は、対外情報などを統括する、安保にかかわる重要な機関だ。 そこで働いている人達を容易には認められないと思う。 今も生存しているとすれば、彼らを生かして返す可能性は薄いとみたほうがよい。 現状では不可能かもしれない。 前回は人民武力相(国防相)が出た。 前回の首脳会談では金委員長は拉致を認めた。 拉致を認めれば、おそらく日本が感謝し、朝日関係が前進すると思ったからだ。 南北首脳会談のように前進があると思ったはずだ。 しかし、全く逆の結果になってしまった。 軍部の人は、このことは判断ミスとみなし、金委員長に拉致を認めるべきと進言した会談主導者らを問責している。 北朝鮮が一旦死亡したと発表した10人が生存していると発表すれば、収拾できなくなると思っている。 仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない。 そうなれば、収拾が付かなくなる。 軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない、死んだままにしたほうがよい』と進言し、金委員長もそれを受け入れようとしている。 そうなれば、いくら金委員長でも、『生存していた』と発表するのは不可能だと思う。 但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。 「軍部や労働党連絡所、対外工作員育成所で働いていた日本人はなるべくなら『廃棄処分』にしてしまうのではないだろうか。 日本に戻しても大丈夫との判断がつくまでの間は絶対に明らかにしないと思う。 労働党、国家安全保衛部、軍部、これは金正日政権を支える守護勢力、基本集団だ。 最高指導者とはいえ、彼らの立場は無視できない。 北朝鮮なりの国益のかかった問題なので、解決には多くの時間を要することになると思う。 今後認めるにしても、彼らが高齢となるか、記憶が乏しくなるか、もう使い道がなくなった時点ではないか。 あるいは、次の体制下(金正恩体制)で明らかにすることはあるかもしれない」.

次の

韓国の反応・ウルトラソウル : 【韓国反応】日本人がまたノーベル賞を受賞しました

カイカイ ノーベル賞

リチウムイオン電池(電池)を開発し、商品化に寄与して別名「充電する世界」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年のノーベル化学賞を受賞し、ノーベル科学賞歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人ノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すると、日本人の受賞者は、今回が24回目だ。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は9日(現地時間)、2019年のノーベル化学賞受賞者で、アメリカ人のジョン・グッドイナフ(97)テキサス州オースティン大学教授、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(77)、ニューヨーク州立大学教授、日本人吉野彰(71)、日本名城大教授兼旭化成フェローを選定した。 今度の受賞者のうちジョン・グッドイナフ教授の年齢は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。 今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 受賞当時、アシュキン博士は96歳だった。 また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。 日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。 吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人となった。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出している。 ノーベル科学賞では24人目の受賞者が誕生しだ。 京都大学大学院卒業後、1972年に世界1位のリチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。 大阪大学で博士号を取得したことも、かなり後の2005年だ。 企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職もしている。 ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。 今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ 約1億円相当 の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。 技術のギャラは出ているが、むしろ私たちが利点であるわけだ。 韓国は基礎科学を研究しようとする人が多くない。 本当に興味がなければ。 お金がなければ。 本当に痛ましい民族である。 この方のおかげで、バッテリーの心配がなく携帯用家電が使用できて感謝しています。 そもそも科学史は百年以上の差がであり、基礎科学は産業のように短期間で模倣できる分野ではないのに。 日本の高等科学教育は、20世紀初頭にはすでに開始したが、韓国はせいぜい70年代からだ。 naver. nhn? 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の

韓国の反応「これが日本の本当の力だ、日本人吉野彰氏がノーベル化学賞受賞」

カイカイ ノーベル賞

日本は今年もノーベル生理医学賞受賞者が出た。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は1日、ノーベル生理医学賞受賞者に日本の京都の本庶佑名誉教授を選定した。 これにより、日本は計23人のノーベル科学賞受賞者を輩出した国になった。 今まで1人もノーベル科学賞受賞者を輩出したのない韓国科学界は、日本をうらやましい視線で眺めるしかないのが実情である。 基礎研究に投資すれば今すぐノーベル賞が与えられるわけでもないので、今後数十年を見通した投資をするべきであるが、現実はそうではないからだ。 韓国が基礎科学分野への投資を開始した時期は、1970年代からだ。 当時基礎研究の土台が全くなく、ほとんどの研究では、先進国を追う追撃型で行われた。 基礎研究は無視された。 そうして1990年代の科学技術水準が軌道にのり、基礎研究の必要性を削減しながら、(応用化学への)投資が本格的に行われた。 19世紀から基礎研究に投資した日本と欧州より出発が大幅に遅れたのだ。 パク・サンウクソウル大学地球環境科学部教授(国家科学技術諮問会議の専門委員)は5日、「何よりも基礎研究を支援する政府の政策が一貫して持続することが重要である」とし「今すぐにノーベル科学賞を受賞できない事に落胆したり批判するのは、国内の科学界に悪影響を与える可能性がある」と指摘した。 韓国でノーベル科学賞を期待するには、少なくとも10年以上見積もらなくてはならないという分析だ。 ムン・ジェイン政権になってから、国政課題の一つとして基礎研究費を拡大した。 昨年1兆2600億ウォンだった研究者主導の自由公募基礎研究予算は2022年2兆5000億ウォンで2倍に増やす計画だ。 遠い将来にノーベル科学賞受賞を期待することができる。 イドクファン西江化学教授は、「ノーベル賞受賞のためには基礎研究の長い伝統が必要だが、まだ、韓国はその段階ではないことを認めなければならない」とし「他の国が基礎研究に専念するとき、私たちは現実的に経済成長していたという点に誇りを持たなければならない」と述べた。 基礎研究者が研究に専念できるように支援することが何よりも重要であるとの指摘も続いた。 物理学者出身であるシンヨンヒョン国会議員は報道資料を通じて「韓国人のノーベル科学賞受賞者を輩出するために挑戦的で創造的な研究を長期的に行うことができるよう制度を作るなど、科学技術のR&D運営方式の改善が必要だ」と指摘した。 韓国人 朝鮮が儒教五倫や教えている18世紀から、日本はすでに基礎科学の投資してたんだから、当然だろ。 いとこが土地を買って腹が痛い事こそ腹が痛い。 日本も西洋によって強制解放され、朝鮮戦争で金儲けし、帝国主義を起こしマルタで医療技術発展させ…これが歴史であるww 👍18 👎46 4. 韓国人 未開な倭人達に文明を与えたのが朝鮮通信使だ。 ノーベル賞は西洋学問に与える賞だが、東洋の調査をしたら昔から韓国の方が数段上であった。 👍5 👎49 5. 韓国人 韓国が本当に情けない…アメリカのペリーが来航してから、日本は西洋の発展した文物に憧れ、坂本龍馬や福沢諭吉等の開国派が積極的に活動したことで世界の大国と並べられる強国に成長した。 一方韓国は西洋列強が開国する様に迫っても排斥するのに忙しく、知識人たちは留学派や開化派を粛清するのに忙しかった。 私は韓国の歴史も恥ずかしい 👍42 👎2 6. 韓国人 宗主国様がはるかに優れているのは当然のことだから恥じる必要がない。 👍4 👎3 7. 韓国人 うん、日本は明治維新前に蘭学研究して解剖図と電気伝導の実験をした国だ。 朝鮮と比較するのはちょっと。 👍10 👎0 8. 韓国人 残念ながら、米国、欧州、日本が先進国であり、残りはまだ後進国である… 👍0 👎0 9. 韓国人 記者よ、もっとまともな記事を書け。 日本がノーベル賞を貰ったからといって、なぜ私たちの科学界が落胆しなければならないのか。 候補に上がって受賞できなかったと気を落とすならわかるが、 誰かが賞をもらったことで落胆するというのは、それこそいとこが土地を買って腹が痛いというものだ。 いくら歴史問題で日本がうまく行くところが見たくないといっても、こういう形で反日感情をそそのかしても意味がない。 科学記事はもっとまともな検証をしろ。 👍1011 👎27 10. 韓国人 国民の夢が公務員・有名人・医者であり、お金があれば不動産投資だけして研究技術者を胆汁労働者やサラリーマンとして扱う国なのに、日本と比較すること自体がおかしい。 韓国は日本にとってまだまだ相手にもならないことこそがファクトだ。 ファビョンを起こす必要はない、これが現実。 当然の結果だ。 👍794👎22 11. 韓国人 ファクト:そもそもノーベル賞候補がいない 👍4👎1 12. 韓国人 子供の頃から、韓民族は世界で最も優れていると洗脳教育を受けている。 実際は政治・社会・文化全ての面で、発展途上国レベルにしかならないというファクト。 そのギャップから来る乖離感に耐えられないのでしょう。 ふふふ 👍571👎72 13. 韓国人 日本と比較にもならないのになぜ悔しがるのか?日本は全く韓国に関心がない。 👍311👎66 15. 韓国人 日本は23人以上www 化学、物理、生物分野のアジア諸国受賞者 — 中国2人、台湾3人、パキスタン2人、インド5人、イスラエルの4人、アゼルバイジャン1人…アゼルバイジャン以下の韓国。 ふふふ 👍125👎0 16. 韓国人 少なくとも10年間は韓国がノーベル賞を取ることはあり得ない。 90年代までは相当数の子供の夢が科学者だったが…(笑)子供の夢が全て公務員である国がいまさら何を。 👍110👎1 17. 韓国人 私は日本で大学院に通った。 日本の国立大学のシステムは、教授が講義業務に足を取られることなく研究に集中することができる。 ソウル大が各地にあると考えていい。 👍49👎0 18. 韓国人 韓国がなぜ悔しがる必要があるのか?金大中の平和賞を知らないのか?法よりもろうそく、それがこの国の法律だ。 👍50👎7.

次の