生理 痛 緩和。 生理痛を緩和させる薬以外の方法・効く足ツボの図解

生理痛の症状を緩和する方法|おしえて生理痛

生理 痛 緩和

生理痛にチョコは悪化する原因になる? そもそも生理痛が起こる主な原因としては、以下の理由が大きいと言われています。 身体の冷え、冷え性• 血行不良、血のめぐりが悪い• 子宮の収縮、血管の収縮が激しい つまり身体を冷やしてしまう生活をすることで血行不良になり、血管と子宮の収縮が激しくなることで生理痛が起きてしまう、と考えられています。 そして チョコレートにはこの3つの原因すべてを満たしてしまう理由があるため、チョコを食べると生理が悪化すると言われているのです。 チョコレートの原材料が悪化の原因 チョコレートの裏の原材料表示を見ていただくと、ほとんどのメーカーに共通して同じ成分が含まれています。 細かい違いはありますが、主な原材料は以下の通りです。 カカオマス• 植物油脂• カカオバター(ココアバター) 原材料の表示というのは含まれる量が多い順に記載されているため、チョコレートで最も多く含まれるのは 砂糖と いうことになります。 砂糖は特別な記載(甜菜糖、黒砂糖など)がされていなければ、たいていは白砂糖になるのですが、白砂糖を摂ると 身体が冷えてしまうと言われています。 白砂糖は身体を冷やす 白砂糖は食べると体の中にすぐに吸収されるのですが、その際ブドウ糖が一気に放出されることで血糖値が急激に上昇してしまいます。 上がりすぎた血糖値を元に戻すためにインスリン(ホルモンのひとつ)が大量に分泌されるのですが、インスリンが多いと脂肪燃焼がうまくできなくなります。 なので今度は急激に血糖値を下げようとしますが、血糖値が急激に低下するとき体温も一緒に下がってしまうため、白砂糖を摂るのは身体を冷やしてしまうと言われるのです。 また白砂糖の摂り過ぎは糖質を分解するためにビタミンB類をたくさん消費することになるので、不足してしまうと 血液が ドロドロになります。 その結果血流不良を起こし、体の血のめぐりを悪くさせてしまうと言われています。 カカオに含まれるチラミンは血管や子宮を収縮させる カカオ豆には「チラミン」という成分が含まれているのですが、チラミンには血管や子宮を収縮させる作用があるため、痛みを増強させてしまうことがあります。 またチラミンには血管収縮作用によって血圧を上昇させ、片頭痛を引きおこすとも言われているため、生理のときに頭痛が起きる原因となる場合もあります。 植物油脂はトランス脂肪酸 植物油脂というと一見聞こえはいいですが、いわゆる自然由来の油ではなく、工業的に化学溶剤を用いて抽出され、高温による脱臭・脱色プロセスが行われた精製油である場合が非常に多いのです。 植物油脂として扱われる油は「キャノーラ油・パーム油・大豆油」が上位を占めており、食物水素添加や高熱処理により トランス脂肪酸が多く含まれているんです。 トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングにも多く含まれているのですが、実はこのトランス脂肪酸は 排卵障害を引き起こし、生理痛が重くなる原因にもなるんです。 食用に加工されている油であれば「植物油脂」とざっくり表示してしまえるので、ただの油と思って安心することはできません。 つまり、 砂糖・カカオ・植物油脂=生理痛を引き起こす 可能性が高い原材料であるため、これらすべてが含まれているチョコレートを食べると生理痛が悪化すると言われるのです。 生理痛の緩和にココアがいいと言われる理由 こうなるとなおさら「なんでココアならいいの?」という話になってきますよね。 生理痛に冷えは大敵、白砂糖はもっての外!と言われていますが、確かにココアなら原材料や作り方によっては緩和させることもできるのでは?と思う点もありました。 一般的に温めて飲むココアには保温効果や血流をよくする効果が期待できるため、生理痛の緩和に効果があると言われています。 常温かそれ以下の温度で食べるチョコレートよりも、あたためて飲むココアの方が血行を良くすると考えられるからではないかと思います。 ココアを作るときに必要な材料と言えば• 純ココア• 牛乳 の3つになりますが、チョコレートとは違い植物油脂が入ることはまず考えられないので、添加物(光沢剤や香料なども含む)による冷えや血行不良を心配する必要はありません。 次に砂糖に関してですが、砂糖があらかじめ入ってしまっているココアではなく「ピュアココア」から作る場合であれば、白砂糖のリスクを減らすことが可能です。 急激に血統の上昇や低下を引き起こすものではなく、メープルシロップや羅漢果など比較的自然なものから作られた未精製に近い甘味がおすすめです。 またカカオには「血管や子宮の収縮を激しくするチラミンが含まれるから生理痛が起こることがある」と書きましたが、カカオも悪い点ばかりではないんです。 カカオに含まれる生理痛によい成分 カカオにはチラミン以外にマグネシウムが豊富に含まれているのですが、マグネシウムには過剰なカルシウムを排出する働きがあるんです。 細胞内のカルシウムが増え過ぎると子宮がより収縮してしまう原因となるため、生理痛の緩和にはマグネシウムが豊富に含まれる食べ物がおすすめされることが多いのです。 中でも牛乳で飲むときはカルシウムとマグネシウムのバランスが最も良いとされています。 他にも体内の余分な塩分を排出して、むくみ予防につながるカリウムやリラックス効果が注目されるテオブロミンも含まれています。 また生理のときは体内の血が足りなくなるから鉄分や亜鉛を摂るよう言われますが、カカオには両方のミネラルが豊富に含まれているため、生理を和らげる飲み物としてよくおすすめされているのですね。 スポンサーリンク 生理痛の本当の原因は? ここまで読んだ方はうっすらと気づかれていると思うのですが、チョコレートやココアの主成分である「カカオ」に関して言えば、チラミンを除けば生理痛に効きそうな成分の方が多く含まれていることがわかると思います。 またココア以外にも「ダークチョコレート」ならよいと言われることもあるため、植物油脂や砂糖などの余分な添加物が含まれていない場合であればそこまで問題ではないということですよね。 調べていてたどり着いた結論としては、チョコレートに含まれる 砂糖がよくないと言われる原因なのではないかと思いました。 白砂糖だけに注意すればいいわけではない 白砂糖は体内に入ってすぐに吸収され血糖値を急激に上げてしまう、だから生理痛を引き起こすし身体によくないと書きましたが、それなら甜菜糖やきび砂糖ならOKという わけではないんです。 白くなければ未精製と誤解している方も多いのですが、砂糖になっているもので色が茶色いのは「酸化して色がついている」「わざわざ着色している」という理由で茶色いだけなんです。 なので色の濃い砂糖であれば生理痛を悪化させることはないのか?と言えば、一概にそうだとは言い切れないということです。 比較的ましな甘味料はある とはいっても、ココアを飲むときに甘みもない状態で飲むなんて苦行でしかありませんよね。 私だったらそんなもの飲める気がしません…。 なので「まだましな方」と思える甘味料をいくつかご紹介しておきます。 黒糖もクセがないわけではないのですが、クセが強いというより「コクがある」という表現の方が近いですし、そこまでココアの風味を邪魔する感じではありませんでした。 ステビアやラカントに関しては、製造工程でよぶんな添加物を入れられていないものであればまだましな甘味料だと言えると思います。 とくに羅漢果からできるラカントという甘味料はカロリーもゼロという異例の糖分ですので、高価ではありますが砂糖のなかでも安全な方だと思います。 生理痛とチョコとココアまとめ いかがだったでしょうか。 私もずっと疑問に思っていた 「生理痛にチョコレートはダメだけど、ココアはおすすめだよ!」 というあまりにも謎な理由についてご紹介させていただきました。 どうしても甘いものを食べたい!というときは、ドライフルーツやローハニーを少量摂取したり、ごはんをよく噛んでがまんしています。 ただどうしても我慢できないときはチョコも食べることはありますし、あまり神経質にならないのが一番よいかもしれませんね。

次の

ひどい生理痛を和らげる9つの方法

生理 痛 緩和

この記事でわかること• 生理痛の症状の種類と原因 生理痛といっても症状はさまざま。 腹痛がある人もいれば頭痛がある人もいますし、貧血がひどいという人もいます。 それぞれの症状はなにが原因なのでしょうか? 生理痛の種類ごとに痛みが引き起こる原因を解説します。 月経が始まると経血を外に排出するために プロスタグランジンという物質が分泌されます。 この物質は 子宮収縮を促す働きがあり、経血を排出するのに必要なのですが、プロスタグランジンが多く分泌されすぎていると収縮が強くなり、腹痛という症状が起こるのです。 また、プロスタグランジンには血管を収縮させる作用があるので、 体が冷えて倦怠感や腰痛を覚えることもあります。 生理周期によりプロゲステロン 黄体ホルモン とエストロゲン 卵胞ホルモン の量が増減し、排卵前にはエストロゲンがピークに。 排卵後は急激に減り、排卵が起こる再び増え始め生理前になるとまた減ります。 エストロゲンの分泌量の変化とともに脳内物質も減少することで脳内の血管が広がり、血流が増えることで頭痛が起こるといわれているのです。 生理のときに出血量が多い人は貧血やめまいを起こしやすいです。 多い日は1時間~2時間程度で多い日用の生理用品を交換しなければならないほど出血量がある場合、貧血になる可能性があるので注意しましょう。 【生理中の症状】怒りっぽくなる エストロゲンとプロゲステロン分泌量の変動が大きい生理前から生理中の期間。 生理前から怒りっぽくなる人も多いですが、生理中もずっとイライラしがちになるのはエストロゲンとプロゲステロンの変化が大きいから。 2つのホルモンのバランスが崩れると 精神が不安定になり、イライラとして怒りっぽくなるのです。 生理痛の症状別の対処方法 生理痛がまったくない人もいますが、起こってしまうのは仕方がないこと。 少しでも不快な症状や痛みを和らげたり、予防して生理中を快適に過ごせるように 対処方法をご紹介します。 イライラしやすいときは ・心を穏やかに過ごす イライラしやすいのに心を穏やかに…なんて難しいかもしれませんが、香りのいいハーブティーなどのお茶類をゆっくり飲んだり、好きな音楽を聞く、瞑想 めいそう をするなど、落ち着いて過ごせる時間を作ってみてください。 ・睡眠時間を十分にとる 生理のときの症状とは別ですが、睡眠不足もイライラの原因になります。 生理のイライラに睡眠不足のイライラもプラスされると、イライラがさらに強まってしまうことがあるので睡眠時間は十分にとりましょう。 8時間くらいはたっぷり寝たいですね。 腹痛、腰痛、倦怠感があるときは ・体を冷やさないようにする 体を冷やすと経血の排出が滞り、余計に生理痛が悪化する可能性があります。 痛み、イライラを軽減するためにもお腹周りを冷やさないようにしましょう。 生理中はお腹まですっぽり入る下着、腹巻き、ひざ掛けなどがあるといいですよ。 腹巻きはおじさん臭いと思われがちですが、最近は女性向けのオシャレでカワイイ腹巻きもたくさんあります。 また、生理中は入浴を控える人が多いですが、本当は ゆっくり入浴してカラダを温めるのがベスト。 入浴中は水圧で出血もしづらいと言われています。 頭痛がするときは ・頭の痛む部分を冷やす 生理中の頭痛の症状の原因は脳内の血管が広がることが原因と考えられています。 生理中に頭痛がしてつらいときは 保冷剤などで痛む場所を冷やしてみましょう。 脳への過剰な血流を阻害することで症状を落ち着ける効果に期待できます。 頭が痛い時は温める、運動するなどの対処方法もありますが、生理中の頭痛には適さない方法なので、体を温める対処方法は避けてください。 貧血、めまいには ・日頃から鉄分摂取を意識する 貧血になってからの多いものを食べるようにするより、 日頃から鉄分の多い食べ物を食べて生理のときに貧血になりにくくするほうがおすすめです。 ブリ、イワシ、カツオ、マグロやほうれん草、小松菜、貝類、レバーなどに鉄分は多く含まれています。 鉄分は ビタミンCと一緒に摂取すると体への吸収率がアップするので、ビタミンCを含む食べ物も一緒にとりましょう。 ビタミンCはブロッコリー、パセリ、ケール、パプリカ、ピーマン、ゆず、梅干し、いちご、レモンなどに多く含まれています。 このように、激しい生理痛やその他症状もある場合は病気の可能性もあります。 「生理痛が重いだけだから」と我慢せず、明らかに症状や痛みが強い場合は病院で診察を受けましょう。 そこで病気じゃないと分かれば安心できますし、 ひどい生理痛には緩和する治療もあるので相談をするといいですよ。 まとめ~生理痛の種類に合った対策方法を~ 生理中の不快な症状は仕方ないものとはいえ、原因がしっかり分かり対処方法も知ることができれば、上手に付き合っていけるのではないでしょうか。 少しでも生理痛をやわらげ、快適に過ごせるように工夫してみましょう。 ただ、対処法を試してみてもなかなか症状がおさまらないどころか、生活にも影響が出るほど激しい症状が起こる場合は 病気が隠されている可能性もあるので、病院で詳しい検査をしてもらいましょう。 【あわせて読みたい記事】.

次の

生理痛の腹痛、その原因と和らげる体勢とは?

生理 痛 緩和

生理直前や生理中、腹痛に加えて腰痛に悩まされることがあるのではないでしょうか。 その原因には「 プロスタグランジン」という物質が深く関係しています。 プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血の排出をスムーズにしてくれるホルモンですが、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。 また、女性はストレスを感じると自律神経に影響を受けやすく、生理不順や生理痛に悩まされることが少なくありません。 加えて、冷え症やストレス、ホルモンバランスの乱れなども無視できません。 これらによる骨盤内うっ血も生理中の腰痛に影響を与えているのです。 とくに、長年の冷えから腎臓や消化器に負担がかかっていると、腰痛につながります。 生理痛や腰痛は、血液の流れが滞っているというシグナル。 日頃から冷え対策やストレス解消を心がけましょう。 腰痛を緩和する方法 ホルモンバランスの正常化にとって、ストレスは天敵です。 そのため、仕事とプライベートの兼ね合いを大切にしたり、余暇や趣味を楽しんだり、リラックスする時間を持つことが大切です。 たとえば、仕事の合間や通勤途中に、深い呼吸を取り入れてみるのもおすすめ。 息をゆっくりと吐くことで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整えられ、内臓や汗腺の働きの正常化にも有効です。 また、 骨盤の開放をスムーズにするためのエクササイズや、骨盤と連動する胸部(肋骨から脇腹まで)をやわらかくするマッサージといったセルフケアを習慣づけるのもいいでしょう。 中には、子宮や卵巣、骨盤や内臓などに問題があって引き起こされる痛みもありますので、日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は早めに婦人科を受診してください。 他の症状も見てみる.

次の