メントス コーラ ナマズ。 コーラとメントスで巨大ナマズを捕獲する驚きの方法

【かりそめ天国】野原の穴からナマズが出てくる動画ってどれ?有吉さんどハマり?│ごちゃブロ!

メントス コーラ ナマズ

・ガブリと噛まれて大変なことになる 魚が出てくると思ったら、突如として巨大なワニが出てきました。 けっこう大きく、噛まれたら命の危険があると思われます。 男はワニが出てくると思っていなかったので、穴に手を入れるなどしていました。 もしワニが出てくるとき手を入れていたら、ガブリと噛まれて大変なことになっていたかもしれません。 ・ワニから身を守る必要がある 穴から出てきたワニに驚く男でしたが、出てきた以上は身を守る必要がありますから、ワニを退治しなくてはなりません。 必死になってワニと戦うようすも動画に収録されています。 男たちがワニに勝てたかどうか、気になる人は観てみると良いかもしれません。 でもこんなに危険な漁ならば、そう簡単にやれないですね。 まさに命がけのコーラメントス漁といえるでしょう。 ちなみにこのような現象は他の人でも発生しているようで、同じくも話題となっています。

次の

【衝撃】穴にコーラを流し込んだら魚じゃなくて危険生物が出てきて戦うことになった | バズプラスニュース

メントス コーラ ナマズ

ただ、この 「メントスコーラ」が起こるのは何故でしょうか? そこで、今回は メントスコーラの原理から、 メントスコーラを上手くやるコツ、 さらには、逆に 炭酸飲料を開けたときに噴出させない方法まで、ご紹介します。 意外と複雑だったメントスコーラの原理 メントスコーラは先ほどにも述べたように、正式には 「メントスガイザー」と言いいます。 このメントスカイザーの現象の理由を突き止めようとすると、意外と奥が深く、複雑で、厳密に説明しようとするとめちゃくちゃ科学マニアな話になってしまいます。 ですが、ここではそれを噛み砕いて、なるべくわかりやすく、サルでもわかるように説明していこうと思います。 基本は炭酸を振った時と同じ 炭酸飲料を振ってから開けると、一気に噴き出してしまうのはご存知ですよね? メントスコーラも基本的にはそれと同じことです。 ただ、「振る」かわりに「メントスを入れる」という点が異なるだけで、そのあとはほぼ同じと言えます。 それは何かというと、炭酸飲料を振る、あるいはメントスを入れた結果として起こるのは、 炭酸飲料(コーラ)中に溶けていた二酸化炭素が気体となり、その二酸化炭素の気体が液体である飲料(コーラ)を押し上げ、噴出する という現象です。 ただ、普通に振ったときよりも、メントスを入れた方が、二酸化炭素の気化が激しく起こるようです。 (なので、あんなに噴水のように噴き出すわけです) では次は、なぜメントスが二酸化炭素の気化を起こすのかについて、もう少し詳しく見ていきましょう。 メントスとコーラの最強コンビプレー メントスでコーラをあんなにも勢いよく噴出させる原因として、 コーラに含まれている成分と メントスに含まれている成分および形状すべてに関係あるようです。 ディスカバリー・チャンネルの番組『MythBusters』の分析によると、 コーラ中に含まれているカフェイン、アスパテーム、安息香酸カリウムおよび二酸化炭素と、 メントスに含まれているゼラチン、アラビアガム、また、メントスの多孔質な形状 のすべてが、メントスガイザー現象の原因となっているようです。 また、コーラの代わりに炭酸水にメントスを入れてみても、コーラほど激しく噴出することはないようです。 とにかく、このメントスガイザーは、 コーラとメントスの絶妙なコンビプレーによる奇跡的な現象ということです。 ざっくり説明してきましたが、次はさらに詳しく見ていきましょう。 もっと詳しいメカニズムは? もっと詳しいメカニズムとしては、 『MythBusters』によると、 まずコーラ中で、二酸化炭素の泡のひとつひとつはいくつかの水分子に囲まれて存在しています。 二酸化炭素が新しい泡を形成するには、水分子と水分子の間の網目から抜け出す必要があり、それには表面張力を破るためのエネルギーが必要となります。 そこにメントスを投下すると、メントスに含まれているゼラチン、アラビアガムが界面活性剤として働き、その結果、表面張力が低下し、二酸化炭素の泡が生成しやすくなります。 そこにさらにメントス表面の多孔質状の形状が二酸化炭素の気化に寄与し、 それらの結果、圧力が急激に増加し、コーラが吹き上げられる というわけです。 (詳しくは ) メントスコーラを上手くやる方法 メントスコーラを上手くやるには、以下方法が考えられます。 ・メントスの数を多くする。 これはたぶん言わなくてもわかるでしょう。 ・コーラはできるだけ大容量に。 これも感覚的にわかりますね。 ・普通のコーラよりもダイエットコーラで。 普通のコーラよりも、ダイエットコーラの方が効果が大きいです。 しかし、未だ理由は定かではありません。 また、他の炭酸飲料よりもコーラの方がうまくいきやすいです。 しかし、実は メントスを上回る強者がいました。 メントスよりも岩塩の方がすごかった コーラとメントスの偶然の要因により、メントスガイザーというド派手な現象がを引き起こすことが可能であるということがわかりましたが、 実は、メントスを上回る噴出を引き起こす物体がありました。 先ほどの『MythBusters』という番組では、 「メントス以外でもできるのでは?」 ということで、 様々な品をコーラに入れては、噴出するかを見てを繰り返したところ、 メントスの最高記録は23フィートを打ち破る者が現れました。 それは、 岩塩です。 4メートル でした。 これからは、「メントスコーラ」ならぬ 「岩塩コーラ」が流行るかもしれませんよ!? 炭酸飲料を開けるときに噴出させない方法 ここまで、いかにコーラを噴出させるかという話ばかりしてきましたが、 今度は、炭酸飲料を開けるときに噴出させない方法もご紹介します。 先ほども述べたように、炭酸を爆発させないためには、液体中に溶けた二酸化炭素を気化しないことが重要です。 ですが、振ったり、落としたりなどの衝撃を加えると、二酸化炭素の気化が起こってしまいます。 でも、これからご紹介する方法を実践すれば大丈夫です。 <炭酸を噴き出させない方法> ・容器を横にして転がす 開ける前に容器をゆっくり転がすことで、容器側面に付いている泡を取り除くことができます。 これによって爆発は起こりにくくなります。 ただし、ゆっくりやらないと逆効果なので注意。 ・側面を軽く叩く 容器の側面を軽く叩くことで、先ほどの転がした場合と同じように、容器側面に張り付いている二酸化炭素の泡を取り除くことができ、開けたときに噴出が起こりにくくなります。 ・しばらく置いておく これが一番安全な方法です(笑) 最後に、おまけとして、世界最高ともいえるメントスガイザーのとんでもない動画をご紹介します。 驚異のメントスガイザードミノ!? おまけとして、251本コーラと、1506個のメントスを使った メントスガイザードミノの動画をご紹介します。 四方八方から噴き出るコーラ噴水は、もはや美しいです。

次の

びっくり動画を公開 炭酸水を使った精巧なトリックでオオナマズを捕獲

メントス コーラ ナマズ

ナマズは食べれるか? 河川の下流や湖、そして沼や用水路を生息地としているナマズは「地震を予知する魚」という言い伝えで有名ですが、その他にも諺(ことわざ)に使われたり、ナマズの特徴的な髭をなぞり、細長い口髭を「ナマズ髭」などと呼んだり、ナマズは生活の色々な表現に登場しています。 しかし 本来は食用魚で、タイやベトナムなどの東南アジアでは高級魚とされ、重要なたんぱく源となっています。 日本ではかつてかまぼこをナマズで作っていました。 食べると美味しいと言われていたこともありましたが、現在の日本ではナマズは地味な存在で、細々と食べられているのみです。 日本でナマズというと、ナマズにまつわる伝説の話の方がよく知られてことが大半です。 ナマズはナマズ目ナマズ科ナマズ属に分類されている淡水魚で、学名はSilurus asotusと言います。 大きさは40~50cmくらい。 大きいものは60cmになる個体もいます。 ウナギに似た味わいだとよく評されます。 寄生虫による危険性はあるか? ナマズには人の体に悪影響をきたす寄生虫がいることが確認されており、食品安全委員会やそのほかの研究センターから注意が呼びかけられています。 ナマズの寄生している寄生虫は有棘顎口虫や日本顎口虫などが知られています。 これらの寄生虫はエサとなるケミジンコをナマズが食べて、そのナマズを人間が食べることで人の体内に寄生虫が入り込み、顎口虫症(がくこうちゅうしょう)を発症します。 実際に発症した事例については東京都保健局や食品安全員会などより確認されています。 顎口虫症(がくこうちゅうしょう)の症状とは? 有棘顎口虫や日本棘顎口虫などが人の体に寄生すると、腸壁を貫いて体内を移動し皮下組織内を移動します。 そのため皮膚上に寄生虫が移動した痕がミミズ腫れのように赤くなり、皮膚の浅いところは皮膚の外部から移動した痕か観測できるほどです。 目や脳に侵入する場合もあり、失明や脳障害などの重篤な症状を発症する危険性もあります。 寄生虫の予防はどうしたらよい? 寄生虫は 身肉の中心までしっかり加熱することで死滅させることができます。 寄生虫による食中毒の予防としては生食を避けることがすすめられていますが、実際には刺身も美味しいナマズ。 刺身など 生食で味わう場合は養殖もののナマズを利用するのが一番のおすすめです。 また生息環境の良いナマズで内臓をきれいに取り除いて調理したものを生食で味わうのも予防の一つです。 寄生虫の外見などを覚えておき、見つけたら取り除くことも、魚好きの方は自分の料理の知恵袋に記憶しておくのも寄生虫を予防するにはいい方法かもしれません。 ナマズの下処理の方法 ナマズはウナギに似た味わいで、ウナギよりもさらに脂が乗って美味しいと言われます。 蒲焼や天ぷらなどにして食べると絶品だそうですが、釣った環境などによっては泥臭さが気になることもあり、ナマズは調理する前に下処理する必要があります。 泥抜きの方法 生息域によっては泥抜きしなくてもいいという声もありますが、ほとんどの場合、ナマズの下処理は泥抜きから始めます。 泥抜きをしている間、ナマズが酸素不足になってしまわないように、エアーポンプ(金魚のぶくぶくと呼ばれているもの)を利用してナマズの入っている容器に酸素を送ってナマズに泥を吐かせていきます。 エアーポンプを利用しない場合、ナマズは水道水に強い魚なので容器の中に水道水を入れて、蛇口の下に容器を置き、蛇口から水をちょろちょろとだして流水した状態で、容器の中で泥を吐かせる方法もあります。 この方法でもナマズを酸素不足にさせずに泥を吐かせることができます。 どちらの状態でも 3日~1週間水の中に入れてナマズに泥を吐かせます。 臭み取りの方法 ナマズには臭みがあります。 泥が臭みの原因の一つとなりますが、ナマズの臭みは体のヌメリも原因なので、泥抜きを終えたら体のヌメリをよく取ります。 ナマズの体はつるつるとヌメリが多く、このヌメリが臭みの大半の原因となっているのです。 ヌメリを取るために、ナマズの体にあら塩をよく振り、あら塩を体にすり込んでよく洗い流して、ヌメリを取ります。 これで大方ヌメリは取れますが、まだ体はツルツルしているので、さばく時は、しっかり体を押さえられるように軍手などを用意してするとよいでしょう。 ナマズの上手なさばき方 ナマズの味はクセが味だといわれます。 ナマズの身肉はハマチに似たすこし桃色がかった白身です。 東南アジアではよく食べられている人気の魚で、今ではナマズを食べる習慣がなかったヨーロッパでも輸出されて食されているそうです。 日本ではナマズ料理は地味な存在なので、ナマズなんてさばいたことはない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、上手にさばいて世界的にも食用魚としての文化を持っているナマズ料理を堪能してみましょう。 今回のナマズのさばき方は服部栄養専門学校の技術指導をされている小林寿朗氏のナマズのさばき方を参考にご紹介します。 日本のナマズとアメリカナマズの違い ナマズはアメリカでもムニエルやフライにしてよく食べられている魚です。 日本のナマズは尾がウナギのようになっており、背びれも胸ビレも強調した形をしていませんが、アメリカナマズは日本のナマズと姿がちょっと違います。 アメリカナマズは尾がサケのような尾をしていて、背ビレや胸ビレに棘のような硬い骨があります。 またエラの下側にも鋭く尖った部分があるので、さばく時はまずヒレと、エラの下の尖った部分を取り除き、頭と内臓を取り、普通の魚を3枚におろすようにさばきます。 アメリカナマズは魚の分類としてはナマズ目イクタルルス科(アメリカナマズ科)イクタルルス属の魚になります。 Channel catfish(チャネルキャットフィッシュ)とも呼ばれ、学名はIctalurus punctatusです。 北アメリカのロッキー山脈のカナダ南部からアメリカに広く生息しています。 日本には1981年に霞ケ浦に養殖用の種類が持ち込まれました。 現在は利根川水系、霞ヶ浦、琵琶湖、淀川水系で養殖されています。 アメリカナマズは味がいいと言われ、その味はフグのような味わいだと言われます。 そんなことから「河フグ」などと呼ばれることもあります。 美味しいと言われる反面、茨城や千葉県ではワカサギを食べてしまい、ワカサギが減少してしまうという問題もあるそうです。 おすすめのナマズ料理 ナマズの身肉は繊維質が多く身がよく締まっています。 白身で味にクセがなく、旨みの多い味わいです。 アメリカではフライやムニエルはポピュラーな料理です。 タイ料理やベトナム料理の調味料と相性もよく、日本人の味覚には天ぷらやから揚げが好まれているようです。 ナマズの刺身の味 ナマズは人の体内に寄生する寄生虫がいる場合があるので、刺身や洗いなどで生食する場合は養殖もののナマズを使うことがおすすめです。 ナマズの刺身は弾力があり、薄造りや洗いにすると、ナマズの持ち味である食感が楽しめます。 ナマズの刺身はうま味が少ないかもしれませんが、食感はフグのような感じだと言われます。 ナマズの蒲焼き ナマズの蒲焼きは日本ならではナマズの美味しい食べ方です。 ウナギの代用にもなります。 ご紹介するレシピは、ナマズを上手に味付けして蒲焼きにした一品です。 <材料>• ナマズの中骨とカマ1匹分• 水鍋に適量• 酒少々• 塩少々• 酒150cc• みりん50cc• 砂糖大さじ1• 醤油75cc• 山椒 好みで適量 【関連リンク】 ・ ・ ナマズを上手に下処理して美味しく食べてみよう 日本では地味な存在のナマズ料理ですが、ナマズの食用魚としての文化は世界的なもののようです。 アメリカナマズは日本のナマズと姿が少し違いますが、フライ、ムニエル、天ぷら、から揚げは美味しいメニューです。 そして日本ならでは味!蒲焼きにするとウナギに代用できる味わいだといわれます。 寄生虫がいるので生食は養殖もののナマズがおすすめです。 ナマズ!美味しく食べれる魚です。 上手に下処理して美味しく味わってみてください。 fsc. html ・中央水研ニュースNo. fra. affrc. htm.

次の