石原 さとみ 昔。 石原さとみの昔と今何が違う?過去出演ドラマ写真で比較検証【画像】

石原さとみは昔と今で何が違う?唇や眉毛、横顔などパーツ全てを画像比較!

石原 さとみ 昔

名前:石原 さとみ(いしはら さとみ)• 生年月日:1986年12月24日 2002年、ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』のグランプリ受賞から本格的に女優活動を開始。 2003年、『きみはペット』で連続ドラマ初出演。 同じ年、NHKの朝ドラ『てるてる家族』のヒロインに抜擢されています。 2004年、『WATER BOYS2』に出演。 その後も多くのドラマや映画に出演しています。 cinra. もう落ち着きを感じますね。 もともと色は白いようですし、今までの画像を見てもメイクが濃すぎるというほどではないかもしれません。 ただ、わたし的にも一つだけ思い当たる節があります。 それは・・、そう、化粧品のCM。 花王の「プリマビスタ」のCMです。

次の

石原さとみの昔と今が別人!整形で顔が変わった?比較結果に驚愕!

石原 さとみ 昔

パッと読める目次• 【画像比較】石原さとみ 昔と今で何が違う? 昔と今を比べてみると、石原さとみさんの顔はどこが変わったのでしょうか。 整形しているのでは?という声もありますが本当なのでしょうか。 顔のパーツごとに昔と今を比較して検証してみましょう。 石原さとみ 昔と今の眉毛 石原さとみさんと言えば、昔は太めの眉が印象的でした。 昔の石原さとみさんは生まれ持った眉毛の形を生かしていたのか、ナチュラルな印象を与える 黒い太眉でした。 しかし石原さとみさんが 可愛いと言われるようになってからは、 眉毛を整え並行まゆになり、髪色や役柄、撮影などの雰囲気に合わせて カラーもブラウン系に変えています。 石原さとみさんはメイクにこだわりがあり、実はメイクは自分自身でやっています。 女優さんはメイクアップアーティストの任せる方がい多い中、自分でこなすということはかなりこだわりがあることが分かります。 スポンサードリンク 石原さとみ 昔と今の輪郭・エラ 石原さとみさんと言えば、昔と比べて輪郭とエラがシャープになったことにより ボトックス注射をしたのでは?という噂があります。 確かに顔周りがかなり痩せているので、ボトックス注射をしたといわれてしまっても仕方ないのかもしれません。 しかし気になるのがボトックス注射の効能ですが、ボトックス注射は筋肉の収縮を縮め、エラ縮小、小顔効果が期待できる美容整形です。 画像を見てみるとエラは縮小していません。 輪郭は昔より細くなりましたが、これには ダイエットが大きく関係しています。 石原さとみさんは若い頃、体重が 55キロほどあり少しふっくらとした体形でした。 その後ダイエットに成功し現在は45キロということで、 約10キロの減量に成功したことで輪郭が細くなりました。 これだけ顔の大きさが違えば、ダイエットの効果は絶大であることが分かります! 10キロ変わるともはや別人…美への執念で、努力の賜物と言えます!! スポンサードリンク 石原さとみ 昔と今の涙袋 石原さとみさんは昔と今で涙袋が変わったと言われていて、 ヒアルロン酸注入をしていると言われています。 画像で比較すると確かに涙袋が大きくなっています。 しかし昔の画像を見てみると、デビュー前から涙袋は大きかったことが分かります。 最初の画像は光の角度どで涙袋が写っていなかったようにみえてしまったようです…。 また涙袋はメイクで作ることもできることから、ナビダブクロにヒアルロン酸注入をしていない可能性が高いようです。 石原さとみ 昔と今の鼻 昔と今の鼻に変化はあるのでしょうか。 石原さとみさんは鼻筋を高くする為に プロテーゼを入れているといわれていますが、本当なのか画像で見てみましょう。 横顔の写真を比較しても、鼻筋に変化はありません。 正面の写真で昔と今を比較しても、鼻立ちが変わった様子はありませんね。 特に鼻が高いわけでもなく自然な日本人らしい鼻である石原さとみさん。 鼻筋の高さは今も昔も変わっていないことが分かりました。 スポンサードリンク 石原さとみ 昔と今の唇 石原さとみさんと言えば、はれぼったい唇が印象的でチャームポイントです。 昔と比べると、今のほうが唇が薄くなったと言われているのですが本当なのでしょうか。 画像で比較して見ます。 唇は表情が変わることで形が変わるパーツなのですが、似たような画像で比較してみても唇が変わった様子はありません。 アップの画像を見てみても、無表情だと唇はぽってりとしていてほとんど変わっていません。 なぜ唇が薄くなったと言われるのか、その理由は表情にあります。 というのが、石原さとみさんは笑っている表情が多く、 笑うと唇は横に広がり厚みが薄くなります。 デビュー時と比べると 表情が豊かになったことが、唇が薄くなったと言われる理由ではないでしょうか。 メイクが変わった• ダイエットに成功した 2つの理由について、詳しく見ていきましょう。 メイクを勉強した 石原さとみさんと言えば、撮影などの際に すべて自分でメイクをするという美意識が高い女優さんです。 2010年ごろに女優として挫折を経験した石原さとみさんは、アメリカへ1か月留学したことをきっかけに、自分自身を見つめなおします。 そしてそれまでは言われるがままだったスタイルを一新し、 自己流のメイクやファッションへ変えたところ一気にあか抜けました。 可愛くなったと言われるようになり自信を取り戻した石原さとみさんは、その後女優として再び活躍するようになりました。 2015年には「なりたい顔ランキング1位」にも選ばれるなど、女性の憧れの的になっています。 スポンサードリンク 石原さとみの卒アル 石原さとみさんの卒業アルバムはどんな感じだったのか見てみましょう。 今の面影がありますが、やはり大きな違いと言えば太い眉毛とメイクのようです。 中学・高校の卒業アルバムを見ても、石原さとみさんが昔から綺麗であったことが分かります。 石原さとみデビュー当時:15歳~ 2002年、16歳のころ 「ピュアガール20020」で、応募総数が約3万人の中から見事グランプリを受賞します。 このころは輪郭もすっきりした印象で、あどけなさがあって可愛いです。 しかし徐々に輪郭や体形に変化が見られます。 ストレスからなのか少しずつふっくらしてきて丸みを帯びてきます。 石原さとみ:17歳 2003年、NHKの連続テレビ小説 「てるてる家族」の主演を務めました。 垢ぬけない印象ですが、若干17歳とは思えない美しさですね。 このころは少し顔がふっくらしています。 少し垢ぬけて痩せました。

次の

石原さとみの昔と今が別人!整形で顔が変わった?比較結果に驚愕!

石原 さとみ 昔

パッと読める目次• 【画像比較】石原さとみ 昔と今で何が違う? 昔と今を比べてみると、石原さとみさんの顔はどこが変わったのでしょうか。 整形しているのでは?という声もありますが本当なのでしょうか。 顔のパーツごとに昔と今を比較して検証してみましょう。 石原さとみ 昔と今の眉毛 石原さとみさんと言えば、昔は太めの眉が印象的でした。 昔の石原さとみさんは生まれ持った眉毛の形を生かしていたのか、ナチュラルな印象を与える 黒い太眉でした。 しかし石原さとみさんが 可愛いと言われるようになってからは、 眉毛を整え並行まゆになり、髪色や役柄、撮影などの雰囲気に合わせて カラーもブラウン系に変えています。 石原さとみさんはメイクにこだわりがあり、実はメイクは自分自身でやっています。 女優さんはメイクアップアーティストの任せる方がい多い中、自分でこなすということはかなりこだわりがあることが分かります。 スポンサードリンク 石原さとみ 昔と今の輪郭・エラ 石原さとみさんと言えば、昔と比べて輪郭とエラがシャープになったことにより ボトックス注射をしたのでは?という噂があります。 確かに顔周りがかなり痩せているので、ボトックス注射をしたといわれてしまっても仕方ないのかもしれません。 しかし気になるのがボトックス注射の効能ですが、ボトックス注射は筋肉の収縮を縮め、エラ縮小、小顔効果が期待できる美容整形です。 画像を見てみるとエラは縮小していません。 輪郭は昔より細くなりましたが、これには ダイエットが大きく関係しています。 石原さとみさんは若い頃、体重が 55キロほどあり少しふっくらとした体形でした。 その後ダイエットに成功し現在は45キロということで、 約10キロの減量に成功したことで輪郭が細くなりました。 これだけ顔の大きさが違えば、ダイエットの効果は絶大であることが分かります! 10キロ変わるともはや別人…美への執念で、努力の賜物と言えます!! スポンサードリンク 石原さとみ 昔と今の涙袋 石原さとみさんは昔と今で涙袋が変わったと言われていて、 ヒアルロン酸注入をしていると言われています。 画像で比較すると確かに涙袋が大きくなっています。 しかし昔の画像を見てみると、デビュー前から涙袋は大きかったことが分かります。 最初の画像は光の角度どで涙袋が写っていなかったようにみえてしまったようです…。 また涙袋はメイクで作ることもできることから、ナビダブクロにヒアルロン酸注入をしていない可能性が高いようです。 石原さとみ 昔と今の鼻 昔と今の鼻に変化はあるのでしょうか。 石原さとみさんは鼻筋を高くする為に プロテーゼを入れているといわれていますが、本当なのか画像で見てみましょう。 横顔の写真を比較しても、鼻筋に変化はありません。 正面の写真で昔と今を比較しても、鼻立ちが変わった様子はありませんね。 特に鼻が高いわけでもなく自然な日本人らしい鼻である石原さとみさん。 鼻筋の高さは今も昔も変わっていないことが分かりました。 スポンサードリンク 石原さとみ 昔と今の唇 石原さとみさんと言えば、はれぼったい唇が印象的でチャームポイントです。 昔と比べると、今のほうが唇が薄くなったと言われているのですが本当なのでしょうか。 画像で比較して見ます。 唇は表情が変わることで形が変わるパーツなのですが、似たような画像で比較してみても唇が変わった様子はありません。 アップの画像を見てみても、無表情だと唇はぽってりとしていてほとんど変わっていません。 なぜ唇が薄くなったと言われるのか、その理由は表情にあります。 というのが、石原さとみさんは笑っている表情が多く、 笑うと唇は横に広がり厚みが薄くなります。 デビュー時と比べると 表情が豊かになったことが、唇が薄くなったと言われる理由ではないでしょうか。 メイクが変わった• ダイエットに成功した 2つの理由について、詳しく見ていきましょう。 メイクを勉強した 石原さとみさんと言えば、撮影などの際に すべて自分でメイクをするという美意識が高い女優さんです。 2010年ごろに女優として挫折を経験した石原さとみさんは、アメリカへ1か月留学したことをきっかけに、自分自身を見つめなおします。 そしてそれまでは言われるがままだったスタイルを一新し、 自己流のメイクやファッションへ変えたところ一気にあか抜けました。 可愛くなったと言われるようになり自信を取り戻した石原さとみさんは、その後女優として再び活躍するようになりました。 2015年には「なりたい顔ランキング1位」にも選ばれるなど、女性の憧れの的になっています。 スポンサードリンク 石原さとみの卒アル 石原さとみさんの卒業アルバムはどんな感じだったのか見てみましょう。 今の面影がありますが、やはり大きな違いと言えば太い眉毛とメイクのようです。 中学・高校の卒業アルバムを見ても、石原さとみさんが昔から綺麗であったことが分かります。 石原さとみデビュー当時:15歳~ 2002年、16歳のころ 「ピュアガール20020」で、応募総数が約3万人の中から見事グランプリを受賞します。 このころは輪郭もすっきりした印象で、あどけなさがあって可愛いです。 しかし徐々に輪郭や体形に変化が見られます。 ストレスからなのか少しずつふっくらしてきて丸みを帯びてきます。 石原さとみ:17歳 2003年、NHKの連続テレビ小説 「てるてる家族」の主演を務めました。 垢ぬけない印象ですが、若干17歳とは思えない美しさですね。 このころは少し顔がふっくらしています。 少し垢ぬけて痩せました。

次の