日本 ノワール あらすじ。 ドラマ「ニッポンノワール」キャスト&最終回までのネタバレあらすじ 「3年A組」とどう関係する?

ニッポンノワール

日本 ノワール あらすじ

冷徹で目的のためには手段を選ばない、たたき上げで捜査の最前線を任されているやり手刑事! 粗暴で、超エキセントリックで、とてつもなく人間くさい男です。 (今までの賀来賢人さんのイメージに無い役ですね!) 事件発生 ある日、遊佐清春は、森の中で目を覚まします。 隣には、上司だった碓氷薫(広末涼子) が死んでいて、遊佐清春は右手に拳銃を握っていた! 碓氷薫を殺したの俺か?それとも罠か?何もかもが分からない状況。 しかも遊佐清春は、数ヶ月間の記憶がなくなっていた! とりあえず、証拠を抹消して、家に戻ると事件の捜査の電話が鳴りました。 そんな状況だから、遊佐清春が碓氷薫の殺害を疑われて、何もかもが分からないまま容疑者として追われます。 相棒は女性刑事の息子 遊佐清春の相棒は、隣で死んでいた碓氷薫のひとり息子の碓氷克喜(田野井健)だけです。 捜査一課のキャリア刑事・碓氷薫の息子だから、切れ者なのか? 母親が亡くなったのに冷静で大人びた雰囲気です! 昨日まで一緒に捜査をしてきた同僚が敵へと変わって、潰されていく証拠と偽装される捜査、誰も信じられない状況で、裏切りが止まらないミステリーです。 十億円強盗事件とつながる 犯人は誰?「主人公を含めた刑事全員が容疑者!」 あなたの番ですのように、誰もが怪しい雰囲気で展開することになるのでしょうか。 やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていきます。 すべての人間が疑心暗鬼の中、騙しだまされのストーリーが展開していきます。 ぜひお楽しみにしていただければと思います!と語っているので、3年A組も展開が読めないミステリーでしたから、楽しみですね。 スポンサーリンク ドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」のキャスト 賀来賢人、10月期日テレ日曜ドラマで主演「日本で見たことのないスケールのドラマ」!! — ザテレビジョン thetvjp 主人公の遊佐清春役は賀来賢人さん 今回、日本テレビが主演の賀来賢人さんに提案していたドラマ企画書は2本あったようです。 1本は、この刑事ドラマで、もう1本は大失恋を機にお笑い芸人を目指すエリート官僚のだったそうですが、賀来賢人さんはシリアスな刑事ドラマを選びました。 (NEWSポストセブンの記事より) 賀来賢人さんは、初めての刑事役です。 ドラマについて、 今まで日本で見たことのないスケールのドラマとコメントしています。 「再び日曜の夜にテレビドラマをやれる喜びを感じております。 プロデューサーから細かい構想を聞き、そして台本を読み、間違いなく、今まで日本で見たことのない、スケールのドラマになると確信しました。 こういう物語が見たかったんだ!という思いをぶつけられる作品になると思います」と話して「正義とは何か。 人間とは何か。 ぜひ最後まで見届けていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。 碓氷薫は広末涼子さん 捜査一課の碓氷班の班長で、誰もが憧れるキャリア刑事です。 しかし、第一回目で死んでいて、死体や回想シーンでの出演です! 他に注目するキャストには、遊佐の相棒になる碓氷薫の息子や捜査一課の同僚刑事役などいます。 賀来賢人さんは30才なので、遊佐の役は実年齢と一緒くらいと考えられます。 相棒になる息子は、幼稚園生では頼りにならないので、小学3、4年生くらいが生意気なことを言っても可愛くて、ちょうどいいと思いますね! 捜査一課の同僚刑事は、「今日から俺は」のキャストを期待したいですが、シリアスな刑事ドラマなので無理でしょうか。 捜査一課の課長には、北村一輝さん、公安の刑事には、井浦新さん、ドライなフリーライターは夏帆さん、怪しさ漂うキャスト揃いです! 3年A組のキャストが出演しそう! 3年A組のキャストからは出演しそうですね! 刑事役で田辺誠一さんは、コミカルなキャラで犯人のイメージがついたので、難しいでしょうか。 生徒役だった俳優が3年A組の役名で登場して話題になりそう! 福原遥さんや片寄涼太さん、森七菜さん、今田美桜さん、冨田望生さんなど、出そうですね! ドラマ・には、北村一輝さんの怪しすぎる役をまとめています。 キャストはわかりしだい更新します。 シリアスな賀来賢人さんもいいけど、金髪のアホな三橋が見たくなった! 橋本環奈さんの白目・伊藤健太郎とのバカップルシーンも見たい! 「今日から俺は」は映画もあるし、未公開シーンも見たい! ニッポンノワールももう一度みたい!.

次の

ニッポンノワール 最終回(10話)ネタバレあらすじ感想!稀に見るクソドラマだった。真犯人も何もかもしょーもない。

日本 ノワール あらすじ

なぜ薫は殺害されたのか… 強盗団が強奪したニッポンノワールの資金・10億円の行方は… 清春が記憶を消されたワケは… そしてガスマスクの男の正体は… 様々な疑問が一つにつながる瞬間、すべての謎が氷解する。 たった一人の反乱から始まった清春の孤独な旅。 運命に逆らい続け自分を貫いた、その先に待ち受けるものとは… ニッポンノワール-刑事Yの反乱- いまここに終幕。 ntv. 才門は一時的に心肺停止にして仮死状態に陥っていただけで死んではいなかった。 ニッポンノワールのプログラムには精神支配もあった。 強盗団たちは薫(広末涼子)の精神支配プログラムによるマインドコントロールを受けて、銀行強盗を行なった。 才門も精神支配プログラムを清春(賀来賢人)に使用。 なので清春は才門のいうことを聞いていた。 本城(篠井英介)を射殺したのも才門の指示だった。 才門はセイラの復讐を誓ってニッポンノワールに入ったのに、その力とエグさを見せつけられて骨抜きにさせられていた。 しかし「魁皇高校立てこもり事件」のブッキーが訴える様子に影響されて、最後に足掻いてみようと思った。 だから清春に賭けた。 清春を助けて、覚醒するまでに人間らしさを芽生えさせた。 清春がセイラの無念を晴らしてくれると信じて・・・。 才門もプログラムを受けたが、適合しなかった。 実験が適合しなかった才門はもう長くない。 ここで黒幕が登場! 真犯人は名越(工藤阿須加)だった! 名越は清春を助けるフリをして才門を射殺。 清春はだいぶ前から名越を疑っていた。 携帯のパスワードの齟齬。 利き腕じゃない手で持っていた拳銃。 現場にあったニッポンノワールのNと名越の書いたサインのNの筆跡が一致したこと。 などなど、疑う部分がたくさんあった。 新薬のありかを探していた名越は、咲良(夏帆)を訪ねてここへ連れてきてもらった。 しかし新薬はもう清春が使っている・・・! そして名越は自白をはじめる。 碓氷薫を殺したのも強盗団を殺したのも碓氷と陣内を殺したのも全部、名越! 名越は新薬を使ってニッポンノワールを制圧するつもりだったらしいw 新薬の効力は、適用しなければ1時間もせずに死ぬ。 清春が新薬を使って30分ほど経っている。 あと30分で清春は生きるか死ぬか・・・。 対峙する2人。 覚醒して戦い始める。 そんな2人の様子をネットで生配信する咲良。 そこへ克喜(田野井健)が現れた! 子どもにも容赦のない名越は克喜を蹴り飛ばす。 さらに名越は克喜に清春が本当の父親であることを教える。 「お父さん!」と叫びながら清春に駆け寄る克喜。 息子の呼びかけにより清春のカラダが元に戻った。 新薬によっての絶命は避けられた。 南武(北村一輝)が現れて名越を逮捕! 今日は克喜の誕生日だった。 親子2人でケーキを買って帰る。 ただ、これについては日テレに同情する。 誤解してる人が多いみたいだけど、地上波放送だけでドラマは完結していて、有料会員になって初めてドラマが完結するってわけじゃないですよw 「あな番」とか完璧にスピンオフドラマで真相とか関係なかったし😌 パラビはあんまり叩かれてないので宣伝の仕方が悪いのかなぁ😩 わたしはHulu大好きマンなのでスピンオフドラマを作ってくれるのはありがたく思ってます〜。 黒幕もしょーもない。 ドラマ本編についても一応、思ったことを書いておく。 スポンサードサーチ.

次の

ドラマ「ニッポンノワール」キャスト&最終回までのネタバレあらすじ 「3年A組」とどう関係する?

日本 ノワール あらすじ

賀来賢人が主演する日本テレビのミステリードラマ「ニッポンノワール・刑事Yの反乱」の原作とあらすじとネタバレです。 脚本は、ドラマ「3年A組」「ジョーカー・許されざる捜査官」「家族ゲーム」などを手がけた武藤将吾のオリジナル脚本です。 刑事・遊佐清春(賀来賢人)は拳銃を握っていたが、ここ3ヶ月間の記憶が無くなっており、意味が分からなかった。 俺が殺したのか?それとも誰かにハメられたのか? いずれにしても、このままでは自分が犯人にされてしまう。 刑事・遊佐清春(賀来賢人)は「笑えねえよ」と言い、自分の足跡を消して、反グレ集団「ベルムズ」の元リーダー貴志正臣(栄信)に証拠を処分させた。 その後、碓氷薫(広末涼子)の死体が見つかり、警察が捜査を開始する。 遊佐清春(賀来賢人)も刑事として捜査に加るが、遊佐清春(賀来賢人)は「警視庁のガン」「悪徳刑事」と呼ばれており、無断欠勤してアリバイもなかったことから、同僚から犯人ではないかと疑われた。 同僚刑事・碓氷薫(広末涼子)の死亡推定時刻は2日前の夕方で、凶器は警察官が使う「M360-SAKURA(サクラ)」という拳銃だったが、遊佐清春(賀来賢人)は記憶喪失で何も思い出せなかった。 さて、遊佐清春(賀来賢人)は、上司の命令で、死んだ碓氷薫(広末涼子)の子供・(田野井健)を預かることになった。 仕方なく、遊佐清春(賀来賢人)が碓氷薫(広末涼子)のマンションを訪れると、部屋の中が荒れており、公安部の刑事・才門要(井浦新)が居た。 遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)が犯人かと疑うが、才門要(井浦新)は「勘違いするな。 俺が来たときには荒らされていた。 それを見てみろ。 誰かがお前を犯人に仕立て上げようとしている」と言い、部屋の中に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻が落ちていることを教えた。 そして、才門要(井浦新)は、碓氷薫(広末涼子)が解決した「東堂銀行10億円強奪事件」の真相が知りたいと教えた。 碓氷薫(広末涼子)は、東堂銀行から10億円が強奪された事件の容疑者を見つけてアジトに踏み込んだが、強盗4人は仲間割れを起こして拳銃で撃ち合い、4人全員が死んでいた。 10億円は行方が分からなかったが、警察の上層部が「東堂銀行10億円強奪事件」に蓋をしていた。 しかし、事件には黒幕が居た。 黒幕が警察関係者と見て間違いのだが、黒幕もまだ10億円は手にしていないのだという。 遊佐清春(賀来賢人)は「どうして、そんなことが分かる」と尋ねると、才門要(井浦新)は「薫(広末涼子)から聞いたんだ。 薫が10億円を見つけて、別の場所に隠したって。 つまり、10億円強談事件の真犯人が金のありかを聞き出そうとして、薫を殺した。 そう考えられないか?」と答えた。 才門要(井浦新)に「今度はお前の番だ。 知っている事を全部話せ」と促すが、遊佐清春(賀来賢人)は記憶喪失だったので、「何も知らねーよ」と答えた。 すると、才門要(井浦新)は「ここから先は、誰も信じるな。 判断を誤ったら命は無いぞ」と忠告して立ち去った。 さて、碓氷薫(広末涼子)の部屋に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻を置いた犯人は、後輩刑事・名越時生(工藤阿須加)だった。 警視庁捜査一課の理事官・本城諭(篠井英介)が、「遊佐清春(賀来賢人)の部屋に証拠がある」と言い、家宅捜索をするため、名越時生(工藤阿須加)に証拠をねつ造させ、遊佐清春(賀来賢人)を別件で逮捕しようとしたのである。 名越時生(工藤阿須加)は、死んだ碓氷薫(広末涼子)の事が好きだったので、証拠の偽装に失敗すると、遊佐清春(賀来賢人)を暗殺しようとしたが、失敗してしまった。 遊佐清春(賀来賢人)は名越時生(工藤阿須加)を縛り上げて自宅に連れ帰ると、「碓氷薫(広末涼子)を殺した犯人が憎いんだろ?だったら利害が一致している。 俺と手を組まないか」と告げて脅すと、名越時生(工藤阿須加)は絶対服従を誓った。 され、遊佐清春(賀来賢人)がロッカーを開けると、封筒が落ちてきた。 封筒の中には「東堂銀行10億円強奪事件」で使用された「クロック17」という拳銃が入っていた。 しかも、封筒の中に東堂銀行を襲撃する計画書も入っていた。 名越時生(工藤阿須加)は「先輩、10億円強奪事件の一味なんですか」と驚いた。 遊佐清春(賀来賢人)は記憶が無く、何も思え出せず、「俺が?」と困惑した。 そこへ、本城諭(篠井英介)が警察を率いて駆けつけ、遊佐清春(賀来賢人)の部屋を包囲したのだった。 「」へ続く。

次の