見積もり 引越し。 引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引越しの一括見積もり【引越し侍】の口コミは?私が使い10万得した感想。|後悔しないマイホームブログ

見積もり 引越し

満足度 4. 00 引越日 2019年02月16日• 満足度 4. 25 引越日 2016年04月04日 良かった点を3つ述べさせて頂きます。 1つ目は作業のスピードです。 梱包からしていただいたのですが、あっという間…• 満足度 3. 50 引越日 2015年09月25日 女性二人の方が、担当者でした。 最初は重いものばかりなのに大丈夫なのかな、と思いましたが挨拶も明るく、養生から積込み、…• 満足度 4. 00 引越日 2015年07月14日 荷物の積み込み、また搬入作業で特に問題なく作業を進めてもらい安心して任せることができました。 仕事も正確で早く、愛想も…• 満足度 5. 00 引越日 2015年07月14日 暑い中、丁寧な仕事に満足です• 満足度 4. その他の引越商品は、作業終了後3ヶ月以内) 要相談 レンタルあり 単身パック当日便は無料 一部有料 あり 全国 現金 カード 無料(本数は、ダンボールの枚数に応じる) 最大50枚 1回分のみ あり 最大5個 無料(枚数はプランに応じて) あり 一部有料 全国 現金 カード(らくらく家財宅急便を除く) 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何本でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 「引越らくらくタイムリーサービス」「建替引越パック」なら、引越後に使用済資材をすべてお引き取り。 「単身引越サービス」は、別途3,000円(税抜) あり 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何個でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 あり(TV・洗濯機の取付も無料) あり•

次の

引越し見積もり比較が無料の【引越し侍】ネットで最も安い料金の業者がわかる!

見積もり 引越し

引越しの一括見積もりサイトの評判 引越しの 一括見積もりサイトの 評判って、 どうなの? と、 気になる人が増えてきているようです。 引越しすることが決まったら、 荷造りして、 引越し業者に 運搬をお願いしなければいけません。 でも、 引越しなんていうイベントに 慣れている人なんていないわけですから、 誰もが引越しの初心者なんです。 引越し準備の手順もわからなければ、 引っ越しにかかる費用の相場もわからない、 おまけに、 どの引越し業者が良いのかもわからない という状況においては、 一括見積もりサイトは 非常に便利な存在です。 「引越し侍」というのも、 一括見積もりサイトの一つですが、 テレビでCMも流してますから、 知ってる方も多いでしょう。 じゃあ、評判はどうなの? となる前に、 どんな一括見積もりサイトがあるのか 下記に列挙しておきます 引越し侍 価格. スーモが積極的な宣伝もあり、 人気があるようですね。 そうなんです。 インターネットを利用したら、 簡単に、 複数の引越し業者から見積もりが取れる! という便利なものなのです。 つまり、 多数の引越し業者、 運送会社からの見積もりを見て、 一番、安いところに 委託できるという便利サイトなのです。 要するに、 見積もりに必要ないくつかの情報を 記入するだけで、 複数の業者から見積もりを取れる! というサイトですから、 時間の節約になりますし、• どこが一番安いのか• 付属サービスが 充実しているのはどこ?• ダンボールは、 いくつまで無料なのか?• ダンボールは、 いくつまで無料なのか?• 引越しで出たゴミを 回収してくれるのか?• どんな特典がついているのか? などということも、 短時間に比較できるというわけです。 これって、すごく便利ですよね。 が、しかし、 便利な反面、 一括見積もりは、 もう二度と利用したくない! なんていう人が 増えているというのも事実なんです。 引越しの一括見積もりサイトは危険! 引越しの 一括見積もりの サイトは 危険! という評判もあります。 でも、 危険と言っても、 ダマされたり、 ぼったくりに合ったり というような 危険、リスクではないのです。 じゃあ、どんな危険性かというと、 どの一括見積もりサイトを利用するかで、 電話地獄?電話の嵐? を味わってしまうことに なるということでなんです。 つまり、 一括見積もりサイトで 必要事項を入力し、 見積もりの依頼を済ませた途端に、 登録した電話番号に、電話が殺到する! メールがバンバン入ってくる! メール連絡を希望したのに、 電話がガンガンかかってくる! という事態になってしまう危険性が あるということです。 これって、 自動車の 買取査定の一括見積もりサイトでも、 同じようなことが起きますね。 純粋に、 どこに委託するのが良いかなあ? なんていうノリで 登録したにもかかわらず、 電話が次から次へとかかってくる メールも、バンバンと送信されてくる となると、 初めての人は 怖くなってしまいますよね。 一括見積もりサイトでは 見積もりするのに、 下記のような情報を記入します。 今の住所 引越し先の住所 何階の部屋か 荷物の量 エレベーターの有無 玄関前にトラックを停められるか すると、複数の運搬業者からメールで 「55,000円」 「60,000円」 「70,000円」 というような金額とともに、 附帯サービスなどが知らされる というような回答が来る と想像していたのに、 登録直後に、見積もり結果ではなく、 営業の電話が殺到する ということが、危険性の実態なのです。 中には、深夜に 電話が かかってきたりする場合もあります。 こういう望まない事態になることが「危険」 ということになんですが、 もし、 電話地獄は苦にならない!嫌いじゃない! という人なら、 危険とは言えないことになりますね。 それから、 もう一つ、 気をつけた方が良いことがあります。 例えば、 「引越し 一括見積もり」 というような言葉で 検索すると、 ズラッと、 一括見積もりサイト関係の サイトが出てきます。 でも、 検索結果のページに出てくるのは、 一括見積もりサイトだけではなく、 一括見積もりサイトの 比較サイトや ランキングサイト なども出てくる場合があります。 このような比較サイトすべてが 危険というわけではないのですが、 中には、質の悪い一括見積もりサイトに 誘導しようとしている比較サイトも ありますので、 ご注意ください。 いずれにしても、下記で、 一括見積もりサイトの選び方のポイントを ご紹介しますので、参考にしてください。 まず、信頼できる会社かどうかですが、 これは、パッと見て判断するのは難しいので、 上場しているかどうか、 というポイントで見てみましょう。 一括見積もりサイトの一番下、 あるいは、上部の帯を見て、 「運営会社」などというページに移動すると、 「上場取引所」というような項目や 東証一部上場という言葉が 書かれている部分がありますので、 確認してみてください。 上場していない運営会社は信頼できない! というわけではないですので、 誤解しないようにしてください。 ただ、上場していると、信頼できると考えて問題なし と言えるからです。 そして、次に、 引越し業者(運送会社)を 選択できるかどうか ですが、 これは、 一括見積もり!ということで、 20社、30社という社数の業者に、 いっせいに、見積もりの依頼が発信されると、 電話地獄に 陥ってしまう可能性が大きいからです。 せめて、 「大手10社のみ」、「最大10社」 などという説明があれば、良しとしましょう。 ただ、 最も、望ましいのは、 自分で、見積もり依頼する業者を選べる というシステムに なっている一括見積もりサイトですね! つまり、 引越しのサカイ アート引越センター クロネコヤマト 日通 の5社から、見積もりをもらおう! というように、 選べるようになっている一括見積もりサイトが ベストであると言えます。 そして、最後に 一括見積もりサイト独自の特典が 魅力的かどうか ですが、 これは、 選択基準の1と2で絞り込んでから、 各一括見積もりサイト独自の特典を 比較しましょう。 以上のようなことを基準で、 一括見積もりサイトを決定したら、 あとは、 必要事項を入力し、業者を選んで、 見積もり依頼のボタンを クリックするだけです。 そして、 届いた見積額と付帯サービスなどを比較し、 複数の運送業者に絞り、 その後は、直接、 運送業者に話を聞いて、 最終決定するという流れで、 引越し業者を選んでください。 もちろん、 一括見積もりサイトを利用せずに、 クロネコヤマトと 引越しのサカイで比較する! という方法で、 決めるのもありかと思います。 引っ越しの一括見積もりサイトのまとめ 引越しの 一括見積もりサイトの 評 判は、 インターネットを 活用した便利なサイトである ということが、 危険性につながることもありますが、 基本的には、 便利なサービスであると言えます。 利用特典の内容に踊らされるよりは、.

次の

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

見積もり 引越し

新生活に引っ越しってつきものですよね。 就職、大学入学、結婚、マイホーム購入、その他もろもろ。 いかなる理由であれ引っ越し業者を利用するのであれば少しでも安く済ませたいと思うのが消費者の心理。 私は現在マイホームを建築中で近いうちに完成するので 「そろそろ引っ越し業者も決めなければいけないな」と思っていたのですが世の中にはとてつもない量の引っ越し業者がいます。 テレビCMで良く見る大手引っ越し業者ももちろんの事、たまに街で見かける地元密着型の引っ越し業者までその数たるやもう。 安く済ませたいとか言っておきながらその1社1社に電話で見積もりを取ると言う事も正直面倒くさいので引っ越し見積りが一括で出来るサイト【】を実際に使ってみました。 意外と見積もりまで10分と掛からなかったので今日はその使い方や感想について記述したいと思います。 引っ越し侍って何? 大手引越し業者から地域に密着した業者まで230社以上の引っ越し業者と提携しているので自分にピッタリの引っ越し業者が見つかると言うサイトです。 今まで1000万件以上の紹介件数がありTV CMも流れている業界トップクラスの実力を持つサイトです。 大手だけあってHPも非常に見やすく整理されており、初めての方でも簡単に利用出来るようになっています。 概算見積もり 日程 実際に見積もりを始めようとページを進んでいくとまずは引っ越し日の情報を聞かれます。 住所 次に現在の住所と転居先の住所を入力します。 詳細 そして引っ越しで運ぶ荷物の数量を入力する事になるので分かる限り細かく入力しましょう。 途中エアコンについては設置工事が必要かの入力が求められます。 普通であれば必要になると思いますので必要数入力しましょう。 引き続き荷物のチェック 引っ越しに際しどの程度の段ボールが必要なのかも入力が求められます。 素人ではよく分かりませんでしたが下に1人当たりの目安は10~20箱だと丁寧に記載してくれているので助かりました。 そしてなんとこれだけでもう見積もりはほとんど終了なんです。 見積結果 実際に見積もり結果が出ます。 上記に出ている料金は業者の概算の相場です。 この時点ではまだ個人情報も何も入力していないので営業の電話などが掛かってくることはありません。 そのままそこでオンライン予約する事も出来るので引っ越し業者の対応が煩わしい方はここで決めるのも手かも知れません。 しかし引っ越し料金と言うのは定価が存在していないので言わばここで表示されているのは業者の 【言い値】に過ぎません。 どの業者も見積もってはみたものの、自分の所に決めてもらわない事には意味がないので【我こそは】と 値下げ戦争がはじまります。 結果としてその値下げ戦争のおかげで利用者は得が出来ると言う事です。 訪問見積もり ただでさえマイホーム建築に多額の料金を支払っているので 少しでも安くしたい! 私は妻子持ちなので荷物量も多く実際に荷物を見てもらわない事には正しい金額も分かりません。 そして何より値下げ戦争で少しでも安く済ませたいので一括見積をする事に。 この画面では一度に10社まで引っ越しの見積もり依頼が出来ます。 と書いてあります。 そう、これ非常に重要な項目でして、HPに300社近い業者と提携していると書いてあるので一括見積なんてした日には300社近い業者から引っ切り無しに電話やメールが鳴りやまないんではないかと心配していましたが、どうやらが引っ越し予定日に都合の合う業者を選定して最初から10社に絞ってくれているようです。 (私はそれに気づかず直接引っ越し侍に問合せして返ってきた回答がそれだったので間違いありません) 個人情報入力 そうなってくると当然個人情報の入力が求められます。 アンケート入力 大した質問量ではありません。 そして引っ越し侍を利用した特典としていくつか受けられるサービスがあるようで好きなものを3つまで選んでくださいと求めてきます。 内容としては電気料金が安くなる手続きや、インターネット回線の安くなる手続き、引っ越し業者とは別にエアコンの取り外しと設置を行ってくれるサービスなどなど。 私は現時点ではインターネット回線や電気、ガスの事を考えていなかったのでとりあえず特典は何も選びませんでした。 そして送信すると完了のページになります。 その後 私自身、この引っ越し侍で一括見積をやっていた時間が22:00回っていたので 特にこのタイミングでは業者からアクションは無し。 しかし登録したメールアドレス宛には業者から何件か来ていました。 ただこれは見積もり依頼した際に機械的に送られるメールのようなのでそんなに気にしなくても平気です。 翌日、業者からの電話が何件か来ます。 上記記載のようにが引っ越し予定日に都合の合う業者を選定して最初から10社に絞ってくれているのでそれ以上から電話が掛かってくることはありません。 どこも実際に訪問見積もりに伺うと言ってくるので自分の対応できる範囲でやりましょう。 ちなみに訪問見積もりにかかる時間は30分程度です。 一般的に訪問見積もりであれば4~5社程度から見積もりを取ってその中から選ぶのが基本らしいのですが私は貧乏性なので電話してきた業者とは全部訪問見積もり取る事にしました。 ただ業者の中には他の業者と訪問見積もりがバッティングOKの業者とNGの業者がいるので電話で聞いておいたほうが賢明かも知れません。 逆にNGの業者であれば言ってきそうなもんですが、そもそも私はいっぺんにいくつかの業者を相手にするのはめんどくさいので全ての業者を一時間刻みで訪問してもらう事にしました。 アドレス帳登録 ちょっとしたコツと言うかやっておいたほうが良いのは業者の電話番号と名前を携帯のアドレス帳に登録しておいたほうが良いです。 掛かってくる業者はほとんどが0120から始まるフリーダイヤルです。 例えばA社と10:00から訪問見積もりの予定が入っていて、B社と11:00に訪問見積もりの予定を入れようと思っていたとしてもB社から「10:00からしか行けない」と言われることあります。 その時にA社を11:00にしてB社を10:00にする為にA社に電話しようと思ってもあなたの携帯の履歴は0120の番号だらけでどれがA社か分かりません。 そういった煩わしさを防ぐためにも簡易的にでもいいので登録しておくことをお勧めします。 訪問 そして実際に業者が来ました。 家の中を一通り確認して (当然ですがある程度片づけておきましょう) A社が提示してきた金額が18万円。 その後B社が来てA社と同様の確認をして提示してきた金額が22万円。 そんな馬鹿な。 私は今の家に引っ越してくるときに関東から関西に引っ越したのに18万円くらいでした。 まだまだ値下げの余地があるはずです。 するとここでB社が聞いてきました。 「A社はいくらって言っていますか?」 その金額を伝えるとB社が出してきた金額が15万円でした。 しかしその金額は【今すぐここで即決してくれたらその値段だ】と言ってきています。 そんな消費者の心を突くような事を言ってきても私にはまだあと何社も見積もりが残っています。 確かに15万円は安いかもしれないけど他の業者がもっといい条件を出してくる可能性だって充分にあり得るので保留にしました。 ただ15万に出来るならそもそも最初に22万とか言って来ている時点で信用出来ない部分もありますけどね(笑) こちらが納得していたらその値段で事が進んでいたと考えると震えますよね。 概算と訪問のメリットデメリット 結局どっちが良いんでしょうか。 メリットとデメリットを挙げて考えてみました。 概算見積もり メリット デメリット ・煩わしい業者対応が無い ・正確な金額が出にくい ・その場で予約できる ・値下げ交渉がしにくい 概算見積もりの場合は荷物が少ない場合差異が出にくいです。 なので単身者に向いているのではないでしょうか。 単身者の場合【単身パック】などもありますしね。 一括見積 メリット デメリット ・値下げ交渉が出来る ・業者の対応が面倒くさい ・正確な金額が出る やはり家族で引っ越すとなると荷物も入力する画面にないものがあったりなど正確な金額が概算では出にくいです。 その為、家族がいる方は一括見積の方が良いでしょう。 また、そもそもの本質である 【安く済ませたい】と言う希望を叶えてくれるのは断然コッチです。 まとめ 私も始めるまで入力とかいろいろ面倒くさそうで重い腰が上がりませんでしたがやってみると掛かった時間は10分くらいでした。 その後は業者対応などに多少追われたりもしましたが、結局当初の想定よりも大幅に安く引っ越せそうです。 他の業者の見積もりは後日なので結果はまたここに追記いたしますが少なくとも何万円も得をしている事は確かです。 業者の対応は煩わしい部分があるのも確かですがそれによって何万円も安くなるんだったらやらない手は無いですよね。 業者対応が嫌なら概算金額の時点でオンライン予約すればいい訳ですし。 とにかく非常に便利なサイトでした。 引っ越しを検討されている方は是非。

次の