契約 社員 産休。 契約社員や嘱託員だと産休や育休を取らせてもらえない会社がほとんどなのでしょ...

契約社員の産休・育休について

契約 社員 産休

産前産後の生活を支えるために、健康保険から支給されるお金• 国民健康保険の場合は、残念ながら対象外• 産休中のお給料の代わりとして健康保険からもらえるのが、出産手当金です。 社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても健康保険に加入し続けている場合はもらえます。 出産手当金は産前・産後の休みに健康保険から支給される 法で定められた産前・産後の休み【産前42日(多胎の場合は98日)・産後56日】の間はお給料が出ない会社がほとんどなので、その間の生活を支えるために、健康保険から支給されるのが出産手当金です。 出産手当金が産前・産後の生活をサポート 出産手当金は契約社員やパート、アルバイト、派遣社員でも対象に! 勤め先の健康保険に加入し、産後も加入し続けている人であれば、正社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であってももらうことができる、産休中のお給料の代わりです。 産休・育休後に仕事に復帰するママのための手当です。 注:退職後6カ月以内に出産した方や、健康保険を任意継続した方は支給対象外です。 お給料が多い人ほど手当も多くなります(上限あり)。 ただし、産休中に会社からお給料が支払われる場合は注意が必要です。 産休中のお給料と出産手当金はダブルではもらえないため、産休中でもお給料が出る職場の場合、出産手当金から産休中のお給料分を差し引く必要があります。 そのため、出産手当金額以上のお給料がもらえる人は、出産手当金の支給はありません。 また、出産手当金と傷病手当金が同時に受けられる状態のときは、出産手当金が優先されます。 出産手当金の支給期間中、傷病手当金は支給されません。 ただし、傷病手当金と出産手当金の支給日額が異なる場合もあり、出産手当金の額が傷病手当金の額よりも少ない場合は、傷病手当金を請求することで差額が支給されます。 出産手当金の対象者は? 前述のように、会社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても健康保険に加入し続けているママであれば、支給の対象となります。 ただし、フルタイムで働いていても、職場で加入しているのが国民健康保険の場合には、残念ながら対象にはなりません。 以前は退職して半年以内に出産したママにも支払われていましたが、現在は対象外となっています。 出産手当金は、いくらもらえる?計算式は? もらえる出産手当金は、次の計算式で算出します。 出産手当金をもらえるのはいつ? 出産手当金は、書類を不備なく提出すれば、通常は約1~2カ月後に一括で振り込まれます。 もらい忘れた場合は、産休開始の翌日から2年以内なら全額請求できます。 2年経過後は1日経つごとにもらえる日数が毎日1日分ずつ減っていきます。 いずれにしても速やかに手続きをしましょう! 出産手当金をもらうための手続きは? 出産手当金を受け取るには、まず、職場の総務部など担当部署か健康保険、もしくは会社を管轄する年金事務所から申請用紙(「健康保険出産手当金支給申請書」)をもらっておきます。 無事に出産した後、医師に必要事項を記入してもらいます(文書料がかかることもあります)。 不備なく記入した申請用紙を提出します。 提出先は、加入している健康保険によって、会社もしくは年金事務所へ(詳しくは、用紙をもらった窓口で確認しましょう)。 【参照】.

次の

産休・育休を利用して1年間休んでいた女性契約社員さんが4/4から職場...

契約 社員 産休

パートや派遣の場合でも、育休中や育休明けで退職することは可能です。 ただし、育休はあくまでも職場復帰を前提にした制度です。 このため育休中・育休明けでの退職を快く思わない人もいます。 ただし引っ越しなどの理由で、仕事に復帰できない人もいますよね。 手続きや引き継ぎなどで迷惑をかけないよう、育休後に復帰しないことを決めた時点で早めに職場に伝えましょう。 残念ながら、「時短」と呼ばれる短時間正社員制度は正社員のみ対象になります。 このため、パートや派遣の場合は時短で働くのは難しいでしょう。 しかし何か希望の労働条件があれば、会社に一度相談してみるのも良いかもしれません。 なお育休を理由に契約の更新を拒否したり、休業の延長を強要したりするのは法律違反です。 退職や休業の強制などを受けた場合には、労働局に相談しましょう。 パートや派遣社員の育休は、勤務年数や労働時間、上の子の有無といった状況によって大きく違いがあります。 育休が取れない、育児休業給付金がないといった部分については、早めに会社や担当窓口に確認しておくと安心でしょう。 また、育休はあくまでも職場復帰を前提とした制度です。 パートや派遣社員であっても、育休を理由に退職や休職の延長を強要することはできません。 勤め先から戻れないと言われたなど気になることがあれば、各都道府県の労働局に相談してみましょう。 育児休業の制度は難しい部分もありますが、取得できる場合には大いに役立つ制度です。 自分の場合は何が対象で何ができないのかをきちんと確認し、制度を活用してくださいね。

次の

契約社員の育休条件と復帰 更新状況を確認して育児休暇を取ろう!

契約 社員 産休

産休を契約社員に取らせない会社は違法? 法律上では、出産後に復職を希望する女性労働者すべてに、労働基準法の定める産休を取る権利があります。 具体的にどのような定めになっているのか、見てみましょう。 期間は産前6週間(多胎妊娠は14週間)から産後8週間までとする• 出産日は「産前」の期間に含める• 出産が遅れても、産後8週間は出産日後から計算して構わない• 産後6週間は、本人が希望しても医師が許可しても働かせてはならない• 産休とその後30日間は、解雇してはならない このような規定となっています。 正社員しか取れないという規定はありませんし、契約社員は労働基準法の「労働者」の定義に当てはまっていますから、堂々と会社へ産休の申し出をしてくださいね。 契約社員のネックになるのは契約期間 ここで、「契約期間」という契約社員特有の問題が出てきます。 産休中とその後30日は雇い止め 解雇 が禁止されていますが、契約満了は雇い止めとは違います。 もし産休中に契約満了してしまえば、職場復帰は難しいでしょう。 ただし、もしあなたが数回にわたって契約を更新していて、更に契約の更新を望む場合には、契約満了が雇い止めと同じような扱いを受ける場合があります。 納得がいかない場合には、労働基準監督署へ相談してみると良いでしょう。 また、産前6週間より前に契約の更新時期が来て、妊娠を理由に契約が更新されない場合には、法律に反すると判断されるケースもあります。 これについても、同じように労働基準監督署へ相談してみることをおすすめします。

次の